“悪童”ペペが40人目のCL100試合出場選手に!現役では何人いる?

2020.11.08 10:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトに所属するポルトガル代表DFペペ(37)がチャンピオンズリーグ(CL)通算100試合出場を達成している。ペペは3日に行われたグループC第3節のマルセイユ戦こそケガで欠場したものの、10月に行われた第2節のオリンピアコス戦に先発で出場し、この偉大な記録を達成していた。

◆ペペがCL100試合出場の喜びを語る(英語字幕付き)


この偉業を受け、『UEFA.com』がこれまでに100試合出場を達成した総勢40名を紹介している。

最もCLに出場しているのは、元スペイン代表GKのイケル・カシージャス氏で、177試合。レアル・マドリーで150試合とポルトで27試合に出場している。

次点はユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドの171試合。マンチェスター・ユナイテッドで52試合、レアル・マドリーで101試合、ユベントスで18試合出場している。今シーズンのユベントスの成績次第では、C・ロナウドが歴代トップに躍り出ることがあるかもしれない。

単一クラブで最も多くCLに出場しているのは元スペイン代表MFのチャビ・エルナンデス氏で、バルセロナだけで151試合に出場している。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシもバルセロナでこれまで146試合に出場しており、こちらも今シーズンにも記録を塗り替える可能性がある。

40人の内、現役選手は17人。最も若いのは30歳のドイツ代表MFトニ・クロース(レアル・マドリー)だ。

◆CL100試合出場選手(★マークは現役選手)
1.イケル・カシージャス:177試合
2.クリスティアーノ・ロナウド:171試合★
3.チャビ・エルナンデス:151試合
4.リオネル・メッシ:146試合★
5.ラウール・ゴンサレス:142試合
6.ライアン・ギグス:141試合
7.アンドレス・イニエスタ:130試合★
8.セルヒオ・ラモス:126試合★
9.クラレンス・セードルフ:125試合
10.ポール・スコールズ:124試合
11.ジャンルイジ・ブッフォン:123試合★
11.カリム・ベンゼマ:123試合★
13.ロベルト・カルロス:120試合
14.ズラタン・イブラヒモビッチ:119試合★
14.シャビ・アロンソ:119試合
16.トーマス・ミュラー:118試合★
16.ジェラール・ピケ:118試合★
18.セルヒオ・ブスケッツ:116試合★
19.カルレス・プジョール:115試合
20.マヌエル・ノイアー:114試合★
21.ティエリ・アンリ:112試合
21.フィリップ・ラーム:112試合
23.ダニエウ・アウベス:111試合★
23.ペトル・チェフ:111試合★
25.アリエン・ロッベン:110試合★
26.パオロ・マルディーニ:109試合
26.ギャリー・ネビル:109試合
26.ジョン・テリー:109試合
29.アシュリー・コール:108試合
29.パトリス・エブラ:108試合
29.アンドレア・ピルロ:108試合
32.デイビッド・ベッカム:107試合
33.トニ・クロース:106試合★
33.ビクトル・バルデス:106試合
35.フランク・ランパード:105試合
36.セスク・ファブレガス:104試合★
37.ルイス・フィーゴ:103試合
37.オリバー・カーン:103試合
39.アンドリー・シェフチェンコ:100試合
39.ペペ:100試合★
コメント
関連ニュース
thumb

日本人3人が競演!10人同士の対戦となった日本人対決はポルトに軍配でマルセイユはワースト記録の13連敗で敗退《CL》

チャンピオンズリーグ(CL) グループC第4節、マルセイユvsポルトが25日に行われ、0-2でポルトが勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は78分から出場し、ポルトのMF中島翔哉は79分から出場している。 前節ポルトに0-3と完敗して3連敗となった最下位マルセイユは、CLワーストタイ記録の12連敗中。そのマルセイユは酒井が引き続きスタメンとなって長友はベンチスタートとなった。 一方、マルセイユに快勝して2勝1分けとした2位ポルト(勝ち点6)は、勝利すればグループステージ突破をほぼ確実な状況にできる中、前節に続き中島がベンチスタートとなった。 酒井が[4-3-3]の右サイドバックで先発となったマルセイユは15分に最初の決定機。FKからジェルマンのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKマルチェシンのビッグセーブに阻まれた。 その後もマルセイユが押し込む中、フラットな[4-4-2]のブロックを敷くポルト相手に仕掛ける展開で推移したが、崩せない状況が続く。 すると39分、右CKの流れから混戦となったところをサヌシが押し込み、ポルトが先制して前半を終えた。 迎えた後半、攻めあぐねるマルセイユは60分に3枚替えを敢行。パイエやベネデット、キュイザンスを投入した。 すると68分、グルイッチがパイエへのタックルで2枚目のイエローカードを受けて退場となり、マルセイユは数的優位となった。 ところが70分、ボックス内への侵入を許したマレガを倒したバレルディにも2枚目のイエローカードが提示され、マルセイユは10人になるとともにPKを献上した。 このPKをセルジオ・オリベイラに決められてリードを広げられたマルセイユは、バレルディの退場を受けてセンターバックに酒井が回り、78分には長友が投入された。 逃げ切りを図るポルトは79分に中島を左サイドに投入。終盤にかけては危なげなく時間を進めて2-0で勝利。日本人3人が競演した一戦はポルトが勝ち点を9に伸ばし、決勝トーナメント進出に王手をかけている。 一方、敗れたマルセイユは敗退が決まっている。 2020.11.26 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

フッキが中島翔哉と共演か? 1月の古巣ポルト復帰の可能性

上海上港でプレーする元ブラジル代表FWフッキ(34)が、古巣に復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 現在は中国スーパーリーグの上海上港でプレーするフッキ。川崎フロンターレやコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディなどJリーグでもそのパワーとフィジカルモンスターぶりを発揮。2008年7月にポルトへと完全移籍すると、ゼニトを経て上海上港へ移籍した。 <div id="cws_ad">◆ポルト時代に見せたフッキの左足弾丸シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOQlFnOGg1USIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 上海上港との契約は2021年1月までとなっており、現在戦っているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が終了すれば退団することが見込まれている。 フッキの行き先にはプレミアリーグなども挙がっていたなか、古巣であるポルトへの復帰が浮上している。 フッキは上海上港で年俸2000万ユーロ(約24億6700万円)を受け取っているとされるが、ポルトにはその資金はなく、最大で300万ユーロ(約3億7000万円)しか支払えないとのこと。しかし、スポーツの側面と、古巣であるということを利用して獲得に動いているという。 また、セルジオ・コンセイソン監督の戦術にフィットしないか王政が懸念されていたが、そこに関しては解決したとのこと。現在のフッキであればフィットすると考えられているようだ。 日本代表MF中島翔哉も所属するポルト。フッキが加わることで競争が再び生まれることになるが、ACLでのプレーを見る限り過去ほどの輝きは失われている様子。それでも、プレミアリーグよりはフィジカル面を生かしたプレーができるポルトガルへの移籍は欧州復帰を目指す上では妥当とも言えそうだ。 2020.11.20 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルト中島のライバル、ルイス・ディアスがシティディフェンスを縦横無尽に切り裂いて決めたソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はポルトのコロンビア代表FWルイス・ディアスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆中島のライバルがシティ相手に決めた圧巻のソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoTXVWYXF3cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> コロンビアでのプロデビューを経て、2019年夏にポルトに加入したディアス。スピードとテクニックを併せ持ったキレのあるドリブルを武器に活躍を見せている。 同じタイミングでポルトに加入した日本代表MF中島翔哉とはポジションを争うライバルであるディアスだが、2020年10月21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのマンチェスター・シティ戦では、圧巻のソロゴールを決めている。 0-0で迎えた14分、ハーフウェイラインで相手ボールをカットしたMFマテウス・ウリベが、すかさず前線のディアスにパスを出す。素早く前を向いたディアスはドリブルを開始すると、プレスに来る相手DFの間を高速ドリブルで切り裂き、左サイドからボックス内右までボールを運ぶ。その勢いに乗ったまま、右足で強烈なシュートをゴール左に突き刺すと、見事な先制点となった。 試合は反撃に出たシティに1-3で敗れたものの、印象に残る活躍となった。 2020.11.18 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

若きモウリーニョ率いるポルトのデコが、CL決勝で決めた高速カウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元ポルトガル代表MFデコ氏がポルト時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デコがCL決勝で決めたカウンターゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjcENRQkV1cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジル出身のデコは、若くしてポルトガルに渡ると、ポルトでブレイク。その後、バルセロナやチェルシーなど、ビッグクラブへとステップアップしていった。 チームの司令塔として攻撃のテンポを作ることに加え、高い守備力で攻守に存在感を発揮したデコ氏だが、ポルト時代の2004年5月26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝のモナコ戦では、素早いカウンターからゴールを決めている。 前半に先制したポルトが1-0とリードして迎えた71分、自陣でモナコのボールを奪ったポルトは、デコにボールを入れる。素早く前を向き、ドリブルで一気に相手陣内中央までボールを運んだデコは左サイドを走るFWドミトリ・アレニチェフにパスを送る。 ボックス内でリターンパスを受けたデコは、しっかりと体勢を整えると、冷静にゴール左に蹴り込み、相手を突き放す2点目を奪った。 ポルトはこの後にもう1点を加え、3-0で勝利。CL優勝の栄冠に輝いた。 2020.11.16 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

Jでも活躍した“超人”フッキが叩き込んだ火を噴くようなロケットシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は上海上港の元ブラジル代表FWフッキがポルト時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ポルト時代のフッキが叩き込んだロケットシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3WDZaaUZUTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ブラジルでのデビュー後、若くして日本に渡ったフッキは、川崎Fや札幌、東京VなどJリーグのクラブで活躍を見せた後、2008年夏にポルトに加入した。 圧倒的なパワーから数多くの弾丸シュートを決めているフッキだが、2010年3月28日に行われたプリメイラ・リーガ第24節のベレネンセス戦でも豪快な一撃を決めている。 0-1とポルトがリードして前半を折り返し、迎えた51分、右サイドでボールを持ったフッキがドリブルで仕掛ける。鋭いカットインでシュートスペースを作ったフッキは左足で豪快なシュート。助走の勢いをそのまま乗せたシュートはゴール右上に一直線に飛んでいき、ゴールネットに文字通り突き刺さった。 このゴールでリードを広げたポルト。終盤にもダメ押しの3点目を奪い、3-0で快勝している。 2020.11.07 19:30 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly