S・ラモス復帰もアザール招集外…逆転優勝目指すマドリーがビジャレアル戦招集メンバー発表

2021.05.22 00:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは21日、翌日に行われるビジャレアル戦に向けた招集メンバーを発表した。

ラ・リーガ最終節を前に首位のアトレティコ・マドリーと2ポイント差の2位に付けるマドリーは、ホームで行われる最終節での逆転優勝を目指す。

この重要な一戦に向けてジネディーヌ・ジダン監督は、これがクラブでのラストマッチの可能性もある、負傷明けのDFセルヒオ・ラモスをDFラファエル・ヴァランと共に招集した。



その一方で、DFダニエル・カルバハル、MFルーカスバスケス、DFフェルラン・メンディら長期離脱組に加え、新型コロナウイルスの陽性判定が出たMFトニクロース、右腿の違和感を訴えたとされるFWエデン・アザールら数選手が招集外となっている。今回発表された招集メンバーは以下の通り。

◆レアル・マドリー招集メンバー
GK
ティボー・クルトワ
アンドリー・ルニン
ディエゴ・アルトゥーベ

DF
エデル・ミリトン
セルヒオ・ラモス
ラファエル・ヴァラン
ナチョ・フェルナンデス
マルセロ
アルバロ・オドリオソラ
ミゲル・グティエレス

MF
ルカ・モドリッチ
カゼミロ
フェデリコ・バルベルデ
イスコ
アントニオブランコ

FW
カリム・ベンゼマ
マルコ・アセンシオ
ヴィニシウスジュニオール
マリアーノディアス
ロドリゴ・ゴエス


関連ニュース
thumb

セビージャがイスコの加入を正式発表!契約期間は2024年まで

セビージャは8日、レアル・マドリーを退団した元スペイン代表MFイスコ(30)の獲得を正式発表した。契約期間は2024年までとなる。 7日に移籍の基本合意が発表されていたイスコは、8日にメディカルチェックを受診し、2024年6月30日までの契約書にサインをしたとのことだ。 2013年にマラガからマドリーに加入したイスコは、在籍9年で公式戦353試合に出場し、3度のラ・リーガ制覇や5度のチャンピオンズリーグ優勝などを経験。 しかし、ここ数年は序列低下によって出場機会を失い、カルロ・アンチェロッティ監督が復任した昨シーズンも公式戦17試合の出場に留まっていた。 そういった中、イスコは昨シーズン限りとなっていた現行契約満了に伴い、エルブランコを退団していた。 2022.08.08 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季は22G20Aと覚醒 22歳ヴィニシウスが語る目標は「CLで5、6回優勝したい」

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがヨーロッパタイトルにかける想いを語った。 昨季は公式戦52試合に出場し、22ゴール20アシストというスタッツを残したヴィニシウス。大きく期待されてきたそのポテンシャルが覚醒し、マドリーの新たなエースとしての評価をほしいままにした。 特に際立ったのはチャンピオンズリーグ(CL)のノックアウトステージでの活躍だ。準々決勝のチェルシー戦で2アシストを挙げると、決勝のリバプール戦では値千金の決勝点をマークし、クラブにおける同大会14回目の制覇に大きく貢献した。 10日に行われるUEFAスーパーカップのフランクフルト戦を前に『UEFA.com』のインタビューに応えたヴィニシウスは、昨シーズンのCLでの戦いぶりを振り返った。 「昨シーズン、重要な試合には必ず顔を出した僕らのメンタリティはこのクラブとこのシャツのDNAそのものだったよ。僕らにはこの大会への臨み方を知っている仲間たちがいる。いくつかの試合では、感情がジェットコースターのように揺れ動いたけど、すべてが僕らの思い通りになったように思うよ」 「ベルナベウでのマンチェスター・シティ戦が印象に残った試合だよ。ロドリゴが途中出場から2分間で2ゴールを決めて、決勝に進出することができたんだ」 「決勝は僕にとっても、チーム全体にとっても、とても重要な瞬間だった。あれだけ素晴らしいシーズンだったのだから、決勝で勝って終えなければならなかったんだ。僕のキャリアはあと15年ほど残っているけど、次のファイナルがいつになるかは分からないから、最大限に楽しまないといけないと思っていたよ」 「決勝点を決めた時は独特の感覚だった。それを表現するには、多くを語ったり、書くべきではないね。あのシーズンに僕らが体現したフットボールを経験した人間だけが、あのゴールがどれだけ重要で、幸せなことかを知っているんだ」 また、「僕はこの世界最大のクラブで多くのことを成し遂げてきた選手たちを尊敬しているよ。もちろん、僕もここで勝ち続け、彼らと同じように長くプレーして、CLで5、6回は優勝したい。レアル・マドリーのシャツを着た偉大な選手たちと同じように人に影響を与えられるように努力を続けていくよ」ともコメント。これまでに多くの栄光を手にしてきた22歳だが、今後の目標には常に勝ち続けることを掲げた。 2022.08.08 16:07 Mon
twitterfacebook
thumb

イスコの新天地がセビージャに決定! 2年契約で合意

セビージャは7日、レアル・マドリーを退団した元スペイン代表MFイスコ(30)のフリートランスファーに関して基本合意に至ったことを発表した。 イスコは8日にメディカルチェックを受診した後、セビージャと2024年6月30日までの2年契約にサインする予定だ。 2013年にマラガからマドリーに加入したイスコは、在籍9年で公式戦353試合に出場し、3度のラ・リーガ制覇や5度のチャンピオンズリーグ優勝などを経験。しかし、ここ数年は序列低下によって出場機会を失い、カルロ・アンチェロッティ監督が復任した昨シーズンも公式戦17試合の出場に留まっていた。 そういった中、イスコは昨シーズン限りとなっていた現行契約満了に伴い、エルブランコを退団。新天地に関しては恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督が率いるベティスや、セリエAのミランやローマ、ナポリといったクラブへの移籍も取り沙汰されていた。 しかし、スペイン代表とマドリーで指導を受けていたフレン・ロペテギ監督が率いるセビージャ行きを決断した。 2022.08.07 21:43 Sun
twitterfacebook
thumb

レアルのU-21スペイン代表DFグティエレスがジローナに完全移籍…5年契約

ジローナは5日、レアル・マドリーのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(21)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2027年夏までの5年間となる。 ヘタフェのユースからマドリーのカンテラに加入したグティエレス。順調に昇格を重ね、2020年7月からはカスティージャに所属していた。 カスティージャに所属しながら、2020-21シーズンはファーストチームデビュー。ラ・リーガで6試合に出場し1アシストを記録していた。 2021-22シーズンもラ・リーガで3試合1アシスト、チャンピオンズリーグでも1試合プレーしていた。 左サイドバックでプレーするグティエレスは、世代別のスペイン代表も経験。U-21スペイン代表でも1試合プレーしていた。 2022.08.06 07:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ダンフリース売却噂のインテル、後釜はオドリオソラなど2選手か

インテルは、売却が噂されるオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)の後釜として2選手をリストアップしているようだ。 ダンフリースは昨夏にPSVから加入し、右ウイングバックを主戦場にチームの主軸として活躍。公式戦45試合5得点7アシストを記録した。しかし、クラブが財政難という状況もあり、今夏流出の可能性は決して低くない。ここ数日はチェルシーとの交渉中であることが報じられている。 そんな中、イタリア『スポーツ・メディアセット』によると、インテルはダンフリースを売却した場合の後釜として、レアル・マドリーの元スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(26)と、レスター・シティのベルギー代表DFティモシー・カスターニュ(26)を選択肢に載せたとのことだ。 オドリオソラは2018年夏から在籍するマドリーで出場機会に恵まれず。バイエルンへの半年レンタルを経験し、昨季はフィオレンティーナで1年間プレー。セリエA25試合に出場し、イタリアサッカーを体感したことで、インテルの獲得リストに浮上したと考えられる。 一方のカスターニュはかつてアタランタに在籍。絶対的な主力ではなかったものの、両サイドをこなせる利便性が魅力で、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督からも重宝されていた。現所属のレスターでは、2年間でプレミアリーグ54試合3得点3アシストを記録している。 2022.08.04 20:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly