W杯で日本と対戦するドイツ、UNLに向けた24名発表! 初招集が1名、復帰3名《UEFAネーションズリーグ》

2022.09.15 20:59 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカー連盟(DFB)は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)に臨むドイツ代表メンバー24名を発表した。

カタール・ワールドカップ(W杯)では日本代表とも対戦するドイツ。今回の24名のメンバーは、初招集が1名、そして復帰選手が3名いる。

初招集となったのは、サウサンプトンに所属する20歳のDFアルメル・ベラ=コチャプ。今季は開幕戦こそ出場しなかったが、その後のプレミアリーグ5試合でフル出場している。
また、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)が今年3月以来半年ぶり、DFマティアス・ギンター(フライブルク)、DFロビン・ゴセンス(インテル)はおよそ1年ぶりに招集されている。

その他は順当なメンバー構成に。ドイツは23日にホームでハンガリー代表と、26日にアウェイでイングランド代表と対戦する。

今回発表されたドイツ代表メンバーは以下の通り。

◆ドイツ代表メンバー
GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
ケビン・トラップ(フランクフルト)
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/スペイン)

DF
アルメル・ベラ=コチャプ(サウサンプトン/イングランド)
マティアス・ギンター(フライブルク)
ロビン・ゴセンス(インテル/イタリア)
ティロ・ケーラー(ウェストハム/イングランド)
ダビド・ラウム(RBライプツィヒ)
アントニオ・リュディガー(レアル・マドリー/スペイン)
ニコ・シュロッターベック(ドルトムント)
ニクラス・ジューレ(ドルトムント)

MF/FW
ユリアン・ブラント(ドルトムント)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
レオン・ゴレツカ(バイエルン)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ/イングランド)
カイ・ハヴァーツ(チェルシー/イングランド)
ヨナス・ホフマン(ボルシアMG)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
トーマス・ミュラー(バイエルン)
ジャマル・ミュージアラ(バイエルン)
ルーカス・エンメチャ(ヴォルフスブルク)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
レロイ・サネ(バイエルン)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)

関連ニュース
thumb

失意のドイツ、ハヴァーツが心境綴る「この感情を処理するには何週間もかかる」

チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツは、カタール・ワールドカップ敗退のショックから立ち直れていないようだ。 ハンジ・フリック監督のもと、優勝候補の一角としてカタール・ワールドカップに臨んだドイツ。しかし、初戦で日本に逆転で金星を献上すると、この結果が最後まで尾を引くことになり、最終戦でコスタリカに勝利するも得失点差で3位フィニッシュ。2大会連続となるグループステージ敗退という期待外れに終わってしまった。 全3試合に先発し、コスタリカ戦では2ゴールを挙げる活躍でプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選ばれたハヴァーツ。しかし、グループステージ敗退のショックは大きかったようで、失意の中から立ち直るには時間がかかるとインスタグラムで綴った。 「何を話すべきか整理するのに時間がかかったよ。僕たちみんながとても悔しく感じているし、失望している。もういろんな感情でいっぱいだ。これらを処理するのには何週間もかかるだろう。人生とは浮き沈みのあるもので、ここからより強くなって立ち直れるかどうかが重要なんだ」 「日本代表のように最高の瞬間を迎えることもあれば、痛みを感じることもある。だからこそ、フットボールは素晴らしいスポーツなんだ」 「国民の心の痛みは僕らも知っている。いつも応援ありがとう」 打ちひしがれている様子のハヴァーツだが、イングランドでは年内にプレミアリーグが再開予定。気持ちを整理する時間があまりない中でも、悔しさをバネにチェルシーでの活躍を期待したい。 2022.12.04 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

日本が波乱を起こしたグループE、シャビ・アロンソがドイツとスペインの結果を総括

レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督が、カタール・ワールドカップでのドイツ代表とスペイン代表の戦いぶりに見解を示した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ドイツとスペイン、そして日本代表も同居したグループEは大きな波乱が起きることとなった。優勝候補と目されたドイツとスペインに日本が勝利し、死の組と言われたグループを首位通過。一方で、2014年大会王者のドイツは、前回大会に続いてグループステージ敗退となった。 今年10月からレバークーゼンで指揮を執るシャビ・アロンソ監督は、スペイン人ということもあり、落胆するドイツ人たちの不満のはけ口にされている模様。だが、ドイツ代表がその責任を受け入れるべきだと、きっぱりと説き伏せた。 「みんなが私を責めるんだ。でも私は何も悪いことはしていない(笑)」 「本当に残念に思うよ。ドイツの躍進を願っていたからね。ドイツ代表はもっと高みを目指せるチームだ。しかし、これがフットボールというもの。結果は常にフェアなのだ」 「事実、ドイツ代表は自ら恥をかいてしまった。1-2で敗れた日本戦だけでなく、4-2で勝利したコスタリカ戦でも彼らの弱点は露呈した。彼らは自分たちの状況に責任を持つべきであり、他人のせいにしてはならない。十分に成熟していることは、チームだけでなく、ドイツ国民全員が知っているところだ」 また、グループステージ全体の結果を受けて、シャビ・アロンソ監督は「スペインの優勝を信じている」とコメント。しかし、日本戦を引き合いにしながら、今後のノックアウトステージではより気を引き締めていかなければならないと警告している。 「優勝候補を挙げるのは難しい。スペインは優れた選手が揃う良いチームだと思う。だが、集中力を欠くことは許されない」 「スペイン対日本を見ていると、ハーフタイムにはスペインが負けることはあり得ないと思えた。しかし、2点取られて敗戦してしまった。ノックアウトステージデそうなってしまったら直ちにおしまいだ。今は精神的な強さ、ミスをしないことも重要なのだ」 「その点において、スペインの前線の若さは決定的な役割を果たすことができる。しかし、一方で問題になる可能性もある。スペインにとっては大きな挑戦だ。彼らにはクオリティがあるが、今はこのレベルでそれを示さなければならない」 「私は彼らを信じている。それは彼らを信じたいからだ。“信じる”ということは“信じたい”ということでもあるのだ」 「私は選手たち、プレースタイル、そして監督が本当に気に入っている。だが、フランス、ブラジル、アルゼンチンといったチームと戦うことに変わりはない。そんなビッグマッチをファンのように楽しんで観戦したいと思う」 2022.12.03 14:59 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップは現時点でドイツ代表監督に興味なし

ドイツ代表の新指揮官候補に挙がるリバプールのユルゲン・クロップ監督だが、現時点でマンシャフトを率いる考えはないようだ。ドイツ『スカイ』が報じている、 カタール・ワールドカップ(W杯)で優勝候補の一角に挙げられたドイツだが、日本代表との初戦の逆転負けが大きく響き、グループEの戦いを1勝1分け1敗の3位で終了。この結果、ロシア大会に続き屈辱の2大会連続敗退となった。 また、直近のUEFAネーションズリーグ2022-23ではグループAからの敗退こそ回避したものの、イタリア代表、ハンガリー代表に次ぐ3位に終わっており、ここ数年の不振を脱却できずにいる。 そのため、ドイツサッカー連盟(DFB)は、ユーロ2024まで契約を残すハンジ・フリック監督の手腕に疑問を抱いており、ベルント・ノイエンドルフ会長と、マネージングディレクターであるオリバー・ビアホフ氏は近日中に同監督と今後に向けた話し合いを行う予定となっている。 仮に、この話し合いの中でフリック監督の解任に踏み切った場合、現時点で有力な後任候補に挙がっているのが、これまでも幾度となく招へいの可能性が伝えられたクロップ監督だ。 しかし、同監督の代理人でありメインアドバイザーを務めるマルク・コジッケ氏は、ドイツ代表監督就任の可能性を否定している。 「それはメディアでの話題にすぎない。ユルゲンはリバプールで2026年まで契約を結んでいる」 「そして、クロップはリバプールとの契約を全うするつもりだ」 前述のコメントのようにクロップ監督は先日にリバプールとの契約を2026年まで延長した。ただ、今シーズンのリーグ戦での不振やクラブに身売りの可能性が浮上しており、今後の状況次第ではマンシャフトでの指揮を検討する可能性はゼロではなさそうだ。 2022.12.03 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

世界を驚かせたドイツ&スペイン相手の金星を達成したスタジアム、日本代表に歓喜をもたらすのはなんと3回目…1回目は伝説のボレーで決着

カタール・ワールドカップ(W杯)で2つの金星を挙げた日本代表。スペイン代表戦では決勝ゴールの判定が世界中で議論され、大きな話題となっている。 ただ、初戦のドイツ代表戦、そして1日のスペイン戦と2つのW杯優勝国を下したのは初のこと。さらに、2試合もアップセット(番狂わせ)を起こしたことはW杯の歴史を見ても珍しい出来事だった。 世界も注目する日本の快進撃だが、スタジアムにも大きな秘密があった。 日本がドイツ相手に逆転勝利を収めたのは、ハリファ国際スタジアム。GK権田修一がPKを与え、イルカイ・ギュンドアンにPKを決められてスタートした中、猛攻を受けながらも耐える展開に。すると、後半に左サイドから崩して堂安律が同点ゴール。さらに板倉滉のロングフィードを受けた浅野拓磨が持ち込んでニアサイドを撃ち抜いて逆転。2-1で勝利した。 そして1日、スペイン代表との決勝トーナメント進出をかけて戦ったグループ最終戦。その舞台もハリファ国際スタジアムだった。 3バックでスペインに臨んだ日本だったが、アルバロ・モラタにクロスからヘディングで決められてしまい失点。またしても強豪相手に先制を許したが、後半早々に堂安の強烈なミドルシュートで追いつくと、三笘薫の粘りの折り返しを田中碧が詰めて逆転。その後はスペインの猛攻を受けたが、しっかりと耐えきり、またしても2-1で勝利していたのだ。 W杯優勝国を相手にグループステージで2勝。首位での通過に加え、初の2大会連続ベスト16入りというまさに偉業を成し遂げている日本。その2試合が同じ舞台で行われていたというのは運命を感じるところだ。 1993年に「ドーハの悲劇」と呼ばれるアメリカW杯予選の最後での出場権逸は、日本サッカーにとっては忘れられない出来事の1つ。悲しい思い出だったなか、今回は「ドーハの歓喜」とも言われ、およそ30年ぶりに良い思い出に塗り替えることができた。 厳密に言えば、このハリファ国際スタジアムはドーハではなく、カタール第2の都市・ライヤーンにあるため、「ライヤーンの歓喜」という方が正しいだろう。ただ、この歓喜はドイツ戦、スペイン戦だけではなかったのだ。 実はこのハリファ国際スタジアムでは、11年前にも歓喜を味わっている。 2011年のアジアカップ決勝。アルベルト・ザッケローニ監督が率いた日本代表は決勝に駒を進めると、対戦相手はオーストラリア代表。ここまでで何かを思い出した方もいるかもしれないが、延長戦で長友佑都からのクロスを李忠成が豪快にダイレクトボレーで叩き込み、優勝を果たした試合が行われたスタジアムなのだ。 日本にとっては3度も歓喜を味わった良い思い出の詰まったスタジアム。しかし、今大会で日本がこのスタジアムを使えるのは残り1回。それは3位決定戦しかない。スタジアムの恩恵はないが、再びこのスタジアムに戻ることがあるとすれば、それは“新しい景色”を見たということの証明にもなる。 <span class="paragraph-title">【動画】ドーハの歓喜1回目、長友佑都のクロスを李忠成が豪快ボレーで優勝決定</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/pnFsuwYOUc">pic.twitter.com/pnFsuwYOUc</a></p>&mdash; #AsianCup2023 (@afcasiancup) <a href="https://twitter.com/afcasiancup/status/1355029744346132480?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ドーハの歓喜2回目、板倉滉のフィードから浅野拓磨の逆転弾</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/GER?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GER</a> 1-2 <a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a><a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a><br>改めて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%85%E9%87%8E%E6%8B%93%E7%A3%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浅野拓磨</a> の逆転ゴール! <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/a2XYIzR7y5">https://t.co/a2XYIzR7y5</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%9E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アベマ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%84%A1%E6%96%99%E7%94%9F%E4%B8%AD%E7%B6%99?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAワールドカップ全試合無料生中継</a> <a href="https://t.co/OeQXdfm0ld">pic.twitter.com/OeQXdfm0ld</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1595439788105949184?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ドーハの歓喜3回目、三笘薫の圧巻の折り返しから、田中碧が詰める!VARチェック後の歓喜も</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>改めて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> の折り返しから <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> の逆転ゴール <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/uTRD8oSSRy">pic.twitter.com/uTRD8oSSRy</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598430430151462915?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>VARチェックの結果 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> が逆転!!<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/UdEhLoynsu">pic.twitter.com/UdEhLoynsu</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598409122722242560?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

驚愕の的中率!! 日本の大金星2つ&コスタリカ戦黒星の全予想的中のパンダが現れる

日本代表のスペイン代表撃破を願いながらも、勝てると予想していた人がどれだけいただろうか。日本人は信じて願わないはずだが、世界の見方はスペインが勝利するというものが多かったはずだ。 その中で、またしてもこの大金星を予想し、的中させていたということを聞けば驚きではないだろうか。 それはカタールにいるジャイアントパンダのスラーヤとスハイル。カタールの『beIN Sports』に毎日出演し、各試合の予想を行っているのだ。 この2頭のパンダは、カタール・ワールドカップ(W杯)開催にあたり、中国からカタールに贈られたもの。ドーハの北、アル・ホールにあるパンダ・ハウス・パークで予想を行っている。 展示室の中を歩き、窓に貼られた2つの国旗に向かって歩き、どちらを選ぶかというものだ。 2頭のうち1頭が予想を行うのだが、なんと日本がスペインに勝利することを予想しており、見事に的中させたという。 ただ、凄いのはこれだけではない。なんと、初戦でドイツ代表に対して日本が勝利するということも予想。もちろん外した予想もあるが、多くの人が予想できなかったドイツとスペインに対する金星をどちらも予想していたというのだからとんでもない力を持っていそうだ。 なお、第2戦のコスタリカ代表戦ではしっかりとコスタリカ勝利を予想しており、日本戦の予想的中率は100%。こうなるとラウンド16のクロアチア代表戦の予想も気になるところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表のスペイン戦金星を予想したカタールのパンダ</span> <span data-other-div="movie"></span> <span class="paragraph-subtitle">◆第3戦:日本代表vsスペイン代表</span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>Who did our pandas go with… Japan or Spain?<a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a>&quot; <a href="https://t.co/l46RsziJB9">pic.twitter.com/l46RsziJB9</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1598258670663606272?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】パンダがドイツ戦の金星、コスタリカ戦黒星も的中の偉業</span> <span data-other-div="movie2"></span> <span class="paragraph-subtitle">◆第2戦:日本代表vsコスタリカ代表</span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>Who did our pandas go with… Japan or Costa Rica <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/HwcbVyJNCp">pic.twitter.com/HwcbVyJNCp</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1596771038280531968?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-subtitle">◆第1戦:ドイツ代表vs日本代表</span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a>? <a href="https://t.co/hRRReO6Cbm">pic.twitter.com/hRRReO6Cbm</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1595326284565041152?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 21:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly