【ユーロ2020】出場24カ国の最新データをチェック!初出場は2カ国、グループFは死の組に

2020.11.13 11:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
12日、ユーロ2020の予選プレーオフが行われ、出場24カ国が決定した。

本来であれば今年開催され、すでに大会も終了しているはずのユーロ2020。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて各国のリーグ戦が中断。その結果、1年延期が決定していた。

◆ユーロ2016決勝でエデルが見せた母国の初優勝を決める劇的ゴール

すでに予選は終了しており、プレーオフを残すのみとなっていたが、12日に4試合が開催。その結果、ハンガリー代表、スロバキア代表、スコットランド代表、北マケドニア代表が出場権を掴んだ。

なお、2019年11月にすでに組み合わせ抽選会も終えており、2大会連続出場となるハンガリーはグループFに入り、前回王者のポルトガル代表、2018年のロシアW杯王者のフランス代表、そしてドイツ代表と同居する死のグループに入った。

また、同じく2大会連続出場のスロバキアは、グループEに入り、スペイン代表、スウェーデン代表、ポーランド代表と同居。セルビア代表とのPOをPK戦の末に勝ち切ったスコットランド代表は、1996年以来7大会ぶり出場。グループDでイングランド代表、クロアチア代表、チェコ代表と同居する。

そして2019年に国名を変更した北マケドニア代表は初のユーロ出場に。グループCに入り、オランダ代表、ウクライナ代表、オーストリア代表と同居することとなった。

ユーロ2020は、2021年6月11日から7月11日までの1カ月にわたり、当初の計画通り12都市での分散開催で予定されている。

◆ユーロ2020組み合わせ
グループA:トルコ、イタリア、ウェールズ、スイス
グループB:デンマーク、フィンランド、ベルギー、ロシア
グループC:オランダ、ウクライナ、オーストリア、北マケドニア
グループD:イングランド、クロアチア、スコットランド、チェコ
グループE:スペイン、スウェーデン、ポーランド、スロバキア
グループF:ハンガリー、ポルトガル、フランス、ドイツ

◆グループ別出場国データ
【グループA】
開催地:ローマ(イタリア)、バクー(アゼルバイジャン)

トルコ代表/出場回数:2大会連続5回目
予選成績(グループH・2位):7勝2分け1敗
予選得点王:5ゴール/FWジェンク・トスン
最高成績:準優勝(2008)
前回大会:グループステージ敗退

イタリア代表/出場回数:7大会連続9回目
予選成績(グループJ・1位):10勝
予選得点王:5ゴール/FWアンドレア・ベロッティ
最高成績:優勝(1968)
前回大会:ベスト8(ドイツ代表にPK戦6-5で敗戦)

ウェールズ代表/出場回数:2大会連続2回目
予選成績(グループE・2位):4勝2分け2敗
予選得点王:2ゴール/FWガレス・ベイル、MFキーファー・ムーア、MFアーロン・ラムジー
最高成績:ベスト4(2016)
前回大会:ベスト4(ポルトガル代表に2-0で敗戦)

スイス代表/出場回数:2大会連続5回目
予選成績(グループD・1位):5勝2分け1敗
予選得点王:3ゴール/FWセドリック・イッテン
最高成績:ベスト16(2016)
前回大会:ベスト16(ポーランド代表にPK戦5-4で敗戦)

【グループB】
開催地:サンクトペテルブルク(ロシア)、コペンハーゲン(デンマーク)

デンマーク代表/出場回数:2大会ぶり9回目
予選成績(グループD・2位):4勝4分け
予選得点王:5ゴール/MFクリスティアン・エリクセン
最高成績:優勝(1992)
前回大会:予選敗退

フィンランド代表/出場回数:初出場
予選成績(グループJ・2位):6勝4敗
予選得点王:10ゴール/FWテーム・プッキ
最高成績:出場なし
前回大会:予選敗退

ベルギー代表/出場回数:2大会連続6回目
予選成績(グループI・1位):10勝
予選得点王:7ゴール/FWロメル・ルカク
最高成績:準優勝(1980)
前回大会:ベスト8(ウェールズ代表に3-1で敗戦)

ロシア代表/出場回数:3大会連続6回目
予選成績(グループI・2位):8勝2敗
予選得点王:9ゴール/FWアルテム・ジューバ
最高成績:優勝(1960)※ソ連時代/ロシアとしてはベスト4(2008)
前回大会:グループステージ敗退

【グループC】
開催地:アムステルダム(オランダ)、ブカレスト(ルーマニア)

オランダ代表/出場回数:2大会ぶり10回目
予選成績(グループC・2位):6勝1分け1敗
予選得点王:8ゴール/MFジョルジェニオ・ワイナルドゥム
最高成績:優勝(1988)
前回大会:予選敗退

ウクライナ代表/出場回数:3大会連続3回目
予選成績(グループB・1位):6勝2分け
予選得点王:4ゴール/FWロマン・ヤレムチュク
最高成績:グループステージ
前回大会:グループステージ敗退

オーストリア代表/出場回数:2大会連続3回目
予選成績(グループG・2位):6勝1分け3敗
予選得点王:6ゴール/FWマルコ・アルナウトビッチ
最高成績:グループステージ
前回大会:グループステージ敗退

北マケドニア代表/出場回数:初出場
予選成績(グループG・3位):4勝2分け4敗
予選得点王:4ゴール/MFエリフ・エルマス
プレーオフ:コソボ代表(2-1)、ジョージア代表(1-0)
最高成績:出場なし
前回大会:予選敗退

【グループD】
開催地:ロンドン(イングランド)、グラスゴー(スコットランド)

イングランド代表/出場回数:3大会連続10回目
予選成績(グループA・1位):7勝1敗
予選得点王:12ゴール/FWハリー・ケイン
最高成績:3位(1968)
前回大会:ベスト16(アイスランド代表に2-1で敗戦)

クロアチア代表/出場回数:5大会連続6回目
予選成績(グループE・1位):5勝2分け1敗
予選得点王:4ゴール/FWブルーノ・ペトコビッチ
最高成績:ベスト8(1996、2008)
前回大会:ベスト16(ポルトガル代表に1-0で敗戦)

スコットランド代表/出場回数:6大会ぶり3回目
予選成績(グループI・3位):5勝5敗
予選得点王:7ゴール/FWジョン・マッギン
プレーオフ:イスラエル代表(0-0、PK5-3)、セルビア代表(1-1、PK5-4)
最高成績:グループステージ敗退
前回大会:予選敗退

チェコ代表/出場回数:7大会連続10回目
予選成績(グループA・2位):5勝3敗
予選得点王:4ゴール/FWパトリック・シック
最高成績:優勝(1976)※チェコスロバキア時代/チェコとしては準優勝1996)
前回大会:グループステージ敗退

【グループE】
開催地:セビージャ(スペイン)、サンクトペテルブルク(ロシア)

スペイン代表/出場回数:7大会連続11回目
予選成績(グループF・1位):8勝2分け
予選得点王:4ゴール/FWアルバロ・モラタ、DFセルヒオ・ラモス、FWロドリゴ・モレノ
最高成績:優勝(1964、2008、2012)
前回大会:ベスト16(イタリア代表に2-0で敗戦)

スウェーデン代表/出場回数:6大会連続7回目
予選成績(グループF・2位):6勝3分け1敗
予選得点王:5ゴール/FWロビン・クアイソン
最高成績:ベスト4(1992)
前回大会:グループステージ敗退

ポーランド代表/出場回数:4大会連続4回目
予選成績(グループG・1位):8勝1分け1敗
予選得点王:6ゴール/FWロベルト・レヴァンドフスキ
最高成績:ベスト8(2016)
前回大会:ベスト8(ポルトガル代表に1-1、PK戦5-3で敗戦)

スロバキア代表/出場回数:2大会連続2回目
予選得点王:3ゴール/FWロベルト・ボジェニク、FWマレク・ハムシク、MFユライ・クツカ
予選成績(グループE・3位):4勝1分け3敗
プレーオフ:アイルランド代表(0-0、PK4-2)、北アイルランド代表(延長2-1)
最高成績:ベスト16(2016)
前回大会:ベスト16(ドイツ代表に3-0で敗戦)

【グループF】
開催地:ミュンヘン(ドイツ)、ブダペスト(ハンガリー)

ハンガリー代表/出場回数:2大会連続4回目
予選成績(グループE・4位):4勝4敗
予選得点王:3ゴール/DFヴィリー・オルバン
プレーオフ:ブルガリア代表(3-1)、アイスランド代表(2-1)
最高成績:3位(1964)
前回大会:ベスト16(ベルギー代表に4-0で敗戦)

ポルトガル代表/出場回数:7大会連続8回目
予選成績(グループB・2位):5勝2分け1敗
予選得点王:11ゴール/FWクリスティアーノ・ロナウド
最高成績:優勝(2016)
前回大会:優勝

フランス代表/出場回数:8大会連続10回目
予選成績(グループH・1位):8勝1分け1敗
予選得点王:6ゴール/FWオリヴィエ・ジルー
最高成績:優勝(1984、2000)
前回大会:準優勝(ポルトガル代表に1-0で敗戦)

ドイツ代表/出場回数:13大会連続13回目
予選成績(グループC・1位):7勝1敗
予選得点王:8ゴール/FWセルジュ・ニャブリ
最高成績:優勝(1972、1980、1996)
前回大会:ベスト4(フランス代表に2-0で敗戦)


関連ニュース
thumb

「彼のような選手は出てこない」バロンドールのメッシにケアーが言及、授賞式参加には「最高の瞬間」

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが、バロンドールについて言及した。 29日、『フランス・フットボール』が主催するバロンドールの授賞式が開催。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年ぶり7度目の受賞を果たした。 授賞式では他の表彰もされた中、プレゼンターを務めていた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が壇上でスピーチ。ユーロ2020で、クリスティアン・エリクセンが卒倒した時のの振る舞いを受け、ケアーを称賛していた。 ケアーは30人の候補に残っていたために授賞式に出席。結果は18位だったが、この名誉にコメントしていた。 「これは僕のキャリアの最高の瞬間だ。僕は今夜の30人のリストに載っていて、昨シーズンのミランのチャンピオンズリーグ出場に貢献できた」 「僕たちは今シーズンのスクデット候補だ。僕はキャリアの中で、常に改善に努めてきた。自分のキャラクターに疑いを持ったことは一度もない。僕がここにいることは驚きではないよ」 また、ドログバ氏がスピーチしたユーロ2020での出来事についても言及。エリクセンが元気であることが重要だとした。 「それは私の心に残っているものだけど、少しずつ前に進んでいかなければなりません。僕は、この件に関する全ての疑問を尊重する。ただ、決して忘れることのできない出来事だった」 「そのことはとても個人的なことだ。幸いなことに、うまく終わった。そうでなければ、僕は今ここにいない」 「最も重要なことは、彼が元気であることだ。常にピッチに集中している。これからは前に進むために努力する」 さらに、史上最多7度目のバロンドール受賞となったメッシについても言及。受賞は当然だとした。 「彼はチャンピオンだ。彼のような選手に出会えたのは幸運だ。誰もがマラドーナとペレについて話すけど、僕の世代はそれらをYouTubeでしか観ていない」 「7度のバロンドールは印象的だ。将来、彼のような選手は出てこないだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】ドログバ氏がケアーを称えるスピーチ、会場も拍手に包まれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is more than football. <br><br>Thanks <a href="https://twitter.com/simonkjaer1989?ref_src=twsrc%5Etfw">@simonkjaer1989</a> for being you! <a href="https://twitter.com/hashtag/ballondor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ballondor</a> <a href="https://t.co/Z84TCbiafE">pic.twitter.com/Z84TCbiafE</a></p>&mdash; Ballon d&#39;Or #ballondor (@francefootball) <a href="https://twitter.com/francefootball/status/1465418482607177730?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.30 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「全てのヒーローがマントを着ているわけではない」バロンドール授賞式でドログバが感動のスピーチ、エリクセンの命救ったケアーに敬意

元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が、ステージ上で改めて敬意を示した。 29日、『フランス・フットボール』が主催するバロンドールの授賞式が開催。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年ぶり7度目の受賞を果たした。 授賞式では他の表彰もされた中、プレゼンターを務めていたドログバ氏が壇上でスピーチ。1人の選手への敬意を表した。 「この場を借りて、私にとって大切なことをお話ししたいと思います。今年、本当に功績のあった人物に敬意を表したいと思います」 「この男はヒーローです。これはフットボールや我々よりも大きいことです」 「ケアーは友人でもある、クリスティアン・エリクセンの命を助けました。賢い人々は、全てのヒーローがマントを着ているわけではないと言いました。シモン・ケアー、ありがとう」 これは、今夏行われたユーロ2020のデンマーク代表vsフィンランド代表の一戦で、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが卒倒し、ピッチ上で心肺停止になった事件に関するものだ。 エリクセンがピッチ上で倒れた際、DFシモン・ケアーが最初に異変に気がつき駆け寄ると、救助を呼び、その後はエリクセンの妻のケア、チームメイトとともにエリクセンを囲う壁を作るなど、素晴らしい対応を見せていた。ドログバ氏は改めて賛辞の言葉を送り、会場は拍手に包まれることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ドログバ氏がケアーを称えるスピーチ、会場も拍手に包まれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is more than football. <br><br>Thanks <a href="https://twitter.com/simonkjaer1989?ref_src=twsrc%5Etfw">@simonkjaer1989</a> for being you! <a href="https://twitter.com/hashtag/ballondor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ballondor</a> <a href="https://t.co/Z84TCbiafE">pic.twitter.com/Z84TCbiafE</a></p>&mdash; Ballon d&#39;Or #ballondor (@francefootball) <a href="https://twitter.com/francefootball/status/1465418482607177730?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.30 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

