ムバッペやグリーズマンら主軸が選出! フランス代表メンバー23名発表《UEFAネーションズリーグ》

2022.09.15 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランスサッカー連盟(FFF)は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)に臨む代表メンバー23名を発表した。

今回のメンバーには主軸選手が順当に選出。FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、DFラファエル・ヴァラン(マンチェスター・ユナイテッド)、MFアドリアン・ラビオ(ユベントス)、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)らが選出された。

また、ケガのFWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)やMFエンゴロ・カンテ(チェルシー)らは選外となっている。
フランスは、UNLで22日にホームでオーストリア代表と、25日にアウェイでデンマーク代表と対戦する。

今回発表されたフランス代表メンバーは以下の通り。

◆フランス代表メンバー23名

GK
アルフォンス・アレオラ(ウェストハム/イングランド)
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
マイク・メニャン(ミラン/イタリア)

DF
ブノワ・バディアシル(モナコ)
ジョナタン・クラウス(マルセイユ)
テオ・エルナンデス(ミラン/イタリア)
ジュール・クンデ(バルセロナ/スペイン)
フェルラン・メンディ(レアル・マドリー/スペイン)
バンジャマン・パヴァール(バイエルン/ドイツ)
ウィリアム・サリバ(アーセナル/イングランド)
ダヨ・ウパメカノ(バイエルン/ドイツ)
ラファエル・ヴァラン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

MF
エドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー/スペイン)
ユフス・フォファナ(モナコ)
マテオ・ゲンドゥージ(マルセイユ)
アドリアン・ラビオ(ユベントス/イタリア)
オーレリアン・チュアメニ(レアル・マドリー/スペイン)

FW
ウスマーヌ・デンベレ(バルセロナ/スペイン)
オリヴィエ・ジルー(ミラン/イタリア)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ランダル・コロ・ムアニ(フランクフルト/ドイツ)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
クリストファー・エンクンク(RBライプツィヒ/ドイツ)



1 2

関連ニュース
thumb

突破決定のフランス、カマヴィンガが左SBでW杯デビューか?

レアル・マドリーのフランス代表MFエドアルド・カマヴィンガが左サイドバックとしてワールドカップデビューを飾る見込みだ。 オーストラリア代表、デンマーク代表との2試合を連勝で飾り、最終節を残してグループリーグ突破を決めたフランス。 30日に行われるチュニジア代表戦は引き分けでも首位通過を決められるため、今後の戦いを睨んでターンオーバーを敢行する可能性が高い。 すでにベテランのFWオリヴィエ・ジルーらのベンチスタートが有力視される中、フランス『レキップ』はチュニジア戦の注目ポイントとしてカマヴィンガの左サイドバック起用を挙げている。 フランスではDFリュカ・エルナンデスの負傷離脱に伴い、左サイドバックを本職とする選手が実弟のDFテオ・エルナンデスのみとなっている。右サイドバックでプレーするDFバンジャマン・パヴァールやDFジュール・クンデを左に回す形、3バックへの変更でウイングバックでのプレーが可能なFWキングスレー・コマンを起用するプランもあるが、ディディエ・デシャン監督はここまで大会期間中に非公開で行われたトレーニングマッチでカマヴィンガの左サイドバック起用を試している。 そして、『レキップ』は同監督がこのチュニジア戦でテオを温存し、カマヴィンガを左サイドバックで起用する可能性を主張している。 アスリート能力と戦術眼を兼ね備える20歳MFは、本職のセントラルを主戦場に中盤の全ポジションでプレー可能。先日にはスタッド・レンヌで同選手を指導したジュリアン・ステファン監督(現ストラスブール)が、ポジショニングやサイドバックとしての思考面を除き同ポジションで十分にプレー可能との見解を示していたが、左サイドバックでのワールドカップデビューは実現するのか…。 2022.11.29 23:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ復帰の可能性をデシャン監督が否定「24人のことしか考えていない」

にわかに叫ばれたカリム・ベンゼマのフランス代表復帰だが、ディディエ・デシャン監督は否定している。 カタール・ワールドカップ開幕前から負傷していたベンゼマは、回復を見込んだ上でメンバー入りしていたが、その開幕目前にケガが重なってしまい、無念のリタイアに。自身のSNSでは「自分のポジションを譲るよ」と同胞にエールを送った。 しかし、『オンダ・マドリー』などのスペインメディアは今週半ばのレアル・マドリーでの練習復帰を予想しており、さらにフランス『RMC Sports』は、フランス代表再招集もあり得ると報じた。 ところが、30日にチュニジア戦が控えるデシャン監督は憶測を否定。メディアが流したデタラメだとし、これ以上の言及はしないと念を押した。 「それは私の心を占めるものではない。誰が何をどのように言っているのかは分からない。状況も、彼が回復するのに必要な時間も知っているはずだ」 「私には24人の選手がいて、彼らのことだけを考えている。周りがなんと言おうと勝手だが、私は日常業務に関係ないことについてコメントするつもりはない」 新たなバロンドーラーという大黒柱抜きで臨むことになったレ・ブルーだが、グループステージでは開幕連勝で難なく突破を決めた。 2022.11.29 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯リタイアのベンゼマが電撃復帰も? いまだ登録リストに名

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕を目前にフランス代表を負傷離脱したFWカリム・ベンゼマだが、復帰する可能性が浮上している。 初のバロンドールに輝き、満を持してW杯に臨むはずだったベンゼマだが、大会直前に左足大腿四頭筋を負傷して無念のリタイアに。自身のSNSでは「自分のポジションを譲るよ」と同胞にエールを送った。 しかし、一部のスペインメディアで今週半ばに所属先のレアル・マドリーで練習復帰の見通しもなされる34歳はフランス『RMC Sports』によると、フランス代表の登録リストから抹消されていない模様だ。 ディディエ・デシャン監督はベンゼマに代わる選手を呼ばず、25選手で参戦しており、ケガが完治した場合は規約上、フランスサッカー連盟(FFF)や監督の判断次第でスカッドに復帰ができる状況だという。 そんなフランス代表だが、グループDの初戦からFWキリアン・ムバッペの2試合3ゴールなどで2連勝。一番乗りで決勝トーナメント進出を決め、ケガ人の多さを吹き飛ばしているが、ベンゼマの電撃復帰はあるのか。 なお、『RMC Sports』はベンゼマがこのままフランス代表に戻ってこなくても登録リストに名が残っている限り、チームの一員とみなされ、優勝すればメダルを受け取る権利があるとも伝えている。 2022.11.29 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表サポのゴミ拾いが世界に波及!?イランやモロッコ、サウジに続きフランスまで!「次はどの国だ?」

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表サポーターの行いが各国に広がっている。 20日に開幕したカタールW杯。オープニングゲームとなったカタール代表とエクアドル代表との一戦では、試合後にゴミが散乱したスタンドを片付ける日本人サポーターが世界で大きな話題となった。 W杯の度に話題となると言っても過言ではない日本人の行いだが、今大会ではその動きが他国にも広がっているようだ。 モロッコ代表やサウジアラビア代表、イラン代表のサポーターたちがゴミ拾いをする姿も見られたが、27日にはフランス代表のサポーターたちがデンマーク戦後にゴミ拾いを行っていた。 フランス代表の公式SNSがその様子を伝えると、FIFA(国際サッカー連盟)の公式SNSでも伝えられ、「次はどのチームだ?」とこの動きをさらに広げようと促している。 日本のサポーターたちは、敗れたコスタリカ代表戦でもゴミ拾いを実施。他国のサポーターの間でも習慣となるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】W杯開幕戦でゴミを拾う日本人サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"> <a href="https://t.co/GqB17hg9EX">pic.twitter.com/GqB17hg9EX</a></p>&mdash; عمر فاروق (@omr94_) <a href="https://twitter.com/omr94_/status/1594614463298416641?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ゴミを拾うイラン代表のサポーターたち</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"> | <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/qduHbw8Q3L">pic.twitter.com/qduHbw8Q3L</a></p>(@alkasschannel) <a href="https://twitter.com/alkasschannel/status/1596123953780621313?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】フランス代表のサポーターもゴミを拾う</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Le bon exemple <br><br>Nos supporters français ont nettoyé leur tribune avant de partir du stade hier <a href="https://twitter.com/hashtag/FiersdetreBleus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FiersdetreBleus</a> <a href="https://t.co/mwgrBuRkh6">pic.twitter.com/mwgrBuRkh6</a></p>&mdash; Equipe de France (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1596856041819365376?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス代表の右サイドで躍動するデンベレ、好調ぶり口に「デンマーク戦は僕のベストゲーム」

フランス代表の右サイドで躍動するデンベレ、好調ぶり口に「デンマーク戦は僕のベストゲーム」 バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレのコンディションは最高のようだ。スペイン『マルカ』が伝えた カタール・ワールドカップ(W杯)グループDでオーストラリア代表とデンマーク代表を相手に連勝し、一番乗りで決勝トーナメント進出を決めたフランス。デンベレも2戦ともに右のサイドアタッカーとして先発し、好調なプレーを見せている。 オーストラリア戦ではチームの3点目となるFWキリアン・ムバッペのヘディングでのゴールを正確なクロスでアシスト。デンマーク戦では得点に絡まなかったものの、キレ味鋭いドリブルで見せ場を幾度となく作った。 フランス『テレフット』のインタビューに応えたデンベレは、デンマーク戦でのパフォーマンスに満足感を示しつつ、ディディエ・デシャン監督から与えられていた役割を振り返った。 「デンマーク戦は、僕のフランス代表でのベストゲームかもしれない」 「監督からは相手のDFに危険と混乱を生み出せと言われている。そして、その役割を果たそうとしているよ。また、いつもディフェンス面で努力をしろと言われるね。特にこのコンペティションでは、守備が重要だと僕も考えている」 また、チームのエースであるムバッペとの関係性について「キリアンとは素晴らしい感じだ。とてもよく動くし、僕らは彼が何をもたらしてくれるかを知っている。だから、彼を見つけるのは簡単だよ」とコメント。強い信頼感を口にした。 さらに、「この数年、フランス代表チームは僕らにとってずっと良い方向に向かっている。ピッチの中でも外でも。とても気分が良いし、いつも楽しむことを心がけているよ」とチームの好調ぶりを語ったデンベレ。続くチュニジア代表戦や決勝トーナメントでの戦いではさらなる活躍が期待される。 2022.11.28 13:14 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly