イタリア代表が33名を発表! サンマリノ戦後にユーロ本大会メンバーを発表へ《国際親善試合》

2021.05.18 09:32 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリアサッカー連盟(FIGC)は17日、サンマリノ代表との国際親善試合に向けたイタリア代表メンバー33名を発表した。

今夏開催のユーロ2020に向け、事前に合宿を行うイタリア代表。6月1日までに登録選手を決定する前に、最終選考を行う形となった。

2026年までの契約延長を果たしたロベルト・マンチーニ監督は、FWジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ)を初招集。今季のセリエAで6ゴールを記録している21歳の若きストライカーだ。

その他、FWロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)やFWチーロ・インモービレ(ラツィオ)、MFマルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)、DFレオナルド・ボヌッチ(ユベントス)、GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)ら主力も順当に選出された他、中国からイタリアに復帰したFWステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)は選外となった。

なお、イタリア代表は28日にサンマリノ戦を行い、その後の30日に正式なメンバーを発表。6月にチェコ代表との国際親善試合を行い、ユーロ本大会に臨む。

今回発表されたイタリア代表メンバー33名は以下の通り。

◆イタリア代表メンバー33名
GK
アレッシオ・クラーニョ(カリアリ)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
アレックス・メレト(ナポリ)
サルバトーレ・シリグ(トリノ)

DF
フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)
アレッサンドロ・バストーニ(インテル)
クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ)
アレッサンドロ・フロレンツィ(パリ・サンジェルマン/フランス)
マヌエル・ラッツァーリ(ラツィオ)
ジャンルカ・マンチーニ(ローマ)
レオナルド・スピナッツォーラ(ローマ)
ラファエウ・トロイ(アタランタ)

MF
ニコーロ・バレッラ(インテル)
ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ)
ブライアン・クリスタンテ(ローマ)
マヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
マッテオ・ペッシーナ(アタランタ)
ステファノ・センシ(インテル)
マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/フランス)

FW
アンドレア・ベロッティ(トリノ)
ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス)
フェデリコ・キエーザ(ユベントス)
ヴィチェンツォ・グリフォ(フライブルク/ドイツ)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
モイゼ・ケアン(パリ・サンジェルマン/フランス)
マッテオ・ポリターノ(ナポリ)
ジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ)


関連ニュース
thumb

ヴィエラ氏、好調イタリア代表に疑問を抱く「強度、パワー、スピードに欠けている」

現役時代にアーセナルやフランス代表で輝かしい実績を残したヴィエラ氏は、イタリア代表のユーロ2020でのパフォーマンスに疑問を抱いているようだ。イギリス『ITV』に出演して言及している。 イタリア代表は、11日に行われたユーロ2020グループA第1節のトルコ代表戦で3-0と快勝を収めると、16日の第2節スイス戦でも同じスコアで勝利し、決勝トーナメント進出に一番乗りとなった。 2試合で6得点かつ無失点と波に乗っているイタリア代表だが、ヴィエラ氏は同チームの欠点を挙げて、決勝トーナメントの終盤まで進めるかどうか分からないとコメントしている。 「最初の2試合は簡単な試合だったと思う。彼らは真の"テスト"を受けていない」 「もちろん目の前の試合には勝たなければならないが、彼らが決勝戦までたどり着けるかどうかについては、私はまだ疑いを持っている」 「彼らには、相手ゴールに向かうための強度、パワー、スピードが欠けていると考えている」 「イタリアが決勝戦まで行くことができると考えるのは少し早い」 一方、イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督は、ほかの強豪国に比べてチームは発展途上だと主張しつつも、サッカーが持つ可能性に期待を込めた。 「ユーロには世界王者のフランス、欧州王者のポルトガル、世界ランキング1位のベルギーが参加している」 「これらのチームは何年もかけてつくられたチームであり、我々よりも先の場所にいるのは当然のことだ。しかし、サッカーではどんなことも起こりうる。思い通りにはいかないものだ」 「サッカーが好きで、リスクを冒すことを好む選手たちに恵まれたことは幸運だよ」 「称賛に値するのは選手たちだ。私は自分の考え方を説明しようとしているが、まだまだ道のりは長い」 開幕から2連勝とこの上ないスタートを切ったイタリア代表。果たして二度目の優勝を果たすことはできるだろうか。 2021.06.18 19:26 Fri
twitterfacebook
thumb

スイス戦で負傷交代のキエッリーニ、ウェールズ戦を欠場へ

イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが足の屈筋を痛め、20日に行われるユーロ2020グループA最終節のウェールズ代表戦を欠場するようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 キエッリーニは16日に行われたユーロ2020グループA第2節のスイス代表戦で先発。前半24分に交代を強いられていた。 2連勝で既に決勝トーナメント進出を決めているイタリアだが、6月下旬に行われるラウンド16にキエッリーニが間に合うかどうかは微妙だと『スカイ』は報じている。スイス戦では代役のDFフランチェスコ・アチェルビが冷静なプレーで穴を埋める活躍を見せたが、キエッリーニは一発勝負のノックアウトラウンドを前に復帰することができるだろうか。 2021.06.18 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

あわや惨事も? ユーロ会場近くの車に爆発物、当局介入で事なき得る

ユーロ2020の会場近くで爆発物と思わしきものが見つかっていたと、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 16日にユーロ2020グループA第2節のイタリア代表vsスイス代表が行われたスタディオ・オリンピコ。そのスタジアムへ足を運ぶファンの往来もあった数km先の通りで爆発物騒ぎがあったとのことだ。 奇妙なワイヤーのある車があるとの通報を受けた警察は一部道路を封鎖。爆発物処理班が介入する事態となった。 実際には火薬とボルトを含んだ初歩的な装置であったこと判明。とはいえ、処理班によれば、爆発の可能性はあったとのことだ。 当局の迅速な対応の結果、大事には至らず。なお、試合は通常通り行われ、イタリアがスイスを3-0で下し、2戦全勝で一番乗りの決勝トーナメント進出を決めている。 2021.06.17 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

強敵イタリアに完敗のスイス指揮官、敗因は「コメンテーターに聞くだけで十分」

スイス代表のウラジミール・ペトコビッチ監督がイタリア代表戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 スイスは16日、ローマでのユーロ2020グループA第2節でイタリアとの一戦に臨んだ。立ち上がりこそ積極性を見せたものの、次第に主導権を明け渡し、終わってみれば0-3の完敗。今大会初白星とはならなかった。 強敵に屈した指揮官は「100%の試合ではなかった」と回想。相手チームのクオリティに脱帽するしかないようだ。 「イタリアはとても強く、我々に問題を引き起こした。100%のパフォーマンスを発揮できなかった。点を取られて普段通りにできなかった面もあったかもしれない」 「私は昨日こういったはずだ。イタリアはトルコに勝つだけにはとどまらないと。質の高い選手がいて、(結果的に)彼らは29試合連続で無敗となった」 「このままいけば、彼らはトップ4に入るチャンスがあるだろう。他にもいくつかのチームが競い合ってはいるが、あとは個々の試合によるだろう」 さらに、ペトコビッチ監督は敗戦の要因について「明らかだろう」と回答。イタリアのアグレッシブさにより、スイス本来のパフォーマンスが出せなかったと述べた。 「(要因は)明らかだろうね。コメンテーターに聞くだけで十分だろう。誰もがミスを犯してしまった。100%の試合ではなかった。もし全力を出せていたら、結果も違っていたかもしれないがね」 「イタリアの走行距離は我々よりも6キロ多い。フィジカル面でも精神面でも、それが事実だ。彼らは速いペースで仕掛けることで、違いを生み出したんだよ」 2021.06.17 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

29戦無敗で決勝T一番乗りのイタリア指揮官「優秀なプレーヤーが揃っている」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がスイス代表戦を振り返った。イギリス『スカイスポーツ』が報じている。 16日のユーロ2020グループA第2節でスイスと対戦したイタリアは勝てば決勝トーナメント進出が決まる一戦で、MFマヌエル・ロカテッリのゴールを皮切りに3-0の快勝。無敗記録も29に伸ばし、一番乗りでグループステージ突破を決めた。 周囲からの期待も高まるマンチーニ監督は試合後のコメントで、他の強豪国をリスペクトしつつ、彼らに打ち勝つ自信があることものぞかせた。 「ユーロにはフランス、ポルトガル、ベルギーが出場しており、1つは世界チャンピオン、1つはヨーロッパチャンピオン、もう1つは世界ランク1位だ」 「彼らは何年もかけて築き上げられたチームであり、我々よりも先んじているのは当然だ。だが、サッカーではあらゆることが起こりうる。(その3国が勝つことを)当然だと考えるべきじゃない」 「どんな試合も難しいが、幸運なことに、(イタリアには)試合をするのが、ピッチに立つのが、リスクを冒すのが好きな非常に優秀なプレーヤーが揃っている」 「選手たちは称賛に値する。私は自分の考えを証明しようとしているが、もう少し道のりがあるね」 <span class="paragraph-title">【動画】マンチーニ監督が優勝候補であることを否定</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSVGhzQWRxaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 11:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly