大宮が首位・横浜FCを撃破し相馬体制初のホーム白星で暫定ながら降格圏脱出! 3位仙台は快勝でトップ2を射程圏に【明治安田J2第30節】

2022.08.06 22:04 Sat
©︎J.LEAGUE
6日、明治安田生命J2リーグ第30節の8試合が各地で行われた。

首位の横浜FCはアウェイで21位・大宮アルディージャと対戦し、壮絶な打ち合いの末に敗れた。
左クロスに詰めた柴山昌也の今季初ゴールで大宮が3分に先手を取ると、横浜FCもクロスのこぼれ球に右足を振った亀川諒史のシュートがディフレクションしてネットを揺らし、14分に同点とする。

後半開始早々の48分には奥抜侃志に左サイド突破から再び柴山がゴールを奪ってホームチームが再び前へ出るも、2分後に横浜FCもボックス手前からサウロ・ミネイロが強引に左足を振り抜き、グラウンダーのミドルを右隅に沈めて首位の意地を見せる。

たが、次の1点はまたしても大宮に。新里亮のロングボールをボックス外で処理しようとしたGKスベンドブローダーセンと岩武克弥が被ってしまい、まさかの後逸。がら空きのゴール前でフリーとなった富山貴光が難なくネットを揺らし、三度大宮がリードを奪うと、アディショナルタイムの7分もしのぎ切って9試合ぶりの勝利。相馬直樹監督就任後は初となる、5月25日以来のホームゲーム白星で、暫定ながらも降格圏を抜け出している。
2位のアルビレックス新潟は13位の徳島ヴォルティスをホームに迎えた。

山下良美主審がプロ契約締結後、初の笛を吹いた一戦は徳島がショートカウンターから17分に先手を取る。中盤でのボールを奪うと、センターサークル内から児玉駿斗が右前方へスルーパスを送り、ボックス右へ侵入した藤尾翔太の短い折り返しを白井永地がシュート。GK小島亨介が弾いたところを一美和成が押し込んだ。

58分にはまたもこの3人の連携から徳島が追加点を奪取。右サイドで組み立て、児玉の斜めのパスから白井が右のポケットを取ってクロスを送ると、一美が高い打点のヘディングを叩き込んでリードを広げる。

反撃に出たい新潟はボックス手前左でFKを獲得すると、高木善朗の柔らかいクロスに藤原奏哉が頭で合わせて78分に1点を返すと、7分後には右サイド高い位置での細かいボール回しから秋山裕紀が左足でインスイングのクロスを送り、ゴール前に顔を出した堀米悠斗がヘディングを沈めて試合を振り出しに戻した。

以降も攻勢を強めた新潟だったが、逆転までには至らずドローでタイムアップ。ホームで粘りを見せたものの、勝ち点「1」にとどまり、追い付かれた徳島は18個目の引き分けとなった。

3位・ベガルタ仙台は16位・ツエーゲン金沢と石川県西部緑地公園陸上競技場で相まみえた。開始早々の9分、仙台は中山仁斗が倒されて得たPKを自ら沈め、チームトップスコアラーの4試合連続で先制に成功すると、18分には富樫敬真が追加点を奪取。中盤でのセカンドボール争いを制し、フォギーニョの縦パスから中島元彦が強烈な左足を見舞うと、GKが弾いたボールを頭で押し込んだ。

後半の立ち上がりにも氣田亮真が距離のある位置から左足でネットを揺らすと、66分にはFKから再び中山が決めて4点差に。75分に林誠道に1点を返され、ラストプレーでは皆川佑介がPKをGK白井裕人にストップされたものの、4-1と敵地で快勝を収めている。

熾烈なJ1昇格プレーオフ圏内では、4位のV・ファーレン長崎が12位・東京ヴェルディに敗戦。鹿島アントラーズから今夏に加入した染野唯月の移籍後初ゴールが決勝点となった。5位・ファジアーノ岡山はチアゴ・アウベスの2ゴール1アシストで19位・いわてグルージャ盛岡に3-1と快勝。7位・FC町田ゼルビアと8位・大分トリニータの一戦は1-1の引き分けに終わっている。

◆第30節

▽8月6日(土)
いわてグルージャ盛岡 1-3 ファジアーノ岡山
東京ヴェルディ 1-0 V・ファーレン長崎
ヴァンフォーレ甲府 5-2 FC琉球
アルビレックス新潟 2-2 徳島ヴォルティス
大宮アルディージャ 3-2 横浜FC
FC町田ゼルビア 1-1 大分トリニータ
ツエーゲン金沢 1-4 ベガルタ仙台
レノファ山口FC 0-1 モンテディオ山形

▽8月7日(日)
ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック
ザスパクサツ群馬 vs ジェフユナイテッド千葉
ロアッソ熊本 vs 栃木SC

高木善朗の関連記事

6日、明治安田J1リーグ第22節のアルビレックス新潟vsサガン鳥栖がデンカビッグスワンスタジアムで行われ、3-4で鳥栖が勝利を収めた。 勝ち点25で14位のアルビレックス新潟と、勝ち点20で17位の鳥栖との対戦となった。 新潟は前節から2名を変更。稲村隼翔、奥村 仁が外れ、トーマス・デン、長谷川元希を起用し 2024.07.06 22:00 Sat
アルビレックス新潟は16日、MF宮本英治、MF高木善朗の負傷を報告した。 宮本は3日に行われた明治安田J1リーグ第11節・サンフレッチェ広島戦で負傷交代。検査の結果、左眼窩底骨折と診断され15日に関連病院で手術が実施されたとのことだ。離脱期間は3カ月の予定。宮本は今シーズンここまでJ1リーグ9試合に出場していた。 2024.05.16 11:20 Thu
6日、明治安田J1リーグ第12節のヴィッセル神戸vsアルビレックス新潟がノエビアスタジアム神戸で行われ、ホームの神戸が3-2で勝利した。 前節の名古屋グランパス戦では2-0の快勝を収めた2位神戸。吉田孝行監督は中2日の今節で大幅にメンバー変更。大迫勇也や山口蛍がベンチスタートとなり、V・ファーレン長崎から加入した 2024.05.06 15:34 Mon
thumb 3日、明治安田J1リーグ第11節のアルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島がデンカビッグスワンスタジアムで行われ、1-1のドロー決着となった。 3勝3分け4敗で14位の新潟と、4勝6分け0敗で3位の広島。今季負けなしの広島が、アウェイで昨季2戦2敗の新潟に挑む一戦だ。 3戦連続ドロー中の広島は、今季7得点の 2024.05.03 16:03 Fri

高木善朗の人気記事ランキング

1

今季33試合に先発の新潟MF高木善朗が練習中の負傷で全治約6週間

アルビレックス新潟は4日、MF高木善朗の負傷を発表した。 新潟の発表によると、高木は10月23日のトレーニング中に負傷。右大腿二頭筋肉離れと診断され、全治は受傷日より約6週間とのことだ。 高木は今シーズンの明治安田生命J2リーグでここまで33試合に出場し2ゴールを記録。ここ3試合は欠場していた。 2019.11.04 12:15 Mon
2

大宮が首位・横浜FCを撃破し相馬体制初のホーム白星で暫定ながら降格圏脱出! 3位仙台は快勝でトップ2を射程圏に【明治安田J2第30節】

6日、明治安田生命J2リーグ第30節の8試合が各地で行われた。 首位の横浜FCはアウェイで21位・大宮アルディージャと対戦し、壮絶な打ち合いの末に敗れた。 左クロスに詰めた柴山昌也の今季初ゴールで大宮が3分に先手を取ると、横浜FCもクロスのこぼれ球に右足を振った亀川諒史のシュートがディフレクションしてネットを揺らし、14分に同点とする。 後半開始早々の48分には奥抜侃志に左サイド突破から再び柴山がゴールを奪ってホームチームが再び前へ出るも、2分後に横浜FCもボックス手前からサウロ・ミネイロが強引に左足を振り抜き、グラウンダーのミドルを右隅に沈めて首位の意地を見せる。 たが、次の1点はまたしても大宮に。新里亮のロングボールをボックス外で処理しようとしたGKスベンドブローダーセンと岩武克弥が被ってしまい、まさかの後逸。がら空きのゴール前でフリーとなった富山貴光が難なくネットを揺らし、三度大宮がリードを奪うと、アディショナルタイムの7分もしのぎ切って9試合ぶりの勝利。相馬直樹監督就任後は初となる、5月25日以来のホームゲーム白星で、暫定ながらも降格圏を抜け出している。 2位のアルビレックス新潟は13位の徳島ヴォルティスをホームに迎えた。 山下良美主審がプロ契約締結後、初の笛を吹いた一戦は徳島がショートカウンターから17分に先手を取る。中盤でのボールを奪うと、センターサークル内から児玉駿斗が右前方へスルーパスを送り、ボックス右へ侵入した藤尾翔太の短い折り返しを白井永地がシュート。GK小島亨介が弾いたところを一美和成が押し込んだ。 58分にはまたもこの3人の連携から徳島が追加点を奪取。右サイドで組み立て、児玉の斜めのパスから白井が右のポケットを取ってクロスを送ると、一美が高い打点のヘディングを叩き込んでリードを広げる。 反撃に出たい新潟はボックス手前左でFKを獲得すると、高木善朗の柔らかいクロスに藤原奏哉が頭で合わせて78分に1点を返すと、7分後には右サイド高い位置での細かいボール回しから秋山裕紀が左足でインスイングのクロスを送り、ゴール前に顔を出した堀米悠斗がヘディングを沈めて試合を振り出しに戻した。 以降も攻勢を強めた新潟だったが、逆転までには至らずドローでタイムアップ。ホームで粘りを見せたものの、勝ち点「1」にとどまり、追い付かれた徳島は18個目の引き分けとなった。 3位・ベガルタ仙台は16位・ツエーゲン金沢と石川県西部緑地公園陸上競技場で相まみえた。開始早々の9分、仙台は中山仁斗が倒されて得たPKを自ら沈め、チームトップスコアラーの4試合連続で先制に成功すると、18分には富樫敬真が追加点を奪取。中盤でのセカンドボール争いを制し、フォギーニョの縦パスから中島元彦が強烈な左足を見舞うと、GKが弾いたボールを頭で押し込んだ。 後半の立ち上がりにも氣田亮真が距離のある位置から左足でネットを揺らすと、66分にはFKから再び中山が決めて4点差に。75分に林誠道に1点を返され、ラストプレーでは皆川佑介がPKをGK白井裕人にストップされたものの、4-1と敵地で快勝を収めている。 熾烈なJ1昇格プレーオフ圏内では、4位のV・ファーレン長崎が12位・東京ヴェルディに敗戦。鹿島アントラーズから今夏に加入した染野唯月の移籍後初ゴールが決勝点となった。5位・ファジアーノ岡山はチアゴ・アウベスの2ゴール1アシストで19位・いわてグルージャ盛岡に3-1と快勝。7位・FC町田ゼルビアと8位・大分トリニータの一戦は1-1の引き分けに終わっている。 ◆第30節 ▽8月6日(土) いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 5</span>-2 FC琉球 アルビレックス新潟 2-2 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-2 横浜FC FC町田ゼルビア 1-1 大分トリニータ ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ベガルタ仙台</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> ▽8月7日(日) ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック ザスパクサツ群馬 vs ジェフユナイテッド千葉 ロアッソ熊本 vs 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;"></span> 2022.08.06 22:04 Sat
3

J1の舞台で古巣・東京Vと初対戦となった新潟MF高木善朗、「嬉しい気持ちと負けられない気持ちがあった…」

アルビレックス新潟のMF高木善朗が、J1の舞台で初めて実現した古巣・東京ヴェルディとの一戦を振り返った。 前節、名古屋グランパスに1-0の勝利を収めてホーム開幕戦を白星で飾った新潟は16日、今シーズン初の連勝を懸けた明治安田J1リーグ第4節で味の素スタジアムに乗り込んだ。 前半立ち上がりに先制点を奪われたが、32分にFW谷口海斗のゴールで同点に追いつくと、後半半ばの69分には途中出場のFW長倉幹樹のゴールで逆転に成功。しかし、逃げ切り間近の90分にMF翁長聖に同点ゴールを決められて2-2のドロー。今季初の連勝を逃す形となった。 高木はジュニアユースから東京Vの下部組織に在籍しプロデビュー。その後、ユトレヒトでの海外挑戦などを経て2015年途中には4年ぶりの復帰。2018年に新潟へ移籍するまでチームの主力として活躍していた。 その古巣とJ1の舞台で初めて対戦した31歳MFは、正確なプレースキックで谷口の同点ゴールを演出するなどトップ下のポジションで存在感を示した。 その愛着あるクラブとの一戦をドローで終えた高木は、「嬉しい気持ちと負けられない気持ちがあった」と正直な想いを口に。それでも、新潟を牽引する主力として「連勝できなくて残念だった」と、開幕未勝利の昇格組相手の勝ち点逸を悔やんだ。 試合内容に関しては、ハイプレス・ハイラインを志向する東京Vに対して、J1でも屈指のポゼッション能力を有する新潟のビルドアップの局面での攻防がキーポイントだった。 「落ちる場所を直線的ではなく斜めにと考えていた」と語るなど、この試合でも状況に応じて絶妙な立ち位置を取って中盤と前線のリンクマン役を担った司令塔は、チームとして今季初黒星を喫したガンバ大阪戦での経験が今回の試合に活きたと感じている。 「ガンバも同じような形で守備をしてきていたので、1回ガンバを経験していた部分で、裏へのボールだったり、流動性によってガンバ戦に比べて前にボールが進んだかなと思います」 一方で、勝ち切れなかった結果という部分では「追いつかれたことより、3点目を取れなかったことの方が大きいかなと思います。そこは反省点としてしっかりこれからやっていきたい」と、2点目を奪われたことよりも、相手のミスが目立った状況で3点目を奪えなかったことをより課題として捉えた。 最後に、改めて古巣の印象を問うと、「良いチーム」という端的な言葉と共に、11月にデンカビッグスワンスタジアムで行われるホームでの再戦に向けて、チームとしてより成長して今度は勝利を手にしたいと意気込んだ。 「キャンプでも試合をしているので、キャンプの時と同様に良いチームでした。タフな戦いになると予想していた中で、しっかりそういうゲームになりました。次回の対戦ではどちらが成長しているかが、キーになるかなと思います」 2024.03.17 08:00 Sun

横浜FCの人気記事ランキング

1

J2終盤の日程が発表! 熾烈な昇格争いが終盤戦で直接対決も【明治安田J2リーグ】

Jリーグは19日、2024シーズンの明治安田J2リーグの試合日程を発表した。 今回は第30節から最終節までの日程が発表。YBCルヴァンカップで勝ち上がっているヴァンフォーレ甲府、天皇杯で勝ち上がっているV・ファーレン長崎、レノファ山口FC、愛媛FC、ヴァンフォーレ甲府、大分トリニータ、ジェフユナイテッド千葉の一部試合は確定していない。 J2は、第24節を終えた時点で清水エスパルスが首位に立っており、勝ち点差1の2位に V・ファーレン長崎が追いかける状況。さらに勝ち点差1で横浜FCが3位につけており、自動昇格権2枠の熾烈な争いが繰り広げられている。 <span class="paragraph-subtitle">【2024シーズン明治安田J2リーグ日程】</span> 【第30節】 ※ルヴァンカップ プライムラウンド準々決勝に出場するクラブの試合は、9/11(水) or 9/25(水)に開催する可能性 ▽9/7(土) 《18:30》 清水エスパルス vs V・ファーレン長崎 [IAIスタジアム日本平] 《19:00》 ザスパ群馬 vs ベガルタ仙台 [正田醤油スタジアム群馬] ジェフユナイテッド千葉 vs 水戸ホーリーホック [フクダ電子アリーナ] 藤枝MYFC vs 栃木SC [藤枝総合運動公園サッカー場] レノファ山口FC vs 徳島ヴォルティス [維新みらいふスタジアム] 愛媛FC vs 横浜FC [ニンジニアスタジアム] 大分トリニータ vs モンテディオ山形 [レゾナックドーム大分] 鹿児島ユナイテッドFC vs いわきFC [白波スタジアム] ▽9/8(日) 《18:00》 ファジアーノ岡山 vs ブラウブリッツ秋田 [シティライトスタジアム] ▽9/11(水) or 9/25(水) 《19:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs ロアッソ熊本 [JIT リサイクルインク スタジアム] 【第31節】 ▽9/14(土) 《18:00》 ベガルタ仙台 vs 藤枝MYFC [ユアテックスタジアム仙台] 《18:30》 清水エスパルス vs レノファ山口FC [IAIスタジアム日本平] 《19:00》 ブラウブリッツ秋田 vs ジェフユナイテッド千葉 [ソユースタジアム] モンテディオ山形 vs ザスパ群馬 [NDソフトスタジアム山形] ファジアーノ岡山 vs 愛媛FC [シティライトスタジアム] 徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ [鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム] ▽9/15(日) 《16:00》 いわきFC vs V・ファーレン長崎 [ハワイアンズスタジアムいわき] 《18:00》 横浜FC vs ヴァンフォーレ甲府 [ニッパツ三ツ沢球技場] 鹿児島ユナイテッドFC vs ロアッソ熊本 [白波スタジアム] 《19:00》 栃木SC vs 水戸ホーリーホック [カンセキスタジアムとちぎ] 【第32節】 ▽9/21(土) 《18:00》 ベガルタ仙台 vs ヴァンフォーレ甲府 [ユアテックスタジアム仙台] 横浜FC vs 大分トリニータ [ニッパツ三ツ沢球技場] 愛媛FC vs モンテディオ山形 [ニンジニアスタジアム] ロアッソ熊本 vs ブラウブリッツ秋田 [えがお健康スタジアム] 《19:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs レノファ山口FC [フクダ電子アリーナ] ▽9/22(日・祝) 《14:00》 水戸ホーリーホック vs ファジアーノ岡山 [ケーズデンキスタジアム水戸] V・ファーレン長崎 vs ザスパ群馬 [トランスコスモススタジアム長崎] 《14:30》 藤枝MYFC vs 清水エスパルス [藤枝総合運動公園サッカー場] 《18:00》 徳島ヴォルティス vs いわきFC [鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム] 《19:00》 栃木SC vs 鹿児島ユナイテッドFC [栃木県グリーンスタジアム] 【第33節】 ▽9/28(土) 《16:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs モンテディオ山形 [JIT リサイクルインク スタジアム] 《18:00》 清水エスパルス vs 横浜FC [国立競技場] 鹿児島ユナイテッドFC vs 水戸ホーリーホック [白波スタジアム] 《19:00》 大分トリニータ vs 藤枝MYFC [レゾナックドーム大分] ▽9/29(日) 《14:00》 ブラウブリッツ秋田 vs 徳島ヴォルティス [ソユースタジアム] ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎 [シティライトスタジアム] レノファ山口FC vs ベガルタ仙台 [セービング陸上競技場] 《15:30》 いわきFC vs 栃木SC [ハワイアンズスタジアムいわき] 《18:00》 ザスパ群馬 vs ロアッソ熊本 [正田醤油スタジアム群馬] 愛媛FC vs ジェフユナイテッド千葉 [ニンジニアスタジアム] 【第34節】 ▽10/5(土) 《14:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs ザスパ群馬 [フクダ電子アリーナ] ヴァンフォーレ甲府 vs ファジアーノ岡山 [JIT リサイクルインク スタジアム] 《17:00》 藤枝MYFC vs いわきFC [藤枝総合運動公園サッカー場] ▽10/6(日) 《14:00》 モンテディオ山形 vs レノファ山口FC [NDソフトスタジアム山形] 水戸ホーリーホック vs 清水エスパルス [ケーズデンキスタジアム水戸] 栃木SC vs 愛媛FC [栃木県グリーンスタジアム] 横浜FC vs 鹿児島ユナイテッドFC [ニッパツ三ツ沢球技場] V・ファーレン長崎 vs 大分トリニータ [PEACE STADIUM Connected by SoftBank] ロアッソ熊本 vs 徳島ヴォルティス [えがお健康スタジアム] 《15:00》 ベガルタ仙台 vs ブラウブリッツ秋田 [ユアテックスタジアム仙台] 【第35節】 ▽10/19(土) 《13:55》 鹿児島ユナイテッドFC vs 愛媛FC [白波スタジアム] 《14:00》 ベガルタ仙台 vs 横浜FC [ユアテックスタジアム仙台] ジェフユナイテッド千葉 vs ヴァンフォーレ甲府 [フクダ電子アリーナ] ▽10/20(日) 《13:00》 ブラウブリッツ秋田 vs V・ファーレン長崎 [ソユースタジアム] 《13:10》 清水エスパルス vs モンテディオ山形 [IAIスタジアム日本平] 《14:00》 ザスパ群馬 vs 栃木SC [正田醤油スタジアム群馬] ファジアーノ岡山 vs いわきFC [シティライトスタジアム] 徳島ヴォルティス vs 藤枝MYFC [鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム] 大分トリニータ vs 水戸ホーリーホック [レゾナックドーム大分] 《15:00》 ロアッソ熊本 vs レノファ山口FC [えがお健康スタジアム] 【第36節】 ※第104回天皇杯準決勝に出場するクラブの試合は、10/30(水)に開催 ▽10/26(土) 《13:50》 いわきFC vs 水戸ホーリーホック [ハワイアンズスタジアムいわき] 《14:00》 藤枝MYFC vs ジェフユナイテッド千葉 [藤枝総合運動公園サッカー場] ▽10/27(日) 《13:00》 V・ファーレン長崎 vs 鹿児島ユナイテッドFC [PEACE STADIUM Connected by SoftBank] 《14:00》 ブラウブリッツ秋田 vs 大分トリニータ [ソユースタジアム] モンテディオ山形 vs ロアッソ熊本 [NDソフトスタジアム山形] 栃木SC vs 清水エスパルス [カンセキスタジアムとちぎ] ザスパ群馬 vs 徳島ヴォルティス [正田醤油スタジアム群馬] 横浜FC vs ファジアーノ岡山 [ニッパツ三ツ沢球技場] レノファ山口FC vs ヴァンフォーレ甲府 [維新みらいふスタジアム] 《16:00》 愛媛FC vs ベガルタ仙台 [ニンジニアスタジアム] 【第37節】 ▽11/3(日・祝) 《13:00》 ファジアーノ岡山 vs 藤枝MYFC [シティライトスタジアム] 《14:00》 水戸ホーリーホック vs モンテディオ山形 [ケーズデンキスタジアム水戸] ジェフユナイテッド千葉 vs V・ファーレン長崎 [フクダ電子アリーナ] 横浜FC vs 栃木SC [ニッパツ三ツ沢球技場] ヴァンフォーレ甲府 vs ブラウブリッツ秋田 [JIT リサイクルインク スタジアム] ※ルヴァンカップ決勝に出場するクラブの試合は、10/23(水)に開催 清水エスパルス vs いわきFC [IAIスタジアム日本平] 徳島ヴォルティス vs 鹿児島ユナイテッドFC [鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム] 大分トリニータ vs ザスパ群馬 [レゾナックドーム大分] 《16:00》 愛媛FC vs レノファ山口FC [ニンジニアスタジアム] ▽11/4(月・休) 《14:00》 ロアッソ熊本 vs ベガルタ仙台 [えがお健康スタジアム] 【第38節】 ▽11/10(日) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs 大分トリニータ [ユアテックスタジアム仙台] ブラウブリッツ秋田 vs 藤枝MYFC [ソユースタジアム] モンテディオ山形 vs ジェフユナイテッド千葉 [NDソフトスタジアム山形] いわきFC vs ザスパ群馬 [ハワイアンズスタジアムいわき] 栃木SC vs 徳島ヴォルティス [カンセキスタジアムとちぎ] ヴァンフォーレ甲府 vs 水戸ホーリーホック [JIT リサイクルインク スタジアム] 清水エスパルス vs ロアッソ熊本 [IAIスタジアム日本平] レノファ山口FC vs 横浜FC [維新みらいふスタジアム] V・ファーレン長崎 vs 愛媛FC [PEACE STADIUM Connected by SoftBank] 鹿児島ユナイテッドFC vs ファジアーノ岡山 [白波スタジアム] 2024.07.19 18:10 Fri
2

「真骨頂を見せてくれた月」 J1月間MVPにG大阪エース&主将の宇佐美貴史! 「たくさんの人と受賞を共有したい」

Jリーグが16日、「2024明治安田Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。 6月度のJ1リーグではガンバ大阪のFW宇佐美貴史が通算4度目の受賞に。今や2位につけるG大阪をエースとしてだけでなく、主将としても力強くリードする32歳FWは6月の5試合すべてに先発し、3得点1アシストをマークした。 Jリーグ選考委員会による総評では槙野智章氏が「キャプテンという立場で30代になった宇佐美選手の真骨頂を見せてくれた月だった」と評すれば、北條聡氏も「ガンバ進撃の急先鋒」などと賛辞の言葉を送った。 今季のリーグ戦全体でもここまで8ゴールを決め、2015年以来の二桁到達にも迫るなか、月間MVPに輝いた宇佐美は「6月は個人の数字はずば抜けた数字ではなかったですが…」と謙遜しつつ、素直に喜んだ。 「月間MVPの受賞は久しぶりなので素直に嬉しいです。6月は個人の数字はずば抜けた数字ではなかったですが、勝利に貢献し続けたという点を評価いただけたのかなと思いますし、ありがたいです。自分としてはチームが勝つことができればという思いで、チームの勝利のために試合で牽引できたらと思ってプレーしているので、その結果の受賞となり何より嬉しいです。自分1人でいただけた賞ではなく、チームメイトや家族、たくさんの方のサポートがあるおかげですので、たくさんの人と受賞を共有したいです」 また、J2リーグからは6月の5試合に出場して1ゴールを記録した横浜FCのDF福森晃斗。J3リーグでは5試合で5ゴールの大宮アルディージャMFアルトゥール・シルバが輝き、それぞれ初受賞となる。 両選手も宇佐美と同様、Jリーグの公式サイトを通じてそれぞれ喜びのコメントを寄せている。 ◆福森晃斗 「この度、6月度の KONAMI月間MVPを受賞することができ大変嬉しく思います。このような素晴らしい賞をいただけたのも、皆様の応援のおかげです。覚悟を持って横浜FCに移籍をして、ここまでリーグ最多アシスト数を記録することができました。これに満足せず自分の左足でチームを救い、J1昇格J2優勝を成し遂げたいと思います。これからももっと頑張るので、チームを支える応援をよろしくお願いします!」 ◆アルトゥール・シルバ 「すばらしい賞を受賞することができてすごくうれしいですし、ここまで自分たちがやってきたことは間違いじゃないのかなと思います。ただ、自分がこうやって受賞できるのは、チームが強くていい組織になっているからこそだと思います。個人とチームとしてもまだまだやらなければいけないことは多いですが、もっとやらなければいけないという気持ちがさらに芽生えたので、これからも個人としてチームとして、タイトルを取れるように頑張ります」 <span class="paragraph-title">【動画】Jリーグが宇佐美貴史のプレー集を公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2024明治安田Jリーグ<br>KONAMI月間MVP<br><br>【6月度】明治安田J1リーグ<br>宇佐美 貴史 選手(ガンバ大阪)<br><br>キャプテンとして抜群の存在感を発揮!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%BE%8E%E8%B2%B4%E5%8F%B2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宇佐美貴史</a> 選手のプレーをまとめました<a href="https://twitter.com/GAMBA_OFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@GAMBA_OFFICIAL</a><br> <br>受賞コメント・総評<a href="https://t.co/J6ObbxJaOl">https://t.co/J6ObbxJaOl</a> <a href="https://t.co/tUKI5Ejv97">pic.twitter.com/tUKI5Ejv97</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1813107436024365523?ref_src=twsrc%5Etfw">July 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 16:55 Tue
3

3連勝の清水が足踏みの長崎&横浜FCを抜いて首位返り咲き!【明治安田J2第24節】

明治安田J2リーグ第24節の8試合が14日に行われ、首位交代が起こった。 前節終了時でV・ファーレン長崎が勝ち点50で首位を走り、同49で横浜FCと清水エスパルスが追う構図の上位3チーム。得失点差で3位だった清水だが、長崎と横浜FCが揃って引き分けるなか、唯一の勝利を掴み、首位返り咲きに成功した。 そんな清水は14位大分トリニータとのアウェイゲーム。先の天皇杯で川崎フロンターレを撃破して勢い十分の大分が相手だったが、33分に敵陣中央でのボール奪取から北川航也が繋ぎ、ボックス右からルーカス・ブラガの右足で清水が先手を奪う。 そんな清水は1-0の点差で最終盤に入り、大分もゴールに迫るが、89分のカウンターからボックス右の北爪健吾が跳ね返りを拾って再び折り返し、最後は乾貴士が右足。3連勝で勝ち点を「52」の伸ばして、首位奪還を果たしている。 首位から陥落の長崎は15位ヴァンフォーレ甲府のホームに乗り込み、45+1分に加藤大のゴールで先制したが、47分に村上千歩、58分にピーター・ウタカと連続失点。90+9分に澤田崇の同点弾で22戦無敗としたが、首位堅持とはならず。 2位横浜FCは17位水戸ホーリーホックとのアウェイ戦に臨むが、57分に草野侑己、66分に齋藤俊輔と立て続けに被弾。76分に伊藤翔のゴールで1点を返すと、87分に高橋利樹の一発で追いついたが、勝ち越しとはいかず、連勝が「8」で止まった。 ほかの上位勢では4位ファジアーノ岡山、5位レノファ山口FC、6位ベガルタ仙台、7位ジェフユナイテッド千葉がそれぞれ足踏み。プレーオフの争いでは3位後退の横浜FCが落ちてきたが、4位から6位の顔ぶれは岡山、山口、仙台で変わらずとなった。 ◆第24節 ▽7/13(土) 藤枝MYFC 0-1 愛媛FC 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 ザスパ群馬 ▽7/14(日) ブラウブリッツ秋田 1-0 レノファ山口FC 水戸ホーリーホック 2-2 横浜FC ヴァンフォーレ甲府 2-2 V・ファーレン長崎 モンテディオ山形 0-2 いわきFC 栃木SC 1-1 ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 0-2 ロアッソ熊本 徳島ヴォルティス 2-0 ベガルタ仙台 大分トリニータ 0-2 清水エスパルス 2024.07.14 21:51 Sun
4

横浜FCが日大DF熊倉弘貴の加入内定を発表! 双子兄弟の熊倉弘達も甲府入り

横浜FCは19日、2025シーズンの新戦力として、日本大学からDF熊倉弘貴(22)の加入内定を発表した。 熊倉は前橋育英高校出身。現在の日本大学では10番でキャプテンを務め、横浜FCによると、「豊富な運動量と左足から繰り出す正確なキックによる自陣からのフィードと得点に繋がるクロスは相手の脅威」という。 双子兄弟で同じく日本大学に通うMF熊倉弘達もヴァンフォーレ甲府入りが決まっており、揃ってのプロ入り。横浜FCを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「この度、2025シーズンより横浜FCに加入することになりました日本大学の熊倉弘貴です。横浜FCという素晴らしいクラブでプロサッカー選手のキャリアをスタートできること、そしてサポーターの方々と一体感のある三ツ沢のピッチでサッカーができることをとても嬉しく思います」 「幼い頃からの夢を叶えることができたのは両親、仲間、スタッフ、多くの支えがあったからです。その感謝をピッチで表現するとともに常に上を目指し、選手としても人としても日々成長して横浜FCの勝利のために全力で戦います。横浜FCのファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 2024.07.19 10:40 Fri
5

6月の月間優秀監督賞、J1は6月無敗の福岡・長谷部茂利監督…J2は横浜FC・四方田修平監督、J3は北九州・増本浩平監督が受賞

Jリーグは16日、6月度の明治安田Jリーグ月間優秀監督賞を発表した。 6月度は明治安田J1リーグがアビスパ福岡の長谷部茂利監督、明治安田J2リーグが横浜FCの四方田修平監督、明治安田J3リーグがギラヴァンツ北九州の増本浩平監督の受賞となった。長谷部監督は通算3度目、四方田監督は通算2度目、増本監督は初受賞となる。 長谷部監督率いる福岡は、6月に行われた公式戦6試合無敗。J1リーグでは5試合4勝1分けと絶好調であり、チームに安定感を植え付けている。 選考委員会の総評と長谷部監督のコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 足立修委員長 「確実に勝点3を取る、負けゲームも勝点1を絶対拾う。したたかというか、さらに磨かれてきた」 北條聡委員 「勝たせる手腕は流石の一語。金看板の堅守は言うに及ばず、両翼からクロスを徹底させ、主砲ウェリントンの“高さ”を最大限に生かす戦いぶりは実に効率的だった」 丸山桂里奈特任委員 「6月無敗で勝点を積み上げた。首位の町田に対してもやりたいようにやらせなかった。途中投入した選手が結果を出したりと、采配も冴えていた」 GAKU-MC特任委員 「5試合負けなしは立派。九州ダービーというファンの期待値が高い試合で落とさないというのも大切」 ◆長谷部茂利監督(アビスパ福岡) 「名誉ある賞を受賞でき、光栄です。6月を負けなしで終える事ができたのは、全力でプレーしてくれている選手、支えてくれるコーチやスタッフ、どんな時も応援し続けてくれるサポーターの皆さまのおかげです」 「また、パートナー企業の皆さん、日頃よりクラブを支えてくださっている方々に改めて感謝を申し上げます。目標のリーグ戦6位以上に向けて、さらに一丸となって戦っていきます。引き続き応援よろしくお願いします」 四方田監督率いる横浜FCは、6月の5試合全勝。そのうち4試合は複数得点を記録しており、チームを一気に首位争いへと押し上げている。 選考委員会の総評と四方田監督のコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 足立修委員長 「愛媛には逆転勝ち。そして、熊本、いわきには大差の勝利と今月は手が付けられない貫禄を感じるゲームが多かった」 寺嶋朋也委員 「文句なしの6月5連勝。昨季J1でも通用していた守備の堅さをベースに福森ら「違い」を生み出せる選手を加え、堅守速攻スタイルに磨きをかけている」 丸山 桂里奈特任委員 「5戦全勝で、首位長崎に迫ってきた。後ろからパスの精度が良いメンバーが揃い、前線に得点力の高い選手がいて、かなり完成度が高いチームになっている」 植松隼人特任委員 「5月途中から7連勝中(6月終了時点)であることとチームの戦い方がとてもバランスよくロングカウンターもショートカウンターも面白い試合を展開しているところに評価」 ◆四方田修平監督(横浜FC) 「この度、明治安田J2リーグ6月の月間優秀監督賞に選出していただき誠にありがとうございます。このような素晴らしい賞をいただけたのは、最後まであきらめず全力でプレーしてくれる選手、チームをサポートしてくれるスタッフ、どんな時でも選手を後押ししてくれるサポーターの皆様のおかげです」 「開幕ダッシュは決して満足のいくスタートではなかったですが、少しずつチームの結束力が強くなり、いまの連勝に繋がっていると思います。ただこれで満足せず、J1昇格を達成するためにも残りのシーズンを全力で戦い、シーズン終了後にこのような素晴らしい賞をまたもらえるように、日頃から頑張りたいと思います」 増本監督率いる北九州は、6月の5試合で3勝2分け。無敗で6月を戦い抜き、徐々にチームの順位を上昇させている。 選考委員会の総評と増本監督のコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 足立修委員長 「ベテランのセンターラインを動かしながら、大卒の若い選手を機能させていて素晴らしい」 JFA技術委員 「Jリーグの監督としての経験値が浅いながらもこれだけ結果が出せる監督にぜひ注目していただきたい」 平畠啓史委員 「3勝2分で負けなし。4失点。僅差で勝てるチームを作り上げている。着実に勝ち点を重ね、プレーオフ圏までの勝点差は「3」。6月のJ3の中でもギラヴァンツ北九州の活躍は特筆すべきものだった」 橋本英郎委員 「今月の(チーム)パフォーマンスはとても良かった。短期間に確実に結果を出せる事はシーズンを戦い抜くうえでとても大事。今年度のJリーグの監督の中では、比較的若い監督なので、今後の活躍にも期待したい」 ◆増本浩平監督(ギラヴァンツ北九州) 「6月度月間優秀監督賞を受賞させていただき大変嬉しく思っております。この賞は、日々支えてくれている現場のスタッフ、チームが気持ち良く活動する為に陰ながら整えてくれているフロントスタッフ、いつも明るく前を向いて挑戦し続けてくれている選手達、そして常に我々の背中を力強く支えてくれ共に戦ってくれているファンサポーターの皆さんの物だと思っております」 「この夏をひまわりの様に咲き誇り、勢いを持ち続けてギラヴァンツ北九州らしく熱く上を向いて前進し続けたいと思います。これからも全身全霊、北九州の勝利の為に戦いたいと思います。本当にありがとうございました」 2024.07.16 17:00 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly