スティーブン・ジェラード Steven GERRARD

ポジション 監督
国籍 イングランド
生年月日 1980年05月30日(43歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

「私が想像できる最大の名誉」クロップ監督ラストマッチを前にアンフィールドで特別セレモニー…スタンドに集まったスタッフとトロフィーと記念写真

リバプールとの別れが近づいているユルゲン・クロップ監督。リバプーるは指揮官への感謝と愛情を示し、監督も応えた。 リバプールの指揮を執り始めて9シーズン。プレミアリーグ初優勝やチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、7つのタイトルを獲得。リバプールを常勝軍団の1つに押し上げていた。 今シーズンもEFLカップ(カラバオカップ)を制していた中、プレミアリーグも優勝争いをしていたが、終盤に失速することとなった。 クロップ監督にとっては、19日に行われる最終節のウォルバーハンプトン戦がリバプールのラストマッチに。その前に、本拠地アンフィールドではクラブから素晴らしいセレモニーが行われた。 リバプールはその様子をSNSにアップ。カジュアルな服装でアンフィールドのトンネルを駆け出たクロップ監督。すると、メインスタンドには大勢の人々が整列して座っている。 階段には赤い絨毯が敷かれ、クロップ監督が手にした7つのトロフィーが並べられることに。スタンドに座っていたのは、リバプールで共に仕事をしてきたスタッフたち。拍手でクロップ監督を出迎えた。 驚きの表情も見せるクロップ監督。スタッフたちとの印象的な集合写真は、クラブからの感謝の気持ちを愛情が感じられるものに。そして、クロップ監督は、スタッフやファンなどサポートしてくれた人々へのメッセージも残している。 「絶対に誰も忘れることのないようなフットボールの物語を生み出すことはできますか?」 「契約にサインする前からクラブを愛していることは分かっていた。それは私が想像できる最大の名誉です」 「ここはケニー(・ダルグリッシュ)のクラブ、スティーブン・ジェラード、ビル・シャンクリーのクラブだ。スカウザーズはとてもオープンでとても温かい」 「私が今の仕事ができているのは、人々がとても情熱を持っているからだ。あらゆる人々の関わりが素晴らしく、スタジアムで生み出せる感情は、この街にいる人間だけが持つ感情だ」 「これらは我々が決して忘れることのない瞬間であり、これらの瞬間をできるだけ多く集めることが人生というものだ。それはあなたのためであり、あなたのためにそれを行うことは光栄だ。なんてクラブなんだ。そしてあなたたちがこのクラブを作ったのだ」 栄光の9年間を終えるクロップ監督。ホームで迎えるラストマッチ後には、大きな拍手で送り出されることになるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督への愛情! 獲得したトロフィーとクラブスタッフとスタンドで集合写真!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C7EzRS1tyv1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C7EzRS1tyv1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C7EzRS1tyv1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.19 20:50 Sun

エメリ監督がアストン・ビラと2027年まで契約延長!

アストン・ビラは23日、ウナイ・エメリ監督(52)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたエメリ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私たちはビラのファン、クラブのオーナー、経営陣、そして私たちの誇りであるこの素晴らしい選手たちとともに歩む日々を楽しんでいる」 「私と経営陣は、オーナーのビジョンに共感している。ナセフ(・サウィリス)とウェス(・エデンス)はとても協力的で尊敬しているし、このフットボールクラブを発展させるための良い環境と適切な体制が整っている」 「私たちは、これまでに築き上げてきた勤勉な精神、賢明な決断、オーナーとの協調性を維持しなければならない。我々はより良くなるために努力する。そしてお互いに要求し合う。向上心は常にこのプロジェクトのモットーであり、またそうでなければならない」 これまでセビージャやパリ・サンジェルマン、アーセナルなどで監督を歴任したエメリ監督は、2022年10月に解任されたスティーブン・ジェラード前監督の後任としてビラの指揮官に就任。当時16位と低迷していたチームを7位まで押し上げ、ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)出場権の獲得に導いた。 昨夏の移籍市場でDFパウ・トーレスやMFユーリ・ティーレマンス、FWムサ・ディアビらを獲得。リーグ戦とヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の二足の草鞋となった今季は、ここまでプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位に位置し、ECLでは準決勝進出を決めている。 2024.04.23 23:40 Tue

「とても良い気分」リバプールの月間最優秀選手にマク・アリスターが選出!「重要な瞬間があった」

リバプールのアルゼンチン代表MFアレクシス・マク・アリスターが、クラブの月間最優秀選手に選出されたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今シーズン、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから加入したマク・アリスターは瞬く間にチームの主軸に定着。ここまで公式戦39試合出場6ゴール7アシストの成績を残している。 特に2024年になって以降は、多くの主力が負傷離脱したチームにあって文字通りチームを牽引する働きを見せており、違いを作れる選手として八面六臂の活躍。3月にはプレミアリーグ全試合フル出場を果たしたほか、延長戦までもつれ込んだFAカップ準々決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦にも120分間出場した。 こうした活躍が高く評価され、マク・アリスターはファンが選ぶ3月のクラブ月間最優秀選手に選出。クラブ公式のインタビューに応じたアルゼンチン代表MFは、喜びと印象に残っているプレーを語っている。 「ありがとう、とても良い気分だよ。僕に投票してくれたファンにも感謝したいね。そしてもちろん受賞は素晴らしいけど、これは重要な役割を果たしてくれたチームメイトのおかげでもあるんだ」 「(3月の試合で)決して忘れられない瞬間が2つある。1つは重要な試合、マンチェスター・シティ戦でのPKだ。僕はその責任を負う必要があったけど、PKを蹴るのは本当に好きなんだ。だから、あれは重要な瞬間だった」 「それから、ノッティンガム・フォレスト戦でダルウィン(・ヌニェス)へのアシストもあったね。あれは誰にとっても特別なものだったと思う。だから、この2つの瞬間は忘れられない」 また、インタビューでは5日に行われたプレミアリーグ第31節シェフィールド・ユナイテッド戦で見せたミドルシュートにも言及。クラブのレジェンドであり、強烈なミドルシュートを武器としていたスティーブン・ジェラード氏と比較されることを喜んでいる。 「あれは間違いなく本能的なものだった。あの位置でボールを受けたとき、考える暇はなかったよ。試合は1-1だったから、ゴールを決める必要があった。あれは重要なゴールで、僕にとっても素晴らしいゴールだったと思う」 「かつてスティーブン・ジェラードが決めたゴールと比較されるのは光栄だ。彼はこのクラブのレジェンドであり、本当に尊敬する人だからね。ただ、僕は自分のやり方で自分の道を歩みたい。今はこのクラブで本当に良い気分さ」 2024.04.17 16:10 Wed

「マンガみたい」「ジェラード降臨」リバプールを救う衝撃の1発! スタジアムが揺れたマク・アリスターのスーパーミドルが大騒ぎに「これは感動する」

リバプールのアルゼンチン代表MFアレクシス・マク・アリスターの衝撃ゴールが話題を呼んでいる。 4日、プレミアリーグ第31節でリバプールはホームにシェフィールド・ユナイテッドを迎えた。 敗れれば首位陥落となってしまう一戦。試合は17分にダルウィン・ヌニェスのゴールで先制するも、後半にオウンゴールで失点する。 1-1のまま試合は推移した中、なかなかゴールを奪えず。それでも76分にアレクシス・マク・アリスターが衝撃的なミドルシュートを叩き込んだ。 左サイドを崩すと、クロスボールを相手がクリア。これがルイス・ディアスにあたって溢れると、ボックス手前で幕・アリスターが右足でダイレクトミドル。アウトに少しかかったシュートがゴール右隅に吸い込まれ、勝ち越しに成功。90分にはコーディ・ガクポもゴールを奪い、3-1で勝利。首位をキープした。 この試合は日本代表MF遠藤航が欠場した中、マク・アリスターが衝撃的な1発。クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラード氏を彷彿とさせる弾丸ミドルにスタンドのファンは大いに沸き上がった。 圧巻のゴールにファンは「キャノン砲が炸裂した」、「マジで神」、「悪い流れを一気に変えた」、「これは感動する」、「ジェラード降臨」、「スピードもコースも完璧」、「マンガみたいだな」とコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】目にも止まらぬ一撃! スタジアムが揺れたマク・アリスターの神ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5Oxk0DDYeGc";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.05 08:20 Fri

「一生の思い出」 リバプール指揮の夢叶ったエリクソン氏が感謝! 「大きな勝者はここの全員」

元指揮官のスヴェン・ゴラン・エリクソン氏が夢叶った心境を明かした。 かつてイングランド代表史上初の外国籍指揮官としてチームの指揮を託され、クラブレベルでもベンフィカやローマ、サンプドリア、ラツィオなどでタイトルをもたらしたエリクソン氏。今年1月に母国スウェーデンのラジオで余命約1年のがん闘病を告白した。 そんなエリクソン氏がファンだと公言するリバプールは23日にアンフィールドでアヤックス相手に行われるチャリティマッチでの指揮を打診。粋な計らいに応じたエリクソン氏は念願叶って、スティーブン・ジェラードらを擁するリバプールレジェンドを率いた。 夢の実現となる試合はというと、開始3分に先制され、43分にも追加点を奪われる劣勢だったが、後半にグレゴリー・ヴィグナル、ジブリル・シセ、ナビル・エル・ザール、フェルナンド・トーレスのゴールで形勢逆転。2点ビハインドから華麗な逆転劇を演じた。 夢のような時間を過ごしたエリクソン氏はクラブ公式サイトによると、感無量の思いを言葉にしている。 「今日は全員が勝者だったと思う。美しく、本当に素晴らしかった。You'll Never Walk Aloneから試合の最後まですべてがね。そして、良い勝利だ。0-2だったのに4-2で勝ったんだ!」 また、クラブの伝統となる『You'll Never Walk Alone』を聴きながらのピッチ入場時にも「泣いたよ」と感動しきり。後半の逆転劇も振り返り、この試合に集まった選手たちに感謝した。 「我々はいつだって良いチームだったし、妥当な結果さ。でも、ここ(アンフィールド)が素晴らしかった」 「0-2のビハインドを負う前半ですら、我々の方が良いチームだったと思う。負けは気になるものが、前半も、後半も良かった」 「良い勝利だし、妥当な勝利だが、大きな勝者はここにいる全員だ」 「マン・オブ・ザ・マッチは観客たちだと思うが、見ていても良い試合だった。彼らはまだフットボールができるはず。とても良かったよ」 「彼らはもう20歳じゃないが、良いフットボール、非常に良いフットボールをした。それは素晴らしいことだ」 「彼らは欧州中から集まってくれたが、彼(ジェラード)はこのために別の世界から来てくれた。それも素晴らしかったよ。一生の思い出だね」 <span class="paragraph-title">【ハイライト】エリクソン氏の夢叶った試合はリバプールレジェンドが逆転勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Gk32wpPENFE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.24 09:55 Sun

末期ガン公表のエリクソン氏にイングランド代表の教え子が心温まるメッセージ…ハーグリーブス「私の人生を変えてくれた…」

先日に末期ガンであることを公表したスヴェン・ゴラン・エリクソン氏に、イングランド代表の教え子たちが心温まるエールを届けた。イギリス『sport bible』が伝えている。 これまでイングランド代表やベンフィカ、ローマ、フィオレンティーナ、サンプドリア、ラツィオなどを指揮したスウェーデン出身の名将。 しかし、今年に入って末期ガンであること、余命が1年であることを公表した。 この告白にフットボール界が大きなショックを受けた中、同氏が生涯を通してファンであることを公言してきたリバプールは、23日に行われるアヤックスとのチャリティーマッチで、エリクソン氏にクラブのレジェンドチームの指揮官を託すという粋な計らいを見せていた。 その一戦に向けてイギリスメディアから取材の機会が増えていたエリクソン氏だったが、『チャンネル4』の取材を通じて嬉しいメッセージの数々を受け取ることになった。 スンネの自宅にコメンテーターのスティーブ・バウワー氏を招いて行われた対談でエリクソン氏は、改めて自身の現在の健康状態や余命宣告後の心境を包み隠さずに語った。 「朝起きて気分が良いことに感謝するが、普段であればそんなことはしない。それを当然のことだと思っているからね」 「診断を受けたときに最初はショックを感じたが、しばらくすると、それを受け入れて生きていくことを学ぶ」 「今日、私は普通の生活を送っており、明日や明後日何が起こるかについては考えていない。そうでなければ、座って自分を憐れむことになる。いや、もういい」 「それについてはあまり話したくないし、そういうものなんだ。多分、これには勝てないと思う。とにかく、人生は美しいんだ」 また、同対談では『チャンネル4』から同氏に対して、ポール・スコールズやスティーブン・ジェラードを含むイングランドの“黄金世代”の多くの選手たちから励ましのビデオメッセージが届けられた。 各選手が恩師とのスリーライオンズでの思い出や感謝、励ましのメッセージを伝えた中、同氏の下で代表デビューを飾ったオーウェン・ハーグリーブスは、感極まった様子で恩師への感謝を伝えた。 「まず第一に、自分のキャリアを通じてあなたが自分にしてくれたことすべてに感謝したいと思います」 「あなたは多くの人が信じなかったときに、私を信じてくれました。あなたは実際、私の人生をとても多くの点で変えてくれました」 「ただただ感謝を伝えたいです。あなたのサポートは私にとってとても大きかったです。あなたの幸運を祈りたいと思います。たくさんの愛を。強くいてください。そして、すぐにお会いできることを願っています」 そのハーグリーブスからのメッセージを見ていた際に目を潤ませたエリクソン氏は、メッセージを見終わった後に『チャンネル4』の取材班に感謝を伝えると共に、もう一度じっくりとメッセージを見返したい考えたのか、「これをもらえるかな」と声をかけていた。 <span class="paragraph-title">【動画】イングランド代表の教え子がエリクソン氏にメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">Sven-Göran Eriksson receiving these messages from his former <a href="https://twitter.com/England?ref_src=twsrc%5Etfw">@England</a> players was an incredibly beautiful moment <a href="https://t.co/2bfxOJo0Xt">pic.twitter.com/2bfxOJo0Xt</a></p>&mdash; Channel 4 Sport (@C4Sport) <a href="https://twitter.com/C4Sport/status/1771205197886562809?ref_src=twsrc%5Etfw">March 22, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.03.24 00:55 Sun

ヘンダーソンが自身の決断を見つめ直す 「サウジ行きは間違いだった」

アヤックスのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンがサウジアラビア行きを過ちとした。 元リバプール主将は昨夏に流行りと化すサウジアラビア行きを決断したが、水が合わず。リバプールOBのスティーブン・ジェラード監督と共演の移籍だったが、半年が経ったばかりのところでアル・イテファクとの契約を破棄する形でアヤックス入りを果たした。 サウジアラビア行きは自身がLGBTQ+の権利に関する著名な支持者ということで、それがご法度の国に渡るという決断に批判が集まっての決断だったが、今では間違いだったと感じるようだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、33歳MFはオランダメディア『Parool』で過ちを認めた。 「フットボールが自分の血として通っているのに気づいたんだ。サウジリーグは発展を遂げているけど、僕には合わなかった。あそこに行ったのは間違いだった。ここではアヤックスのプロジェクトに満足している」 アヤックス入団時の会見でサウジアラビア行きに後悔なしを強調したヘンダーソンはまた、「当時を振り返ると…」と改めて当時の決断に言及した。 「大きな決断だったし、正しいと感じたんだ。フットボールでは物事がすぐに移りゆくし、(アヤックス移籍を)決断できて嬉しく思う。このチャンスを断るには大きすぎると感じた」 「人生において、後悔や過ちと言いたければそう言えるけど、そこから学ばないと単なる間違いになってしまう。僕はサウジアラビアで多くを学んだんだ。だから、誰も悪く言うつもりなんてない」 「(サウジアラビアには)永遠に語り合える友人がいるし、ポジティブなものもたくさんあった。最終的に互いが望むものにならなかったけど、素晴らしい形で終わりを迎えたんだ」 2024.03.15 16:50 Fri

昨夏のリバプール退団は「正しい決断」、ヘンダーソンはクラブの判断を支持「リフレッシュが必要だった」

アヤックスのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、昨夏のリバプール退団は正しいタイミングだったと語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 長くリバプールのキャプテンを務めていたヘンダーソンは、昨夏にチームが中盤の刷新を断行すると移籍を希望。高額な年俸を提示されたこともあり、元同僚であるスティーブン・ジェラード監督率いるアル・イテファクへの加入が決まった。 アル・イテファクではいきなりアームバンドを巻くなど存在感を示していたが、環境への戸惑いなどもあり冬の移籍市場が開くと再び移籍をリクエスト。今年1月にアヤックスへの移籍が発表された。 アヤックスではここまでエーデルヴィジで4試合に出場し、ゲームキャプテンを任される試合もあるなど、充実の時期を過ごすヘンダーソン。7日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのアストン・ビラ戦に先立った記者会見で、昨夏のリバプール退団は自身にとってもクラブにとっても最適なタイミングだったとコメントしている。 「選手としてだけでなく、チームとして、そしてクラブとしても昨夏のリバプール退団は正しい決断だったと思う。あの時は傷ついたし、とても感情的になっていたけどね」 「今振り返っても、それが監督やクラブによって導かれた正しい決断だったと理解するのは簡単だ。チームをリフレッシュするのに、最良の決断だった。ヴィルヒル・ファン・ダイクがキャプテンに、トレント・アレクサンダー=アーノルドが副キャプテンになり、今シーズン再びステップアップした姿を見ると、その決断は正しかったと言えるだろう」 「(ユルゲン・クロップ監督の退任について)僕は彼と少し話をしたよ。それを知ったとき、誰にとってもかなり衝撃的なニュースだったと思う。ただ、僕はおそらく他の人たちほどの驚きはなかった。彼が長い間チームやクラブに与えた情熱と感情を考えると、それを維持するのは疲れるはずだ」 「退任発表は、彼にシーズンの終わりまでさらなるエネルギーを与えるだろうね。僕たちはすでにそれを目の当たりにしているし、選手たちも同様だ。できれば、今後数カ月の間で、いくつかのトロフィーを獲得してほしい」 2024.03.07 18:20 Thu

リンガードの去就が韓国行きでついに決着か FCソウル加入に迫る

元イングランド代表MFジェシー・リンガード(31)の去就が韓国行きで決着するようだ。 マンチェスター・ユナイテッドやウェストハム、ノッティンガム・フォレストなどを経て、昨夏からフリーが続くリンガード。一時はウェストハム復帰にはじまり、スティーブン・ジェラード監督が率いるサウジアラビアのアル・イテファクやエバートンの、そしてアメリカが新天地になる可能性が取り沙汰されたりもしたが、どれも具体的な話に発展していない。 そうしたなか、イギリス『スカイ・スポーツ』はリンガードがKリーグ1のFCソウルに電撃移籍を果たそうとしていると報道。1年延長オプション付きの2年契約で口頭合意に達しており、数日以内に飛び立ち、この移籍をまとめる見通しだという。サウジアラビアやトルコからもオファーがあったが、最も興味をそそられたのが韓国からのものだったそうだ。 リンガードはフォレストを去ってからいくつかのオファーや問い合わせがあったものの、どれも実現せずで不満を募らせ、代理人を変更した模様。昨年10月のアル・イテファク行きが破談したのも代理人変更の理由となったといわれる。 36試合6ゴールの代表レベルでは2018年のワールドカップでもプレーした実力者とあって、長らく注目されたリンガードの去就。『スカイ・スポーツ』は「衝撃的な移籍」と評している。 2024.02.02 12:55 Fri

立て直し目論むナポリ、ボランチ&CB兼務のベルギー代表MFデンドンケルを買取OP付きレンタルで獲得

ナポリは26日、アストン・ビラからベルギー代表MFレアンデル・デンドンケル(28)の買い取りオプション付きレンタル移籍での獲得を発表した。 デンドンケルはベルギー代表として通算32キャップ、2度のワールドカップ(W杯)出場を誇る守備職人。ボランチとセンターバックをそつなくこなし、これまでアンデルレヒト、ウォルバーハンプトン、そしてアストン・ビラでプレーした。 2022-23シーズン加入のアストン・ビラでは、スティーブン・ジェラード前監督率いた当初こそ主力として活躍も、昨季途中のウナイ・エメリ監督就任以降は徐々に序列を落とし、反面、チーム力はみるみる向上していった印象だ。 今季の出場はプレミアリーグ8試合、公式戦全体でも15試合と昨季以上にプレータイムが減少し、立て直しを目論むイタリア王者へ向かうことに。イタリア『カルチョメルカート』によると、買い取りオプションの額は1000万ユーロ(約16億円)とのことだ。 2024.01.26 21:30 Fri
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2017年1月1日 LAギャラクシー 引退 -
2015年7月1日 リバプール LAギャラクシー 完全移籍
1998年8月1日 リヴァプールU18 リバプール 完全移籍
1996年7月1日 リヴァプールU18 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2023年7月3日 アル・イテファク 監督
2021年11月11日 2022年10月20日 アストン・ビラ 監督
2018年6月1日 2021年11月10日 レンジャーズ 監督
2017年9月1日 2018年5月31日 リヴァプール YL 監督
2017年7月1日 2018年5月31日 リヴァプールU18 監督
2017年2月1日 2017年6月30日 リバプール ユースコーチ