海外組だけで臨む日本代表、10月1日のメンバー発表前に予想!初招集も数名か

2020.09.29 20:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10月にオランダで行われる日本代表活動。実に10カ月ぶりとなる代表活動では、カメルーン代表、コートジボワール代表と対戦する。

2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権以来の活動となるA代表だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、活動が行えても制限が敷かれた状態となる。

まず、オランダへの渡航となるため、日本から選手が派遣された場合は、帰国後14日間の隔離措置を取らなくてはいけない。代表活動の期間と合わせて、およそ1カ月チームを離れることとなるため、過密日程をこなすJリーグクラブとしては大きな痛手に。そのため森保一監督は海外組のみで臨むことを明かした。

実際のメンバー発表は10月1日となるが、海外組だけでチームを編成するとなると一体誰が招集されるのか。40名ほどがプレーする欧州組の中から、招集選手を予想してみたいと思う。



関連ニュース
thumb

代表戦で感じたこと/六川亨の日本サッカー見聞録

5月28日の日本代表対ミャンマー戦、そして6月のIMD(インターナショナルマッチデー)によるW杯アジア2次予選やU-24日本代表の親善試合、なでしこジャパンの強化試合など、ファンにとっては見逃せない試合の連続が続いている毎日だ。 11日は日本代表対ピクシー率いるセルビア戦(1-0)、12日はU-24日本が4-0と圧勝したジャマイカ戦、そして13日はなでしこジャパンがメキシコに5-1と快勝した。 こうした活動の裏では、最初にジャマイカの一部選手が出国の際の不備で来日できず、日本との試合が急きょU-24日本に変更された。 その後も海外から来日したチームに新型コロナウィルスの感染者や濃厚接触者がいたり、コロナでは陰性ながらミャンマーの用具担当者が亡くなられたり、ジャマイカの監督は体調不良で(コロナの検査では陰性)チームの指揮を執られないなど不測の事態が続いた。 それでも試合はつつがなく行われ、残すは15日の日本対キルギス、タジキスタン対ミャンマーの2試合となった。そこで改めて思うのは、日本の試合運営の手際の良さだ。 5月28日以降、基本的に前述の3チームが順次活動を開始して、日本代表とU-24日本は毎日のように選手がズームで記者会見を行った。これはこれで、素晴らしいことであり関係者の努力に感謝したい。これに加えて試合前日には両チームの監督会見もある。 さらに反町技術委員長の会見や、Jリーグも並行して開催されているため、Jクラブの監督や選手の会見もある。このため終日、自宅でズーム会見の日々ということもあった。 ほんの2年前は、例えば日本代表のメンバー発表はJFAハウスの1Fで盛大に行われた。しかし今回のコロナウィルスの影響で、そうした会見のスタイルは変革を余儀なくされ、もはや旧式のスタイルに戻ることはないだろう。 移動による時間と経費のロスがなくなり便利になったのは確かだが、かえってストレスを感じることもある。 たとえば昨日のジャマイカ戦では、4人の股間を抜いたシュートでゴールを決めた久保のコメントを聞くのが仕事としてマストとしよう。それ以外に、地元出身で豊田スタジアムでの試合を楽しみにしていながら出番のなかった菅原に話を聞きたいと思っても、ズームではその機会がない。 JFAの広報は、毎日のように最大多数の情報を発信しようと努力している。試合後も多くの選手に発言を促している。 これは、かつてはなかったことだ。一時期は、選手をガードしてメディアの前で発言させないのが仕事と勘違いしていた広報もいた。しかしズームという通信手段のおかげもあり変わった。それでも話を聞きたい選手に直接聞けないストレスは残る。 こればかりは、日常が戻る日を期待するしかないだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.06.13 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「パフォーマンスに納得がいっていない」クラブでトップ下、代表でサイドと異なる起用法に原口元気が言及

