ドイツ代表が26選手招集! ギュンドアンにリュディガーら8選手が返り咲き《国際親善試合》

2023.06.02 20:05 Fri
Getty Images
ドイツサッカー連盟(DFB)は2日、今月の代表ウィークに臨むメンバー26名を発表した。

3つの国際親善試合が組まれるドイツ。前回からはマンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドアンや、レアル・マドリーのアントニオ・リュディガーをはじめ、8選手が返り咲き、ミランのマリック・チャウや、ブレントフォードのケヴィン・シャーデの若き才能も引き続き呼び寄せた。
そのなかで、ラ・リーガ終了後に来日するバルセロナのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンら数選手は所属先のシーズンがまだ終わっていない関係から遅れての合流に。チームは7日に合流し、始動するという。

ユーロ2024のホスト国ということで予選が免除され、強化試合を通じて世代交代も推し進めるドイツは12日にブレーメンでウクライナ代表戦後、16日にワルシャワでポーランド代表と対戦。続く20日にはゲルゼンキルヒェンでコロンビア代表との強化マッチに挑む。

◆メンバー一覧
GK
ベルント・レノ(フルアム/イングランド)
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/スペイン)
ケビン・トラップ(フランクフルト/ドイツ)
DF
マティアス・ギンター(フライブルク)
ロビン・ゴセンス(インテル/イタリア)
ベンヤミン・ヘンリクス(RBライプツィヒ)
ティロ・ケーラー(ウェストハム/イングランド)
ルーカス・クロステルマン(RBライプツィヒ)
ダビド・ラウム(RBライプツィヒ)
アントニオ・リュディガー(レアル・マドリー/スペイン)
ニコ・シュロッターベック(ドルトムント)
マリック・チャウ(ミラン/ドイツ)
マリウス・ヴォルフ(ドルトムント)

MF/WF
ユリアン・ブラント(ドルトムント)
エムレ・ジャン(ドルトムント)
ニクラス・フュルクルク(ブレーメン)
レオン・ゴレツカ(バイエルン)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ/イングランド)
カイ・ハヴァーツ(チェルシー/イングランド)
ヨナス・ホフマン(ボルシアMG)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
ジャマル・ムシアラ(バイエルン)
レロイ・サネ(バイエルン)
ケヴィン・シャーデ(ブレントフォード/イングランド)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)
フロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン)
関連ニュース

ブレーメ氏の訃報を受けてブッフバルト氏とリトバルスキー氏が哀悼「とても悲しい」

元ドイツ代表DFアンドレアス・ブレーメ氏の訃報を受けて、ドイツ代表で同僚だったギド・ブッフバルト氏と、ピエール・リトバルスキー氏が哀悼のコメントを残した。 両氏は1990年イタリア・ワールドカップでブレーメ氏と共に当時の西ドイツ代表で優勝を達成。苦楽を共にした盟友の突然の別れにショックを隠せないでいる。 ブッフバルト氏は「今は何も考えられない。ただただショック。最近まで連絡を取り合っていたしね。アンディは常に前向きでエネルギッシュな人間だった。偉大な男だったし、素晴らしい友人だった。多くの思い出が頭に残っている。1984年にオリンピックを一緒に戦ったが、それ以降、多くの試合を共に戦った。そして1990年W杯では決勝でPKを決めたね。フランツ(ベッケンバウアー)とアンディが亡くなった。彼らからはポジティブな思い出が連想されるが、今はとても悲しい想いだ」とコメント。 また、リトバルスキー氏は「とてもショック。アンディが居なくなることが何より寂しい。悲しいニュースが続いている。ドイツサッカー界にとって損失。とりわけ1990年W杯優勝メンバーの我々にとってはね」と、Jリーグにもゆかりのある2人が突然のブレーメ氏死去を悔やんだ。 2024.02.20 23:10 Tue

再び契約満了迫るクロースが自らの将来に言及…ドイツ代表復帰の可能性にも触れる「まだ決断はしていない」

レアル・マドリーの元ドイツ代表MFトニ・クロースが今後について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 2014年にバイエルンから加入して以来長らくマドリーの中盤を支えてきた34歳のクロース。昨シーズンは契約を更新するのか、満了してそのまま引退を選ぶのかの決断に注目が集まったが、結局1年の新契約を締結し、今シーズンも好パフォーマンスを発揮している。 そんなシーズンも折り返し、再び契約満了が迫る中、クロースはチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、ライプツィヒ戦1stレグの前日記者会見に出席し、自らの将来についてコメント。胸の内を明かしている。 「まだどうすればいいかわからない。まだ何も決めていない」 「多くの人が僕にもう1年プレーしてほしいと思ってくれているのはとても嬉しいし、ポジティブな兆候だ。気分は良いけど、まだ決断はしていない」 また、引退も意識するベテランの領域に突入しながら、素晴らしいシーズンを送れている点にも言及。メンタリティの重要性を伝えた。 「モチベーションが一番重要だ。10年前と同じように勝ちたいという気持ちを今でも持っているかどうかが大事だ。そうでなければ、34歳まで十分にプレーすることはできない。それに体は機能しているし、しっかりケアするよう努めている。肉体的なレベルで言えば、3〜4日おきに全力を尽くすことができる」 「物事はうまくいくものだし、そうなるのがいつだって良いことだ。最も重要なのは自分の体をしっかりケアすることと、常に同じモチベーションを持つことだ」 さらに、2021年夏のユーロ後に引退したドイツ代表復帰の可能性についても触れ、完全には否定せず。自国開催のユーロ2024に出場する可能性を残した。 「僕は決断を下さなければならないし、自分が何をするのかよく考えなければならない。それはたくさんのこと、僕の気持ちだったり、個人的なプランによって決まる…僕はいつだって非常に高いレベル、可能な限り最高のレベルでキャリアを終えたいと言ってきた。1年前に下した決断には今でもかなり満足している」 「今はこの瞬間を楽しんでいるし、とてもうまくいっているから、決断するにはもう少し時間がかかる。復帰の可能性はある。ただ、契約更新と同様、現時点ではわからない」 2024.02.13 14:21 Tue

ドイツ代表のナーゲルスマン監督が将来を語る「現状では『ノー』と言う」、ユーロ後に退任の可能性も

ドイツ代表を率いるユリアン・ナーゲルスマン監督が、自身の去就について言及した。ドイツ『Sport1』が伝えた。 8日、欧州サッカー連盟(UEFA)は、UEFAネーションズリーグ(UNL)2024-25の組み合わせ抽選会を実施した。 4度目となるネーションズリーグには54カ国が参加。リーグAに属するドイツは、オランダ、ハンガリー、ボスニア・ヘルツェゴビアとグループA3にはいることとなった。 グループA2ではイタリア、ベルギー、フランス、イスラエルという強豪揃いのグループが出来上がるなどした中で、組み合わせが決まったナーゲルスマン監督は自身が指揮するかどうかはわからないとコメントした。 「それについてはまだ考えていない。私の契約はユーロ後に切れることになっている。だから、現状では『ノー』だと言うだろう」 2023年9月、日本代表とのホームゲームに敗れたドイツは、ハンジ・フリック監督を即時解任。ナーゲルスマン監督を招へいした。 ドイツは2024年のユーロ開催地であり、現在の契約はユーロ終了後まで。その後にスタートするUNLの組み合わせが決まったわけだが、自分は監督の座にいない可能性があるとした。 「最初から言っていたが、現時点ではユーロだけにフォーカスしている。その後、私がまだ監督を務めているかどうかがわかるはずだ」 「もしそうであれば、我々は非常に良い準備をし、それを最大限に活用して、ネーションズリーグで勝つように努めることになる」 2014年のブラジル・ワールドカップで優勝したものの、2018年のロシア、2022年のカタールと2大会連続でグループステージ敗退の屈辱を味わっており、ユーロも2021年はベスト16で敗退。自国開催で結果が出なければ、満了で退任することは間違いないだろう。 また、リバプールで指揮を執り成功を収めたユルゲン・クロップ監督が今シーズン限りで退任することが決定おり、フリーになることで、後任としても考えられている。 2024.02.09 11:50 Fri

11月代表戦で一発退場のサネにFIFAから出場停止&罰金の処分…DFBは異議申し立て

ドイツ代表FWレロイ・サネが国際サッカー連盟(FIFA)から処されたようだ。 バイエルンの10番は昨年11月に行われたオーストリア代表との国際親善試合に先発したが、49分にフィリップ・ムウェネを遅れ気味のタックルでファウル。激昂したムウェネが詰め寄ったところを押し倒して、レッドカードを受けた。 ドイツ『ビルト』によると、FIFAはこれを暴力行為とみなし、3試合の出場停止と罰金の処分。罰金額は2700ユーロ(約40万円)になるようで、出場停止は3月に予定するフランス代表とオランダ代表のテストマッチにもおよぶ。 だが、この処分は確定したわけではなく、ドイツサッカー連盟(DFB)は異議申し立てへ。今夏に自国でのユーロを控えるドイツだが、ユリアン・ナーゲルスマン監督を招いてからも試行錯誤が続き、11月の2連戦で連敗している。 2024.01.12 11:35 Fri

「気に入った」「パーフェクトだ」「これは素晴らしい」リークされたドイツ代表の新ユニフォームに絶賛の声

ドイツ代表の新ユニフォームのデザインがリークされている。ユニフォーム専門サイト『Footy Headlines』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)では、日本代表にも敗れ、まさかの2大会連続のグループステージ敗退となったドイツ。その後も事態は好転せず、2023年9月の国際親善試合でも日本に敗れると、ハンジ・フリック監督を解任。ユリアン・ナーゲルスマン新監督のもとで、開催国として出場するユーロ2024に向け準備を進めている。 2024年の6月から7月にかけて行われるユーロ2024だが、『Footy Headlines』によると、2024年の3月にかけて大会で着用するユニフォームが発表される予定とのことだ。 また、『Footy Headlines』によると、その新ホームユニフォームは1994年のアメリカW杯からインスピレーションを得ているといい、白をベースとしつつ、アディダスのロゴは黒、スリーストライプスはドイツ国旗の黒、赤、黄色の3色で構成されるという。また、シャツの前身頃には、ドイツサッカー協会(DFB)のエンブレムのデザインが薄っすら描かれている。 新ユニフォームの予想デザインに関してファンは「パーフェクトだ」、「これは素晴らしい」、「かっこいい」、「気に入った」と反応。高い評価を得ている。 <span class="paragraph-title">【画像】リークされたドイツ代表の新ホームユニフォーム予想デザイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="in" dir="ltr"> Germany Euro 2024 Kit <a href="https://t.co/KTe5KJ0KQn">pic.twitter.com/KTe5KJ0KQn</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1741916201033621524?ref_src=twsrc%5Etfw">January 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.11 18:45 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly