アーロン・ラムズデール Aaron RAMSDALE

ポジション GK
国籍 イングランド
生年月日 1998年05月14日(26歳)
利き足
身長 188cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

ラッシュフォードやヘンダーソンがユーロ候補から落選! イングランド代表が候補33名を発表 【ユーロ2024】

イングランドサッカー協会(FA)は21日、ユーロ2024に臨むイングランド代表候補メンバー33名を発表した。 ガレス・サウスゲイト監督は、ユーロ本大会前のトレーニングキャンプとボスニア・ヘルツェゴビナ代表との試合に向けて33名のメンバーを選出。本大会のメンバーは6月8日に改めて発表される。 今回のメンバーには、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードやアヤックスのMFジョーダン・ヘンダーソンは選外に。これでユーロ本大会の出場の可能性は無くなったとみて良いだろう。 ラッシュフォードは今シーズンのプレミアリーグで33試合に出場も7ゴール2アシスト。調子が上がらずにシーズンを終えていた。一方のヘンダーソンは、リバプールを退団してサウジ・プロ・リーグのアル・イテファクへ移籍するも大失敗。1月には大低迷のアヤックスに移籍してプレーを続けたが、招集外となった。 一方で、リバプールのDFジャレル・クアンサー(21)、MFカーティス・ジョーンズ(23)、クリスタル・パレスのMFアダム・ウォートン(20)は今回が初招集となる。 その他、ケガの状態が心配なFWハリー・ケイン(バイエルン)やFWブカヨ・サカ(アーセナル)も招集。プレミアMVPのFWフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、最優秀若手のFWコール・パーマー(チェルシー)らは選出された。 イングランドは29日に集合し、その後にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を戦う選手やオーストラリア遠征中のニューカッスル、トッテナムの選手たちが遅れて合流する。 なお、本大会ではグループCに入っており、デンマーク代表、セルビア代表、スロベニア代表と同居している。今回発表されたイングランド代表メンバーは以下の通り。 ◆イングランド代表候補メンバー33名 GK ディーン・ヘンダーソン(クリスタル・パレス) ジョーダン・ピックフォード(エバートン) アーロン・ラムズデール(アーセナル) ジェームズ・トラッフォード(バーンリー) DF ジャラッド・ブランスウェイト(エバートン) ルイス・ダンク(ブライトン&ホーヴ・アルビオン) ジョー・ゴメス(リバプール) マーク・グエイ(クリスタル・パレス) エズリ・コンサ(アストン・ビラ) ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド) ジャレル・クアンサー(リバプール) ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド) ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ) キーラン・トリッピアー(ニューカッスル) カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ) MF トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール) ジュード・ベリンガム(レアル・マドリー/スペイン) コナー・ギャラガー(チェルシー) カーティス・ジョーンズ(リバプール) コビー・メイヌー(マンチェスター・ユナイテッド) デクラン・ライス(アーセナル) アダム・ウォートン(クリスタル・パレス) FW ジャロッド・ボーウェン(ウェストハム) エベレチ・エゼ(クリスタル・パレス) フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ) アンソニー・ゴードン(ニューカッスル) ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・シティ) ハリー・ケイン(バイエルン/ドイツ) ジェームズ・マディソン(トッテナム) コール・パーマー(チェルシー) ブカヨ・サカ(アーセナル) イヴァン・トニー(ブレントフォード) オリー・ワトキンス(アストン・ビラ) 2024.05.21 22:30 Tue

アーセナルGKラヤが今季プレミアのゴールデングローブ賞確定 ローン加入の身ながら栄冠

アーセナルのスペイン代表GKダビド・ラヤが今季のプレミアリーグでゴールデングローブ賞を手にする見通しとなった。イギリス『BBC』が報じた。 ゴールデングローブ賞は1シーズンを通じて最も多くのクリーンシート数をマークしたGKに贈られ、28歳GKは第35節終了時点でトップとなる14回を記録。続くのは2試合差で追いかけるエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードで、唯一の対抗馬だった。 そんなエバートン守護神だが、第36節のルートンタウン戦で失点。残り2試合を無失点でやり切っても追いつくのが精一杯となり、アーセナルの選手として2015-16シーズンのペトル・チェフ氏以来となるラヤの受賞が確定した。 ラヤは昨夏にブレントフォードからローン加入し、残り3試合のここまで29試合に出場。第5節で先発の座を奪取すると、以降もイングランド代表GKアーロン・ラムズデールをベンチに追いやり、欠場は保有権を持つブレントフォードとの2試合だけとなっている。 2024.05.04 14:50 Sat

出場機会望むラムズデール、今夏の移籍が濃厚もアルテタ監督は「我々と契約を結んでいる」

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、移籍も噂されるイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(25)について放出に慎重な姿勢を見せた。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 昨シーズンまでチームの守護神を務めていたラムズデール。しかし、今シーズンはスペイン代表GKダビド・ラヤが加入すると控えGKに回ることとなり、出場機会が激減している。 シーズン終盤となった現時点で、プレミアリーグ6試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、EFLカップ(カラバオカップ)2試合、FAカップ1試合の出場にとどまることに。選手自身は出場機会を熱望しており、今夏の移籍が濃厚とされていた。 しかし、アルテタ監督はそうした噂を牽制。2026年夏まで契約を残すラムズデールが、来シーズン以降も残留する可能性はあると示唆している。 「(移籍の可能性について)私がコメントするつもりはない。アーロンが現在このクラブにいるのは、我々の選手であり、契約を結んでいるという大きな現実があるからだ」 ラムズデールに対してはニューカッスルやウォルバーハンプトンからの関心も囁かれているが、果たして今夏にはどのような決断が下されるだろうか。 2024.04.03 17:45 Wed

両守護神が30代のニューカッスル、より若いラムズデール獲得を再検討か

ニューカッスルがアーセナルのイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(25)への関心を再燃させているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 スペイン代表GKダビド・ラヤの加入により、今シーズンは控えの状況が続いているラムズデール。出番が与えられたのは国内カップ戦がメインで、公式戦12試合の出場にとどまっている。 そんなラムズデールは再びレギュラーとしてプレミアリーグを戦うことを熱望し、移籍の準備を進めているとのこと。退団に備えたいアーセナルも、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロンバス・クルーに所属するアメリカ代表GKパトリック・シュルト(23)をリストアップしているようだ。 そこでラムズデールの新天地候補に浮上しているのがニューカッスル。正守護神のイングランド代表GKニック・ポープが長期離脱となったため、冬の移籍市場でも獲得が噂されていた。 結局冬は移籍が実現せず、エディ・ハウ監督は控えのスロパキア代表GKマルティン・ドゥブラフカにゴールマウスを託している状況。ポープも4月末に復帰予定だが、前者が35歳、後者が31歳であることから、アーセナルの要求額次第ではより若いラムズデールの獲得に動く可能性があるという。 なお、ハウ監督とラムズデールはボーンマス時代に共闘。来シーズン、セント・ジェームズ・パークで再タッグを組むことになるのだろうか。 2024.04.01 21:53 Mon

「決勝点決めて!」「トミ、頼んだ」復帰が待たれる冨安健洋、シティ戦前のトレーニングでの華麗ゴールが話題! ファンも期待を寄せる「スタメン復帰あるんじゃ?」

復帰が待たれるアーセナルの日本代表DF冨安健洋だが、マンチェスター・シティとの大一番を前に調子を上げているようだ。 今シーズンもアーセナルでプレーする冨安。先日は新契約をクラブと締結するなど、その存在価値は高まっている。 一方で、毎年のようにケガに悩まされ離脱もしている状況。今シーズンは左サイドバックのレギュラーになりかけたところで負傷。アジアカップへの参加なども含め、2024年に入ってからは1度もピッチに立っていない。 すでにトレーニングに復帰しており、試合への復帰も待たれるところだが、アーセナルが公式X(旧ツイッター/@Arsenal)で公開した1本の動画で調子の良さを見せた。 シティ戦に向けたトレーニング動画の一幕だが、ミニゲームでの一コマ。左サイドの冨安がGKのアーロン・ラムズデールにバックパス。するとラムズデールはタイミングを見計らって前線へ浮き球のボールを出すと、猛然と走り込んでいた冨安がそのままヘディングで合わせ、ゴールを奪った。 同じチームの選手は手を叩いて祝福し、アシストしたラムズデールもひざまずいてガッツポーズを見せるなど、雰囲気は良さそうだ。 ファンも「明日の試合の決勝点を決めてくれ」、「スタメン復帰あるんじゃ?」、「このシーンを見たいな」、「トミ、頼んだぞ」、「トミが2秒でアタック」とコメント。シティ戦の活躍に期待も寄せられている。 エティハド・スタジアムで行われるシティvsアーセナルは24時30分キックオフ。アーセナルが首位をキープするか、シティが逆転で首位に立つのか、注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】シティ戦に向けて冨安健洋も調子を上げている!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">That one-two <a href="https://t.co/g0Au3Avl7G">pic.twitter.com/g0Au3Avl7G</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1774075817833775113?ref_src=twsrc%5Etfw">March 30, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.31 20:20 Sun

代表参加拒否のホワイトも必要…同僚ライスが再考望む 「戻ったら彼と会話する」

アーセナルのイングランド代表MFデクラン・ライスがクラブと代表でチームメイトのDFベン・ホワイトについて語った。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 先日に行われたブラジル代表との国際親善試合を0-1の敗戦で終えたイングランド。26日に臨むベルギー代表との一戦では今度こそ勝利を掴みたいところだ。 負傷したFWハリー・ケインら主力が複数離脱した中、ガレス・サウスゲイト監督は50キャップに到達するライスをベルギー戦のゲームキャプテンに指名。持ち前のリーダーシップを発揮し、チームをまとめることが期待されている。 一方、ホワイトはアシスタントコーチのスティーブ・ホランド氏との確執が疑われており、今回の代表参加を拒否。サウスゲイト監督はこの不仲説を否定しているが、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)時の途中離脱もこれが原因という見方もある。 理由ははっきりせずとも、代表から遠ざかっているこのチームメイトについてライスが言及。ユーティリティ性を高く評価し、ユーロ2024を戦う上で必要な戦力だと訴えている。 「彼は本当にユニークな選手だ。3つのポジションをこなすことができる」 「トーナメントにおいてはそれがとても重要だ。彼はセンターバックでプレーできるし、右サイドバックも、逆のサイドバックもできる」 「(クラブに)戻ったら彼と会話して、さまざまなことを確認し、彼が何を考えているかを確かめる。僕は(代表に)ぜひ来てもらいたい。ブカヨ(・サカ)も同じだと思うよ。アーロン・ラムズデールもそう考えていると思う。(クラブに)戻ったら、僕らはみんな彼に頼ることになると思う。彼が考えを変えることを願っている」 しかし、ホワイトの状況について「心配していない」ともコメントしたライス。本人の選択を尊重した。 「最も重要なのは、それがベンの人生であり、ベンの決断ということだ。もちろん人々はこれについての意見があり、何かを書くだろうが、彼は自分の決定に満足している」 「ここに来る前に数日休みがあったから、ガレスと彼はその間に話したはずだ。詳しいことは知らない。だけど僕が言えるのは、彼にここにいてほしいということだけだ」 「彼とは対戦したこともあるし、今は一緒にプレーしているが、彼の様子を見ているととても物静かで、自分を押しとどめている。だけど、ピッチ上ではチームが勝つために何でもするだろう」 2024.03.26 14:33 Tue

アーセナルが右SBの主軸DFホワイトと長期契約! アルテタ監督も歓喜「素晴らしいニュース」

アーセナルは14日、イングランド代表DFベン・ホワイト(26)との契約延長を発表した。 新契約の契約期間は長期とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、2029年までの契約となり、1年間の延長オプションもついているという。 ホワイトはサウサンプトンとブライトン&ホーヴ・アルビオンの下部組織育ち。ファーストチームに昇格すると、ピーターボロ、リーズ・ユナイテッドへのレンタル移籍を経験。2021年7月にアーセナルに加入した。 日本代表DF冨安健洋、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデーゴール、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールらと同じタイミングで加わると、初年度はセンターバックとしてプレー。2年目以降は右サイドバックとしてレギュラーに定着している。 アーセナル在籍2年半で、公式戦122試合に出場し4ゴール9アシストを記録。安定した守備に加え、タイミングを見たオーバーラップでの攻撃参加でチームを加速。縦関係を作っているイングランド代表FWブカヨ・サカのサポートを含めて、チームに欠かせない存在となっている。 ミケル・アルテタ監督はホワイトとの契約延長について「ベンが自分の将来をクラブに託してくれたことは素晴らしいニュースだ。ベンは我々にとって重要な選手であり、勝利のメンタリティを持つトッププロフェッショナルであり、日々模範を示してリードする選手の1人だ」とコメント。「ベンの能力、決意と前向きな姿勢はとても重要だが、彼は素晴らしい人格者でもある。我々は皆、今後数年間ベンと一緒に仕事を続けることを楽しみにしている」と、期待を語った。 <span class="paragraph-title">【写真】長期契約に笑顔でサインするホワイト、エドゥ氏とのハグも</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C4fjjCTIbJW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C4fjjCTIbJW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C4fjjCTIbJW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arsenal(@arsenal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.03.14 21:00 Thu

「泣いてしまう」ファンを感動させたアーセナルの控えGKラムズデールの振る舞い、殊勲の正守護神に歩み寄り…「泣いていいよね?」

12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでポルトをPK戦の末に下し、ベスト8進出を決めたアーセナル。試合後の一幕が感動的だと話題だ。 敵地での1stレグを1-0と落としていたアーセナル。レアンドロ・トロサールのゴールで2戦合計スコアで同点に追いつくも、勝ち越すまではいかず。PK戦に突入すると、GKダビド・ラヤのセーブもあり、14年ぶりのベスト8進出を決めていた。 PK戦の後、激闘を制し喜びを爆発させるアーセナルの選手たち。その中で控えのイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが殊勲のラヤに歩み寄り、強くハグを交わす場面があった。 昨シーズンまでアーセナルの正守護神だったラムズデールだが、ラヤが加入したことでポジションを奪われる形に。ポルト戦でもベンチスタートだったラムズデールに出番が訪れることはなかった。 それでも、マイナスの感情を一切見せることなく、チームを勝利に導いたラヤとハグをするラムズデールの笑顔には心打たれるものがある。その光景には、ファンも「泣いてしまう」、「めっちゃいいやつ」、「美しい関係」、「これは泣いていいよね?」と感動している。 プレミアリーグでも優勝争いを続け、CLでもベスト8進出を決めたミケル・アルテタ監督率いるチーム。選手たちもしっかりと団結しているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ファンを感動させたアーセナルの控えGKラムズデールの振る舞い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C4bp3gRoue3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C4bp3gRoue3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C4bp3gRoue3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TNT Sports(@tntsports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.03.13 19:35 Wed

「とても良い気分」8連勝で暫定首位のアーセナル、アルテタ監督が感じる要因は「一貫性の問題」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ブレントフォード戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 9日、プレミアリーグ第28節でアーセナルはホームにブレントフォードを迎えた。 プレミアリーグ7連勝中のアーセナル。圧倒的な得点力を見せつけ、7試合で32試合3失点という脅威のスタッツを残している中、この試合も主導権を握っていく。 開始19分にデクラン・ライスが先制ゴールを記録。しかし、その後は苦しい展開となると前半アディショナルタイムには久々出場のGKアーロン・ラムズデールのミスで追いつかれてしまう。 嫌な形で追いつかれて迎えた後半も主導権こそ握るが、この日はゴールにつながらず。それでも86分にカイ・ハヴァーツがネット尾を揺らし、2-1で勝利。8連勝を達成し、暫定首位に立つこととなった。 アルテタ監督は苦しみながらも勝ち切ったことについて言及。難しい試合でも勝てること大事だとした。 「とても良い気分だし、もちろん勝利する権利を勝ち取る必要があったが、パフォーマンスや成熟度、感情のコントロール、そして困難な状況を乗り越える方法は本当に満足している」 「その場所(首位)に居たいのであれば、この種の試合に勝たなければいけない。チームはそれを実現するためのツール、特に決意と信念を持っていることを示した」 また、これでリーグ戦8連勝。チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を挟んでは、チェルシー、マンチェスター・シティと大一番が続いていくが、チームが8連勝できた要因を語った。 「このリーグで多くの試合に勝つために必要な資質はたくさんあるし、我々はそれを達成してきたやり方でもあるが、それは一貫性の問題だ」 「満足もしているが、もっとやりたいという意欲があり。異なる状況で得られる資質も持っている。なでなら、全ての試合は異なるプロセス、異なるストーリーが必要であり、今日のチームは異なるものを見せられたと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルが8連勝を記録!暫定首位に躍り出る!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="V-4h93o7T4E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.10 12:45 Sun

控えとなったラムズデールの退団に備え…アーセナルがアヤックスGKラマイを後釜に検討か

アーセナルがアヤックスのドイツ人GKディアント・ラマイ(22)を注視しているようだ。イギリス『Football Transfers』が報じた。 今シーズンはブレントフォードからスペイン代表GKダビド・ラヤを買い取りオプション付きのレンタルで迎え入れ、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールと一線級のGKを2人揃えたアーセナル。ミケル・アルテタ監督はラヤを正守護神に据え、ラムズデールはベンチを温める日々が続いている。 シーズン終了後にはラヤの2700万ポンド(約51億5000万円)の買い取りオプションが行使される見込みで、ラムズデールは現状が続くことに不満。アーセナルは売却を望んでいないものの、退団に備え、ラマイの獲得を検討しているという。 昨夏、移籍金500万ユーロ(約8億2000万円)でフランクフルトからアヤックスへと移ったラマイは、昨年10月下旬あたりからスタメンに定着。アーセナルはフランクフルト時代からこの22歳に目をつけていたようで、足元やフィードに優れることからラヤの完璧なバックアッパーとなることも考えられるという。 アヤックスとラマイの契約は2028年6月までだが、資金を欲しているアヤックスはオファーを検討する可能性が高い模様。1500万ユーロ(約24億5000万円)ほどで獲得可能とみられており、チェルシーも興味を示しているようだ。 2024.02.27 19:06 Tue
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2021年8月20日 ヨービル アーセナル 完全移籍
2020年8月19日 ボーンマス ヨービル 完全移籍
2019年5月31日 ウィンブルドン ボーンマス レンタル移籍終了
2019年1月4日 ボーンマス ウィンブルドン レンタル移籍
2018年5月31日 チェスターフィールド ボーンマス レンタル移籍終了
2018年1月5日 ボーンマス チェスターフィールド レンタル移籍
2017年1月31日 ヨービル ボーンマス 完全移籍
2016年7月1日 Sheff Utd U18 ヨービル 完全移籍
2015年12月27日 Worksop Sheff Utd U18 レンタル移籍終了
2015年12月25日 Worksop レンタル移籍
今季の成績
UEFAチャンピオンズリーグ グループB 1 90’ 0 0 0
プレミアリーグ 6 540’ 0 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 0 0’ 0 0 0
合計 7 630’ 0 0 0
出場試合
UEFAチャンピオンズリーグ グループB
第1節 2023年9月20日 vs PSV ベンチ入り
4 - 0
第2節 2023年10月3日 vs RCランス ベンチ入り
2 - 1
第3節 2023年10月24日 vs セビージャ ベンチ入り
1 - 2
第4節 2023年11月8日 vs セビージャ ベンチ入り
2 - 0
第5節 2023年11月29日 vs RCランス ベンチ入り
6 - 0
第6節 2023年12月12日 vs PSV 90′ 0
1 - 1
プレミアリーグ
第1節 2023年8月12日 vs ノッティンガム・フォレスト 90′ 0
2 - 1
第2節 2023年8月21日 vs クリスタル・パレス 90′ 0
0 - 1
第3節 2023年8月26日 vs フルアム 90′ 0
2 - 2
第4節 2023年9月3日 vs マンチェスター・ユナイテッド 90′ 0
3 - 1
第5節 2023年9月17日 vs エバートン ベンチ入り
0 - 1
第6節 2023年9月24日 vs トッテナム ベンチ入り
2 - 2
第7節 2023年9月30日 vs ボーンマス ベンチ入り
0 - 4
第8節 2023年10月8日 vs マンチェスター・シティ ベンチ入り
1 - 0
第9節 2023年10月21日 vs チェルシー メンバー外
2 - 2
第10節 2023年10月28日 vs シェフィールド・ユナイテッド ベンチ入り
5 - 0
第11節 2023年11月4日 vs ニューカッスル ベンチ入り
1 - 0
第12節 2023年11月11日 vs バーンリー ベンチ入り
3 - 1
第13節 2023年11月25日 vs ブレントフォード 90′ 0
0 - 1
第14節 2023年12月2日 vs ウォルバーハンプトン ベンチ入り
2 - 1
第15節 2023年12月5日 vs ルートン・タウン ベンチ入り
3 - 4
第16節 2023年12月9日 vs アストン・ビラ ベンチ入り
1 - 0
第17節 2023年12月17日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン ベンチ入り
2 - 0
第18節 2023年12月23日 vs リバプール ベンチ入り
1 - 1
第19節 2023年12月28日 vs ウェストハム ベンチ入り
0 - 2
第20節 2023年12月31日 vs フルアム ベンチ入り
2 - 1
第21節 2024年1月20日 vs クリスタル・パレス ベンチ入り
5 - 0
第22節 2024年1月30日 vs ノッティンガム・フォレスト ベンチ入り
1 - 2
第23節 2024年2月4日 vs リバプール ベンチ入り
3 - 1
第24節 2024年2月11日 vs ウェストハム ベンチ入り
0 - 6
第25節 2024年2月17日 vs バーンリー ベンチ入り
0 - 5
第26節 2024年2月24日 vs ニューカッスル ベンチ入り
4 - 1
第27節 2024年3月4日 vs シェフィールド・ユナイテッド ベンチ入り
0 - 6
第28節 2024年3月9日 vs ブレントフォード 90′ 0
2 - 1
第30節 2024年3月31日 vs マンチェスター・シティ ベンチ入り
0 - 0
第31節 2024年4月3日 vs ルートン・タウン ベンチ入り
2 - 0
第32節 2024年4月6日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン ベンチ入り
0 - 3
第33節 2024年4月14日 vs アストン・ビラ ベンチ入り
0 - 2
第34節 2024年4月20日 vs ウォルバーハンプトン ベンチ入り
0 - 2
第29節 2024年4月23日 vs チェルシー ベンチ入り
5 - 0
第35節 2024年4月28日 vs トッテナム ベンチ入り
2 - 3
第36節 2024年5月4日 vs ボーンマス ベンチ入り
3 - 0
第37節 2024年5月12日 vs マンチェスター・ユナイテッド ベンチ入り
0 - 1
第38節 2024年5月19日 vs エバートン ベンチ入り
2 - 1
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月21日 vs ポルト ベンチ入り
1 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月12日 vs ポルト ベンチ入り
1 - 0
準々決勝1stレグ 2024年4月9日 vs バイエルン ベンチ入り
2 - 2
準々決勝2ndレグ 2024年4月17日 vs バイエルン ベンチ入り
1 - 0