イスコ ISCO

ポジション MF
国籍 スペイン
生年月日 1992年04月21日(32歳)
利き足
身長 176cm
体重 79kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

バルセロナの10代コンビらスペイン代表候補29名が発表! 指揮官はケガなどのリスクを考慮し期限までに熟考へ 【ユーロ2024】

スペインサッカー連盟(RFEF)は27日、ユーロ2024に臨むスペイン代表メンバー候補29名を発表した。 ルイス・デ・ラ・フエンテ監督は、本大会の登録メンバー26名よりも多い29名を招集。3名がこのリストからは漏れることとなる。 GKウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)やDFアイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ)、MFロドリ(マンチェスター・シティ)、FWアルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリー)など、順当に主軸が選ばれた. また、17歳のDFパウ・クバルシ、 21歳のMFフェルミン・ロペス、16歳のFWラミン・ヤマルとバルセロナの若手らも招集。フェルミン・ロペスとFWアジョセ・ペレス(レアル・ベティス)は初招集となった 加えて、招集も期待されたMFイスコ(レアル・ベティス)は負傷。その他にも、MFガビ(バルセロナ)、DFホセ・ルイス・ガヤ(バレンシア)、FWボルハ・マジョラル(ヘタフェ)らもケガにより招集できず。一方で、FWマルコ・アセンシオ(パリ・サンジェルマン)は選外となった。 デ・ラ・フエンテ監督は29名の招集について説明。「チャンピオンズリーグの決勝戦や練習中に問題を引き起こす可能性のあるあらゆる挫折を防ぐためだ」とコメント。「誰もが同じ選択肢を持っている。リスクを最小限に抑えるつもりだ。我々には非常に多才な選手がいる」と、問題が起きてから突然入れ替えるのではなく、最初に予備メンバーを呼んでおく方針であると明かした。 また「レギュレーションが与えてくれる可能性を活用しなければならない。締め切りは7日だが、残炎ながらケガ人が出てしまうかもしれない」とし、「リスクを最小限に抑えたい。限界まで待つつもりだ」と、期限ギリギリまで選手の状態を見極めるとした。 スペインはグループBに入っており、クロアチア代表、イタリア代表、アルバニア代表と同居している。今回発表されたスペイン代表候補メンバーは以下の通り。 ◆スペイン代表候補メンバー29名 GK ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ) ダビド・ラヤ(アーセナル/イングランド) アレックス・レミロ(レアル・ソシエダ) DF ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー) ヘスス・ナバス(セビージャ) アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ/イングランド) ロビン・ル・ノルマン(レアル・ソシエダ) ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー) ダニ・ビビアン(アスレティック・ビルバオ) パウ・クバルシ(バルセロナ) アレハンドロ・グリマルド(レバークーゼン/ドイツ) マルク・ククレジャ(チェルシー/イングランド) MF ロドリ(マンチェスター・シティ/イングランド) マルティン・スビメンディ(レアル・ソシエダ) ファビアン・ルイス(パリ・サンジェルマン/フランス) ミケル・メリーノ(レアル・ソシエダ) マルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリー) ペドリ(バルセロナ) アレイシ・ガルシア(ジローナ) アレックス・バエナ(ビジャレアル) フェルミン・ロペス(バルセロナ) FW アルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリー) ホセル(レアル・マドリー) ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ) ダニ・オルモ(RBライプツィヒ/ドイツ) フェラン・トーレス(バルセロナ) ニコ・ウィリアムズ(アスレティック・ビルバオ) ラミン・ヤマル(バルセロナ) アジョセ・ペレス(レアル・ベティス) <span class="paragraph-title">【動画】スペイン代表がユーロ予選で決めた全ゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><a href="https://twitter.com/hashtag/VamosEspa%C3%B1a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VamosEspaña</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/APorLaCuarta?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#APorLaCuarta</a> <a href="https://t.co/qLsqbuGcqg">pic.twitter.com/qLsqbuGcqg</a></p>&mdash; Selección Española Masculina de Fútbol (@SEFutbol) <a href="https://twitter.com/SEFutbol/status/1795025640241926403?ref_src=twsrc%5Etfw">May 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.27 18:55 Mon

