ララナがサウサンプトン帰還! 「すべてが始まった場所に戻れてすごく嬉しい」

2024.06.15 09:25 Sat
サウサンプトン復帰のララナ
Getty Images
サウサンプトン復帰のララナ
来季からプレミアリーグ復帰のサウサンプトンは14日、元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)の加入を発表した。契約は1年となる。

セオ・ウォルコット氏や、ガレス・ベイル氏らとともに、サウサンプトンのアカデミー育ちと知られるララナにとって、実に10年ぶりの古巣復帰に。原点のクラブに帰還を果たす36歳MFは喜びの思いとともに、決意を語った。
「僕からすると、馴染み深い場所。息子がアカデミーにいるから、僕も見に行ったりするけど、こんなにも身近に感じるのは初めてだし、アメージングだ。現実離れした感じがあるけど、すごくありがたい機会だし、楽しみだよ」

「ラッセル(・マーティン)と話し始めて、少し興味があるのがわかったとき、すぐに自分の心のなかで、この機会を逃すわけにはいかないと感じた。すべてが始まった場所に戻れてすごく嬉しいよ。おとぎ話のようだけど、僕にはまだやるべきことがあるし、このクラブにまだ多くをもたらせるという自信がある」

サウサンプトンのトップチーム入りから通算265試合で60得点45アシストをマークし、2014年夏にリバプール行きのララナは2020年夏からブライトン&ホーヴ・アルビオンへ。そこで4シーズンを過ごし、今季で契約満了となった。

アダム・ララナの関連記事

サウサンプトンのラッセル・マーティン監督が、クラブの補強についてコメントした。イギリス『デイリー・エコー』が伝えた。 2024-25シーズンからプレミアリーグに復帰するサウサンプトン。競争力の激しいリーグに臨むにあたり、チームは補強を進めている。 AZに所属する日本代表DF菅原由勢(24)の加入が近づいていると報じられている中、FC東京のU-23日本代表MF松木玖生(21)も獲得するという噂もあるサウサンプトン。ここまでは、元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)、DFチャーリー・テイラー(30)のベテランに加え、DFネイサン・ウッド(22)、DFロニー・エドワーズ(21)を新たに獲得している。 マーティン監督はサポーターから選手補強に関して、過去に若手ばかりを獲得して失敗したことについて問われてコメント。経験豊富な選手と、今後数シーズンにわたってチームの力になる若手をバランス良く獲得したいとコメントした。 「いくつかのポジションで補強が必要だ。クラブに負担がかからない範囲で、財政的に可能な限りチームを強化したい」 「これまでのところ、我々は本当に良い選手を獲得できたと思う。全体的に見て、彼らはサウサンプトンに所属したいと望むイギリス人たちだ」 「本当に重要なことだと思う。我々はプレミアリーグでプレーして大金を稼ぎたいだけの選手と契約をするわけではない」 「我々はここにいることを切望しており、他のクラブへの移籍金を得るための場所としてだけ見ているわけではない選手と契約した」 「バランスを取る必要がある。我々はイングランドでフットボールをたくさんプレーしてきた若い選手たちと契約をしてきた」 その中でも、経験があるクオリティを持った選手の獲得は重要と考えており、さらにチームに経験をもたらせられる選手を獲得するつもりであるとした。 「アダム・ララナは最初の1週間で既にトレーニング場で大きな違いを生み出している。彼のトレーニング方法や振る舞い方から、チームにとって大きな財産となるだろう。チャーリー・テイラーも同じだ」 「我々はロニーとウッディという2人の優秀な若手センターバックとチャーリーとアダムをバランス良く組み合わせてきた」 「我々は経験のある選手と契約するつもりだ、経験を過小評価する人もいると思うが、我々は今後もエキサイティングな選手と契約するつもりだ」 2024.07.14 13:45 Sun
元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)にサウサンプトン復帰の動きがあるようだ。 リバプール時代はケガも多かったが、通算178試合で22得点22アシストを記録したララナ。2020年夏からブライトン&ホーヴ・アルビオンに活躍の場を求めて4シーズンを過ごし、今季限りで契約満了による退団が決まった。 そんな技巧派MFは現役ながらU-21イングランド代表の活動にコーチングスタッフとして参加するなど、指導者転身も見据えた動きもあるが、最近では古巣サウサンプトンと交渉中と報じられ、復帰の可能性で盛り上がる。 そして、イギリス『スカイ・スポーツ』の続報によると、両者は今後もさらなる話し合いへ。イギリス『The Athletic』ではサウサンプトン復帰見込みとされ、リーズ・ユナイテッドとの昇格プレーオフ決勝では観戦する姿があった。 ララナはセオ・ウォルコット氏やガレス・ベイル氏らと同じくサウサンプトンの育成育ち。2006年夏にトップチームデビューしてから通算265試合で60得点45アシストをマークした。 2024.05.29 17:40 Wed
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは13日、元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)が今季限りで退団することを発表した。 2020年夏に6年間在籍したリバプールを退団したララナは、フリートランスファーでブライトンに加入。これまで公式戦103試合に出場し4ゴール4アシストをマーク。経験豊富なベテランとしてピッチ内外で重要な存在として、今季もここまで公式戦29試合に出場し1アシストを記録していた。 今季限りでの退団が決まったララナは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「難しい決断だったけれど、僕自身にとっても、クラブにとっても、今がベストなタイミングだと感じたんだ。ここ数カ月、ロベルトと話し合いを続けてきて、彼は僕に残ってプレーを続けてほしいと言ってくれた。でも、クラブが今どのような状況にあるのかを考えてみた結果、この4年間家族と離れていたこともあって、今がちょうどいいタイミングだと思ったんだ」 「この1年間、家族とも話してきたけど、僕の決断に一番影響を与えたのは子供たちだった。自分の人生とキャリアの中で、子供たちを第一に考えるべき時だと思ったんだ」 「先週、ロベルト、クラブ、そしてチームメイトに伝えた。今はただ、最後の1週間を楽しんで、いい結果を残して、最高の形でシーズンを終えたいと思っている」 また、ララナはブライトンのァンにきちんと別れと感謝を伝えられるよう、シーズン終了を待たずに退団の意思を表明する決断を下した。 「この4年間、応援してくれてありがとう。僕たちは信じられないような時間を過ごしてきた。ファンに伝えたいのは、厳しい時も選手たちを支え続けてほしいということだ」 「クラブは信じられないような状況にある。財政的な数字、ヨーロッパリーグでの試合、そして願わくば再びトップ10に入ること、これらはとても大きなステップなんだ」 「ファンが忍耐強く、私たちのやっていることややってきたことを理解し、前向きでいることが重要だ。クラブはトニー・ブルームのもとで良い方向に進んでいる、だからそのプロセスを信じて、毎週選手たちを応援し続けてほしい」 2024.05.14 07:02 Tue
元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーのブライトン&ホーヴ・アルビオン行きにリバプール時代の戦友が絡んでいるようだ。 リバプールでは2015年から8シーズンを過ごすミルナー。通算320試合以上の出場数を誇るなかで、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルなどに貢献する鉄人だが、今季で契約切れとなる。 その契約を巡って動きなく、満了まであと2カ月のなか、最近ではブライトン行きの噂が話題に。そして、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、もはや決定的とされる。 イギリス『Football Insider』によると、リバプール時代の同僚であり、2020年夏からブライトンで過ごす元イングランド代表MFアダム・ララナがこの移籍を実現させる上で大きな役割を果たしたという。 リバプールで5年間をともにした2人は離れ離れになってからも定期的に連絡を取り合う仲。ミルナーはブライトン行きを決する前に相談したとのことで、ララナがクラブとその長期的目標を説明した模様だ。 なお、ララナは今年3月にブライトンと新たに1年契約を締結。ララナの説得も実り、ミルナーが加入となれば、再びチームメイトになる。 2023.05.08 16:35 Mon
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは13日、元イングランド代表MFアダム・ララナ(34)との契約延長を発表した。新契約は2024年6月30日までとなる。 2020年夏に6年間在籍したリバプールを退団したララナは、フリートランスファーでブライトンに加入。これまで公式戦74試合に出場し4ゴール3アシストをマーク。経験豊富なベテランとしてピッチ内外で重要な存在となっている。 新契約にサインしたララナは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「契約延長を求められたとき、考えたのは2つの重要な要素だった。まず、自分がまだ貢献でき、付加価値を与えられるかどうか」 「クラブがどれだけ僕に残ってほしいと思っているのかがわかって、とても感動した。クラブがどれほど賢く、戦略的であるかは知っている。僕が貢献できることに価値を見出してくれたことは、本当に大きな意味があった」 「2つ目は、クラブそのものです。このクラブは、トップからボトムまで、素晴らしい活動の道標であり、私もその一員でありたいと思っている」 「オーナーは素晴らしい才能の持ち主で、ポール・バーバーやデイビッド・ウィアーといった首脳陣も、チームとクラブのために常に最善の決断をしている」 「そしてもちろん、監督のデ・ゼルビ氏もいる。彼が私個人に対して示してくれた信頼は、正直なところ、言葉では伝えきれないと思うが、やってみようと思う」 「彼は本当に特別だ。僕はこれまで、偉大な監督と仕事をする機会に恵まれてきたが、彼もまた、それに匹敵する存在だよ」 「彼は教え、鼓舞し、チームと個人をより良いものにする。彼は完璧な人だ。彼が僕にもっと長くいてほしいと言ってきたとき、それを断ることはできなかったよ」 2023.03.14 06:00 Tue

記事をさがす

アダム・ララナの人気記事ランキング

1

菅原由勢の獲得接近、松木玖生も獲得と噂のサウサンプトン指揮官が語る補強方針「経験のある選手と契約するつもり」

サウサンプトンのラッセル・マーティン監督が、クラブの補強についてコメントした。イギリス『デイリー・エコー』が伝えた。 2024-25シーズンからプレミアリーグに復帰するサウサンプトン。競争力の激しいリーグに臨むにあたり、チームは補強を進めている。 AZに所属する日本代表DF菅原由勢(24)の加入が近づいていると報じられている中、FC東京のU-23日本代表MF松木玖生(21)も獲得するという噂もあるサウサンプトン。ここまでは、元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)、DFチャーリー・テイラー(30)のベテランに加え、DFネイサン・ウッド(22)、DFロニー・エドワーズ(21)を新たに獲得している。 マーティン監督はサポーターから選手補強に関して、過去に若手ばかりを獲得して失敗したことについて問われてコメント。経験豊富な選手と、今後数シーズンにわたってチームの力になる若手をバランス良く獲得したいとコメントした。 「いくつかのポジションで補強が必要だ。クラブに負担がかからない範囲で、財政的に可能な限りチームを強化したい」 「これまでのところ、我々は本当に良い選手を獲得できたと思う。全体的に見て、彼らはサウサンプトンに所属したいと望むイギリス人たちだ」 「本当に重要なことだと思う。我々はプレミアリーグでプレーして大金を稼ぎたいだけの選手と契約をするわけではない」 「我々はここにいることを切望しており、他のクラブへの移籍金を得るための場所としてだけ見ているわけではない選手と契約した」 「バランスを取る必要がある。我々はイングランドでフットボールをたくさんプレーしてきた若い選手たちと契約をしてきた」 その中でも、経験があるクオリティを持った選手の獲得は重要と考えており、さらにチームに経験をもたらせられる選手を獲得するつもりであるとした。 「アダム・ララナは最初の1週間で既にトレーニング場で大きな違いを生み出している。彼のトレーニング方法や振る舞い方から、チームにとって大きな財産となるだろう。チャーリー・テイラーも同じだ」 「我々はロニーとウッディという2人の優秀な若手センターバックとチャーリーとアダムをバランス良く組み合わせてきた」 「我々は経験のある選手と契約するつもりだ、経験を過小評価する人もいると思うが、我々は今後もエキサイティングな選手と契約するつもりだ」 2024.07.14 13:45 Sun
2

ララナがサウサンプトン帰還! 「すべてが始まった場所に戻れてすごく嬉しい」

来季からプレミアリーグ復帰のサウサンプトンは14日、元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)の加入を発表した。契約は1年となる。 セオ・ウォルコット氏や、ガレス・ベイル氏らとともに、サウサンプトンのアカデミー育ちと知られるララナにとって、実に10年ぶりの古巣復帰に。原点のクラブに帰還を果たす36歳MFは喜びの思いとともに、決意を語った。 「僕からすると、馴染み深い場所。息子がアカデミーにいるから、僕も見に行ったりするけど、こんなにも身近に感じるのは初めてだし、アメージングだ。現実離れした感じがあるけど、すごくありがたい機会だし、楽しみだよ」 「ラッセル(・マーティン)と話し始めて、少し興味があるのがわかったとき、すぐに自分の心のなかで、この機会を逃すわけにはいかないと感じた。すべてが始まった場所に戻れてすごく嬉しいよ。おとぎ話のようだけど、僕にはまだやるべきことがあるし、このクラブにまだ多くをもたらせるという自信がある」 サウサンプトンのトップチーム入りから通算265試合で60得点45アシストをマークし、2014年夏にリバプール行きのララナは2020年夏からブライトン&ホーヴ・アルビオンへ。そこで4シーズンを過ごし、今季で契約満了となった。 2024.06.15 09:25 Sat
3

“リバプールの下部組織”セインツのFWオースティンの行動が物議! フィルミノユニ着用でCL決勝を応援

サウサンプトンの元イングランド代表FWチャーリー・オースティンが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦開催時に行ったSNSの投稿でセインツファンの怒りを買ったようだ。 1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝、トッテナムvsリバプールは、リバプールが2-0で勝利し、14シーズンぶり6度目の優勝を果たした。 11年ぶりのイングランド対決となったこのファイナルは、普段プレミアリーグでプレーする他クラブの選手たちにとっていつも以上に身近なものとなったが、その中でオースティンは自身の不用意な行動によってセインツファンの怒りを買ってしまった。 オースティンは1日、「カモン、レッドマン!」というコメントと共にFWロベルト・フィルミノの名前がプリントされたリバプールのユニフォームを着用する自身の姿を写した画像を投稿。さらに、試合中にはリバプールを応援し、試合後にはかつての同僚DFヴィルヒル・ファン・ダイクへのお祝いの言葉をコメントしていた。 以前からリバプールファンとして知られるオースティンだが、同一リーグではないコンペティションで他クラブを応援すること自体は問題ない。 さらに、ファン・ダイクとFWサディオ・マネはサウサンプトンの元同僚であり、仮にリバプールのユニフォームだったとしても両選手の名前がプリントされたものであれば、百歩譲って問題視されることはなかっただろう。 しかし、サウサンプトンにとって何のゆかりもないフィルミノのユニフォームを着て堂々と他クラブを応援した点がセインツファンの怒りを買うことになった。 なおここ数年、サウサンプトンはFWリッキー・ランバート(現役引退)、MFアダム・ララナ、DFナサニエル・クライン(今季はボーンマスにレンタル)、DFデヤン・ロブレン、マネ、ファン・ダイクと毎年のようにリバプールに主力を引き抜かれ、巷では“リバプールの下部組織”とも揶揄されている。 そのため、多くのセインツファンはリバプールのことを快く思っておらず、その中での主力選手の今回の行動に、「来季はセインツのユニフォームを着るな」、「裏切られた」、「リバプールへの売り込みか」など、SNS上で非難の声が上がっている。 ◆さすがにやり過ぎか? https://twitter.com/chazaustin10/status/1134815832780025856 2019.06.03 16:55 Mon
4

36歳のベテランMFララナが今季限りでブライトン退団を発表

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは13日、元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)が今季限りで退団することを発表した。 2020年夏に6年間在籍したリバプールを退団したララナは、フリートランスファーでブライトンに加入。これまで公式戦103試合に出場し4ゴール4アシストをマーク。経験豊富なベテランとしてピッチ内外で重要な存在として、今季もここまで公式戦29試合に出場し1アシストを記録していた。 今季限りでの退団が決まったララナは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「難しい決断だったけれど、僕自身にとっても、クラブにとっても、今がベストなタイミングだと感じたんだ。ここ数カ月、ロベルトと話し合いを続けてきて、彼は僕に残ってプレーを続けてほしいと言ってくれた。でも、クラブが今どのような状況にあるのかを考えてみた結果、この4年間家族と離れていたこともあって、今がちょうどいいタイミングだと思ったんだ」 「この1年間、家族とも話してきたけど、僕の決断に一番影響を与えたのは子供たちだった。自分の人生とキャリアの中で、子供たちを第一に考えるべき時だと思ったんだ」 「先週、ロベルト、クラブ、そしてチームメイトに伝えた。今はただ、最後の1週間を楽しんで、いい結果を残して、最高の形でシーズンを終えたいと思っている」 また、ララナはブライトンのァンにきちんと別れと感謝を伝えられるよう、シーズン終了を待たずに退団の意思を表明する決断を下した。 「この4年間、応援してくれてありがとう。僕たちは信じられないような時間を過ごしてきた。ファンに伝えたいのは、厳しい時も選手たちを支え続けてほしいということだ」 「クラブは信じられないような状況にある。財政的な数字、ヨーロッパリーグでの試合、そして願わくば再びトップ10に入ること、これらはとても大きなステップなんだ」 「ファンが忍耐強く、私たちのやっていることややってきたことを理解し、前向きでいることが重要だ。クラブはトニー・ブルームのもとで良い方向に進んでいる、だからそのプロセスを信じて、毎週選手たちを応援し続けてほしい」 2024.05.14 07:02 Tue
5

ララナがサウサンプトン復帰か…実現なら来季もプレミア舞台に

元イングランド代表MFアダム・ララナ(36)にサウサンプトン復帰の動きがあるようだ。 リバプール時代はケガも多かったが、通算178試合で22得点22アシストを記録したララナ。2020年夏からブライトン&ホーヴ・アルビオンに活躍の場を求めて4シーズンを過ごし、今季限りで契約満了による退団が決まった。 そんな技巧派MFは現役ながらU-21イングランド代表の活動にコーチングスタッフとして参加するなど、指導者転身も見据えた動きもあるが、最近では古巣サウサンプトンと交渉中と報じられ、復帰の可能性で盛り上がる。 そして、イギリス『スカイ・スポーツ』の続報によると、両者は今後もさらなる話し合いへ。イギリス『The Athletic』ではサウサンプトン復帰見込みとされ、リーズ・ユナイテッドとの昇格プレーオフ決勝では観戦する姿があった。 ララナはセオ・ウォルコット氏やガレス・ベイル氏らと同じくサウサンプトンの育成育ち。2006年夏にトップチームデビューしてから通算265試合で60得点45アシストをマークした。 2024.05.29 17:40 Wed

サウサンプトンの人気記事ランキング

1

「もっと良くなる」 菅原由勢がサウサンプトンデビュー戦でゴール! さらなる溶け込みにも意欲…「歌うかも」

サウサンプトン入りの日本代表DF菅原由勢がデビュー戦でインパクトを残した。 プレミアリーグ復帰の新シーズンに向け、始動したサウサンプトン。19日にナショナルリーグ(イングランド5部相当)のイーストリーFCを相手にしてプレシーズンマッチに臨み、7-1と快勝した。 力の差を見せつけた試合にベンチからスタートした菅原も大幅メンバー変更の後半開始から出場。すると、5-1の78分にバイタルエリア中央でボールを受け、右足ミドルをゴール左下に突き刺した。 菅原は71分のチーム5得点目も自身の折り返しからとチームの快勝劇に貢献するとともに、個人としても初実戦でアピールに成功。試合後、クラブ公式サイトでこう振り返っている。 「ピッチでクオリティを発揮して、チームメイトを納得させる必要があります。チャンスを作ったり、得点して、強みを出していかないといけません。今日は得点できたので良かったですけど、もっとやらないといけないです」 「まだ足りないですし、満足もしていないので、もっと頑張らないといけません。でも、思った以上に良かったです。ディフェンスの背後もうまく突いていけましたし、良い感覚ですけど、もっと良くなるし、自分の道を進んでいきたいです」 また、チームメイトとの連携向上にさらなる意欲を示すとともに、持ち前の明るいキャラクターの持ち主らしく、あらゆることをして溶け込む覚悟のようだ。 「チームメイトと過ごすのは本当に大事。チームとは5日間を過ごしただけで、互いのことをまだよく知らないです。だから、ピッチの外でも中でももっとたくさんの話をしていかないといけません。この1週間は自分を示しながら、彼らのことを知る大事なものになると思います」 「歌を歌うかもしれないですし、何か考えておかないとですけど、チームメイトと何かしらで楽しいことをするのは好きです。チームと一緒にトレーニングをするのは楽しみだし、天候にも恵まれて、準備もできています」 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢がデビュー戦で強烈ミドルシュートを叩き込む!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="in" dir="ltr">GOAL! Eastleigh 1-6 Southampton. Yukinari Sugawara! [78’] <a href="https://twitter.com/hashtag/SaintsFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SaintsFC</a> <a href="https://t.co/UiGD15vxxO">pic.twitter.com/UiGD15vxxO</a></p>&mdash; JustSaints (@JustSaints_) <a href="https://twitter.com/JustSaints_/status/1814383921779392550?ref_src=twsrc%5Etfw">July 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.20 11:35 Sat
2

名古屋、オランダ、サウサンプトン…プレミアリーグ挑戦の菅原由勢に同じ道を歩んだ大先輩からエール「いつでもどこにいても電話をしてほしい」

AZからサウサンプトンへと完全移籍した日本代表DF菅原由勢が、大先輩からのメッセージを受け取った。 14日、サウサンプトンは菅原を完全移籍で獲得したことを発表。2028年6月30日までの4年契約を結んだ。 名古屋グランパスの下部組織出身の菅原は、2019年7月にレンタル移籍でAZに加入。2020年7月に完全移籍に切り替わると主軸としてプレーを続け、エールディビジでは135試合で12ゴール21アシストを記録し、欧州の大会でもプレーするなど結果を残していた。 その菅原に対して、メッセージを送った人物が。その人物は、古巣名古屋の下部組織で育った大先輩であり、エールディビジを経てサウサンプトンに到着した元日本代表DF吉田麻也だった。 現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーしている吉田。日本代表としても大先輩であり、東京オリンピックでは共に戦った仲でもあるが、吉田からメッセージ。英語で語り掛け、エールを送ると共に、サウサンプトンのファンに菅原を紹介した。 「やぁ、由勢。ようこそクラブへ。まずは移籍おめでとう。僕は素晴らしい選択だと思う。すでに言ったように、クラブは本当に歓迎してくれ、日本人のメンタリティを理解している」 「ピッチ内外で大きく成長できるし、ピッチ上で素晴らしいエネルギーをもたらし、ロッカールームに素晴らしい雰囲気をもたらせられると確信している」 「自分の時間を楽しむことは本当に貴重なことだ。プレミアリーグは最高のリーグの1つで、サウサンプトンは本当に素晴らしいクラブだ。僕は長い間そこにいたが、質問や問題があれば、いつでもどこにいても僕に電話をしてほしい」 「僕はいつもみんなと一緒にいる。シーズンが終われば、試合を見に行くし、観戦できることを願っている」 「幸運を祈る。ファンの皆さん、どうか彼を大事にしてほしい。彼は良い男で、良い青年だ」 「彼は僕と同じクラブ出身で、オランダでも同じステップを踏み、サウサンプトンに来ている。だから、プレミアリーグを楽しんでほしいし、幸運を祈っている」 「僕はいつもこのLAの太陽の下で、テレビで追いかけている。また会いましょう。ありがとう」 冗談を交えつつも流暢な英語でメッセージを送った吉田。菅原も英語で反応。「まず、彼は英語で話しかけてくるから、僕ももっと英語を上達させないといけないです。後で彼に電話して『愛しています』とか言っておきます」とコメント。電話では英語で会話がされるのか注目だ。 大先輩からエールを受けた菅原。吉田のようにサウサンプトンで愛される選手になれるのか、初のプレミアリーグでの戦いに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】プレミア挑戦の菅原由勢に大先輩から英語でエール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/pMlcn3I1IQ">pic.twitter.com/pMlcn3I1IQ</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1813105757350490343?ref_src=twsrc%5Etfw">July 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 23:45 Tue
3

「1秒でイエス」…サウサンプトン入りの菅原由勢、即決移籍を明かす! 指揮官も歓迎 「長く注目した選手」

日本代表DF菅原由勢(24)のサウサンプトン移籍が決まった。 名古屋グランパスからAZ入りして5年が経つ菅原。オランダでサイドバックを中心に右のスペシャリストとして通算198試合(14得点29アシスト)の出場数を積み上げ、2020年10月のデビューから13キャップ(1ゴール)を刻む代表でも今や常連と化す。 AZとの契約も残り1年となるなか、移籍話が取り沙汰されるようになり、最近では新シーズンからプレミアリーグ復帰を果たすサウサンプトン行きの噂。そして、14日に4年契約でのセインツ入りが公式発表され、イングランド挑戦の運びとなった。 イングランドに舞台を移す24歳DFはクラブ公式サイトで「サウサンプトンに来て、プレミアリーグでプレーするのは小さい頃からの大きな夢の1つだったので、ここに来られて本当に興奮しています」と喜び、即決での移籍を明かした。 「昨夏、プレシーズンでサウサンプトンと対戦しました。サウサンプトンはボールを扱うフットボールがすごくうまい感じましたし、ロングボールを使わず、ショートパスを軸にスマートなプレーぶりでした」 「サウサンプトンは本当に良いクラブだと感じましたし、サウサンプトンからオファーをもらったとき、1秒でイエスと答えたんです!」 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、移籍金額はボーナス込みで700万ユーロ(約12億円)。新シーズンに向けては冨安健洋、三笘薫、遠藤航、鎌田大地に続いて、プレミアリーグでプレーする選手となる。 また、ラッセル・マーティン監督は「ユウキは長く注目した選手で、彼のポジションでは我々にとって一番のターゲットだった」とし、期待した。 「彼は良い年齢で加入したし、すでに高いレベルで多くの試合を経験していて、ヨーロッパでの経験も豊富。素晴らしいメンタリティを持つ才能のある選手だし、チームメイトにもとても好かれる性格だと思う」 「彼からは熱意と、成功への決意が感じられる。プレミアリーグでプレーするだけでなく、サウサンプトンでプレーするというのにもとても興奮している」 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢のサウサンプトン入団ムービーが公開!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> x <a href="https://t.co/RLOilImDle">pic.twitter.com/RLOilImDle</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1812411618505933067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 18:35 Sun
4

日本代表DF菅原由勢が昇格組サウサンプトンと4年契約! 今季5人目のプレミアリーガーに

サウサンプトンは14日、AZの日本代表DF菅原由勢(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金はボーナス込みで700万ユーロ(約12億円)とのことだ。 名古屋グランパスの下部組織出身の菅原は、2019年7月にレンタル移籍でAZに加入。2020年7月に完全移籍に切り替わっていた。 右サイドバックや右ウイングなど、右サイドのスペシャリストとしてプレー。エールディビジでは135試合で12ゴール21アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)で10試合1ゴール、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で26試合1ゴール4アシストと、チームの主軸としてプレーしていた。 日本代表にも定着し13試合に出場し1ゴールを記録している菅原。今夏は多くのクラブから関心が寄せられ、インテルなどのビッグクラブの関心もあった中、プレミアリーグに挑戦することになった。 サウサンプトンには、過去DF吉田麻也(ロサンゼルス・ギャラクシー)、FW李忠成、MF南野拓実(モナコ)がプレー。日章学園高校のU-19日本代表FW高岡伶颯も高校卒業後の2025年3月に加入することとなっている。 また今シーズンは、DF冨安健洋(アーセナル)、MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、MF遠藤航(リバプール)と昨シーズンプレミアリーグを戦った3名に加え、MF鎌田大地(クリスタル・パレス)が挑戦。菅原は5人目のプレミアリーガーとなる。 なお、AZは菅原と日本代表でポジションを争っているDF毎熊晟矢をセレッソ大阪から完全移籍で獲得しており、すでに後継者を確保していた。 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢がサウサンプトン移籍!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> x <a href="https://t.co/RLOilImDle">pic.twitter.com/RLOilImDle</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1812411618505933067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 18:07 Sun
5

菅原由勢に追い風 サウサンプトンが主軸右SBのカイル・ウォーカー=ピーターズをまもなく売却へ

サウサンプトンが元イングランド代表DFカイル・ウォーカー=ピータース(27)を売却する。 カイル・ウォーカー=ピータースはトッテナム育ちの右サイドバック(SB)で、サウサンプトン移籍後は主軸に君臨。イングランド2部を戦った昨季もリーグ戦46試合中43試合にほぼ全て右SBとして出場、全てスタメンだ。 今季はそこへ日本代表右サイドバックのDF菅原由勢(23)が加入し、ポジション争いへ…という流れだったが、契約が残り1年となっているためか、クラブは今夏の売却を決断。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ウェストハムがカイル・ウォーカー=ピータース獲得まであと一歩。仮に交渉が成立せずとも、サウサンプトンはウェストハム以外のプレミアリーグクラブに同選手を売却できるメドがあるとのことだ。 2024.07.16 20:40 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly