EL首位突破のレンジャーズ、ジェラードがチーム絶賛「我々にとって最高の夜だ」

2020.12.11 13:33 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、偉業を達成したチームを誇っている。クラブ公式サイトが伝えた。

レンジャーズは10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループD最終節において、ポーランドのレフ・ポズナンとアウェイで対戦。既に決勝トーナメント進出は決まっているものの、ベンフィカと勝ち点で並んでいるレンジャーズにとって首位突破が懸かる試合だった。


主軸のFWアルフレッド・モレロスやMFライアン・ケントを温存したレンジャーズは、モレロスに代わって先発したFWセドリック・イッテンが31分に先制点をマーク。後半に入りFWヤニス・ハジが追加点を決めると、その後はしっかりリードを守り抜き、試合はそのまま2-0のスコアで終了した。

この結果、レンジャーズはグループステージ首位突破が決定。同クラブが欧州カップのグループステージで首位通過を決めるのは、4チーム制になってからは初めてのこととなった。前節には4チーム制になってからクラブ初となる第5節での決勝トーナメント進出を達成しており、記録ずくめのシーズンを送っている。

試合後のインタビューに応じたジェラード監督は、快挙を成し遂げたチームを手放しに称えた。

「彼らはドレッシングルームで本当に喜んでいるし、そうあるべきだと思う。今大会で我々がグループステージ首位になるのは当然だよ。6試合それぞれで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」

「ベンフィカ戦は間違いなくアウェイでもホームでも勝てた試合だった。だから少なくとも、勝ち点14には値したよ。多くの選手がチャンスをつかみ、一歩前に踏み出すことで、これまで以上に素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた。このチームの監督であることが、私はとても誇らしい」

また、ジェラード監督はこの素晴らしい夜を喜びつつも、週末に控えるリーグ戦に向け準備していきたいと語っている。

「全体として、今日は我々にとって最高の夜だ。そして今からは、回復と(週末に行われる)ダンディー・ユナイテッド戦向けて準備していきたい」

関連ニュース
thumb

三好途中出場のアントワープがレンジャーズに連敗でラウンド16進出を逃す…《EL》

三好康児の所属するアントワープは25日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグでレンジャーズ(スコットランド)と対戦し、2-5で敗戦した。この結果、2戦合計スコア9-5でレンジャーズがラウンド16進出。なお、三好は82分からプレーした。 18日にホームで行われた1stレグを3-4で落としたアントワープは、その試合から先発を4人変更。三好は公式戦5試合連続のベンチスタートとなった。 逆転突破へ2点差以上での勝利が必要なアントワープだが、ミスからレンジャーズに先制を許す。9分、ゲランのバックパスがケントにカットされると、ボックス右からの折り返しをモレロスに流し込まれた。 その後もレンジャーズが押し込む展開が続く中、アントワープは30分に決定機。左サイドを突破したJ・ルカクのクロスをファーサイドのアウレリオ・ブタがボレーシュートで合わせたが、これはゴール左に外れた。 直後の31分にも、味方とのパス交換で左サイドを抜け出したJ・ルカクからチャンスが生まれる。切り返しでマークを剥がしたJ・ルカクがボックス左深くまで切り込みグラウンダーのクロスを供給すると、ニアで合わせたレファエロフのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 勝ち越しを狙うアントワープは、前半終了間際の44分にもボックス左からカットインしたJ・ルカクがチャンスを迎えたが、シュートは左サイドネットに外れた。 1-1で迎えた後半、アントワープはゲランを下げてボヤを投入。対するレンジャーズは、バログンを下げてパーターソンをピッチに送り出した。すると、開始早々の16秒で再び試合が動く。 右サイドを駆け上がったパーターソンがモレロスのスルーパスで抜け出すと、そのままボックス右から侵入しゴール左隅にシュートを流し込んだ。さらに55分にも、裏街道でDFを抜いたモレロスがボックス右から侵入すると、折り返しをケントに決められた。 2点差を付けられたアントワープだが、すぐに反撃。58分、レファエロフのパスに抜け出したランケル・ゼが飛び出したGKをかわし無人のゴールへ流し込んだ。 その後互いに交代カードを切っていく中、再びスコアを動かしたのはレンジャーズだった。79分、デイビスのスルーパスに反応したモレロスがル・マルシャンにボックス内で倒されPKを獲得。このPKをバリシッチがゴール右に決めた。 アントワープは82分に三好を投入したが、後半アディショナルタイムにもレンジャーズにPKを献上。このPKをイッテンに決められ、2-5で試合終了。この結果、2戦合計スコア9-5で勝利したレンジャーズがラウンド16進出を決めた。 2021.02.26 05:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラード、ライバルクラブの監督解任に「驚きはない」

レンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督が、セルティックの監督解任について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えた。 セルティックは24日、ニール・レノン監督の解任を発表した。2019年2月に2度目の就任を果たし、リーグ記録タイの9連覇に導いたが、今季は最大のライバルレンジャーズの後陣を拝し、残り8試合という状況で18ポイントも離されていた。 2018年5月に就任したジェラード監督にとって、これまでにセルティックで監督交代が起きたのは2度目。25日に控えヨーロッパリーグのアントワープ戦に向けた会見で質問を受けた指揮官は「驚きはない」と答えた。 「驚いたとは言えない。あのクラブで何が起きているかは明らかだったからね。しかし、ニールやその他監督に対するそのようなニュースを見ても、私は個人的に満足感を得られない。彼の今後の活躍を祈っているよ」 「今朝知ったばかりだが、私が焦点を置いているのは明日の試合だけだ」 なお、レノン監督を解任したセルティックは、アシスタントコーチのジョン・ケネディ氏が暫定監督を務めることが発表されている。 2021.02.24 20:52 Wed
twitterfacebook
thumb

GK反応できず!レンジャーズ主将が“オールドファーム”で決めた決勝FK弾!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レンジャーズのイングランド人DFジェームス・タベルニエが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆“オールドファーム”で決まった鋭いカーブFK弾!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMNnVYSHltNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ニューカッスルユース出身のタベルニエは、レンタルなどで下部リーグを渡り歩いた後の2015年夏にレンジャーズに移籍すると、主力として定着。現在は主将としてチームを引っ張っている。 精密なキック精度を武器に、DFながらここまで公式戦284試合63ゴール89アシストを記録しているタベルニエだが、2019年5月12日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第4節、セルティックとの“オールドファーム”では、見事なFKを決めている。 開始早々の2分、レンジャーズがボックス左角の手前でFKのチャンスを得る。キッカーのタベルニエが右足で、低めのインスイングのボールを入れると、カーブのかかったボールは、鋭く変化。味方も触れなかったボールは、ゴール右下にそのまま決まった。 オールドファームとは、セルティックとレンジャーズの対戦を指し、スコットランドサッカー史における最も有名なダービーであり、ゴール裏のレンジャーズサポーターはこのゴールで大きく沸いた。 いきなりの先制に成功したレンジャーズ。これで流れを引き寄せ、ダービーを2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="835" data-sg-movie-title="【GK反応できず!】レンジャーズ主将が“オールドファーム”で決めた決勝FK弾!"></span> 2021.02.24 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

乱打戦制し劇的逆転勝利のレンジャーズ、ジェラード監督も「素晴らしいキャラクターを見せた」チーム称賛

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、チームの劇的勝利を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 レンジャーズは18日に行われたヨーロッパリーグ(EL) ラウンド32・1stレグで、日本代表MF三好康児の所属するアントワープとアウェイで対戦。点の取り合いとなった一戦は、83分にレンジャーズが同点に追いつくと、89分に得たPKを確実に決めて逆転。3-4で劇的逆転勝利を飾った。 この結果、レンジャーズは白星を掴んだだけでなく4つのアウェイゴールを奪っており、ベスト16進出に向け大きなアドバンテージを得ている。ジェラード監督は試合後のインタビューでこの勝利を大いに喜びつつ、多くの改善点があるとも語った。 「この試合の結果にとても満足している。選手たちは正しい結果を求めて戦い続け、素晴らしいキャラクターを見せてくれた。クレイジーな試合であり、中立の人も楽しめたはずだ。ただ、我々としては守備面で課題が多すぎたので、監督として反省もしている」 「我々は少し遅く無気力な時があり、普段は見られないような失点を許した。一方で、素晴らしいチャンスも何度かあったため、ボールを持っている時はより信念を持ち、もっと個性を出してプレーするよう選手たちに言ったんだ」 「後半、選手たちはキャラクターと信念を持ってプレーしてくれた。試合の結果は我々にとって、素晴らしいものだ。でも、まだまだ改善すべき点はたくさんある」 また、ジェラード監督はこの試合途中出場で貴重な同点ゴールを決めたFWライアン・ケントにも言及。疲労の見られた同選手をできれば温存したかったとしつつ、活躍を称えている。 「理想を言えば、今夜は彼を起用したくなかったね。ただ、彼はピッチに入ってから素晴らしいゴールを決めてくれた。それに、もう1ゴール決められたかもしれない」 「ケントは終始相手の脅威になっており、それが彼の持つクオリティだ。チームのため大きなゴールを決めたが、明日バスや飛行機に乗って帰路に着く時、きっと『2ゴール決められたな…』と思うだろう」 2021.02.19 14:04 Fri
twitterfacebook
thumb

アントワープが壮絶な打ち合いを演じるもレンジャーズにホームで敗戦…《EL》

三好康児の所属するアントワープは18日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでレンジャーズと対戦し、3-4で敗戦した。三好は92分からプレーした。 トッテナムが同居したグループJを2位で通過したアントワープと、グループDを首位で通過したレンジャーズのベスト16を懸けた1stレグ。アントワープの三好は、公式戦3試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、アントワープは20分にボックス右でパスを受けたアウレリオ・ブタのクロスが直接ゴールを脅かしたが、これはわずかに逸れて左ポストをかすめた。 対するレンジャーズは29分、バリシッチのスルーパスでDFの裏に抜け出したモレロスが決定機を迎えたが、ボックス左からのシュートは飛び出したGKベイランヴァンドのブロックに阻まれた。 すると、アントワープは38分に不用意なミスから先制を許す。敵陣からのロングフィードをアウレリオ・ブタが胸でGKに戻すが、飛び出したGKベイランヴァンドがこれをファンブル。ボックス外までこぼれたボールは素早く反応したモレロスが先に触ると、最後はアリボにゴールへ流し込まれた。 このまま前半終了かと思われたが、アントワープはセットプレーから同点に追いつく。45分、バイタルエリア右で獲得したFKからレファエロフがクロスを供給すると、ボックス中に走り込んだアベナッティがヘディングシュート。ふわりと浮いたボールがそのままゴール左に吸い込まれた。 さらにアントワープは、前半アディショナルタイム7分にボックス左でパスを受けたレファエロフがデイビスに倒されPKを獲得すると、レファエロフがPKをゴール右に突き刺し、2-1で前半を終了した。 迎えた後半、リードするアントワープは57分にピンチ。左クロスをボックス内で競り合ったデ・ラエトがモレロスのユニフォームを引っ張ってしまうと、VARの末にPKを献上。これをバリシッチにゴール右隅に決められた。 後半開始早々の失点で追いつかれたアントワープだったが、すぐに突き放す。66分、ボックス左手前からカットインしたレファエロフのパスを受けたホングラのミドルシュートが左ポストに当たり、そのままゴールネットを揺らした。 その後はしばらく膠着状態が続いたが、試合は再び振り出しに戻る。83分、モレロスとのパス交換でボックス内に侵入したケントがカットインからシュートをゴール右に突き刺し、レンジャーズが追いついた。 さらにアントワープは89分、ケントのシュートがボックス内のセックの腕に当たりPKを献上すると、このPKをバリシッチに決められた。さらにセックは、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的不利となったアントワープは、92分から三好を投入。三好は94分に右ポスト直撃のミドルシュートを放ったが、アントワープは最後まで同点弾は奪えず。試合はそのまま3-4でタイムアップ。来週に敵地で行われる2ndレグでの逆転に向けてはかなり厳しい状況となった。 2021.02.19 07:16 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly