スコットランドリーグが打ち切り検討? 各クラブの財政面考慮し苦渋の決断…

2020.04.04 17:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スコティッシュ・プレミアシップが2019-20シーズンの打ち切りを真剣に検討しているようだ。イギリス『デイリー・テレグラフ』が報じている。

現在、世界中で深刻な健康被害をもたらしている新型コロナウイルス(COVID-19)。すでに感染者数は全世界で100万人を超えており、終息の目途は全く立っていない。

スコットランドではイングランドのプレミアリーグなどと足並みを揃える形で、3月13日にスコットランドサッカー協会(SFA)の管理下にある国内のプロおよびアマチュアサッカーに関して、延期することを決定。以降、長期に渡る中断期間に入っている。

その中でスコティッシュ・プレミアシップに所属する多くのクラブは財政面に深刻なダメージを被っており、その問題を少しでも緩和するため、今月2日にシーズン打ち切りを決定したベルギー1部のジュピラー・プロ・リーグに追随する形でシーズンの打ち切りを真剣に検討しているようだ。

『テレグラフ』が伝えるところによれば、スコティッシュ・プレミアシップが完了した場合、最終順位に合わせて収益の分配が速やかに行われるため、多くのクラブが抱える財政的な不安を解消できるという。

逆に、リーグ再開時期が不透明な中、今後も非常時の対応を続けた場合、多くのクラブの資金繰りがより困難となり、来シーズン以降に大きな影響が生じる可能性が高いという。また、無観客開催での日程消化というプランに関しては様々な問題によってほぼ不可能と考えられているようだ。

また、クラブにとって重要な収入源である来シーズンのシーズンチケットの販売に関しても大きな影響が生じるという。

仮に、『テレグラフ』の報道通り、現段階でシーズンが打ち切られた場合、第30節終了時点(レンジャーズとセント・ジョンストンの1試合が未消化)での順位が最終順位として有効となり、2位以下に暫定13ポイントを付けているセルティックの優勝が支持される。

そして、レギュラーシーズンの残り3試合、上位6クラブと下位6クラブに分かれて各グループ1度ずつの総当たりで戦うスプリット方式の5試合が開催されないことになる。

現時点ではヨーロッパのコンペティションへの出場権、昇格・降格の取り扱いに関して話はまとまっていないようだが、打ち切りを決断する可能性は高いようだ。

ただ、欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は先日、今季のリーグ戦を消化できずに早期終了させた場合、2020-21シーズンの欧州カップ戦出場を認めない方針を打ち出しており、スコティッシュ・プレミアシップはUEFAとの調整を含めて各所との話し合いが必要となりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

全く垂れないロングシュート、ティアニーの衝撃40ヤード弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアーセナルのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーがセルティック時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ティアニーが放った40m弾丸シュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRT1doNHNocyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スコットランド・グラスゴー育ちのティアニーは7歳でセルティックの下部組織に入団すると17歳でトップデビュー。すぐさまスタメンの座を勝ち取ると、2017年からは10代ながらキャプテンを務めるなど、自身の憧れのクラブで素晴らしいキャリアを送っていた。 中でも2017年8月8日に行われたスコットランド・リーグカップのキルマーノック戦では圧巻のゴールを決めている。 3-0のリードで迎えた65分、セルティックはハーフウェイライン前でボールを回すとセンターサークル付近のティアニーへとボールが渡る。 ティアニーが前へ運ぶが、ゴールまで距離があり、相手からのプレッシャーはなかった。すると、ティアニーは左足を一閃。誰も入るとは思わなかったシュートだが、グングンと伸び、ゴール右上隅へ吸い込まれるようにゴールネットを揺らした。 およそ40ヤード(約36m)からの衝撃的なゴールは、セルティックの年間最優秀ゴールに選出。ティアニーはその後、今シーズンからアーセナルへとステップアップ。プレミアリーグという世界屈指の舞台で戦っている 2020.07.09 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

セルティック、湘南FWタリクの“いとこ”ノルウェー代表FWエルユヌシのレンタル期間延長を発表

セルティックは6月30日、サウサンプトンからレンタル移籍中のノルウェー代表FWモハメド・エルユヌシ(25)のレンタル期間延長を発表した。 エルユヌシは、ノルウェーのサルプスボルグ08でキャリアをスタート。その後、モルデ、バーゼルを経て2018年7月にサウサンプトンへと完全移籍した。 2019年8月にセルティックへレンタル移籍すると、2019-20シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで19試合に出場し4ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグでは6試合で1ゴール1アシストを記録していた。 今シーズンのセルティックは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でシーズンが打ち切りに。それでも勝ち点で首位に立ち9連覇を達成していた。 なお、今シーズンから湘南ベルマーレでプレーするノルウェー代表FWタリクはいとこにあたる。 2020.07.01 10:25 Wed
twitterfacebook
thumb

スコットランド代表GKクレイグ・ゴードンがハーツに復帰

ハーツは28日、スコットランド代表GKクレイグ・ゴードン(37)と契約を結んだことを発表した。 スコットランド代表として54キャップを誇るゴードン。ハーツは下部組織から過ごしていたクラブで、2005-06シーズンには国内カップ戦を制覇しトロフィーを掲げている。 その後、2007年にサンダーランドに移籍したが、ヒザのケガで長期離脱。実に913日もの間、戦線を離れていた。この影響で2012年にサンダーランドとの契約を解除。2年間に及ぶ治療を終えたあと、2014年夏にセルティックに加入した。 セルティックでは公式戦242試合に出場。打ち切りで優勝が決定した今シーズンも含めて、リーグ9連覇に貢献した。同クラブにおける通算タイトルの数は、リーグ優勝6回、リーグカップ5回、スコットランドカップ3回の計14個となっている。 そして、セルティックとの契約満了を受けて、この度13年ぶりに古巣のハーツに復帰。契約期間は2年となっている。 2020.06.29 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

セルティック、アーセナルら関心のFWエドゥアール慰留に全力! 「できる限りのことをする」

セルティックがU-21フランス代表FWオドソンヌ・エドゥアール(22)の慰留に全力を注ぐ構えだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミー出身のエドゥアールは2017年にセルティックへレンタル移籍で加入すると、昨夏に完全移籍へ移行した。 高い身体能力と決定力が売りの187cmの大型ストライカーは、今シーズンのスコティッシュ・プレミアリーグで27試合21ゴール12アシストを記録し、自身初の得点王を獲得。 そして、セルティックとU-21フランス代表での活躍を受け、アーセナルやレスター・シティなどプレミアリーグを中心とする複数の強豪クラブが獲得に動いている。 しかし、セルティックを率いるニール・レノン監督は2022年6月まで契約を残すエドゥアールの慰留へ、すでにクラブが動き始めていると語る。さらに、エースストライカーの残留に全力を注ぐ構えであることを強調している。 「現時点で彼の代理人と話し合いを行っている。彼は我々が残留を望むプレーヤーだ。本当に素晴らしいプレーヤーであり、ここ数シーズンで完全に開花した」 「彼は今年、本当に素晴らしいシーズンを送った。そして、我々は彼を守りたいと思っている。少なくとも、次のシーズンも彼を留めておくためにできる限りのことをするつもりだ」 「個人的には彼がここで幸せを感じていると思う。私を含むコーチングスタッフ、チームメートとの間には素晴らしい関係があるからね。サポーターも彼に対する大きな敬意を感じている」 「彼はトップクラスのストライカーに成長している。そういったプレーヤーに関しては憶測が出るものだ。しかし、我々は現時点で彼を巡る状況に満足している」 2020.06.08 14:12 Mon
twitterfacebook
thumb

世界最高DFはドリブルも上手い? ファン・ダイクの60mドリブル弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は現在はリバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクのゴールだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzNTI5Y2R2MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2018年1月に当時のDF史上最高額となる移籍金7600万ポンド(約101億9000万円)でサウサンプトンからリバプールへ加入したファン・ダイク。昨季チャンピオンズリーグ(CL)制覇の原動力となり、世界最高のディフェンダーとの呼び声も高い。 そのファン・ダイクが今より無名だったセルティック時代に、自陣からドリブルで運び、そのままゴールを決めるというセンターバックとは思えぬ離れ業をやってのけた。 2013年12月のセント・ジョンストン戦の序盤、自陣内でボールを受けたファン・ダイクは、相手の位置を確認しながらボールを運ぶと、途中からギアを入れ替え、193cmを誇る巨体と強靭なフィジカルで相手DFを寄せ付けず、最後はつま先でちょこんと合わせ、相手GKのニアサイドを抜いた。 やや相手ディフェンスの対応にまずさはあるものの、当時まだ22歳だったファン・ダイクが、そのポテンシャルの片鱗を見せつけた瞬間だった。 2020.05.30 12:00 Sat
twitterfacebook