ブライトン、ノアシェランから若手FWアディングラを獲得! 主戦場は左WG

2022.06.25 14:53 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、デンマークのノアシェランからコートジボワール人FWシモン・アディングラ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。ガーナの名門育成組織ライト・トゥ・ドリーム・アカデミー出身のアディングラは、2020年にノアシェランのユースチームに加入。その翌年にトップチームデビューを飾ると、今シーズンの公式戦では33試合10ゴール4アシストの数字を残した。

左ウイングを主戦場に前線の複数ポジションでプレー可能な175cmのアタッカーは、ブラックアフリカン特有の身体能力の高さを生かしたダイナミックな仕掛けが最大の持ち味。快足を生かした背後への飛び出しに加え、トリッキーな足元の技術、遊び心のあるプレーで一対一の局面でも存在感を放つドリブラーだ。
戦術理解度やフィニッシュの精度、フィジカル的にも大きな伸びしろを残すが、近年多くの逸材アタッカーを輩出しているノアシェランが目を付けただけのクオリティーを持った逸材と言える。

ポジション的には日本代表MF三笘薫と被る可能性が高いが、現時点ではブライトンでプレーするのか、武者修行に出されるのかは、微妙なところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ブライトン残留のカイセドが練習復帰! 三笘薫らとハードなトレーニングに励む

ブライトン残留が決定したエクアドル代表MFモイセス・カイセドがトレーニングに復帰した。 今冬の移籍市場でステップアップを求めたカイセド。しかし、相思相愛と思われたアーセナルから届いた6000万ポンド(約96億2000万円)、7000万ポンド(約112億2000万円)の2度のオファーは、今冬の主力流出を望まないブライトンにいずれも拒絶された。 その頑ななシーガルズの姿勢を受け、今冬の獲得が困難と判断したアーセナルは、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)にターゲット変更していた。 カイセドの移籍希望公言後、クラブは1月31日の移籍市場閉幕まで休暇を取るように伝えていたが、正式に残留が決定したことで同選手は1日からトレーニングに復帰した。 そして、2日にブライトンが公式SNSに投稿したトレーニング動画では、心機一転再びシーガルズでの戦いに集中するカイセドが、日本代表MF三笘薫らと共にハードなトレーニングに励む姿が映されている。 <span class="paragraph-title">【動画】カイセドが三笘らと共にハードなトレーニングに励む</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Intensity levels high in training! <a href="https://t.co/5fwiBa0MO9">pic.twitter.com/5fwiBa0MO9</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1621100343860908033?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.02.02 22:48 Thu
twitterfacebook
thumb

「三笘の無駄遣い」「使われ方好き」三笘薫がブライトンのYouTubeに意外な形で登場!ファンも「笑ってまう」「面白い」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫がクラブの公式YouTubeチャンネルに登場している。 1月29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール相手に衝撃のゴールを決めて世界を震撼させた三笘。その注目度は日に日に高まっている。 ブライトンのYouTubeでは、試合のハイライトやトレーニング映像が主なコンテンツだが、三笘が意外な形で出演している。 1日に公開されたのは、「ブライトン・ゲームショー」というタイトルの動画。ルイス・ダンクとソリー・マーチがクイズに答え、ポイントを競い合うという内容だ。 三笘はどこで登場するのかというと、2人の答えの正誤を教えてくれるのが三笘だ。正解の場合は「はい、正しいです」、不正解の場合は「いえ、違います」と日本語で話す三笘がカットインで登場する。 ここぞとばかりに三笘を登場させるブライトンの動画にはファンも反応。「三笘が日本語で答えてるの笑ってまうて」、「三笘の使われ方好きだわ」、「面白い」、「三苫をいじっているところがいい」、「三笘の無駄遣いw」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が斬新な形でブライトンのYouTubeに登場(三笘の登場シーンは1:17、1:48など)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="aXPblgIxLx0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

誰が見ても素晴らしい!三笘薫の“空中ダブルタッチ弾”が大会公式のベストゴールに選出「間違いなく最高だ」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫のゴールがFAカップ4回戦のベストゴールに選ばれた。 29日に行われたFAカップ4回戦でリバプールをホームに迎えたブライトン。三笘は左サイドで先発した。 試合は前半に1点ずつを奪いながら、後半はゴールがなかなか生まれず。90分が終了しようとしていた。 しかし、終了間際の後半アディショナルタイムに三笘が大仕事。ボックス手前右でFKからボールを繋ぐと、三笘は巧みなアウトサイドでのファーストタッチで浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴール。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 アウトサイドを駆使し、空中でのシュートフェイントも見事。決まった時間帯も素晴らしかった三笘のゴールだが、FAカップの公式SNSは4回戦のベスト10ゴールをピックアップ。その中で三笘のゴールが1位に選ばれた。 また、公式YouTubeチャンネルの動画には、「三苫の魔法のようなゴール」、「間違いなく、三苫のゴールは最高だ」、「三笘のゴールはただただ天才」といったコメントを寄せられており、ファンも選出には納得しているようだ。 なお、FAカップ5回戦は2月27日から始まる週のミッドウィークに開催予定。ブライトンはストーク・シティと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴラッソ連発の中で三笘のゴールが1位に!FAカップ4回戦のベスト10ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9ZywZ3Gq12A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「まーたエグい突破してる」絶好調の三笘薫、2人同時に抜くキレキレドリブル突破をチームメイトも称賛「ナイスカオル」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が練習でもキレキレだ。 1月29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール相手に衝撃のゴールを決めて世界を震撼させた三笘。今季からブライトンでプレーしているが、2022年10月29日に行われたプレミアリーグ第14節のチェルシー戦で初アシストを記録すると、そこから11試合に出場し、8試合でゴールに絡む活躍。6ゴール2アシストと凄まじい結果を残している。 ブライトンは4日にプレミアリーグ第22節でボーンマス戦を控えている中、試合に向けたトレーニングの様子を公式YouTubeチャンネルで公開。ミニゲームの中で、三笘が見事なドリブル突破を図る場面があった。 三笘はキックフェイントから鋭く内に切れ込むと、相手DF2人の間を強引に突破。そのままゴール前のダニー・ウェルベックにパスを送り、ゴールをお膳立て。ウェルベックからは「ナイスカオル」と感謝されていた。 練習の強度とはいえ、相変わらずの鋭い突破には、ファンも「練習でもドリブルがすごい」、「まーた三笘エグいドリブル突破してるよ」、「三苫は練習からすごい」と絶賛だ。 また、この日のトレーニングには去就問題に揺れ練習に参加していなかったエクアドル代表MFモイセス・カイセドが練習に復帰。ミニゲームでは早速強烈な一撃を決めており、チームメイトからも歓声が上がっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫 2人同時に抜くキレキレドリブル突破</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="TBAyzwuQ9-0";var video_start = 227;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「理不尽ゴール集の中に日本人」三笘薫の衝撃ゴールがプレミア前半戦ベストゴールTOP10に選出!「三笘さん凄すぎ」

プレミアリーグを配信している『SPOTV NOW』が2022-23シーズンの前半戦ベストゴールTOP10を発表している。 カタール・ワールドカップ(W杯)による中断期間を経てからの再開後、約1カ月が経過したプレミア。全38節のうち、多くのチームが20試合までを消化している。 そのプレミアの前半戦ベストゴールには、リーグ上位のチームが多数選出。3位と躍進するニューカッスルの3選手が選ばれると、2位マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネや首位アーセナルのブカヨ・サカも選出されている。 一方、下位チームからもレスター・シティのユーリ・ティーレマンスは唯一の2ゴール選出。エバートンのデマライ・グレイのゴールも選ばれた。 残す2つのうち、1つはクリスタル・パレスのマイケル・オリーズ。そしてブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が1月21日に行われたプレミアリーグ第21節レスター・シティ戦で沈めた糸を引くような右足ミドルも選ばれている。 三笘の選出には、ファンも「この理不尽ゴール集の中に日本人おるの凄すぎる」、「三笘すごすぎ」、「三笘さんはまだまだベストゴール更新しそう」、「錚々たるメンツの中で選ばれる三笘さん凄すぎ」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【動画】あなたのお気に入りは?三笘のゴールも選ばれたプレミア前半戦ベストゴールTOP10</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【TOP 10 GOALS】<br><br>プレミアリーグ前半戦ベストゴールTOP10<br>トリッピアーやデ・ブライネのFK弾、ティーレマンスのスーパーボレー2発がランクイン<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> のカットイン→ミドルも<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A6%B3%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AFSPOTVNOW%E3%81%A0%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ全試合観られるのはSPOTVNOWだけ</a><br>ハーフシーズンパス発売中 <a href="https://t.co/nJBIHF2DDq">pic.twitter.com/nJBIHF2DDq</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1620277394191052800?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 12:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly