海外組だけで臨む日本代表、10月1日のメンバー発表前に予想!初招集も数名か

2020.09.29 20:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10月にオランダで行われる日本代表活動。実に10カ月ぶりとなる代表活動では、カメルーン代表、コートジボワール代表と対戦する。2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権以来の活動となるA代表だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、活動が行えても制限が敷かれた状態となる。

まず、オランダへの渡航となるため、日本から選手が派遣された場合は、帰国後14日間の隔離措置を取らなくてはいけない。代表活動の期間と合わせて、およそ1カ月チームを離れることとなるため、過密日程をこなすJリーグクラブとしては大きな痛手に。そのため森保一監督は海外組のみで臨むことを明かした。

実際のメンバー発表は10月1日となるが、海外組だけでチームを編成するとなると一体誰が招集されるのか。40名ほどがプレーする欧州組の中から、招集選手を予想してみたいと思う。

GK:守護神は3名、レギュラーは無し(3名)

GK
川島永嗣(37/ストラスブール)
権田修一(31/ポルティモネンセ)
シュミット・ダニエル(28/シント=トロイデン)

まずは、GKを予想。森保ジャパンとして招集を受けていた3名がそのまま招集されると予想する。ヨーロッパの1部リーグでプレーする日本人GKはこの3名しかいない。

大ベテランとなった川島は、開幕から2試合連続でリーグ・アンで先発出場を果たした。しかし、どちらの試合も敗戦。その結果、第3節からはベンチに座ることとなった。

権田は、昨シーズンの終盤にプリメイラ・リーガで14試合に出場していたが、今シーズンはここまで試合に絡めず。メンバー外の状況が続いており、移籍の噂も浮上していた。

シュミット・ダニエルは2020年に入ってからハムストリングの負傷で欠場。今シーズンもケガで出遅れたものの、現在はベンチ入り。しかし、試合にはまだ出場していない状況だ。クラブで正守護神を務めている選手は居ない状況だが、この3名が招集されるとみて良いだろう。

もう1人候補として挙げられるのは、セグンダB(スペイン3部)のレクレアティボ・ウエルバにU-23世代の山口瑠伊(22)が居る。東京オリンピック世代のGKだけに、森保監督が一度呼んでみる可能性はゼロではないだろう。

DF:A代表と東京五輪世代が混在(11名)

CB
吉田麻也(32/サンプドリア)
植田直通(25/セルクル・ブルージュ)
板倉滉(23/フローニンヘン)
冨安健洋(21/ボローニャ)
中山雄太(23/ズヴォレ)

続いてディフェンスライン。まずはセンターバックからだ。このポジションでは日本代表の主力と東京五輪世代の主力が混在して居る。バランスを見ても上記の5名は招集されるとみて良いだろう。いずれもクラブでは主軸を担っており、コンディション面も問題なさそうだ。

また、ここに中山の名前を入れたが、東京五輪世代ではボランチとしてプレーして居るため、センターバックとの併用と考えられる。4バック、3バックのどちらでも起用できる面々は全て招集されると見る。

SB
長友佑都(34/マルセイユ)
酒井宏樹(30/マルセイユ)
室屋成(26/ハノーファー)
松原后(24/シント=トロイデン)
菅原由勢(20/AZ)

続いてサイドバックだが、こちらも6名は招集されると予想する。マルセイユに加入した長友は半年以上実戦から離れていた影響を感じさせたが、コンディションはここから上げられるはず。森保監督も状態を把握したいところだろう。

酒井、室屋は常連、菅原も東京五輪世代ではレギュラーを張っていた事もあり招集される見込みだ。気になるのは松原。このメンバーではU-18以降代表歴がないももの、シント=トロイデンではレギュラーとしてプレー。貴重な左サイドバックとして招集されると予想する。

MF:競争が激しい中盤、新旧代表選手が揃うか(9名)

守備的
柴崎岳(28/レガネス)
遠藤航(27/シュツットガルト)

まずは守備的MF。ボランチを務めている海外組の選手は少なく、上記の3名となる。柴崎はセグンダB(スペイン3部)に降格したデポルティボ・ラ・コルーニャからセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のレガネスへ移籍。すでにリーグ戦3試合に出場し1アシストを記録するなど、開幕から好スタートを切った。レガネスだけでなく、日本代表でも中心となるだろう。

また、遠藤も自身初のブンデスリーガでのプレーとなったが、開幕から2試合連続でフル出場。たくましさを増している印象だ。

東京ヴェルディから今夏移籍した藤本寛也(ジル・ビセンテ)も面白い存在。まだ試合には絡んでいないが、ゲームメイク力は東京V時代にも示しており、東京五輪世代に割って入る可能性がある。招集しても面白いが、今回は見送りと予想する。

個人的にはFCロストフで結果を出している橋本拳人を招集して欲しかったが、オランダへの入国制限があるロシアでプレーしているため、今回は見送られることに。クラブで好調を維持しているだけに残念でならない。なお、ボランチは、前述した中山に加えて板倉もプレーしており、ここでは2名に留めておく。

攻撃的
原口元気(29/ハノーファー)
奥川雅也(24/ザルツブルク)
鎌田大地(24/フランクフルト)
三好康児(23/アントワープ)
堂安律(22/アルミニア・ビーレフェルト)
食野亮太郎(22/リオ・アヴェ)
久保建英(19/ビジャレアル)

一方攻撃的なポジションでは、東京五輪世代が多く招集されると予想する。クラブでレギュラーをはる原口、鎌田は招集されるだろう。一方で、去就問題に揺れた中島はケガをしているともされており、招集を回避すると予想する。

東京五輪世代では、三好、堂安、久保に加え、リオ・アヴェで早速ゴールを記録している食野も入ると予想。森保監督も、状態を今一度手元で確認したいはずだ。

また、ザルツブルクでプレーする奥川を初招集しても面白いのではないだろうか。昨シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで23試合に出場し9ゴール6アシスト、チャンピオンズリーグでも4試合プレー。アーリング・ハーランドや南野拓実、今夏はファン・ヒチャンと主力の攻撃陣が去る中、チームの中心としての活躍が求められて居る。サイドを主戦場とするが攻撃的なポジションはどこでもこなせるため、一度呼んでみても面白いだろう。

一方で、乾貴士(エイバル)や去就に揺れる香川真司(レアル・サラゴサ)らは予想から外している。

FW:見慣れた面々、鈴木優磨が初招集か(5名)

大迫勇也(30/ブレーメン)
伊東純也(27/ヘンク)
鈴木武蔵(26/ベールスホット)
南野拓実(25/リバプール)
鈴木優磨(24/シント=トロイデン)

前線も多くの候補がいる中で、数を大きく絞ってみた。まず、代表でレギュラーを務めていた大迫と南野、そして右サイドで躍動している伊東も招集されるだろう。

気になるのは今夏移籍した鈴木武蔵。すでにゴールも記録しており、海外に出て揉まれているプレーを見せられるかに注目だ。そしてもう1人の鈴木、鈴木優磨にも注目だ。シント=トロイデンではチームの攻撃を牽引。ついに代表活動に参加できると予想する。

エイバルに活躍の場を移した武藤嘉紀や、ラ・リーガで念願のプレーがかなった岡崎慎司(ウエスカ)、オーストリアで気を吐く北川航也(ラピド・ウィーン)らも招集候補には上がるはず。コンディション面を含めて検討すれば、招集もあり得るだろう。

◆その他ヨーロッパ組
GK山口瑠伊(22/レクレアティボ・ウエルバ)
DFファン・ウェルメスケルケン際(26/ズヴォレ)
DF安西幸輝(25/ポルティモネンセ)
MF乾貴士(32/エイバル)
MF香川真司(31/レアル・サラゴサ)
MF森岡亮太(29/シャルルロワ)
MF橋本拳人(27/FCロストフ)※
MF中島翔哉(26/ポルト)
MF伊藤達哉(23/シント=トロイデン)
MF遠藤渓太(22/ウニオン・ベルリン)
MF藤本寛也(21/ジル・ビセンテ)
FW岡崎慎司(34/ウエスカ)
FW武藤嘉紀(28/エイバル)
FW宮市亮(27/ザンクト・パウリ)
FW浅野拓磨(25/パルチザン・ベオグラード)※
FW北川航也(24/ラピド・ウィーン)
FW安部裕葵(21/バルセロナ)
FW中村敬斗(20/シント=トロイデン)

※セルビアとロシアはオランダ国内への入国制限があり招集見送り
コメント
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.55】柴崎&航コンビに中山も台頭したボランチ陣。ハリルの申し子は巻き返しを図れるか?/井手口陽介(ガンバ大阪/MF)

森保ジャパンの約1年ぶりの代表活動となった10月オランダ2連戦(ユトレヒト)は1勝1分という悪くない結果で終了した。9日の初戦・カメルーン戦は長期間のブランクと選手たちの過度な気負いで前半は守備が空回りしたが、後半から3バックにシフトしたことで修正が図られ、全体に落ち着き、スコアレスドローに持ち込んだ。 13日のコートジボワールとの2戦目はその流れを踏襲し、守りの安定度が向上。けれども、攻撃の方は迫力不足を露呈した。最終的には植田直通(セルクル・ブルージュ)の劇的ヘディング弾が飛び出し、1-0の勝利をモノにしたが、アタッカー陣は不完全燃焼感を色濃く感じたことだろう。 こうした中、前進を示したポジションの1つがボランチだ。今回は柴崎岳(レガネス)、遠藤航(シュツットガルト)、中山雄太(ズウォレ)、板倉滉(フローニンゲン)という4枚が招集され、1戦目は柴崎・中山、2戦目は柴崎・遠藤のコンビで戦った。前者は中山が大きな成長が示し、後者は同級生コンビが好連携が光った。とりわけ、ブンデスリーガ1部初挑戦の遠藤航が今季クラブで示している通りの力強さと球際の激しさ、攻守両面での献身性を前面に押し出したことは特筆すべき点。森保一監督にとっても朗報と言えるだろう。 この3人がポジション争いで一歩リードしたのは間違いないが、今夏ロシアに赴いた橋本拳人(ロストフ)も控えているし、国内組にも優れた人材はいる。その筆頭が今季ガンバ大阪で軸を担っている井手口陽介だ。遠藤保仁のジュビロ磐田移籍もあり、24歳になった「ハリルホジッチ監督の申し子」の存在価値は古巣復帰1年が経過し、鋭いパフォーマンスを取り戻している。もともとボール奪取能力には定評があったが、その強みが研ぎ澄まされたうえ、積極的に攻撃にも絡み、意欲的にミドルシュートも打っている。遠藤がチームを離れた今、生え抜きボランチは「自分がやらなアカン」という気持ちが強めているはず。そういう意味で、彼の復活が非常に興味深い。 そもそも井手口は2018年ロシアワールドカップに参戦するはずの人間だった。ご存じの通り、ハリル監督時代はレギュラーに抜擢され、日本が6大会連続世界切符を獲得した2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)で強烈なダメ押し弾をゲット。眩いばかりの輝きを放った。同年12月のEAFF E-1選手権(東京)でも中盤の軸として奮闘。そこで韓国に4失点粉砕された経験も踏まえ、2018年1月に欧州挑戦を決断。イングランド1部・リーズ・ユナイテッドの一員となった。 しかし、そこからレンタルされたスペイン2部のクルトゥラス・レオネッサでは言葉や文化、習慣の問題から異国になじめず、出番を得られず苦しんだ。それに加えて、4月のハリル解任というショッキングな出来事が重なり、ほぼ手にしたと思われていたロシア行きを逃してしまう。事前合宿までは帯同していただけに、本人も悔しさひとしおだったに違いない。そんな屈辱を晴らすべく、同年夏にはドイツ2部のグロイター・フルトに2度目のレンタルに出たが、今度は右ひざ後十字じん帯断裂と半月板損傷という2度の重症を負い、「海外で成長したい」という思いは叶わなかった。 数多くの挫折を経て、彼は2019年夏に古巣・ガンバに戻ったわけだが、当初はコンディションが上がらず苦しんだ。「井手口は公式戦から長い間遠ざかっていた。自分でトレーニングはしていたが、実戦感覚がまだ戻っていない。もう少しかかる」と宮本恒靖監督も長期化を覚悟していた。そうやって辛抱して使い続けてくれた指揮官に応えるべく、井手口自身も奮起。試合を重ねるごとに復調していった。 「ツネさんが使ってくれているから、期待に応えたい気持ちは絶対にある。誰よりも最後まで走り抜きたいです。厳しい状況なった時、プレーで若手を鼓舞できる存在になれればいい。僕はこのチームの若手の中ではいろんな経験がある方なんで、それを還元できればいいと思ってます」と本人も海外挑戦前とは異なる心境を吐露した。自分がガンバをリードすることで、復帰させてくれた恩に報いたいと強く願っていたからこそ、こういった発言をしたのだろう。 あれから1年が経過し、コンディション自体は以前に近いところまで戻ってきた。あとは攻守両面でより大きな仕事をするだけだ。今季の彼はここまでリーグ全22試合に出場。2得点を挙げているが、もっともっと得点に絡んでいけるはず。国内でのプレーを選択した以上、柴崎や遠藤航、中山らに勝ちたいなら、武器のボール奪取力や豊富な運動量のみならず、「点の取れるボランチ」に飛躍することが肝要なのだ。 同じガンバのアカデミー出身の先輩・稲本潤一(相模原)は2002年日韓ワールドカップでの2ゴールに象徴される通り、「守れて点の取れるボランチ」として一世を風靡した。彼ほどのサイズのない井手口にあそこまでのダイナミックさが出せるかは未知数だが、2017年の絶好調時を振り返ってみれば、そのレベルに到達できる可能性はありそうだ。かつて日本代表で一緒に戦った山口蛍(神戸)も「陽介はホントいい選手」と絶賛していた。その非凡な能力を再び代表の大舞台で発揮できる時は来るのか。全てはガンバでの一挙手一投足と活躍度にかかっている。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.10.18 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

U-20日本女子代表メンバーが発表! 前回のU-20女子W杯優勝メンバーから高橋はなが選出

日本サッカー協会(JFA)は16日、U-20日本女子代表候補メンバーを発表した。 ヤングなでしことも呼ばれる、池田太監督率いるU-20日本女子代表候補には、2018年のU-20女子ワールドカップ優勝メンバーであるDF高橋はな(浦和レッズレディース)や同年のU-18女子ワールドカップでベスト8に入ったメンバーのDF大熊環(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)やDF富岡千宙(日体大学FIELDS横浜)、MF中尾萌々(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)などが招集されている。 U-20日本女子代表候補は、18日から22日まで千葉県内でトレーニングキャンプを実施。21日(水)には東海大附高輪台高校の男子とトレーニングマッチを行う。 今回発表されたU-20日本女子代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-20日本女子代表候補メンバー GK 田中桃子(大和シルフィード) 伊能真弥(日体大学FIELDS横浜) 福田史織(浦和レッズレディースユース) 大場朱羽(JFAアカデミー福島) DF 松原優菜(セレッソ大学阪堺レディース) 高橋はな(浦和レッズレディース) 船木和夏(早稲田大学) 松田紫野(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 後藤若葉(早稲田大学) 富岡千宙(日体大学FIELDS横浜) 大熊環(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 田畑晴菜(セレッソ大学阪堺レディース) MF 渡邊真衣(日体大学FIELDS横浜) 菅野奏音(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 加藤もも(NGUラブリッジ名古屋) 水野蕗奈(INAC神戸レオネッサ) 瀧澤千聖(AC長野パルセイロ・レディース) 伊藤彩羅(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 森田美紗希(日体大学FIELDS横浜) 中尾萌々(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) FW 中村恵実(AC長野パルセイロ・レディース) 廣澤真穂(早稲田大学) 大澤春花(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 島田芽依(浦和レッズレディースユース) 山本柚月(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 2020.10.16 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

オランダ遠征で吉田の変化を発見/六川亨の日本サッカー見聞録

10月15日、来年秋にスタートする女子のプロリーグ、通称「WEリーグ」の参加11チームが決定した。最高責任者である岡島チェアによると、当初は手を上げた17チームに対し、「8チームから10チームくらいでいこう」と選考委員会で決めていたものの、最終的に「財政基盤を重視した」結果、次の11チームに決定した。 マイナビ仙台レディース、浦和レッドダイヤモンズレディース、大宮アルディージャ、ちふれASエルフェン埼玉、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース、日テレ・東京ヴェルディベレーザ、ノシマステラ神奈川相模あら、AC長野パルセイロ・レディース、アルビレックス新潟レディース、INAC神戸レオネッサ、サンフレッチェ広島F.Cの11チームだ。 ちふれASエルフェン埼玉と長野パルセイロ・レディースはなでしこリーグ2部からの挑戦で、これまで女子チームを持っていない大宮は2部のFC十文字がチームの母体になり、広島は1からのチーム作りとなる。 岡島チェアは成否のカギとして、常時5000人の集客とFIFAランクで日本より上のレベルの国からの選手獲得をあげた。さらに5000人に関しても、現状は男性客がメインだが、今後は将来の女子サッカーを担う小中学生ら「黄色い声でスタジアムがいっぱいになること」を理想に掲げた。 そのため土日は子供たちの練習や試合と重なり観戦できない現状を改善するために、指導者とコミュニケーションを取りながら、WEリーグの試合を土曜のナイターや金曜開催にするプランなどを明かした。 かつて30年以上前、JSL(日本サッカーリーグ)も同じ悩みを抱えたことがある。小中学生の足をいかにしてスタジアムに向かわせるか。一時は小学生以下を無料にしたものの、子供たちは集まったが、単にスタジアムを遊び場所にして飛び回っているため辞めることにした。 日曜は仕方ないとしても、土曜は練習や試合を止めてJリーグを見に来て欲しい──そうJリーグの初代チェアマンである川淵氏も苦慮したものだ。集客の1つのキーワードとして「地域密着」が上げられるものの、初年度の参加チームは首都圏と地方の大都市という顔ぶれだけにこちらも苦戦が予想される。 とはいえ走り出しただけに、その成功を祈りつつ、暖かく見守りたいと思っている。 といったところで話は変わり、オランダでの親善試合で日本は植田の代表初ゴールでコートジボワールを下した。森保ジャパンがアフリカ勢と対戦するのは今回が初めてだが、2試合とも完封にキャプテンの吉田も「僕の記憶にないし、非常にコンディションのいい相手だった。この無失点をこれからも続けていきたい」と意気込みを語った。 この2試合連続しての無失点で一番の驚きは、実は吉田のプレーだった。これまでの吉田というと、勢いをつけて片足ジャンプヘッドでクリアしようとしてかぶり、相手に裏を取られたり、インターセプトを狙ってアタックしたはいいが、これもかわされて裏をとられて独走を許したりと、あまりいい印象はなかった。 アグレッシブなプレーだからこそリスクと隣り合わせは承知している。それでも強く印象に残っているのは、やはり失点に結びついたからかもしれない。 しかしカメルーン戦とコートジボワール戦の吉田は、4バックでも3バックでも常に冷静沈着だった。サイドの選手が抜かれそうになればすかさずカバーに回るなど、「力の抜けた」さりげないプレーでDF陣を支えていた。 驚かされたのは、コートジボワール戦では浮き球をヘッドで強くヒットするのではなく、上半身を反らすようにして力を抜き、柔らかいパスを味方に落としたプレーだ。解説者の戸田氏も褒めていたが、DFが単にヘッドでクリアするか、それを味方につなぐかで、その後の展開は天と地ほども変わる。全盛時をちょっと過ぎた頃の中澤佑二や田中マルクス闘莉王が得意としたプレーでもあった。 こうした変化について吉田自身はサウサンプトンからサンプドリアへの移籍を口にした。 彼いわく「運動量や強度がイングランドの方が圧倒的にあるけど、ゴール前の質はイタリアの方が鋭い。イブラヒモビッチやロナウドのようなベテランは、試合ではほとんど動かないのに1チャンスをモノする集中力と決定力がある。彼らを止めるためにゴール前でしっかりブロックすることが仕事です」と自身のプレーの変化を語った。 確かに、イングランドのCBは伝統的に屈強だがプレーは正直だ。アンフェアなプレーを嫌う「ジョンブル魂」が今も息づいているのかもしれない。そして対してイタリアのDFは、「色々なタイプがいる」と述べるにとどめておこう。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.10.16 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英は右サイドの一番手にはなれないのか? エメリ監督に続き森保一監督も左で起用/日本代表コラム

約1年ぶりの活動となった日本代表。オランダ遠征で行ったカメルーン代表戦、コートジボワール代表戦の2試合は、非常に有意義なものとなった。 日本代表の親善試合と言えば、国内で行われるキリンチャレンジカップが大半。かつてはヨーロッパや南米、北中米カリブ海、アフリカの国を招待して実施してきた。 しかし、どの対戦相手も長距離の移動を伴う上、時差ボケも起こり、各国に散らばる選手が集合するのは試合の直前。お世辞にもコンディションが良いとは言えない状態の相手との試合ばかりで、まさにフレンドリーマッチだった。 この件については、別の機会に触れようと思うが、今回の2試合に関してはフレンドリーマッチでありながらも、しっかりと強化に繋がる内容に。コンディションの良いヨーロッパでプレーする選手が揃うアフリカ勢との対戦自体が、何よりも大きな意味があった。 <span class="paragraph-title">◆しっかりと機能した守備陣</span> コートジボワール戦の結果については、しっかりと守備を構築して決定機をほとんど作らせなかった中、終盤に投入されたDF植田直通(セルクル・ブルージュ)がMF柴崎岳(レガネス)のFKからヘディングで代表初ゴールを記録し、1-0で日本が勝利。鹿島ラインが開通して、日本に勝利を呼び込んだ。 守備面では、カメルーン戦に続いて4バックでスタート。DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(ボローニャ)のセリエAコンビがしっかりと中央を固め、右サイドバックに起用されたDF室屋成(ハノーファー)、左サイドバックで起用されたMF中山雄太(ズヴォレ)もしっかりとサイド攻撃に対応。中央の2人のカバーリングもしっかりと機能し、ピンチの数は数えるほどだった。 また、ボランチで起用されたMF遠藤航(シュツットガルト)の守備も大きく効いていた。ブンデスリーガでもデュエル勝利数2位を誇る遠藤は、ボール奪取。柴崎との関係性もバランスが取れ、カメルーン戦で躊躇していた前に出るタイミングもしっかりと改善され、コートジボワールのシステム変更にもしっかりと対応でき、収穫の多い試合となった。 <span class="paragraph-title">◆左サイドの久保建英</span> 一方の攻撃陣で気になるところは、やはりMF久保建英(ビジャレアル)だろう。カメルーン戦では終盤に途中投入された久保だが、コートジボワール戦では先発出場。しかし、本来の2列目右サイドではなく、左サイドで起用された。 不慣れな左サイドでの起用となった久保は、ボールを持てば周りとのコンビネーションで崩すシーンや、縦に抜けてクロスを上げるシーンも。開始2分には決定機でシュートをミスしてしまったが、鈴木のあわやゴールというシーンを作るなど、多少は見せ場を作った。 森保一監督も「久保は今持っている力をプレーする時間内に発揮してくれたと思う」と試合後に語るなど、及第点と言ったところ。期待値が高いだけに、厳しい目で見られる部分も大いにあるはずだ。 実際のところ、スペインではビジャレアルのウナイ・エメリ監督が久保に極端に出場機会を与えていないことが話題となり、レアル・マドリーがレンタル契約を破棄するのでは?という憶測さえ上がっている。それだけ注目度が高く、持っている能力が評価されているということだろう。 しかし、右サイドで起用されなかった久保は、試合中に中央や右サイドへポジションを移す場面があり、やはり右の方がプレーしやすい感覚を持っているようだ。局面を見てポジションを移動する事はよくあるが、左ではどうもやりにくさを感じているように見えた。 <span class="paragraph-title">◆右の一番手にはなれないのか</span> 一方で、視点を変えれば「なぜ久保が右サイドで起用されないのか」ということがある。それはエメリ監督の下、ビジャレアルでも同様のことが言えるが、森保監督もエメリ監督も似たような理由、そして似たような考えがあるのではないかと推測する。 まず1つ考えられる事は、右サイドに適任者がいるという事だ。コートジボワール戦で久保が左サイドに起用された理由は定かではないが、伊東純也(ヘンク)を起用することを考えると右サイドに配置した方が良いということになる。カメルーン戦も後半から出場し、右ウイングバックとしてプレーしたが、日本が後半盛り返す要因の1つとなるほど、素晴らしい出来を見せた。 コートジボワール戦でも2列目の右サイドとしてプレー。右サイドを縦に仕掛けること、3バックの脇を突く動きを果敢に見せ、相手を苦しめた。決定機とまでは行かないが、何度も仕掛けることで攻撃を牽引していた。その伊東を起用したいと考えれば当然右サイドという結論が出て、久保が右サイドに入る余地はない。もちろんカメルーン戦の後半のように[3-4-2-1]のシステムにすれば右ウイングバックと右シャドーで同時起用も可能だが、現在の日本代表は[4-2-3-1]がベースであり、その可能性は今後も高いとは言えない。 一方、ビジャレアルでも同様のことが言える。エメリ監督率いるビジャレアルは、開幕から[4-4-2]を採用していたが、直近の2試合は[4-1-4-1]に変更。いずれも右サイドのポジションがあるシステムだが、ナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ、そしてスペイン代表FWジェラール・モレノが務めていた。 ウインガーとしての能力ではチュクウェゼが上であり、得点力という点ではモレノが優先される。久保は、このポジション争いに勝つ必要があり、現状で出場時間が短い理由もそこにある。 森保監督にしても、エメリ監督にしても、久保の能力の高さに関しては当然認めているはず。一方で、右サイドのポジションでしか輝けないことも当然ながら理解しているはずだ。だからこそ、心地よい右サイドでしか使えない選手にならないように、今のような久保にとっては厳しいプロセスを踏んでいると考えることもできるだろう。 <span class="paragraph-title">◆ポジションに拘らない選手に</span> エメリ監督は「日本人として初めて最高のレベルに達するという挑戦の中にいることを認識している」と久保についてコメントしていた。まさに、久保が挑戦していることであり、多くの人が望んでいることでもある。 久保の目標はビジャレアルで右サイドのポジションを確保することではない。あくまでもレンタル先であり、本来であればレアル・マドリーでポジションを確保すること。そのレベルでプレーできる可能性を秘めており、世界のトップ・トップでプレーすること、そしてそこで結果を出すことを求めている選手だ。 もちろん、日本代表としてもこの先の中心選手になってもらう必要があり、その能力も秘めている。ただ、右サイドでしかその能力を発揮できない選手なのであれば、そこに到達することは難しいだろう。 そういった意味では、右サイドだけでなく、中央でも、左サイドでもしっかりとパフォーマンスを出せる選手にならなくてはいけない。仮に右サイドで起用されるのであれば、文句の出ない結果を残さなくてはいけない。その次元の選手だということだ。 エメリ監督に言われせれば「彼は全てのオプションとポジションで競争できるよう、順応し成長しなければならない。中央では改善に努めているが、左ではもっと成長しなければならない」とのことだ。出場機会を与えないということがフォーカスされがちだが、個人的にはエメリ監督の考えは理解できなくもない。 右に拘るのではなく、左でも中央でも遜色なく使えるようになった方が、日本代表にとっても、ビジャレアルにとっても、そしてレアル・マドリーにとっても、久保という選手の価値がより高くなるだろう。それは久保自身も理解している。「誰も立場を約束された選手ではないですし、自分もその1人だと思うので全力を尽くしたいです」。この先の更なる成長に期待したい。 <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》</div> 2020.10.15 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表が11月にメキシコ戦! オーストリアでのリモートマッチ開催決定

日本サッカー協会(JFA)が14日、メキシコ代表との国際親善試合開催決定を発表した。 試合は来月11月の代表ウィーク中となる17日に行われ、オーストリアが開催地に。日本時間18日午前5時キックオフ予定で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートマッチ(無観客試合)での開催となる。 今月の代表ウィークでオランダ遠征を行った日本はカメルーン代表、コートジボワール代表との国際親善試合を1勝1分け。メキシコはFIFAランキング28位の日本からみて、FIFAランキング11位の格上だ。 日本代表を率いる森保一監督はメキシコ戦決定を受け、次のようにコメントしている。 「北中米を代表する強豪・メキシコとの試合を調整してくださった関係者の皆さんに感謝します。メキシコはFIFAワールドカップ常連国であり、またアンダーカテゴリーでも国際大会で数々のタイトルを積み重ねているチームです。ボールを大事にするスタイルや選手たちの献身性など目指すべきものが重なる相手との戦いは日本代表にとっても多くの実りを得る試合となるはずです。伝統あるチームを相手にしますが、リスペクトしつつも、自分たちの持っている力を出し切れるようにこれから準備を進めたいと思います」 2020.10.14 12:45 Wed
twitterfacebook