ニクラス・フュルクルク Niclas FULLKRUG

ポジション FW
国籍 ドイツ
生年月日 1993年02月09日(31歳)
利き足
身長 189cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

ドイツ代表でリュディガーとフュルクルクの乱闘騒ぎ…クロースは「こういった状況が起きるのは良いこと」と問題視せず

ドイツ代表MFトニ・クロースは、ユーロ2024を間近に控えたトレーニング中に起きた主力2選手の衝突について大きな問題とは考えていないようだ。『ESPN』が伝えている。。 今週末に自国開催のユーロ開幕を控えるドイツ。今週のトレーニングではDFアントニオ・リュディガーとFWニクラス・フュルクルクが小競り合いを起こし、チーム内で確執があるのではないかとのネガティブな報道が出ていた。 10日のクロス対応のトレーニングの際、リュディガーがフュルクルクを激しく押し倒したことでフュルクルクが激高。コーチ兼審判だったマッツ・ブットゲライトにファウルの笛を吹かなかった理由を問いただした。その際、リュディガーは熱くなったフュルクルクを茶化すような振る舞いを見せ、両者の間に確執があるのではないかとの報道が行われた。 ただ、同い年の両選手はユース年代から長らく一緒にプレーしていた親しい関係にあり、騒動が報じられた直後にはSNSを通じて関係性に問題がないことが明かされた。また、翌日のトレーニングセッションではじゃれ合う仲睦まじい姿も確認された。 同日、キャンプ中の公式会見に出席したクロースはその2人の衝突について質問を受けると、「こういった状況が起きるのは良いことだと思っているよ。もちろん、少し驚いたけど、あまり深刻に受け止めるべきではないよ。ニクラスが怒っていたのは審判にだけだった。トニと乱闘になれば、それが自分のせいだとわかっていたよ」と、2選手の翌日の反応と同じように問題視せず。逆に、こういったアクシデントがチームをピリッとさせる出来事になったとポジティブに受け止めた。 また、自身にとって現役最後のトーナメントとなり、母国のファン・サポーターからの期待も集まる今大会に向けては自国開催での責任を自覚しながらも、良い意味でプレッシャーを楽しみたい考えだ。 「基本的に、国内で行われるすべての大会ではプレッシャーがある。さらに特別なことだ」 「良いことも悪いことも、即座にフィードバックが得られる。今後数週間、国内の雰囲気に対して大きな責任がある。このことが何を意味するかはわかっているけど、この大会に出場できることは大きな名誉であり喜びでもあるんだ」 なお、ドイツは14日に行われる開幕戦でスコットランド代表と対戦する。 2024.06.12 13:50 Wed

「EUROJAPAN CUP 2024」がチャリティーオークション実施! 第1弾はドルトムントのロイスやフュルクルクのサイン入りユニフォーム!

セレッソ大阪とドルトムントが戦う「EUROJAPAN CUP 2024」。株式会社ライブドアも参画するEUROJAPAN CUP 2024実行委員会にて「令和6年能登半島地震」の復興支援チャリティーオークションを実施することとなった。 「EUROJAPAN CUP 2024」は7月24日(水)にヤンマースタジアム長居で開催。2023-24シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準優勝のドルトムントが来日し、かつてプレーした元日本代表MF香川真司擁するC大阪と対戦する。 能登半島地震復興支援チャリティーオークションは、第1弾と第2弾に分けて開催予定。オークションの収益は全て日本赤十字社に寄付され、被災地の復興支援に役立てられる。 オークション第1弾は、今シーズン限りでの退団を発表したドルトムントのレジェンドである元ドイツ代表MFマルコ・ロイスや、ドイツ代表FWニクラス・フュルクルクの直筆サイン入りユニフォームをはじめ、ドルトムントの選手たちの貴重なアイテムが出品される。開催日時:6月8日(土)18時から6月17日(月)22時までとなる。 <a href="https://auction.hattrick.world/top/1684" target="_blank">★チャリティーオークション特設サイト</a> オークション第2弾は、7月26日(金)から開催予定。詳細は未定となっている。 <span class="paragraph-subtitle">■EUROJAPAN CUP 2024チケット情報</span> 本日6月8日(土)12時から一般発売を開始します。ぜひお早めにご購入ください。 チケット販売URL:<a href="https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2450549" target="_blank">https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2450549</a> <span class="paragraph-subtitle">■EUROJAPAN CUP 2024公式グッズ情報</span> 当社が運営するECサービス「ライブドアショッピング」ではEUROJAPAN CUP 2024の公式グッズを7月上旬から販売する予定です。 詳細が決まり次第ライブドアショッピング内のEUROJAPAN CUP 2024公式グッズ販売ページや、公式Xでお知らせします。 EUROJAPAN CUP 2024公式グッズ販売ページ:<a href="https://www.livedoor-shopping.jp/view/page/eurojapancup2024" target="_blank">https://www.livedoor-shopping.jp/view/page/eurojapancup2024</a> ライブドアショッピング公式X:<a href="https://twitter.com/LD_Shopping" target="_blank">https://twitter.com/LD_Shopping</a> 2024.06.10 21:45 Mon

開催国ドイツ、予定と異なりGKニューベルが落選…引退のクロースらは残る【ユーロ2024】

ドイツサッカー連盟(DFB)は7日、ユーロ2024に臨むドイツ代表メンバー2&名を発表した。 ユリアン・ナーゲルスマン監督が率いるドイツ代表。今回のユーロは開催国として戦うこととなる。 2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で優勝も、2018年のロシア大会、2022年のカタール大会ではグループステージ敗退という屈辱を味わうことに。さらに、ハンジ・フリック監督が9月に日本代表に敗れたことを受けて解任。ナーゲルスマン監督が就任していた。 大会を盛り上げる意図もあり、ドイツ代表はSNSやテレビ、ラジオ、インフルエンサーなどを使って小出しにメンバー発表をしていた中、27名の候補メンバー発表。登録メンバーは26名となり、GKアレクサンダー・ニューベル(シュツットガルト)が外れた。 当初はGK4人体制と考えていたとされたが、最終的にはGKを3名にすることに。ナーゲルスマン監督は、「アレクサンダーのパフォーマンスとは関係ない。彼は非常に上手くフィットしており、トレーニングでも良いパフォーマンスを見せていた」とコメント。「また、フィードバックの話し合いの中で、ドイツ代表での彼の将来についても示した」と理由を説明した。 ユーロは初戦の前までであれば、負傷者を入れ替えることが可能。大会中も、GKであれば負傷した場合に入れ替えることが可能となり、ニューベルは不測の事態が起きた時に招集されることになるようだ。 ドイツはグループAに入っており、6月14日にスコットランド代表、6月19日にハンガリー代表、6月23日にスイス代表と対戦する。今回発表されたドイツ代表メンバーは以下の通り。 ◆ドイツ代表メンバー26名 GK オリバー・バウマン(ホッフェンハイム) マヌエル・ノイアー(バイエルン) マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ) DF ヴァルデマール・アントン(シュツットガルト) ベンヤミン・ヘンリクス(RBライプツィヒ) ジョシュア・キミッヒ(バイエルン) ロビン・コッホ(フランクフルト) マキシミリアン・ミッテルシュタット(シュツットガルト) ダビド・ラウム(RBライプツィヒ) アントニオ・リュディガー(レアル・マドリー/スペイン) ニコ・シュロッターベック(ドルトムント) ヨナタン・ター(レバークーゼン) MF ロベルト・アンドリッヒ(レバークーゼン) クリス・ヒューリッヒ(シュツットガルト) パスカル・グロス(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) イルカイ・ギュンドアン(バイエルン) トニ・クロース(レアル・マドリー/スペイン) ジャマル・ムシアラ(バイエルン) アレクサンダー・パブロヴィッチ(バイエルン) レロイ・サネ(バイエルン) フロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) FW マキシミリアン・バイアー(ホッフェンハイム) ニクラス・フュルクルク(ドルトムント) カイ・ハヴァーツ(アーセナル/イングランド) トーマス・ミュラー(バイエルン) デニス・ウンダヴ(シュツットガルト) 2024.06.08 11:25 Sat

小出しにしていた開催国ドイツ代表の候補メンバー27名が発表! クロースやミュラー、ノイアーらW杯優勝メンバーも【ユーロ2024】

ドイツサッカー連盟(DFB)は16日、ユーロ2024のドイツ代表の候補メンバー27名を発表した。 ユリアン・ナーゲルスマン監督が率いるドイツ代表。今回のユーロは開催国として戦うこととなる。 2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で優勝も、2018年のロシア大会、2022年のカタール大会ではグループステージ敗退という屈辱を味わうことに。さらに、ハンジ・フリック監督が9月に日本代表に敗れたことを受けて解任。ナーゲルスマン監督が就任していた。 大会を盛り上げる意図もあり、ドイツ代表はSNSやテレビ、ラジオ、インフルエンサーなどを使って小出しにメンバー発表をしていた中、27名のメンバーが正式に発表された。 キャプテンはバルセロナのMFイルカイ・ギュンドアン。事前に発表されていたのは、ドルトムントのDFニコ・シュローターベック、DFヨナタン・ター(レバークーゼン)、MFアレクサンダル・パブロビッチ(バイエルン)、GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)、FWニクラス・フュルクルク(ドルトムント)、MFクリス・ヒューリッヒ(シュツットガルト)、DFロビン・コッホ(フランクフルト)、FWカイ・ハヴァーツ(アーセナル)らとなった。 その他のメンバーはまとめて発表されたが、GKにはシュツットガルトのアレクサンダー・ニューベルが招集。フルアムのGKベルント・レノが肩を負傷しており、繰り上がっての初招集となった。なお、ナーゲルスマン監督はGKを4名招集しているが、4人体制でユーロに臨む予定のため、落選となるのはフィールドプレーヤーとなる。 また、2014年のブラジルW杯優勝を経験しているFWトーマス・ミュラー(バイエルン)、MFトニ・クロース(レアル・マドリー)もメンバー入り。一方で無敗でブンデスリーガ初制覇のレバークーゼンに所属するMFヨナス・ホフマンはメンバー入りせず。また、DFマッツ・フンメルス(ドルトムント)やMFレオン・ゴレツカ(バイエルン)も選ばれなかった。 ドイツはグループAに入っており、スコットランド代表、ハンガリー代表、スイス代表と対戦する。今回発表されたドイツ代表候補メンバーは以下の通り。 ◆ドイツ代表候補メンバー27名 GK オリバー・バウマン(ホッフェンハイム) マヌエル・ノイアー(バイエルン) アレクサンダー・ニューベル(シュツットガルト) マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ) DF ヴァルデマール・アントン(シュツットガルト) ベンヤミン・ヘンリクス(RBライプツィヒ) ジョシュア・キミッヒ(バイエルン) ロビン・コッホ(フランクフルト) マキシミリアン・ミッテルシュタット(シュツットガルト) ダビド・ラウム(RBライプツィヒ) アントニオ・リュディガー(レアル・マドリー/スペイン) ニコ・シュロッターベック(ドルトムント) ヨナタン・ター(レバークーゼン) MF ロベルト・アンドリッヒ(レバークーゼン) クリス・ヒューリッヒ(シュツットガルト) パスカル・グロス(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) イルカイ・ギュンドアン(バイエルン) トニ・クロース(レアル・マドリー/スペイン) ジャマル・ムシアラ(バイエルン) アレクサンダー・パブロヴィッチ(バイエルン) レロイ・サネ(バイエルン) フロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) FW マキシミリアン・バイアー(ホッフェンハイム) ニクラス・フュルクルク(ドルトムント) カイ・ハヴァーツ(アーセナル/イングランド) トーマス・ミュラー(バイエルン) デニス・ウンダヴ(シュツットガルト) <span class="paragraph-title">【動画】様々な手段でメンバーを小出しにしていたドイツ代表</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sy4nQ0Kqso8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.16 21:02 Thu

ドイツ代表メンバーがTV生放送、ラジオ、SNSから漏れる!? 16日の発表前にすでに8名流出も、これはドイツ代表が取る斬新な手法

今夏のユーロ2024の開催国であるドイツ代表。近年はワールドカップ(W杯)で2大会連続のグループステージ敗退と失意の結果が続いている。 カタールW杯でも日本代表に敗れるなどしてグループステージ敗退。さらに、その後も結果が残らないと、2023年9月の日本戦で再び敗戦。これによりハンジ・フリック監督が即時解任となり、ユリアン・ナーゲルスマン監督が就任した。 自国で開催されるユーロで強いドイツを見せたいなか、ナーゲルスマン監督は、出場メンバーのを斬新な形で発表している。 26名が登録できる今大会のユーロ。ドイツ代表は16日に暫定メンバーを発表することになっているが、なんと様々なところからメンバー情報が流出している。 これは流出ではなく、意図的に行われているもの。ドイツ代表メンバーが色々なところで小出しに発表されている正式な情報だ。 13日までの時点ですでに8名が発表されている。ナーゲルスマン監督自身が、生放送のテレビ番組でドルトムントのDFニコ・シュローターベックの招集を発表。その後、DFヨナタン・ター(レバークーゼン)、MFアレクサンダル・パブロビッチ(バイエルン)、GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)が発表。14日にはラジオの生放送でFWニクラス・フュルクルク(ドルトムント)が発表されると、MFクリス・ヒューリッヒ(シュツットガルト)、DFロビン・コッホ(フランクフルト)、FWカイ・ハヴァーツ(アーセナル)が続いて発表された。 メディアで監督から発表されるだけでなく、インフルエンサーやSNSを使い、著名人など多くの人から発表されるとに。ドイツのテレビ局『RTL』のプレゼンターであるフラウケ・ルドヴィッヒ氏はパブロビッチの名前を読み上げるなどしている。 ドイツ『ビルト』によれば、これは自国でのユーロ開催を盛り上げ、国民を巻き込んでのムーブメントにしたい考えから行われているとされている。合計12名がこの方式で前もって発表され、16日に残りのメンバーが発表されると見られている。 一方で、落選が濃厚な選手も見えてきているという。『ビルト』はバイエルンのMFレオン・ゴレツカ、ドルトムントのDFマッツ・フンメルスは落選する可能性が高いようだ。 2024.05.14 23:40 Tue

「明日はチャンスある」 PSG主将が自信もって運命のリターンレグへ! 自軍サポーターにも「試合を変える力ある」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスがドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグにコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 2019-20シーズン以来の決勝行きに前進すべく、敵地での1stレグに臨んだPSGだが、36分のニクラス・フュルクルクに崩され、先に失点。そこから反撃に転じたが、シュートがポストを叩くなどのツキにも見放され、0-1の先勝を許した。 7日にホームで行われるリターンレグでは1点を追いかける展開からのスタートだが、ルイス・エンリケ監督とともに会見に出席した主将は前回対戦からの修正を強調し、逆転突破を強く信じた。 「僕らは1stレグが終わってから、すぐに互いにモチベーションを高め合って、奮い立たせた。あの試合が終わってから、すぐに多くを話し合いもしたんだ。監督も考えを話してくれ、みんなで時間をかけてパフォーマンスを分析した」 「監督はこういう試合のに向けた備え方を心得ている。僕もここに11年いて、CLの準決勝は3度目。こういう試合でプレーできる機会があるのは好ましいね」 「ドルトムントは素晴らしい相手で、すごく厳しい試合になる。試合中に何が起こるかわからないけど、シーズンを通した自分たちの取り組みと準備を信じている。そして、僕らのファンがヘルプしてくれるはずだ」 「そういうもののおかげで、明日はチャンスがあると信じられる。今はあらゆることを変えてみたり、自分自身を疑い始めたりするときじゃないんだ」 29歳センターバックはまた、地の利も生かす考えで、多くのサポーターが詰めかけるであろう本拠地パルク・デ・プランスの熱狂的な雰囲気による後押しも期待した。 「僕らがホームでファン、そこでのエネルギーとともに戦える大きさは知るところ。ファンには試合を変える力がある。彼らは僕らにも求められるモチベーションとエネルギーを与えてくれるんだ」 「パリにはフットボールに対する情熱があり、明日はまた感じられるはずだ」 2024.05.07 18:15 Tue

「決勝への切符を手にしたい」CL準決勝大一番に挑むドルトムント、テルジッチ監督「すべてにおいて我々は共に」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を賭けた大一番への意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。 ドルトムントは先週ホームで行われたCL準決勝1stレグにおいて、パリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。前半にニクラス・フュルクルクのゴールで先制すると、後半はPSGの猛攻を最後まで集中した守備でしのぎ切り、1-0で勝利した。 これにより、7日に敵地で行われる2ndレグでは、引き分け以上で2012-13シーズン以来となる決勝進出が決まる状況に。試合前日会見に出席したテルジッチ監督は、敵地での厳しい戦いにも自信を示している。 「良い計画と良いアイデアを持ち、すべてにおいて我々は共にあらねばならない。PSGは間違いなく、先週の試合よりも良くなるはずだ。それでも、我々はこの決勝への切符を手にしたい。そこへ向けて、チームは共に取り組むつもりだ」 「(グループステージで対戦した際は)まだ自分たちらしさをチームとして見つけられていなかった。多くの部分で、勇気が足りなかったと思う。だが、我々はホームでのPSGとの2試合で、全く違ったプレーができると示してきた」 2024.05.07 17:55 Tue

逆転での決勝行きなるか! PSG指揮官ルイス・エンリケ「明日は大きな日に」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるルイス・エンリケ監督がドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグにコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 2019-20シーズン以来の決勝行きがかかるPSG。敵地での1stレグでは36分のニクラス・フュルクルクに崩されると、攻撃もシュートがポストを叩くなどのツキにも見放され、0-1の先勝を許した。 7日にホームで行われるリターンレグでは勝利必須となるなか、その試合に先立った会見に出席したスペイン人指揮官はリベンジを期した。 「ドルトムントはハイプレスを仕掛けてくるから、ライン間にスペースができる。危険なエリアでベストな選手を見つけていければと思う。守備でも、攻撃でも準備の時間があった。全員がリラックスできるようにも努めているし、何よりこのCL準決勝でプレーする機会を楽しんでほしい。そして、明日は大きな日になることだろう」 また、「物事がうまくいかないのは常に覚悟の上だし、状況を好転させる準備をしておく必要がある。明日、どんな状況に陥ろうが、チームが戦ってくれると確信している」と続けた。 そんなPSGとしては自軍サポーターの後押しも力にしたいところで、指揮官も「明日はファンが重要な役割を担うと思う」と共闘を呼びかけた。 「ファンはシーズン中もずっとだが、我々が本当に求めたときもそうだったように、応援してくれるという保証がある。我々は誰もが知るパルク・デ・プランスの雰囲気を期待しているし、明日の夜に彼らとともに突破を祝えればと思う」 2024.05.07 17:15 Tue

「まだ何も達成されていない」技ありのゴールで勝利に貢献したフィルクルク、2ndレグへ早くも切り替え「ウェンブリーまであと90分」

ドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルクが、パリ・サンジェルマン(PSG)戦を振り返った。 1日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでドルトムントはホームにPSGを迎えた。 2012-13シーズン以来の決勝進出を目指すドルトムント。グループステージでも対戦したPSGと再び顔を合わせることとなった。 試合は36分、自陣からのニコ・シュロッターベックのロングフィードに反応したフュルクルクが巧みなトラップから落ち着いて流し込みドルトムントが先制。PSGは猛攻を見せるも、ポストに嫌われるなどして運もなく、1-0でドルトムントが先勝した。 見事なゴールを奪い、勝利に貢献したフィルクルク。試合後に『DAZN』のインタビューに応じ、ホームゲームでの雰囲気について言及。PSGは手強かったと振り返った。 「信じられないような雰囲気だった。いつも1-0のリードで試合に臨むような気分だ」 「でも、今日は僕たちもとても苦しんだ。彼らが僕たちに大きなプレッシャーをかける場面もあった。これほどのトップクラブ相手には、それは避けられない」 「今はハーフタイムだ。ウェンブリーまであと90分だけど、僕たちは謙虚なままだ」 先勝しながらもリードはわずかに1点。クラブのチャンネルでは改めて気を引き締めるとともに、PSGのサイド攻撃を止めた両サイドバクを称えた。 「リードして2ndレグに臨めるのは良い気分だけど、まだ何も達成されていない。大変な試合だったけど、少しの運も必要だった」 「前線では大きなチャンスがあったし、後方ではしっかりと守れた。スピードあるサイド攻撃に対して、信じられないほど良い試合を見せたサイドバックは、より注目されるべきだ」 <span class="paragraph-title"> 【動画】フィルクルクが圧巻のゴール!ドルトムントがPSGに先勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZpfQoYQrFv8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.02 09:27 Thu

先勝ならずのPSG、ルイス・エンリケ監督「2ndレグでは観衆を味方に」

パリ・サンジェルマン(PSG)がドルトムントとのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグを落とした。 1日に敵地で先勝を狙ったPSGだが、36分のニクラス・フュルクルクに崩されると、攻撃陣も沈黙。2019-20シーズン以来の決勝行きがかかる最初の90分で遅れをとった。 7日にホームで行われるリターンレグで逆転突破を目指すルイス・エンリケ監督はフランス『Canal+』で1stレグを振り返った。 「これがフットボールだ。素晴らしいことがあれば、こういうときもある。両チームが作り出したチャンスを分析する必要があるが、難しい試合だった」 また、「簡単ではないのは誰もがわかりきったこと。CLの準決勝なのだから」と続け、勝利必須の2ndレグに視線を向けた。 「今日は両チームともに多くのチャンスを作った。だが、彼らは決め、我々は決められなかったというところだ。結果はこの試合がいかに接戦だったかを示すもの」 「両チームにとって、新たな状況でもある。過去2戦、彼らはホームゲームを第2戦としたが、我々はその逆。2ndレグでは観衆を味方につけられる」 「もちろん、次は今日よりももっと効果的にならないといけないがね」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ドルトムントvsパリ・サンジェルマン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZpfQoYQrFv8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.02 08:45 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年8月31日 ブレーメン ドルトムント 完全移籍
2019年7月1日 ハノーファー ブレーメン 完全移籍
2016年7月18日 ニュルンベルク ハノーファー 完全移籍
2014年7月1日 ブレーメン ニュルンベルク 完全移籍
2014年6月30日 グロイター・フュルト ブレーメン レンタル移籍終了
2013年8月24日 ブレーメン グロイター・フュルト レンタル移籍
2012年2月9日 ブレーメンII ブレーメン 完全移籍
2011年7月1日 ブレーメンU19 ブレーメンII 完全移籍
2010年7月1日 ブレーメンU17 ブレーメンU19 完全移籍
2008年7月1日 ブレーメンユース ブレーメンU17 完全移籍
2006年7月1日 Ricklingen Yth. ブレーメンユース 完全移籍
2005年7月1日 Ricklingen Yth. 完全移籍
今季の成績
ブンデスリーガ 31 2404’ 12 1 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループF 6 447’ 1 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 3 232’ 0 0 0
合計 40 3083’ 13 1 0
出場試合
ブンデスリーガ
第1節 2023年8月18日 vs バイエルン 90′ 0
0 - 4
第2節 2023年8月26日 vs フライブルク 90′ 0
1 - 0
第3節 2023年9月1日 vs ハイデンハイム 12′ 0
2 - 2
第4節 2023年9月16日 vs フライブルク 31′ 0
2 - 4
第5節 2023年9月23日 vs ヴォルフスブルク 78′ 0
1 - 0
第6節 2023年9月29日 vs ホッフェンハイム 80′ 1
1 - 3
第7節 2023年10月7日 vs ウニオン・ベルリン 82′ 1
4 - 2
第8節 2023年10月20日 vs ブレーメン 77′ 0
1 - 0
第9節 2023年10月29日 vs フランクフルト 90′ 0
3 - 3
第10節 2023年11月4日 vs バイエルン 79′ 0
0 - 4
第11節 2023年11月11日 vs シュツットガルト 77′ 1
2 - 1
第12節 2023年11月25日 vs ボルシアMG 75′ 1
4 - 2
第13節 2023年12月3日 vs レバークーゼン 90′ 0
1 - 1
第14節 2023年12月9日 vs RBライプツィヒ 90′ 1
2 - 3
第15節 2023年12月16日 vs アウグスブルク 90′ 0
1 - 1
第16節 2023年12月19日 vs マインツ 63′ 0
1 - 1
第17節 2024年1月13日 vs ダルムシュタット 81′ 0
0 - 3
第18節 2024年1月20日 vs ケルン 74′ 1
0 - 4
第19節 2024年1月28日 vs ボーフム 90′ 3
3 - 1
第20節 2024年2月2日 vs ハイデンハイム 90′ 0
0 - 0
第21節 2024年2月9日 vs フライブルク 90′ 1
3 - 0
第22節 2024年2月17日 vs ヴォルフスブルク 85′ 1
1 - 1
第23節 2024年2月25日 vs ホッフェンハイム 75′ 0
2 - 3
第24節 2024年3月2日 vs ウニオン・ベルリン 90′ 0
0 - 2
第25節 2024年3月9日 vs ブレーメン 65′ 0
1 - 2
第26節 2024年3月17日 vs フランクフルト 74′ 0
3 - 1
第27節 2024年3月30日 vs バイエルン 74′ 0
0 - 2
第28節 2024年4月6日 vs シュツットガルト 81′ 0
0 - 1
第29節 2024年4月13日 vs ボルシアMG ベンチ入り
1 - 2
第30節 2024年4月21日 vs レバークーゼン 90′ 1 88′
1 - 1
第31節 2024年4月27日 vs RBライプツィヒ 90′ 0
4 - 1
第32節 2024年5月4日 vs アウグスブルク ベンチ入り
5 - 1
第33節 2024年5月11日 vs マインツ メンバー外
3 - 0
第34節 2024年5月18日 vs ダルムシュタット 61′ 0
4 - 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループF
第1節 2023年9月19日 vs パリ・サンジェルマン 28′ 0
2 - 0
第2節 2023年10月4日 vs ミラン 84′ 0
0 - 0
第3節 2023年10月25日 vs ニューカッスル 78′ 0
0 - 1
第4節 2023年11月7日 vs ニューカッスル 87′ 1
2 - 0
第5節 2023年11月28日 vs ミラン 90′ 0
1 - 3
第6節 2023年12月13日 vs パリ・サンジェルマン 80′ 0
1 - 1
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月20日 vs PSV 82′ 0
1 - 1
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月13日 vs PSV 90′ 0
2 - 0
準々決勝1stレグ 2024年4月10日 vs アトレティコ・マドリー 60′ 0
2 - 1
準々決勝2ndレグ 2024年4月16日 vs アトレティコ・マドリー 90′ 1
4 - 2
準決勝1stレグ 2024年5月1日 vs パリ・サンジェルマン 90′ 1
1 - 0
準決勝2ndレグ 2024年5月7日 vs パリ・サンジェルマン 90′ 0
0 - 1
決勝 2024年6月1日 vs レアル・マドリー 90′ 0
0 - 2