18歳の若さでこの世を去ったバラック氏の次男に、パートナーが哀悼のメッセージ

2021.08.09 20:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表MFのミヒャエル・バラック氏(44)の次男に、父の長年のパートナーがメッセージを送った。5日、かつてバイエルンやチェルシー、レバークーゼンで活躍したバラック氏の次男、エミリオ・バラック(18)が四輪バイクの事故で逝去したと伝えられた。

事故はバラック氏が数年前にリスボン南西のトロイアに購入した家の近くで発生。エミリオは事故当時にクアッドバイクの車両から消防士によって救出されたが、その後に死亡が確認されたとのことだ。

2002年に生まれたエミリオはバラック氏が前妻のシモーネ・ラム(45)との間に設けた3人の息子の内の一人で、兄弟には1歳違いの兄であるルイ、4歳下の弟であるジョルディがいた。

バラックの家族はまだエミリオの死について公に何かを伝えてはいない。ただ、長年交際を続けているナターシャ・タヌスさん(37)が自身のインスタグラムで哀悼の意を示している。

「私が最初にあなたに会ったとき、あなたは12歳でした。信じられない性格で、いつも人気がありました」

「とても魅力的で、かくれんぼを1日4回するように頼んだり、にらめっこをせがんだりしてきました」

「私はまだサマーキャンプの話を思い出して笑ってしまいます。あなたはただみんなを笑わせて、笑顔をもたらてくれました」

「私は人生で、決して争わず常に人々を助けようとするティーンエイジャーを見たことがありません。いつも真ん中に立って、パシフィケーターのように振る舞います。あなたは信じられないほどでした」

「私はあなたがどんな努力をしても成功するだろうと確信していました。あなたが持っているもの。あなたの人生全体。しかし、それは短すぎました。失われてしまいました」

「この悲劇を説明する言葉はありません。とても恐ろしい悪夢です」

「あなたは太陽の光でした。あなたはもういない、不公平ではないですか?」

「唯一の慰めは、あなたに会えたこと、とても恵まれていることです。そして幸運にも5年近く多くの時間を過ごしました」

「試験前にビデオゲームをプレイし続けることを許可したり、今思えば、もっとしてあげられることがあったのかも…」

「あなたは青春を天使のように生きてきました。そして、あなたは去りました。私はエミリオ、あなたのために祈ります」

「この非常に困難で悲惨な瞬間、私の考えはあなたの両親、ルイ&ジョルディ、オマ&オパ、家族とともにあります」

「どんな言葉も慰めにはなりません。エミリオ、あなたは私たち一人一人に永遠に触れています。あなたは今、誰の心にも癒せない傷跡を残しています。いつまでも」

1 2

関連ニュース
thumb

ストライカー不在のバイエルン、ケインを引き続き注視

バイエルンがトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(29)を引き続き注視しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同メディアでは7月にも来夏のバイエルンのトップターゲットとして、今季終了後にトッテナムとの契約が切れるケインの動向を追っていると報じていた。 バイエルンでは今季、FWロベルト・レヴァンドフスキのバルセロナ移籍によって決定力不足が課題に。シーズン開幕当初はリバプールから加入のFWサディオ・マネが穴を埋められるかに思われたが、レヴァンドフスキ不在の影響が徐々に出始め、ブンデスリーガではここ4試合3分け1敗と勝利から見放されている。 2022.09.26 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「とてもかわいい」「めちゃ可愛いらしい」熊谷紗希がオクトーバーフェストで民族衣装姿を披露しファンも反応「ビール美味しそう」

なでしこジャパンのキャプテンを務めるDF熊谷紗希が、ドイツの民族衣装姿を披露した。 バイエルンに所属する熊谷は、なでしこジャパンのキャプテンとしても活躍。今回はクラブのイベントに参加した。 この時期のドイツといえば、オクトーバーフェスト。ミュンヘンで開催される世界規模の祭りであり、伝統ある祭りとしても知られる。 2020年、2021年は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中止となっており、2019年以来3年ぶりの開催に。大量のビールが消費されることなどでも知られている。 バイエルンはオクトーバーフェスト用の特別ユニフォームを制作するなどし、男子チームはレーダーホーゼンを着用して記念撮影するのも恒例だ。 今回は女子チームの一員として女性の民族衣装であるディアンドルを熊谷は着用。ブラウス、エプロン、スカートという民族衣装姿を披露した。 熊谷はインスタグラムに写真を投稿し「本場ミュンヘンのオクトーバーフェストの衣装(ディアンドル)を着てみんなで撮影しました。似合ってますでしょうか?」と投稿。ピッチ上の姿とは違う姿を見せた。 これにはファンも「とてもかわいい」、「似合っていて素敵」、「めちゃ可愛いらしい」、「馴染んでる」と好評のようだ。 また、「ビールが美味しそう」、「ビール飲みたくなってきた」と熊谷が手にするビールにも注目。本場のビールは写真でも美味しさが伝わってくるものとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】お似合い!民族衣装姿を披露した熊谷紗希</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci51ySgM9Ig/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci51ySgM9Ig/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci51ySgM9Ig/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">熊谷紗希/ Saki Kumagai(@kumagai1017)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.25 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表、ノイアー&ゴレツカがコロナ陽性…GKバウマンが追加招集に

ドイツ代表に招集中のGKマヌエル・ノイアー、MFレオン・ゴレツカのバイエルン所属2選手が新型コロナウイルスの陽性判定となった。 ドイツサッカー連盟(DFB)は21日、ノイアーとゴレツカの新型コロナウイルス感染を報告。これに伴い、ホッフェンハイムのGKオリヴァー・バウマンの追加招集を発表した。 現在、両選手は隔離措置を取っており、代表チームが宿泊するホテルから離れている。また、代表チーム全体で迅速な抗原検査が実施され、すべてのメンバーは遠征前に陰性であることが確認される必要があるという。 DFBはまた、両選手との接触が確認された選手に関して、毎日検査を実施する予定だ。 ドイツは23日にホームでハンガリー代表と、26日にアウェイでイングランド代表とUEFAネーションズリーグ(UNL)の2試合を戦う予定だ。 2022.09.21 23:43 Wed
twitterfacebook
thumb

「これはボレー職人」ロシアW杯・ベストゴールのDFパヴァールが驚愕のジャンピングボレーを披露!「相変わらず上手い」

ロシア・ワールドカップ(W杯)のベストゴールを決めた実力は伊達ではないようだ。 UEFAネーションズリーグ(UNL)の戦いに向け調整を行っているフランス代表。22日にオーストリア代表戦を控えるなか、練習でDFバンジャマン・パヴァール(バイエルン)が魅せた。 練習では、パヴァール、DFラファエル・ヴァラン、MFエドゥアルド・カマヴィンガという守備的な選手たちでタッグを組むと、オーバーラップの練習を再三敢行。3人のうち1人がサイドに流れてクロス、ボックスに入った1人がニアで潰れ役に、ファーサイドの人物がフィニッシュというメニューを行っていた。 そしてパヴァールがフィニッシャー役となった場面。クロッサー役のカマヴィンガにスルーパスを送ってボックス内へと侵入すると、右サイドからのクロスに対し、見事なジャンピングボレーでゴールネットを揺らした。 相手DFのプレッシャーがない状況とはいえ、難しいボールを完璧に捉えていたパヴァール。4年前のロシアW杯では大会ベストゴールに選ばれた難しいバウンドのハーフボレーも決めていた。 フランスサッカー連盟(FFF)の公式SNSでこのゴールが伝えられると、「相変わらず上手い」、「これはボレー職人」、「バイエルンはレヴァンドフスキの後釜を見つけた」、「パヴァールのシュートはいつも豪快で素敵」、「なんでシュートはこんな上手いんだろう」とファンも改めてそのシュート技術に驚いている。 バイエルンでは守備面でこそ安定したパフォーマンスを見せているものの中々オーバーラップやミドルシュートがゴールに繋がらない状況が続いているパヴァールだが、代表でその攻撃性能が再び開花するか。 <span class="paragraph-title">【動画】ロシアW杯と形は違うものの見事なジャンピングボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Benjamin PAVAAAAAARD !!! <a href="https://t.co/lkm0dv8TS8">pic.twitter.com/lkm0dv8TS8</a></p>&mdash; Equipe de France (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1572212916954497030?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ロシアW杯ベストゴールに選ばれたパヴァールの鮮烈ボレー</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/BenPavard28?ref_src=twsrc%5Etfw">@BenPavard28</a> <br><br>What a way to score your first goal for your country <a href="https://twitter.com/Hyundai_Global?ref_src=twsrc%5Etfw">@Hyundai_Global</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCupGOT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCupGOT</a><br><br> TV listings <a href="https://t.co/xliHcxWvEO">https://t.co/xliHcxWvEO</a> <br> Highlights <a href="https://t.co/LOdKDX2Cwn">https://t.co/LOdKDX2Cwn</a> <a href="https://t.co/XVAzzukGsd">pic.twitter.com/XVAzzukGsd</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1013157727424729091?ref_src=twsrc%5Etfw">June 30, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.21 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「バイエルンにはCL制覇の野心がある」今夏ユベントスから移籍のデ・リフトがステップアップを強調

今夏の移籍市場でユベントスからバイエルンに加入したオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが、移籍は正しい決断だったと語った。 デ・リフトは2019年夏にアヤックスからユベントスへ加入すると、主力の1人に定着して公式戦通算117試合に出場。しかし、昨シーズンはベンチスタートの機会が増加し、財政難のユベントスも売却に前向きな姿勢を示したことから、総額8000万ユーロ(約112億円)の移籍金で今夏バイエルンへ移籍した。 新天地ではユリアン・ナーゲルスマン監督からの信頼を得て、ブンデスリーガ直近3試合で先発フル出場。チャンピオンズリーグ(CL)でもインテル戦に先発するなど、徐々に序列を上げてきている。 オランダ『NOS』の取材に応じたデ・リフトは、より野心的なクラブに移籍したと強調。ユベントスと比べてバイエルンはCL獲得を具体的な目標にしていると語り、古巣で感じていた物足りなさにも触れている。 「ユベントスでの生活は僕にとって本当に楽しいものだったよ。でも、新たな挑戦のタイミングが来たと感じたんだ」 「ユベントスは素晴らしいクラブだよ。でも、バイエルンはCLを制覇する野心を持っているクラブだ。だから、ここに来られたことは僕にとってステップアップになった。ユベントスでは、CLに対するこうした感覚が得られていなかったからね」 「バイエルンの持つスタイルは、オランダのチームがピッチで求める哲学に近いものがあると思う。だから、加入して最初の2カ月がどうだったかと聞かれれば、とても満足していると答えたいね」 2022.09.21 10:46 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly