スコットランドリーグが打ち切り検討? 各クラブの財政面考慮し苦渋の決断…

2020.04.04 17:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スコティッシュ・プレミアシップが2019-20シーズンの打ち切りを真剣に検討しているようだ。イギリス『デイリー・テレグラフ』が報じている。

現在、世界中で深刻な健康被害をもたらしている新型コロナウイルス(COVID-19)。すでに感染者数は全世界で100万人を超えており、終息の目途は全く立っていない。

スコットランドではイングランドのプレミアリーグなどと足並みを揃える形で、3月13日にスコットランドサッカー協会(SFA)の管理下にある国内のプロおよびアマチュアサッカーに関して、延期することを決定。以降、長期に渡る中断期間に入っている。

その中でスコティッシュ・プレミアシップに所属する多くのクラブは財政面に深刻なダメージを被っており、その問題を少しでも緩和するため、今月2日にシーズン打ち切りを決定したベルギー1部のジュピラー・プロ・リーグに追随する形でシーズンの打ち切りを真剣に検討しているようだ。

『テレグラフ』が伝えるところによれば、スコティッシュ・プレミアシップが完了した場合、最終順位に合わせて収益の分配が速やかに行われるため、多くのクラブが抱える財政的な不安を解消できるという。

逆に、リーグ再開時期が不透明な中、今後も非常時の対応を続けた場合、多くのクラブの資金繰りがより困難となり、来シーズン以降に大きな影響が生じる可能性が高いという。また、無観客開催での日程消化というプランに関しては様々な問題によってほぼ不可能と考えられているようだ。

また、クラブにとって重要な収入源である来シーズンのシーズンチケットの販売に関しても大きな影響が生じるという。

仮に、『テレグラフ』の報道通り、現段階でシーズンが打ち切られた場合、第30節終了時点(レンジャーズとセント・ジョンストンの1試合が未消化)での順位が最終順位として有効となり、2位以下に暫定13ポイントを付けているセルティックの優勝が支持される。

そして、レギュラーシーズンの残り3試合、上位6クラブと下位6クラブに分かれて各グループ1度ずつの総当たりで戦うスプリット方式の5試合が開催されないことになる。

現時点ではヨーロッパのコンペティションへの出場権、昇格・降格の取り扱いに関して話はまとまっていないようだが、打ち切りを決断する可能性は高いようだ。

ただ、欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は先日、今季のリーグ戦を消化できずに早期終了させた場合、2020-21シーズンの欧州カップ戦出場を認めない方針を打ち出しており、スコティッシュ・プレミアシップはUEFAとの調整を含めて各所との話し合いが必要となりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

開幕戦でハットのセルティックFWエドゥアール、プレミアから引く手数多

セルティックのU-21フランス代表FWオドソンヌ・エドゥアール(22)に多くのクラブが関心を寄せている。 同選手はパリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2017年夏のレンタル移籍を経て、翌年に完全移籍加入。2019-20シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで27試合21ゴール12アシストを記録した逸材で、今月1日に新シーズンが開幕した同リーグでは、ハミルトン相手にハットトリックを達成した。 以前から移籍に関する噂は多く、イギリス『スカイ・スポーツ』はアーセナルやレスター・シティ、『リバプール・エコー』ではエバートンも関心を示していることが伝えられており、プレミアリーグのクラブを中心に大きな視線が注がれているようだ。 セルティックを率いるニール・レノン監督は、チームの得点源の慰留に全力を注ぐと宣言。「我々は彼を守りたいと思っている。少なくとも、次のシーズンも彼を留めておくためにできる限りのことをするつもりだ」と6月にコメントしていた。 クラブ史上最高額となる推定900万ポンド(約12億4700万円)の移籍金で加入したオドソンヌ・エドゥアール。契約は2022年までとなっている。 2020.08.03 14:48 Mon
twitterfacebook
thumb

10連覇を目指す王者セルティックがエドゥアールのハットトリックで開幕戦を白星で飾る!《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは2日、スコティッシュ・プレミアシップ第1節でハミルトンと対戦し、5-1で勝利した。 2019-20シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により5月に打ち切りが決定したスコティッシュ・プレミアシップ。1日から開幕した2020-21シーズンは当面無観客での開催となっている。 9連覇中の王者セルティックが、昨季11位のハミルトンをセルティック・パークに迎えた一戦は、立ち上がりからホームチームが攻勢を強める。すると20分、左サイド高い位置で受けたテイラーがボックス左からクロスを供給。相手DFとGKの間を抜けたボールを最後はエドゥアールが流し込んだ。 先制したセルティックは、31分にもボックス左で受けたテイラーのクロスからフリンポンがゴールネットを揺らして追加点。34分にハミルトンに1点を返されたが、セルティックが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、セルティックは開始早々にスコアを動かす。49分、スルーパスで右サイドを抜け出したフォーレストの折り返しをニアに走り込んだエドゥアールが流し込んだ。 さらに53分には、エルユヌシのパスでボックス右に抜け出したR・クリスティがシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をエドゥアールが押し込み、ハットトリックを達成。 試合を決定づけたセルティックは、終了間際の90分にもクリマラがゴールネットを揺らして5-1で快勝。リーグ10連覇の懸かったシーズンの開幕戦を白星で飾った。 2020.08.03 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

セルティックがギリシャ代表GKバルカスを完全移籍で獲得

セルティックは30日、AEKアテネのギリシャ代表GKヴァシリオス・バルカス(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。 バルカスは、2016年7月からAEKアテネでプレー。これまで公式戦111試合に出場。今シーズンはギリシャ・スーパーリーグで20試合に出場していた。 また、ギリシャ代表としても10試合に出場している。 セルティックにとって、バルカスは2人目のギリシャ人選手に。過去には、5年半在籍し253試合で74ゴールを記録した、FWゲオルギオス・サマラスがいた。 2020.07.30 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

全く垂れないロングシュート、ティアニーの衝撃40ヤード弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアーセナルのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーがセルティック時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ティアニーが放った40m弾丸シュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRT1doNHNocyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スコットランド・グラスゴー育ちのティアニーは7歳でセルティックの下部組織に入団すると17歳でトップデビュー。すぐさまスタメンの座を勝ち取ると、2017年からは10代ながらキャプテンを務めるなど、自身の憧れのクラブで素晴らしいキャリアを送っていた。 中でも2017年8月8日に行われたスコットランド・リーグカップのキルマーノック戦では圧巻のゴールを決めている。 3-0のリードで迎えた65分、セルティックはハーフウェイライン前でボールを回すとセンターサークル付近のティアニーへとボールが渡る。 ティアニーが前へ運ぶが、ゴールまで距離があり、相手からのプレッシャーはなかった。すると、ティアニーは左足を一閃。誰も入るとは思わなかったシュートだが、グングンと伸び、ゴール右上隅へ吸い込まれるようにゴールネットを揺らした。 およそ40ヤード(約36m)からの衝撃的なゴールは、セルティックの年間最優秀ゴールに選出。ティアニーはその後、今シーズンからアーセナルへとステップアップ。プレミアリーグという世界屈指の舞台で戦っている 2020.07.09 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

セルティック、湘南FWタリクの“いとこ”ノルウェー代表FWエルユヌシのレンタル期間延長を発表

セルティックは6月30日、サウサンプトンからレンタル移籍中のノルウェー代表FWモハメド・エルユヌシ(25)のレンタル期間延長を発表した。 エルユヌシは、ノルウェーのサルプスボルグ08でキャリアをスタート。その後、モルデ、バーゼルを経て2018年7月にサウサンプトンへと完全移籍した。 2019年8月にセルティックへレンタル移籍すると、2019-20シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで19試合に出場し4ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグでは6試合で1ゴール1アシストを記録していた。 今シーズンのセルティックは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でシーズンが打ち切りに。それでも勝ち点で首位に立ち9連覇を達成していた。 なお、今シーズンから湘南ベルマーレでプレーするノルウェー代表FWタリクはいとこにあたる。 2020.07.01 10:25 Wed
twitterfacebook