Jリーグが「J30ベストアウォーズ」の開催を発表! ファン投票をもとに歴代のMVP、ベストイレブン、ベストゴールなどを表彰

2023.04.11 14:05 Tue
©超ワールドサッカー
Jリーグは11日、Jリーグ30周年記念企画として、これまでの30年を回顧する「J30ベストアウォーズ」を開催することを発表した。

「J30ベストアウォーズ」は、30年の歴史の中から「MVP」、「ベストイレブン」、「ベストマッチ」、「部門別ベストゴール」、「ベストシーン」を決定。ファン・サポーターの投票をもとに決まるという。
投票期間は月11日 (火) 13:00から4月21日 (金) 18:00まで。結果は、5月15日(月)のJリーグの日を予定している。

MVPは1名、ベストイレブンは11名、ベストマッチは1試合、ベストゴールは6部門に分かれ、「ボレー/オーバーヘッド部門」、「テクニカル部門(トラップ、ドリブル、ループ等)」、「ミドル/ロングシュート部門」、「フリーキック部門」、「ヘディングシュート部門」、「その他部門(パスワーク等)」から1ゴールずつ、ベストシーンも1シーンが表彰される。なお、各賞のノミネートは、これまでのJリーグアウォーズの受賞歴や選考委員会の推薦により選定されている。

MVPは、「ベストイレブン」の投票結果をもとに各ポジションの投票数の上位選手から選考委員会にて決定。ベストイレブンはファン・サポーターからの得票数上位よりGK1名、DF3名、MF3名、FW1名を選出、選考委員会にてその他3名(除くGK)を決定となり、外国籍選手は5名いないとなる。また、ベストマッチ、部門別ベストゴール、ベストシーンはファン・サポーターからの最多投票数によって決定される。
投票は各賞1人1回のみ。ベストイレブンは11名を選択可能となっている。

◆MVP&ベストイレブン ノミネート選手
ポジション:選手名(ベストイレブン受賞年)
所属チーム/出場試合数/得点

GK:ヴァンズワム(2001)
所属:磐田 / 出場:74試合 / 得点:0
GK:大神友明(1997)
所属:磐田など / 出場:110試合 / 得点:0
GK:川口能活(2006)
所属:磐田など / 出場:421試合 / 得点:0
GK:川島永嗣(2009)
所属:川崎Fなど / 出場:130試合 / 得点:0
GK:菊池新吉(1994、1995)
所属:V川崎など / 出場:199試合 / 得点:0
GK:権田修一/メディア推薦
所属:清水 / 出場:321試合 / 得点:0
GK:真田雅則(1999)
所属:清水 / 出場:243試合 / 得点:0
GK:シジマール/メディア推薦
所属:清水など / 出場:61試合 / 得点:0
GK:曽ヶ端準(2002)
所属:鹿島 / 出場:533試合 / 得点:0
GK:高丘陽平(2022)
所属:横浜FMなど / 出場:111試合 / 得点:0
GK:高桑大二朗(2000)
所属:鹿島など / 出場:113試合 / 得点:0
GK:チョン・ソンリョン(2018、2020)
所属:川崎F / 出場:223試合 / 得点:0
GK:都築龍太(2007)
所属:浦和など / 出場:250試合 / 得点:0
GK:土肥洋一(2004)
所属:FC東京など / 出場:341試合 / 得点:0
GK:中村航輔(2017)
所属:柏など / 出場:89試合 / 得点:0
GK:楢﨑正剛(1996、1998、2003、2008、2010、2011)
所属:名古屋など / 出場:631試合 / 得点:0
GK:西川周作(2012、2013、2014、2015、2016)
所属:浦和 / 出場:559試合 / 得点:0
GK:林彰洋(2019)
所属:仙台 / 出場:259試合 / 得点:0
GK:東口順昭/メディア推薦
所属:G大阪 / 出場:374試合 / 得点:0
GK:本並健治/メディア推薦
所属:G大阪など / 出場:209試合 / 得点:0
GK:松永成立(1993)
所属:横浜Mなど / 出場:174試合 / 得点:0
GK:吉田宗弘(2005)
所属:C大阪など / 出場:93試合 / 得点:0
GK:ランゲラック(2021)
所属:名古屋 / 出場:177試合 / 得点:0
DF:秋田豊(1997、1998、2000、2001)
所属:鹿島など / 出場:391試合 / 得点:23
DF:新井場徹/メディア推薦
所属:鹿島など / 出場:423試合 / 得点:22
DF:伊藤宏樹/メディア推薦
所属:川崎F / 出場:236試合 / 得点:4
DF:井原正巳(1993、1994、1995、1996、1997)
所属:横浜Mなど / 出場:297試合 / 得点:5
DF:岩田智輝(2022)
所属:横浜FMなど / 出場:123試合 / 得点:8
DF:岩政大樹(2007、2008、2009)
所属:鹿島など / 出場:290試合 / 得点:35
DF:内田篤人(2008、2009)
所属:鹿島 / 出場:148試合 / 得点:3
DF:エウシーニョ(2017、2018)
所属:徳島 / 出場:179試合 / 得点:26
DF:遠藤航/メディア推薦
所属:湘南など / 出場:127試合 / 得点:13
DF:大岩剛(2001)
所属:磐田など / 出場:386試合 / 得点:10
DF:太田宏介(2014、2015)
所属:町田 / 出場:296試合 / 得点:11
DF:大野俊三(1993)
所属:鹿島など / 出場:99試合 / 得点:1
DF:加地亮(2006)
所属:G大阪など / 出場:300試合 / 得点:3
DF:車屋紳太郎(2017、2018)
所属:川崎F / 出場:227試合 / 得点:4
DF:小池龍太(2022)
所属:横浜FM / 出場:142試合 / 得点:9
DF:駒野友一(2012)
所属:磐田など / 出場:374試合 / 得点:19
DF:近藤直也(2011)
所属:柏など / 出場:209試合 / 得点:8
DF:斉藤俊秀(1999)
所属:清水など / 出場:244試合 / 得点:16
DF:酒井高徳/メディア推薦
所属:神戸 / 出場:193試合 / 得点:6
DF:酒井宏樹(2011)
所属:浦和 / 出場:81試合 / 得点:4
DF:ジェジエウ(2020、2021)
所属:川崎F / 出場:91試合 / 得点:6
DF:塩谷司(2014、2015、2016)
所属:広島 / 出場:176試合 / 得点:20
DF:シジクレイ/メディア推薦
所属:G大阪など / 出場:289試合 / 得点:26
DF:昌子源(2016、2017)
所属:鹿島 / 出場:230試合 / 得点:8
DF:鈴木秀人(2002)
所属:磐田 / 出場:328試合 / 得点:9
DF:鈴木正治(1995)
所属:横浜Mなど / 出場:118試合 / 得点:4
DF:イリアン・ストヤノフ(2005)
所属:千葉など / 出場:118試合 / 得点:6
DF:相馬直樹(1995、1996、1997、1998)
所属:鹿島など / 出場:289試合 / 得点:10
DF:田中隼磨/メディア推薦
所属:松本など / 出場:420試合 / 得点:15
DF:田中誠(1998、2002)
所属:磐田など / 出場:360試合 / 得点:10
DF:田中マルクス闘莉王(2004、2005、2006、2007、2008、2009、2010、2011、2012)
所属:浦和など / 出場:395試合 / 得点:75
DF:谷口彰悟(2018、2020、2021、2022)
所属:川崎F / 出場:289試合 / 得点:20
DF:チアゴ・マルチンス(2019)
所属:横浜FM / 出場:99試合 / 得点:1
DF:千葉和彦/メディア推薦
所属:新潟 / 出場:352試合 / 得点:8
DF:坪井慶介(2003)
所属:浦和など / 出場:315試合 / 得点:1
DF:寺田周平/メディア推薦
所属:川崎F / 出場:139試合 / 得点:5
DF:ドゥトラ(2003、2004)
所属:横浜FM / 出場:213試合 / 得点:9
DF:トーマス・フェルマーレン/メディア推薦
所属:神戸 / 出場:45試合 / 得点:1
DF:冨安健洋/メディア推薦
所属:福岡 / 出場:10試合 / 得点:0
DF:中澤佑二(1999、2003、2004、2005、2008、2013)
所属:横浜FMなど / 出場:593試合 / 得点:36
DF:長友佑都(2009)
所属:FC東京 / 出場:117試合 / 得点:5
DF:中西永輔/メディア推薦
所属:市原など / 出場:309試合 / 得点:34
DF:那須大亮(2013)
所属:浦和など / 出場:400試合 / 得点:29
DF:名塚善寛(1994)
所属:平塚など / 出場:177試合 / 得点:5
DF:名良橋晃(2001)
所属:鹿島など / 出場:310試合 / 得点:23
DF:西大伍(2017、2018)
所属:札幌 / 出場:371試合 / 得点:16
DF:登里享平(2020)
所属:川崎F / 出場:255試合 / 得点:7
DF/MF:柱谷哲二(1993、1994、1995)
所属:V川崎 / 出場:183試合 / 得点:13
DF:ギド・ブッフバルト(1995、1996)
所属:浦和 / 出場:127試合 / 得点:11
DF:ペレイラ(1993、1994)
所属:V川崎など / 出場:136試合 / 得点:9
DF:堀池巧(1993)
所属:清水など / 出場:203試合 / 得点:3
DF:洪明甫(2000)
所属:柏など / 出場:114試合 / 得点:7
DF:槙野智章(2010、2015、2016)
所属:浦和など / 出場:415試合 / 得点:46
DF:増川隆洋(2010)
所属:名古屋など / 出場:289試合 / 得点:11
DF:松田直樹(2000、2002)
所属:横浜FMなど / 出場:385試合 / 得点:17
DF:水本裕貴(2012)
所属:広島など / 出場:416試合 / 得点:17
DF:宮本恒靖/メディア推薦
所属:G大阪など / 出場:337試合 / 得点:8
DF:室屋成(2019)
所属:FC東京 / 出場:108試合 / 得点:2
DF:森岡隆三(1999)
所属:清水など / 出場:285試合 / 得点:9
DF:森重真人(2013、2014、2015、2016、2019)
所属:FC東京 / 出場:442試合 / 得点:35
DF:山口智(2006、2007、2008)
所属:G大阪など / 出場:448試合 / 得点:37
DF:山田暢久/メディア推薦
所属:浦和 / 出場:501試合 / 得点:25
DF:山根視来(2020、2021、2022)
所属:川崎F / 出場:168試合 / 得点:12
DF:山本英臣/メディア推薦
所属:甲府 / 出場:223試合 / 得点:4
DF:吉田麻也/メディア推薦
所属:名古屋 / 出場:71試合 / 得点:5
MF:青山敏弘(2012、2013、2015)
所属:広島 / 出場:438試合 / 得点:20
MF:阿部勇樹(2005、2006、2007、2016)
所属:浦和など / 出場:590試合 / 得点:75
MF:アレックス/三都主アレサンドロ(1999)
所属:清水など / 出場:353試合 / 得点:67
MF:アンドレス・イニエスタ(2019、2021)
所属:神戸 / 出場:110試合 / 得点:21
MF:家長昭博(2018、2020、2021、2022)
所属:川崎F / 出場:403試合 / 得点:72
MF:石川直宏(2009)
所属:FC東京など / 出場:290試合 / 得点:49
MF:井手口陽介(2017)
所属:福岡 / 出場:130試合 / 得点:14
MF:伊東輝悦(1999)
所属:沼津 / 出場:517試合 / 得点:30
MF:稲垣祥(2021)
所属:名古屋 / 出場:263試合 / 得点:28
MF:稲本潤一(2000)
所属:G大阪など / 出場:225試合 / 得点:19
MF:乾貴士/メディア推薦
所属:清水 / 出場:77試合 / 得点:14
MF:遠藤保仁(2003、2004、2005、2006、2007、2008、2009、2010、2011、2012、2014、2015)
所属:磐田 / 出場:672試合 / 得点:103
MF:大島僚太(2018)
所属:川崎F / 出場:239試合 / 得点:15
MF:大谷秀和/メディア推薦
所属:柏 / 出場:384試合 / 得点:20
MF:小笠原満男(2001、2002、2003、2004、2005、2009)
所属:鹿島 / 出場:525試合 / 得点:69
MF:小川佳純(2008)
所属:名古屋など / 出場:301試合 / 得点:37
MF:奥大介(1998、2003、2004)
所属:横浜FMなど / 出場:280試合 / 得点:62
MF:小野伸二(1998)
所属:札幌 / 出場:206試合 / 得点:29
MF:香川真司/メディア推薦
所属:C大阪 / 出場:15試合 / 得点:8
MF:柿谷曜一朗(2013)
所属:徳島 / 出場:238試合 / 得点:52
MF:柏木陽介(2016)
所属:岐阜 / 出場:392試合 / 得点:56
MF:金崎夢生(2015)
所属:琉球 / 出場:337試合 / 得点:71
MF:鎌田大地/メディア推薦
所属:鳥栖 / 出場:65試合 / 得点:13
MF:喜田拓也(2019)
所属:横浜FM / 出場:218試合 / 得点:2
MF:北澤豪(1994)
所属:V川崎 / 出場:265試合 / 得点:41
MF:清武弘嗣(2011)
所属:C大阪 / 出場:251試合 / 得点:40
MF:久保建英/メディア推薦
所属:FC東京など / 出場:24試合 / 得点:5
MF:今野泰幸/メディア推薦
所属:G大阪など / 出場:443試合 / 得点:46
MF:齋藤学(2016)
所属:横浜FMなど / 出場:285試合 / 得点:36
MF:佐藤勇人/メディア推薦
所属:千葉など / 出場:220試合 / 得点:29
MF:澤登正朗(1999)
所属:清水 / 出場:381試合 / 得点:85
MF:サントス(1993)
所属:鹿島など / 出場:265試合 / 得点:33
MF:セザール・サンパイオ/メディア推薦
所属:横浜Fなど / 出場:156試合 / 得点:16
MF:ジーコ/メディア推薦
所属:鹿島 / 出場:23試合 / 得点:14
MF:ジーニョ/メディア推薦
所属:横浜F / 出場:83試合 / 得点:21
MF:柴崎岳(2014)
所属:鹿島 / 出場:172試合 / 得点:17
MF:ジョルジ・ワグネル(2011)
所属:柏など / 出場:99試合 / 得点:20
MF:ジョルジーニョ(1996)
所属:鹿島 / 出場:103試合 / 得点:17
MF:鈴木啓太(2006、2007)
所属:浦和 / 出場:379試合 / 得点:10
MF:髙萩洋次郎(2012)
所属:栃木 / 出場:329試合 / 得点:26
MF:田中碧(2020)
所属:川崎F / 出場:79試合 / 得点:8
MF:谷口博之(2006)
所属:川崎Fなど / 出場:350試合 / 得点:52
MF:ダニルソン(2010)
所属:名古屋など / 出場:161試合 / 得点:8
MF:チャナティップ(2018)
所属:川崎F / 出場:132試合 / 得点:14
MF:ドゥンガ(1997、1998)
所属:磐田 / 出場:99試合 / 得点:16
MF:中田浩二(2001)
所属:鹿島 / 出場:266試合 / 得点:33
MF:中田英寿(1997)
所属:平塚 / 出場:85試合 / 得点:16
MF:中村憲剛(2006、2007、2008、2009、2010、2016、2017、2018)
所属:川崎F / 出場:471試合 / 得点:74
MF:中村俊輔(1999、2000、2013)
所属:横浜FMなど / 出場:408試合 / 得点:73
MF:名波浩(1996、1997、1998、2002)
所属:磐田など / 出場:314試合 / 得点:34
MF:朴智星/メディア推薦
所属:京都 / 出場:38試合 / 得点:8
MF:橋本拳人(2019)
所属:FC東京など / 出場:141試合 / 得点:15
MF:長谷部誠(2004)
所属:浦和 / 出場:149試合 / 得点:12
MF:服部年宏(2001)
所属:磐田など / 出場:381試合 / 得点:19
MF:羽生直剛/メディア推薦
所属:FC東京など / 出場:344試合 / 得点:29
MF:ビスコンティ/メディア推薦
所属:横浜Mなど / 出場:138試合 / 得点:62
MF:ビスマルク(1994、1995、1997)
所属:V川崎など / 出場:283試合 / 得点:69
MF:フェルナンジーニョ(2005)
所属:G大阪など / 出場:184試合 / 得点:47
MF:福西崇史(1999、2001、2002、2003)
所属:磐田など / 出場:349試合 / 得点:62
MF:藤田俊哉(1998、2001、2002)
所属:磐田など / 出場:419試合 / 得点:100
MF:藤本淳吾(2010、2011)
所属:清水など / 出場:328試合 / 得点:54
MF:古橋達弥(2005)
所属:C大阪など / 出場:139試合 / 得点:28
MF:ベッチーニョ(1994)
所属:平塚など / 出場:115試合 / 得点:56
MF:細貝萌/メディア推薦
所属:群馬 / 出場:120試合 / 得点:5
MF:本田圭佑/メディア推薦
所属:名古屋 / 出場:90試合 / 得点:11
MF:本田泰人(1993)
所属:鹿島 / 出場:328試合 / 得点:4
MF:ロブソン・ポンテ(2007)
所属:浦和 / 出場:144試合 / 得点:33
MF:前園真聖(1996)
所属:横浜Fなど / 出場:191試合 / 得点:34
MF:マスロバル/メディア推薦
所属:市原など / 出場:150試合 / 得点:45
MF:松井大輔/メディア推薦
所属:YS横浜 / 出場:98試合 / 得点:7
MF:マルシオ・リシャルデス(2010)
所属:新潟など / 出場:205試合 / 得点:55
MF:三浦淳寛/メディア推薦
所属:横浜FCなど / 出場:318試合 / 得点:45
MF:ミハエル・ミキッチ/メディア推薦
所属:広島など / 出場:227試合 / 得点:8
MF:水沼宏太(2022)
所属:横浜FM / 出場:349試合 / 得点:45
MF:三笘薫(2020)
所属:川崎F / 出場:50試合 / 得点:21
MF:明神智和(2000)
所属:柏など / 出場:497試合 / 得点:26
MF:武藤嘉紀(2014)
所属:神戸 / 出場:96試合 / 得点:35
MF:本山雅志/メディア推薦
所属:鹿島など / 出場:365試合 / 得点:38
MF:森﨑和幸/メディア推薦
所属:広島 / 出場:430試合 / 得点:19
MF/FW:森島寛晃(1995、2000)
所属:C大阪 / 出場:318試合 / 得点:94
MF:守田英正(2020)
所属:川崎F / 出場:81試合 / 得点:1
MF:森保一/メディア推薦
所属:広島など / 出場:293試合 / 得点:15
MF:山口蛍(2013、2017)
所属:神戸 / 出場:305試合 / 得点:29
MF:山口素弘(1996、1997)
所属:横浜Fなど / 出場:362試合 / 得点:37
MF:柳想鐵/メディア推薦
所属:横浜FMなど / 出場:113試合 / 得点:44
MF:ラモス瑠偉(1993、1994)
所属:V川崎など / 出場:147試合 / 得点:9
MF:ピエール・リトバルスキー/メディア推薦
所属:市原 / 出場:63試合 / 得点:10
MF:レアンドロ・ドミンゲス(2011、2012)
所属:柏など / 出場:97試合 / 得点:29
MF:レオシルバ(2014)
所属:新潟など / 出場:290試合 / 得点:25
MF:レオナルド/メディア推薦
所属:鹿島 / 出場:49試合 / 得点:30
MF:脇坂泰斗(2021、2022)
所属:川崎F / 出場:120試合 / 得点:16
FW:アラウージョ(2005)
所属:G大阪など / 出場:62試合 / 得点:42
FW:アルシンド/メディア推薦
所属:V川崎など / 出場:125試合 / 得点:79
FW:伊東純也/メディア推薦
所属:柏など / 出場:131試合 / 得点:23
FW:ウィル(2001)
所属:札幌など / 出場:66試合 / 得点:40
FW:ウイルソン(2012)
所属:仙台など / 出場:149試合 / 得点:42
FW:ウェズレイ(2003)
所属:名古屋など / 出場:217試合 / 得点:124
FW:宇佐美貴史(2014、2015)
所属:G大阪 / 出場:213試合 / 得点:66
FW:エヴェラウド(2020)
所属:鹿島 / 出場:80試合 / 得点:24
FW:エウベル(2022)
所属:横浜FM / 出場:71試合 / 得点:14
FW:パトリック・エムボマ(1997)
所属:G大阪など / 出場:79試合 / 得点:48
FW:エメルソン(2002、2003、2004)
所属:浦和など / 出場:100試合 / 得点:71
FW:大久保嘉人(2013、2014、2015)
所属:川崎Fなど / 出場:477試合 / 得点:191
FW:大黒将志(2004)
所属:G大阪など / 出場:204試合 / 得点:69
FW:大迫勇也(2013)
所属:神戸 / 出場:181試合 / 得点:53
FW:岡崎慎司(2009)
所属:清水 / 出場:121試合 / 得点:42
FW:岡野雅行(1996)
所属:浦和など / 出場:301試合 / 得点:36
FW:オッツェ/メディア推薦
所属:市原 / 出場:55試合 / 得点:37
FW:マイケル・オルンガ(2020)
所属:柏 / 出場:42試合 / 得点:31
FW:川又堅碁(2013)
所属:新潟など / 出場:213試合 / 得点:70
FW:久保竜彦(2003)
所属:横浜FMなど / 出場:276試合 / 得点:94
FW:ジョシュア・ケネディ(2010、2011)
所属:名古屋 / 出場:133試合 / 得点:64
FW:興梠慎三(2017)
所属:浦和 / 出場:485試合 / 得点:163
FW:小林悠(2016、2017)
所属:川崎F / 出場:350試合 / 得点:135
FW:佐藤寿人(2005、2012)
所属:広島など / 出場:404試合 / 得点:161
FW:ジュニーニョ(2007)
所属:川崎Fなど / 出場:264試合 / 得点:116
FW:城後寿/メディア推薦
所属:福岡 / 出場:108試合 / 得点:17
FW:ジョー(2018)
所属:名古屋 / 出場:65試合 / 得点:30
FW:杉本健勇(2017)
所属:横浜FM / 出場:288試合 / 得点:54
FW:サルバトーレ・スキラッチ/メディア推薦
所属:磐田 / 出場:78試合 / 得点:56
FW:鈴木隆行/メディア推薦
所属:鹿島など / 出場:108試合 / 得点:17
FW:鈴木優磨/メディア推薦
所属:鹿島 / 出場:132試合 / 得点:35
FW:ドラガン・ストイコビッチ(1995、1996、1999)
所属:名古屋 / 出場:184試合 / 得点:57
FW:高木琢也(1994)
所属:広島など / 出場:191試合 / 得点:64
FW:高原直泰(2002)
所属:磐田など / 出場:214試合 / 得点:77
FW:高松大樹/メディア推薦
所属:大分など / 出場:195試合 / 得点:45
FW:武田修宏(1994)
所属:V川崎など / 出場:237試合 / 得点:94
FW:田中達也/メディア推薦
所属:浦和など / 出場:333試合 / 得点:66
FW:玉田圭司/メディア推薦
所属:名古屋など / 出場:366試合 / 得点:99
FW:チアゴ・サンタナ(2022)
所属:清水 / 出場:64試合 / 得点:27
FW:崔龍洙/メディア推薦
所属:市原など / 出場:88試合 / 得点:55
FW:鄭大世/メディア推薦
所属:清水など / 出場:181試合 / 得点:65
FW:ツゥット(2000)
所属:FC東京など / 出場:121試合 / 得点:47
FW:ディアス(1993)
所属:横浜M / 出場:75試合 / 得点:52
FW:ディエゴ・オリヴェイラ(2019)
所属:FC東京 / 出場:220試合 / 得点:72
FW:ドウグラス(2015)
所属:柏 / 出場:145試合 / 得点:64
FW:豊田陽平(2012)
所属:金沢 / 出場:301試合 / 得点:98
FW:永井謙佑(2019)
所属:名古屋 / 出場:361試合 / 得点:69
FW:仲川輝人(2019)
所属:FC東京 / 出場:144試合 / 得点:36
FW:中山雅史(1997、1998、2000、2002)
所属:磐田など / 出場:355試合 / 得点:157
FW:西澤明訓(2000)
所属:C大阪など / 出場:281試合 / 得点:81
FW:ハーフナー・マイク(2011)
所属:甲府など / 出場:77試合 / 得点:21
FW:旗手怜央(2021)
所属:川崎F / 出場:62試合 / 得点:10
FW:パトリック(2014)
所属:京都 / 出場:268試合 / 得点:88
FW:原口元気/メディア推薦
所属:浦和 / 出場:167試合 / 得点:33
FW:バレー(2007)
所属:G大阪など / 出場:117試合 / 得点:56
FW:ファン・ウィジョ(2018)
所属:G大阪 / 出場:59試合 / 得点:23
FW:黄善洪(1999)
所属:C大阪など / 出場:70試合 / 得点:42
FW:福田正博(1995)
所属:浦和 / 出場:216試合 / 得点:91
FW:フッキ/メディア推薦
所属:東京Vなど / 出場:22試合 / 得点:8
FW:前田大然(2021)
所属:横浜FMなど / 出場:77試合 / 得点:28
FW:前田遼一(2009、2010)
所属:磐田など / 出場:429試合 / 得点:154
FW:マグノ・アウベス(2006)
所属:G大阪など / 出場:115試合 / 得点:65
FW:マルキーニョス(2008)
所属:鹿島など / 出場:333試合 / 得点:152
FW:マルケス(2004)
所属:名古屋など / 出場:90試合 / 得点:27
FW:マルコス・ジュニオール(2019)
所属:横浜FM / 出場:122試合 / 得点:35
FW:マルシーニョ(2022)
所属:川崎F / 出場:46試合 / 得点:13
FW:三浦知良(1993、1995、1996)
所属:V川崎など / 出場:326試合 / 得点:139
FW:柳沢敦(1998、2001、2008)
所属:鹿島など / 出場:371試合 / 得点:108
FW:レアンドロ(2016)
所属:神戸など / 出場:188試合 / 得点:87
FW:レアンドロ・ダミアン(2021)
所属:川崎F / 出場:115試合 / 得点:50
FW:ワシントン(2006)
所属:浦和など / 出場:85試合 / 得点:64

川口能活の関連記事

2024年パリ五輪出場権獲得を目指し、16日のU-23中国戦からアジア最終予選を兼ねたAFC・U-23アジアカップ(カタール)に挑んでいるU-23日本代表。「ワールドカップ(W杯)にしても、五輪にしても、アジア予選は一筋縄ではいかない」と言われるが、まさに初戦から予想外の展開となった。 開始早々の8分に右FW山田楓喜(東京V)のピンポイントクロスに松木玖生(FC東京)が鋭く反応。左足を合わせて先制点を叩き込んだところまでは最高のスタートだと思われた。ところが、前半16分に西尾隆矢(C大阪)が左腕で背後にいた相手選手を振り払い、それが顔面を直撃。倒れ込んだプレーがVAR判定の対象になり、一発レッドカードが突きつけられる。守備陣の大黒柱の1人が退場というまさかの事態に、大岩剛監督も選手たちも動揺したに違いない。 そこから木村誠二(鳥栖)が出てくるまでの5分間はセンターバック(CB)経験のある関根大輝(柏)が中に絞り、松木が左サイドバック(SB)に下がり、内野貴史(デュッセルドルフ)が本来の右SBへ移動。これでしのぐ形になった。そして木村がCBに入ってからは関根が右SB、内野が左SBに戻り、松木がボランチに上がるという形で落ち着きを取り戻す。関根、松木、内野という複数ポジションのこなせる人材がいたことは、苦境の日本にとって非常に大きな意味があったと言える。 とはいえ、この先は中国に攻め込まれ、日本は防戦一方の戦いを強いられる。そこで異彩を放ったのが、小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)。柏レイソルU-18からトップチームを経由することなく、2019年1月にベンフィカU-23に加入し、5年以上の月日をポルトガルで過ごしている国際経験豊富な守護神が堂々と相手に立ちはだかったのだ。 小久保は前半42分の決定的なヘディングシュートを巧みに防ぐと、前半終了間際のミドルシュートもストップ。後半開始早々にカウンターを浴び、1対1になった最大のピンチでも確実にシュートを阻止し、チーム全体に勇気を与えた。その後も何本かビッグチャンスを止め、完封勝利をお膳立て。もちろんチーム全体の一体感と結束力が大きかったのは間違いないが、小久保という安心感を与えてくれるGKがいたことで、日本は極めて厳しい一戦を1-0で制することができた。 「自分の中でも落ち着いてプレーできたし、チームを助けるプレーがチームとしてもできた。勝利に貢献できてよかった」と本人は試合後のフラッシュインタビューで安堵感をのぞかせたが、落ち着き払った一挙手一投足は目を見張るものがあった。 それこそが、5年超のポルトガル経験の賜物だろう。今のところまだトップチームでの公式戦出場機会には恵まれていないが、ベンフィカU-23、ベンフィカB、トップと着実にステップを踏んでGKとしてのスキルを磨き続けている。異国でゴールマウスを守るというのは、そう簡単なことではない。過去にも川口能活(磐田GKコーチ)、川島永嗣(磐田)、権田修一(清水)といったA代表経験者たちも欧州の門をたたいたが、言葉や文化の壁もあって、周囲からの信頼を勝ち取ることの難しさを痛感してきたという。 そういった作業を10代の頃から続けているというのは特筆すべき点だ。人知れず困難に直面した時もあっただろうし、トップデビューを果たせない焦燥感や悔しさを味わったことも少なくないだろう。それでも先を見据えてコツコツと努力してきたからこそ、こういった大舞台で最高のパフォーマンスを出せる。小久保は自分が積み重ねてきたことが間違っていなかったと確信できたのではないだろうか。 彼がU-23中国戦で異彩を放ったことで、今後の五輪代表守護神、そしてA代表守護神を巡る争いが熾烈になりそうだ。 ご存じの通り、1〜2月のアジアカップ(カタール)では小久保と同じパリ五輪世代の鈴木彩艶(シントトロイデン)が全試合に出場。現時点での正GKという位置づけだが、彼のプレーには一抹の不安も感じられる。今大会に参戦している野澤大志ブランドン(FC東京)もアジアカップメンバーの意地があるはずだし、3人の競争意識は一気に高まるだろう。 そこにアジアカップ参戦組の前川黛也(神戸)、ケガで同大会を欠場した大迫敬介(広島)、昨夏の移籍トラブルで代表から遠ざかっているシュミット・ダニエル(ヘント)らが加わってくる。ここから誰が抜け出すのかというのは非常に興味深いテーマ。まだ代表復帰を諦めていない権田らベテランも含め、今後の展開が気になる。 いずれにしても、小久保にはこの先もしっかりと最後尾から守備陣を引き締めてもらわなければいけない。西尾が最低3試合の出場停止処分を食らう可能性も高まっているだけに、より後ろからの声掛けや指示が重要になる。彼が君臨することで「日本のゴールマウスはそう簡単にこじ開けられない」という印象が強まれば、対戦相手もやりにくくなる。23歳の若き守護神のさらなる活躍を楽しみに待ちたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 <span class="paragraph-title">【動画】小久保玲央ブライアンがビッグセーブ連発で日本のピンチを救う!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hszXHBrGzek";var video_start = 265;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.17 12:50 Wed
ジュビロ磐田に今シーズンから加入したGK川島永嗣が、レジェンド2人との3ショットを披露した。 大宮アルディージャ、名古屋グランパス、川崎フロンターレとJリーグクラブでプレーした川島は、2010年7月にベルギーのリールセへ完全移籍。ここからヨーロッパのキャリアを続ける。 スダンダール・リエージュ、ダンディー・ユナイテッド、メス、ストラスブールでプレーすると、日本代表としても2010年の南アフリカ・ワールドカップから、2014年のブラジル、2018年のロシア、2022年のカタールと4大会でメンバー入りを果たすなど、正守護神として長らく活躍した。 2023年夏にストラスブールに別れを告げると、半年間は無所属状態が続くことに。すると、2010年夏以来13年半ぶりにJリーグ復帰が決定。J1に昇格した磐田に加入した。 シーズン開幕が近づく中、川島は自身のインスタグラムを更新。ヤマハスタジアムでの1枚だが、そこにはレジェンドGKの2人が。川口能活氏と楢崎正剛氏との3ショットを投稿した。 川島は「いつも、いつまで大きい2人の背中」と投稿。かつて日本代表で正守護神を務めた3人、そして南アフリカW杯を経験した3ショットとなった。 ファンは「3人で日本の歴代ワールドカップを語れるの凄い」、「守護神のレジェンドが揃った」、「みんなカッコいい」、「凄い3ショット」、「素敵な笑顔」、「素晴らしい3ショット」と反響を呼んでいる。 川口氏は磐田に所属した過去があり、楢崎氏は名古屋に所属。そして川島は両クラブに所属と、縁のある3人。Jリーグの舞台で、川島が再びその力を見せてくれるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】激レア!日本が誇る守護神3ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C3bdwrgPpff/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C3bdwrgPpff/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C3bdwrgPpff/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">川島永嗣 Eiji Kawashima(@eijikawashima01)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.02.17 23:10 Sat
31日、日本代表はアジアカップ2023のラウンド16でバーレーン代表と対戦する。 過去の対戦成績は日本の8勝2敗となっているが、アジアカップの舞台で最後に対戦したのは2004年の中国大会での準決勝。記憶に残る激闘だった。 MF小野伸二、FW高原直泰ら当時の主力選手が欠場していた当時の日本は、開催国の中国サポーターにブーイングを浴びせられながらも決勝トーナメントに進出すると、準々決勝ではPK戦途中でのサイド変更とGK川口能活の神がかり的なセーブが印象深いヨルダン代表戦に勝利し、準決勝でバーレーンと対戦した。 しかし、バーレーン戦では開始6分に先制ゴールを許すと、40分にはMF遠藤保仁が不可解な判定で一発退場。日本はビハインドの状況で数的不利を負ってしまった。 数的不利の状況でもMF中田浩二とFW玉田圭司のゴールで逆転した日本だったが、その後2失点。2-3と1点ビハインドで試合終盤を迎えた。 それでも日本は最後まで諦めず。DFも攻めあがって同点ゴールを狙うと、90分にDF中澤佑二が値千金の同点ゴール。不屈の精神で同点に追いつくと、延長前半には玉田の独走ゴールが決まり、4-3で激闘を制していた。 なんとか決勝に進出した日本は、決勝で中国代表を撃破。見事に大会連覇を成し遂げていた。 久しぶりの対戦を前に『DAZN』は当時の試合映像をプレイバック。SNS上のファンも「このゴールで中澤佑二に惚れた」、「バーレーン戦といえばこの試合よな」、「痺れたね、玉田」、「まさに「死闘」ってカンジだった!」、「2004の大会は激熱だった」と当時を思い返している。 ベスト8を懸けた一戦は、31日の20時30分にキックオフ。『DAZN』で視聴が可能だ。 <span class="paragraph-title">【動画】当時の記憶が蘇る!2004年大会でのバーレーンとの激闘ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>「バーレーンvs日本」<br>過去対戦をプレイバック<br>\<br><br>アジアカップ2004年大会で起きた<br>奇跡の大逆転劇<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/AFC%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFCアジアカップ</a> ラウンド16<br>バーレーン×日本<br>1/31(水)20:30(19:45配信開始)<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 独占配信<br>出演:水沼貴史/小野伸二/佐藤寿人/下田恒幸/桑原学 <a href="https://t.co/x7Sals8iKu">pic.twitter.com/x7Sals8iKu</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1752609401201189348?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.31 18:45 Wed
ベトナム相手にリスタートから2失点という予期せぬスタートとなったアジアカップ2023(カタール)。14日の初戦は南野拓実(モナコ)の2得点1アシストの大活躍もあって、4-2で相手をねじ伏せることができたが、一時リードされたという事実をしっかりと受け止め、19日のグループリーグ第2戦・イラク戦に挑まなければならないだろう。 そこで奮起を求めたいのが、21歳の若き守護神・鈴木彩艶(シント=トロイデン)だ。2022年夏のEAFF E-1選手権・香港戦(鹿島)で初キャップを飾ったパリ五輪世代の期待の星は、2023年夏のベルギー移籍後に所属先で定位置をつかんだことで、評価が急上昇。同じシント=トロイデンに在籍していたシュミット・ダニエル(ヘント)のメス移籍破談もあって、10月シリーズから日本代表に定着。11月の2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選・シリア戦(ジェッダ)で先発に抜擢され、目下の正守護神と位置づけられた。 ガーナ人の父と日本人の母を持つ若きGKは192センチ・93キロという頭抜けたサイズと身体能力を備えており、2017年U-17W杯(インド)に参戦した頃から「将来の日本代表のゴールマウスを守る逸材」と目された。ゆえに、森保一監督も大きな期待を寄せ、アジア王者の懸かる今大会の重要な初戦に送り出したわけだが、リスタートから2失点という結果はさすがに本人も不本意だったに違いない。試合後には「2失点というのは予想できなかった」と正直な思いを打ち明けた。 それでも、彼自身の改善点は明確だった。 「1点目は特に準備を早くすることとか組織としての課題がありました。2点目の方は自分自身の『アタックを狙いに行ってもできない』という判断は間違っていなかったと思う。だけど、ボールがそこまで強くなくて、バウンドして難しいボールだったので、うまく外に弾けなかった。少し手の出し方のところにミスがあったかなと感じます」 鈴木は試合後、努めて冷静に自身のプレーを分析。GKグループやチームメートと改善点を共有したという。 同い年の野澤大志ブランドン(FC東京)は「見た感じ、最後のところで判断を変えたようだった。彩艶も最後にちょっと迷いがあったから、ああなったのかなと。弾くのか、キャッチするのか…、どっちにしても自信を持ってプレーすることが大事なのかなと。実際は細かいところでもっと課題はあるんですけど、それがあればカバーできたんじゃないかと思います」と発言。鈴木を力強く後押ししていた。 実際、どういうGKがピッチに立ったとしても判断の迷いや遅れは起こり得る。今の日本代表は川島永嗣(磐田)や権田修一(清水)といった経験豊富な30代以上の選手がチームを離れ、若い世代の守護神を育てていこうとしている段階。彼らは「エラー&ラーン」を繰り返し、少しずつ前進していく。その過程が険しいことを、鈴木も野澤も前川黛也(神戸)が痛感したはず。ベトナム戦の失点は必ずしもマイナスばかりではなかったのだ。 鈴木のパフォーマンスに対し、「キャッチできた」「もっと遠くに弾けた」といったさまざまな意見がSNSを中心に飛び交ったが、GKというのは時に厳しい立場に追い込まれるポジション。それは川口能活(磐田GKコーチ)、楢崎正剛(名古屋アシスタントGKコーチ)、川島といった名選手たちも数々の修羅場を経験している。タフなメンタリティでそれを乗り越え、W杯の大舞台に立ち、日本を勝利へと導いてきたのだ。 鈴木自身もワンプレーの怖さを再認識したかもしれないが、彼の代表キャリアはまだまだ始まったばかり。今回の問題点をしっかりと受け止め、自分の力にして、大きく飛躍していけばいいのだ。 「ベトナム戦の失点場面はGKだけじゃなく、チーム全体としてオーガナイズしないといけないところだし、映像を見て『どうしたらよかったか』という話もしているので、起きた現象に対して話をしていくことが大事。彩艶のメンタル面? 別に気にしていないと思いますけどね」とキャプテン・遠藤航(リバプール)も太鼓判を押した通り、とにかく肝心なのはここからなのである。 イラクはスピードあるFWモハメド・アリ、左ウイングのアリ・ジャシム、テクニカルなトップ下のジダン・イクバルに加え、高さのあるターゲットマン、マイマン・フセインと多彩なアタッカーを備えている。日本戦で誰がスタメンで出てくるか分からないが、どんな状況になっても冷静に対応し、相手を零封することができれば、鈴木は自信を取り戻せる。周りの見方も変化していくだろう。 今、我々は鈴木を温かい目で見守ることが先決だ。若い才能を伸ばすような後押しを心がけていきたいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木彩艶も悔しさを覗かせたベトナム戦の2失点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vMOotwzByNw";var video_start = 196;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.17 12:30 Wed
引退試合を終えた元日本代表MF中村俊輔氏が、改めてキャリアを振り返った。 17日、ニッパツ三ツ沢球技場で中村氏の引退試合が開催。「SHUNSUKE NAKAMURA FAREWELL MATCH」と題された試合は、横浜FCで共にプレーしたチームメイトたちで構成された「YOKOHAMA FC FRIENDS」と日本代表で共にプレーしたチームメイトで構成された「J-DREAMS」の試合で行われた。 前半は「YOKOHAMA FC FRIENDS」でプレーした中村氏は、直接FKで2本を決めるなどハットトリックの活躍。後半は「J-DREAMS」の一員でプレーすると、こちらでもFKを含めてハットトリックを達成。PK失敗というおまけ付きもあったなか、試合は3-6で「J-DREAMS」が勝利を収めた。 「J-DREAMS」のメンバーには、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)、2010年の南アフリカW杯で共に戦ったメンバーが参戦。当初発表されていなかった中田英寿氏も急きょ参加したことで、スタンドはどよめきを隠せなかった。また「YOKOHAMA FC FRIENDS」には、往年のメンバーの他、瀬古樹(川崎フロンターレ)や齋藤功佑(東京ヴェルディ)ら現役選手も参加した。 超豪華メンバーが集まった試合。試合後に会見に臨んだ中村氏は協力してくれたクラブやスタッフ、選手に感謝した。 「色々な選手たち、試合に当たって動いてくれたスタッフ、来てくださったファン・サポーターの方々が、楽しくできたかなというプレッシャーから少し解放されてホッとしています」 長年切磋琢磨した小野伸二らと楽しくプレーしていた中村氏。「楽しかったですし、J-DREAMのみんなは歳とったなと思いました(笑)」とコメント。「三ツ沢でプレーできたこと、試合ができたことは、また思い出させてくれたというか、純粋に楽しかったです」と、自身のルーツでもある三ツ沢でのプレーを感慨深く感じたようだ。 世界でも知られる中村の左足。“伝家の宝刀”でもあるFKから3つのゴールを奪った中村は「みなさんが頑張って、城(彰二)さんだったり、鈴木隆行さんだったりがファウルをもらってくれて、お膳立てじゃないですけどチャンスを作ってくれました」とコメント。また、前半は横浜F・マリノスやジュビロ磐田、日本代表でも共にプレーした川口能活氏との対戦となったが、「僕の師匠と言っても良いぐらいの方の(川口)能活さんを、自分と反対のチームにメンバー入りさせてもらって、そういう対決ができたのは引退試合と言えども良いものでした。能活さんも真剣勝負でやってくれました。1点目は入ってないんじゃないかと思いますけど(笑)、さすがだなと思いました。2本目はもっと力を入れてやれて、そういうのが楽しかったです」と、真剣勝負ができたことも楽しめたようだ。 その川口氏からは、セレモニーでメッセージをもらったが、「自分の尊敬するプレーヤーですし、人間なので、そういう方からメッセージを最後にもらえるというのは光栄ですし、嬉しかったです」と中村氏はコメント。「ほとんど今日来てくださった選手たちは“戦友”と呼べる方たちなので、またやれて良かったです。能活さんは入団した1年目からお世話になっているので、思い入れは凄くあります」と、多くの選手への想いがある中で、川口氏は特別な存在のようだ。 そして、特別な存在という点では、今回のメンバーに入った松田直樹氏(享年34歳)、奥大介氏(享年38歳)も同じだろう。中村が共にプレーした2人への想いを語った。 「松さん(松田直樹)は僕が若い時からずっと面倒を見てもらっていて、僕がサッカーばっかりやっていたので、『サッカーばかり見てちゃダメだ。世間知らずだ』と色々な方と会わせてくれたり、食事に行ってずっとサッカーの話をしたり、僕を成長させようとしてくれた方です」 「大さん(奥大介)はジュビロから移籍してきて、横並びで一緒にやったんですが、横並びで一緒にやって良かったのは、(小野)伸二と、ワールドユース(1997年)で一緒にやった大野(敏隆)、そして大ちゃんだったので、自分と息が合う感じでした。練習中も試合の時も靴下を下げてふくらはぎ見せて楽しくやって、いつも自分に合わせてくれて、阿吽の呼吸があって、自分の能力を引き上げてくれたので、こういう形でやらせてもらいました」 先に旅立った2人もしっかりと試合に参加させ、3分、14分と2人の背番号にちなんだ時間には、中村氏から感謝のメッセージがビジョンを使って示され、試合が止まり拍手が送られる演出もあった。 そして、共にプレーした選手では、多くの“戦友”がこの試合に参加。特に小野、中田英寿氏は特別な想いがある2人だと明かした。 「若い時はやっぱり(小野)伸二でしたし、代表を意識した時はヒデさん(中田英寿)でした。今日は来ていないですけど、森島(寛晃)さんのような動きは自分に足りなかった。その3人はいつも意識してやっていました」 「ライバルではないです。ヒデさんは雲の上の存在ですし、伸二は僕が持っていないものをたくさん持っています。彼らに持っていないものを自分が磨き上げないと代表で生きていけないということを意識してプレーしていました。そのうちの1つはFKだと思いますし、運動量だったり。中盤の選手はほとんどそういう意識でプレーをしていたかなと思います」 「意識しながら、そういう選手がいたからこそ自分が成長できたと思います」 切磋琢磨という言葉がピッタリなのだろう。争う相手ではなく、共に成長を支えあった仲間。その仲間たちと、自身にとっての大事な場所である三ツ沢で最後にプレーできたことは特別だったという。 「小学生の頃は決勝だったりで使っていましたし、初めてサッカー観戦をした場所であり、高校の決勝も神奈川県がここを使っていた時は僕はやりました」 「プロに入ってもここがホームで、地元にこういう場所がある、地元にJリーグのチームがあるということは、非常に運が良かったと思います」 「やっぱり愛着が湧きます。世界一好きな場所です。ここはめちゃくちゃ良いです。お客さんと近いし、芝も良いし。昔から知っているというのもあります」 自身のルーツであり、常に関係のあった場所でのラストマッチ。そこでは自身の代名詞でもあるFKでスタンドを沸かせ、最後まで輝きを放った。 中村は、世界でも認められるFKについて語り、その技術を磨けたのも、共にプレーしてきた選手たちと環境のおかげだと振り返った。 「FKは自分のプレーの中で、1割にも満たないぐらい。どこにボールを蹴る、どこにコントロールする、ボールが来る前に2つ3つパスコースを見つけておくというようなことの中の1割にも満たないぐらいしか意識していないです」 「(FKは)飛び道具でしかないんですけど、凄く大事にしているので、最後に残ったものがそれでした。こだわっているというか、大事にしていて良かったなという感じです」 「結局FKだったりセットプレーで、日本代表でもクラブでもゲームが動くことが多かったと思うので、そこでの責任感はプロ1年目で植え付いたと思います」 「1年目からキッカーを任されましたし、中で合わせる方々が偉大な方なので、ピンポイントでやらなければいけないですし、色々な発想が出てきます。仲間に良い選手がいたので、自分は能力を引き伸ばせてもらいました」 「壁に日本代表の方がいたら絶対にぶつけてはダメ。上を越えて、その先には能活さんがいる中で決めなければいけない。ハードルが凄く高い中で練習させてもらったのは、自分の能力が伸びた要因だと思います。そのうちの1つがFKです」 その左足で多くの感動と記憶に残るプレーを見せ続けた中村氏。指導者として、自身のように特別な武器を磨き上げる選手を育てられるのか、第2の人生にも注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】中村俊輔氏は自身の引退試合で6ゴールの大暴れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C081wfQPVvy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C081wfQPVvy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C081wfQPVvy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">超ワールドサッカー(@ultrasoccerjp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】圧巻のFK3発、中村俊輔が引退試合でダブルハットトリックの大暴れ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="2eD3WLmVp7M";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.17 23:42 Sun

J1の関連記事

Jリーグは12日、明治安田Jリーグの出場停止選手を発表した。 10日の天皇杯で一発退場となったアビスパ福岡DF井上聖也が11日に追加されていたなか、さらに1名が追加。アルビレックス新潟のMFダニーロ・ゴメスが2試合出場停止となった。 ダニーロ・ゴメスも天皇杯で一発退場。新潟はV・ファーレン長崎と対戦し、39分に足裏から相手GKと接触。チームは1-6の大敗を喫し、消化ができないためにリーグ戦で消化されることとなった。 【明治安田J1リーグ】 MF駒井善成(北海道コンサドーレ札幌) 第23節 vsヴィッセル神戸(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF石原広教(浦和レッズ) 第23節 vs京都サンガF.C.(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山田楓喜(東京ヴェルディ) 第23節 vsFC町田ゼルビア(7/14) 今回の停止:2試合停止(1/2) 第24節 vsアビスパ福岡(7/20) 今回の停止:2試合停止(2/2) MFダニーロ・ゴメス(アルビレックス新潟) 第23節vsFC東京(7/13) 今回の停止:他の大会での出場停止処分(1/2) 第24節vsセレッソ大阪(7/20) 今回の停止:他の大会での出場停止処分(2/2) DF舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟) 第23節 vsFC東京(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF井上聖也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:他の大会での出場停止処分 DF田代雅也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長沼洋一(サガン鳥栖) 第23節 vsガンバ大阪(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J2リーグ】 DF高田椋汰(ベガルタ仙台) 第24節 vs徳島ヴォルティス(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF神戸康輔(栃木SC) 第24節 vsファジアーノ岡山(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉) 第24節 vsロアッソ熊本(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山口卓己(鹿児島ユナイテッドFC) 第24節 vsザスパ群馬(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J3リーグ】 MF奥村晃司(Y.S.C.C.横浜) 第21節 vs福島ユナイテッド(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF碓井鉄平(AC長野パルセイロ) 第21節 vsいわてグルージャ盛岡(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF石田崚真(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF野澤陸(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 MF佐藤祐太(FC琉球) 第21節 vsカターレ富山(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2024.07.12 19:43 Fri
セレッソ大阪は12日、京都サンガF.C.からFW山﨑凌吾(31)の完全移籍加入を発表した。 山﨑は2015年に福岡大学からサガン鳥栖へ入団。2016年に徳島へ期限付き移籍すると、2017年には完全移籍を果たした。 その後は2018年7月に湘南ベルマーレ、2020年に名古屋グランパスへ完全移籍。京都には2022年に加わり、湘南時代に指導を受けた曺貴裁監督と再会した。 2年半を過ごした京都では公式戦通算60試合に出場し、9得点を記録。2024シーズンは明治安田J1リーグで12試合プレーし、天皇杯では1試合1得点の成績を残した。 J1残留争い中の京都から、5位につけるC大阪に移籍する山﨑は両クラブを通じてコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「はじめまして。この度、完全移籍で加入することになりました、山﨑凌吾です。セレッソ大阪の一員になれたことを大変嬉しく思います。チームの勝利に貢献出来るように闘います! よろしくお願いします」 ◆京都サンガF.C. 「セレッソ大阪に完全移籍することになりました。素晴らしい仲間、スタッフに出会えたことは僕の財産です。自分を信じて次に進みたいと思います。ファン、サポーターの方々にはチームがどんなに苦しい時でもいつも熱い声援で背中を押していただきました。感謝しかありません。チームは変わりますがこれからの京都サンガF.C.の発展を祈っています! 2年半、本当にありがとうございました」 2024.07.12 14:59 Fri
Jリーグは11日、明治安田Jリーグの出場停止選手を発表した。 8日に発表されていたなか、10日に行われた天皇杯で1名が追加で出場停止となった。 追加されたのはアビスパ福岡のDF井上聖也。福岡は愛媛FCと対戦した中で、井上は57分に一発退場。チームは0-2で敗れたため、消化ができないためにリーグ戦で消化されることとなった。 【明治安田J1リーグ】 MF駒井善成(北海道コンサドーレ札幌) 第23節 vsヴィッセル神戸(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF石原広教(浦和レッズ) 第23節 vs京都サンガF.C.(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山田楓喜(東京ヴェルディ) 第23節 vsFC町田ゼルビア(7/14) 今回の停止:2試合停止(1/2) 第24節 vsアビスパ福岡(7/20) 今回の停止:2試合停止(2/2) DF舞行龍ジェームズ(アルビレックス新潟) 第23節 vsFC東京(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF井上聖也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:他の大会での出場停止処分 DF田代雅也(アビスパ福岡) 第23節 vsサンフレッチェ広島(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長沼洋一(サガン鳥栖) 第23節 vsガンバ大阪(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J2リーグ】 DF高田椋汰(ベガルタ仙台) 第24節 vs徳島ヴォルティス(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF神戸康輔(栃木SC) 第24節 vsファジアーノ岡山(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF高橋壱晟(ジェフユナイテッド千葉) 第24節 vsロアッソ熊本(7/14) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF山口卓己(鹿児島ユナイテッドFC) 第24節 vsザスパ群馬(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J3リーグ】 MF奥村晃司(Y.S.C.C.横浜) 第21節 vs福島ユナイテッド(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF碓井鉄平(AC長野パルセイロ) 第21節 vsいわてグルージャ盛岡(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF石田崚真(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 DF野澤陸(FC岐阜) 第21節 vs奈良クラブ(7/13) 今回の停止:1試合停止 MF佐藤祐太(FC琉球) 第21節 vsカターレ富山(7/13) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2024.07.11 23:27 Thu
ジュビロ磐田は11日、選手の表記変更を発表した。 磐田は10日にイスラエル人DFハッサン・ヒロ(24)の完全移籍加入を発表。センターバックでプレーする元U-18イスラエル代表DFだ。 加入から一夜明けた11日、磐田は選手の「カタカナ表記変更」を発表した。 「Hasan Hilu」と表記される中、本人の発音をもとに、選手・通訳と再協議をしたとのこと。その結果、「ハッサン・ヒロ」としていたものを、「ハッサン・ヒル」に変更するという。 ハッサン・ヒルは磐田の守備を支える存在になるのか、注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】登録名が変更されるハッサン・ヒル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【Hasan Hilu 選手 カタカナ表記変更のお知らせ】<br><br>本人の発音をもとに、選手・通訳と再協議の上、<br>カタカナ表記を「ハッサン ヒル」選手に変更させていただきます。<br><br>変更前:ハッサン ヒロ 選手<br>変更後:ハッサン ヒル 選手<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ハッサンヒル</a> 選手へのあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。 <a href="https://t.co/whxk46gWmD">pic.twitter.com/whxk46gWmD</a></p>&mdash; ジュビロ磐田 (@Jubiloiwata_YFC) <a href="https://twitter.com/Jubiloiwata_YFC/status/1811330717944889346?ref_src=twsrc%5Etfw">July 11, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.11 18:45 Thu
名古屋グランパスは11日、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のカーザ・ピアへ期限付き移籍していた日本代表FW相馬勇紀(27)に関して、復帰することを発表した。 相馬は早稲田大学から名古屋に2019年2月に新加入。同年の夏に鹿島アントラーズへと期限付き移籍すると、2023年1月にカーザ・ピアへと期限付き移籍した。 合計1年半の期限付き移籍期間中、カーザ・ピアでは公式戦56試合に出場し7ゴール5アシスト。2023-24シーズンはプリメイラ・リーガで32試合に出場し5ゴール3アシストを記録していた。 名古屋では特別指定選手期間も含め、これまでJ1通算123試合8得点、YBCルヴァンカップで25試合5得点、天皇杯で4試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも9試合に出場していた。 相馬はクラブを通じてコメントしている。 「グランパスファミリーの皆さま。期限付き移籍を終えて帰ってきました。ポルトガルでプレーし成長出来た部分でチームの勝利に貢献したいです。久しぶりに豊田スタジアムでプレーできることを楽しみにしています。まずは今週末の柏レイソル戦を熱く闘い勝ちましょう!」 2024.07.11 16:42 Thu

記事をさがす