ユナイテッドが“試合終了後”の劇的PK弾で今季初勝利! 内容は劣勢も勝負強さ発揮《プレミアリーグ》

2020.09.26 22:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第3節、ブライトンvsマンチェスター・ユナイテッドが26日に行われ、アウェイのユナイテッドが3-2で勝利した。今季の初陣となったクリスタル・パレス戦で新戦力ファン・デ・ベークにデビューゴールが生まれたものの、ホームで1-3の完敗となったユナイテッド。ミッドウィークのEFLカップで格下ルートン・タウンを退け、公式戦初勝利を手にした中、ブライトンとのアウェイゲームで今季プレミア初勝利を目指した。

ルートン戦からはマグワイア、ワン=ビサカ、マティッチを除く先発8人を入れ替え、ポグバやブルーノ・フェルナンデス、マルシャルなど、昨季終盤戦のベストメンバーがスタメンに名を連ねた。

試合は立ち上がりからハイプレスを仕掛けるブライトンがサイドを起点にユナイテッドを押し込む入りに。9分にはボックス手前左でアルザテからパスを受けたトロサールが強烈な左足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。

一方、守勢の入りとなったユナイテッドも15分を過ぎて徐々に押し返していく。17分には相手のビルドアップのミスを突きボックス左に侵入したグリーンウッドがファーストシュート。その直後にもB・フェルナンデスが際どいクロスで相手ゴールを脅かす。

その後は再びブライトンペースが続く中、32分にはユナイテッドがグリーンウッドのシュートで先にゴールネットを揺らすが、ここはラストパスを出したラッシュフォードがオフサイドを取られ、ゴールは認められず。すると、40分にはボックス右に抜け出したランプティをB・フェルナンデスが後方から倒してPKを献上。これをキッカーのモペイにパネンカで決められ、先制を許した。

しかし、すぐさま反撃に転じたアウェイチームは43分、ショーの果敢な仕掛けから相手陣内左サイド深くでFKを獲得。キッカーのB・フェルナンデスがファーへ鋭いボールを入れると、大外でフリーのマティッチがワンタッチで折り返したボールがマグワイアと競ったDFダンクのオウンゴールを誘い、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

迎えた後半、立ち上がりにコノリーのPK、グリーンウッドのゴールがそれぞれVARで取り消されるオープンな入りを見せた中、ユナイテッドが個の力で逆転に成功する。55分、自陣からのロングカウンターでB・フェルナンデスの絶妙なミドルスルーパスに反応したラッシュフォードが左サイドを独走し、そのままボックス内に切り込む。戻ったDFに囲まれたものの、細かい切り返しとフェイントで守備網をかいくぐって放った右足のシュートがDFにディフレクトしてゴールネットを揺らした。

これで一気にユナイテッドペースに傾くかに思われたが、ブライトンは前半同様簡単に流れを渡さない。60分にはボックス付近での細かい崩しからボックス左のマーチが左足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストの内側を叩く。

その後もブライトンの攻勢が続く中、トロサールらの決定機においてポストやクロスバーが最後の砦としてユナイテッドを助ける。この劣勢を受けて、スールシャール監督はグリーンウッドに代えてバイリー、マルシャルに代えてファン・デ・ベークをピッチに送り込み、割り切って守備を固める逃げ切り態勢に入る。

だが、試合終了間際の95分には相手のパワープレーに屈し、ウェブスターからの右クロスをファーでフリーのマーチに頭で叩き込まれて土壇場で追いつかれる。

これで万事休すと思われたユナイテッドだったが、最後の最後に勝負強さを発揮する。後半ラストプレーとなった左CKの場面でマグワイアの枠を捉えたヘディングシュートはDFのゴールカバーに遭い、主審はタイムアップのホイッスルを吹いた。

だが、ユナイテッド陣営が執拗に相手のハンドをアピールすると、VARのレビューの結果、モペイのハンドでのPKが与えられる。これを名手B・フェルナンデスがきっちり決め、“試合終了後”の劇的勝ち越しゴールで苦しみながらも今季リーグ初勝利を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバ、自身の仏代表引退報道に怒り心頭! 拡散させた『サン』を名指しで非難

マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバが、フランス代表引退の噂を否定した。 今回の噂が浮上したのは、ポグバの母国フランスのエマニュエル・マクロン大統領の発言が発端。フランスでは先日、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を授業で見せた中学教師がイスラム過激派の容疑者に殺される事件が起きた。 マクロン大統領はその追悼行事で、犠牲となったサミュエル・パティ氏を「英雄」称賛するとともに「風刺画はやめない」とコメント。しかしこの発言がイスラム教を冒涜しているとして多くの反感を買っており、トルコのエルドアン大統領は「精神的な治療が必要」と批判し、イスラム圏ではフランス製品のボイコットが発生していた。 その影響がサッカー界にも波及し、中東の様々なメディアがイスラム教徒であるポグバがマクロン大統領の意見に反する形で代表を引退するのではないかと報じていた。中にはすでに引退を決意したという情報も出回っており、欧州でも各国メディアが取り上げる事態となっていた。 しかしポグバは26日、自身の公式インスタグラムでフェイクニュースだと噂を否定。根も葉もない噂を広めたイギリス『サン』を名指しで非難し、怒りのコメントを綴った。 「本当に頭に来ているよ。ショックだし、いくつかのメディアが僕を利用してフェイクニュースを作り上げたなんてイライラするね。しかも現在フランスで起こっているセンシブルな話題を取り上げてね。さらにはフランス代表も巻き込んだ」 「完全なフェイクニュースの出版社とそれを広げたメディアに対して法的措置をとるつもりだ。『サン』には手短に言っておこう」 「あなた方の中には、かつて学校に行って先生から常に情報の正否はチェックしろ、確かめもせずノートに書くなと言われた者もいるだろう。でもね、あなた方は再び同じ過ちを繰り返した。しかも今回はとても深刻なトピックでね。恥を知れ!」 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CGzneJhDINP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGzneJhDINP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CGzneJhDINP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿</a> - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-26T12:20:00+00:00">2020年10月月26日午前5時20分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.10.26 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレイズ、ユナイテッドで燻るロホのレンタルを検討か

シェフィールド・ユナイテッドがマンチェスター・ユナイテッドに所属する元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(30)のローン移籍を検討しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 2014年夏にスポルティング・リスボンから加入したロホ。ユナイテッドで公式戦通算122試合2得点4アシストを記録しているが、次第に序列が低下。昨冬にはプロデビューを果たした母国アルゼンチンのエストゥディアンテスにレンタルしていた。 2021年夏までの契約となっているロホには、今夏にいくつかのクラブが接触を図ったが、ユナイテッドはこの過酷なシーズンに備えてキープ。チャンピオンズリーグ(CL)のメンバーにも加えている。 そんなロホに視線を送るブレイズでは、イングランド人DFジャック・オコネルがヒザを負傷。代役としてレンタル移籍をユナイテッドに尋ねているという。 一方で、同選手はユナイテッドとの契約延長を希望しているとも言われており、ここまで出場機会がないロホにとってはブレイズがアピールの場となるかもしれないと『サン』は伝えている。 2020.10.26 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「ユナイテッド移籍は間違いだった」出番の少なさに苦しむファン・デ・ベークを同胞レジェンドが嘆く

オランダ代表のレジェンドであるマルコ・ファン・バステン氏が、今夏にアヤックスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの決断は間違いだったと断言した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ファン・デ・ベークは2018-19シーズンにアヤックスでチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を果たすなど活躍。一時期はレアル・マドリー移籍が噂されるなど、強豪クラブが熱い視線を注ぐ存在だった。 結局、ファン・デ・ベークは今夏にユナイテッドが3500万ポンド(約47億円)+ボーナスの移籍金で獲得。しかし、ここまでプレミアリーグ5試合で出場時間は61分のみと、期待された活躍はできていない。 こうした現状を受け、ファン・バステン氏はオランダ『Rondo』に出演した際、ファン・デ・ベークのユナイテッド移籍は「間違いだった」と厳しく指摘している。 「ドニーはマンチェスター・ユナイテッドに行くべきではなかった。良い選手であれば、毎週のようにプレーしたいものだろう。ドニーのような選手が今年になって6、7試合しかプレーしていないのは、本当に悪いことだ(エールディビジの2019-20シーズンは新型コロナウイルスの影響により4月で打ち切り)。自分のリズムにも衝撃を与えるだろう」 「彼が以前よりも多くの収入を得ているのは知っている。しかし、トッププレーヤーとして新しいクラブと契約する際は、プレーのチャンスを見極めなければならない。ドニーはもっと良い展望を待って、他のクラブと契約すべきだった」 ファン・デ・ベークの現状に厳しい考えをもっているのは、ファン・バステン氏だけではない。イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したユナイテッドのレジェンド、パトリス・エブラ氏も「ユナイテッドに必要な選手ではなかった」と語った。 「なぜファン・デ・ベークを獲得したのかわからない。彼は毎試合、スタンドから試合を見ている。我々にとって彼は必要ではない。それが真実だ」 また、同じく『スカイ・スポーツ』に出演していたユナイテッドOBであるギャリー・ネヴィル氏も、オランダ代表MFの移籍を奇妙に感じているようだ。 「彼は毎試合、オーレ・グンナー・スールシャールのプランの最前線にいるようには見えない。彼が先発せず出番がないほど、『4000万ポンドも出した彼を、普通はチームに入れるだろう』と考えてしまう。彼もきっとこの瞬間、『自分はここで何をしているのだろう』と考えているに違いない」 ファン・デ・ベークは9月の終わりに代理人がスールシャール監督の起用に不満を表明するなど、周辺が騒がしくなっている。ここから自身の価値を証明し、移籍が間違いだったとするレジェンドたちを見返すことはできるだろうか。 2020.10.26 17:39 Mon
twitterfacebook
thumb

マグワイアのホールディングディフェンス チェルシー主将&指揮官がノーファウル判定に疑問

チェルシー陣営がマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアのファウルを主張した。 チェルシーは24日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でユナイテッドと対戦。互いにチャンスを生かせず、0-0の痛み分けという結果に終わった。ただ、この試合の40分、マグワイアがチェルシーでプレーするスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの首回りに手を回しての守備対応が注目の的に。ビデオアシスタントレフェリー(VAR)によるフィールドレビューもないまま流され、賛否の声が挙がっている。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1smwan0jrya9m1ag99aiw5i56e" async></script></div> しかし、アスピリクエタからすれば、まずはモニターをチェックすべきシーンだったという。イギリス『talkSPORT』によると、アスピリクエタは試合後、物議を醸している場面をこう振り返り、疑問を呈した。 「ピッチ上ではPKだと思った。彼の腕が僕の首と肩に回っているのを感じてもいた。レフェリーは決定権があり、VARだってある。難しいが、僕としてはレフェリーにモニターでのチェックを勧めたい。補助のためにあるのだから、20秒でも良いから確認すべきじゃないのか? フットボールだと、コンタクトは起こり得る。すべての接触がPKとまでは言わない。でも、みんなで協力して、試合をより良いものにする必要がある」 また、チェルシーのフランク・ランパード監督も試合後、主将の主張に共鳴。「明らかなPKだった。明白にね。私の立ち位置からだと、目視できず、主審もピッチ上での判定が難しいものだったと思う。だが、VARはすぐにファウルを否定した。彼らは時間をかけてレフェリーにモニターを確認するよう助言すべきだった。モニターをチェックしても、見返したらPKを与えなければならなかった。だから、非常に困惑している」と話した。 2020.10.25 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドデビューのカバーニ、スールシャールは今後に期待 0-0に終わったチェルシー戦の評価は?

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの今後に期待した。クラブ公式サイトが伝えている。 カバーニは今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が切れ、デッドラインデイにユナイテッド入り。2週間の隔離措置を経て、24日に本拠地で行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦でベンチ入りすると、0-0の58分からピッチに入り、待望のユナイテッドデビューを果たした。 デビュー即ゴールとはならなかったが、出場早々に絶妙な動き出しからのワンタッチシュートでゴールに迫るなど、今後の活躍に期待を膨らませるプレーを随所に披露したカバーニ。オーレ・グンナー・スールシャール監督は試合後、ウルグアイ人ストライカーのデビューゲームをこう評した。 「自分ができることを垣間見せてくれた。今後、ボックス内で存在感を発揮してくれるだろう。ニアポストに向かってのナイスなランや素晴らしいフリックを披露した。チアゴ・シウバにブロックされた場面もゴールになりそうだった。(決まったら、)彼にとって、素晴らしい瞬間だっただろうね」 「彼にはクレバーな動き、素晴らしい走りがある。経験豊富なストライカーで、ボックス内にボールが入れば、ゴールを陥れることができる。もう練習で大きな影響力を発揮してくれているが、鋭さを取り戻すには試合をこなしていかないとね」 また、ノルウェー人指揮官はチェルシーと0-0の痛み分けに終わった結果にも言及。相手守備陣の奮闘が際立った試合だったと振り返っている。 「今週にヨーロッパで戦った2チームによる試合だった。それが少し見え隠れしたゲームだったと思う。前半は素晴らしいものじゃなかったが、後半に入り、プッシュできた。ストレトフォード・エンドがファンでいっぱいだったら、助けとなり、ボールもゴールラインを越えていたかもしれない。後半は相手を追い詰め、チャンスを作れてもいたが、チアゴ・シウバの素晴らしいブロックやGKの見事なセーブがあった」 2020.10.25 10:55 Sun
twitterfacebook