遠藤航 Wataru ENDO

ポジション MF
国籍 日本
生年月日 1993年02月09日(31歳)
利き足
身長 178cm
体重 75kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

「どれほど礼儀正しく組織的か…」遠藤航の4人の子供たちの様子が話題に! 最終戦セレモニーで父の後をついていく姿にファンも注目

リバプールの日本代表MF遠藤航。プレミアリーグ最終戦後の子供たちの様子が話題を呼んでいる。 今シーズンはシュツットガルトでスタートした遠藤だったが、開幕直後にリバプールへと電撃移籍。ボランチの補強で後手を踏み続けたリバプールが急遽獲得した日本人には、懐疑的な目が向けられ続けた。 しかし、途中出場が続いた中でもピッチ上でユルゲン・クロップ監督の信頼を勝ち得ると、レギュラーに定着。プレミアリーグ29試合に出場し1ゴールを記録。公式戦では43試合で2ゴール1アシストを記録した。 クロップ監督のラストマッチとなったウォルバーハンプトン戦もフル出場した遠藤。試合後にはアンフィールドのピッチでセレモニーが行われ、家族もピッチに登場した。 その遠藤の家族の姿が話題に。『SPORT Bible』がインスタグラムアカウントに遠藤と4人の子供たちの写真をアップした。 遠藤を先頭にピッチを歩いている子供たち。全員がリバプールのフルキットを身につけているが、しっかりと父の後を整列して歩いている。 『SPORT Bible』は「リバプールファンは、アンフィールドでのシーズン終了セレモニー中、遠藤航の子供たちがどれほど礼儀正しく、組織的だったかに注目せずにはいられなかった」としている。 1人のファンは「彼の子供はまるで母鶏のように彼の後をついていく」とし、隊列を組んでいる様子に注目していた。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】遠藤航の後をしっかりついていく4人の子供たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/1lGKmpo262">pic.twitter.com/1lGKmpo262</a></p>&mdash; Anything Liverpool (@AnythingLFC_) <a href="https://twitter.com/AnythingLFC_/status/1792488127820345359?ref_src=twsrc%5Etfw">May 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C7MxY1oIxqV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C7MxY1oIxqV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C7MxY1oIxqV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SPORTbible(@sportbible)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.21 12:05 Tue

「マジなのか!」「ずるいよー」見取り図・盛山さん、クロップラストマッチを現地アンフィールドで観戦「生ユルネバ感動で…」

ユルゲン・クロップ監督のラストマッチとなったプレミアリーグ最終節。日本の人気芸人が現地で観戦していた。 19日、プレミアリーグ最終節でリバプールはホームにウォルバーハンプトンを迎えた一戦。日本代表MF遠藤航も先発した。 すでに優勝の可能性がなくなったリバプール。9シーズン指揮し、多くのタイトルをクラブにもたらせたクロップ監督のラストマッチ。多くのエモーショナルな瞬間が待っていた。 そんな中、試合を現地観戦したのはお笑いコンビ・見取り図の盛山晋太郎さん。サッカー好きとしても知られる盛山さんが、現地アンフィールドに足を運んだ。 盛山さんは自身のX(旧ツイッター/@morishimc)を更新。「アンフィールドにきたぞ!ENDO!!KLOPP!」と投稿。アンフィールドの前で、日本国旗を掲げ、新シーズンのユニフォームを纏い、遠藤のマフラーを首にかけた写真を投稿した。 さらに、「生ユルネバ感動でおしっこ漏れそうなった」と投稿。スタンドでタオルを掲げる盛山さんの後ろ姿の写真が投稿されている。 ファンは「まさかの現地!」、「羨ましい」、「すげーーー」、「マジなのか!」、「ずるいよー」とコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【写真】見取り図・盛山さんがクロップラストマッチで現地に駆けつける!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">アンフィールドにきたぞ!<br>ENDO!!KLOPP!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リバプール</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アンフィールド</a> <a href="https://t.co/wL7564Qha7">pic.twitter.com/wL7564Qha7</a></p>&mdash; 見取り図 盛山 (@morishimc) <a href="https://twitter.com/morishimc/status/1792196182711894171?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">生ユルネバ感動でおしっこ漏れそうなった<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アンフィールド</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リバプール</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a> <a href="https://t.co/Aiafx5VGR5">pic.twitter.com/Aiafx5VGR5</a></p>&mdash; 見取り図 盛山 (@morishimc) <a href="https://twitter.com/morishimc/status/1792222894891642988?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.20 21:50 Mon

「影響力を与えた」「圧倒する基盤を与えた」クロップ監督ラストマッチでフル出場、遠藤航を現地紙も評価の一方で補強にも言及「エリートの6番に注目すべき」

リバプールの日本代表MF遠藤航が高い評価を受けている。 19日、プレミアリーグ最終節が行われ、リバプールはホームにウォルバーハンプトンを迎えた。 リーグ優勝の可能性がなくなった中、ユルゲン・クロップ監督のラストマッチとなった一戦。遠藤はこの試合でもアンカーで起用され、フル出場を果たした。 攻守に渡って安定したプレーを見せ、しっかりとセカンドボールも回収。40分には、ボックス手前からのグラウンダーのミドルシュートを放つも、GKジョゼ・サにセーブされてしまった。 遠藤にはイギリス『リバプール・エコー』は7点(10点満点)の評価。中盤で影響力があったとした。 「ジョゼ・サに好ストップを強い、ハーフタイムにかけては多くのルーズボールを拾い始め、影響力を増していった。カードをもらった」 また、リバプール専門メディアの『This is Anfield』も7点(10点満点)をつけたが、より良いアンカーを補強すべきと厳しい言葉を向けている。 「遠藤の影響力はシーズンが進むにつれて薄れてきたが、日本人は日曜日に大きく改善した」 「日本人は中盤でハーヴェイ・エリオットやアレクシス・マク・アリスターとうまく連携したが、遠目からシュートを打つこともあった」 「彼は良い契約をしてきたが、この夏はエリートの6番に注目する必要があるだろう」 イギリス『90min』も7点(10点満点)をつけ、「中盤での彼のフィジカルはリバプールにウルブスを圧倒する基盤を与えた。ボールを離すこともほとんどなかった」と、中盤での存在感を評価した。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航、クロップ監督ラストマッチのプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="fqlUr0eKS48";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 19:40 Mon

「有力候補」セリエA行きは拒否した町田浩樹、トッテナム行き噂の中イギリスメディアは良い候補だと評価

今夏のステップアップが噂されているロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表DF町田浩樹(26)だが、行き先候補の1つであるイングランドでも評判は良いようだ。イギリス『TBR Football』が伝えた。 鹿島アントラーズの下部組織で育った町田はそのままトップチーム昇格。2022年1月にサン=ジロワーズにレンタル移籍で加入する。 当時のチームには日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)が所属。三笘は半年後にブライトンへと戻ったが、町田はサン=ジロワーズの一員としてプレー。2023年夏には完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンの町田はジュピラー・プロ・リーグで23試合に出場。優勝を争うプレーオフでは7試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でもプレーし、多くの経験を積むことに。また、クロッキー・カップでは決勝戦で110年ぶりの優勝に導く決勝ゴールを記録していた。 26歳という年齢、そして190cmという長身が魅力で、センターバックだけでなく左サイドバックでもプレーが可能という町田。多くのクラブが関心を寄せる中、トッテナムも関心を持っているとされている。 アンジェ・ポステコグルー監督はセルティック時代にも町田に関心を持っていたが、その後も追い続けている模様。左利きという点もあり、関心を強く持ち続けている。 『TBR Football』も1300万ポンド(約25億6500万円)の移籍金で獲得できる町田に関しては、良い補強になるとし、「26歳の彼は全盛期を迎えており、その才能、姿勢、フィジカルは有力候補」と評価している。 年齢、値段、そして能力の点で考えても良い補強と見られている状況。また、ポステコグルー監督が原石を磨いてスターにするという手腕を持っていることにも期待が寄せられているようだ。 町田は自身の将来についてベルギー『Walfoot』でコメントしており、セリエA行きは全く考えていないことを明かしていた。 「セリエAは世界最高のリーグの1つです。でも、日本人選手はほとんどプレーしていません。かつては本田圭佑、今は鎌田代違います。日本人にとって、あまり上手くいかない場所です」 「イタリアのクラブも僕に興味を持っていることはわかっていますけど、選ぶとしたら、日本人が成功しているブンデスリーガを選びたいと思います。なぜ、セリエAが僕たち(日本人)に合わないのかわかりません。戦術的すぎるのか、守備的すぎるのかもしれません」 かつては三浦知良がジェノアでプレーし、中田英寿がペルージャでヨーロッパでのキャリアを始め、名波浩や中村俊輔らもプレーした。これまで数人の選手がプレーしたが、その中でも成功したと言えるのは、ローマでスクデットを経験した中田、インテルでレギュラーとしてタイトルも獲得した長友佑都、アーセナルへのステップアップを果たすきっかけとなった冨安健洋ぐらいだろうか。本田や吉田麻也などは出番こそあれど、良い結果を残したとは言い難い。 ドイツからもオファーがあると見られる町田。本人の希望はありそうだが、プレミアリーグでプレーする冨安や三笘、遠藤航(リバプール)、橋岡大樹(ルートン・タウン)の存在もあるだけに、どんな選択をするのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】110年ぶり優勝をもたらせた町田浩樹の劇的決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XH3oxCrPplI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.17 12:30 Fri

2点差追いつかれドロー決着のリバプール、クロップ監督は選手たちの姿勢評価「未来への良い礎」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が引き分けを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 首位アーセナルと2位マンチェスター・シティの今節の勝利により逆転優勝の可能性が消滅し、プレミアリーグ3位フィニッシュが確定したリバプール。13日の第37節では4位アストン・ビラとの上位対決に臨んだ。 日本代表MF遠藤航も先発した中、U-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットのクロスが相手のオウンゴールを誘い、開始2分で幸先良く先制。しかし、12分にすぐさま追いつかれてしまう。 それでもオランダ代表FWコーディ・ガクポのゴールで前半のうちに勝ち越し、後半開始早々のU-21イングランド代表DFジャレル・クアンサーのヘディング弾でリードは2点に。しかし、終盤にコロンビア代表FWジョン・デュランに2ゴールを許す形で、3-3のドロー決着となった。 2度追いつかれ、リバプールで最後のアウェイゲームを勝ちきれなかったクロップ監督だが、選手たちのパフォーマンスは評価。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を死守したいチーム相手によく戦ったとコメントした。 「フラストレーションは感じていない。感じるべきかもしれないが、感じていない。私はとても幸せだ。こういった類の試合は以前にもあった。1つのチームが全てを懸けてプレーする試合だ」 「アストン・ビラにとって、チャンピオンズリーグ出場権はおそらく全てを意味する。そしてもう一方のチームはすでに順位が定まっている。今日の課題はキャラクターや態度を示すことだった。そして選手たちはセンセーショナルなキャラクターとセンセーショナルな態度を示した。私はそれに大いに満足している」 「今日ここでやったように、我々は良いチーム相手にも試合を支配できるということだ。ウナイ・エメリのチームは過去を振り返ってみても非常によく組織されている。彼らはアグレッシブに我々を追いつめたかったが、それができなかったのは我々がとても柔軟だったからだ。私はその点がとても気に入った」 また、クロップ監督はチームの未来にも言及。自らの抜ける来シーズン以降に向け、選手たちの見せる姿勢が重要だったと感じているようだ。 「彼ら(アストン・ビラ)は勝ち点1を手にした。それが現実だ。素晴らしいことではないが、これをどう評価するかは人による。今シーズンを象徴する物語だと考えてもなんでもいい。私はそうは思っていないというだけだ」 「私にとって今シーズンの物語は、選手たちが本当に本当に良いキャラクターやセンセーショナルな態度を見せていることだ。それが、今日我々がこの立ち位置にいる理由であり、79ポイントを獲得している理由だ」 「誰も聞きたくないことはわかっているが、今シーズン我々がリーグで3番目に優れたチームであることは、同時に我々がどのような状況からここまで持ってきたかということでもある。多くの変更を加えて改善してきた。私はそこが気に入っている」 「大喜びしているわけではないが、ここ1〜2週間はリーグで最高のチームにも2番目のチームにもなれないことを受け入れなければならなかった。これは未来への良い礎となるし、みんなが求められることの全てだ」 2024.05.14 10:33 Tue

「堅実なパフォーマンス」「後半は遥かに良くなった」遠藤航はまずまずの評価、交代後に2点差追いつかれてドローも厳しい意見も「大きなアップグレードが必要」

リバプールの日本代表MF遠藤航の評価は分かれている。 13日、プレミアリーグ第37節でリバプールはアウェイでアストン・ビラと対戦した。 プレミアリーグの優勝争いをしていたものの、終盤に取りこぼし脱落してしまったリバプール。4位以内を目指すアストン・ビラとの上位対決は、意外な撃ち合いとなった。 開始2分にオウンゴールでリバプールが先制するも、12分にアストン・ビラが同点に。それでも23分にコーディ・ガクポが勝ち越しゴールを決める。 リードしていたリバプールは、後半開始早々の48分にもジャレル・クアンサーが追加点。2点のリードを奪ったが、85分、88分とジョン・デュランに連続ゴールを許し、3-3のドローに終わった。 先発出場した遠藤は76分に交代。その後にチームは2失点して追いつかれてしまう残念な結果となった中、イギリス『リバプール・エコー』は7点(10点満点)をつけた。 「守備のために非常に多くのカバーリングが求められ、ハーフタイム前にはどこでも活躍はできなかあった」 「後半は遥かに良くなり、途中交代となった時は惜しまれることとなった」 一方で、リバプール専門メディアの『This is Anfield』は5点(10点満点)と厳しい評価をつけている。 「ボールを持った時でも、そうでなくても大丈夫。ビラはビルドアップに関しては、かなりチャンネル中心の傾向があり、常にその中にいるわけではないことで多少は許容されるが、中央でのチャレンジに取り組んでいたわけでもない」 「綺麗に動かし、いくつかのリカバリーを果たしていたが、レッズが多くのコントロールができる試合ではなかった。この夏には大きなアップグレードが必要だ」 また『ESPN』は6点(10点満点)の評価。「上手くプレスをかけ、アストン・ビラのビルドアップを妨害した。安心・安全にポゼッションもできる。76分に交代するまで、堅実なパフォーマンスを見せた」と、良いプレーを見せていたとした。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航が先発出場! 3位・4位の上位対決!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6nTFRJNW7_4";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.14 08:45 Tue

上位対決はリバプールが2度リードも逃げ切り失敗でドロー決着…【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第37節のアストン・ビラvsリバプールが13日に行われ、3-3の引き分けに終わった。遠藤航は76分までプレーしている。 ミッドウィークに行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝2ndレグでオリンピアコスに敗れて決勝進出を逃したビラは、その試合のスタメンからキャッシュをティーレマンスに変更した以外は同じスタメンを採用した。 一方、同節で優勝を争うアーセナルとマンチェスター・シティが勝利したため逆転優勝の可能性が消滅したリバプールは、前節のトッテナム戦のスタメンからロバートソンをジョー・ゴメスに変更した以外は同じスタメンを採用。遠藤はアンカーでスタメン出場している。 4位vs3位の上位対決は開始早々にスコアが動く。2分、サラーとのパス交換でボックス右深くまで侵入したエリオットがダイレクトクロスを供給すると、パウ・トーレスにディフレクトしたボールがGKマルティネスのファンブルを誘い、これがそのままゴールに吸い込まれた。 ミスから先制を許したビラだったが、12分に試合を振り出しに戻す。左サイドを持ち上がたワトキンスがボックス左深くまで切り込みマイナスへ折り返すと、走り込んだティーレマンスがダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺した。 その後はポゼッションで大きく上回るリバプールが攻勢を続けると23分、サラーのサイドチェンジを受けたルイス・ディアスのパスからボックス左深くまで駆け上がったゴメスがダイレクトクロスを供給。これはGKマルティネスが弾いたが、こぼれ球をガクポがゴールに押し込んだ。 再びリバプールにリードを許したビラは、36分に決定機。右FKのこぼれ球を敵陣で奪い返し二次攻撃を仕掛けると、コンサのループパスでボックス右に抜け出したベイリーが縦への仕掛けから折り返しを供給。これをゴール前のジエゴ・カルロスが詰めるが、あと一歩届かず。 ハーフタイムにかけても互いにアタッキングサードまでボールを運んだが、決定機を作るには至らず。前半は1-2で終了した。 迎えた後半、リバプールは開始早々にセットプレーから追加点を奪う。48分、敵陣中盤左サイドで獲得したFKからエリオットがクロスを供給すると、ファーサイドのクアンサーが打点の高いヘディングシュート。左ポストの内側を叩いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 後半も早い時間に失点したビラは52分、ティーレマンスのスルーパスに反応したベイリーがボックス右まで切り込み折り返しを供給すると、最後は中央のワトキンスがゴールに流し込んだが、これはVARの末にベイリーのオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後、リバプールは76分に遠藤やガクポ、エリオットらを下げてソボスライやヌニェス、グラフェンベルフら4枚替えを敢行。しかし、次にスコアを動かしたのはホームチームだった。 ビラは85分、敵陣でのハイプレスをかけるとマク・アリスターのトラップミスからチャンバースにボールカット。こぼれ球をボックス右手前でボールを拾ったデュランがカットインから左足を振り抜くと、シュートがゴール右隅に決まった。 1点差に迫り勢いづくビラは、88分にも中盤でパスを受けたディアビがドリブルで中央を突破。ボックス内へラストパスを送ると走り込んだデュランの左ヒザに当たったボールが相手GKの上を越す絶妙なループとなり、そのままゴールに吸い込まれた。 結局、試合はそのまま3-3でタイムアップ。曲者ビラに2度追いつかれたリバプールはリーグ連勝を逃す結果となった。 2024.05.14 06:18 Tue

多くのクラブが関心寄せるMF鈴木唯人、シュツットガルトも関心…ネックは33.3億円の移籍金か

ブレンビーに所属するU-23日本代表MF鈴木唯人(22)に対し、シュツットガルトが強い関心を寄せているという。ドイツ『キッカー』が伝えた。 シュツットガルトは近年ブンデスリーガで残留争いを繰り広げていた中、今シーズンはシーズン序盤から好調を維持。残り2節で3位につけており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を確保した。 日本代表DF伊藤洋輝やMF原口元気、U-23日本代表DFチェイス・アンリと日本人も3人在籍。昨シーズンまでは日本代表MF遠藤航が所属し、キャプテンを務め、過去にもFW岡崎慎司(シント=トロイデン)やDF酒井高徳(ヴィッセル神戸)らが所属するなど、日本人との関わりも深い。 一方で、来シーズンに向けて選手層には不安を持っており、その中で関心を寄せているのが鈴木とのこと。昨シーズンは後半戦をストラスブールで過ごした中、清水エスパルスに復帰したものの、今シーズンからブレンビーへと完全移籍。スーペルリーガで16試合5ゴール2アシスト、チャンピオンシップ・ラウンドで6試合3ゴール5アシストを記録。チームの攻撃を牽引している。 鈴木にはリバプールなどヨーロッパの多くのクラブが関心を持っている状況。さらに、契約は2027年6月まで残っており、1500〜2000万ユーロ(約25億円〜33億3000万ユーロ)の移籍金が予想されている。 今夏はパリ・オリンピックの出場も期待される鈴木。引く手数多の状態となりそうだが、どのクラブが射止めるのか。注目が止まらない。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木唯人は優勝争うミッティラン戦で圧巻の2ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="i-N077BXeWo";var video_start = 7;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.08 13:05 Wed

「偉大な2人」「いい写真」今季で引退の岡崎慎司がプレミアを戦う後輩を訪問し話題に「前より一回りデカくなってた」

今シーズン限りで現役を引退するシント=トロイデンの元日本代表FW岡崎慎司がプレミアリーグでプレーする後輩を訪ねたことを報告した。 Jリーグでは清水エスパルスでプレーした岡崎。その後ドイツに渡り、シュツットガルト、マインツ、でプレーすると、2015年7月からはレスター・シティでプレー。奇跡のプレミアリーグ優勝の一員となると、スペインへ渡り、マラガ、ウエスカ、カルタヘナでプレー。2022年8月からはシント=トロイデンでプレーしている。 ダイビングヘッドが代名詞であり、前線からの労を厭わないプレッシングなどが持ち味の岡崎。ただ、ヒザを負傷するなど身体が限界を迎え、今シーズン限りでの引退を決断していた。 その岡崎はイングランドを訪問。リバプールの日本代表MF遠藤航に会いにいったことを自身のインスタグラムで報告し、笑顔での2ショットを披露した。 ーーーーー 久しぶりに航と会いました。 前より一回りデカくなってたと思う。 テレビで試合を観ていて、分かった気になったけど、試合後の疲労度や今の経験を聞けて、身体も頭もフルに使って戦ってるんだなと改めて凄さを実感しました。 プレーしていた自分でも忘れるから、記憶って怖いなと思います。 だからこそ、常に最前線で戦ってる選手からダイレクトに日本の育成年代や指導の現場に落とし込めるようになったら、もっと世界に挑戦する事の厳しさが伝わると思う。 そして厳しい場所だからこそ目指すべきだと僕は伝えていきたい。 今シーズンのラスト2試合のホームゲームで自分は引退するつもりですが、その前に刺激をもらえて良かった。 航に感謝です!ありがとう! ーーーーー 遠藤は日本代表の後輩であり、シュツットガルトでプレーした後輩でもある。岡崎もプレミアリーグでプレーした経験があり、その大変さを改めて感じられたとした。 ファンは2ショットに「偉大な2人」、「レジェンドの2人!」、「いい写真」、「プレミアで活躍した、している2人」、「日本人も凄いことになってる」、「最後ゴール期待しています」とコメントが寄せられた。 岡崎は残り2試合。最後に魂のダイビングヘッドでファンを沸かせてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】岡崎慎司と遠藤航が笑顔で2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C6n6fqjsWBJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C6n6fqjsWBJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C6n6fqjsWBJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SHINJI OKAZAKI(official)(@shinjiokazaki_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.07 20:30 Tue

トッテナム相手に4発逃げ切りのリバプール、クロップ監督「調子落とすまでは傑出」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がトッテナム戦の勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 終盤に入ってから失速したものの、まだなんとかプレミアリーグ優勝争いに食いとどまるリバプール。逆転優勝にわずかな望みを繋ぐ中、5日の第36節では3試合ぶりの勝利を目指してトッテナムをホームに迎えた。 先手を取ったのはホームチームで、日本代表MF遠藤航のサイドチェンジからオランダ代表FWコーディ・ガクポのクロスをエジプト代表FWモハメド・サラーが頭で押し込んで先制。前半終了間際にはスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが加点し、2-0で折り返す。 後半に入ると、今度はU-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットのクロスからガクポのヘディングシュートが決まり、極めつきはエリオットの完璧な左足ミドル。その後はトッテナムに2点を返され、追い上げを許したが、4-2で逃げ切りに成功した。 強敵相手に4発大勝としたリバプールだが、クロップ監督は終盤の内容を後悔。そこ以外は良かったとチームを称えている。 「4-0とリードし、本当に良い試合をしたのに、少し組織力を失ってしまった。それはもう人間的なことだ。素晴らしいことではないが、これも人間だ」 「我々は調子を落とすまでは傑出していた。立て直すまでに5点目、6点目を決めることもできたが、それはできなかった。でもそれでいい」 「選手たちのプレーは本当に良かったし、連携する上で個々のパフォーマンスも良かった。今日はとても良いことがたくさんあった」 「2失点はした。それはアリ(GKアリソン・ベッカー)に聞いてほしい。彼はその点について全く満足していない。だが、本当に良いサッカーの試合だったし、結果も含めてこれが期待されるべきことだと思う。どちらの面でも納得することができた」 また、クロップ監督はゴラッソを含む1ゴール1アシストの活躍を見せたエリオットを名指しで称賛。サラーのパフォーマンスも高く評価している。 「ハーヴェイは並外れている。(彼は)まだとても若いが、卓越している。モー(サラー)が負傷した時やアフリカ・ネーションズカップで抜けた時、彼は右ウイングとしてプレーした。長い間我々の最高の選手の1人だった」 「彼のプレーは並外れていた。中盤のポジションではおそらくトップ3か4のパフォーマンスに入っていたと思う。本当に素晴らしかったし、ゴールも格別だった」 「誰だって自信を深める時間が必要だ。彼は今良い状態にあるし、それが間違いなく助けになっている。彼は他の部分でも本当によく頑張っていた」 「右サイドのモーも今日は並外れていた。ハーヴェイとトレント(アレクサンダー=アーノルド)は今日の役割を果たせるし、彼がワイドな位置にいられるようにした方が良い。サッカー的に言えば、我々は中央で構えてうまく機能しているからね」 2024.05.06 10:38 Mon
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年8月18日 シュツットガルト リバプール 完全移籍
2020年7月1日 シント=トロイデン シュツットガルト 完全移籍
2020年6月30日 シュツットガルト シント=トロイデン レンタル移籍終了
2019年8月13日 シント=トロイデン シュツットガルト レンタル移籍
2018年7月21日 浦和 シント=トロイデン 完全移籍
2016年1月6日 湘南 浦和 完全移籍
2011年2月1日 湘南 完全移籍
今季の成績
UEFAヨーロッパリーグ グループE 6 375’ 1 1 0
プレミアリーグ 29 1720’ 1 10 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント 3 211’ 0 0 0
合計 38 2306’ 2 11 0
出場試合
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第1節 2023年9月21日 vs LASK 60′ 0
1 - 3
第2節 2023年10月5日 vs ユニオン・サン=ジロワーズ 45′ 0
2 - 0
第3節 2023年10月26日 vs トゥールーズ 90′ 1
5 - 1
第4節 2023年11月9日 vs トゥールーズ 45′ 0 34′
3 - 2
第5節 2023年11月30日 vs LASK 90′ 0
4 - 0
第6節 2023年12月14日 vs ユニオン・サン=ジロワーズ 45′ 0
2 - 1
プレミアリーグ
第2節 2023年8月19日 vs ボーンマス 27′ 0
3 - 1
第3節 2023年8月27日 vs ニューカッスル 58′ 0
1 - 2
第4節 2023年9月3日 vs アストン・ビラ 3′ 0
3 - 0
第5節 2023年9月16日 vs ウォルバーハンプトン ベンチ入り
1 - 3
第6節 2023年9月24日 vs ウェストハム 3′ 0
3 - 1
第7節 2023年9月30日 vs トッテナム 17′ 0
2 - 1
第8節 2023年10月8日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン ベンチ入り
2 - 2
第9節 2023年10月21日 vs エバートン ベンチ入り
2 - 0
第10節 2023年10月29日 vs ノッティンガム・フォレスト 10′ 0
3 - 0
第11節 2023年11月5日 vs ルートン・タウン ベンチ入り
1 - 1
第12節 2023年11月12日 vs ブレントフォード 90′ 0
3 - 0
第13節 2023年11月25日 vs マンチェスター・シティ 5′ 0 93′
1 - 1
第14節 2023年12月3日 vs フルアム 7′ 1
4 - 3
第15節 2023年12月6日 vs シェフィールド・ユナイテッド 90′ 0 34′
0 - 2
第16節 2023年12月9日 vs クリスタル・パレス 45′ 0
1 - 2
第17節 2023年12月17日 vs マンチェスター・ユナイテッド 90′ 0 47′
0 - 0
第18節 2023年12月23日 vs アーセナル 90′ 0 48′
1 - 1
第19節 2023年12月26日 vs バーンリー 90′ 0
0 - 2
第20節 2024年1月1日 vs ニューカッスル 75′ 0 66′
4 - 2
第21節 2024年1月21日 vs ボーンマス メンバー外
0 - 4
第22節 2024年1月31日 vs チェルシー メンバー外
4 - 1
第23節 2024年2月4日 vs アーセナル メンバー外
3 - 1
第24節 2024年2月10日 vs バーンリー 90′ 0 33′
3 - 1
第25節 2024年2月17日 vs ブレントフォード 90′ 0 67′
1 - 4
第26節 2024年2月21日 vs ルートン・タウン 90′ 0
4 - 1
第27節 2024年3月2日 vs ノッティンガム・フォレスト 30′ 0
0 - 1
第28節 2024年3月10日 vs マンチェスター・シティ 90′ 0
1 - 1
第30節 2024年3月31日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 90′ 0 88′
2 - 1
第31節 2024年4月4日 vs シェフィールド・ユナイテッド メンバー外
3 - 1
第32節 2024年4月7日 vs マンチェスター・ユナイテッド 69′ 0
2 - 2
第33節 2024年4月14日 vs クリスタル・パレス 45′ 0
0 - 1
第34節 2024年4月21日 vs フルアム 90′ 0
1 - 3
第29節 2024年4月24日 vs エバートン 27′ 0
2 - 0
第35節 2024年4月27日 vs ウェストハム 79′ 0 30′
2 - 2
第36節 2024年5月5日 vs トッテナム 64′ 0
4 - 2
第37節 2024年5月13日 vs アストン・ビラ 76′ 0
3 - 3
第38節 2024年5月19日 vs ウォルバーハンプトン 90′ 0 60′
2 - 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年3月7日 vs スパルタ・プラハ 90′ 0
1 - 5
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月14日 vs スパルタ・プラハ 45′ 0
6 - 1
準々決勝1stレグ 2024年4月11日 vs アタランタ 76′ 0
0 - 3
準々決勝2ndレグ 2024年4月18日 vs アタランタ ベンチ入り
0 - 1