UEFA、ユーロ決勝での暴動についてFAに無観客&罰金処分を科す

UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、ユーロ2020決勝で観衆が騒動を起こした問題でイングランドサッカー協会(FA)に2試合の無観客試合と10万ユーロ(約1330万円)の罰金処分を下した。 問題が起きたのは、7月11日にウェンブリーで行われたユーロ2020決勝のイタリア代表vsイングランド代表で、試合前にチケットを持たない多くのサポーターが警備を突破して入場するトラブルが発生。さらに会場の内外で統制が取れておらず、ピッチへの乱入や物の投げ込みもあった。 UEFAは約3か月間の調査の末に、ウェンブリー周辺で「秩序と規律の欠如」があったとし、FAに対して前述の処分を下した。無観客の対象はUEFA主催大会の代表戦となり、うち1試合は2年間の猶予期間が設けられている。 なお、FAは今回の処分を受けて同日に「今季の決定には失望したが、この処分を受け入れます」との声明を発表している。 2021.10.19 01:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020決勝は3億2800万人が視聴、大会全体で52億回の視聴と大注目を集める

今夏イタリア代表の53年ぶりの優勝で幕を閉じたユーロ2020。イングランド代表との決勝戦に関して、その視聴者数を欧州サッカー連盟(UEFA)が報告した。 史上初となる11カ国11都市で行われたユーロ2020。コロナ禍により1年間延期されて行われた大会は、多くの好ゲームが生まれ盛り上がりを見せた。 特に史上初の決勝進出となり、自国で決勝を迎えたイングランドとイタリアとの決勝は大きな盛り上がりを見せたが、世界中での視聴者数はなんと3億2800万人だったそうだ。 大会全体での視聴数は全世界で52億回を数えたとのこと。1試合あたりの平均視聴回数は1億回となった。 UEFAはこの結果に「信じられないほどのテレビ視聴の数は、ヨーロッパだけでなく世界中で大きな魅力を示したことになる」としている。 また、イギリス国内では『BBC』と『ITV』で放送された決勝で3095万人がピーク時に視聴。2985万人が決勝を通して視聴していたようだ。 ソーシャルメディアでは75億回の発言が行われ、UEFAの公式アカウントは20億回も見られたという。 UEFAのマーケティング・ディレクターのガイ・ローラン・エプスタイン氏は「大会は世界中で観客が増えており、特に北米とアジアではファン層が拡大している」とコメントしていた。 2021.09.04 23:23 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表の復活について語るハヴァーツ「世界の頂点に返り咲くことができる」

チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツが母国の復活について語った。 ドイツ代表は2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)と2017年のコンフェデレーションズカップで優勝を果たし、黄金期を迎えた。しかし、その後はユーロ2016で準決勝敗退、2018年のロシアW杯でグループステージ敗退と思うような成績を残せていない。 ハヴァーツ自身は19歳で2018年9月にA代表デビュー。先のユーロ2020でも4試合で2ゴールを決める活躍を見せたが、チームはイングランド代表に敗れてラウンド16で姿を消している。 そんな中、ドイツ『ビルト』のインタビューで、2022年に開催されるカタールW杯の優勝に向けて必要なことを聞かれると、近年の代表の低迷に触れつつも、世界王者の奪還に自信をのぞかせた。 「ここ数年の成績は良くなかった。だからこそ、多くのことを変えていかなければならない」 「とはいえ、僕たちはスーパープレーヤーを擁する非常に優れたチームであることを確信している」 「この何年かでチームは急激な変化を起こし、多くの選手が出てきた。それは僕にとって刺激になったよ」 「かつての強さを取り戻し、1試合、1カ月ごとに勝利のメンタリティを築いていかなければならないんだ」 「2022年のW杯での優勝には長い道のりがあるけど、チームの質と層を疑う人はいない。僕たちは世界の頂点に返り咲くことができる」 2021.08.27 16:46 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly