FIFAが『ザ・ベスト』各賞候補者発表 男子最優秀選手にレヴァンドフスキら11選手

2021.11.23 09:55 Tue
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は22日、2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男女各賞候補者を発表した。
PR
男子最優秀選手は前回受賞のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキら11選手がノミネート。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのほかにも、ユーロ優勝のイタリア代表やチャンピオンズリーグ(CL)を制したチェルシーからもMFジョルジーニョとMFエンゴロ・カンテが名を連ねた。
男子最優秀監督はインテルをスクデット獲得に導いたアントニオ・コンテ監督やイタリアをユーロ優勝に先導したロベルト・マンチーニ監督、チェルシーを指揮して約4カ月でCLのタイトルをもたらしたトーマス・トゥヘル監督ら7名が選出。男子最優秀GKはブラジル代表GKアリソン・ベッカーをはじめ、5選手がリスト入りしている。

各賞は2020年10月〜2021年8月までの活躍や実績が対象に。各国代表チームのキャプテンや監督、ジャーナリスト、ファンの投票で決まり、来年1月17日にオンラインセレモニーで行われる表彰式で受賞者が発表される。

◆各賞候補者一覧
《男子最優秀選手》
カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリー)
ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド)
アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント)
ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)
エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
キリアン・ムバッペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン)
ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
モハメド・サラー(エジプト/リバプール)
《男子最優秀監督》
アントニオ・コンテ(イタリア/インテル、トッテナム)
ハンジ・フリック(ドイツ/バイエルン、ドイツ代表)
ジョゼップ・グアルディオラ(スペイン/マンチェスター・シティ)
ロベルト・マンチーニ(イタリア/イタリア代表)
リオネル・スカローニ(アルゼンチン/アルゼンチン代表)
ディエゴ・シメオネ(アルゼンチン/アトレティコ・マドリー)
トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー)

《男子最優秀GK》
アリソン・ベッカー(ブラジル/リバプール)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン)
エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)
マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)
カスパー・シュマイケル(デンマーク/レスター・シティ)

《女子最優秀選手》
スティナ・ブラックステニウス(スウェーデン/BKヘッケン)
アイタナ・ボンマティ(スペイン/バルセロナ)
ルーシー・ブロンズ(イングランド/マンチェスター・シティ)
マグダレーナ・エリクソン(スウェーデン/チェルシー)
キャロライン・グラハム・ハンセン(ノルウェー/バルセロナ)
ペルニレ・ハルダー(デンマーク/チェルシー)
ジェニファー・エルモソ(スペイン/バルセロナ)
チ・ソヨン(韓国/チェルシー)
サム・カー(オーストラリア/チェルシー)
フィフィアネ・ミデマー(オランダ/アーセナル)
アレクシア・プテラス(スペイン/バルセロナ)
クリスティン・シンクレア(カナダ/ポートランド・ソーンズFC)
エレン・ホワイト(イングランド/マンチェスター・シティ)

《女子最優秀監督》
リュイス・コルテス(スペイン/バルセロナ)
ペーター・ゲルハルドソン(スウェーデン/スウェーデン女子代表)
エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー)
ビバリー・プリーストマン(イングランド/カナダ女子代表)
サリナ・ヴィーフマン(オランダ/オランダ代表、イングランド代表)

《女子最優秀GK》
アン=カトリン・ベルガー(ドイツ/チェルシー)
クリスティアネ・エンドレル(チリ/パリ・サンジェルマン、リヨン)
ステファニー・ラベー(カナダ/FCローゼンゴード、パリ・サンジェルマン)
ヘドヴィグ・リンダール(スウェーデン/アトレティコ・マドリー)
アリッサ・ネイハー(アメリカ/シカゴ・レッドスターズ)

PR
関連ニュース

夏のマドリー加入内定・17歳エンドリッキ、年末までブラジル残留案も

レアル・マドリーとパウメイラスが、水面下でブラジル代表FWエンドリッキ(17)に関する協議を再開したようだ。 2024年夏のマドリー加入が内定しているエンドリッキ。日本なら高校2年生の17歳でブラジル代表に定着する“ポスト・ネイマール”は、現在ブラジル1部王者のパウメイラスでエースとして活躍中だ。 スペイン『Fichajes』によると、マドリーは7月で18歳を迎えるエンドリッキを予定通り2024-25シーズン開幕からの新戦力として迎え入れる意向だが、パウメイラスには違うプランがあるという。 ブラジルの国内リーグは日本(Jリーグ)と同じく“春秋制”。パウメイラスにとって2024年夏のエンドリッキ退団は、シーズン途中のエース流出を意味し、12月までレンタル移籍の形で残留させられないか、ここ1〜2日でマドリーに打診したとのことだ。 2024年夏の移籍契約がある以上、それ以降の選択権はマドリーが持つ。パウメイラスとしては、エンドリッキ引き留めが叶わないなら叶わないでよいとのことで、予定通り夏のマドリー行きが既定路線とみられている。 エンドリッキと同じタイミングでの、パリ・サンジェルマン(PSG)からフランス代表FWキリアン・ムバッペ(25)の加入にも近づいているマドリー。ムバッペとエンドリッキの共演ならまさにドリームチームだが、果たして。 2024.02.22 19:15 Thu

「ゴール決めても祝わない」…セルヒオ・ラモスが今週末に古巣ベルナベウへ! 「ユニークで感動的な瞬間に」

セビージャの元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが今週末に古巣サンティアゴ・ベルナベウに帰還する。 セビージャは25日のラ・リーガ第26節でレアル・マドリーのホームに乗り込む。元レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスにとって、19歳だった2005年夏から34歳の2021年夏までを過ごした古巣での一戦だ。 パリ・サンジェルマン(PSG)でのプレーを挟み、昨夏にセビージャ復帰の37歳DFにとって、レアル・マドリー退団後初となるサンティアゴ・ベルナベウでの試合となるなか、スペイン『マルカ』によると、『DAZN』で心境を語った。 「キャリアで最も重要な瞬間を何年も過ごしたし、家のように感じることだろう。ファンやチームメイトとの素晴らしい思い出だってあるしね。ユニークで感動的な瞬間になるはずだ」 苦楽をともにしたレアル・マドリーに対しては今も変わらずの深い敬意から、この試合で自身がゴールを決めても祝うつもりがないものの、15位に甘んじるチーム事情から勝てれば素直に喜ぶようだ。 「レアル・マドリーは毎年、優勝候補の一角に挙がる。ファンやチームのことをリスペクトしているし、自分がゴールを決めても祝ったりなんてしない。ただ、運よくゴールを決めて勝ったら、とても嬉ぶ。僕らにとって、3ポイントは本当に役立つものだからだ」 そんな百戦錬磨のセンターバックだが、1年契約でのセビージャ復帰とあって、今夏の動向も注目どころ。だが、今のところは「ここで幸せだし、明日のことなんて考えていない」と話している。 2024.02.22 16:55 Thu

クルトワが待望のチームトレーニング復帰! 21日のセッションで一部メニューこなす

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、トレーニング復帰を果たした。スペイン『Cope』が報じている。 クルトワは今シーズン開幕前のトレーニング中に左ヒザを負傷。その後、左ヒザ前十字じん帯断裂と診断され手術を受け、以降は長期間に渡るリハビリに励んでいた。 そして、手術から約半年を経た21日のトレーニングセッションでは待望のチームトレーニングに復帰し、一部メニューをチームメイトと共にこなしたという。 ただ、クルトワは先日のベルギー『sporza』のインタビューで「クラブは僕が100%回復することを望んでおり、決して早期に復帰しないことを明確にしている」、「ケガのせいで、いずれにせよ僕はユーロには出場できない。まずは100%完全に復帰する必要がある」と、ユーロ2024欠場の意向を明言している。 そのため、5月中の復帰を目標に掲げているものの、それ以上の早い段階での復帰を急ぐ可能性は低いようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】クルトワがトレーニングに復帰</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ÚLTIMA HORA | Courtois ha completado una parte del entrenamiento con el grupo en el <a href="https://twitter.com/realmadrid?ref_src=twsrc%5Etfw">@realmadrid</a> <br><br> Lleva lesionado desde principios de agosto<br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/PartidazoCOPE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PartidazoCOPE</a> <a href="https://t.co/fREVVcPTit">pic.twitter.com/fREVVcPTit</a></p>&mdash; El Partidazo de COPE (@partidazocope) <a href="https://twitter.com/partidazocope/status/1760349464210866507?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.02.22 08:00 Thu

モドリッチが引退&コーチングスタッフ入りを拒否、現役続行でマドリー退団へ

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(38)が今季終了後、契約満了をもって退団する可能性が高まっている。クロアチア『ノボスティ』が報じている。 同メディアによれば20日、カルロ・アンチェロッティ監督がモドリッチに対し、今季終了後に引退するならコーチングスタッフのポストを用意するとしたものの、モドリッチが断りを入れたとのこと。新天地はサウジアラビアからアメリカと見られている。 レアル・マドリーでラ・リーガを3度、チャンピオンズリーグを5度優勝に導いたレジェンドのモドリッチだが、今季は控えに回り、ラ・リーガ11試合の先発に留まっている。 2024.02.21 01:20 Wed

ムバッペがレアル行き合意、PSG会長が関係者に語ったか

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ()が、レアル・マドリーに行くことが決定したようだ。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了するムバッペ。今夏のマドリー入りが噂される中、スペイン『アス』によれば、ナセル・アル・ケライフィ会長が、ムバッペのマドリー行きを認めたという。 アル・ケライフィ会長は週末にカタールに居たとのこと。数人の幹部と会談を行い、その中でマドリー移籍を認めたという。 以前もマドリー行きが迫ったタイミングがあったムバッペだが、2022年5月に2025年までの契約延長を発表。シーズン最後の発表となったが、マドリーはそのタイミングまで決断を引き延ばしにさせることはできないという。 問題はいつ公式発表されるか。ただ、両者ともにチャンピオンズリーグ(CL)で勝ち残っており、この先に対戦する可能性も残しているため、ムバッペの移籍が火種になる可能性が十分にあるという。 まだ公式には発表されていないが、公式発表も時間の問題と見られている。 2024.02.19 21:40 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly