三笘薫 Kaoru MITOMA

ポジション MF
国籍 日本
生年月日 1997年05月20日(27歳)
利き足
身長 178cm
体重 71kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

「素敵な笑顔」「貴重すぎる!」27歳バースデー、三笘薫が今季を振り返り妻との貴重2ショットもお披露目「素晴らしい経験もできました」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、今シーズンを振り返った。 19日にプレミアリーグ最終節が行われ、ブライトンはホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。腰の負傷の影響で三笘は最終節もプレーせず、13試合連続でのメンバー外でシーズンを終えた。 今シーズンはシーズン序盤からゴールやアシストでチームに貢献していたが、ケガに悩まされるシーズンに。アジアカップや北中米ワールドカップ予選など、日本代表の活動にも満足に参加できないでいると、プレミアリーグで19試合に出場し3ゴール4アシスト。ヨーロッパリーグ(EL)でも6試合の出場に終わり、悔しいシーズンとなった。 最終節では今シーズン限りで退任するロベルト・デ・ゼルビ監督とハグでお別れ。また、クラブ内でのシーズンのベストゴール賞受賞には「投票ありがとうございました。来シーズンはもっと良いプレーを見せます」とインタビューに応じていた。 その三笘は20日に27歳のバースデー。自身のインスタグラムでシーズンを振り返ると共に、妻であり陸上選手として活躍する剱持クリアさんとの初の2ショットを自ら公開した。 「今シーズンもご声援ありがとうございました。ケガの影響で難しいシーズンとなりましたが、ヨーロッパリーグなど素晴らしい経験もできました」 「そして最高の監督や選手たちと戦う機会に、本当に感謝しています」 「今日で27歳になりました。全てに感謝します」 ファンは「お疲れ様」と「おめでとうございます」と労いと祝福の言葉をかけると共に、「早く良くなってください」、「復帰お待ちしてます」とケガの回復を願う声も。また、剱持さんとの2ショットには「素敵な笑顔」、「貴重すぎる!」、「よい2ショット」とコメントが寄せられた。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘薫が最終節での愛妻との貴重な2ショットを披露!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C7M5zYcSs7s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C7M5zYcSs7s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C7M5zYcSs7s/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三笘薫(@kaoru.m.0520)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫と妻がデ・ゼルビ監督とハグで別れ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="MX948-BqbVE";var video_start = 1364;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.21 08:25 Tue

負傷に苦しんだ三笘薫が愛妻とともにピッチへ! 退任するデ・ゼルビ監督とハグで最後のお別れ

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が久々に元気な姿を見せた。 19日、プレミアリーグ最終節が一斉開催。ブライトンはホームにマンチェスター・ユナイテッドを迎えた。 昨シーズンはプレミアリーグ挑戦1年目で出色のパフォーマンスを見せた三笘。チームの原動力となり、他クラブからも大いに警戒された。 今シーズンはシーズン序盤からゴールやアシストでチームに貢献していたが、ケガに悩まされるシーズンに。アジアカップや北中米ワールドカップ予選など、日本代表の活動にも満足に参加できないでいると、2月に復帰したものの今度は腰を痛めてしまい離脱。欠場が続き、最後の13試合を欠場。今シーズンはプレミアリーグで19試合に出場し3ゴール4アシスト。ヨーロッパリーグ(EL)でも6試合の出場に終わり、悔しいシーズンとなった。 その三笘はホーム最終戦もメンバー外。ロベルト・デ・ゼルビ監督が退任する中、ホーム最後のセレモニーに姿を見せると、デ・ゼルビ監督と最後のハグを行った。 また、妻であり陸上選手として活躍する剱持クリアさんも参加。デ・ゼルビ監督とも握手し、ハグをしている姿が公開された。 監督に重宝されながら今季はケガで応えられなかった三笘。ケガを治して来シーズンの復帰が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫と妻がデ・ゼルビ監督とハグで別れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MX948-BqbVE";var video_start = 1364;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 12:02 Mon

三笘薫のブライトン、デ・ゼルビ監督が今季限りで退任決定「濃密で挑戦的な2年間を本当に楽しんだ」

日本代表MF三笘薫が所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは18日、ロベルト・デ・ゼルビ監督(44)が今シーズン限りで退任することを発表した。 フォッジャ、パレルモ、ベネヴェント、サッスオーロとイタリアクラブを指揮し、その後シャフタール・ドネツクで指揮したデ・ゼルビ監督。2022年9月にグレアム・ポッター監督が退任した後に監督に就任した。 2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、今シーズンはそのELでラウンド16に進出していた。 一方で、ケガ人が続出したチームはプレミアリーグで苦戦。三笘も腰を痛めて長期離脱となっており、チームは最終節を残して10位に位置している。 今夏は多くのクラブで監督交代が起こり、その後任候補にいくつも浮上していたデ・ゼルビ監督だが、直近のプレミアリーグ10試合でわずか2勝と苦しい状況から脱しておらず、退任の噂も浮上していた中、正式に決定した。 デ・ゼルビ監督はクラブを通じてコメントしている。 「ブライトンを離れることは非常に残念だが、過去2シーズンの歴史的なシーズンで、選手とスタッフがクラブ全員と素晴らしいファンのサポートを受けて成し遂げたことをとても誇りに思う」 「我々はクラブと私がそれぞれの考えやビジョン、仕事や人間の価値観に従って、それぞれに最適な方法で働き続けることができるように、ブライトンでの仕事を終えることで合意した」 「プレミアリーグで働き、特に今シーズンは4つの主要な大会に出場するなど、濃密で挑戦的な2年間を本当に楽しんできた。今退任することで、将来の計画を決める前に休憩を取る時間ができた」 なおコーチ陣やスタッフ陣も併せて退団。コーチを務めるアンドリュー・クロフツ氏とジャック・スターン氏は残ることとなる。 2024.05.18 23:55 Sat

「有力候補」セリエA行きは拒否した町田浩樹、トッテナム行き噂の中イギリスメディアは良い候補だと評価

今夏のステップアップが噂されているロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表DF町田浩樹(26)だが、行き先候補の1つであるイングランドでも評判は良いようだ。イギリス『TBR Football』が伝えた。 鹿島アントラーズの下部組織で育った町田はそのままトップチーム昇格。2022年1月にサン=ジロワーズにレンタル移籍で加入する。 当時のチームには日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)が所属。三笘は半年後にブライトンへと戻ったが、町田はサン=ジロワーズの一員としてプレー。2023年夏には完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンの町田はジュピラー・プロ・リーグで23試合に出場。優勝を争うプレーオフでは7試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でもプレーし、多くの経験を積むことに。また、クロッキー・カップでは決勝戦で110年ぶりの優勝に導く決勝ゴールを記録していた。 26歳という年齢、そして190cmという長身が魅力で、センターバックだけでなく左サイドバックでもプレーが可能という町田。多くのクラブが関心を寄せる中、トッテナムも関心を持っているとされている。 アンジェ・ポステコグルー監督はセルティック時代にも町田に関心を持っていたが、その後も追い続けている模様。左利きという点もあり、関心を強く持ち続けている。 『TBR Football』も1300万ポンド(約25億6500万円)の移籍金で獲得できる町田に関しては、良い補強になるとし、「26歳の彼は全盛期を迎えており、その才能、姿勢、フィジカルは有力候補」と評価している。 年齢、値段、そして能力の点で考えても良い補強と見られている状況。また、ポステコグルー監督が原石を磨いてスターにするという手腕を持っていることにも期待が寄せられているようだ。 町田は自身の将来についてベルギー『Walfoot』でコメントしており、セリエA行きは全く考えていないことを明かしていた。 「セリエAは世界最高のリーグの1つです。でも、日本人選手はほとんどプレーしていません。かつては本田圭佑、今は鎌田代違います。日本人にとって、あまり上手くいかない場所です」 「イタリアのクラブも僕に興味を持っていることはわかっていますけど、選ぶとしたら、日本人が成功しているブンデスリーガを選びたいと思います。なぜ、セリエAが僕たち(日本人)に合わないのかわかりません。戦術的すぎるのか、守備的すぎるのかもしれません」 かつては三浦知良がジェノアでプレーし、中田英寿がペルージャでヨーロッパでのキャリアを始め、名波浩や中村俊輔らもプレーした。これまで数人の選手がプレーしたが、その中でも成功したと言えるのは、ローマでスクデットを経験した中田、インテルでレギュラーとしてタイトルも獲得した長友佑都、アーセナルへのステップアップを果たすきっかけとなった冨安健洋ぐらいだろうか。本田や吉田麻也などは出番こそあれど、良い結果を残したとは言い難い。 ドイツからもオファーがあると見られる町田。本人の希望はありそうだが、プレミアリーグでプレーする冨安や三笘、遠藤航(リバプール)、橋岡大樹(ルートン・タウン)の存在もあるだけに、どんな選択をするのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】110年ぶり優勝をもたらせた町田浩樹の劇的決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XH3oxCrPplI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.17 12:30 Fri

「非常に厳しいシーズン」負傷者続出もあり昨季ほどの結果残せず…ブライトン指揮官は「素晴らしい選手を欠いてのプレーは厳しい」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、敗北に落胆のコメントを残した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 15日に行われたプレミアリーグ第34節延期分で、チェルシーと対戦したブライトン。三笘薫ら多くの負傷者を抱え、リーグ戦直近10試合わずか2勝と低迷するチームは、この日も前半に先制点を許す苦しい展開に。後半にも追加点を奪われると、88分に退場者を出した相手にダニー・ウェルベックが1点を返すのがやっとであり、1-2で敗れた。 最終節の結果次第でボトム10フィニッシュもあり得る状況となる中、デ・ゼルビ監督は苦しいシーズンだったと胸中を吐露。多くのケガ人が出ている状況では厳しいとしつつ、それでも最終節に向けた意気込みを述べている。 「今日は後半と前半の終盤に、非常に良いプレーができていただろう。試合開始から最初の20分は、プレッシャーに苦しんでいた。だが、その後は良い試合をしたと思う」 「2失点目を許す前に、1-1でイーブンの状況にできたかもしれない。だが、我々は全力を尽くした。そして、トップ10の座でフィニッシュするための最後の試合が残されている」 「今シーズンは非常に厳しいシーズンだった。言い訳はしたくない。だが、我々レベルのクラブにとって、素晴らしい選手を欠く中でプレーするのは厳しい。そして特にシーズン序盤は、ホームであまりにポイントを落とした。その代償を支払うことになったんだ」 2024.05.16 11:55 Thu

衝撃与えた三笘薫の今季初ゴールがクラブの年間最優秀ゴールに選出…第2節のソロゴールが受賞

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは7日、2023-24シーズンのプレーヤーズアワードを開催。日本代表MF三笘薫のゴールが、年間最優秀ゴールに選出された。 ロベルト・デ・ゼルビ監督に率いられたブライトンは、2022-23シーズンは6位でフィニッシュ。クラブ史上初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たした。 しかし、今シーズンはシーズンを通して多くのケガ人に悩まされ、残り3試合で11位という状況。昨シーズンはセンセーショナルな活躍を見せた三笘も度重なるケガで満足いくプレーができないと、第25節のシェフィールド・ユナイテッド戦でDFメイソン・ホルゲイトに悪質なタックルを受けて負傷。腰痛により、その後は一度もメンバー入りを果たしていない。 今シーズン絶望とも言われている三笘。それでも、第2節のウォルバーハンプトン戦で見せた圧巻のゴールが、シーズンの最優秀ゴールに選ばれた。 三笘の今シーズン初ゴールとなったゴール。15分、左サイドに張っていた三笘は、敵陣でパスを受けると、対峙したDFを尻目にドリブルをスタート。縦ではなくカットインして一気にボールを持ち出していく。相手に引っ張られて倒れそうになりながらも耐えた三笘はそのままボックス内に侵入。最後は手を使って止められそうになるも、倒れ込みながらゴールに流し込むスーパーゴールを決めた。 衝撃的なゴールには多くの驚きの声が寄せられたが、ブライトンの最も良いゴールに選ばれた。 受賞した三笘は表彰式には参加しなかったもののクラブを通じてコメントしている。 「こんにちは。まずは今日は参加できずに申し訳ありません。そして、僕に投票してくれたファンの皆さんに感謝します。この賞を受賞できてとても嬉しいです」 「このゴールは僕のキャリアにおいてもベストゴールの1つです。僕はベストを尽くし、来シーズンはより多くのゴールを決めたいと思います」 なお、男子の最優秀選手はドイツ代表MFパスカル・グロス。ケガ人が多いチームにおいて、今シーズンは公式戦44試合に出場し5ゴール13アシストを記録。クラブの年間最優秀選手も同時に受賞している。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が圧巻のドリブル突破!相手に引っ張られながらも1人でゴールを決め切る!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8i5hS684wKo";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.09 12:05 Thu

苦手ビラを下したブライトンがリーグ戦7試合ぶりの白星!【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第36節のブライトン&ホーヴ・アルビオンvsアストン・ビラが5日に行われ、1-0でホームのブライトンが勝利した。ブライトンのMF三笘薫はケガのためベンチ外となっている。 ミッドウィークに行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝1stレグのオリンピアコス戦で公式戦7試合ぶりの黒星を喫した4位ビラが、リーグ戦6試合勝利のない13位ブライトンのホームに乗り込んだ一戦。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ビラは23分にアクシデント。左モモ裏を痛めたロジャーズがピッチに座り込むと、プレー続行不可能となり、そのままピッチを後に。26分にキャッシュが緊急投入された。 前半半ばを過ぎてもシュート1本とフィニッシュの形が作れないビラは、前半終了間際にピンチ。追加タイム4分、アディングラの浮かせたパスからゴール前に抜け出したグロスが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKが右足でブロックし枠を外れた。 ゴールレスで迎えた後半も拮抗した展開が続く中、先にネットを揺らしたのはブライトン。68分、エンシソが放ったミドルシュートのこぼれ球をボックス手前で拾ったアディングラが左に展開すると、ボックス左横に駆け上がったイゴールの折り返しをニアサイドのグロスがワンタッチで流し込んだ。 このゴールでブライトンの先制かと思われたが、VARの末に押し込んだグロスがオフサイドポジションであったため、ゴールは取り消された。 VARに救われたビラは79分、右CKのセカンドボールを拾ったアディングラのクリアをベイリーがブロック。こぼれ球がゴール前のマッギンに収まり、反転からゴールネットを揺らしたが、これもVARの末にオフサイドと判定され、ゴールは認められず。 その後はややオープンな展開が続くとブライトンは85分、ジョアン・ペドロとのワンツーでボックス左に侵入したアディングラがコンサに倒されると主審はPKを宣告。ジョアン・ペドロのPKはGKオルセンが右手で弾いたが、跳ね返りを素早く反応したジョアン・ペドロが頭でゴールに押し込んだ。 結局、これが決勝点となり1-0でタイムアップ。5連敗と苦手ビラを下したブライトンがリーグ戦7試合ぶりの白星を飾った。 2024.05.06 00:10 Mon

三笘薫のブライトン、デ・ゼルビ監督退任ならプレミア昇格迫るイプスウィッチの指揮官招へいを狙う

日本代表MF三笘薫が所属するブライトン&ホーヴ・アルビオン。主軸が抜けたことに加え、シーズン中にはケガ人が増えたこともあり、今シーズンは苦戦が続いている。 シーズンも残り数試合となった中、ブライトンは12位に位置。来シーズンのヨーロッパの大会出場は非常に難しい状況となった。 一方で、この夏にはチームを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督に退任の可能性。他クラブからのオファーもあるほか、不振の責任を感じて辞任する可能性もあると見られている。 イギリス『ガーディアン』によれば、ブライトンは新監督の招へいに関して、緊急事態に備える計画を立てているとのこと。その候補が、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(37)とのことだ。 マッケンナ監督は、イプスウィッチタウンを率いてチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦っており、残り1節で2位に位置。最終戦で引き分け以上の結果を残せば、チームはプレミアリーグに昇格となる。 2022-23シーズンはEFLリーグ1(イングランド3部)を戦っていたチームを2部に昇格させており、最終節の結果では2年連続で昇格に導くことに。その手腕はにわかに注目を集めている。 マッケンナ監督は、現役時代はトッテナムのアカデミーで育ち、ファーストチームに昇格しないまま引退。その後、指導者の道に進み、ノッティンガム・フォレスト、レスター・シティ、トッテナムなどのユースでコーチを務めていた。 2014年7月にトッテナムU-18で初めて監督を務めると、2016年9月からはマンチェスター・ユナイテッドのスカウトに就任。その後、U-18の監督となると、2018年7月からはマイケル・キャリック、ラルフ・ラングニック、ジョゼ・モウリーニョ、オーレ・グンナー・スールシャールのアシスタントコーチを務め、2021年12月からイプスウィッチを指揮していた。 予算規模の小さいイプスウィッチで結果を残したマッケンナ監督。チームと共にプレミアリーグに昇格するという選択をする可能性も十分にあるが、どういった選択をするだろうか。 2024.05.02 22:45 Thu

三笘薫はまだバルサの補強候補に? チャビ監督続投決定で3ポジションの補強検討

監督人事に決着がついたバルセロナは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表FW三笘薫(26)も新戦力候補に含めているようだ。スペイン『スポルト』が報じた。 チャビ・エルナンデス監督が今シーズン限りでの退任を表明していたものの、ジョアン・ラポルタ会長らが説得に成功し、続投が決まったバルセロナ。依然として財政難やサラリーキャップ制限の問題はつきまとうが、今シーズンは無冠が濃厚で、来季のタイトル獲得に向け今夏の補強を計画している。 補強に向け、まずバルセロナがやるべきは選手の売却で得た資金や選手の退団により浮いた年俸を100%利用できる1対1ルールの状態に戻すことだが、これに取り組んでいるラポルタ会長は状況を楽観視しているとのこと。目論見通りに事が運べば、2〜3人の補強が可能になる見込みのようだ。 チャビ監督とスポーツ・ディレクター(SD)のデコ氏が望んでいるのは、元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが退団して以来悩まされているアンカー、決定的なラストパスが出せる攻撃的MF、左サイドを切り崩すことができるウインガーとのこと。最優先はアンカーで、レアル・ソシエダのスペイン代表MFマルティン・スビメンディ(25)やバイエルンのドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ(29)らが候補に挙がっている。 また、攻撃的MFで有力なのはマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(29)。左ウイングの優先度は3番目となるが、デコ氏のリストには現在ケガで離脱中の三笘に加え、ナポリのジョージア代表FWクヴィチャ・クワラツヘリア(23)、アーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(22)、バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネ(28)、アスレティック・ビルバオのスペイン代表FWニコ・ウィリアムズ(21)が名を連ねているという。 この3ポジションのうち補強が可能なのは2箇所と見られており、レンタル中のポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)やポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(29)の去就も補強プランに影響。さらに、選手の放出や売却も進める必要があり、望みの補強を叶えるにはまだまだ障壁が存在する。 2024.04.27 22:39 Sat

三笘不在のブライトンに4発快勝のシティが2位に浮上!【プレミアリーグ】

マンチェスター・シティは25日、プレミアリーグ第29節延期分でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦し4-0で勝利した。ブライトンの三笘薫はケガのため欠場している。 FAカップ準々決勝の影響で延期となっていた11位ブライトン(勝ち点44)とのアウェイゲームでリーグ5連勝を狙う3位シティ(勝ち点73)。 20日に行われたFAカップ準決勝のチェルシー戦をベルナルド・シウバの決勝点で勝利したシティは、その試合からスタメンを3人変更。グリーリッシュやストーンズ、GKオルテガに代えてコバチッチやグヴァルディオル、GKエデルソンをスタメンで起用した。 立ち上がりこそブライトンのマンマークに手を焼いたシティだったが、徐々にボールを保持する時間を増やすと17分に先制する。フォーデンのパスで右サイド深くまで駆け上がったウォーカーのダイレクトクロスをデ・ブライネがダイビングヘッドで叩き込んだ。 幸先良く先制したシティは、26分にもボックス右手前で獲得したFKをフォーデンが直接狙うと、グロスにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれ、追加点。さらに34分には、ハイプレスから相手ボックス内でボールを引っかけると、こぼれ球をボックス右のフォーデンがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 ハーフタイムで2選手を交代したブライトンに対し、シティは62分にGKエデルソンのロングフィードで右サイドを抜け出したウォーカーがボックス右から侵入。切り返しで相手DFをかわし、飛び出したGKを引きつけてから中央へラストパスを送ると、最後はアルバレスが無人のゴールに流し込んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。シティは試合終了間際の94分、アルバレスのラストパスから途中出場のドクが決定機を迎えたが、シュートはGKスティールのセーブに阻まれ、試合はそのまま4-0でタイムアップ。 危なげない試合運びでリーグ戦5連勝を飾ったシティは、リバプールをかわし2位に浮上している。 2024.04.26 06:05 Fri
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2022年6月30日 サン=ジロワーズ ブライトン レンタル移籍終了
2021年8月11日 ブライトン サン=ジロワーズ レンタル移籍
2021年8月10日 川崎F ブライトン 完全移籍
2020年2月1日 筑波大学 川崎F 新加入
2020年1月31日 川崎F 筑波大学 特別指定選手終了
2019年4月19日 筑波大学 川崎F 特別指定選手登録
2019年1月31日 川崎F 筑波大学 特別指定選手終了
2018年8月10日 筑波大学 川崎F 特別指定選手登録
2018年1月31日 川崎F 筑波大学 特別指定選手終了
2017年9月15日 筑波大学 川崎F 特別指定選手登録
2016年4月1日 川崎フロンターレ U-18 筑波大学 新加入
2013年4月1日 川崎フロンターレ U-18 -
今季の成績
UEFAヨーロッパリーグ グループB 6 515’ 0 2 0
プレミアリーグ 19 1488’ 3 4 0
合計 25 2003’ 3 6 0
出場試合
UEFAヨーロッパリーグ グループB
第1節 2023年9月21日 vs AEKアテネ 86′ 0
2 - 3
第2節 2023年10月5日 vs マルセイユ 90′ 0
2 - 2
第3節 2023年10月26日 vs アヤックス 90′ 0 22′
2 - 0
第4節 2023年11月9日 vs アヤックス 90′ 0
0 - 2
第5節 2023年11月30日 vs AEKアテネ 69′ 0
0 - 1
第6節 2023年12月14日 vs マルセイユ 90′ 0 84′
1 - 0
プレミアリーグ
第1節 2023年8月12日 vs ルートン・タウン 90′ 0 43′
4 - 1
第2節 2023年8月19日 vs ウォルバーハンプトン 81′ 1
1 - 4
第3節 2023年8月26日 vs ウェストハム 90′ 0 88′
1 - 3
第4節 2023年9月2日 vs ニューカッスル 90′ 0
3 - 1
第5節 2023年9月16日 vs マンチェスター・ユナイテッド 90′ 0
1 - 3
第6節 2023年9月24日 vs ボーンマス 45′ 2
3 - 1
第7節 2023年9月30日 vs アストン・ビラ 90′ 0 84′
6 - 1
第8節 2023年10月8日 vs リバプール 90′ 0
2 - 2
第9節 2023年10月21日 vs マンチェスター・シティ 90′ 0
2 - 1
第10節 2023年10月29日 vs フルアム 90′ 0
1 - 1
第11節 2023年11月4日 vs エバートン 90′ 0
1 - 1
第12節 2023年11月12日 vs シェフィールド・ユナイテッド 45′ 0
1 - 1
第13節 2023年11月25日 vs ノッティンガム・フォレスト メンバー外
2 - 3
第14節 2023年12月3日 vs チェルシー 33′ 0
3 - 2
第15節 2023年12月6日 vs ブレントフォード 90′ 0
2 - 1
第16節 2023年12月9日 vs バーンリー 45′ 0
1 - 1
第17節 2023年12月17日 vs アーセナル 90′ 0 43′
2 - 0
第18節 2023年12月21日 vs クリスタル・パレス 83′ 0
1 - 1
第19節 2023年12月28日 vs トッテナム メンバー外
4 - 2
第20節 2024年1月2日 vs ウェストハム メンバー外
0 - 0
第21節 2024年1月22日 vs ウォルバーハンプトン メンバー外
0 - 0
第22節 2024年1月30日 vs ルートン・タウン メンバー外
4 - 0
第23節 2024年2月3日 vs クリスタル・パレス メンバー外
4 - 1
第24節 2024年2月10日 vs トッテナム 90′ 0
2 - 1
第25節 2024年2月18日 vs シェフィールド・ユナイテッド 76′ 0
0 - 5
第26節 2024年2月24日 vs エバートン メンバー外
1 - 1
第27節 2024年3月2日 vs フルアム メンバー外
3 - 0
第28節 2024年3月10日 vs ノッティンガム・フォレスト メンバー外
1 - 0
第30節 2024年3月31日 vs リバプール メンバー外
2 - 1
第31節 2024年4月3日 vs ブレントフォード メンバー外
0 - 0
第32節 2024年4月6日 vs アーセナル メンバー外
0 - 3
第33節 2024年4月13日 vs バーンリー メンバー外
1 - 1
第29節 2024年4月25日 vs マンチェスター・シティ メンバー外
0 - 4
第35節 2024年4月28日 vs ボーンマス メンバー外
3 - 0
第36節 2024年5月5日 vs アストン・ビラ メンバー外
1 - 0
第37節 2024年5月11日 vs ニューカッスル メンバー外
1 - 1
第34節 2024年5月15日 vs チェルシー メンバー外
1 - 2
第38節 2024年5月19日 vs マンチェスター・ユナイテッド メンバー外
0 - 2