ジュード・ベリンガム Jude BELLINGHAM

ポジション MF
国籍 イングランド
生年月日 2003年06月29日(20歳)
利き足
身長 186cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

“獲得後に市場価値アップ” 補強上手なレアル・マドリー、1714億円軍団を築くのに費やした獲得コストは…

レアル・マドリーは補強の計画性がバッチリ。若い選手も忍耐強く起用すれば、価値が上がる。 2013-14シーズンに通算10度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇“ラ・デジマ”を成し遂げてから、欧州での復権に成功したマドリー。 ここから10年間で5度のCL制覇。唯一無二のカリスマであるジネディーヌ・ジダンがボスを務めた時代は、現行のフォーマットで前人未到となる3連覇も。欧州のサッカー史上もっとも成功を収めたクラブ…それがマドリーだ。 スペイン『Relevo』は、ここ10年ほどでマドリーが上げた成果を経営面からも評価。 今日現在、マドリーでトップチームに登録されている24選手の市場価値は総額10億1000万ユーロ(約1714億円)。頭がクラッときてしまいそうな、とてつもない額だ。 ただ、これらの選手を獲得するのに費やした額は5億6900万ユーロ(約966億円)で、なんと4億4100万ユーロ(約748億円)ものプラスが。個人差あれど、マドリーに加入した選手は軒並み自らの価値を高めていることがよくわかる。 また、25歳以下の選手に限ってもその傾向は同じ。 25歳以下10人の市場価値は総額7億9100万ユーロ(約1342億円)だが、獲得に費やしたのは3億5750万ユーロ(約606億円)…プラスは4億3350万ユーロ(約736億円)となる。 マドリーは必然的に市場価値が下がる20代後半以降の選手(例:ルカ・モドリッチ、トニ・クロース)をのぞき、移籍金を支払って獲得した選手で価値を下げたのは、アルダ・ギュレルのみとなっている。ギュレルはこれからだ。 ◆獲得コストと現市場価値の“開き” ▽フェデリコ・バルベルデ(25) 獲得費用:500万ユーロ(約8.4億円) 市場価値:1億ユーロ(約170億円) ▽エドゥアルド・カマヴィンガ(21) 獲得費用:3100万ユーロ(約52.6億円) 市場価値:9000万ユーロ(約152億円) ▽ヴィニシウス・ジュニオール(23) 獲得費用:4500万ユーロ(約76.3億円) 市場価値:1億5000万ユーロ(約254.5億円) ▽ロドリゴ・ゴエス(23) 獲得費用:4500万ユーロ(約76.3億円) 市場価値:1億ユーロ(約170億円) ▽ブラヒム・ディアス(24) 獲得費用:1700万ユーロ(約28.8億円) 市場価値:3500万ユーロ(約59.3億円) ▽ジュード・ベリンガム(20) 獲得費用:1億300万ユーロ(約175億円) 市場価値:1億8000万ユーロ(約305億円) 2024.05.23 14:45 Thu

ラッシュフォードやヘンダーソンがユーロ候補から落選! イングランド代表が候補33名を発表 【ユーロ2024】

イングランドサッカー協会(FA)は21日、ユーロ2024に臨むイングランド代表候補メンバー33名を発表した。 ガレス・サウスゲイト監督は、ユーロ本大会前のトレーニングキャンプとボスニア・ヘルツェゴビナ代表との試合に向けて33名のメンバーを選出。本大会のメンバーは6月8日に改めて発表される。 今回のメンバーには、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードやアヤックスのMFジョーダン・ヘンダーソンは選外に。これでユーロ本大会の出場の可能性は無くなったとみて良いだろう。 ラッシュフォードは今シーズンのプレミアリーグで33試合に出場も7ゴール2アシスト。調子が上がらずにシーズンを終えていた。一方のヘンダーソンは、リバプールを退団してサウジ・プロ・リーグのアル・イテファクへ移籍するも大失敗。1月には大低迷のアヤックスに移籍してプレーを続けたが、招集外となった。 一方で、リバプールのDFジャレル・クアンサー(21)、MFカーティス・ジョーンズ(23)、クリスタル・パレスのMFアダム・ウォートン(20)は今回が初招集となる。 その他、ケガの状態が心配なFWハリー・ケイン(バイエルン)やFWブカヨ・サカ(アーセナル)も招集。プレミアMVPのFWフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、最優秀若手のFWコール・パーマー(チェルシー)らは選出された。 イングランドは29日に集合し、その後にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を戦う選手やオーストラリア遠征中のニューカッスル、トッテナムの選手たちが遅れて合流する。 なお、本大会ではグループCに入っており、デンマーク代表、セルビア代表、スロベニア代表と同居している。今回発表されたイングランド代表メンバーは以下の通り。 ◆イングランド代表候補メンバー33名 GK ディーン・ヘンダーソン(クリスタル・パレス) ジョーダン・ピックフォード(エバートン) アーロン・ラムズデール(アーセナル) ジェームズ・トラッフォード(バーンリー) DF ジャラッド・ブランスウェイト(エバートン) ルイス・ダンク(ブライトン&ホーヴ・アルビオン) ジョー・ゴメス(リバプール) マーク・グエイ(クリスタル・パレス) エズリ・コンサ(アストン・ビラ) ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド) ジャレル・クアンサー(リバプール) ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド) ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ) キーラン・トリッピアー(ニューカッスル) カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ) MF トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール) ジュード・ベリンガム(レアル・マドリー/スペイン) コナー・ギャラガー(チェルシー) カーティス・ジョーンズ(リバプール) コビー・メイヌー(マンチェスター・ユナイテッド) デクラン・ライス(アーセナル) アダム・ウォートン(クリスタル・パレス) FW ジャロッド・ボーウェン(ウェストハム) エベレチ・エゼ(クリスタル・パレス) フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ) アンソニー・ゴードン(ニューカッスル) ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・シティ) ハリー・ケイン(バイエルン/ドイツ) ジェームズ・マディソン(トッテナム) コール・パーマー(チェルシー) ブカヨ・サカ(アーセナル) イヴァン・トニー(ブレントフォード) オリー・ワトキンス(アストン・ビラ) 2024.05.21 22:30 Tue

モドリッチの去就、レアル・マドリー残留で決着濃厚…代理人が語る

クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(38)は来季もレアル・マドリーとともに、となりそうだ。 今季が最終年の契約状況から、去就が注目されるモドリッチ。ジュード・ベリンガムら新たな才能のサブに回る試合も多い今季だが、ここまで公式戦40試合で2得点8アシストの数字を残しており、その影響力変わらずだ。 その今季もいよいよ最終盤で、チャンピオンズリーグ(CL)決勝が終わればユーロ2024の戦いにシフトするとあって、去就をそろそろはっきりとさせたいなか、最近では減俸を受け入れての契約更新が取り沙汰される。 そうしたなか、モドリッチの代理人を務めるヴラド・レミッチ氏がスペイン『マルカ』でコメント。選手の去就は来季もレアル・マドリーにとどまる形での去就が濃厚だという。 「最も可能性があるのは彼がもう1年残って歴史を書き続けること。レアル・マドリーは世界最高のクラブであり、フットボール史上最高の会長もいる」 「ルカ・モドリッチはレアル・マドリーのファンで、クラブを愛している。あの場所を自分の家だと感じているんだ」 新たに1年契約となれば、レアル・マドリーで13シーズン目となるが、いかに。 2024.05.19 13:45 Sun

改めて凄まじいベリンガムのゴールペース…マドリー加入後9カ月で23得点、クラブキャリア全体では51得点

レアル・マドリーのイングランド代表MFジュード・ベリンガム。改めて凄まじいゴールペースだ。スペイン『Relevo』が伝える。 今季マドリー加入ですぐさま主軸に定着、大きな期待と膨大な移籍金に恥じぬ活躍が目を引く20歳ベリンガム。 来たる6月1日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、昨季まで所属し、19歳で時にゲーム主将も担ったドルトムントとの対戦。会場は自国イングランドのウェンブリー…2023-24シーズンはベリンガムのための1年なのか。 さて、そんなベリンガムだが、なんといっても自身のゴールでマドリーに貢献。ラ・リーガは27試合で19得点、CLは10試合で4得点、公式戦全体では40試合23得点と、[4-3-1-2]のダイヤモンド頂点を主な定位置に、センターフォワード顔負けにネットを揺らす。 もちろんドルトムント時代から優れた選手であることは明白だったし、昨季は14得点をマーク。とはいえ、定位置はWボランチの一角が主で、まずはチームの舵取りが求められた。 まだ20歳と、今季で選手キャリア5年目というなか、ベリンガムはイングランド代表を除き、クラブキャリアの公式戦全体で51得点。バーミンガム1年で4得点、ドルトムント3年で24得点…マドリーは9カ月で23得点だ。 マドリーのスカッドの都合上、[4-3-1-2]のダイヤモンド頂点で起用され、凄まじいペースでネットを揺らすベリンガム。だが、この数字は今後も伸ばしていくことだろう。 2024.05.15 15:50 Wed

「一時代を築ける」大勝飾ったマドリーをアンチェロッティ監督も称賛、CL決勝に向け「最高の状態になるだろう」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、チームの成長を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 すでにラ・リーガ優勝を決めているマドリーは、14日に行われた第36節でアラベスと対戦。10分にジュード・ベリンガムのゴールで幸先良く先制すると、その後は攻撃陣が爆発。ヴィニシウス・ジュニオール、フェデリコ・バルベルデのゴールで前半のうちに3点差とすると、後半もヴィニシウスとアルダ・ギュレルにゴールが生まれてさらに相手を突き放し、5-0の勝利を収めた。 流石の強さを示して公式戦4連勝を飾ったアンチェロッティ監督はチームのここまでの成長を称えつつ、チャンピオンズリーグ(CL)決勝へ向けて調整したいと語っている。 「このチームには並外れた才能があり、非常に若く、高いクオリティも備えている。今いる若い選手たちの価値を考えると、このクラブは将来的に一時代を築くことができるだろう」 「監督としては、最高のシーズンだった。チームはリーグ戦で素晴らしい活躍を見せてくれたと思う。誰もが失速を待っていたが、それは訪れなかった。我々は幸せであり、雲の上にいる気分だね。だが、まだ最も重要な試合が待っており、このまま続けていかなければならない」 「我々は(CL決勝のある)6月1日、最高の状態になっていると確信している。 チームはモチベーションが高く、集中力があり、良い状態だ。今週は休み、次の2週間でCL決勝に向けしっかり準備することが重要になる」 「私も選手たちと同じように休みつもりだ。決勝が近づいてきている。まだ2週間あり、来週はフィジカルレベルの向上に取り組みたい。そして次の週は、仕事量を減らして戦術レベルに集中するつもりだ。今週は、休息に集中することが重要になる」 2024.05.15 09:55 Wed

「狂ってるよ。信じられない」奇跡の巡り合わせ…レアルMFベリンガム、母国で古巣とCL決勝で対戦「こうなるしかなかった」

レアル・マドリーのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、奇跡的な運命に驚きを隠さなかった。 8日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグが行われ、マドリーはホームにバイエルンを迎えた。 1stレグは2-2のドローに終わっていたなか、勝利した方が決勝へ進出する状況。試合は互いに硬い入りを見せたものの、バイエルンが先制。そのまま試合終盤にもつれ込むも、ホセルが出場10分で2ゴールを奪い、2-1で逆転勝利。マドリーが2大会ぶりの決勝に駒を進めた。 試合後、『DAZN』のインタビューに応じたベリンガムは、数奇な運命が呼び寄せたCL決勝について言及した。 「狂ってるよ。信じられない。こうなるしかなかったんだ」 「初めての決勝だ。そしてイングランドだ。そしてドルトムント戦」 「彼らは決勝進出に値する。古い友人に会えるのは嬉しいね」 イングランド出身、昨シーズンまでドルトムントでプレーしていたベリンガム。自身初となるCL決勝の舞台は、イングランドのウェンブリー・スタジアムで相手はドルトムントだ。 新天地移籍1年目で圧巻のパフォーマンスを見せていたベリンガム。すでにラ・リーガのタイトルは手にしたが、自身初のCLのタイトルを前に運命的な展開。果たして、トロフィーを掲げることができるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】CL決勝進出を喜ぶベリンガム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C6vYMMCsGe4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C6vYMMCsGe4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C6vYMMCsGe4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TNT Sports(@tntsports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.09 22:25 Thu

「夢が叶った」劇的逆転勝利で自身初のCL決勝進出、ベリンガムは興奮隠さず「理解するには時間がかかる」

レアル・マドリーのイングランド代表MFジュード・ベリンガムが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 ベリンガムは8日にホームで行われたCL準決勝2ndレグのバイエルン戦で先発。1stレグを2-2で終え、お互い勝利が必要な一戦は、拮抗した展開のままスコア動かずハーフタイムへ。後半、68分に痛恨の失点を許すとそのまま試合終了かに思われた88分、ホセルが相手GKのファンブルを見逃さず同点に追いつくと、アディショナルタイムにはCKの流れから再びホセルに得点が生まれ、劇的逆転勝利となった。 この結果、2戦合計スコアでも4-3となり、マドリーのCL決勝進出が決定。加入初年度から最高の舞台で古巣ドルトムントとの対戦が決まったベリンガムは、喜びを爆発させている。 「夢が叶ったよ。もしシーズン前にこの状況を話したら、信じてくれたと思う?公平に言って、おそらく信じられなかっただろうね。子供の頃はいつも、このクラブでこうなることを想像していた。いまは少し感情的になっているし、衝撃も受けている。これを理解するのには時間がかかると思うよ」 「今夜の試合は『キャラクター』に尽きるだろう。これは僕たちのシーズンのテーマでもあった。僕たちには豊富なクオリティと才能があり、劣勢の試合であってもベンチから出てきて仕事をし、勝たせる選手たちがいるんだ」 2024.05.09 10:00 Thu

「まさに魔法のよう」終盤の劇的ドラマ、2大会ぶり決勝進出にレアル指揮官はファンに感謝「ファンがこの勝利に貢献した」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、劇的なチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 8日、CL準決勝2ndレグでマドリーはホームでバイエルンと対戦した。 アウェイでの1stレグは2-2のドロー。この試合で勝利した方が決勝進出を果たすという一戦だった。 試合は、互いに固い入りを見せてゴールレスのまま後半へ。すると68分に左サイドを上がったアルフォンソ・デイビスがミドルシュートを叩き込み、バイエルンが先手を奪う。 追い込まれたマドリーだったが、88分に同点に。ボックス手前からヴィニシウス・ジュニオールがミドルシュートを放つと、なんてことはないシュートをGKマヌエル・ノイアーが前に弾くと、狙っていた途中出場のホセルが押し込みマドリーが同点に。延長戦かと思われたが、91分にはボックス内の混戦からパスを受けたアントニオ・リュディガーのクロスを再びホセルが合わせてゴール。逆転かと思われたが、これはオフサイドで取り消される。 しかし、VARチェックの結果、オンサイドであることが認められ、マドリーが逆転。そのまま試合は終了し2-1、2戦合計4-3でマドリーが2シーズンぶりの決勝進出を果たした。 試合後、アンチェロッティ監督は劇的な勝利について言及。ファンの後押しもあり、魔法がかかったようだったと振り返った。 「また同じことが起きた。それはよく起こることだ。我々を後押しして売れるファン、素晴らしいスタジアム、信じることをやめない選手たち…まさに魔法のようなものだ」 「難しい試合の中で、劣勢に立たされても冷静さを失わない強さが我々にはあった。我々はやり続けたが、ファンが助けてくれた」 「彼らは誰も、そして私でさえも本当に予想していなかったシーズンを見せられたことを理解していると示した。彼らは我々にとって素晴らしいものだった。それは選手にも伝わっている」 そんな中で殊勲の2ゴールを決めたのはレンタル加入中のホセル。81分に出場し、10分でチームを決勝に導く2ゴールを決めることに。アンチェロッティ監督は、控え選手も含めて良い選手が揃っているとした。 「ホセルは、このチームがどのようなもので、どう考えているかを見事に反映している。今シーズンはそれほど出場時間は多くないが、とても貢献し、必要な時にいつでも多くのことをもたらしてくれる。自信を決して失わず、常にチームのことを考えている」 「長期離脱した選手たちだけでなく、我々には非常に多くの問題や大きなケガがあった。我々はヴィニシウス・ジュニオールやジュード・ベリンガムを失った時期もあったが、誰も話題にしなかった。我々はこのスカッドで素晴らしい能力と個性を持っている」 そして改めて後押ししてくれたファンについても言及。このクラブで仕事ができていることを喜んだ。 「今夜ここに来られなかった世界中の全てのファンのために、ここにいることができたファンがこの勝利に貢献したと言わなければならない。これが我々の習慣だ」 「我々はここで、この雰囲気の中でプレーするのが大好きだ。マドリーは家族だ。歴史と伝統を持つフットボールクラブであり、それは重荷になることもあるかもしれないが、ここで働けることは素晴らしく幸運なことだと思う」 試合についてはバイエルンに先制されたものの、控え選手がしっかりと活躍。1つゴールが決まればと思っていたが、選手たちが成し遂げたことを改めて称えた。 「バイエルンのゴールの後は厳しい場面もあったが、途中出場すればすぐにフレッシュな脚とエネルギーが助けになっていることが分かった。おそらくこれは、2ゴールが必要だったここでのマンチェスター・シティ戦の夜よりは難しくはなかったかもしれない。でも、ここで1本でもあれば延長戦に持ち込めたはずだ」 「1点を決めた瞬間、勝者を追いかけて実際にゴールを奪えると確信した。説明することは難しく、不可能かもしれないが、やってみよう。それは魔法だ。この大会は、ユニフォームを着た選手全員に、特別な感情を抱かせるものだ」 <span class="paragraph-title">【動画】終盤の劇的結末!レアルvsバイエルン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ggyGQldYq6g";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.09 07:55 Thu

【CL準決勝プレビュー】イーブンで臨む運命の第2戦! ドルトムント待つウェンブリーへの切符手にするのは…

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、レアル・マドリーvsバイエルンが、日本時間8日28:00にサンティアゴ・ベルナベウでキックオフされる。前日にドルトムントのファイナル進出が決定した中、ウェンブリーへの最後の切符を懸けた運命の第2戦だ。 先週にフースバル・アレーナ・ミュンヘンで行われた1stレグは2-2のドロー決着。戦前の予想とは異なり、バイエルンが圧倒する入りを見せたが、クロースとヴィニシウスによる至高のコンビプレーによってアウェイのマドリーが24分に先制点を奪取。だが、後半に入って選手交代、布陣変更で流れを変えたホームチームが53分にサネ、57分にケインのPKによるゴールで逆転。以降もトゥヘルのチームが冷静にゲームをコントロールしたが、83分にヴィニシウスが決めたPKによるゴールでマドリーが追いついた。 「最高の形は見られなかった」とアンチェロッティ監督が試合後に認めたように難しいパフォーマンスとなった敵地での初戦を最低限のイーブンで終えたマドリー。だが、先週末のカディス戦ではナチョを除く先発10人を入れ替えた中、ブラヒム・ディアスとホセルに途中出場ベリンガムのゴールによって3-0の快勝。さらに、2位バルセロナの敗戦を受け、4試合を残して2シーズンぶり36度目のラ・リーガ優勝が決定した。 恒例シベーレス広場での優勝セレモニーを延期し、今回の大一番に全力を注ぐエル・ブランコは、リーグ優勝にCLファイナル進出という花を添えて、マドリディスタと歓喜を分かち合えるか。 一方、バイエルンは下馬評を覆す良い内容のパフォーマンスを見せたものの、試合後にドイツ人指揮官が悔やんだ韓国代表DFの守備対応や3点目を決め切れなかった決定力の問題でホームでの先勝を逃した。ブンデスリーガでは6選手を入れ替えて臨んだシュツットガルトとの上位対決で1-3の敗戦。加えて、ラファエル・ゲレイロとダイアーの負傷交代と敵地での大一番に弾みを付けることができなかった。 ただ、データ的な部分では前述のドルトムントの決勝進出、ファイナルの会場がウェンブリー・スタジアムという部分で、デア・クラシカーを制して5度目の優勝を果たした2012-13シーズンと重なる部分があり、その縁起の良いデータをポジティブに捉えて難所ベルナベウ攻略といきたいところだ。 ◆レアル・マドリー◆ 【4-2-3-1】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240507_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ルニン DF:カルバハル、チュアメニ、リュディガー、メンディ MF:カマヴィンガ、クロース MF:バルベルデ、ベリンガム、ロドリゴ FW:ヴィニシウス 負傷者:DFアラバ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては引き続きアラバのみが不在となる。 前回対戦からは先発2人の変更を予想。ルーカス・バスケスに代わってサスペンション明けのカルバハル、ナチョに代わってカマヴィンガを起用し、チュアメニがリュディガーの相棒を務めることになりそうだ。 ◆バイエルン◆ 【4-2-3-1】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240507_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ノイアー DF:キミッヒ、デ・リフト、ダイアー、マズラウィ MF:ライマー、ゴレツカ MF:サネ、ムシアラ、ニャブリ FW:ケイン 負傷者:DFブイ、ブナ・サール、ラファエル・ゲレイロ、FWコマン 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては前回対戦から新たにラファエル・ゲレイロが不在となる。 スタメンは前回対戦から2名の変更を予想。指揮官からパフォーマンスに苦言を呈されたキム・ミンジェに代わって負傷明けのデ・リフトが復帰し、ミュラーに代わってニャブリの起用と読む。 ★注目選手 ◆レアル・マドリー:MFジュード・ベリンガム <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240507_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 古巣とのファイナルに到達できるか。ドルトムントの決勝進出に、誰よりもモチベーションを高めている20歳の若武者がエル・ブランコの注目選手だ。勤続疲労や対戦相手の分析によって後半戦は失速傾向のベリンガムは、前回対戦でも思うような活躍を見せられず。 ただ、同試合に関しては体調不良によるコンディションの問題があったことをイタリア人指揮官が認めていた。その証拠に途中出場した直近のカディス戦では見事なボール奪取からショートカウンターの起点となった流れでゴールを記録。今回の大一番へしっかりとパフォーマンスを上げてきている。 ドルトムント時代を含めバイエルン戦では通算4アシストを記録も、前回対戦含め公式戦9試合未勝利(2分け7敗)と一度も勝利がない苦手とする相手だが、今回の試合では初ゴールと共に初勝利を挙げたい。ライマー、ゴレツカのタフな中盤に加え、ダイアーとデ・リフトのセンターバックコンビとの激しいマッチアップが想定される中、攻守両面でチームに優位性をもたらす働きを期待したい。 ◆バイエルン:FWハリー・ケイン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240507_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> “無冠の帝王”脱却へベルナベウ攻略を期す。これまでプレミアリーグ3度の得点王、2018年ロシアW杯で得点王とトッテナム、イングランド代表で多くの個人タイトルに輝きながらも、一度もチームタイトルを獲得できず。“無冠の帝王”との不名誉な称号を冠する世界屈指のストライカーは、そのタイトルを渇望して常勝バイエルンに加入。しかし、チームはDFLスーパーカップ、DFBポカールで敗退すると、11連覇中だったブンデスリーガでもレバークーゼンに初優勝を許し、国内で無冠が確定した。 個人としては公式戦44試合44ゴール11アシストと圧倒的な数字を残していることを考えれば、勝てない星の下に生まれたとしか形容しがたい状況だ。それでも、イーブンの状況で臨む今回の一戦、決勝の相手が相性の良いドルトムントであることを鑑みれば、ビッグイヤー獲得のチャンスは十分に残されている。 今回の一戦ではリュディガーやチュアメニ、好調のGKルニンら相手守備陣を相手にチャンスメーク、フィニッシャーの双方で輝きを放ち、チームをファイナル進出に導くエースの仕事を見せたい。 2024.05.08 18:00 Wed

「あらゆる点で相応しい」36度目のリーグ優勝、マドリーのアンチェロッティ監督はCLを見据える「今は控えめにお祝いを」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、ラ・リーガ制覇を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、マドリーはラ・リーガ第34節でカディスをホームに迎えた。 リーグ優勝が大きく近づいている中、チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦に向けてターンオーバーを採用。試合は前半こそゴールレスに終わるも、後半にブラヒム・ディアス、ジュード・ベリンガム、ホセルの3ゴールで3-0と勝利した。 この勝利により、2位バルセロナが敗れれば優勝が決まる中、そのバルセロナは3位ジローナと対戦。バルセロナがリードするも、後半にミスから崩れて4-2で敗戦。これにより、マドリーが36度目のラ・リーガ優勝を果たした。 アンチェロッティ監督にとっては、2度目のリーグ優勝。通算12個目のタイトル獲得となった中、優勝を喜んだものの、大一番への集中を口にした。 「とても満足しているし、幸せだ。あらゆる点で相応しいリーグだった。ファンからの素晴らしいサポートも得られた。ファンのみんなと一緒に祝いたいと思っているが、水曜日には非常に重要な挑戦があるので、みんな理解してくれている」 「ファンに喜んでもらえるようにしっかり準備し、週末にみんなでタイトル獲得を祝いたいと思っている。水曜日の目的は非常に重要であり、今は控えめなお祝いにすることが重要だ」 改めてシーズン優勝を掴んだ要因について語ったアンチェロッティ監督は、「みんなのこだわり」と言及。チームとして戦う姿勢が大事だったとした。 「このチームは献身的な取り組みが多く、エゴが少なく、全員が互いに助け合い、友人であるため、マネジメントは簡単だった」 「我々には良い環境があり、これらの特性が我々が勝利することを可能にした。多くの継続性、コミットメント、姿勢を備えた素晴らしいリーグだった」 「選手たち、特にファンのお陰で全てが上手くいった。ここベルナベウでは、どんな試合でも懸命に後押ししてくれた」 ファンの後押しも重要だったというアンチェロッティ監督。今シーズンはもう1つのタイトルを獲得し、自身のクラブでの記録も更新したいところだ。 「レジェンドのミゲル・ムニョスにかなり近づいていることも考えている。我々はもう一度決勝を戦うため、ロンドンに行きたいと思っている」 「ファン全員がそれを望んでおり、我々は来週末にタイトル獲得を祝うことになるだろう」 1stレグは追いついてのドローに終わったマドリー。ホームにバイエルンを迎える2ndレグは、8日に行われる。 <span class="paragraph-title">【動画】優勝決定前にサポーターと勝利を喜ぶレアルの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/u026O6ERRb">pic.twitter.com/u026O6ERRb</a></p>&mdash; Real Madrid C.F. (@realmadrid) <a href="https://twitter.com/realmadrid/status/1786802565872501207?ref_src=twsrc%5Etfw">May 4, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.05 10:05 Sun
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年7月1日 ドルトムント レアル・マドリー 完全移籍
2020年7月23日 バーミンガム ドルトムント 完全移籍
2019年7月1日 バーミンガム 完全移籍
今季の成績
ラ・リーガ 27 2233’ 19 5 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループC 5 450’ 4 2 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 2 175’ 0 0 0
合計 34 2858’ 23 7 0
出場試合
ラ・リーガ
第1節 2023年8月12日 vs アスレティック・ビルバオ 90′ 1
0 - 2
第2節 2023年8月19日 vs アルメリア 81′ 2
1 - 3
第3節 2023年8月25日 vs セルタ 90′ 1
0 - 1
第4節 2023年9月2日 vs ヘタフェ 90′ 1
2 - 1
第5節 2023年9月17日 vs レアル・ソシエダ 90′ 0
2 - 1
第6節 2023年9月24日 vs アトレティコ・マドリー 90′ 0 95′
3 - 1
第7節 2023年9月27日 vs ラス・パルマス ベンチ入り
2 - 0
第8節 2023年9月30日 vs ジローナ 74′ 1
0 - 3
第9節 2023年10月7日 vs オサスナ 72′ 2
4 - 0
第10節 2023年10月21日 vs セビージャ 90′ 0
1 - 1
第11節 2023年10月28日 vs バルセロナ 90′ 2
1 - 2
第12節 2023年11月5日 vs ラージョ・バジェカーノ 90′ 0
0 - 0
第13節 2023年11月11日 vs バレンシア メンバー外
5 - 1
第14節 2023年11月26日 vs カディス 78′ 1
0 - 3
第15節 2023年12月2日 vs グラナダ 90′ 0 22′
2 - 0
第16節 2023年12月9日 vs レアル・ベティス 90′ 1
1 - 1
第17節 2023年12月17日 vs ビジャレアル 78′ 1 67′
4 - 1
第18節 2023年12月21日 vs アラベス 90′ 0 85′
0 - 1
第19節 2024年1月3日 vs マジョルカ 90′ 0
1 - 0
第21節 2024年1月21日 vs アルメリア 90′ 1 101′
3 - 2
第22節 2024年1月27日 vs ラス・パルマス メンバー外
1 - 2
第20節 2024年2月1日 vs ヘタフェ 88′ 0
0 - 2
第23節 2024年2月4日 vs アトレティコ・マドリー 88′ 0
1 - 1
第24節 2024年2月10日 vs ジローナ 57′ 2
4 - 0
第25節 2024年2月18日 vs ラージョ・バジェカーノ メンバー外
1 - 1
第26節 2024年2月25日 vs セビージャ メンバー外
1 - 0
第27節 2024年3月2日 vs バレンシア 90′ 0
2 - 2
第28節 2024年3月10日 vs セルタ メンバー外
4 - 0
第29節 2024年3月16日 vs オサスナ メンバー外
2 - 4
第30節 2024年3月31日 vs アスレティック・ビルバオ 90′ 0
2 - 0
第31節 2024年4月13日 vs マジョルカ 63′ 0
0 - 1
第32節 2024年4月21日 vs バルセロナ 90′ 1
3 - 2
第33節 2024年4月26日 vs レアル・ソシエダ ベンチ入り
0 - 1
第34節 2024年5月4日 vs カディス 24′ 1
3 - 0
第35節 2024年5月11日 vs グラナダ ベンチ入り
0 - 4
第36節 2024年5月14日 vs アラベス 90′ 1
5 - 0
第37節 2024年5月19日 vs ビジャレアル ベンチ入り
4 - 4
UEFAチャンピオンズリーグ グループC
第1節 2023年9月20日 vs ウニオン・ベルリン 90′ 1
1 - 0
第2節 2023年10月3日 vs ナポリ 90′ 1 70′
2 - 3
第3節 2023年10月24日 vs ブラガ 90′ 1
1 - 2
第4節 2023年11月8日 vs ブラガ ベンチ入り
3 - 0
第5節 2023年11月29日 vs ナポリ 90′ 1
4 - 2
第6節 2023年12月12日 vs ウニオン・ベルリン 90′ 0 35′
2 - 3
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月13日 vs RBライプツィヒ メンバー外
0 - 1
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月6日 vs RBライプツィヒ 85′ 0
1 - 1
準々決勝1stレグ 2024年4月9日 vs マンチェスター・シティ 90′ 0
3 - 3
準々決勝2ndレグ 2024年4月17日 vs マンチェスター・シティ 90′ 0
1 - 1
準決勝1stレグ 2024年4月30日 vs バイエルン 75′ 0
2 - 2
準決勝2ndレグ 2024年5月8日 vs バイエルン 90′ 0
2 - 1