日本代表MF原口元気が、現在の自身の立場について言及した。 海外組は5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から、国内組は3日のU-24日本代表戦から始まった今回の活動。合計で5試合行われる中、残すところ15日のカタールW杯アジア2次予選最終戦のキルギス代表戦が最後の試合となる。 13日、原口がオンラインのメディア取材に応対。現在の自身の立ち位置などについて語った。 11日のセルビア代表戦は後半からの出場となった原口。7日のタジキスタン代表戦では、キャプテンマークを巻くと、セルビア戦も長友佑都からキャプテンマークを引き継ぐ形となっていた。 キャプテンを任されたことについては「キャプテンというところで、気持ち的に少し変わった部分があるというか、引っ張ろうと常に思っていますが、より思うようになりました」とコメント。大きな変化はないものの、多少なりとも心境の変化があったと語った。 一方で、チーム内での立ち位置については「自分のパフォーマンスに納得がいっていないので、出場時間を含めて仕方ないかなと思っています。あと1試合あるので、自分自身も結果を残して、今シーズンを締めくくれたら最終予選に迎えるかなと。前線に良いタレントがいる中で、結果を残したいと思います」と語り、ゴールやアシストといった結果を残したいと語った。 具体的に納得いっていない部分としては、自身が起用されているポジションも影響しているという。「自分が1つの難しさとして、シーズン通してほぼ真ん中でプレーしていた」と語るように、ハノーファーではトップ下としてプレー。しかし、日本代表では2列目のサイドを任されている状況だ。 ポジションの違いは戦い方以上に、フィジカル面で必要なものが違うといい「サイドではフィジカル的な部分で求められているのが違うので、真ん中で慣れている自分としてサイドのアップダウンは厳しいです」とコメント。「ウニオン・ベルリンでも多分真ん中でプレーしますが、代表ではサイドなのでその辺のコンディション調整も必要になると思います」と語り、クラブと代表でのポジションの違いに合わせた準備がシーズンを通して必要だと語った。 残り1試合で見せたいものについては「1本、2本成功させたいなと」とゴールに繋がるプレーを見せたいとし、「それが一番印象に残るプレーだと思いますし、ポジション争いや評価を高める上で大事だと思うので、しっかりリスクかけてその中で1本、2本成功させたいと思います」と、評価を高めるための数字を残したいとした。 以前には真ん中でもプレーをしたいと語っていた原口。トップ下でのプレーについては「真ん中でのプレーも気に入っていて、すごく面白いです。色々な仕事ができるので、サッカー選手として深みが出ていると思います」と、自身のプレー幅が広がっているとコメント。「フィジカル的にも戦術的にも大きく違うので、どっちでも高い水準bでプレーできないといけないです」と語り、「代表もチームも大事なので、戦術的にもフィジカル的にもどっちも準備しないといけないなと」と、シーズンを通して準備することの大事さがあるという。 次の試合も出場となればキャプテンを任されるであろう原口。森保一監督からは「元気が引っ張っていく力をすごく評価している」と言われたとのこと。一方で「うまくいっていないときに感情的になるということは言われて、僕も納得していました」とし、うまく進んでいない時に感情を抑える必要もあると指摘されたようだ。 それでもキャプテン指名は驚きもなかったとし「特に驚きはなかったですけど、キャップ数もヨーロッパでの年数も一番長かったので、小学生ぶりにキャプテンやったので、キャプテンマークを巻くとか、試合前のミーティングで声を出すのは慣れない部分がありましたが、1つ大きな意味はあると思っています」と、20年ぶりぐらいキャプテンにも意味を感じたとのこと。それでも「その試合で自分のパフォーマンスがあまり出せなかったので、そこじゃなくてパフォーマンスに集中することが大事かなと。そっちで引っ張っていかないと居場所がなくなるので」と、プレーでチームをけん引できるようにしたいと語った。 2021.06.13 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

短い時間の中で結果を残したなでしこジャパンFW遠藤純「ゴールに直結するようなプレーを」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンのFW遠藤純(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が12日、オンラインのメディア取材に応じた。 遠藤は10日のウクライナ代表戦で岩渕真奈(アーセナル)に代わって76分に途中出場を果たすと、終盤にはドリブル突破からのクロスで籾木結花(OLレイン)のゴールをお膳立て。短い時間の中で明確な結果を残したが、アピールとしてはまだまだ足りないと感じでいるようだ。 「短い時間の中でアシストできたり、自分自身のプレーを出せたというのは良かったかなと思うんですけど、もっとたくさん試合に出てチームの勝利に絡めたらいいなというのがこの前の試合の感想でした」 「攻撃的なポジションではあるので結果を残すというのはメンバーに残る上で重要だと思うんですけど、自分自身が結果を残すこともそうですし、この前の試合のように仲間に決めさせるよなクロスだったりとか、自分が仕掛けた中でゴールに直結するようなプレーをたくさん出していって、18人の少ないメンバーの中に食い込みたいなと思うので、明日頑張りたいなと思います」 さらに、ゴールへの積極性はこれまで以上に意識しながら、その中でも決定力をあげていく必要があると語った。 「個人としてもチームとしてもゴールに向かう意識が強くなったし、去年以上に果敢に攻めることが増えたので、最後決め切るというところはチームとして課題がたくさんあったので、自分自身もしっかり決め切ってチームが勝つために自分ができることを一生懸命やろうと思います」 2021.06.12 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

本番を想定した中2日でのメキシコ戦へ向けなでしこジャパン高倉麻子監督「選手を試すという方法寄りで考えていこうかなと」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンの高倉麻子監督が12日、前日会見に出席した。 10日のウクライナ女子代表戦では8-0と快勝を収めたなでしこジャパン。オリンピック本番を想定した中2日での試合を高倉監督は「大事な経験」としつつ、次のように続けた。 「ウクライナとはちょっとタイプの違う、メキシコという中南米のチームとできるということはチームにとっては非常に良い経験になるかなと思います。ずっと大勝が続いているので、いろんなご意見とかもありますけど、チームとしては攻守ともにどの選手が出ても、狙いを共有しながら守備の組織を作ったり、攻撃の組み立ての部分、コンビネーションのところは間違いなく上がってきてると思いますし、ブレずにどんな相手であっても自分たちの精度を上げていく、とにかく集中をしていいトライができたらいいなという風に思います」 2戦同じメンバーで戦えば連携の向上が見込め、中2日での疲労度ということも試せる一方、新しいメンバーの力試しもできる状況。そのなかで指揮官としては各選手のコンディションを踏まえ、別の選手を試す方向で考えているようだ。 「先発で出た選手と話したときに「疲れはあります」とのことでしたけれども、選手自身は自分たちそれぞれが、休むところもそうですし食事のところもそうですし、選手同士が集まっての会話ということはなかなかできないですけど、やれる範囲の中で良いコミュニケーションの取り方をしてくれているなという風には思います」 「今チームを見渡して、例えばA・Bのチームを作ったとしても大きな差がないというのも、今のなでしこの強みかなという風に感じているので、それを考えれば明日は出場時間の短かった選手で長い時間を、という風なことも考えながら、もちろん2試合連続でやっていく身体の部分でのフィーリングみたいなもの、連続してということも両方うまくかみ合わせながらやっていけたらいいなと思いますし、無理やり使って疲労度を高めてケガが起きるということも今やる必要もないので、いろんな選手を試すという方法寄りでメンバーを考えていこうかなという風には思います」 今回が最後のテストマッチとなるが、選考の基準に関してはわかりやすい結果に限らず多岐にわたるとし、普段の振る舞いですらも気にかけているとのことだ。 「みんな力が拮抗してますし、毎日選手のトレーニングも、試合でのパフォーマンスというところも注意してみてますけども、自分たちが主導権を握る試合になってきているので、その中でできたプレーであっても例えば得点という形であっても、それぐらいはやれて当然という部分もあったり、逆に非常に見えにくい場面であっても、ポジショニングであったりボールを奪い返す場面であったり、そのオフの部分で危機を察知して危ない場面の芽を摘んでいるというプレーがあるので、その辺は評価の対象にはなっています」 「何よりも集まって感じたのは、選手のオリンピックに対する思いであったり、自分自身がサッカーに対する思いというのを強く感じる選手もいますし、もちろん表現方法は個人個人違うのでみんなが持ち合わせた中ではありますけど、チームが僅差になった時にパワーをもたらす選手ってどういう選手なのかなということを、練習でもそうですし、オフのちょっとした立ち振る舞いや会話の中でも私自身は汲み取ろうという風に思って選手とは接するようにはしているので、総合的な部分での判断にはなってくると思います」 2021.06.12 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

日本の中心選手を目指したいと語るなでしこジャパンMF木下桃香「世界を経験して成長のきっかけにしたい」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンのMF木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が12日、オンラインのメディア取材に応じた。 10日のウクライナ代表戦では8-0と快勝を収めたなでしこジャパン。次回のメキシコ戦が東京オリンピックに向けての最後の試合となるなか、ウクライナ戦では出番のなかったチーム最年少の木下は「試合に絡むためにいい準備をしてます」と出場へ向けて抜かりはないようだ。 「(自分の良さは)ゴールに絡むことだと思っていて、自分のところで1つチャンスメイクができたらいいアピールにつながると思いますし、結果的にアシストだったりゴールという形で結果を残せればベストかなと思います」 2018年のU-17女子ワールドカップ(W杯)ではメキシコ相手にゴールを奪っている木下。当時は「自分たちが主導権を握れていたなかでカウンターを受けた」と振り返るが、今回は相手のレベルも上がりスピード感も上がる。それを踏まえたうえでの戦い方もイメージはできているようだ。 「相手もフィジカルのところ、一対一の個人のところはすごい強いと思うんで、そこは日本の良さでもあるコンビネーション、短いパス交換で崩していくこともそうですし、ときには裏に1本の長いパスで展開が変わってくることもあると思うので、相手と状況を見てやっていけたらいいなと思ってます」 東京五輪へのサバイバルについては「自分自身オリンピックを経験したいという気持ちがすごくありますけど」と前置きをしたうえで「それ以上に少しでも世界を経験して成長のきっかけにしたいというのが1番大きい」と自身の糧にしたいという思いが強いようだ。 「明日の試合もアピールしてオリンピックに絶対入っていこうというのはもちろんなんですけど、それ以上に自分の成長につなげたいというのが、今回の合宿自体もそういう思いで臨んでいるので、今後の自分の成長につながる経験にしたいというのが強いです」 「もちろん将来的にはワールドカップだったりオリンピックで自分が日本の中心選手として世界一に導くっていうのが1番の目標ですし、今回のオリンピックでそれができるかというと自分はすべての面で成長が必要だと思っているので、将来的に成功するために今このチャンスを少しでもつかみにいけたらいいなという思いです」 2021.06.12 22:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly