ユーロに向けたイングランド代表候補は33名! 初招集3名、最多はユナイテッドの5名《ユーロ2020》

2021.05.25 21:28 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドサッカー協会(FA)は25日、ユーロ2020に向けたイングランド代表候補メンバー33名を発表した。ガレス・サウスゲイト監督は、26名の登録メンバーに対して33名を招集。今回の暫定メンバーには、DFベン・ホワイト(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、DFベン・ゴッドフリー(エバートン)、GKアーロン・ラムズデール(シェフィールド・ユナイテッド)と3名の初招集選手を呼んでいる。

また、不調により3月の代表戦で選外だったDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)が復帰。ケガで不在だったGKジョーダン・ピックフォード(エバートン)やMFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)も復帰した。

一方で、トーマス・トゥヘル監督体制下で出番を失っていたFWタミー・エイブラハム(チェルシー)やDFアーロン・ワン=ビサカ(マンチェスター・ユナイテッド)らは選外となった。

イングランドは、ユーロ本大会でクロアチア代表、スコットランド代表、チェコ代表とグループDで同居。6月13日にクロアチア、18日にスコットランド、22日にチェコと対戦する。

なお、26名の登録メンバーは6月1日までに絞られるとのことだ。今回発表されたイングランド代表メンバーは以下の通り。

◆イングランド代表候補メンバー33名
GK
ディーン・ヘンダーソン(マンチェスター・ユナイテッド)
サム・ジョンストン(WBA)
ジョーダン・ピックフォード(エバートン)
アーロン・ラムズデール(シェフィールド・ユナイテッド)

DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
ベン・チルウェル(チェルシー)
コナー・コーディ(ウォルバーハンプトン)
ベン・ゴッドフリー(エバートン)
リース・ジェームズ(チェルシー)
ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)
タイロン・ミングス(アストン・ビラ)
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
キーラン・トリッピアー(アトレティコ・マドリー/スペイン)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
ベン・ホワイト(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)

MF
ジュード・ベリンガム(ドルトムント/ドイツ)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
ジェシー・リンガード(ウェストハム)
メイソン・マウント(チェルシー)
カルヴァン・フィリップス(リーズ・ユナイテッド)
デクラン・ライス(ウェストハム)
ジェームズ・ウォード=プラウズ(サウサンプトン)

FW
ドミニク・キャルバート=ルーウィン(エバートン)
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
ジャック・グリーリッシュ(アストン・ビラ)
メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)
ハリー・ケイン(トッテナム)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ブカヨ・サカ(アーセナル)
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/ドイツ)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
オリー・ワトキンス(アストン・ビラ)
関連ニュース
thumb

イングランド代表DFミングス、ユーロで極度のプレッシャーにさらされていたことを明かす 「初戦の前はあまり眠れなかった」

アストン・ビラのイングランド代表DFタイロン・ミングスは、ユーロ2020でかなり大きな精神的負担がかかっていたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 負傷していたDFハリー・マグワイアの代役として、ユーロ2020グループDの第1節と第2節にフル出場したミングス。最終節ではマグワイアが復帰したために終盤の守備固め要員としての途中出場に留まり、決勝トーナメントでは1度も出番がなかったが、出場時には高パフォーマンスを見せてチームの準優勝に貢献した。 しかし、大会期間中は自身の実力に対するサポーターからの懐疑的な見方に悪影響を受けたと告白。心理学者に相談してなんとか乗り越えていったようだ。 「クロアチアとの開幕戦に至るまでは、苦しい時間を過ごしたよ。今は外部からの影響を受けにくくなっていると思うけど、あの時は精神的にかなり落ち込んだ。恥じる必要はないけどね」 「チームの中で 『あの選手はふさわしいのか』と思われていたのは、おそらく僕だけだろう。それを克服しなければならなかったよ」 「サポーターの90~95%の人が自分の実力に疑問を持っているとしたら、それに影響を受けないようにするのはとても難しいことだ」 「だから僕は、心理学者と一緒にその問題に取り組んだ。呼吸法や瞑想、今この瞬間に身を任せる方法など、さまざまな対処法を教えてもらったよ。潜在意識に支配されないようにするためにね」 「それでも辛かった。初戦の前はあまり眠れなかったよ」 一方で、クロアチア戦の無失点勝利に貢献したことに対して、代表のレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏から嬉しい連絡があったことも明かしている。 「大会後、リオからDMが来たんだ。彼は番組で『ミングスが代表の弱点であり、クロアチアは彼をターゲットにすべきだ』と言っていた」 「でも、メッセージには『最高の回答を見せた。ピッチ上でのパフォーマンスは素晴らしかったよ』と書かれてあったんだ。とても素敵な人だね」 「メンタルヘルスや自分の気持ちについて話すことができる時代になったことは素晴らしいことだと思うよ」 2021.08.02 15:09 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季のUEFA最優秀ゴール賞の最終候補出揃う! ユーロからはシックの超ロング弾など3ゴール選出

欧州サッカー連盟(UEFA)が2020-21シーズンの最優秀ゴール賞(Goal of the Season)の最終候補を発表した。 今回の対象は2020-21シーズンのUEFA主催大会において決まったゴールで最終候補には10個のファインゴールが選出されている。 先日に終了したユーロ2020からはチェコ代表FWパトリック・シックがグループステージ初戦のスコットランド代表戦で決めたハーフウェイライン付近からの超ロングシュート。フランス代表MFポール・ポグバがラウンド16のスイス代表戦で決めたミドルシュート。イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが準々決勝のベルギー代表戦で決めたミドルシュートの3つがノミネートされた。 続いてチャンピオンズリーグ(CL)からはポルトのイラン代表FWメフディ・タレミが準々決勝2ndレグのチェルシー戦の試合終了間際に決めた豪快バイシクルシュートが唯一ノミネートされている。 ヨーロッパリーグ(EL)からはトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリがラウンド32のヴォルフスベルガー戦で決めたバイシクルシュート、レンジャーズのイングランド人FWケマル・ルーフェがグループステージのスタンダール・リエージュ戦で決めたロングシュート、ブラガのポルトガル代表FWパウリーニョがグループステージのレスター・シティ戦で決めた鮮やかなチームゴールの3つがノミネート。 その他ではU-21欧州選手権でU-21ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ、 フットサル・チャンピオンズリーグでバルセロナのブラジル代表FPフェルラン、女子チャンピオンズリーグでバイエルン・レディースのオーストリア女子代表MFサラ・ザドラジルが決めたゴールがノミネートされている。 なお、最優秀ゴール賞は今回の10つのノミネートゴールから『UEFA.com』の一般ファン投票によって選出される。『UEFA.com』の投票ページでは全ゴールをそれぞれ短い動画で確認できる。 <span class="paragraph-title">【動画】ノミネートゴールを確認し、是非投票を!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> ICYMI: Vote for your UEFA Goal of the Season and you could win some incredible prizes...</p>&mdash; UEFA (@UEFA) <a href="https://twitter.com/UEFA/status/1417404069082193939?ref_src=twsrc%5Etfw">July 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.21 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショー、肋骨骨折の状態でユーロ最後の3試合をプレーしていた模様…

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFルーク・ショーは、ユーロ2020の最後の3試合を肋骨骨折の状態でプレーしていたようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 ショーはイングランドが準優勝を果たした今大会で初戦を除く全6試合に出場。イタリア代表との決勝での先制ゴールを含め、1ゴール3アシストの活躍をみせ、スリーライオンズの躍進の一人となっていた。 しかし、『テレグラフ』が報じるところによれば、同選手はラウンド16のドイツ代表戦で肋骨を骨折し、以降の3試合を負傷を抱えた満身創痍の状態でプレーしていたという。 ただ、現時点でケガの程度は不明となっており、ウェストハムMFデクラン・ライスやチェルシーMFメイソン・マウントらと共にギリシャでバカンス中のショーは、ユナイテッドのプレシーズントレーニングに戻り次第、クラブのメディカルスタッフと共に今後の復帰計画を決めることになるようだ。 なお、ユナイテッドのイングランド代表に関してはFWマーカス・ラッシュフォードが昨シーズン後半戦から悩まされていた肩の負傷を完治させるため、今夏のタイミングで手術に踏み切る可能性が伝えられており、手術を行った場合は少なくとも2カ月程度の離脱が見込まれている。 2021.07.21 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

いよいよ開幕が近づく、新しいワクワク! イチオシは林大地

こんにちは。安永聡太郎です。 ユーロはイタリアの劇的な優勝で終わりました。個人的には大会が始まる前まであまり注目していませんでしたが、開幕戦で良い意味での驚きを戦術的に与えてくれたチームの優勝は非常に嬉しく思いました。 [1-4-3-3]をベースに、攻撃時は[1-3-2-4-1]に可変する。可変の理由は、インシーニェを左ハーフスペースに配置してグループで崩す左サイドと、スペースを与えて個人での単独突破を目指す右サイドの色合いをはっきりさせる意味があったと思います。 手詰まる時はウイングの利き足を変えてボックスへの進入手段を変更し、それでも効かない時はインシーニェのゼロトップを選択して中盤に厚みをもたらし進入回数を増やす。で、守ると決めたらカテナチオ! 準々決勝からベルギー、スペイン、イングランドを倒しての優勝は、イタリアファンでなくても納得の優勝ではないでしょうか! さて、そのユーロも終わり色々と問題も解決されないまま迎える印象のある、待ちに待ったオリンピックが開幕します!選手の皆さんには、サッカーだけに限らず心から声援を送りたいですね。 と言っても、やはり私の注目は当たり前ながらサッカーです。なぜなら、メダルを期待せずにはいられないメンバーが揃っているからです。 基本フォーメーションは守備時[1-4-4-2]、攻撃時[1-2-4-3-1]に、相手を観ながらシステムチェンジする。誰がどこでプレーするかで戦い方も変えられる、守ると決めたら歴代最強クラスのカテナチオ! 初戦は22日(木)に南アフリカ。アフリカを勝ち抜いた身体能力+チーム戦術を兼ね備えた厄介な相手だと思いますが、経験が豊富なオーバーエイジ枠の吉田、酒井、遠藤を中心に来年のワールドカップでの活躍も期待される久保、堂安、前田、三笘と、挙げるとキリがないワクワクメンバーならきっと大丈夫でしょう! 因みに個人的なイチオシは、メンバー枠が増えて追加登録組の林選手です! なぜなら、CBの背中を取る動きが秀逸ですし諦めずに何度もチャレンジできる。そして何よりゴールを奪うことを目的としていてその前の全ては手段にすぎないように見えるから!プラス大会を勝ち上がるのに必要な、ラッキーボーイ的なサクセスストーリーを感じさせる選手だと思いますからね!皆さんもそれぞれにイチオシがいると思いますが、蓋を開けるまでどうなるか分からないのがスポーツの面白さです! どうせ開催されるなら、5年後、10年後にあの時やって良かったと思える中心にサッカーがあると、サッカーを愛する人間としては最高ですよね! さて、皆さんもそれぞれに試合を観て楽しんであーだ、こーだと言いますよね。解説者の言い分に納得したり不満を覚えたりしながらだと思います! <div id="cws_ad">ここで、お知らせをさせて下さい!<br /><br />南アフリカ戦をGayaR(がやーる)と言うアプリで音声解説します。2019シーズンの横浜F・マリノスが優勝した時のアナリストを務めていた杉崎健さんと、モデルの田中沙英さんと共に、解説者の視点にアナリストの分析、データを盛り込みながらもサッカー素人の田中さんにも理解して貰える楽しみ方を提供する!そんな時間になればと思っていますので、是非興味を持たれた皆様には聴きに来て頂けると幸いです!<br /><br />一緒にオリンピックサッカーを心から楽しみましょう!<br /><br />GayaR(がやーる)のダウンロードはこちらから<br /><br /><a href="https://apps.apple.com/jp/app/gayar/id1451584371" target="_blank">iOSアプリはこちら</a><br /><br /><a href="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gayar.app" target="_blank">Androidアプリはこちら<a></div> <hr>【文・安永聡太郎】<br/><div id="cws_ad">山口県出身。清水商業高校(現・静岡市立清水桜が丘高校)で全国高校サッカー選手権大会など6度の日本一を経験。1995年のFIFAワールドユース(現U-20ワールドカップ)に出場し、1996年のアトランタ五輪のバックアップメンバーにも選ばれた。高校卒業後は横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)に入団し、1年目から主力として優勝に貢献。その後はスペインのレリダ、清水エスパルス、横浜FM、ラシン・デ・フェロール(スペイン)、柏レイソルでプレーし2005年に現役を引退。2016年シーズン途中からJ3のSC相模原の監督を務め、現在は大学生の指導の他、サッカー解説者として活躍している。</div> 2021.07.20 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

伊代表指揮官マンチーニ、ユーロ制覇を振り返る「最初の冒険を最高の形で終えられた」

イタリア代表のロベルト・マンチーニが自身のSNSでユーロ2020を振り返った。 ユーロ2020を優勝で飾ったイタリア。下馬評こそ決して高くなかったが、堅固な守備を際立たせながら多彩な攻撃パターンも駆使して、53年ぶり2度目の欧州制覇を成し遂げた。 優勝の歓喜から1週間が経とうとしていた18日、マンチーニ監督は自身のツイッター(@robymancio)を更新。華々しい結果に終わった大会を振り返り、チームへの称賛と感謝の気持ちを綴った。 「ちょうど7日前の今頃はユーロ2020の最後の試合、イングランド代表との決勝戦という大きなチャレンジに臨もうとしていた。結果は皆さんのご存知の通りだが、誰もがその舞台裏を知っているわけではない」 「ご存知のように、このチームの強さは、才能だけではない。人間性や、明るさ、自信も兼ね備えていたところだ」 「素晴らしいチームだ。彼らはPK戦のような緊張感のある場面でも、笑顔で喜びを持ってプレーすることができる。我々は、1人の人間でありながら、偉大なプロフェッショナルになれるということを示した」 「最初の冒険を最高の形で終えられた。私はファンや、選手たち、スタッフ、友人といった全ての人に感謝の言葉を送りたい」 2021.07.19 17:18 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly