歴代の日本人最高額は? あのJリーグレジェンドも市場価値で堂々ランクイン

2020.01.05 11:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020年に入り、ヨーロッパの移籍市場も開幕。徐々に活発化している状況だ。このタイミングではJリーグがオフということもあり、日本人選手が移籍しやすいタイミングでもあり、過去には1月の移籍市場で欧州クラブへの移籍を果たした選手も少なくない。

今冬ではJリーグからの海外移籍は現時点でないものの、ザルツブルクの日本代表MF南野拓実がリバプールへと移籍。5日にもデビューする可能性が報じられている状況だ。

南野は自身の市場価値も上がり続けている状況だが、過去を含めた日本人選手の市場価値最高額は一体いくらなのか。移籍情報サイト『transfermarkt』の情報をもとに、各個人の最高値をランキング化してみた。

歴代の日本人選手で最も高い市場価値を記録しているのは日本代表MF中島翔哉だ。記録したのはアル・ドゥハイル在籍時。その価値は2500万ユーロ(約30億1500万円)と言われている。現在は2000万ユーロ(約24億1300万円)の市場価値となっているが、現役選手では最高値だ。

2位は現在はレアル・サラゴサでプレーするMF香川真司だ。ドルトムント時代の2012年に2200万ユーロ(約26億5400万円)を記録。その後にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を果たしている。

3位は現在は無所属の元日本代表MF本田圭佑だ。CSKAモスクワ時代の2013年に記録した2000万ユーロ(約24億1300万円)が最高値。当時は移籍金の高さで移籍が阻まれたこともあった。

4位には堂々たるランクインの日本代表MF久保建英。現在の1500万ユーロ(約18億1000万円)が最高値となっている。5位はインテル在籍時の日本代表DF長友佑都で1400万ユーロ(約16億9000万円)となっている。ちなみに、南野は6位となっている。

なお、海外でプレーしていない選手での最高位は19位に入ったMF遠藤保仁。2009年に記録した650万ユーロ(約7億8500万円)が最高となっている。以下、ランキング50を発表する。

◆日本人選手市場価値最高値ランキング50
[2020年1月1日時点]
1位:MF中島翔哉(24)
最高市場価値:2500万ユーロ(約30億1500万円)
所属チーム:アル・ドゥハイル
日付:2019/5/3
現在の市場価値:2000万ユーロ(約24億1300万円)

2位:MF香川真司(23)
最高市場価値:2200万ユーロ(約26億5400万円)
所属チーム:ドルトムント
日付:2012/6/29
現在の市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)

3位:MF本田圭佑(26)
最高市場価値:2000万ユーロ(約24億1300万円)
所属チーム:CSKAモスクワ
日付:2013/1/15
現在の市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)

4位:MF久保建英(18)
最高市場価値:1500万ユーロ(約18億1000万円)
所属チーム:マジョルカ
日付:2019/12/20
現在の市場価値:1500万ユーロ(約18億1000万円)

5位:DF長友佑都(27)
最高市場価値:1400万ユーロ(約16億9000万円)
所属チーム:インテル
日付:2014/1/7
現在の市場価値:130万ユーロ(約1億5700万円)

6位:MF南野拓実(24)
最高市場価値:1250万ユーロ(約15億1000万円)
所属チーム:ザルツブルク
日付:2019/12/16
現在の市場価値:1250万ユーロ(約15億1000万円)

7位:MF中田英寿(27)
最高市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)
所属チーム:フィオレンティーナ
日付:2004/10/4
現在の市場価値:-

7位:FW岡崎慎司(29)
最高市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)
所属チーム:レスター・シティ
日付:2016/2/9
現在の市場価値:200万ユーロ(約2億4000万円)

7位:MF清武弘嗣(23)
最高市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)
所属チーム:ニュルンベルク
日付:2013/8/27
現在の市場価値:230万ユーロ(約2億8000万円)

7位:MF武藤嘉紀(26)
最高市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)
所属チーム:ニューカッスル
日付:2018/8/13
現在の市場価値:700万ユーロ(約8億4500万円)

7位:DF冨安健洋(21)
最高市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)
所属チーム:ボローニャ
日付:2019/12/12
現在の市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)

7位:MF鎌田大地(23)
最高市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)
所属チーム:フランクフルト
日付:2019/12/17
現在の市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)

7位:MF堂安律(20)
最高市場価値:1000万ユーロ(約12億1000万円)
所属チーム:フローニンヘン
日付:2019/6/12
現在の市場価値:800万ユーロ(約9億6500万円)

14位:MF中村俊輔(29)
最高市場価値:900万ユーロ(約11億円)
所属チーム:セルティック
日付:2007/9/20
現在の市場価値:10万ユーロ(約1200万円)

14位:DF内田篤人(26)
最高市場価値:900万ユーロ(約11億円)
所属チーム:シャルケ
日付:2015/2/4
現在の市場価値:60万ユーロ(約7200万円)

16位:DF酒井宏樹(28)
最高市場価値:800万ユーロ(約9億6500万円)
所属チーム:マルセイユ
日付:2018/7/16
現在の市場価値:800万ユーロ(約9億6500万円)

17位:MF乾貴士(30)
最高市場価値:750万ユーロ(約9億500万円)
所属チーム:レアル・ベティス
日付:2018/7/16
現在の市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)

18位:DF吉田麻也(29)
最高市場価値:700万ユーロ(約8億4500万円)
所属チーム:サウサンプトン
日付:2018/1/2
現在の市場価値:500万ユーロ(約6億円)

19位:MF遠藤保仁(29)
最高市場価値:650万ユーロ(約7億8500万円)
所属チーム:ガンバ大阪
日付:2009/12/22
現在の市場価値:10万ユーロ(約1200万円)

20位:DF田中マルクス闘莉王(28)
最高市場価値:600万ユーロ(約7億2400万円)
所属チーム:浦和レッズ
日付:2009/5/19
現在の市場価値:-

20位:FW大迫勇也(28)
最高市場価値:600万ユーロ(約7億2400万円)
所属チーム:ブレーメン
日付:2018/7/16
現在の市場価値:600万ユーロ(約7億2400万円)

22位:MF小野伸二(25)
最高市場価値:560万ユーロ(約6億7500万円)
所属チーム:フェイエノールト
日付:2004/10/4
現在の市場価値:2万5000ユーロ(約300万円)

23位:MF長谷部誠(26)
最高市場価値:500万ユーロ(約6億300万円)
所属チーム:ヴォルフスブルク
日付:2010/7/16
現在の市場価値:100万ユーロ(約1億2000万円)

23位:MF森岡亮太(27)
最高市場価値:500万ユーロ(約6億300万円)
所属チーム:アンデルレヒト
日付:2018/6/3
現在の市場価値:250万ユーロ(約3億200万円)

23位:FW久保裕也(23)
最高市場価値:500万ユーロ(約6億300万円)
所属チーム:ヘント
日付:2017/6/6
現在の市場価値:200万ユーロ(約2億4200万円)

26位:MF松井大輔(26)
最高市場価値:450万ユーロ(約5億4300万円)
所属チーム:ル・マン
日付:2008/5/5
現在の市場価値:-

26位:FW原口元気(27)
最高市場価値:450万ユーロ(約5億4300万円)
所属チーム:ハノーファー
日付:2018/7/16
現在の市場価値:200万ユーロ(約2億4200万円)

26位:FW伊東純也(26)
最高市場価値:450万ユーロ(約5億4300万円)
所属チーム:ヘンク
日付:2019/6/10
現在の市場価値:450万ユーロ(約5億4300万円)

29位:DF中澤佑二(31)
最高市場価値:400万ユーロ(約4億8300万円)
所属チーム:横浜F・マリノス
日付:2009/5/12
現在の市場価値:-

29位:FW森本貴幸(21)
最高市場価値:400万ユーロ(約4億8300万円)
所属チーム:カターニャ
日付:2010/1/27
現在の市場価値:15万ユーロ(約1800万円)

29位:MF中村憲剛(29)
最高市場価値:400万ユーロ(約4億8300万円)
所属チーム:川崎フロンターレ
日付:2009/12/22
現在の市場価値:10万ユーロ(約1200万円)

29位:DF酒井高徳(21)
最高市場価値:400万ユーロ(約4億8300万円)
所属チーム:シュツットガルト
日付:2013/1/13
現在の市場価値:150万ユーロ(約1億8000万円)

33位:DF昌子源(26)
最高市場価値:380万ユーロ(約4億5800万円)
所属チーム:トゥールーズ
日付:2019/1/5
現在の市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)

34位:FW高原直泰(28)
最高市場価値:350万ユーロ(約4億2200万円)
所属チーム:フランクフルト
日付:2007/6/21
現在の市場価値:-

34位:MF三都主アレサンドロ(27)
最高市場価値:350万ユーロ(約4億2200万円)
所属チーム:浦和レッズ
日付:2005/6/14
現在の市場価値:-

34位:MF細貝萌(26)
最高市場価値:350万ユーロ(約4億2200万円)
所属チーム:レバークーゼン
日付:2013/1/13
現在の市場価値:50万ユーロ(約6000万円)

34位:FW田中順也(27)
最高市場価値:350万ユーロ(約4億2200万円)
所属チーム:スポルティング・リスボン
日付:2015/7/1
現在の市場価値:60万ユーロ(約7200万円)

38位:GK川島永嗣(30)
最高市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)
所属チーム:スタンダール・リエージュ
日付:2013/6/25
現在の市場価値:15万ユーロ(約1800万円)

38位:FWハーフナー・マイク(27)
最高市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)
所属チーム:コルドバ
日付:2014/7/22
現在の市場価値:75万ユーロ(約9000万円)

38位:FW宮市亮(19)
最高市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)
所属チーム:アーセナル
日付:2012/6/24
現在の市場価値:60万ユーロ(約7200万円)

38位:MF柴崎岳(26)
最高市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)
所属チーム:ヘタフェ
日付:2018/7/16
現在の市場価値:150万ユーロ(約1億8100万円)

38位:MF小林祐希(25)
最高市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)
所属チーム:ヘーレンフェーン
日付:2017/6/7
現在の市場価値:150万ユーロ(約1億8100万円)

38位:MF奥川雅也(23)
最高市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)
所属チーム:ザルツブルク
日付:2019/12/16
現在の市場価値:300万ユーロ(約3億6200万円)

44位:MF阿部勇樹(27)
最高市場価値:290万ユーロ(約3億5000万円)
所属チーム:浦和レッズ
日付:2009/1/5
現在の市場価値:20万ユーロ(約2400万円)

45位:FW仲川輝人(27)
最高市場価値:280万ユーロ(約3億3800万円)
所属チーム:横浜F・マリノス
日付:2019/12/28
現在の市場価値:280万ユーロ(約3億3800万円)

46位:GK楢崎正剛(33)
最高市場価値:270万ユーロ(約3億2500万円)
所属チーム:名古屋グランパス
日付:2009/6/3
現在の市場価値:-

46位:FW小林悠(31)
最高市場価値:270万ユーロ(約3億2500万円)
所属チーム:川崎フロンターレ
日付:2019/1/5
現在の市場価値:220万ユーロ(約2億6500万円)

48位:FW前田遼一(28)
最高市場価値:260万ユーロ(約3億1400万円)
所属チーム:ジュビロ磐田
日付:2009/12/14
現在の市場価値:2万5000ユーロ(約300万円)

49位:MF稲本潤一(28)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:フランクフルト
日付:2008/6/4
現在の市場価値:2万5000ユーロ(約300万円)

49位:GK川口能活(29)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:ジュビロ磐田
日付:2005/6/14
現在の市場価値:-

49位:FW鈴木隆行(29)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:鹿島アントラーズ
日付:2005/6/14
現在の市場価値:-

49位:MF石川直宏(28)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:FC東京
日付:2009/12/16
現在の市場価値:-

49位:FW宇佐美貴史(23)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:ガンバ大阪
日付:2015/7/1
現在の市場価値:150万ユーロ(約1億8100万円)

49位:FW柿谷曜一朗(24)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:セレッソ大阪
日付:2014/3/31
現在の市場価値:150万ユーロ(約1億8100万円)

49位:DF塩谷司(30)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:アル・アイン
日付:2019/4/25
現在の市場価値:250万ユーロ(約3億円)

49位:FW浅野拓磨(22)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:シュツットガルト
日付:2017/6/27
現在の市場価値:170万ユーロ(約2億円)

49位:DF谷口彰悟(27)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:川崎フロンターレ
日付:2019/6/27
現在の市場価値:230万ユーロ(約2億7800万円)

49位:FW鈴木優磨(22)
最高市場価値:250万ユーロ(約3億円)
所属チーム:鹿島アントラーズ
日付:2019/1/5
現在の市場価値:220万ユーロ(約2億6500万円)
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英はELで起用か? エメリ監督が久保の起用を示唆、ムバッペのレアル移籍騒動も語る

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、日本代表MF久保建英や今季の目標、フランス代表FWキリアン・ムバッペについて語った。スペイン『マルカ』が伝えた。 今シーズンはラ・リーガの開幕から6試合を終え、3勝2分け1敗の勝ち点11で首位のレアル・ソシエダと勝ち点で並んでいるビジャレアル。レアル・マドリーやバルセロナなどと試合数が異なる状況でもあるが、まずまずのスタートを切った。 22日にはヨーロッパリーグ(EL)が控えているビジャレアル。エメリ監督はここまでの戦いを、ラジオ番組『El Partidazo de COPE』と『ラジオ・マルカ』で語った。 エメリ監督は、今シーズンについて問われると「トップ4に入る事は非常に難しいが、我々はそんな幻想を抱いている。ヨーロッパリーグでプレーする事は、良い道を歩んでいるような錯覚を与えてくれる」とコメント。順調な滑り出しとともに、ヨーロッパの舞台で戦えることが成功しているように感じられるとコメントした。 レアル・マドリーからレンタル移籍中の久保の起用法について多くのことが言われている中、エメリ監督は久保について言及。「彼はまだ適応の過程にある。(木曜日の)ヨーロッパリーグではチャンスがあるかもしれない。19歳の彼は、我慢しなければならない」と語り、今週のスィヴァススポル(トルコ)戦での起用を示唆した。 そのエメリ監督は、バレンシアやセビージャでの成功の後、パリ・サンジェルマン(PSG)、アーセナルと海外で指揮。その経験については「海外での経験は常に私にとてもポジティブなことを与えてくれた。ただ、ホームにいることで、よりコントロールはできる。スペインでは言語の壁がないからだ」とコメントし、大きな経験となったものの、スペインでの活動がしやすいと語った。 そのPSGでは、若きエース・ムバッペを指導していたエメリ監督。当時レアル・マドリーへの移籍が大きく囁かれたことについても語り、「パリにいた時、ムバッペはレアル・マドリーに行くことをとても真剣に考えていた。彼はマドリーが大好きで、プレーすることを楽しみにしていたよ」とムバッペがマドリー行きを考えていたことを明かした。 しかし、PSGの指揮官として残留を勧めたとのこと。「ただ、私は彼が去る事を望まなかった。そして、私は彼と彼の父親と話をして、彼が残留しなければならないことを説得した。パリを去る事は簡単ではない」と語り、説得した結果、PSGに残留していると明かした。 2020.10.20 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司と本田圭佑が同僚に? ボタフォゴファンが本田獲得に成功した獲得キャンペーンを展開

日本代表を支えた2人がブラジルの地で初めてチームメイトになるのだろうか。 MF本田圭佑が所属するボタフォゴのファンが、現在無所属となっており、本田と共に日本代表を支えてきたMF香川真司(31)の獲得キャンペーンを始めたようだ。ブラジル『LANCE』が伝えた。 ボタフォゴは、2020年1月にフィテッセから本田を獲得。本田獲得に際しては、ボタフォゴがSNSで「#本田さんボタフォゴに来て」を使った勧誘活動を実施し、多くのファンがこれに便乗。一大キャンペーンが実ったのか、無事に本田が加入した。 本田はそれ以降チームの主軸としてプレー。ボタフォゴファンの心も掴んでおり、クラブとしても獲得は成功だったと言えるだろう。 そのボタフォゴのファンは、新たに香川真司をもターゲットにしているようで、SNS上では「#KagawaNoFogao」のハッシュタグをつけて香川獲得を望むキャンペーンが行われた。 ブラジルではツイッターのトレンドにも上るほどの熱狂ぶりを見せ、日本人にとっても本田と香川の共演は興味深い事案だったが、どうやらその可能性は低いようだ。 本田や元コートジボワール代表FWサロモン・カルーの獲得に関与したマルコス・レイト氏は、外国人がやってくる可能性をほのめかしたものの、ジャーナリストのファビアーノ・バンデイラ氏はクラブとの交渉が拒否されたとしており、共演の可能性は低そうだ。 レアル・サラゴサを退団した香川は、それ以降もスペイン国内でのプレー続行を希望しており、ハンブルガーSVやPAOK、デュッセルドルフなどのオファーを拒否していた。一方で、サバデルやテネリフェなどのスペイン国内クラブも移籍先に浮上しているが、未だに新天地は決まっていない。 2020.10.20 16:28 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国で活躍を続ける“和製ロナウド”邦本が異名に恥じないゴラッソで今季リーグ2点目を記録!《Kリーグ1》

Kリーグ1の全北現代モータースは18日、Kリーグプレーオフ・グループA第3節で光州FCと対戦し、4-1で勝利を収めた。この試合にフル出場した日本人FW邦本宜裕は、チームの2点目となるゴールを記録している。 浦和レッズユースで育った邦本は、その才能から“和製ロナウド”とも称され、期待の若手として注目を集めていたものの、素行の悪さなどから浦和レッズとの契約を解除されている。その後アビスパ福岡に加入したものの、素行の悪さから再び契約解除されるなど、異色の経歴を持つ選手だ。 <div id="cws_ad">◆“和製ロナウド”が決めた完璧なコースへのゴラッソ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6NlIwVlBsUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年からは活躍の場をKリーグに移すと実力を発揮し、2020年1月からはKリーグ王者の全北現代でプレーしている。 [4-3-3]の中盤3枚の右のMFとして先発出場を果たした邦本は、1-0と全北現代リードの22分、左サイドを攻めた味方からペナルティーアーク内でボールを受ける。柔らかいトラップでボールをコントロールすると、コンパクトな振りから鋭いシュート。左足から放たれたシュートは、GKの届かないゴール左上の完璧なコースにカーブしながら決まり、貴重な追加点となった。 その後、後半にも追加点を奪った全北現代は、1点を返されたものの4-1で勝利。これで2勝1敗とした全北現代は、プレーオフ2試合を残し、グループ2位につけている。 全北現代 4-1 光州FC 4分:1-0 ソン・ジュノ(全北現代) 22分:2-0邦本宜裕(全北現代) 65分:3-0 キム・ボギョン(全北現代) 86分:3-1 キム・ジャングワン(光州FC) 92分:4-1 ハン・ギョウォン(全北現代) 2020.10.20 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

橋本拳人がまたゴール!ヘディングで今季5点目を記録し勝利に貢献《ロシア・プレミアリーグ》

18日、ロシア・プレミアリーグ第11節のFCロストフvsアフマト・グロズヌイが行われ、3-03でロストフが勝利した。 この試合に先発フル出場を果たした日本代表MF橋本拳人は前半24分に先制ゴールを記録した。 <div id="cws_ad">◆橋本拳人が絶妙なポジショニングからどんぴしゃヘッド!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4VVJGbHVDNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 左のインサイドハーフで出場した橋本は11分、味方のシュートがブロックされたこぼれ球を拾うと、味方とのワンツーでボックス内に侵入しシュート。しかしこれは枠を大きく外してしまう。 それでも24分、右サイドを崩すとダニル・グレボフがボックス内右から浮き球のパス。これをボックス中央で橋本がヘッドでたたき込み、ロストフが先制する。 しかし、40分にPKを与えるも、これはGKがセーブ。そのままスコアが動かないまま試合は進むと、後半アディショナルタイムにカウンターからロマン・エレメンコが追加点。さらに相手CKからカウンターを仕掛けると、ダニル・グレボフが決め切り試合終了。3-0でロストフが勝利し5位に浮上した。 FCロストフ 3-0 アクマト・グロズヌイ 24分:1-0 橋本拳人(FCロストフ) 92分:1-1 ロマン・エレメンコ(FCロストフ) 95分:1-2 ダニル・グレボフ(FCロストフ) 2020.10.19 11:43 Mon
twitterfacebook
thumb

久保建英の退場判定は「普通じゃない」 ビジャレアル指揮官が不当をアピール

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が日本代表MF久保建英に対する退場処分の不当をアピールした。スペイン『アス』が報じている。 ビジャレアルは18日に行われたラ・リーガ第6節でバレンシアと対戦して、2-1で勝利。この試合もベンチからスタートした久保は64分に投入され、その5分後に古巣戦だった元スペイン代表MFダニエル・パレホの決勝ゴールをアシストした。 <div id="cws_ad">◆久保建英が最後に退場<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ri8ydxpfoml41dgkapivh1092" async></script></div>しかし、72分にイエローカードを受けると、後半アディショナルタイムにスライディングでイーブンボールにチャレンジしようとした際、スペイン人MFカルロス・ソレールと交錯。主審から2度目の警告を受け、退場を命じられてしまった。 エメリ監督は試合後、久保について訊かれると、「彼の仕事ぶりは本当に良かった。彼とかなりの話もした」と返答してみせると、退場処分を厳しい判定と見立てて、異議申し立てに動く意向を示した。 「彼に期待しているんだ。まだ19歳で成長過程で、彼にも苦労があるだろう。今日はこれまでより多くの時間でプレーした。彼は2枚のカードを受けたが、普通じゃない。我々はアピールするつもりだ。しかし、彼に『これもひとつの経験だ』と伝えた」 なお、バレンシア戦を今季3勝目で飾り、ここ3試合無敗の状況については「(0-4で)バルセロナに負けた後、チームは着実に上向いている」と手応えを口にしている。 2020.10.19 10:30 Mon
twitterfacebook