ネイマール NEYMAR

ポジション FW
国籍 ブラジル
生年月日 1992年02月05日(32歳)
利き足
身長 175cm
体重 68kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

39歳のC・ロナウドが約405億円で4度目の最も稼いだアスリートに! 大谷翔平は13位で日本人唯一のトップ50入り、サッカー界からは8名

アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(39)が、世界で最も稼ぐアスリートとなった。アメリカ『フォーブス』が伝えた。 サッカー界のスーパースターの1人であるC・ロナウド。初めて世界で最も稼ぐアスリートになってから8年。39歳になった今でも、トップにっ君臨している。 スポルティングCPで才能を見出され、マンチェスター・ユナイテッドで輝きを放ち、レアル・マドリーで全盛期を迎えると、ユベントス、ユナイテッドでプレーし、現在はサウジアラビアのアル・ナスルでプレー。今なおその得点力は衰え知らずだ。 この1年間で稼いだ金額は推定2億6000万ドル(約405億2000万円)とのこと。これにより、キャリアで4度目の最も稼ぐアスリートに輝いた。 内訳としては2億ドル(約311億7000万円)がアル・ナスルとの契約で手にしており、残りの6000万ドル(約93億5000万)はナイキ、バイナンス、ハーバライフなどのスポンサーからの収入と見られている。 トップ10に関して言えば、C・ロナウドの他、リオネル・メッシ(インテル・マイアミ)が3位、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)が6位、ネイマール(アル・ヒラル)が7位、カリム・ベンゼマ(アル・イテハド)が8位に位置し、競技として最も多い。 ただ、トップ50で見ると、NBAの選手が19名で最も多く、続いてNFLの11名。サッカーは8名で上記以外には3名しかいない状況。27位にアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)、38位にモハメド・サラー(リバプール)、40位にサディオ・マネ(アル・ナスル)という状況だ。 ちなみに、高額な契約のイメージがあるMLBからは2人しかいない状況。最も稼いでいるのは13位に入った大谷翔平(ロサンゼルス・ドジャース)で、8530万ドル(約133億円)とされている。もう1人はテキサス・レンジャジャーズのマックス・シャーザーだ。 大谷は年俸としては2530万ドル(約39億5000万円)しか手にしていないため、トップ50の中でタイガー・ウッズの1220万ドル(約19億円)に続いて下から2番目。ただ、フィールド街で6000万ドル(約93億5000万)を稼いでおり、C・ロナウドと並んで4位タイという状況だ。 ◆最も稼ぐアスリートランキング 1位:クリスティアーノ・ロナウド(サッカー/ポルトガル/39歳) 総収益:2億6000万ドル(約405億2000万円) 2位:ジョン・ラーム(ゴルフ/スペイン/29歳) 総収益:2億1800万ドル(約339億6000万円) 3位:リオネル・メッシ(サッカー/アルゼンチン/36歳) 総収益:1億3500万ドル(約210億3000万円) 4位:レブロン・ジェームズ(バスケットボール/アメリカ/39歳) 総収益:1億2820万ドル(約199億7000万円) 5位:ヤニス・アデントクンボ(バスケットボール/ギリシャ/29歳) 総収益:1億1100万ドル(約172億9000万円) 6位:キリアン・ムバッペ(サッカー/フランス/25歳) 総収益:1億1000万ドル(約171億4000万円) 7位:ネイマール(サッカー/ブラジル/32歳) 総収益:1億800万ドル(約168億3000万円) 8位:カリム・ベンゼマ(サッカー/フランス/36歳) 総収益:1億600万ドル(約165億2000万円) 9位:ステフィン・カリー(バスケットボール/アメリカ/36歳) 総収益:1億200万ドル(約159億円) 10位:ラマー・ジャクソン(アメリカンフットボール/アメリカ/27歳) 総収益:1億50万ドル(約156億6000万円) 11位:ジョー・バロウ(アメリカンフットボール/アメリカ/27歳) 総収益:1億ドル(約155億8000万円) 12位:ケビン・デュラント(バスケットボール/アメリカ/35歳) 総収益:9330万ドル(約145億4000万円) 13位:大谷翔平(野球/日本/29歳) 総収益:8530万ドル(約133億円) 14位:カネロ・アルバレス(ボクシング/メキシコ/33歳) 総収益:8500万ドル(約132億5000万円) 15位:パトリック・マホームズ(アメリカンフットボール/アメリカ/28歳) 総収益:8440万ドル(約131億5000万円) 16位:アンソニー・ジョシュア(ボクシング/イギリス/34歳) 総収益:8300万ドル(約129億30000万円) 17位:マックス・フェルスタッペン(F1/オランダ/26歳) 総収益:8100万ドル(約125億2000万円) 18位:アーロン・ロジャース(アメリカンフットボール/アメリカ/40歳) 総収益:8080万ドル(約125億円) 19位:ロリー・マキロイ(ゴルフ/イギリス/35歳) 総収益:8010万ドル(約124億8000万円) 20位:ジャスティン・ハーバート(アメリカンフットボール/アメリカ/26歳) 総収益:7870万ドル(約122億6000万円) <span class="paragraph-title">【動画】39歳でも衰えないC・ロナウドの今季のハットトリック集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtVXM3enJkcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.onefootball.com/inline/ultrasoccer.js"></script> 2024.05.17 13:15 Fri

アル・ヒラルがサウジリーグを31戦無敗で優勝! 直近5季で4度目

アル・ヒラルがサウジ・プロフェッショナルリーグで19度目の優勝を成し遂げた。 クリスティアーノ・ロナウドを2位擁するアル・ナスルらを抑え込み、首位を走るアル・ヒラル。11日の第31節では引き分けでも優勝が決まるなか、最下位アル・ハズムをホームに迎え撃ち、4-1で下した。 15分のPKからアレクサンダル・ミトロビッチのゴールで先制したアル・ヒラルは34分に追いつかれたが、その5分後にオウンゴールで勝ち越し。前半アディショナルタイムにミトロビッチとセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチのゴールで突き放した。 目玉新戦力だったネイマールを昨年10月の大ケガで失った今季だったが、リーグではいまだ負けなし(29勝2分け)できており、残り3試合で2位アル・ナスルに12ポイント差に。2季ぶり優勝が決定した。 ここ5季で4度目の優勝となるアル・ヒラルを率いるのはジョルジェ・ジェズス監督。選手では上述した選手以外にもボノにはじまり、カリドゥ・クリバリ、ルベン・ネヴェスらも擁している。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】アル・ヒラルvsアル・ハズム</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8cIsC8yJTCE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.12 14:55 Sun

主将カゼミロらが落選…ブラジル代表がコパ・アメリカのメンバー発表

ブラジルサッカー連盟(CBF)は10日、来るコパ・アメリカ2024に臨む同国代表メンバー23名を発表した。 ドリヴァウ・ジュニオール監督のもと、2大会ぶりの優勝を目指すブラジル。負傷中のネイマールが不在となるなか、新主将になって1年が経ったばかりのカゼミロがマンチェスター・ユナイテッドでのプレーぶりが影響してか、落選し、リシャルリソンやガブリエウ・ジェズスらもメンバーから漏れた。 その一方で、エンドリッキやサヴィオ、ヤン・コウトといった若き才能がリスト入りするなか、今季のポルトで公式戦39試合24ゴールのエヴァニウソンが初招集で滑り込み。レアル・マドリーで戦列復帰のエデル・ミリトンも代表復帰した。 ブラジルはコパ・アメリカ前にメキシコ代表とアメリカ代表を相手に2つの国際親善試合を予定。コパ・アメリカではグループステージでコロンビア代表、パラグアイ代表、コスタリカ代表と対戦する。 ◆メンバー一覧 GK アリソン・ベッカー(リバプール/イングランド) ベント(アトレチコ・パラナエンセ) エデルソン(マンチェスター・シティ) DF ルーカス・ベラウド(パリ・サンジェルマン/フランス) エデル・ミリトン(レアル・マドリー/スペイン) ガブリエウ・マガリャンイス(アーセナル/イングランド) マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス) ダニーロ(ユベントス/イタリア) ヤン・コウト(ジローナ/スペイン) ギリェルメ・アラーナ(アトレチコ・ミネイロ) ヴェンデウ(ポルト/ポルトガル) MF アンドレアス・ペレイラ(フルアム/イングランド) ブルーノ・ギマランイス(ニューカッスル・ユナイテッド/イングランド) ドウグラス・ルイス(アストン・ビラ/イングランド) ジョアン・ゴメス(ウォルバーハンプトン/イングランド) ルーカス・パケタ(ウェストハム/イングランド) FW エンドリッキ(パウメイラス) エヴァニウソン(ポルト/ポルトガル) ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル/イングランド) ハフィーニャ(バルセロナ/スペイン) ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリー/スペイン) サヴィオ(ジローナ/スペイン) ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/スペイン) 2024.05.11 10:35 Sat

PSGが3年連続12回目のリーグ・アン制覇! シーズントレブルの可能性も

パリ・サンジェルマン(PSG)が28日、2023-24シーズンのリーグ・アン王者に輝いた。 24日に行われた延期分ロリアン戦の勝利で優勝に王手をかけていたPSGったが、27日に行われた第31節のル・アーブル戦を3-3の引き分けで終え、ホームでの自力優勝のチャンスを逃した。 それでも、28日に行われた同節で2位のモナコがリヨンに2-3で敗れたことで、残り3試合での勝ち点差が12ポイントとなり、3年連続通算12回目の優勝が決定した。 リーグ3連覇に向けてルイス・エンリケ新監督を招へいしたPSG。昨夏の移籍市場ではこれまでチームを支えたFWリオネル・メッシやFWネイマール、DFセルヒオ・ラモスらが退団したが、FWウスマン・デンベレやFWランダル・コロ・ムアニ、DFミラン・シュクリニアル、DFリュカ・エルナンデスら即戦力の補強に成功した。 しかし、開幕2試合連続ドローという低調なスタートを切ると、第5節のニース戦では初黒星を喫するなど難しい戦いが続いた。それでも、徐々に本来のパフォーマンスを取り戻すと12節のスタッド・ランス戦で首位に浮上。以降は一度たりとも首位の座を明け渡すことなく、20勝10分け1敗でタイトルレースを駆け抜けた。 なお、3シーズンぶりの決勝進出を決めているクープ・ドゥ・フランスと、準決勝まで駒を進めている悲願のチャンピオンズリーグ(CL)でタイトルを獲得した場合、トロフィーの種類は異なるものの4シーズンぶりのトレブル達成となる。 2024.04.29 07:00 Mon

クレスポ監督率いるアル・アインが決勝進出! アル・ヒラルがホームで勝利も、1stレグのリード生かす…横浜FMは蔚山と決勝を懸けて対戦【ACL2023-24】

23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24の西地区準決勝2ndレグが行われた。 決勝進出を目指して行われた一戦。準決勝に勝ち上がっているのは、UAEのアル・アインとサウジアラビアのアル・ヒラル。1stレグは4-2でアル・アインが勝利していた。 アル・ヒラルのホームで行われた2ndレグ。ブラジル代表FWネイマールは継続して欠場も、セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチやポルトガル代表MFルベン・ネヴェス、ブラジル代表FWマウコム、モロッコ代表GKボノらが先発出場した。 1stレグのリードを守りたいエルナン・クレスポ監督率いるアル・アインと、逆転勝利を収めたいアル・ヒラル。試合はホームのアル・ヒラルのペースに。開始1分も経たない中でミシャエウが倒されてアル・ヒラルがPKを獲得。オンフィールド・レビューの結果でも判定は覆らないと、ルベン・ネヴェスがしっかりと決めて、早々に1点を返す。 2戦合計でも1点差としたアル・ヒラルだったが、アル・アインはすぐに同点に。12ふん、左サイドを崩すと、ルーズボールを拾ったヤヒア・ナデルの折り返しをエリックがダイレクトで蹴り込み、すぐに同点とする。 逆転には2点差の勝利が必須のアル・ヒラルは同点とされた後も猛攻。それでもゴールが生まれなかったが、51分に再びスコアを動かすことに成功。ヤセル・アル・シャフラニのロングスローがクリアされるが、このボールをボックス内で拾ったサレム・アル・ドサリが蹴り込み、再びアル・ヒラルがリードを奪う。 あと1点が必要なアル・ヒラルは猛攻。59分には巧みな崩しからミシャエウがGKとの一対一の決定機を迎えるが、GKがセーブ。その後もゴールに迫るが、アル・アインは追加点を許さず。GKハリド・エイサの好セーブが続き、2-1で試合終了。2戦合計、5-4でアル・アインが勝利を収め、2016年以来となる決勝進出を果たした。 なお、東地区の準決勝2ndレグは24日に開催。横浜F・マリノスと蔚山HD FCの勝者が決勝でアル・アインと対戦する。なお、1stレグは蔚山がホームで1-0と勝利していた。 アル・ヒラル 2-1(AGG:4-5) アル・アイン 【得点者】 1-0:4分 ルベン・ネヴェス(アル・ヒラル) 1-1:12分 エリック(アル・アイン) 2-1:51分 サレム・アル・ドサリ(アル・ヒラル) 2024.04.24 10:57 Wed

PSGがバルサの19歳MFガビを狙う? 2026年夏で契約満了、ルイス・エンリケ監督は才能を見出した張本人

パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナのスペイン代表MFガビ(19)の獲得を狙っているという。フランス『レキップ』が伝えた。 ガビは、バルセロナのカンテラ育ちで2021年7月にファーストチームに昇格。しかし、あまり多くの出場時間をもらえないでいたが、スペイン代表を当時率いていたルイス・エンリケ監督はその才能に目をつけ招集。代表での活躍を受け、バルセロナでもポジションを掴んでいった。 新たなカンテラーノの逸材として注目され、チームの中心としても期待されていたガビだったが、昨年11月にヒザの前十字じん帯を断裂。シーズン終了が確定し、復帰に向けてリハビリ中だ。 そんなガビを狙うのがPSG。昨夏もナセル・アル・ケライフィ会長とルイス・カンポス氏の間で注目された中、バルセロナとの2026年夏までの契約がネックとなり獲得には至らなかった。 しかし、チームを指揮するルイス・エンリケ監督はガビの才能を見出した張本人。クラブの新たな中心選手が欲しいと考える中、改めてガビを狙っていくという。 個人間の合意も当然必要な状況ではあるが、最大のネックはバルセロナが設定している法外な契約解除金。その金額は10億ユーロ(約1650億円)であり、1人の選手に払う金額ではない。 ただ、あと2年で契約が切れることから、来夏には売りに出される可能性もある。当然バルセロナは引き留めにかかるはずだが、チャンスがまだあるとPSGは考えているという。 近年は多くの選手をバルセロナから獲得しており、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやブラジル代表FWネイマールなど、困難と思われた選手も手にしてきた。果たしてガビもフランスに行くことになるのか、動向が注目される。 2024.04.09 23:20 Tue

ピケ主催の7人制サッカーのW杯に日本人も参戦! ネイマールやアザールらとともにゲーム実況者としても知られる加藤純一氏が抜擢

元スペイン代表DFジェラール・ピケが主催する「キングス・リーグ」。そのワールドカップに当たる「キングス・ワールドカップ」がメキシコで開催される。 キングス・リーグとは、ピケが立ち上げた7人制サッカーの大会。その国際トーナメントとなる第1回大会が2024年5月26日から6月8日までメキシコで開催されることが決定している。 その出場チームに日本からも参戦。チームを率いるのはゲーム実況者としても知られる加藤純一氏が選ばれたことが1日に発表された。チームは「MURASH FC(ムラッシュFC)」となる。 加藤氏は、YouTuberとして知られる他、2022年11月にはeスポーツチーム「ムラッシュゲーミング」を立ち上げ、オーナーとなる。Twichでは100万人近い視聴者がおり、YouTubeでも登録者125万人を誇る人気のクリエイターだ。 今回のキングス・ワールドカップには、スペインの「キングス・リーグ」とアメリカの「アメリカ・キングス・リーグ」のチームに加え、「ワイルドカード」のチームが参加。ムラッシュFCもワイルドカードの1つで、ネイマール、マリオ・ゲッツェ、リオ・ファーディナンド、エデン・アザールもチームを率いて参加。また、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは「キング・オブ・キングス(会長)」としてこの大会を盛り上げることとなる。 なお、1日からムラッシュFCのメンバーになりたい選手の登録がスタート。4月に東京で行われるスポーツイベントがドラフトに先立って開催されるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】「キングス・ワールドカップ」に参戦する加藤純一氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8tM-m1GYOm4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.02 10:01 Tue

ネイマールがMLB開幕戦の始球式に登場! マイアミ・マーリンズ戦に来場

ブラジル代表FWネイマールがMLBの試合に姿を現した。 昨夏からアル・ヒラルに加わったが、早々のケガで長期離脱が続くネイマールだが、28日にMLB開幕戦のマイアミ・マーリンズvsピッツバーグ・パイレーツが行われるローンデポ・パークに来場し、始球式を務めた。 この夏のコパ・アメリカも欠場となる大ケガからの再起を期す最中だが、Tシャツに短パンのラフな格好でマウンドに上がると、渾身の一球をキャッチャーミットを目がけて投げ込み、駆けつけるファンを盛り上げた。 イギリス『デイリー・メールによると、前日にはインテル・マイアミの共同オーナーのデイビッド・ベッカム氏と共にステーキハウスへ。26日にはNBAのマイアミ・ヒートvsゴールデンステート・ウォリアーズを観戦した。 フットボールから遠ざかる状況だが、アメリカでの日々を満喫しているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ネイマールがMLB開幕戦で1stピッチ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/HomeOfBeisbol?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HomeOfBeisbol</a> welcomes Neymar Jr. <a href="https://t.co/n9dJGkckC7">pic.twitter.com/n9dJGkckC7</a></p>&mdash; Miami Marlins (@Marlins) <a href="https://twitter.com/Marlins/status/1773453382507790500?ref_src=twsrc%5Etfw">March 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.29 08:50 Fri

アザールがキングス・ワールドカップに参戦! ベルギーのストリーマー運営のチーム一員に

元ベルギー代表FWエデン・アザールが「キングス・ワールドカップ」に参戦することが決定した。 「キングス・ワールドカップ」は、「キングス・リーグ」が初めて行う世界大会5月から6月にかけてメキシコで行われる予定だ。 その「キングス・リーグ」は、元スペイン代表DFジェラール・ピケ氏がチェアマンを務める7人制サッカーの大会。様々な大会独自のルールが設けられており、その独自性とエンターテインメント性で大きな人気を誇るコンテンツだ。 昨年に現役を引退したアザールは、ベルギーのストリーマー、セリーヌ・デプトが運営するチーム、デプトストラFCの選手として同大会に参加することに同意した。 また、先日に元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ氏が会長に就任した「キングス・ワールドカップ」には、元アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ氏や元スペイン代表GKイケル・カシージャス氏、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏らが保有クラブの会長として参戦。 さらに、ブラジル代表FWネイマールや元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェら現役選手も共同オーナーや監督として参画している。 2024.03.26 22:34 Tue

拘留続いたダニエウ・アウベスが条件付きで保釈 1.6億円を支払う

元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが保釈された。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 アウベスは2022年12月にスペインのバルセロナにあるナイトクラブにて、女性に性的暴行を働いたとして有罪判決を受け、4年半の禁固刑に。14カ月にもおよび、拘留が続く。 先週の時点で保釈金を支払いさえすれば出所可能となるなか、ブラジルでの資産凍結にブラジル代表FWネイマールの父が肩代わり拒否と進まずだったが、保釈されたという。 100万ユーロ(約1億6000万円)の支払いとともに、スペインとブラジルのパスポートを提出して収監先から出たが、これは条件付きで、週に一度の裁判所出廷も義務の1つとのことだ。 なお、アウベスは25日午後に弁護士のイネス・グアルディオラ氏に付き添われて出所。有罪判決に対しては不服として控訴している。 2024.03.26 11:30 Tue
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年8月15日 PSG アル・ヒラル 完全移籍
2017年8月3日 バルセロナ PSG 完全移籍
2013年7月1日 サントス バルセロナ 完全移籍
2009年1月1日 サントス 完全移籍