34分の1 C・ロナウドがラ・リーガで決めたハットトリックの一つをお届け【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.10.18 20:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、ユベントスに所属するポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。

◆ドライブシュートに直接FK にヘディング!C・ロナウドが無双

レアル・マドリーで過ごした9シーズンで公式戦438試合に出場し450ゴールを記録したC・ロナウド。ラ・リーガでは292試合で311ゴールを記録し、34回ものハットトリックを達成している。

その内の一つが2016年3月5日に行われたラ・リーガ第28節のセルタ戦だ。

前半を1-0で折り返したマドリーは後半に攻撃陣が畳みかける。まずは50分、ゴール正面約25mの位置から右足を振り抜いたC・ロナウドの強烈なドライブシュートがゴール中央上に突き刺さった。

そして58分にC・ロナウドの直接FKが炸裂。ボックス手前左で得たFKをC・ロナウドが直接狙うと、GKが一歩も動けない完璧なシュートを突き刺した。

その後マドリーは1点を返されるも、64分にC・ロナウドがハットトリックを達成する。ボックス左へ抜け出したイスコの折り返しをフリーのC・ロナウドが押し込んだ。

さらに76分には左CKからC・ロナウドがヘディングシュートでこの試合4点目を決め、マドリーは7-1の大勝を飾っている。

13日に新型コロナウイルス(COVID-19)検査で陽性反応が確認されたC・ロナウド。所属先のユベントスでは28日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でバルセロナとのビッグマッチを控えるだけに、回復が待たれるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ベッカム、ロビーニョ、ロナウド、ラウール…スーパースターたちによる鮮やかな銀河系速攻ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スター軍団が見せた鮮やかな連携<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpOXliaWhSViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1994年のトップチームデビュー以来、スーパースターが集まるチームの中の生え抜きのエースとしてマドリディスタから愛されたラウール氏。クラブの象徴として多くのタイトルを勝ち取った。 抜群のサッカーセンスで、何でもこなす万能FWとして活躍したラウール氏だが、“銀河系軍団”全盛期の2005年8月28日に行われたラ・リーガ開幕節のカディス戦では、スター選手たちの見事な連携からゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた85分、自陣からMFデイビッド・ベッカムが正確なロングパスを前線に入れると、FWロビーニョが胸トラップでボールをコントロールし、走り込んできたFWロナウドにボールを渡す。ロナウドがその勢いのまま一気にボックス内に侵入し、GKとの1対1の場面を作ると、意表をつく横パスをラウールに送り、フリーのラウールが勝ち越しゴールを決めてみせた。 このゴールで2-1とリードを奪ったマドリーが開幕戦を勝利で飾っている。 2020.11.26 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「唯一無二の選手」レアルのジダン監督がマラドーナ氏の死を偲ぶ「全世界にとって悲しいニュース」

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がコメント。チャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦後の会見で、マラドーナ氏の死を偲んだ。 「サッカー界だけでなく、全世界にとって悲しいニュースだ。特に86年のワールドカップでのマラドーナを覚えている」 「私は14歳で、ご存知の通り彼は唯一無二の選手だった。彼は誰もが真似したかった選手だった」 「全ての子供たちは、彼に様々なことを伝えたいと思っていて、私は彼に伝えるチャンスがあった。すごい選手であり、それは覚えている」 「悲しいニュースであり、我々は彼の家族に加わることになった。彼が安らかに眠れるように。それが最も重要なことだ」 2020.11.26 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「素晴らしい試合をした」インテル戦勝利のジダン監督「重要な3ポイント」と結果を誇る

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、インテル戦の結果に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えた。 25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第4節でインテルと対戦したマドリー。7分にMFエデン・アザールがPKを成功させて先制すると、59分にDFアクラフ・ハキミのオウンゴールを誘発させて、2-0の快勝を収めた。 インテルに2連勝を収めてグループ2位に浮上したジダン監督は試合後のインタビューで「勝ち点3に値した」と選手のパフォーマンスを称賛。また、DFセルヒオ・ラモスやFWカリム・ベンゼマと攻守の要が不在のなか、気迫溢れるパフォーマンスを披露した選手たちを労っている。 「我々は素晴らしい試合をした。今夜は重要な3ポイントだった。いつものように決勝戦だと考えて戦い、最初から最後までキャラクターを出して、集中力を持ってプレーしてくれた。我々は3ポイントに値した。試合の重要性はわかっていた」 「最も完璧な試合かはわからないが、我々にとって重要な3ポイントを獲得できた。セルヒオ(・ラモス)なしで勝ったかどうかを聞かれたから最終的に変更したよ」 「それは誰にとっても良いこと。セルヒオは幸せでなければいけないし、カリムも幸せでなければいけない」 「それは全員の仕事。個性と気持ちを込めて良い試合をした。これらは我々にとって重要な3ポイントであり、進むべき道のりだ」 2020.11.26 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーが10人のインテル撃破で2位浮上! PK弾のアザールがCL3年ぶりのゴール《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第4節、インテルvsレアル・マドリーが25日に行われ、アウェイのマドリーが0-2で勝利した。 グループ本命に挙げられながらも、ここまで最下位に沈むインテル(勝ち点2)と、3位のレアル・マドリー(勝ち点4)の両チームによる重要な一戦。 敵地で行われた前回対戦を2-3で競り負けて未勝利が続くインテルだが、直近のトリノ戦では4-2の逆転勝利を収め、公式戦5試合ぶりの白星を手にした。勝ち点3必須の一戦ではそのトリノ戦で全ゴールに絡み、前回対戦を負傷で欠場していたルカクが復帰を果たした。 一方、インテル戦で今季CL初白星を手にしたマドリーだが、以降のリーグ戦ではバレンシア、ビジャレアルを相手に1敗1分けの未勝利が続く。加えて、多くの負傷者に悩まされており、セルヒオ・ラモスやベンゼマ不在の中で直近のビジャレアル戦と同じ11人で臨んだ。 試合は前回対戦と同様に早い時間帯に動く。ボックス内でシュートモーションに入ったナチョをバレッラが不用意に倒してマドリーにPKが与えられる。これをキッカーのアザールが冷静に流し込み、開始7分の先制点とした。 アザールの3年ぶりとなるCLでのゴールで先手を奪ったマドリーは直後の13分にもボックス右に持ち込んだルーカス・バスケスが左ポスト直撃のシュートを放つなど、押し込んでいく。 一方、序盤から守勢が続くインテルはルカクとラウタロ・マルティネスの2トップに効果的なボール入らず、なかなか攻め手を見いだせない。26分にはボックス手前で得たFKをルカクが直接狙うが、これは枠を捉え切れない。 すると、30分過ぎには試合の行方を大きく左右するアクシデントが発生。33分、ボックス内でシュートモーションに入ったビダルがルーカス・バスケスとの交錯で倒れ込む。だが、ややオーバーリアクションで倒れたことで、主審のアンソニー・テイラーはシミュレーションと判断し、イエローカードを掲示。さらに、猛抗議を行ったビダルに2枚目のカードまで掲示し、元バルセロナMFは退場処分となった。 1点ビハインドに加えて数的不利を背負って試合を折り返したインテルはハーフタイム明けにラウタロとバストーニを下げてダンブロージオ、ペリシッチを同時投入。 一方、マドリーは59分にウーデゴールとマリアーノを下げてカゼミロ、ロドリゴをピッチに送り込むと、この直後に2点目が生まれる。ボックス右に抜け出したルーカス・バスケスのクロスにファーサイドのロドリゴが反応すると、その手前でクリアを試みたアクラフ・ハキミの足に当たったボールがゴールネットを揺らした。 前回対戦でバックパスから失点に絡んだハキミの2試合連続恩返しによって余裕の試合運びとなったマドリーは、ここからきっちりゲームをコントロール。 一方、敗色濃厚のインテルは何とか一矢報いようと、途中出場のペリシッチらが積極的な仕掛けでフィニッシュまで持ち込むが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。その後は週末のサッスオーロ戦を睨んでか、試合終盤にはルカクを下げてエリクセンを投入するなど、やや消極的な戦い方で試合を終えることになった。 そして、10人のインテルを2-0で破って2連勝のマドリーがグループ2位に浮上。一方、敗れたインテルは4戦未勝利で2年連続での敗退が濃厚となった。 インテル 0-2 レアル・マドリー 【レアル・マドリー】 アザール(前7[PK]) OG(後14) 2020.11.26 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

CLインテル戦を控えるジダン監督、負ければ最下位も「今の状況から抜け出せる」

レアル・マドリーのジネディーヌジダン監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは25日、CLグループB第4節でインテルと対戦予定。ここまで1勝1分け1敗で3位とまさかの苦戦を強いられており、今月3日に行われた第3節のインテル戦で初白星を手にした。 勝てば首位浮上の可能性がある一方で、負ければ最下位に転落することになる重要な一戦を前に、ジダン監督は勝利することの重要性を強調。全力を尽くすと意気込んだ。 「我々は良い状態だ。準備もできているし、この試合がどれだけ重要なものか分かっている。早く試合がしたいという思いだ。今は最終調整に入っており、明日の試合にむけて集中力を高めている」 「我々は常に勝つことを目標にしている。引き分けや負けを狙って試合に臨むことはできない。明日の試合がどうなるかは分からないが、唯一言えることは、ピッチの上で全力を尽くすことが重要だということだけだ。リスクのある試合ではない。過去の試合を全て決勝戦のように戦ってきた我々にとって、良いパフォーマンスを発揮するチャンスなのだ」 また、ジダン監督は負傷によりこの試合の欠場が決まっているDFセルヒオ・ラモスについても言及。キャプテンであるS・ラモス不在時にチームの勝率が下がるというデータがあるものの、それを覆さなければならないと語った。 「我々はセルヒオの重要性や、彼がどれだけ素晴らしい選手であるかは分かっているが、データは覆さないといけないものだ」 「セルヒオは欠場する。出場してもらいたかったが、ケガでそれはできない。掘り下げなければならないことを確認しつつ、今の状況から抜け出せることを信じている。我々は勝ち点3に邁進する」 最後にジダン監督は難しい内容となった前節のインテル戦、そして21日に行われたラ・リーガ10節のビジャレアル戦を振り返った。 「インテルとの1戦目では良いスタートを切り、最後は力強くゴールを決めて勝利した。 非常に良いチームが相手なのだから、苦戦するのは当然だ」 「先日のビジャレアル戦も同様だ。74分か75分まではリードしていたのに、ある1プレーで得点されてしまった。私は運命論者ではないが、ただひとつ言えることは、サッカーではこういったことが起こりうるということ。我々は点を譲らないように守備を改善し、得点を狙えるように努めるだけだ」 2020.11.25 17:37 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly