セインツの元神童がポルノスターとして活躍! トップクラスの収入得る

2021.07.31 18:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてのサウサンプトンの有望選手が、ポルノスターという思わぬセカンドキャリアで成功を収めている。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。

今回の主役はかつてサウサンプトンのアカデミーで将来を嘱望されていたダニー・マウンテン(37)。

9歳の頃にイングランド屈指の育成組織を誇るサウサンプトンのアカデミーに加入したマウンテンは、チェルシーやトッテナム、ウェストハムといった強豪クラブからの関心を集めた逸材だった。

その当時にはサウサンプトンとイングランド代表のレジェンドであるアラン・ボール・ジュニア氏から、「15年に一人」という称賛も受けていた。

「アラン・ボールが僕のことを褒めてくれたんだ。確か12歳くらいのとき、彼と(元イングランド代表の)ジェフ・ハーストが僕らのトレーニングを見ていて、彼は私の父に『この国では10年から15年に一度、突出した才能が生まれる。それが君の息子だ』と言ってくれたんだ。その言葉を聞いたときは大喜びしたよ」

しかし、その神童は16歳の頃に試合中か、練習中かは不明もタックルを行った際にヒザに重傷を負った。クラブは治療費を支払うなど、懸命にリハビリをサポートしたが、マウンテンはプロになる夢を諦めてアカデミーを退団すると共に大工の職業訓練をスタートすることになった。

しかし、その後マウンテンはひょんなことからポルノスターへの転身を図ると、これまで600本以上のポルノ作品に出演し、世界で最も稼いだポルノスターのトップ10に入る人気者に。そして、少なくとも100万ポンド(約1億5000万円)以上を稼いでいるという。

「当時、僕はPage Three girl(新聞の三面を飾るトップレスの女性モデル)と付き合っていて、彼女のエージェントが彼女に対してポルノ業界に進むことを薦めていたんだ。彼女は乗り気ではなかったけど、ロンドンのオーディションに行ったんだ。そのときに僕も同行したんだ。そして、僕自身も業界に入ることになったんだ」

「性的なシーンでは全く緊張しなかったけど、カメラに向かって話すことが心配で、緊張のあまり自分の顔をうまくコントロールすることができなかったよ」

「母に新しい仕事の話をしたときは、少しショックを受けていたよ。母も多くの人と同じ考え方をしていて、いかがわしいものだと思っていたようだね。だけど、僕らは真剣に話し合って、数カ月後には全く心配しなくなったんだ」

「逆に、父は大きな子供のような人で、『息子(2重の意味で)よ、頑張れ』なんて声をかけていたよ」

20歳でポルノスターに本格転向し、ロサンゼルスに移住したマウンテンは、エヴァ・アンジェリーナ、ミア・マルコヴァという有名ポルノ女優との2度の結婚を経験したほか、ジェイソン・ステイサム、ヴィニー・ジョーンズらスポーツ選手から俳優に転身した有名スターとも交友関係を築くなど、充実したセカンドキャリアを歩んでいる。

「子供の頃、有名なフットボーラーになることを夢見ていたよ。残念ながら、イングランド代表としてゴールを決めることはできなかったけど、それでも僕は成功を続けている」

「現在は大きな家を持ち、レストランで食事をし、週末にはジョーンズやステイサムなどの有名人と一緒にフットボールをしているんだ」

フットボーラーとして頂きに到達することはできなかったマウンテンだが、ポルノスターというもう一つの山の頂には到達できたようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

サウサンプトン、ムサ・ジェネポと2025年まで契約延長 「全力を尽くすよ」

サウサンプトンは15日、マリ代表MFムサ・ジェネポ(24)との契約更新を発表した。新たな契約は2025年までとなる。 マリ代表としても29キャップのジェネポは2019年夏にスタンダール・リエージュから完全移籍加入。突破力とスピードが持ち味のウィンガーで、今季は左サイドバックをこなす試合もあり、ここまで公式戦7試合に出場している。 新たに契約を3年延長したジェネポは「一緒に成長し、もっと学びたいチームだし、クラブのために全力を尽くすよ」と決意を新たにした。 一方で、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は「ムサはチームでも人気のある選手で、彼が我々に残ると決めてくれて嬉しく思う」と語った。 2022.09.16 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

セインツ在籍6年のレドモンドがベシクタシュ移籍! デレ・アリらと同僚に

ベシクタシュは8日、サウサンプトンから元イングランド代表MFネイサン・レドモンド(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 2016年にノリッジ・シティからセインツに加入したレドモンドは、前線の複数ポジションをカバーするユーティリティ性を武器に、在籍6年間で公式戦232試合に出場し、30ゴール27アシストを記録。 2018-19シーズンはチームが残留争いを強いられた中、獅子奮迅の活躍を見せてプレミアリーグ残留に貢献。選手とファン・サポーターが選ぶクラブ年間最優秀選手賞をダブル受賞していた。 なお、新天地となるベシクタシュは、MFデレ・アリを始め、DFロマン・サイス、DFアルチュール・マズアク、FWヴォウト・ヴェグホルストら直近までプレミアリーグでプレーした選手を多く獲得している。 2022.09.08 22:52 Thu
twitterfacebook
thumb

セインツ加入のラヴィア、移籍市場最終日にチェルシーが獲得に動いていた?

チェルシーは今夏の移籍市場最終日にサウサンプトンのU-21ベルギー代表MFロメオ・ラヴィア(18)獲得を模索していたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ラヴィアは2020年夏にアンデルレヒトからマンチェスター・シティに加入すると、昨夏から17歳の若さでファーストチームの練習に合流。EFLカップ(カラバオカップ)でシニアデビューを果たすなど公式戦2試合でプレーしたが、今年7月により多くの出場機会を求めてサウサンプトン移籍を決断した。 新天地では開幕から5試合連続でスタメンの座を掴み、第5節のチェルシー戦では後に負傷交代したものの、加入後初ゴールも記録。上々のスタートを切ったラヴィアだが、移籍市場最終日に早くも移籍する可能性があった模様だ。 イギリス『デイリー・エコー』によると、チェルシーが移籍市場閉幕前に5000万ポンド(約80億4000万円)のオファーを出したとのこと。MFエンゴロ・カンテの負傷もあり、中盤の選手を探していたチェルシーは対戦時にも印象的なパフォーマンスを披露したラヴィア獲得を望んでいたという。 しかし、サウサンプトンは5年契約を結んだばかりのラヴィア放出を拒否。交渉の時間が残されていなかったチェルシーはターゲットを切り替え、ユベントスのスイス代表MFデニス・ザカリア(25)をレンタルで獲得している。 2022.09.05 12:59 Mon
twitterfacebook
thumb

セインツで光る18歳ラヴィア、最低1カ月半の離脱見込み…チェルシー戦で負傷交代

新天地のサウサンプトンで輝きを放つU-21ベルギー代表MFロメオ・ラヴィアだが、しばらく戦線離脱を余儀なくされるようだ。 ラヴィアはマンチェスター・シティのアカデミー出身。2020年夏に16歳でシティとプロ契約を結び、将来を嘱望される存在だったが、スター集うトップチームにアピールの場などなく、今夏のマーケットでサウサウンプトンに完全移籍加入した。 そのサウサンプトンでは重鎮だったスペイン人MFオリオル・ロメウからさっそくポジションを奪ってみせ、プレミアリーグ開幕からここまで全5試合に先発。中盤のフィルター役としてだけでなく、落ち着きだったボール扱いで輝きを放っている。 直近に行われた第5節のチェルシー戦では0-1の展開から後の逆転劇を呼び込む同点弾をマークして、嬉しい移籍後初ゴール。だが、サウサンプトンが2-1で試合をひっくり返したなか、足を痛めてしまい、60分に無念の負傷交代を強いられていた。 今やサウサンプトンにとって欠かせない中盤で、プレミアリーグ全体でも最もホットな若手の1人だが、チームを率いるラルフ・ハーセンヒュットル監督の談話によれば、最低でも1カ月半の離脱が見込まれているようだ。 クラブ公式サイトによると、「ロメオは負傷してしまったが、我々の試合で重要な役割を果たせるのを証明してくれた」としつつ、「長期離脱となるだろう。どれぐらいかかるわからないが、少なくても6週間を見込んでいる」と話したという。 2022.09.03 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

CB補強に動いたアストン・ビラがサウサンプトンのDFベドナレクをレンタルで獲得

アストン・ビラは1日、サウサンプトンのポーランド代表DFヤン・ベドナレク(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2017年7月にレフ・ポズナンから完全移籍でサウサンプトンへと加入したベドナレク。センターバックとしてこれまでチームを支えた。 サウサンプトンでは公式戦153試合で7ゴール4アシスト。日本代表DF吉田麻也とも最終ラインを形成するなどした。 昨シーズンもプレミアリーグで31試合に出場し4ゴールを記録するなど、主軸としてプレーしていた。 なお、ポーランド代表として42試合に出場し1ゴールを記録している。 アストン・ビラは、今夏セビージャから獲得したブラジル人DFジエゴ・カルロスが開幕2戦目でアキレス腱断裂の重傷。守備の要として期待していた中での長期離脱となると、その後3連敗と結果が出ておらず、CBの補強が急務だった。 2022.09.02 10:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly