リバプールMF南野拓実は最高値更新中! 2020年元日、日本人選手市場価値ランキングトップ50

2020.01.01 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020年もスタート。1月からは欧州サッカーの冬の移籍市場が開幕するが、すでにザルツブルクの日本代表MF南野拓実がリバプールへ移籍し、チームにも合流した。今回は南野をはじめとする日本人選手が市場でどれほどの価値をつけられているのかを調査。今回ご紹介するのはあくまで市場価値であり、移籍金とは直結しない。また、ポジションや年齢、選手が置かれている環境によっても左右されるものなので、目安の一つとして捉えていただきたい。

移籍情報サイト『transfermarkt』によると、2020年1月1日時点で最も市場価値が高いのはポルトのMF中島翔哉。その価値は2000万ユーロ(約24億4000万円)としている。今夏に移籍したポルトでは未だ定位置確保とはなっておらず、2500万ユーロ(約30億5000万円)から下がった形となった。

中島に次いで2番目に市場価値が高いのはマジョルカのMF久保建英だ。価値にして1500万ユーロ(約18億3000万円)としており、18歳の選手としては非常に高い評価を受けている。

そして、リバプールへ移籍がした南野は日本人3番目となり1250万ユーロ(約15億2500万円)と評価されている。『transfermarkt』の評価はおよそ半年に一回更新されるが、前回時の500万ユーロ(約6億1000万円)から大幅アップとなっている。

さらにDFとして最上位にいるのがボローニャの冨安健洋だ。セリエAでもレギュラーとして活躍をみせる冨安は日本人4位の評価となり、1000万ユーロ(約12億2000万円)に設定されている。

ランキング上位がほとんど海外組の中、Jリーガーの中で最も市場価値が高いとされているのは、2019年のJリーグMVP&得点王の日本代表FW仲川輝人だ。280万ユーロ(約3億4000万円)の市場価値が設定され、日本人の中では16位となっている。なお、2019年6月時点では120万ユーロ(約1億4500万円)の市場価値だったため半年で倍増していることとなる。

◆2020年1月1日時点での日本人選手市場価値ランキングTOP50

1.中島翔哉(ポルト/25歳)
2000万ユーロ[約24億4000万円]

2.久保建英(マジョルカ/18歳)
1500万ユーロ[約18億3000万円)]

3.南野拓実(リバプール/24歳)
1250万ユーロ[約15億2500万円]

4.冨安健洋(ボローニャ/21歳)
1000万ユーロ[約12億2000万円]

4.鎌田大地(フランクフルト/23歳)
1000万ユーロ[約12億2000万円]

6.酒井宏樹(マルセイユ/29歳)
800万ユーロ[約9億7500万円]

6.堂安律(PSV/21歳)
800万ユーロ[約9億7500万円]

8.武藤嘉紀(ニューカッスル/27歳)
700万ユーロ[約8億5000万円]

9.大迫勇也(ブレーメン/29歳)
600万ユーロ[約7億2900万円]

10.吉田麻也(サウサンプトン/31歳)
500万ユーロ[約6億1000万円]

11.伊東純也(ヘンク/26歳)
450万ユーロ[約5億5000万円]

12.香川真司(レアル・サラゴサ/30歳)
300万ユーロ[約3億6500万円]

12.乾貴士(エイバル/31歳)
300万ユーロ[約3億6500万円]

12.昌子源(トゥールーズ/27歳)
300万ユーロ[約3億6500万円]

12.奥川雅也(ザルツブルク/23歳)
300万ユーロ[約3億6500万円]

16.仲川輝人(横浜F・マリノス/27歳)
280万ユーロ[約3億4000万円]

17.森岡亮太(シャルルロワ/28歳)
250万ユーロ[約3億400万円]

17.塩谷司(アル・アイン/31歳)
250万ユーロ[約3億400万円]

19.清武弘嗣(セレッソ大阪/30歳)
230万ユーロ[約2億8000万円]

19.土居聖真(鹿島アントラーズ/27歳)
230万ユーロ[約2億8000万円]

19.谷口彰悟(川崎フロンターレ/28歳)
230万ユーロ[約2億8000万円]

22.小林悠(川崎フロンターレ/32歳)
220万ユーロ[約2億6700万円]

22.鈴木優麿(シント=トロイデン/23歳)
220万ユーロ[約2億6700万円]

24.原口元気(ハノーファー/28歳)
200万ユーロ[約2億4300万円]

24.長友佑都(ガラタサライ/33歳)
200万ユーロ[約2億4300万円]

24.岡崎慎司(ウエスカ/33歳)
200万ユーロ[約2億4300万円]

24.興梠慎三(浦和レッズ/33歳)
200万ユーロ[約2億4300万円]

24.遠藤航(シュツットガルト/26歳)
200万ユーロ[約2億4300万円]

24.久保裕也(ヘント/26歳)
200万ユーロ[約2億4300万円]

24.車屋紳太郎(川崎フロンターレ/27歳)
200万ユーロ[約2億4300万円]

24.菅原由勢(AZ/19歳)
200万ユーロ[約2億4300万円]

32.進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌/23歳)
190万ユーロ[約2億3000万円]

32.古橋亨梧(ヴィッセル神戸/24歳)
190万ユーロ[約2億3000万円]

34.槙野智章(浦和レッズ/32歳)
180万ユーロ[約2億1900万円]

34.山口蛍(ヴィッセル神戸/29歳)
180万ユーロ[約2億1900万円]

34.阿部浩之(名古屋グランパス/30歳)
180万ユーロ[約2億1900万円]

34.北川航也(ラピド・ウィーン/23歳)
180万ユーロ[約2億1900万円]

34.三竿健斗(鹿島アントラーズ/23歳)
180万ユーロ[約2億1900万円]

39.家長昭博(川崎フロンターレ/33歳)
170万ユーロ[約2億600万円]

39.福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌/27歳)
170万ユーロ[約2億600万円]

39.浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/25歳)
170万ユーロ[約2億600万円]

42.柏木陽介(浦和レッズ/32歳)
160万ユーロ[約1億9500万円]

42.丸橋祐介(セレッソ大阪/29歳)
160万ユーロ[約1億9500万円]

42.大島僚太(川崎フロンターレ/26歳)
160万ユーロ[約1億9500万円]

42.川辺駿(サンフレッチェ広島/24歳)
160万ユーロ[約1億9500万円]

42.江坂任(柏レイソル/27歳)
160万ユーロ[約1億9500万円]

42.遠藤渓太(横浜F・マリノス/22歳)
160万ユーロ[約1億9500万円]

42.守田英正(川崎フロンターレ/24歳)
160万ユーロ[約1億9500万円]

49.金崎夢生(サガン鳥栖/30歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.酒井高徳(ヴィッセル神戸/28歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.宇佐美貴史(ガンバ大阪/27歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.東慶悟(FC東京/29歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.柿谷曜一朗(セレッソ大阪/29歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/27歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.杉本健勇(浦和レッズ/27歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.柏好文(サンフレッチェ広島/32歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.小林祐希(ベベレン/27歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.永木亮太(鹿島アントラーズ/31歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.岩波拓也(浦和レッズ/25歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.中村航輔(柏レイソル/24歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.橋本拳人(FC東京/26歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.犬飼智也(鹿島アントラーズ/26歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]

49.松田陸(セレッソ大阪/28歳)
150万ユーロ[約1億8200万円]
コメント
関連ニュース
thumb

ビジャレアル指揮官エメリ「久保のことを信じている。リーグ戦はまだ32試合もある」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が日本代表MF久保建英について語った。スペイン『マルカ』が報じている。 今夏にレアル・マドリーからのシーズンローンでビジャレアルに加入した久保は開幕からここまで公式戦7試合に出場。22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のスィヴァススポル(トルコ)戦で移籍後初先発を果たして、初ゴールも記録したが、6試合に出場するラ・リーガはすべて途中出場が続いており、周囲から起用法に疑問を呈する声も少なくない。 そうしたなか、エメリ監督が25日に行われるラ・リーガ第7節のカディス戦に先駆けた会見に登場すると、スィヴァススポル戦から中2日での一戦に向けてコメントを残しつつ、久保の話題にも言及。スィヴァススポル戦後に先発争いに対する思いを口にした久保だが、エメリ監督は自身の考えをこう示した。 「我々は全員を同じように扱い、有能なスタッフ全員と仕事に励んでいる。しかし、選手それぞれの事情が異なるのも確かだ。久保は1年レンタルで加わった選手であり、その間に成長を遂げ、我々の助けにもなってくれると期待している。彼と内部で取り組むことに注力しており、彼とはかなり話し合ってもいる。19歳の成熟した少年で、すべてを求めている」 「すべてを求める姿勢は我々が求めるパフォーマンスを実現させる面で、ポジティブに働く可能性がある。彼は成長過程で、それが理由でここに来た。我々は要求するが、彼にもそこから愛を感じてほしい。それは内部での仕事であり、私は外での出来事をコントロールできない。それに、すべきだとも思っていない。彼にはチームメイトやコーチに耳を傾けてもらいたい」 「選手とビジャレアルにとって、最高の組み合わせを望んでいるからだ。チーム外のことは重要じゃない。我々が望む久保との繋がりこそが大事だ。先日の彼は『プレーするための競争を認識している』と話した。そのとおりだ。我々は彼のことを信じている。リーグ戦はまだ32試合もある。ELやコパ(・デル・レイ)もある。多くの試合が残っている」 2020.10.25 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ポルト中島翔哉が今季リーグ初先発で決勝アシスト! チームの勝利に貢献《プリメイラ・リーガ》

ポルトの日本代表FW中島翔哉が結果を出した。 ポルトは24日に行われたプリメイラ・リーガ第5節でジル・ヴィセンテとホームで対戦。今年3月の昨季リーグ戦以来、出番なしの状況が続いた中島だが、途中出場の21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のマンチェスター・シティ戦に続いて起用され、ジル・ヴィセンテ戦に今季初先発を果たした。 試合は中島のプレーから均衡が破れる。41分、味方とのパス交換で左サイドから切り崩した中島がボックス内にドリブルで切り込むと、左足で鋭いクロスを中央に供給。エヴァニウソンが右足で合わせ、ポルトが先制に成功した。 後半も攻撃陣の一角としてアタックシーンに顔を出した中島は68分、70分に自らのフィニッシュシーンも演出。しかし、59分にウリベが決めれば追加点のPKチャンスを不意にしたポルトは74分にサヌシが2枚目のカードで退場となる。 79分に中島も交代でピッチを後にしたポルトだったが、1点を守り抜いて、リーグ戦3試合ぶりの白星。暫定2位に浮上している。なお、ジル・ヴィセンテのMF藤本寛也は85分から出場している。 ポルト 1-0 ジル・ヴィセンテ 【ポルト】 エヴァニウソン(前41) 2020.10.25 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也が新型コロナ陽性 隔離措置に

ヘンクは24日、日本代表MF伊東純也の新型コロナウイルス感染をクラブ公式サイトで報告した。 ヘンクは26日に敵地で予定するジュピラー・プロ・リーグ第10節のヘント戦に先駆け、改めて検査を実施。結果、伊東から陽性反応が検出され、隔離措置に入ったという。 今季でヘンク加入3年目の伊東は開幕からリーグ戦9試合連続で先発。直近のシャルルロワ戦で2度の警告を受けて退場となり、今節のヘント戦欠場が決まっている状況だった。 そんな伊東は今月の代表ウィークで日本代表のオランダ遠征メンバーに選出。国際親善試合の2試合にいずれも出場した。 2020.10.25 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アリソン復帰のリバプール、フィルミノ初弾とジョタのゴールでブレイズに逆転勝利! 南野は終盤に途中出場《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、リバプールvsシェフィールド・ユナイテッドが24日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は84分から途中出場した。   前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを2-2のドローで終えてリーグ戦2戦未勝利となったリバプールだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアヤックスに1-0で競り勝って公式戦4戦ぶりの白星を手にした。   リーグ3戦ぶりの白星を目指すこの一戦では先発3人を変更。負傷明けのGKアリソンが復帰し、ミルナーとカーティス・ジョーンズに代わってヘンダーソンとジョタを起用。最前線にサラー、2列目に右からジョタ、フィルミノ、マネを並べる[4-2-3-1]の布陣に変更した。   試合は開始2分にロバートソンの長いグラウンダーの縦パスに抜け出したマネが飛び出したGKを外して無人のゴールへシュートを蹴り込む決定機が訪れるが、ここはDFイーガンのゴールカバーに遭う。さらに、直後の3分にはハーフウェイライン付近で得たFKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドがGKの前よりのポジションを見て意表を突くロングシュートでゴールに迫る。   開始5分までに2度の決定機を作り出す力強い入りを見せたホームチームだが、やや不運な形から先制を許す。10分、自陣ボックス付近でクリアが相手に当たってこぼれたところに慌てて反応したDFファビーニョがマクバーニーと交錯。当初はファウルがボックスの外と判定されたが、VARのレビューの結果、判定がPKに変更される。これをキッカーのベルゲに決められた。   すぐさま反撃に転じるリバプールだが、[5-3-2]の堅固な守備ブロックを敷くアウェイチームの堅守に手を焼く。逆に、悪い失い方からロングカウンターに晒されると、21分にはボックス内でフリーにしたマクバーニーに左足を振り抜かれるが、ここはシュートミスに救われる。さらに、24分には右ウイングバックのバルドックからのクロスを、ボックス左に走り込んだ左ウイングバックのオズボーンにダイレクトボレーで合わせられるが、ここはGKアリソンのファインセーブで凌いだ。   その後も圧倒的にボールを保持するものの、決定機まで持ち込めない停滞した状況が続くが、ここ最近批判に晒されている背番号9が結果で反論して見せる。41分、相手を押し込んだ状態で右サイドのヘンダーソンが鋭いクロスをゴール前に入れると、ファーでフリーのマネがヘディングシュート。これはGKラムズデールの好守に阻まれたが、こぼれ球をフィルミノが押し込んだ。   フィルミノの今季初ゴールによって前半のうちに追いついたリバプールだったが、後半立ち上がりの47分にはバルドックに際どいシュートを浴びるなど、ややバタついた入りとなる。   それでも、徐々に落ち着きを取り戻して相手を自陣深くに押し込むと、62分にはアレクサンダー=アーノルドの右からの斜めのパスに反応したサラーが見事なファーストタッチからボレーでゴールネットを揺らす。だが、VARの結果、わずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められない。   前半に続きVARの判定に悩まされるリバプールだったが、直後に正真正銘の逆転ゴールを挙げる。64分、波状攻撃から左サイド深くでボールを持ったマネが相手DFを抜き切らないタイミングで左足のクロスを入れると、これをDF2枚の間にポジションを取ったジョタが頭で合わせた。   この試合初めてリードを手にしたリバプールだが、失点後も士気を落とさずにハードに戦うアウェイチームを前に依然として苦しめられる。81分にはカウンターからサラーに3点目のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離からのシュートは右ポストを叩いた。   苦しい状況を受けて、クロップ監督は殊勲のフィルミノ、ジョタを下げて84分に南野とミルナーを同時投入。より守備的な布陣で逃げ切りを図ると、試合終盤にかけてもバークらに際どいシュートを許したものの、守護神アリソンらを中心に何とかリードを守り切った。そして、ホームでブレイズを退けたリバプールは、リーグ3戦ぶりの白星を手にした。 2020.10.25 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

VARにも泣かされた冨安フル出場のボローニャ、ラツィオに惜敗で2連敗《セリエA》

セリエA第5節、ラツィオvsボローニャが24日に行われ、2-1でラツィオが競り勝った。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節サンプドリア戦ではインモービレを出場停止で欠いた中、0-3の完敗を喫したラツィオ。それでも、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではうまく切り替え、ドルトムント相手に3-1の快勝を飾った。そのドルトムント戦のスタメンから3選手を変更。ミリコンビッチ=サビッチ、ルイス・フェリペ、GKストラコシャに代えてアキャプロ、ホード、移籍後初スタメンのGKレイナを起用した。 一方、リーグ屈指の攻撃力を誇るサッスオーロに4失点を食らって痛恨の逆転負けを喫したボローニャ。オウンゴールで4失点目を献上した冨安はセンターバックで開幕から5試合連続スタメンとなった。 インモービレとコレアの2トップで臨んできたラツィオに対し、ボールを持つ立ち上がりとなったボローニャは13分に先制しかける。スベンベリが中央を持ち上がり、ボックス手前からコントロールシュート。正確なフィニッシュがゴール右に決まったがVARが入り、スハウテンのファウルがあったとしてノーゴールに覆った。 一方、受ける入りとなったラツィオは24分にルイス・アルベルトのミドルシュートでボローニャを牽制。 それでも、前半半ば以降も32分にパラシオが際どいミドルシュートを浴びせるなど、ボローニャがラツィオと互角以上に渡り合っていく。 流れの悪いラツィオは42分に早くも交代カードを2枚使う。ルーカス・レイバとマルシッチに代えてラッツァーリとエスカランテを投入した。 ゴールレスで迎えた後半、開始4分にラツィオに決定機。コレアのチャンスメークからボックス左でラストパスを受けたアキャプロがシュートに持ち込んだが、ダニーロの好守に阻まれた。 それでも54分、ラツィオが押し切る。ダニーロのパスをルイス・アルベルトが敵陣でカットして持ち上がり、ボックス中央へ侵入。豪快にシュートを蹴り込んだ。 リーグ戦38試合連続失点を喫したボローニャは61分にオルソリーニの強烈な直接FKがバーを直撃。 運にも見放されると、流れの中からシュートに持ち込めない状況を強いられる。そして76分、ラツィオに2点目が生まれた。 ルーズボールをボックス左のファレスがバイシクルで折り返し、インモービレが頭で押し込んだ。 2点を追う展開となったボローニャは、終盤にかけて途中出場のバロウとヴィニャートがオンターゲットの決定的なシュートを浴びせるも、GKレイナのファインセーブに阻まれてしまう。 そして追加タイムにはデ・シルベストリが古巣相手にゴールを奪ったが、一歩及ばず1-2で敗戦。リーグ戦2連敗となった。一方のラツィオはドルトムント戦で得た勢いをうまく繫げる格好となった。 2020.10.25 05:40 Sun
twitterfacebook