代表復帰叶わずのイスコ、手術が成功…ベティスが発表

レアル・ベティスは20日、負傷した元スペイン代表MFイスコの続報を発表した。 イスコは同日午後にベティスの外傷チームによる手術を受けて成功。術後数時間で退院した後、自宅安静とクラブの医療サービスによって経過観察され、理学療法とリハビリが始まるという。 全治未公表だが、スペイン『マルカ』によると、2~3カ月間はピッチに戻れず。プレシーズンの序盤を棒に振る見込みで、8月中旬のラ・リーガ開幕に間に合うかを見極めていく模様だ。 イスコはレアル・マドリーから今季加入し、リーガ29試合で8得点5アシストを記録。実に19試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍ぶりで、来るユーロ2024で代表復帰が期待された。 だが、16日に行われた第36節のラス・パルマス戦にて39分に交代。後のクラブから左足腓骨の骨折という診断結果とともに手術の可能性も指摘され、代表復帰も叶わなくなっていた。 2024.05.21 16:15 Tue

ベティスを支えたイスコ、ふくらはぎの負傷と思いきやまさかの腓骨骨折

レアル・ベティスは17日、元スペイン代表MFイスコの負傷を発表した。 クラブの発表によると、イスコは検査を受けた結果、左腓骨骨幹骨折と診断。全治は明らかになっていないが、今後手術を受けるかどうかの判断が下されるという。 半年間のブランクがありながら、今シーズンからベティスに加入したイスコ。ラ・リーガでは29試合に出場し8ゴール5アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)でも6試合で1ゴール2アシストを記録していた。 16日に行われたラ・リーガ第36節のラス・パルマス戦でも先発したた、相手の偶発的なタックルフェ負傷。当初はふくらはぎの負傷かと思われていたが、 今シーズンはかつての輝きを取り戻しつつあり、19試合でマン・オブザ・マッチ(MOTM)を受賞するほど、チームの中心として戦ってきた。 今夏開催されるユーロ2024で電撃的に5年ぶりのスペイン代表復帰の可能性も期待され、ルイス・デ・ラ・フエンテ監督の候補にも入っているとされていたが、まさかのケガで100%無くなることになってしまった。 2024.05.17 22:45 Fri

32歳イスコが今季28試合で19回目のMOM…5年ぶりスペイン代表復帰も?「実は声がかかった場合に備えて…」

レアル・ベティスの元スペイン代表MFイスコ(32)が、今季28試合で19回目のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。 9年間のレアル・マドリー在籍でチャンピオンズリーグ(CL)を5度も制したイスコ。22-23シーズン加入のセビージャは色々あって5カ月で契約解除し、約半年間のブランクを経て、今季からセビージャの宿敵ベティスでプレーする。 ここまで残した数字は公式戦35試合9得点7アシスト。オフェンシブハーフとして、まさにチームの攻撃を司る存在であり、うちリーグ戦は28試合出場…1得点1アシストを記録した直近のアルメリア戦(3◯2)含め、表題の通り、なんと28試合で19回のMOM受賞だ。 この「19」試合、目下ヨーロッパリーグ(EL)行きを激しく争う中堅勢力のベティス(現在6位)が常に勝利しているかと言えば、そうではない。それほどまでにイスコのパフォーマンスが印象的であることがよくわかる。 そんなイスコだけに、ある野望が沸く。 アルメリア戦後、『DAZN』のインタビューでレポーターから「スペイン代表に復帰する可能性はありますか?」と問われると…。 「実はこの夏、新婚旅行があるんだ。スペイン代表ね…もちろんまだわからないけど、様子を見るべきなのは確かだ。何事にも備えがなくては。声がかかった場合に備えて、旅行のキャンセル保険に加入してるんだ」 イスコは国際Aマッチ通算38試合12得点。2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)ごろはスペイン代表の主軸も、19年6月を最後に5年間フェードアウトし、ユーロ(欧州選手権)への出場歴はない。 今季の活躍から、今夏開催ユーロ2024への招集が期待されるようになっているイスコ。スペイン『Relevo』いわく、現時点でルイス・デ・ラ・フエンテ監督の招集候補リストには名を連ねていないが、可能性は排除できないという。 アルメリア戦がプロ通算600試合出場の大台だったという32歳イスコ。本人もスペイン代表復帰、ユーロ2024行きが視野に入っているようだ。 2024.05.13 13:35 Mon

ベティスに痛手…絶好調イスコが左ハムストリング負傷で戦線離脱

レアル・ベティスは、元スペイン代表MFイスコの負傷を報告した。 イスコは4日に行われたラ・リーガ第23節のヘタフェ戦で同点ゴールを決めたが、後半途中にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 そのイスコの状態についてクラブは、左ハムストリング筋近位筋腱損傷と診断されたことを明かした。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、少なくとも数週間単位の離脱が見込まれる。 昨夏、恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督のラブコールを受けてベティスに加入したイスコは、ここまでの公式戦29試合に出場し、7ゴール5アシストを記録。ラ・リーガの前半戦においては異論なしのチームベストプレーヤーだった。 2024.02.07 06:30 Wed

ベティスに痛手…今季中心として活躍するイスコがハムストリング負傷か

レアル・ベティスの元スペイン代表MFイスコが負傷。チームにとっては大きな痛手となりそうだ。 ベティスは4日、ラ・リーガ第23節でヘタフェをホームに迎えた。早々に先制を許したが、前半のうちにイスコがPKを決めて追いつく。 しかし後半に悲劇。後半途中にイスコが負傷。明らかに足を引きずり、ハムストリングをアイシングしている姿が見られ、しばらく離脱になる可能性が高いと見られている。 ヨーロッパリーグ(EL)で3位敗退のベティスはカンファレンスリーグ(ECL)・プレーオフのディナモ・ザグレブ戦を控えている状況。ただ、イスコは間に合わない可能性が高いと見られている。 今シーズンは大きなケガがなく、リーグ戦では1試合を欠場したのみだった。 2024.02.05 21:20 Mon

「なぜ、もっと一生懸命戦わなかったのか」、ベティスで躍動するイスコがマドリー最終年の姿勢を自己批判

レアル・ベティスの元スペイン代表MFイスコは、レアル・マドリーでの自身のラストシーズンでの振る舞いを後悔している。 イスコは、2013年から2022年まで通算9年に渡ってマドリーに在籍。その間に通算353試合出場53ゴール57アシストを記録し、ラ・リーガ優勝3回、チャンピオンズリーグ優勝5回など計19ものタイトルに恵まれた。 しかし、2021-22シーズンに第二次政権を発足させたカルロ・アンチェロッティ監督の下ではプレー機会を得られず、構想外の扱いとなった。その後、クラブを離れたイスコはセビージャでの短期間のプレーを経て、今シーズンから恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督率いるベティスへ加入。開幕から本来のパフォーマンスを取り戻し、前半戦のベストプレーヤーの一人となった。 昨年10月のスペイン『Canal Sur Radio』でのインタビューで、苦しんだマドリーでのラストシーズンについて語っていた元スペイン代表MFは、スペイン『Movistar』で再び当時を回想。 前回のインタビューでは恨み節のようなトーンだったが、今回のインタビューでは「なぜ、もっと一生懸命戦わなかったのか」と当時の姿勢を自己批判している。 「一番後悔している」 「今、そう言えるのは、長い時間が経ち、子供のころのようにフットボールを楽しんでいる自分が戻ってきたからだ。(当時は)自分が被害者のように感じていたけど、実際はそうではなかった。無責任に他人を責めていただけだったと思う」 「振り返ってみると、なぜ自分はもう一歩踏み出して、もっと一生懸命戦わなかったのかと思うよ。その瞬間、自分自身を証明し、プレーし、チームメイトの代わりにプレーするという熱意を少し失っていたことが分かった。少し落ち込んでしまい、状況を好転させる精神的な強さがなかったと思う」 “覆水盆に返らず”でマドリーでの最後の日々は決して戻ってこないが、自身の過去の過ちを認める精神的な余裕、強さを手にしたイスコの今後の活躍に大きな期待が懸かるところだ。 2024.01.24 23:46 Wed

ベティス、恩師の下で輝きを取り戻したイスコとの契約を2027年まで延長!

レアル・ベティスは28日、元スペイン代表MFイスコ(31)との契約延長を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 長らくレアル・マドリーでプレーしたイスコは、2021-22シーズン限りでエル・ブランコを退団。その後、セビージャでのプレーを経て、今夏にマラガ時代の恩師であるマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いるベティスにフリーで加入。 加入初年度からすぐに中盤の司令塔としてのポジションを確保すると、ここまで公式戦23試合に出場し3ゴール4アシストを記録。すでに10回のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど、恩師の下で再び輝きを取り戻していた。 2023.12.28 23:30 Thu

ベティスで輝きを取り戻したイスコが2027年までの新契約で合意か

元スペイン代表MFイスコ(31)が、レアル・ベティスとの契約延長に合意したようだ。 長らくレアル・マドリーでプレーしたイスコは、セビージャでのプレーを経て、今夏にマラガ時代の恩師が率いるベティスにフリーで加入。すぐに中盤の司令塔としてレギュラーに定着すると、今季はここまで公式戦23試合に出場し3ゴール4アシストを記録。 すでに10回のマン・オブ・ザ・マッチに輝くなど、アンダルシアの地で輝きを取り戻したイスコの活躍を高く評価するクラブは、今季終了までとなっている契約の見直しを希望。加えて、現在設定されている1000万ユーロ(約15億7000万円)の契約解除金も引き上げを検討しているとのことだ。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、イスコはベティスと2027年6月30日までの新契約で合意。近日中にもベティスから公式リリースが発表されるとみられている。 2023.12.25 08:00 Mon

「脅迫も受けた」キスの被害者であるエルモソが告白、苦しい被害者の心境「自分が引き起こしたわけではないのに…」

スペインサッカー連盟(RFEF)の元会長であるルイス・ルビアレス氏にキスをされたことで大きな注目を集めたスペイン女子代表FWジェニファー・エルモソだが、脅迫を受けていたことを明かした。 事件が起きたのはオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の決勝の後。スペインが悲願の初優勝を果たすと、表彰式でルビアレス元会長がエルモソの唇にいきなりキスをした。 この映像が出回ると、世界中で大きな話題に。エルモソが望んでいないものだったと明かしたことで、ルビアレス元会長に大きな批判が集まった。 ルビアレス元会長は自身の行いを認めず、「合意の上だった」と主張を続けたが、結局辞任に追い込まれることに。さらに国際サッカー連盟(FIFA)からは3年間の資格停止処分が下され、性的暴行疑惑としてエルモソに正式に訴えられる事態となった。 被害者であるエルモソは、ファッション誌『GQ』で改めて当時を振り返り、とても苦しんだと当時の心境を語った。 「この数週間はとても大変でした。また、そのことを何度も何度も話さなければならなかったので、とても傷つきました」 「でも何らかの方法でそれを解決しなければならなかったのはわかっています。私は長年一緒にいる心理学者の助けを借りて、この問題に取り組み続けています」 「私にとって、メンタルヘルスは、フィールドに出るために必要な睡眠時間や毎日のトレーニングと同じぐらい重要です。私は強くなったことを感じ、心が折れたり、もうサッカーをしたくないと考えることはありません。私は情熱を失っていないのです」 精神的に追い込まれることもあったが、セラピーのおかげで保っているとのこと。そして、女子サッカー選手が不当な扱いを日常的に受けていることを知らせることになったとし、サポートしてくれた人への感謝を口にした。 「最初は何が起きているのか理解するのが難しかったです。とても多くの人が、私の側にいた事実にとても感謝しています」 「女優、サッカー選手、W杯のライバルたち、例えば決勝で負かしたイングランド代表。その全てが、みんなのためにこの仕事を続け、やり抜く力を私にくれました」 多くの励ましの言葉、連帯を示す人がいた一方で、批判を受けることも少なくなかった。 「私たちは男子選手を同じ給料をもらいたいと常に言われてきましたが、それは真実ではありません。私たちはただ最低賃金があり、尊重され、何か大きなことを成し遂げる機会を与えてもらえるという基本的なことを望んでいました」 「このW杯で優勝して以来、私の心に残っている言葉があります。『どんなことがあっても、私たちはチャンピオンになった』です」 女性が決して優位に立つということではなく、男女平等という意味がある「フェミニズム」の意味を理解した人が多い。そして、フェミニストの意識のおかげで、今回の事件が大きな騒動になったという。 「そのことがこれほどの大きな騒動を巻き起こし、特に私に多大なる損害を与えた理由だと思います」 「私は自分が引き起こしたわけではないのに、自分で選択したり計画していない行為の結果を引き受けなければいけませんでした。脅迫も受けましたが、それは決して慣れるものではありません」 不当な扱いを受けていることが、まさかの事件でさらに明るみに出ることに。苦しい思いをしたエルモソだが、兄と家族が助けてくれたという。 「兄がオーストラリアでW杯に来ていて、一緒にてきたことは幸運だったと思う。彼は私が世界チャンピオンになるのを目撃したけど、突然この事件に巻き込まれ、私と一緒に全てを直接体験しました」 「彼は私の兄弟で、家族で、サポートをしてくれる人であり、それが私にとってはさらに貴重でした。この全ての混乱の中で、彼が私のそばにいることは、心の平穏にとって不可欠でした」 そして、スペインの男子選手からも声が上がり、そのことに感謝した。 「最初に声をあげてくれたボルハ・イグレシアス、エクトル・ベジェリン、イスコに感謝します。チームとしての私たちの哲学は、常に団結し、感じたことを行うというものでした。これが私たちが全てを成し遂げた方法です」 難しい時期を過ごしたエルモソ。スペイン女子代表に復帰し、復帰戦でゴールも記録。「しばらくの間、私は自分がサッカー選手であることを忘れていました」と語ったように、いらない苦しみを味わうこととなった。 「でも、トレーニングセッションに戻り、キットを着てピッチに戻り、再び最高の自分を表現しようとします。牡牛座(5月9日生まれ)である私は、戦わなければならないだけでなく、自分自身を守らなければいけないことにも気付かされます」 「何か欲しいものがあれば、何度失敗しても、壁にぶつかっても、それを追い求める。そのおかげで、サッカーの世界で成し遂げようとしたことを全て達成することができた」 決して挫けないエルモソ。再び輝き、笑顔を取り戻すことを願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】性的暴行罪の可能性も、エルモソが訴えた会長からの合意のないキス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Bij het uitreiken van de gouden WK-medailles kust de Spaanse bondsvoorzitter Luis Rubiales speelster Jenifer Hermoso op de mond. Een zoen die in Spanje tot verontwaardigde reacties lijdt.<br><br>Meer → <a href="https://t.co/NnTorFGYyA">https://t.co/NnTorFGYyA</a> <a href="https://t.co/2Hab7qDARf">pic.twitter.com/2Hab7qDARf</a></p>&mdash; NOS Sport (@NOSsport) <a href="https://twitter.com/NOSsport/status/1693616815232987646?ref_src=twsrc%5Etfw">August 21, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.11.07 21:57 Tue
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年7月26日 無所属 ベティス 完全移籍
2022年12月21日 セビージャ 無所属 -
2022年8月7日 レアル・マドリー セビージャ 完全移籍
2013年7月1日 マラガ レアル・マドリー 完全移籍
2011年7月1日 バレンシアB マラガ 完全移籍
2009年7月1日 バレンシアB 完全移籍
今季の成績
UEFAヨーロッパリーグ グループC 6 362’ 1 1 0
ラ・リーガ 29 2340’ 8 10 0
合計 35 2702’ 9 11 0
出場試合
UEFAヨーロッパリーグ グループC
第1節 2023年9月21日 vs レンジャーズ 88′ 0
1 - 0
第2節 2023年10月5日 vs スパルタ・プラハ 90′ 1
2 - 1
第3節 2023年10月26日 vs アリス・リマソール 18′ 0
0 - 1
第4節 2023年11月9日 vs アリス・リマソール 31′ 0
4 - 1
第5節 2023年11月30日 vs スパルタ・プラハ 45′ 0
1 - 0
第6節 2023年12月14日 vs レンジャーズ 90′ 0 58′
2 - 3
ラ・リーガ
第1節 2023年8月13日 vs ビジャレアル 71′ 0
1 - 2
第2節 2023年8月20日 vs アトレティコ・マドリー 72′ 0 51′
0 - 0
第3節 2023年8月27日 vs アスレティック・ビルバオ 90′ 1
4 - 2
第4節 2023年9月2日 vs ラージョ・バジェカーノ 90′ 0
1 - 0
第5節 2023年9月16日 vs バルセロナ 67′ 0
5 - 0
第6節 2023年9月24日 vs カディス 90′ 0 96′
1 - 1
第7節 2023年9月28日 vs グラナダ 81′ 0
1 - 1
第8節 2023年10月1日 vs バレンシア 62′ 0
3 - 0
第9節 2023年10月8日 vs アラベス 90′ 0 89′
1 - 1
第10節 2023年10月21日 vs ヘタフェ 90′ 0
1 - 1
第11節 2023年10月29日 vs オサスナ 90′ 1 77′
2 - 1
第12節 2023年11月4日 vs マジョルカ 87′ 0
2 - 0
第13節 2023年11月12日 vs セビージャ 90′ 0
1 - 1
第14節 2023年11月26日 vs ラス・パルマス 75′ 0
1 - 0
第15節 2023年12月3日 vs アルメリア 90′ 0
0 - 0
第16節 2023年12月9日 vs レアル・マドリー 90′ 0
1 - 1
第17節 2023年12月17日 vs レアル・ソシエダ 90′ 0 87′
0 - 0
第18節 2023年12月21日 vs ジローナ メンバー外
1 - 1
第19節 2024年1月3日 vs セルタ 89′ 0
2 - 1
第20節 2024年1月13日 vs グラナダ 90′ 1 93′
1 - 0
第21節 2024年1月21日 vs バルセロナ 90′ 2
2 - 4
第22節 2024年1月27日 vs マジョルカ 90′ 0
0 - 1
第23節 2024年2月4日 vs ヘタフェ 82′ 1 43′
1 - 1
第24節 2024年2月9日 vs カディス メンバー外
0 - 2
第25節 2024年2月18日 vs アラベス メンバー外
0 - 0
第26節 2024年2月25日 vs アスレティック・ビルバオ メンバー外
3 - 1
第27節 2024年3月3日 vs アトレティコ・マドリー メンバー外
2 - 1
第28節 2024年3月10日 vs ビジャレアル メンバー外
2 - 3
第29節 2024年3月17日 vs ラージョ・バジェカーノ 36′ 0 83′
2 - 0
第30節 2024年3月31日 vs ジローナ 90′ 0 31′
3 - 2
第31節 2024年4月12日 vs セルタ 87′ 0
2 - 1
第32節 2024年4月20日 vs バレンシア 59′ 0
1 - 2
第33節 2024年4月28日 vs セビージャ 83′ 1 40′
1 - 1
第34節 2024年5月5日 vs オサスナ メンバー外
0 - 2
第35節 2024年5月12日 vs アルメリア 90′ 1
3 - 2
第36節 2024年5月16日 vs ラス・パルマス 39′ 0
2 - 2
第37節 2024年5月19日 vs レアル・ソシエダ メンバー外
0 - 2
第38節 2024年5月25日 vs レアル・マドリー メンバー外
0 - 0