アーリング・ハーランド Erling HAALAND

ポジション FW
国籍 ノルウェー
生年月日 2000年07月21日(23歳)
利き足
身長 194cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

プレミア最優秀若手は覚醒したチェルシーMFパーマーが受賞! ゴールとアシスト合計32はリーグトップの記録

プレミアリーグは17日、2023-24シーズンのウブロ ヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを発表。チェルシーのイングランド代表MFコール・パーマー(22)が受賞した。 パーマーはマンチェスター・シティから今シーズン完全移籍でチェルシーに加入。これまでは満足いく出番がなかったが、チェルシーでその才能が覚醒した。 攻撃的なポジションを任されると、最終節を残した段階で22ゴール10アシスト。32ゴールに絡む活躍を見せ、これはプレミアリーグで1位タイだ。 ゴールはシティのFWアーリング・ハーランドに続いて2位、アシストもアストン・ビラのFWオリー・ワトキンスに続いて2位につけている。 先日22歳になったばかりのパーマーだが、21歳以下でシーズン30ゴールスコア(ゴールとアシストの合計)以上に達したのは史上3人目。ロビー・ファウラー、クリス・サットンと偉大な2人に続く快挙となった。 また、今シーズンはゴールとアシストを共に2桁記録しているのはワトキンス、モハメド・サラー(リバプール)、アンソニー・ゴードン(ニューカッスル)と4人だけ。チェルシーのレジェンドであるディディエ・ドログバ、フランク・ランパードと並び、ホームでのシーズン16ゴールという記録にも並んだ。 2019-20シーズンからスタートしたこの賞をチェルシーの選手が受賞したのは初。これまではリバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(2019-20)、シティのMFフィル・フォーデン(2020-21、2021-22)、ハーランド(2022-23)が受賞していた。 2024.05.18 21:50 Sat

プレミアリーグの最優秀選手はシティMFフォーデンが受賞! 5年連続でシティの選手が受賞「非常に誇りに思える功績」

プレミアリーグは18日、2023-24シーズンのEA SPORTSプレーヤー・オブ・ザ・シーズンの受賞者を発表。マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデン(23)が受賞した。 前人未到のプレミアリーグ4連覇を目前に控えているシティ。今シーズンはアーセナルとの熾烈な優勝争いを2年連続で繰り広げた中、消化していなかった試合に勝利したことで、最終節を残して首位に立った。 最終節の結果次第では4連覇は逃すことになるが、その試合を前にフォーデンが見事に受賞。今シーズンはプレミアリーグ34試合に出場し17ゴール8アシスト、25ゴールに関与し、チームに貢献していた。 フォーデンはクラブを通じて受賞を喜んでいる。 「この賞を受賞できたことは、僕にとって非常に誇りに思える功績だ」 「プレミアリーグは世界で最も偉大なリーグとして認められており、クラブにとって特別なシーズンを楽しんできた他の多くの偉大な選手たちとともにノミネートされたことを光栄に思う」 フォーデンはサイドと中央でプレーし、出場時間もチームで2番目。今シーズンはベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが長らく負傷離脱したが、その穴をしっかりと埋める活躍を見せた。 なお、最終節のウェストハム戦で勝利し4連覇を達成した場合、フォーデンは史上最年少で6度のプレミアリーグ優勝を経験する選手となる。 また、この賞は5年連続でシティの選手が受賞。デ・ブライネが2019-20、2021-22、ルベン・ディアスが2020-21、アーリング・ハーランドが2022-23シーズンに受賞している。 プレーヤー・オブ・ザ・シーズンの投票は、ファン・サポーターによる一般投票と、プレミアリーグ全20クラブのキャプテン、サッカー専門家委員会の投票結果の総合結果で選出される。 <span class="paragraph-title">【動画】年間最優秀選手賞を受賞したシティのMFフォーデン、今季のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/7u9AjFdruG">pic.twitter.com/7u9AjFdruG</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1791775330128064798?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.18 21:20 Sat

ロドリのPLシーズンMVP候補漏れにデ・ブライネも疑問か…「僕らのベストはフォーデンかロドリ」

マンチェスター・シティのスペイン代表MFロドリのシーズンMVP候補漏れが物議を醸す中、2度の同賞受賞者がその批判に同調する趣旨の発言を行った。イギリス『Sport Bible』が伝えている。 プレミアリーグは9日、2023-24シーズンの最優秀選手賞であるプレーヤー・オブ・ザ・シーズンのノミネート選手8名を発表した。 今週末の最終節を前にアーセナルとマンチェスター・シティの2強による優勝争いが続く中、今回の発表ではシティからノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、イングランド代表MFフィル・フォーデンの2名、アーセナルからノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール、イングランド代表MFデクラン・ライスの2名、その他ではリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、チェルシーのイングランド代表MFコール・パーマー、アストン・ビラのイングランド代表FWオリー・ワトキンス、ニューカッスルのスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクがノミネートされた。 そういった中、物議を醸したのが、首位シティの心臓として出場試合無敗を継続し、攻守両面でハイレベルのパフォーマンスを見せてきたスペイン代表MFの選外だ。 シティの守護神を務めるエデルソンは先日にブラジル『ESPN』で「なぜロドリがリストに載っていないのか理解できない。正直言って、それは馬鹿げている」と憤りを示していた。 そのエデルソンとはややニュアンスが異なるものの、同じくロドリの選外に異を唱える形となったのが、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだ。 デ・ブライネは誰が2023-24シーズンの最優秀選手賞に相応しいかと質問を受けた際、「僕らのチームを見ると、プレーヤー・オブ・ザ・シーズンにはフィル・フォーデンかロドリのどちらかだと思う。それは彼らの重要性からくる」と、ロドリが今季シティのベストプレーヤーとの見解を示した。 また、自チーム以外では「他のチームにも本当に優れたプレーヤーが何人かいる。アーセナルにも何人かいたけど、オリー・ワトキンスはアストン・ビラで素晴らしかった」と、今季36試合19ゴール13アシストを記録してアストン・ビラのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献したストライカーを名指しで称賛している。 2024.05.17 21:13 Fri

39歳のC・ロナウドが約405億円で4度目の最も稼いだアスリートに! 大谷翔平は13位で日本人唯一のトップ50入り、サッカー界からは8名

アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(39)が、世界で最も稼ぐアスリートとなった。アメリカ『フォーブス』が伝えた。 サッカー界のスーパースターの1人であるC・ロナウド。初めて世界で最も稼ぐアスリートになってから8年。39歳になった今でも、トップにっ君臨している。 スポルティングCPで才能を見出され、マンチェスター・ユナイテッドで輝きを放ち、レアル・マドリーで全盛期を迎えると、ユベントス、ユナイテッドでプレーし、現在はサウジアラビアのアル・ナスルでプレー。今なおその得点力は衰え知らずだ。 この1年間で稼いだ金額は推定2億6000万ドル(約405億2000万円)とのこと。これにより、キャリアで4度目の最も稼ぐアスリートに輝いた。 内訳としては2億ドル(約311億7000万円)がアル・ナスルとの契約で手にしており、残りの6000万ドル(約93億5000万)はナイキ、バイナンス、ハーバライフなどのスポンサーからの収入と見られている。 トップ10に関して言えば、C・ロナウドの他、リオネル・メッシ(インテル・マイアミ)が3位、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)が6位、ネイマール(アル・ヒラル)が7位、カリム・ベンゼマ(アル・イテハド)が8位に位置し、競技として最も多い。 ただ、トップ50で見ると、NBAの選手が19名で最も多く、続いてNFLの11名。サッカーは8名で上記以外には3名しかいない状況。27位にアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)、38位にモハメド・サラー(リバプール)、40位にサディオ・マネ(アル・ナスル)という状況だ。 ちなみに、高額な契約のイメージがあるMLBからは2人しかいない状況。最も稼いでいるのは13位に入った大谷翔平(ロサンゼルス・ドジャース)で、8530万ドル(約133億円)とされている。もう1人はテキサス・レンジャジャーズのマックス・シャーザーだ。 大谷は年俸としては2530万ドル(約39億5000万円)しか手にしていないため、トップ50の中でタイガー・ウッズの1220万ドル(約19億円)に続いて下から2番目。ただ、フィールド街で6000万ドル(約93億5000万)を稼いでおり、C・ロナウドと並んで4位タイという状況だ。 ◆最も稼ぐアスリートランキング 1位:クリスティアーノ・ロナウド(サッカー/ポルトガル/39歳) 総収益:2億6000万ドル(約405億2000万円) 2位:ジョン・ラーム(ゴルフ/スペイン/29歳) 総収益:2億1800万ドル(約339億6000万円) 3位:リオネル・メッシ(サッカー/アルゼンチン/36歳) 総収益:1億3500万ドル(約210億3000万円) 4位:レブロン・ジェームズ(バスケットボール/アメリカ/39歳) 総収益:1億2820万ドル(約199億7000万円) 5位:ヤニス・アデントクンボ(バスケットボール/ギリシャ/29歳) 総収益:1億1100万ドル(約172億9000万円) 6位:キリアン・ムバッペ(サッカー/フランス/25歳) 総収益:1億1000万ドル(約171億4000万円) 7位:ネイマール(サッカー/ブラジル/32歳) 総収益:1億800万ドル(約168億3000万円) 8位:カリム・ベンゼマ(サッカー/フランス/36歳) 総収益:1億600万ドル(約165億2000万円) 9位:ステフィン・カリー(バスケットボール/アメリカ/36歳) 総収益:1億200万ドル(約159億円) 10位:ラマー・ジャクソン(アメリカンフットボール/アメリカ/27歳) 総収益:1億50万ドル(約156億6000万円) 11位:ジョー・バロウ(アメリカンフットボール/アメリカ/27歳) 総収益:1億ドル(約155億8000万円) 12位:ケビン・デュラント(バスケットボール/アメリカ/35歳) 総収益:9330万ドル(約145億4000万円) 13位:大谷翔平(野球/日本/29歳) 総収益:8530万ドル(約133億円) 14位:カネロ・アルバレス(ボクシング/メキシコ/33歳) 総収益:8500万ドル(約132億5000万円) 15位:パトリック・マホームズ(アメリカンフットボール/アメリカ/28歳) 総収益:8440万ドル(約131億5000万円) 16位:アンソニー・ジョシュア(ボクシング/イギリス/34歳) 総収益:8300万ドル(約129億30000万円) 17位:マックス・フェルスタッペン(F1/オランダ/26歳) 総収益:8100万ドル(約125億2000万円) 18位:アーロン・ロジャース(アメリカンフットボール/アメリカ/40歳) 総収益:8080万ドル(約125億円) 19位:ロリー・マキロイ(ゴルフ/イギリス/35歳) 総収益:8010万ドル(約124億8000万円) 20位:ジャスティン・ハーバート(アメリカンフットボール/アメリカ/26歳) 総収益:7870万ドル(約122億6000万円) <span class="paragraph-title">【動画】39歳でも衰えないC・ロナウドの今季のハットトリック集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtVXM3enJkcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.onefootball.com/inline/ultrasoccer.js"></script> 2024.05.17 13:15 Fri

「プレッシャーを楽しめなかったら仕事もチームも間違っている」 ウォーカーが史上初の4連覇へ! 「あと一歩だ」

マンチェスター・シティがプレミアリーグ最終節を前にして首位に躍り出た。 首位アーセナルを1ポイント差で追いかける2位シティ。14日に延期分の第34節でトッテナムのホームに乗り込み、アーリング・ハーランドの2発で2-0の白星を掴み、8連勝を達成した。 シティはこれでアーセナルを2ポイント差をつけ、首位奪取に成功。19日にホームで行われる最終節のウェストハム戦を勝てば、前人未到のプレミア4連覇が決まる。 古巣トッテナム戦でも右サイドバックとしてフル出場のイングランド代表DFカイル・ウォーカーはイギリス『スカイ・スポーツ』で優勝まであと1勝に迫った今の心境とともに試合を振り返りつつ、決意を新たにした。 「感情が乗っかってすごく難しかったけど、今夜は求められる仕事をした。あと一歩だ。どんな試合も受け止めないといけない。今夜はやるべき仕事をあったけど、物事がどう動くかはわかっている」 「準備をし、リカバリーに励む。そしてウェストハム戦はもう1つの決勝戦で、この偉大なクラブの歴史に名を刻めたらと思う。100万マイルを走ればこなせる仕事じゃないけど、勝てるといいね」 「プレッシャーを楽しめなかったら、仕事も、チームも間違っている」 2024.05.15 14:15 Wed

「基盤が本当に脆弱」シティに敗れCLを逃したトッテナム、敗戦を喜びアーセナルを貶めたいファンへ苦言「彼らがやりたいことに興味はない」

トッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督が、マンチェスター・シティ戦の敗戦を振り返り、チームを取り巻く状況に苦言を呈した。イギリス『BBC』が伝えた。 14日、プレミアリーグ第34節の延期分でトッテナムはシティをホームに迎えた。 4位でのフィニッシュを目指すトッテナムは勝利が必要な一戦。一方で、相手のシティはプレミアリーグ4連覇に向けて勝利したい一戦。共に勝利が必要な状況で迎えたビッグマッチは、前半こそゴールレスだったが、アーリング・ハーランドの2ゴールでシティが勝利し、アーセナルを抜いて首位に立った。 一方のトッテナムは4位フィニッシュが消滅。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したが、チームの基盤が脆いと語った。 「基盤が本当に脆弱だ。この48時間でそれが分かった。クラブの中でも外でもだ。どこでもだ。興味深いトレーニングだった。これは私の見方にすぎない」 ただ、試合に向けての準備段階で、ポステコグルー監督は違和感があったという。 トッテナムが勝利した場合、同じノースロンドンの最大のライバルであるアーセナルに20年ぶりのプレミアリーグ優勝のチャンスを与えてしまうことになる。 トッテナムのファンの中には、アーセナルのチャンスを潰すことができるため、シティに負けることを喜ぶ人もいた。目的は自分たちに向いていない不思議な状況は受け入れながらも、疑問を持っているようだ。 「もちろん影響はあるだろう。それが現状だ。人々の行動を私が指図はできない」 「彼らは好きなように自分を表現することを許されている。でも、試合で終盤に勝者がいるのは、観客が我々を助けてくれたからだ」 また、試合中にスタンドのスパーズのファンと口論するポステコグルー監督の様子がSNSで出回り、先制された直後にはシティを祝福する“ポズナン(肩を組んで飛び跳ねて祝うダンス)”をする2人のトッテナムファンの姿も出回っている。 ポステコグルー監督は、ファンの行動は気にしないと言及。自分たちが強くなるため、勝つためにやっているだけだと厳しい言葉を並べた。 「私はこのフットボールクラブで成功したい。それが私がここに連れてこられた理由だ。だから、他の人たちが何をしたいのか、彼らがどのように感じたいのか、そして彼らの優先事項がなんなのか、私には全く興味がない」 「勝てるチームを作るために何が重要なのかは分かっている。それが、私が集中するべきことだ」 <span class="paragraph-title">【動画】先制されて喜ぶトッテナムのサポーター…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C69miW-tZh9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C69miW-tZh9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C69miW-tZh9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">DAZN Portugal(@daznportugal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.15 12:45 Wed

4連覇に大きく近づく白星、2ゴールのハーランドは大仕事の同僚称賛「信じられないほど素晴らしい」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、勝利に貢献した同僚を称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ハーランドは14日に行われたプレミアリーグ第34節延期分のトッテナム戦で先発。勝たなければ連覇が難しくなる状況の中、チームはチャンスを作りながらも得点を奪えずハーフタイムへ。しかし後半開始早々、ハーランドのゴールで先制するとその後は負傷交代のエデルソンに代わって急遽の出場となったシュテファン・オルテガがビッグセーブを連発。リードを保った状態で後半アディショナルタイムにはハーランドがPKを確実に決めて突き放し、2-0で勝利した。 この勝利で、今週末のプレミアリーグ最終節に勝利すれば無条件で優勝が決まる状況となったシティ。2ゴールで勝利に貢献したハーランドだが、試合後にはオルテガがこの試合最高の選手だったと称え、残る1試合への意気込みを述べている。 「今日はエデルソンも素晴らしかったと思う。ただ、オルテガがマン・オブ・ザ・マッチだ。言葉もないよ。彼は信じられないほど素晴らしく、とても良い奴でもある。僕は彼の活躍が嬉しい」 「チームは素晴らしいメンタリティを持っていると思う。試合ごとに集中しているし、今はリラックスして次の試合に集中しなければならない。少し緊張はあったけど、それは普通なことだろう。誰もが多くの感情を抱いていたんだ。この状況をみんな知っているが、あまり考え過ぎず、やるべきことに集中して勝つだけさ」 「僕たちは勝利を目指してここに来て、そして白星を掴んだんだ。これからもあまり考え過ぎず、次の試合に集中していきたいね。みんなで力を合わせ、シーズンを終わらせたい」 2024.05.15 10:30 Wed

「あと1試合勝たなければ」前人未到の4連覇に王手、グアルディオラ監督は最終節まで気を抜かない「まだ終わっていないことは分かっている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、トッテナム戦の勝利を振り返理、4連覇へ意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、プレミアリーグ第34節延期分でシティはアウェイでトッテナムと対戦した。 1試合消化が少ない状況で首位のアーセナルを勝ち点差1で追いかけているシティ。勝利すれば最終節を残して首位に浮上することが可能。自力優勝のチャンスを残したい一戦となった。 プレッシャーもかかるなか、4位フィニッシュを目指すトッテナムとの一戦は前半こそゴールレスだったが、51分にアーリング・ハーランドのゴールで先制すると、後半アディショナルタイムにもハーランドがPKを決めて0-2で勝利。これでアーセナルを追い抜き、首位に浮上し最終節を迎えることとなった。 大事な試合で大きな勝利を収めたシティ。グアルディオラ監督は結果を喜びながらも、まだ何も終わっていないとし、最終節へ意気込みを語った。 「彼らがロッカールームでとても幸せだったことは嬉しいことだが、彼らもまだ終わっていないことは分かっている」 「追加された祝賀会は見られなかった。彼らは厳しいものになることを完全に理解している」 「人々は難しいと理解した上で、日曜日の15時にエティハド・スタジアムにやって来なければならない。彼らは家族と一緒に訪れ、エネルギーを持ち、隅から隅まで、あらゆる距離感でかち、その試合に勝つ資格を手にしなければならない」 「その試合に勝つだけだ。その可能性を生きるチャンスがあるということは、我々にとってとても幸運なことだ」 最終節は難敵ウェストハム。デイビッド・モイーズ監督のラストマッチとなる試合であり、簡単な試合にはならない。 アーセナルとの勝ち点差は「2」。勝利すれば文句なしだが、引き分け以下に終わり、アーセナルが勝利した場合は逆転優勝を強請ることとなる。 一方で、シティも過去に何度も最終節のドラマを生み出してきたチーム。2021-22シーズンも最終節のアストン・ビラ戦で0-2と劣勢に追い込まれ、リバプールに逆転優勝を明け渡しかけたが、70分以降に3ゴールを記録ししっかり勝利していた。 グアルディオラ監督はリカバリーしてからウェストハム戦のことを考えるとコメント。過去、チームが見せた最後の粘りを信じ、しっかりと優勝を掴みたいとした。 「今は集中してリラックスして、1日休んでリカバーりし、2日で準備をする。感情や難しさの点では、アストン・ビラとの時とかなり似ていると思う」 「私は選手がどうプレッシャーに対処するのかを知っている。試合に残らなければならない。それをやらなければならない」 「明日からウェストハムのことを考え始める。もちろん、アーセナルのような優勝候補を相手に、守るチャンスがあると言うのは喜ばしいことだ」 「我々はアストン・ビラ戦で、2-0で負けていた70分以降の試合に何が起きたかを経験している。我々のクラブの最も有名なゴール、セルヒオ・アグエロがQPR戦の93分20秒に決めたものだが、90分を過ぎた時点で、我々は1-2で劣勢だった」 「今度はマイケル・アントニオ、ジェームズ・ウォード=プラウズとの対戦となり、セットプレーを考えて完璧に集中する。タイトルを守るためには、あと1試合勝たなければならない」 「今シーズンはケビン・デ・ブライネが半年離脱、アーリングが離脱という3冠を達成した後に問題を抱えたが、それでも我々はそこにいる。トレーニング、選手たちのメンタリティ、生き方、考え方には何かがある」 <span class="paragraph-title">【動画】明暗分ける大一番!トッテナムvsシティ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_lnrJU187HQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.15 09:27 Wed

プレミア最優秀選手の最終候補8名が発表! 優勝争う2クラブから2名ずつがノミネート

プレミアリーグは9日、2023-24シーズンの最優秀選手賞であるプレーヤー・オブ・ザ・シーズンのノミネート選手8名を発表した。 シーズンも残すところあとわずか。2022-23シーズンに続いてアーセナルとマンチェスター・シティが優勝を争っている状況だ。 4連覇を目指すシティと20年ぶりの優勝を目指すアーセナル。8名の最終候補には、それぞれ2名ずつがノミネートしている。 現在首位のアーセナルからはキャプテンであるノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールと、今シーズン加入したイングランド代表MFデクラン・ライスの2名、4連覇を目指すシティからは、得点ランキングトップを走り昨シーズンはこの賞を受賞したノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、イングランド代表MFフィル・フォーデンがノミネートしている。 その他、3位で追いかけるリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、今季シティからチェルシーに移籍し、プレミアリーグで21ゴールの活躍を見せているイングランド代表MFコール・パーマー、4位につけるアストン・ビラで19ゴールを記録するイングランド代表FWオリー・ワトキンス、そして20ゴールで得点ランキング3位につけるニューカッスルのスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクがノミネートされた。 ファン投票は5月13日まで、EA SPORTSの公式サイトから投票が可能。サッカー専門家委員会の投票と合わせて勝者が決定され、5月18日に受賞者が発表される。 ◆最優秀選手候補8名 MFフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ) 今季成績:32試合16ゴール8アシスト FWアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ) 今季成績:28試合25ゴール5アシスト FWアレクサンダー・イサク(ニューカッスル) 今季成績:27試合20ゴール1アシスト MFマルティン・ウーデゴール(アーセナル) 今季成績:33試合8ゴール8アシスト MFコール・パーマー(チェルシー) 今季成績:31試合21ゴール9アシスト MFデクラン・ライス(アーセナル) 今季成績:36試合ゴール8アシスト DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール) 今季成績:34試合2ゴール2アシスト FWオリー・ワトキンス(アストン・ビラ) 今季成績:35試合19ゴール12アシスト 2024.05.09 23:30 Thu

圧巻パフォーマンスのハーランド、「まるで4部の選手」発言のキーン氏に反応「あまり気にしていない」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが結果と共に批判を跳ね除けた。イギリス『BBC』が伝えた。 プレミアリーグ4連覇を目指して終盤戦を戦うシティは、4日のプレミアリーグ第36節でウォルバーハンプトンと対戦。先発したハーランドは驚異的な高さのヘディング、見事な抜け出しからの強烈な左足シュート、さらには2つのPKを沈めて計4得点を記録し、5-1の大勝の立役者となった。 しかし、首位アーセナルとの直接対決だった3月31日の第30節では、相手守備陣に抑え込まれて満足に力を発揮できず。解説者を務める元アイルランド代表MFロイ・キーン氏には、ゴール前以外のプレーを改善すべきと指摘され、「まるでリーグ2(イングランド4部)の選手」とこき下ろされていた。 ウォルバーハンプトン戦で圧倒的なパフォーマンスを見せたハーランドは、そんなキーン氏の批判に反応。『Viaplay』に対し、「あの人のことはあまり気にしていない。だから問題ない」とコメントを残した。 また、年末年始の負傷離脱以降は得点ペースが少し落ちていたハーランドだが、今回の4ゴールでリーグ得点数を「25」に伸ばし、得点ランキングでは2位と5ゴール差の首位。リバプールなどで活躍した元イングランド代表MFジェイミー・レドナップ氏は今回の活躍を受け、「フェノーメノ(超常現象)」「ゴール前の猛獣」とこのストライカーを評している。 <span class="paragraph-title">【動画】見事なコントロールから強烈なシュートを突き刺したハーランドの4点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="csVwfE_Px5I";var video_start = 453;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.05 13:11 Sun
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2022年7月1日 ドルトムント マンチェスター・C 完全移籍
2020年1月1日 ザルツブルク ドルトムント 完全移籍
2019年1月1日 モルデ ザルツブルク 完全移籍
2017年2月1日 ブリン モルデ 完全移籍
2015年9月8日 ブリン 完全移籍
今季の成績
UEFAチャンピオンズリーグ グループG 5 421’ 5 0 0
プレミアリーグ 31 2559’ 27 1 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 3 268’ 1 0 0
合計 39 3248’ 33 1 0
出場試合
UEFAチャンピオンズリーグ グループG
第1節 2023年9月19日 vs ツルヴェナ・ズヴェズダ 90′ 0
3 - 1
第2節 2023年10月4日 vs RBライプツィヒ 90′ 0
1 - 3
第3節 2023年10月25日 vs ヤング・ボーイズ 90′ 2
1 - 3
第4節 2023年11月7日 vs ヤング・ボーイズ 61′ 2
3 - 0
第5節 2023年11月28日 vs RBライプツィヒ 90′ 1
3 - 2
第6節 2023年12月13日 vs ツルヴェナ・ズヴェズダ メンバー外
2 - 3
プレミアリーグ
第1節 2023年8月11日 vs バーンリー 80′ 2
0 - 3
第2節 2023年8月19日 vs ニューカッスル 90′ 0
1 - 0
第3節 2023年8月27日 vs シェフィールド・ユナイテッド 90′ 1
1 - 2
第4節 2023年9月2日 vs フルアム 90′ 3
5 - 1
第5節 2023年9月16日 vs ウェストハム 90′ 1
1 - 3
第6節 2023年9月23日 vs ノッティンガム・フォレスト 90′ 1
2 - 0
第7節 2023年9月30日 vs ウォルバーハンプトン 90′ 0
2 - 1
第8節 2023年10月8日 vs アーセナル 90′ 0
1 - 0
第9節 2023年10月21日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 90′ 1
2 - 1
第10節 2023年10月29日 vs マンチェスター・ユナイテッド 90′ 2
0 - 3
第11節 2023年11月4日 vs ボーンマス 45′ 0
6 - 1
第12節 2023年11月12日 vs チェルシー 90′ 2
4 - 4
第13節 2023年11月25日 vs リバプール 90′ 1
1 - 1
第14節 2023年12月3日 vs トッテナム 90′ 0 96′
3 - 3
第15節 2023年12月6日 vs アストン・ビラ 90′ 0
1 - 0
第16節 2023年12月10日 vs ルートン・タウン メンバー外
1 - 2
第17節 2023年12月16日 vs クリスタル・パレス メンバー外
2 - 2
第19節 2023年12月27日 vs エバートン メンバー外
1 - 3
第20節 2023年12月30日 vs シェフィールド・ユナイテッド メンバー外
2 - 0
第21節 2024年1月13日 vs ニューカッスル メンバー外
2 - 3
第22節 2024年1月31日 vs バーンリー 19′ 0
3 - 1
第23節 2024年2月5日 vs ブレントフォード 86′ 0
1 - 3
第24節 2024年2月10日 vs エバートン 90′ 2
2 - 0
第25節 2024年2月17日 vs チェルシー 90′ 0
1 - 1
第18節 2024年2月20日 vs ブレントフォード 90′ 1
1 - 0
第26節 2024年2月24日 vs ボーンマス 75′ 0
0 - 1
第27節 2024年3月3日 vs マンチェスター・ユナイテッド 90′ 1
3 - 1
第28節 2024年3月10日 vs リバプール 90′ 0
1 - 1
第30節 2024年3月31日 vs アーセナル 90′ 0
0 - 0
第31節 2024年4月3日 vs アストン・ビラ ベンチ入り
4 - 1
第32節 2024年4月6日 vs クリスタル・パレス 90′ 1
2 - 4
第33節 2024年4月13日 vs ルートン・タウン 81′ 1
5 - 1
第29節 2024年4月25日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン メンバー外
0 - 4
第35節 2024年4月28日 vs ノッティンガム・フォレスト 28′ 1
0 - 2
第36節 2024年5月4日 vs ウォルバーハンプトン 83′ 4
5 - 1
第37節 2024年5月11日 vs フルアム 82′ 0
0 - 4
第34節 2024年5月14日 vs トッテナム 90′ 2
0 - 2
第38節 2024年5月19日 vs ウェストハム 90′ 0
3 - 1
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月13日 vs コペンハーゲン 90′ 0
1 - 3
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月6日 vs コペンハーゲン 88′ 1
3 - 1
準々決勝1stレグ 2024年4月9日 vs レアル・マドリー 90′ 0
3 - 3
準々決勝2ndレグ 2024年4月17日 vs レアル・マドリー 90′ 0
1 - 1