【Jリーグ移籍情報まとめ/1月6日】川崎Fの両SBが退団! 山根視来は30歳でLAギャラクシー行きで吉田麻也の同僚に、15年在籍の登里享平はC大阪に完全移籍

2024.01.07 10:05 Sun
川崎Fの両SB、山根視来(左)と登里享平
©超ワールドサッカー
川崎Fの両SB、山根視来(左)と登里享平
Jリーグ移籍情報まとめ。2024年1月6日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。


【J1移籍情報】半年で神戸を退団するフアン・マタ
半年で神戸を退団するフアン・マタ
王者・神戸ではほとんどプレー機会がなかったフアン・マタ/©J.LEAGUE


◆柏レイソル
[IN]
《完全移籍》
MF白井永地(28)←徳島ヴォルティス

◆FC東京
《契約更新》
DF森重真人(36)
[IN]
《期限付き移籍満了》
DF岡庭愁人(24)←大宮アルディージャ

《育成型期限付き移籍満了》
FW野澤零温(20)←松本山雅FC

[OUT]
《期限付き移籍》
DF岡庭愁人(24)→ジェフユナイテッド千葉

◆川崎フロンターレ
《契約更新》
GKチョン・ソンリョン(39)
DF大南拓磨(26)
DFジェジエウ(29)
DF佐々木旭(23)
DF車屋紳太郎(31)
MF橘田健人(25)
MF大島僚太(30)
FW小林悠(36)
MF脇坂泰斗(28)
DF田邉秀斗(21)
MF瀬古樹(26)
FW遠野大弥(24)
FWバフェティンビ・ゴミス(38)
FW山田新(23)
GK安藤駿介(33)
GK早坂勇希(24)
FWマルシーニョ(28)
DF高井幸大(19)
MF瀬川祐輔(29)
MF家長昭博(37)
GK上福元直人(34)

[OUT]
《完全移籍》
DF山根視来(30)→ロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)
FW宮代大聖(23)→ヴィッセル神戸
DF登里享平(33)→セレッソ大阪

◆横浜FC
[IN]
《完全移籍》
DFレオ・バイーア(29)←ツエーゲン金沢
GKフェリペ・メギオラーロ(24)←ヴィッセル神戸

[OUT]
《完全移籍》
DF林幸多郎(23)→FC町田ゼルビア

《期限付き移籍》
GK六反勇治(36)→FC琉球

《育成型期限付き移籍》
MF高塩隼生(19)→ツエーゲン金沢
MF宇田光史朗(19)→高知ユナイテッドSC(JFL)

◆アルビレックス新潟
《契約更新》
DFトーマス・デン(26)
MFダニーロ・ゴメス(24)

◆名古屋グランパス
[IN]
《完全移籍》
DF井上詩音(23)←ヴァンフォーレ甲府

《育成型期限付き移籍満了》
FW豊田晃大(20)←AC長野パルセイロ

[OUT]
《育成型期限付き移籍》
FW豊田晃大(20)→いわてグルージャ盛岡

◆京都サンガF.C.
《契約更新》
MF福岡慎平(23)
FW一美和成(26)

◆セレッソ大阪
《契約更新》
GKキム・ジンヒョン(36)

[IN]
《完全移籍》
DF登里享平(33)←川崎フロンターレ

《期限付き移籍満了》
MF西川潤(21)←サガン鳥栖

[OUT]
《完全移籍》
GK真木晃平(25)→ザスパクサツ群馬

《育成型期限付き移籍》
MF西川潤(21)→いわきFC

◆ヴィッセル神戸
[IN]
《完全移籍》
FW宮代大聖(23)←川崎フロンターレ

[OUT]
《契約満了》
MFフアン・マタ(35)

《完全移籍》
GKフェリペ・メギオラーロ(24)→横浜FC

《育成型期限付き移籍》
FW冨永虹七(19)→カマタマーレ讃岐

◆サンフレッチェ広島
《契約更新》
FWナッシム・ベン・カリファ(31)

◆サガン鳥栖
[OUT]
《期限付き移籍満了》
MF西川潤(21)→セレッソ大阪

《育成型期限付き移籍》
MF坂井駿也(19)→テゲバジャーロ宮崎

エドゥアルドの関連記事

横浜F・マリノスは17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24・東地区準決勝1stレグで蔚山HD(韓国)とのアウェイゲームに臨み、0-1で敗れることとなった。 ACLのノックアウトステージをハリー・キューウェル監督新体制で迎えた横浜FM。ラウンド16でタイのバンコク・ユナイテッドを撃破後、準々決勝はグループステージでも激突の山東泰山(中国)との対戦を制し、“東地区の決勝戦”まで到達した。 直近のJ1リーグ第8節湘南ベルマーレ戦から中3日、スタメン11人に目を向けると、キャプテン喜田拓也が韓国遠征に帯同せず、松原健が腕章を巻く。エウベルやエドゥアルドも不在で、宮市亮や湘南戦メンバー外の畠中槙之輔、元蔚山の天野純がピッチに立つ。 立ち上がりはホーム蔚山の勢いを受ける側にまわった横浜FM。Kリーグ1開幕7試合で16得点の蔚山は現役韓国代表戦士が多く、キム・ヨングォンにファン・ソッコ、イ・ミョンジェなどとJリーグ経験者も多数。ベンチには江坂任も控えている。 すぐに持ち直した横浜FMだが、リアクションも鋭い蔚山に対し、常に動き出しで一歩遅れをとっている印象。19分、左サイドバックのイ・ミョンジェに低いクロスを入れられ、最後はボックス内へ走ったイ・ドンギョンに左足弾を流し込まれた。 イ・ドンギョン(26)は今季リーグ戦7試合6得点4アシストで、かつてシャルケ、ハンザ・ロストックでプレー。兵役のため、4月末から2025年10月末まで18カ月間、Kリーグ2の金泉尚武(兵役選手のクラブ)行きが目前に控えている選手だ。 横浜FMは決定機と呼べるチャンスもないまま時間が過ぎ、41分にはゴール正面からのFKでヤン・マテウスが狙うも、落としきれずに枠の上。両ワイドがスピードを活かすシーンは作れず、アンデルソン・ロペスに良いボールは入らない。 前半終盤にかけてセットプレーを連続獲得も、ゴールには繋がらなかった横浜FM。それでも1点ビハインドで迎えた後半頭、宮市の抜け出しからクロスが入り、最後はキム・ヨングォンのクリアミスを拾った天野がシュートを放つ。 このシーン、直後の左CKも含めてやはりゴールに繋がらずも、後半ファーストアタッキングで大きなチャンスを作り、全体的に出足の鋭さが増した印象のキューウェル・マリノス。なんとか60分までに1点がほしいところだ。 頼みのA・ロペスは59分、右からの横パスをゴール正面で受けるが、うまく“面”を作れず空振り気味に。絶好機をふいにすると60分、素早い反転からDFを背負った状態で左足を振るが、今度は大きく枠の上へ。後半頭の期待が萎む横浜FMだ。 そうなるとホーム2ndレグも見据え「1点と1-1ドロー」を最低限確保したいところ。キューウェル監督は64分、自慢の快足をこれ以上活かせる気配がない宮市を下げ、井上健太を左ウイングに投入。フレッシュな井上はチームに貢献できるか。 蔚山は67分、カウンターからオム・ウォンサンが運び、最後チュ・ミンギュのシュートはポストを直撃。跳ね返った先に詰めたオム・ウォンサンがいたが、ほんのわずかに足が届かず、肝を冷やす横浜FM。 さらに直後の68分、再びカウンターで今度はイ・ドンギョンが運び、ボックス手前から左足を一閃…ここはGKポープ・ウィリアムが間一髪で左手に当て、ポストをかすめて難を逃れた横浜FM。 さらにさらに72分、右からのクロスにチュ・ミンギュの決定的なヘディングシュートをポープ・ウィリアムが阻止。十数秒後にチュ・ミンギュにネットを揺らされるも、今度はオフサイドで副審の旗。何度も幸運と守護神に救われる横浜FM。 試合も終盤の81分、左からの斜めの浮き球に飛び込んだヤン・マテウスはフリーだったが、眼前にゴールとGKチョ・ヒョヌ1人というなか、スライディングで伸ばした左足シュートは枠上へ。横浜FMはこの日最大の決定機を逸する。 結局、最後まで1点が遠く、敵地での1stレグを0-1で落とした横浜FM。初の決勝戦進出・アジア制覇に向け、ホームでの2ndレグは90分間での勝利が最低限必要となる。 蔚山HD 1-0 横浜F・マリノス 【蔚山】 イ・ドンギョン(前20) 2024.04.17 20:58 Wed
横浜F・マリノスのハリー・キューウェル監督が、ガンバ大阪戦を振り返った。 10日、明治安田J1リーグ第3節延期分で、横浜FMはG大阪をホームの日産スタジアムに迎えた。 AFCチャンピオンズリーグ(CL)で日本勢として唯一勝ち残っている横浜FM。その影響で延期となっていた試合が消化された。 試合は前半はG大阪が押し込む展開に。相手のプレスの前になかなかボールを運べず、ボール奪取の強度も低く押し込まれる展開となる。 それでもゴールレスで折り返すと、後半に修正。すると53分、押し込んでいた中でアンデルソン・ロペスがボックス内から蹴り込み先制に成功。その後G大阪に反撃されるが、アディショナルタイムに植中朝日が隙を突いてダメ押しゴール。2-0で勝利を収めた。 試合後の記者会見に臨んだキューウェル監督は、苦しんだ試合だったと振り返り、G大阪の戦い方を称えた。 「難しい試合になってしまった。ガンバも簡単にはやらせてくれず、前半からコンパクトさ、常に隙を窺ってチャンスを作ろうと相手がしてきた」 「正直、自分たちの内容で前半はスタートからできず、ここまでプッシュし合いながら、過密日程でやってきた中で、常に自分たちがやりたいように思うようにいかないこともたまにはあると思っている」 「後半に入った時、やろうとしているいつもの動き、球際に向かうスピードなどやろうとしていることができた」 「エドゥアルドが最後に犠牲になったが、チームのためにピッチに戻ると言った。あれだけ強いメンタルを持つ選手がいるというのは、自分たちにとっても心強い。古臭いかもしれないが、根性も必要だ」 「ガンバも本当に素晴らしい試合を繰り広げたと思うし、自分たちを苦しい状況にしたチームだった。結果的に最後の最後に結果を残して、勝ち点3を取れたことは良かったと思う」 苦しみながらも、少ないチャンスを決め切り勝利した横浜FM。この試合でも貴重な先制ゴールを決めたアンデルソン・ロペスは、2試合連続ゴールを決め、シーズン5点目を決めた。 リーグ戦では7試合にフル出場。ACLもほとんどフル出場を果たしている状況であり、過密日程ながらフル稼働中だ。 しかし、キューウェル監督は「彼は常に何を言っても試合に出たいと言っている」と、結果を残している中で、試合に出たがっているとコメント。チームのために戦うというメンタリティを歓迎するとした。 「今日の内容に関しては、自分たちが思ったような内容ではなかった。その中でも彼がフィジカル的な強さ、ボールを持った時の違いというのは、今日のような試合でも見せてくれた。その中で、しっかり焦れずにゴールを決めたり結果を残している」 「彼の出たいという気持ちというのは、彼だけじゃなく他の選手たちも、どんな状況でも俺を出してくれという姿勢を見せてくれている」 「この状態でロペスを少し休ませた場合、彼は間違いなく『なぜ俺を外すんだ?』と言ってくると思う。毎試合毎試合、このチームで、この素晴らしいファンのためにも、みんなが全部の試合に出たいという姿勢がチームにはある」 「その中で、しっかり自分がやるんだ、休んでいる場合じゃないという選手たちの姿勢も素晴らしく、メンタルの強さ、試合の重要性というのはどういう状況でも任せられる。ロペスだけじゃなく、他の選手も同様に見ている」 チーム全体の士気の高さを称えるキューウェル監督。終盤に足を痛めてピッチを出ながらも、その後にプレーに復帰したDFエドゥアルドの行動にもその気持ちが見えていた。 ケガの状態については「実際にメディカルのチームとまだしっかりと会話をしたわけではなく、彼も神戸戦にもいて、今日も90分プレーした。正直言って、攣っただけかもしれない。何が原因なのかはこちらに知らされてはいない」とし、「明日の朝になれば、少し詳細が見えてくると思う」と、この先ケガの状態がわかるとコメント。 「あの時の状況で素晴らしいメンタルの強さをチームのために、ゲームファーストで考えられる選手だなと感じた」と、エドゥアルドの犠牲心を称えた。 「自分の中では見た瞬間、交代もできないし、1人少ない状況でやらなければいけないと思ったが、すぐに立ち上がって、『俺はできる。まだ試合は終わっていない。ピッチに戻してくれ』と言った素晴らしい選手の1人だ」と称え、「そして、全体で戦った中で、2点目が取れた。そういうところで、何かのために自分が犠牲になるという強い気持ちは、こういう世界では大事だと思っているし、そういう選手が自分は好きだ」とコメント。それでも「無理をさせることはまずない」と、重傷である可能性は少ないと判断したとした。 <span class="paragraph-title">【動画】勝負強さと決定力を見せつけたアンデルソン・ロペス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="deErlUeg7cw";var video_start = 262;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.11 06:45 Thu
7日、明治安田J1リーグ第7節のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスがノエビアスタジアム神戸で行われ、アウェイの横浜FMが1-2で勝利した。 昨季王者の神戸(4位)と一昨季王者の横浜FM(14位)。どちらも前節はゴールレスドローに終えていいるが、開幕6試合を通じ、どちらかと言えば、神戸が“らしい”戦いを続ける一方、横浜FMは自慢の得点力が鳴りをひそめ、苦しんでいる。 神戸は前節負傷の広瀬陸斗が欠場で、佐々木大樹が5試合ぶりの先発で左ウイングに。対する横浜FMはエドゥアルドが3試合ぶり、元日本代表DF小池龍太が1年以上ぶりにベンチに復帰だ。 最初のチャンスは神戸。8分、速攻から右サイドを抜け出した武藤嘉紀がクロスを上げ、ファーのボックス左でトラップした佐々木。フリーだったが、右足ボレーを上手く叩けず枠外へ。 佐々木は10分にもセットプレーから、大迫の落としに先ほどと同じ位置からフリーで右足ボレーも、同じ軌道を描いて枠外へ。軸足がしっかり芝生を踏みしめれていない。 22分、神戸は横浜FMのビルドアップを敵陣深くで刈り取り、最後はボックス手前から大迫勇也が右足シュート。低い軌道でパンチの効いた大迫らしいショットだったが、わずかにゴール左へ。 横浜FMは39分、ロングカウンターから左サイドバックの加藤蓮がボックス内までスプリントし、ラストパスを受けて左足シュート。DFに間合いを寄せられながらの一撃はポストを直撃する。 45分は神戸。右サイドのタッチライン際まで流れた武藤が高いクロスを上げ、飛び込んだ佐々木のヘディングシュートは枠上へ。先制点には繋がらずも、神戸らしいシンプルな攻撃だ。 45+2分は横浜FM。ナム・テヒの左CKはゴール前を通り越し、ファーから水沼宏太が右足ドンピシャボレーを放つ。神戸のGK前川黛也が反応できなかった一撃はクロスバーを叩く。 均衡を破ったのは横浜FM。後半頭の47分、喜田拓也の縦パスが起点となって押し込むと、最後はゴール前での混戦からアンデルソン・ロペスが蹴り込みネットが揺れる。 神戸は55分、得意のロングボールから押し込み、大迫が落としてバイタルエリアでパス交換。横浜FM守備陣の目線を振り回して最後は山口蛍がゴール前へフリーで飛び込む…右足シュートはGKポープ・ウィリアムに間一髪でセーブされる。 横浜FMは57分に2枚替え。松原健を下げて久々復帰の小池龍、宮市亮を下げてヤン・マテウスをピッチへ送り込む。 対する神戸も61分、佐々木を下げてジェアン・パトリックを投入も、直後の64分、接触プレーで痛めたエース大迫が自ら交代を要求。連戦下の緊急事態に井出遥也が投入された。 それでも直後に同点に。66分、敵陣でのボール奪取から攻撃に転じると、最後は左からのクロスをゴール前で待ち構えた宮代大聖がヘディングシュートを叩き込んだ。今季加入の背番号9は今季4得点目とした。 このあたりから激しさを増していく一戦。 75分、横浜FMのヤン・マテウスが浮き玉に抜け出すと、ボックスギリギリ外で神戸のGK前川が倒してしまい、前川は一発レッドに。神戸は大迫が下がったなか、武藤も下げてGK新井章太を投入せざるを得なくなる。 このファウルで与えたFKこそ決死のブロックで阻止も、数的不利となったホーム神戸。勢いそのままに逆転まで持っていきたいところだったが、大迫&武藤のエアバトルにも長けた2枚看板がいなくなり、劣勢を強いられる。 すると83分、10人全員で低く構えすぎた神戸は、自陣ボックス手前でフリーとなっていた横浜FMのヤン・マテウスに誰もつくことができず...巧みな左足コントロールショットをゴール左隅に叩き込まれた。 こうなると神戸も吹っ切れて積極的な攻めに転じるのが、サッカーの面白いところか。シンプルなロングボールや縦への直線的なスプリント、サイドからのクロスで糸口を探していく。それは神戸本来のスタイルでもある。 提示された後半のアディショナルタイムは12分間。神戸は90+2分、右サイドを全力疾走した酒井高徳からJ・パトリッキへ低いクロス...上手く合わせるが枠上へ外れ、本拠地ノエビアに詰めかけた全神戸陣営が頭を抱える。 決死のアタッキングを披露した神戸だが、結局次の1点は奪えず、無情のホイッスル。今季2敗目で2試合未勝利となった。 横浜FMは昨季も勝利したノエビアで1-2と勝利し、3試合ぶりの白星となった。 ヴィッセル神戸 1-2 横浜F・マリノス 【神戸】 宮代大聖(後21) 【横浜FM】 アンデルソン・ロペス(後2) ヤン・マテウス(後38) <span class="paragraph-title">【動画】ヤン・マテウスのビューティフル弾が決勝点に!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>鮮やかな虹をかけた<br>ヤン マテウス<br>\<br><br>思わずエースも頭を抱えたゴラッソ<br>完璧なコントロールショットで逆転<br><br>明治安田J1第7節<br>&lt;PICK UP MATCH&gt;神戸×横浜FM<br>Live on <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/oCXXClGymg">pic.twitter.com/oCXXClGymg</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1776866364344394233?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.07 16:04 Sun
フランスサッカー連盟(FFF)は14日、今月末に行われる国際親善試合に臨むフランス代表メンバー23名を発表した。 ユーロ2024本大会に向けて最後のテストの場となる今回のインターナショナルマッチウィークに向けてディディエ・デシャン監督は、キリアン・ムバッペ、ウスマーヌ・デンベレ、オリヴィエ・ジルー、マイク・メニャンの、アントワーヌ・グリーズマンら主力を順当に選出。 また、キングスレー・コマン(バイエルン)、ブバカル・カマラ(アストン・ビラ)らが負傷でメンバーを外れたなか、バンジャマン・パヴァール、オーレリアン・チュアメニが復帰した。 なお、一部ではコマン代役にブラッドリー・バルコラ(パリ・サンジェルマン)の招集も予想されたが、ムサ・ディアビが久々に招集されることになった。 フランスは、23日にホームでドイツ代表戦、26日に同じくホームでチリ代表と対戦する。 今回発表されたフランス代表メンバーは以下の通り。 ◆フランス代表メンバー23名 GK アルフォンス・アレオラ(ウェストハム/イングランド) マイク・メニャン(ミラン/イタリア) ブライス・サンバ(RCランス) DF ジョナタン・クラウス(マルセイユ) リュカ・エルナンデス(パリ・サンジェルマン) ダヨ・ウパメカノ(バイエルン/ドイツ) テオ・エルナンデス(ミラン/イタリア) バンジャマン・パヴァール(インテル/イタリア) ウィリアム・サリバ(アーセナル/イングランド) イブラヒマ・コナテ(リバプール/イングランド) ジュール・クンデ(バルセロナ/スペイン) MF ウォーレン・ザイール=エメリ(パリ・サンジェルマン) ユスフ・フォファナ(モナコ) アドリアン・ラビオ(ユベントス/イタリア) オーレリアン・チュアメニ(レアル・マドリー/スペイン) エドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー/スペイン) FW アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン) オリヴィエ・ジルー(ミラン/イタリア) マルクス・テュラム(インテル/イタリア) ムサ・ディアビ(アストン・ビラ/イングランド) ランダル・コロ・ムアニ(パリ・サンジェルマン) ウスマーヌ・デンベレ(パリ・サンジェルマン) キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) 2024.03.14 22:35 Thu
14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24・ラウンド16のバンコク・ユナイテッドvs横浜F・マリノスが行われ、2-2のドローに終わった。 グループFを首位で通過したバンコク・ユナイテッドとグループGを首位で通過した横浜F・マリノスの対戦。バンコク・ユナイテッドはリーグ首位を走るチーム。横浜FMにとっては、2024シーズンの最初の公式戦となった。 ハリー・キューウェル監督を迎えた横浜FMは、多くの選手が入れ替わっており、初陣で新戦力を起用。[4-3-3]のシステムを採用し、GKにポープ・ウィリアム、左サイドバックにDF加藤蓮、と新戦力を起用。3トップは、エウベル、ヤン・マテウス、アンデルソン・ロペスのお馴染みの3名が並んだ。 試合はアウェイの横浜FMが良い入りを見せる。開始5分、右CKからのクロスから、こぼれ球を加藤がボックス際で右足シュート。しかし、枠を外れていく。対するバンコク・ユナイテッドは6分にカウンター。ドリブルで持ち上がったウィレン・モタが離れた位置からミドルシュート。強烈なシュートが枠に飛んでいくが、GKポープ・ウィリアムがしっかりセーブする。 ホームのバンコク・ユナイテッドは押し込んでいくと、後方でボールを回す中でルンラット・プームチャントゥエクがポープ・ウィリアムまでプレス。あわやというシーンも生まれた。さらに10分には左サイドからカットインしたルンラットが左足シュート。これも枠に飛ぶが、上島拓巳に当たってブロックする。 立ち上がりはバンコク・ユナイテッドが主導権を握っていき、横浜FMは耐える時間が続いていく。 すると18分、左CKを獲得した横浜FMはナム・テヒがクロス。流れたボールをエウベルがゴール前で収めて右足アウトで押し込み、横浜FMが先制する。 押されながらも先制した横浜FM。すると25分にも追加点。左サイドのスペースにパスが出されると、加藤がフリーラン。追いつくと、ボックス左からグラウンダーのクロス。中央でアンデルソン・ロペスが潰れると、渡辺皓太が流し込み、横浜FMが追加点を奪う。 リードを2点に広げた横浜FM。ペースを握り直していくが、35分にはバンコク・ユナイテッドが右サイドを崩すと、CBのエドゥアルドが釣り出され、インナーラップしていたニティポン・セラノンがボックス内を仕掛けてシュート。GKポープ・ウィリアムの股間を抜けたシュートが決まり、1点差となる。 1点を返された横浜FMだったが、攻撃のペースは落ちず。左サイドを中心に仕掛け、積極的に加藤が攻撃参加。ゴールに迫っていくが、シュートはなかなか決まらない。 前半は横浜FMが1点リード。[4-3-3]のシステムが機能し、インサイドハーフの渡辺とナム・テヒが積極的にボックス内に入っていき、ゴールに迫るシーンが多く見られた。 両チーム交代がないまま迎えた後半のファーストシュートはバンコク・ユナイテッド。ルンラットがドリブルで持ち出し、ボックス手前から得意の左足ミドル。しかし、枠を越えていく。 すると49分に横浜FMがビッグチャンス。右サイドを崩すと、ヤン・マテウスのグラウンダーのクロスをアンデルソン・ロペスがボックス中央でフリーでシュート。これはブロックされると、こぼれ球をナム・テヒがシュートもこれもブロック。さらに加藤がシュートも、これもブロックされてしまう。 チャンスを逃していくと、流れは徐々にバンコク・ユナイテッドへ。選手交代でバッセル・ジラディ、マフムード・イードが入り、外国籍選手を中心に攻め込むことに。横浜FMはパスミスが目立つこととなり、耐える時間帯が続いていく。 なかなかチャンスを作れない横浜FMだったが73分にビッグチャンス。途中出場の天野純からロングフィードがスペースに出されると、宮市亮が受けてドリブルで持ち出しシュート。GKの上を狙ったループ気味のシュートは、わずかに枠を外れて行き追加点とはならなかった。 さらに82分にも横浜FMが大チャンス。スローインから相手の隙を突いた水沼宏太がボックス右からグラウンダーのクロス。2度の決定機を逸していた宮市が合わせに行くが、これも合わせられない。 横浜FMはアンデルソン・ロペスと加藤を下げて、植中朝日と渡邊泰基を投入して試合を終わらせに行く。85分には水沼が強烈なミドルシュートを放つが、GKの正面に飛んでいた。 決定機を活かせずに焦ったい展開となると、アディショナルタイム2分に痛恨の失点。渡邊のパスを奪われると、ボックスまで押し込まれてしまい、最後はニティポンのクロスをイードがフリーでヘッド。これが決まり、バンコク・ユナイテッドが同点に追いつく。 さらに松原健が危険なタックルを見舞ってしまい一発退場。そのまま試合は終了し、2-2のドローに終わり、2ndレグで決着をつけることとなった。2ndレグは21日に横浜国際総合競技場で行われる。 バンコク・ユナイテッド 2-2 横浜F・マリノス 【得点者】 0-1:18分 エウベル(横浜F・マリノス) 0-2:25分 渡辺皓太(横浜F・マリノス) 1-2:35分 ニティポン・セラノン(バンコク・ユナイテッド) 2-2:90分+1 マフムード・イード(バンコク・ユナイテッド) <span class="paragraph-title">【動画】渡辺皓太が華麗な崩しから追加点を奪う</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/bSKe204wRR">pic.twitter.com/bSKe204wRR</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1757745449971159149?ref_src=twsrc%5Etfw">February 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.14 22:58 Wed

記事をさがす