【Jリーグ移籍情報まとめ/12月26日】名古屋が清水MF中山克広を完全移籍で獲得、G大阪にはFW山下諒也が横浜FCから加入

2023.12.27 07:30 Wed
名古屋グランパスへ移籍した中山克広
©超ワールドサッカー
名古屋グランパスへ移籍した中山克広
Jリーグ移籍情報まとめ。12月26日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。


【J1移籍情報】ガンバ大阪がアタッカーFW山下諒也を獲得
ガンバ大阪がアタッカーFW山下諒也を獲得
快足アタッカー・山下諒也がG大阪へ/©︎J.LEAGUE


◆北海道コンサドーレ札幌
[OUT]
《完全移籍》
GK大谷幸輝(34)→ギラヴァンツ北九州

◆浦和レッズ
[OUT]
《完全移籍》
DF知念哲矢(26)→ベガルタ仙台
《期限付き移籍》
DF宮本優太(24)→京都サンガF.C.

◆FC東京
《契約更新》
DF土肥幹太(19)

◆横浜F・マリノス
《契約更新》
MF喜田拓也(29)
DF小池龍太(28)

[IN]
《期限付き移籍満了》
MF植田啓太(21)←栃木SC

[OUT]
《完全移籍》
DF平井駿助(21)→レイラック滋賀(JFL)/期限付き→完全

◆横浜FC
[IN]
《期限付き移籍満了》
GK市川暉記(25)←ガンバ大阪

[OUT]
《完全移籍》
FW石井快征(23)→FC琉球
FW山下諒也(26)→ガンバ大阪

◆湘南ベルマーレ
《契約更新》
MF阿部浩之(34)
DF畑大雅(21)

◆アルビレックス新潟
《契約更新》
GK阿部航斗(26)

[IN]
《完全移籍》
GK吉満大介(30)←レノファ山口FC

◆名古屋グランパス
[IN]
《完全移籍》
MF中山克広(27)←清水エスパルス

[OUT]
《完全移籍》
MF山田陸(25)→V・ファーレン長崎

◆京都サンガF.C.
《契約更新》
MF平戸太貴(26)
MF谷内田哲平(22)

[IN]
《期限付き移籍》
DF宮本優太(24)←浦和レッズ

[OUT]
《契約満了》
FWイスマイラ(25)

《期限付き移籍》
MF山田楓喜(22)→東京ヴェルディ

◆ガンバ大阪
[IN]
《完全移籍》
FW山下諒也(26)←横浜FC

[OUT]
《完全移籍》
DF柳澤亘(27)→徳島ヴォルティス

《期限付き移籍満了》
GK市川暉記(25)→横浜FC

◆サンフレッチェ広島
《契約更新》
GK大迫敬介(24)
MF東俊希(23)

[OUT]
《期限付き移籍》
DF住吉ジェラニレショーン(26)→清水エスパルス

◆アビスパ福岡
《契約更新》
DF井上聖也(24)

[IN]
《期限付き移籍満了》
MF北島祐二(23)←東京ヴェルディ

◆サガン鳥栖
[OUT]
《契約満了》
DFファン・ソッコ(34)

大谷幸輝の関連記事

2024シーズンの明治安田J1リーグが23日からいよいよ開幕する。今季からは20チーム制となり、降格も3つに増枠しての争いに。ここでは新シーズンの幕開けに先駆け、J1リーグ全チームをピックアップし、北海道コンサドーレ札幌を紹介していく。 【直近3シーズンの成績】 2023シーズン:12位(10勝10分け14敗) 2022シーズン:10位(11勝12分け11敗) 2021シーズン:10位(14勝9分け15敗) 【昨季チーム得点王】 浅野雄也 12ゴール 【今季ノルマ】 上位 【編集部イチオシ】 FW鈴木武蔵 昨季J1:20試合出場/1ゴール <span class="paragraph-subtitle">◆脱却したい中位</span> 2023シーズンはミハイロ・ペトロヴィッチ監督が率いて6年目のシーズン。順位は12位とミシャ体制では最低タイの成績に終わってしまった。就任1年目で4位という結果を残しながら、2年目以降は、10位、12位、10位、10位、12位と中位から抜け出せず。その中で目指すのは一桁順位になる。 <span class="paragraph-subtitle">◆具体性を求める声に応えられるか</span> 可もなく不可もなくという成績を残し続けてしまっている札幌。大きな連敗、連勝が少ないものの、引き分けを含めた未勝利期間が長く生まれることが毎年のようにある。結果として勝ち点が伸び悩み中位となるが、具体的な目標がないのではないかとサポーターは昨季の終盤に横断幕を掲示していた。 今の状況を良しとするはずはなく、確実に一桁順位はノルマであり、上位争いをすることが必要となる。選手の入れ替えも多くある中で、ミシャ監督が築き上げているスタイルの精度をどう上げていくのか。内容は悪くなくとも結果に繋がらないという課題をどう乗り越えるかがポイントとなるだろう。 <span class="paragraph-subtitle">◆戦力はダウン傾向</span> ただ、その中でチームとしては戦力ダウンという印象のオフに。田中駿汰、ルーカス・フェルナンデス、小柏剛とチームの軸だった選手が去り、出番を減らしていた福森晃斗も期限付き移籍で去ることとなった。DF髙尾瑠、FW鈴木武蔵(共にガンバ大阪)、MF長谷川竜也、MF近藤友喜(共に横浜FC)と即戦力を補強も、上積みとは言えない状況。どこへ向かうのか、ファン・サポーターは気になるところだろう。 <span class="paragraph-subtitle">◆継続の中に力強さを</span> チームとしてはマンツーマンディフェンスやポゼッション、アタッキングフットボールを展開。マイナーチェンジを毎年しながらも順位に変化がない。特に毎年の課題はフィニッシャーの存在。昨シーズンは浅野雄也が12得点を記録したが、攻撃が完結せず、悪い状態で攻め込まれての失点も多い。結果、得失点差がマイナスになることが多く、それでは中位に甘んじるというもの。攻守の局面で強さを見せて行けるかが、上位に行けるかの分かれ道となるだろう。帰還したFW鈴木武蔵には過去に見せた得点源としての活躍に期待がかかる。また、新キャプテンとなる荒野拓馬がどんなキャプテンシーを見せるのかにも注目だ。 <span class="paragraph-subtitle">◆2024年冬移籍情報</span> 【IN】 GK阿波加俊太(28)←アトレチコ鈴鹿クラブ/完全移籍 GK中野小次郎(24)←ツエーゲン金沢/期限付き移籍満了 DF家泉怜依(24)←いわきFC/完全移籍 DF髙尾瑠(27)←ガンバ大阪/完全移籍 DF岡田大和(22)←福岡大学/新加入 MF長谷川竜也(29)←横浜FC/完全移籍 MF近藤友喜(22)←横浜FC/完全移籍 MF田中克幸(21)←明治大学/新加入 MF原康介(18)←名古屋高校/新加入 MF田中宏武(24)←藤枝MYFC/期限付き移籍満了 FW出間思努(18)←北海道コンサドーレ札幌U-18/昇格 FW鈴木武蔵(29)←ガンバ大阪/期限付き移籍 【OUT】 GK大谷幸輝(34)→ギラヴァンツ北九州/完全移籍 GK松原修平(31)→水戸ホーリーホック/完全移籍 GKク・ソンユン(29)→京都サンガF.C./期限付き移籍→完全移籍 DF福森晃斗(31)→横浜FC/期限付き移籍 DF西大伍(36)→いわてグルージャ盛岡/期限付き移籍→完全移籍 MF小野伸二(44)→現役引退 MFルーカス・フェルナンデス(29)→セレッソ大阪/完全移籍 MF田中駿汰(26)→セレッソ大阪/完全移籍 MF井川空(24)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍→完全移籍 FWミラン・トゥチッチ(27)→未定 FW小柏剛(25)→FC東京/完全移籍 FW中島大嘉(21)→藤枝MYFC/期限付き移籍 2024.02.10 18:45 Sat
ギラヴァンツ北九州は26日、北海道コンサドーレ札幌のGK大谷幸輝(34)を完全移籍で獲得することを発表した。 大谷は浦和レッズの下部組織出身で、トップチームに昇格。その後、北九州への期限付き移籍を経験。2017年にアルビレックス新潟へ完全移籍した。 2021年に札幌へと完全移籍で加入すると、3シーズンでJ1通算7試合、リーグカップ通算9試合、天皇杯で3試合出場。今季はJ1で3試合、YBCルヴァンカップで3試合に出場していた。 10年ぶりに北九州に戻る大谷はクラブを通じてコメントしている。 ◆ギラヴァンツ北九州 「お久しぶりです!またギラヴァンツ北九州の一員になれて嬉しく思います!」 「みなさんとたくさん喜び合えるように頑張りたいと思います!よろしくお願いします!」 ◆北海道コンサドーレ札幌 「ギラヴァンツ北九州に所属することが決まりました。札幌にいた3年間、本当に楽しかったです!どこかでまた会える日を楽しみにしています!」 2023.12.26 10:50 Tue
北海道コンサドーレ札幌は5日、ミラン・トゥチッチ(27)、大谷幸輝(34)の契約満了を発表した。 スロベニア出身のトゥチッチはベルギーのOHルーヴェンから2021年8月に札幌へ加入。大型のストライカーとして期待されたが、今季は明治安田生命J1リーグでの出場がなく、ルヴァンカップで6試合3得点、天皇杯で2試合という結果に。在籍2年半で、J1で25試合2得点、ルヴァンカップで12試合4得点、天皇杯で2試合という記録を残した。 大谷は浦和レッズの育成組織出身。浦和のトップチームでは出番が得られず、ギラヴァンツ北九州やアルビレックス新潟で出場機会を得た。札幌へは2021年に加入。3年の在籍で、J1では7試合、ルヴァンカップでは9試合、天皇杯では1試合でゴールマウスを守った。 両名はそれぞれ、クラブを通じて感謝の言葉を残している。 ◆ミラン・トゥチッチ 「2年半の応援ありがとうございました。出場時間は少なかったですが、素晴らしいチームメイトと出会って、そしてコンサドーレの素晴らしいサッポーターの前でプレーできて良かったです。札幌での良い思い出がたくさんで皆に感謝しています。ありがとうございました」 ◆大谷幸輝 「札幌にいた三年間とても楽しく充実した時間を過ごすことができました。チームは変わりますが北海道コンサドーレ札幌の来年以降の成功を願っています!三年間ありがとうございました」 2023.12.05 18:10 Tue
北海道コンサドーレ札幌は6日、GK菅野孝憲の負傷を発表した。 菅野は、4日のトレーニング中に負傷したとのこと。右ヒラメ筋肉離れと診断されたとのことだ。 菅野は正守護神として今シーズンの明治安田生命J1リーグで13試合に出場。元韓国代表GKク・ソンユンが京都サンガF.C.に移籍しており、ここにきてGKが手薄に。 6日の鹿島アントラーズ戦は大谷幸輝がゴールを守っていた。 2023.08.06 22:10 Sun
北海道コンサドーレ札幌は5日、GK菅野孝憲の負傷を発表した。 菅野は、10月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節のサンフレッチェ広島戦で負傷。試合中に負傷し、後半アディショナルタイムに大谷幸輝と交代していた。 検査の結果、菅野は右腓腹筋肉離れと診断されたとのこと。全治などは明かされていない。 今シーズンの菅野は明治安田生命J1リーグで27試合に出場していた。 2022.11.05 14:55 Sat

記事をさがす