マルコ・アルナウトビッチ Marko Arnautovic

ポジション FW
国籍 オーストリア
生年月日 1989年04月19日(35歳)
利き足
身長 192cm
体重 83kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

アラバ不在のオーストリア代表が候補メンバー発表、ザビッツァーやライマーが選出【ユーロ2024】

オーストリアサッカー協会(OFB)は21日、ユーロ2024に向けた代表候補メンバー29名を発表した。 3大会連続出場のオーストリアは、主軸のDFダビド・アラバやMFザヴェル・シュラーガーを負傷で欠く中、MFマルセル・ザビッツァーやMFコンラート・ライマーら主力を順当に選出した。 前回大会での初ベスト16進出に続くグループステージ突破を狙うオーストリアは、フランス代表、オランダ代表、ポーランド代表と同組のグループDに属している。今回発表された候補メンバーは以下の通り。 ◆オーストリア代表候補メンバー29名 GK ハインツ・リンドナー(サン=ジロワーズ/ベルギー) パトリック・ペンツ(ブレンビー) トビアス・ラワル(LASKリンツ) ニクラス・ヒードル(ラピド・ウィーン) DF レオポルト・ケールフェルト(ラピド・ウィーン) フラヴィウス・ダニリウク(ザルツブルク) ゲルノト・トラウナー(フェイエノールト/オランダ) ケビン・ダンソ(RCランス/フランス) フィリップ・ムウェネ(マインツ/ドイツ) フィリップ・ラインハルト(フライブルク/ドイツ) マクシミリアン・ウーバー(ボルシアMG/ドイツ) シュテファン・ライナー(ボルシアMG/ドイツ) シュテファン・ポッシュ(ボローニャ/イタリア) MF ティエルノ・バロ(ヴォルフスベルガー) マルコ・グリュル(ラピド・ウィーン) マティアス・ザイドル(ラピド・ウィーン) アレクサンダー・プラス(シュトゥルム・グラーツ) ロマーノ・シュミット(ブレーメン/ドイツ) フロリアン・カインツ(ケルン/ドイツ) フロリアン・グリリッチュ(ホッフェンハイム/ドイツ) パトリック・ヴィマー(ヴォルフスブルク/ドイツ) クリストフ・バウムガルトナー(RBライプツィヒ/ドイツ) ニコラス・ザイヴァルト(RBライプツィヒ/ドイツ) マルセル・ザビッツァー(ドルトムント/ドイツ) コンラート・ライマー(バイエルン/ドイツ) FW マルコ・アルナウトビッチ(インテル/イタリア) ミハエル・グレゴリッチュ(フライブルク/ドイツ) アンドレアス・ヴァイマン(WBA/イングランド) マクシミリアン・エントルップ(ハルトベルク) 2024.05.22 08:00 Wed

来季インテルは大幅戦力UP? タレミ&ジエリンスキ加入濃厚もインザーギ監督は「選手全員を残したい」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が来シーズンの陣容に目を向けている。イタリア『TUTTOmercatoWEB』が伝えた。 すでに3シーズンぶりのセリエA優勝を決めているインテル。4日の第35節ではサッスオーロ相手に今シーズン2敗目を喫した。 その一方、クラブは来シーズンに向けてすでに成果を挙げており、ポルトのイラン代表FWメフディ・タレミ(31)やナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)のフリー移籍が決定的。インザーギ監督はサッスオーロ戦後、公式発表が待たれる2選手の加入をほとんど認め、さらなる補強を目指しているとも明かした。 「クラブとはそのことについて話し合っているところだが、すでに2人の重要なターゲットの加入が決まっている。クラブの功績を称えなければならない。我々がスクデットを目指してプレーしている時から、彼らはそこに取り組んでいた」 「選手層を厚くする必要があるが、移籍市場は予測不可能だ。すでに(CEOのジュゼッペ・)マロッタ、(SDのピエロ・)アウジリオ、(GMのダリオ・)バッチンと共に新たな選手の獲得を検討している」 「長いシーズンになるから補強する必要がある。ほとんど問題なく、うまくいった今シーズンのようになることを願っているが、多くの選手がユーロやコパ・アメリカに参加することも計算に入れなければならない。しっかりと準備に取り組み、選手たちに適度な休養を与えなければならないだろう」 また、インザーギ監督はタレミが加わるFW陣についてもコメント。アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスとフランス代表FWマルクス・テュラムがファーストチョイスの中、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチとチリ代表FWアレクシス・サンチェスも残したいと語った。 「私はすでにそこに取り組んでいる。今抱えている選手たちは1人も減らすことなく、全員を使いたいとクラブには伝えた」 「アルナウトビッチとサンチェスは私にとって非常に重要だった。彼らは他の2人よりも出場時間が少なかったが、他の選手たちと同様、必要とされた時には準備ができていた」 「クラブは私の考えを理解しているし、それは私も同様だ。長年サッカーに携わっているから、(2人に)ニーズがあることはわかっているが、選手全員を残したい。彼らは皆とても重要な存在だった」 2024.05.05 14:41 Sun

サッスオーロ相手に今季2敗の王者インテル、インザーギ監督は「最高の形」でのシーズン終了望む

インテルのシモーネ・インザーギ監督が久々の敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 セリエA第33節のミラノ・ダービーで3シーズンぶりのスクデット獲得を決めた中、続くトリノ戦も快勝していたインテル。4日の第35節では、今シーズン唯一リーグ戦で敗れていたサッスオーロとのアウェイゲームに臨んだ。 先手を取ったのはホームのサッスオーロ。インテルはオランダ代表MFデンゼル・ダンフリースが競り負けたところからシュートに繋げられてしまい、20分にリードを許す。 前半アディショナルタイムにはアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスがネットを揺らしたが、VARの介入によりオフサイドと判定されノーゴールに。後半はオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチらの投入で攻勢をかけたが、最後まで追いつくことはできなかった。 今シーズン初の無得点に終わり、サッスオーロ相手にシーズンダブルを喫したインザーギ監督は、セリエA残留を懸けて戦う19位のチームを称賛。敗戦を受け入れた。 「我々は負けたくないが、サッスオーロは最初の20分をうまく活用し、我々よりも上手く試合に臨んだ。称賛の言葉を贈りたい」 「後半はストライカーを1人追加したが、技術的なミスがあった。連続得点記録を伸ばしたかったからとても残念だ。我々は負けることに慣れていないが、相手は素晴らしい試合をした」 「ファンのサポートは素晴らしかったが、我々は混乱していた。それでも最後まで試合を立て直そうと努力した。昨年の7月からスクデットを獲得するために努力してきた素晴らしいグループがあることは理解している」 また、インザーギ監督は残りの3試合にも言及。モチベーションの維持が難しい中、新シーズンに向けてチーム力のさらなる向上を目指していくと語った。 「我々は後ろを向くのではなく前を向かなければならないし、より改善していけるよう努力しなければならない」 「幸運なことに、私は優秀で有能な経営陣に恵まれている。この3年間、全員が協力して素晴らしい仕事をすることができた」 「残りの数試合は可能な限り最高の形でプレーしなければならない。金曜日のフロジノーネ戦ではまた違ったアプローチができるよう努力するつもりだ」 2024.05.05 12:11 Sun

充実のスカッドで3季ぶり栄冠…インテルが新たに刺激を与えるべきポジションとは「…を呼び戻してはどうだろう?」

インテルの補強ポイントやいかに。『フットボール・イタリア』が伝えている。 3季ぶりスクデットのインテル。ジュゼッペ・マロッタCEOが用意した選手たちを、シモーネ・インザーギ監督らコーチ陣が上手く調理し、今季のインテルは国内敵なしと言ってもよいほど強い。“5試合を残して優勝”がその証か。 ご存知の方も多い通り、現インテルは[3-1-4-2]の各ポジションに最低2人ずつ実力者を揃える充実のスカッド。ただ、現状維持は停滞。来季の成功も見据えるなら、今夏の移籍市場を通じ、既存戦力に刺激と競争力を与えることが大事になる。 すでにナポリからポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)、ポルトからイラン代表FWメフディ・タレミ(31)…2選手のゼロ円獲得が確定事項として扱われるなか、インテルOBの元イタリア代表FWアルド・セレーナ氏は、今夏のさらなる改善ポイントをまず「2トップ」に見出す。 「マルコ・アルナウトビッチとアレクシス・サンチェスの2人は、アタッカーとしてのタイプ的にも、インザーギ(監督)の仕事を少し楽にさせた存在だったと思う。来季は欧州経験も豊富なタレミと契約するらしいね。まさに前進の一歩だ」 「しかし、攻撃面で現チームにはない解決策、選択肢をインザーギに与えるべきかとも思う。グズムンドソンだ。彼の卓越したドリブルは素晴らしい。それに、ヴァレンティン・カルボーニもモンツァから呼び戻してはどうだろう」 セレーナ氏が言及したアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(26)は、ジェノアで2トップの一角を任され、攻撃時はシャドー気味に自由なドリブルでチャンスメイク。インテルが獲得に興味を示していることが判明済みだ。 カルボーニはインテルから武者修行中の19歳で、先月アルゼンチン代表デビューも飾った新鋭。両ワイドに2列目中央、シャドー…あらゆるポジションをモンツァで経験中のアタッカーだ。 セレーナ氏は一方で「中盤」についても短く言及。カルチョ屈指の鉄人、元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンは、もう来季は現在のように稼働できないとの見立てを示している。 「ムヒタリアンの奮闘は見事だね。ただ、もう35歳で、ここから何年もインテルに残るわけではなかろうし、来季もどうだろう。その点、ジエリンスキとの契約で先手を打ったのは素晴らしい」 2024.04.24 13:00 Wed

インテルがアルナウトビッチ&カルロス・アウグストの負傷を発表

インテルは11日、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチとブラジル代表DFカルロス・アウグストの負傷を発表した。 両選手は9日に行われたセリエA第28節のボローニャ戦に出場。66分からプレーしたアルナウトビッチは終了までプレーしたが、この試合で右太ももを負傷。一方、先発出場したカルロス・アウグストは右ふくらはぎを痛めてハーフタイムで交代していた。 クラブの発表によれば、両選手は11日の午前中に検査を受診。その結果、アルナウトビッチは右太ももの肉離れ、カルロス・アウグストは右ふくらはぎの筋肉疲労と診断された。 なお数日中に再検査を行うとのことで、詳細な離脱期間は発表されていないが、『カルチョメルカート』のパスクアーレ・グアロ記者によると、アルナウトビッチは1カ月ほど戦列を離れる可能性があるが、カルロス・アウグストは来週のナポリ戦から復帰する可能性があるという。 2024.03.12 06:15 Tue

35歳ムヒタリアンの言葉に滲むCL制覇への覚悟...アトレティコに先勝も「“1-0”にほとんど意味はない」

インテルの元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、さっそくリターンマッチへの意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 インテルは20日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグでアトレティコ・マドリーと対戦。伏兵FWマルコ・アルナウトビッチが値千金の決勝点を叩き込み、ホームで1-0と勝ち切った。 先発から72分までプレーした鉄人ムヒタリアンは、これまで数々のビッグクラブで欧州の舞台を経験。ベスト8=準々決勝進出へ一歩前に出た、という感覚は一切ないようだ。 「しっかり守れるチーム(アトレティコ)からゴールを奪えたのは幸いだし、客観的に視れば有利だろうけど、“1-0”にほとんど意味はない。単に『勝ったから良かった』というくらいだ」 ムヒタリアンには、シメオネ・アトレティコから1点を奪えたことへの納得感、1点しか奪えなかったことへの危機感、両方があるようだ。 「“1-0”のスコアは、僕たちが何もなし得ていないことの表れ。マドリードでは0-0のメンタリティからスタートして、やはり勝つためにプレーしないといけない」 「僕らはファイナルに戻りたいんだ」 インテルにとって“昨季超え”は優勝一択。アトレティコとの2ndレグは3月13日に行われる。 2024.02.21 14:15 Wed

CL決勝弾に歓喜のアルナウトビッチ、ファンや同僚のサポートに感謝「必要なエネルギーを与えてくれた」

インテルのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが、チャンピオンズリーグ(CL)での活躍を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 アルナウトビッチは、20日に行われたCLラウンド16・1stレグのアトレティコ・マドリー戦でベンチ入り。負傷のFWマルクス・テュラムに代わって後半開始から投入されると、数度の決定機を活かせずも79分にこぼれ球をきっちり押し込み先制点を記録。チームはこのリードを最後まで守り切り、1stレグは1-0で勝利した。 強敵撃破の立役者となったアルナウトビッチは喜びを露わにしており、チームやファンのサポートに対して感謝を述べている。 「これは間違いなく、自分のキャリアの中でもっとも重要なゴールの一つだと思う。負傷してからは決して簡単な時期ではなかった。復帰するまで時間がかかり、ここ数週間チャンスがありながらゴールを決められなかったんだ。ゴールを決めることこそ、僕がここにいる理由だと思っている」 「今夜は2つのチャンスがあり、ゴールを決める必要がありながらも決められなかった。それでも、ファンや選手たちは誰もが僕への支持を示してくれたよ。それは信じられないほど素晴らしい瞬間で、ゴールを決めるため必要なエネルギーを与えてくれた」 「僕らは素晴らしいグループだ。レギュラーで出場している選手も、ベンチにいる選手も、みんなが同じように感じている。ベンチにいる選手たちは頭を下げず、試合に勝つため必要なことをやっているんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】アルナウトビッチが貴重な決勝ゴールを決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ji_drfdOM9k";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.21 12:20 Wed

ホームでCL先勝のインテル、インザーギ監督は難敵下すも「非常に困難で激しい2ndレグがある」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)勝利も気を引き締めた。クラブ公式サイトが伝えている。 20日、ホームでアトレティコ・マドリーとのCLラウンド16・1stレグに挑んだインテル。徐々に押し込みながらも相手チームの堅い守備に手を焼きハーフタイムへ。後半も同様の展開が続いたが、79分にFWマルコ・アルナウトビッチが値千金の先制弾を決めると、追加点こそ奪えなかったがそのまま1-0で試合を終えた。 敵地での2ndレグを前にアドバンテージを得たインザーギ監督は選手を称えつつ、まだ何も決まっていないことを強調している。 「選手たちはフィジカルと技術を備えたチーム相手に、並外れたプレーを示したと思う。そして我々が作り上げたものを考えると、1点以上の差を生めたはずでありそれは残念だった。マドリードでは非常に困難で激しい2ndレグがあるだろう」 「アルナウトビッチの活躍には満足しており、アタッカー全員がうまく機能していた。彼らの姿勢には満足だ。今日は良い前半を過ごせたし、後半も最初の10分間を除けばセンセーショナルな展開になった。途中出場した選手たちも素晴らしかったが、まだ最初の段階に過ぎないと理解している」 2024.02.21 10:40 Wed

タレミ加入決定的も…アルナウトビッチは買取義務発生で来季もインテル残留か

オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(34)は来シーズンもインテル残留が濃厚だ。 今季ボローニャから2年レンタルで13年ぶりにインテルへ帰還したアルナウトビッチ。オランダ、イタリア、ドイツ、中国、イングランドと渡り歩いた孤高の点取り屋は、キャリアハイと言っても差し支えのないボローニャ時代から一転、現インテルのサッカーに馴染みきれていない感がある。 それは数字にも表れており、ここまでリーグ戦19試合2得点。そんななか、インテルは来季からイラン代表FWメフディ・タレミ(31)の獲得が確実に。昨夏はタレミとアルナウトビッチを天秤にかけた末の“後者”だったわけで、今回の補強は自身が期待に応えられていないことを意味する。 それでも、イタリア『カルチョメルカート』は「インテルでの挽回はもう始まっているんだぞ」とアルナウトビッチにゲキ。どうやら直近のローマ戦出場によってボローニャへの買い取り義務が生じたようで、これで完全なるインテルの一員に。幸いにもローマ戦では試合終盤のダメ押し点をアシスト…ひとつ結果を残した格好だ。 2009-10シーズンのインテルのトレブル(3冠)を知る唯一の選手・アルナウトビッチ。タレミが来る前に、せめて“信頼のおけるジョーカー”として立ち位置を確立させたい。 2024.02.14 21:25 Wed

インテルの来季新戦力第1号? イラン代表FWタレミとの契約合意に急接近

インテルは来夏のイラン代表FWメフディ・タレミ(31)獲得がかなり濃厚となっているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ポルトのエース・タレミ。現在イラン代表としてアジアカップ2023に参戦中の31歳は、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)の得点王を2度、アシスト王を1度受賞している、まさに決定力とチャンスメイクの両方に秀でたストライカーだ。 昨夏もインテル行きに近づいていたなか、最終的には自身と天秤にかけられたボローニャのFWマルコ・アルナウトビッチがインテルへ。タレミは2023-24シーズンを契約最終年のポルトで迎えることとなった。 自身2度目のポルトガル1部得点王を受賞した昨季から一転、今季は公式戦24試合6得点と低調だが、インテルとは代理人がその後も連絡を取り合っているようで、つい先日も意見交換。来夏のフリー移籍が濃厚になってきたという。 どうやら年俸300万ユーロ(約4億8000万円)+3年契約という条件で合意まで接近しているとみられ、「足りないのは契約書へのサインだけ」と言えるところまで進んでいる模様。早めの決着ならタレミがインテルの来季新戦力第1号となる。 2024.01.18 17:45 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2024年6月30日 インテル ボローニャ レンタル移籍終了
2023年8月16日 ボローニャ インテル レンタル移籍
2021年8月1日 上海海港 ボローニャ 完全移籍
2019年7月8日 ウェストハム 上海海港 完全移籍
2017年7月22日 ストーク ウェストハム 完全移籍
2013年9月2日 ブレーメン ストーク 完全移籍
2010年7月1日 トゥベンテ ブレーメン 完全移籍
2010年6月30日 インテル トゥベンテ レンタル移籍終了
2009年8月5日 トゥベンテ インテル レンタル移籍
2007年4月1日 FC Twente U19 トゥベンテ 完全移籍
2006年7月1日 Floridsdorfer AC FC Twente U19 完全移籍
2005年7月1日 FAC Youth Floridsdorfer AC 完全移籍
2004年7月1日 Rapid Youth FAC Youth 完全移籍
2003年7月1日 FK Austria Vienn Rapid Youth 完全移籍
2002年7月1日 Vienna Yth. FK Austria Vienn 完全移籍
2001年7月1日 FK Austria Vienn Vienna Yth. 完全移籍
1998年7月1日 FK Austria Vienn 完全移籍
今季の成績
UEFAチャンピオンズリーグ グループD 3 148’ 1 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 1 45’ 1 0 0
セリエA 26 716’ 3 0 0
合計 30 909’ 5 0 0
出場試合
UEFAチャンピオンズリーグ グループD
第1節 2023年9月20日 vs レアル・ソシエダ 55′ 0
1 - 1
第2節 2023年10月3日 vs ベンフィカ メンバー外
1 - 0
第3節 2023年10月24日 vs ザルツブルク メンバー外
2 - 1
第4節 2023年11月8日 vs ザルツブルク ベンチ入り
0 - 1
第5節 2023年11月29日 vs ベンフィカ 68′ 1
3 - 3
第6節 2023年12月12日 vs レアル・ソシエダ 25′ 0
0 - 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月20日 vs アトレティコ・マドリー 45′ 1
1 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月13日 vs アトレティコ・マドリー メンバー外
2 - 1
セリエA
第1節 2023年8月19日 vs モンツァ 23′ 0
2 - 0
第2節 2023年8月28日 vs カリアリ 13′ 0
0 - 2
第3節 2023年9月3日 vs フィオレンティーナ 20′ 0
4 - 0
第4節 2023年9月16日 vs ミラン 26′ 0
5 - 1
第5節 2023年9月24日 vs エンポリ 19′ 0
0 - 1
第6節 2023年9月27日 vs サッスオーロ メンバー外
1 - 2
第7節 2023年9月30日 vs サレルニターナ メンバー外
0 - 4
第8節 2023年10月7日 vs ボローニャ メンバー外
2 - 2
第9節 2023年10月21日 vs トリノ メンバー外
0 - 3
第10節 2023年10月29日 vs ローマ メンバー外
1 - 0
第11節 2023年11月4日 vs アタランタ メンバー外
1 - 2
第12節 2023年11月12日 vs フロジノーネ 21′ 0
2 - 0
第13節 2023年11月26日 vs ユベントス 1′ 0
1 - 1
第14節 2023年12月3日 vs ナポリ 4′ 0
0 - 3
第15節 2023年12月9日 vs ウディネーゼ 34′ 0
4 - 0
第16節 2023年12月17日 vs ラツィオ 12′ 0
0 - 2
第17節 2023年12月23日 vs レッチェ 90′ 0
2 - 0
第18節 2023年12月29日 vs ジェノア 71′ 1
1 - 1
第19節 2024年1月6日 vs ヴェローナ 17′ 0
2 - 1
第20節 2024年1月13日 vs モンツァ ベンチ入り
1 - 5
第22節 2024年1月28日 vs フィオレンティーナ 30′ 0
0 - 1
第23節 2024年2月4日 vs ユベントス 13′ 0
1 - 0
第24節 2024年2月10日 vs ローマ 15′ 0
2 - 4
第25節 2024年2月16日 vs サレルニターナ 30′ 1
4 - 0
第26節 2024年2月25日 vs レッチェ 13′ 0
0 - 4
第21節 2024年2月28日 vs アタランタ 90′ 0
4 - 0
第27節 2024年3月4日 vs ジェノア 14′ 0
2 - 1
第28節 2024年3月9日 vs ボローニャ 24′ 0
0 - 1
第29節 2024年3月17日 vs ナポリ メンバー外
1 - 1
第30節 2024年4月1日 vs エンポリ メンバー外
2 - 0
第31節 2024年4月8日 vs ウディネーゼ 9′ 0
1 - 2
第32節 2024年4月14日 vs カリアリ 15′ 0
2 - 2
第33節 2024年4月22日 vs ミラン ベンチ入り
1 - 2
第34節 2024年4月28日 vs トリノ 18′ 0
2 - 0
第35節 2024年5月4日 vs サッスオーロ 30′ 0
1 - 0
第36節 2024年5月10日 vs フロジノーネ 64′ 1
0 - 5
第37節 2024年5月19日 vs ラツィオ ベンチ入り
1 - 1