エジルの名前はなし、アーセナルのEL登録メンバー発表、ソクラティス&サリバも外れる

2020.10.08 23:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンもヨーロッパリーグ(EL)に出場するアーセナルだが、その登録リストには既報通り元ドイツ代表MFメスト・エジルの名前はなかった。『UEFA.com』が今シーズンのELに参加するクラブの登録メンバーを発表。アーセナルの登録メンバーも発表され、24名が登録された。

今回の登録メンバーからは、前述のエジルに加え、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、U-20フランス代表DFウィリアム・サリバ、U-20ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリが外れることに。マルティネッリはケガで長期離脱中となっている。

一方で、移籍最終日にアトレティコ・マドリーから加入したガーナ代表MFトーマス・パルティは無事に登録されている。

また、FWブカヨ・サカ、MFジョー・ウィロック、FWエディ・エンケティア、FWレイス・ネルソン、MFエミール・スミス=ロウらは、今回のリストには入らず、Bリストに登録されることになる。

Bリストは21歳以下の選手が登録可能で、15歳以降に2年以上クラブに所属している選手が対象となる。なお、Aリストは決勝トーナメント開始前に3名まで登録変更が可能となっている。

◆アーセナルEL登録メンバーリスト
GK
1.ベルント・レノ
13.ルナル・ルナルソン
33.マット・メイシー
45.ジェームズ・ヒルソン
46.デヤン・イリエフ

DF
2.エクトル・ベジェリン
3.キーラン・ティアニー
6.ガブリエウ
16.ロブ・ホールディング
17.セドリック・ソアレス
20.シュコドラン・ムスタフィ
21.カラム・チャンバース
22.パブロ・マリ
23.ダビド・ルイス
31.セアド・コラシナツ

MF
8.ダニ・セバージョス
12.ウィリアン
15.エインズリー・メイトランド=ナイルズ
18.トーマス・パルティ
25.モハメド・エルネニー
34.グラニト・ジャカ

FW
9.アレクサンドル・ラカゼット
14.ピエール=エメリク・オーバメヤン
19.ニコラ・ペペ
コメント
関連ニュース
thumb

戦力外エジルに残された選択肢…最新では米DCユナイテッドが関心か

メジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するDCユナイテッドが、アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 新型コロナ感染拡大前に行われた3月のウェストハム戦以降、自身を取り巻く状況がどんどん悪化しているエジル。今季はヨーロッパリーグ(EL)メンバーから外されると、先日にはプレミアリーグの登録メンバーからも除外され、来年1月までアーセナルでプレーする術を失ってしまった。 エジルは自身のツイッター(@MesutOzil1088)を通じて「何があっても、自分のチャンスを求めて戦い続け、アーセナルでの8年目のシーズンをこのような形で終わらせないようにしたい」と強いコメントを残しているが、その思いとは裏腹にアーセナルは週給35万ポンド(約4790万円)の高給取りを長く留めておくことは考えていない模様。 本人が移籍を望めばすぐにでも実現しそうな情勢の中、候補に挙がっているのがDCユナイテッドだ。アメリカの移籍市場は通常、8月の第2週で閉幕するが、新型コロナウイルスの影響を考慮して今年は10月29日まで開かれている。 しかし問題はやはりその給与。過去にもアメリカ行きが噂された元ドイツ代表MFだが、金銭面の問題もあり、具体的な展開にはならなかった。 『サン』はまた、その他の選択肢として今月25日まで移籍市場が開いているポルトガル移籍や、来月9日まで猶予があるブラジルなど南米も挙げている。 それでもより可能性が高いのは、豊富な資金力を持つ中東と主張しているが、こちらも移籍の締め切りが迫っており、このまま何事もなく1月を待つことも容易に想像できる。 2020.10.23 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルで初スタメンのトーマスをユナイテッドOBが絶賛「彼はモダンMFとして完璧」

今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーからアーセナルに移籍し、ヨーロッパリーグ(EL)で初スタメンを飾ったガーナ代表MFトーマス・パルティを、オーウェン・ハーグリーブス氏が絶賛した。イギリス『ミラー』が伝えている。 夏の移籍市場が閉まる寸前に、アーセナルが契約解除金4500万ポンド(約62億円)を支払い獲得したトーマス。プレミアリーグ第5節のマンチェスター・シティ戦で途中出場によりガナーズデビューを果たすと、22日のELグループステージ第1節のラピド・ウィーン戦では満を持してのスタメン起用となった。 トーマスはこの試合、正確なパスと強靭なフィジカルを活かしたボール奪取などで違いを生み出しており、チームの2-1での勝利に大きく貢献。ほぼ完璧なスタメンデビューになったといえるだろう。 かつてバイエルンやユナイテッドでプレーした経験を持つハーグリーブス氏は、イギリス『BTスポーツ』で「トーマス・パルティは、私が今まで見た中で最高のデビューだ」とハーフタイム中にガーナ代表MFを絶賛。トーマスの持つ万能性についても言及した。 「彼は既にゲームを動かす存在になっている。誰もが彼を見ていて、中盤の選手として10本のパスを出している。それに、ずっと走り続けていたね。彼はチャンピオンズリーグ(CL)でプレーしているだけある。(ELという舞台では)簡単そうに見えるよ」 「私たちは全範囲(のパス)を見た。ショート、ロング、それからライン間でのプレーもいとわない。フィジカルを見てみると、ちょっとした鋼鉄(のような強さ)だね。たとえセンターバックのポジションが悪くても、『心配するな、俺がいる』とでも言っているような頼もしさだ」 ハーグリーブス氏は、試合が始まる前から「私は(トーマスの加入に)間違いなく興奮している」と話しており、彼がアーセナルを次のレベルに導いてくれると考えているようだ。 「27歳の選手に4500万ポンド、アーセナルにとってはあまりにも大金だったが、ミケル(・アルテタ監督)はチームがこの男を必要としていると知っていた。トーマスは何か違うものを与えてくれる」 「彼は何でもできる。強く速く、技術的にも優秀だ。長いパス、短いパス、皿の上に乗せるようなパスが出せる。それに最後の仕上げとして、ボックスの端からちょっとしたマジックを見せることもできるだろう」 「私は彼がもたらすだろう守備面、長距離のパス、遠距離からのシュートを(アトレティコ時代に)見てきた。彼は現代的な中盤の選手として完璧だよ。アーセナルには既に本当に良い選手がたくさんいるが、この男は彼らを改善し、別のチームにしてくれると思う」 EL初戦を勝利で終えたアーセナルは、25日にプレミアリーグ第6節レスター・シティ戦が控えている。昨シーズンは順位を上回られた相手に、トーマスがどのような活躍を見せてくれるか注目したい。 2020.10.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「本当にソリッドで、のびのびプレー」 アルテタ監督が移籍後初先発のトーマスを絶賛

アーセナルのミケル・アルテタ監督が移籍後初の先発出場を果たしたガーナ代表MFトーマス・パルティを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルは22日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ初戦で日本代表FW北川航也が所属するラピド・ウィーンと対戦。先制を許したものの、DFダビド・ルイスとFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで逆転勝利を収めた。 アトレティコ・マドリーから加入したトーマスはこの試合で移籍後初先発。アルテタ監督は試合後、「彼は本当にソリッドで、のびのびプレーしているようだった」と語ると、さらなる期待を寄せた。 「我々が少しオープンになり、チャンスを増やし、何人がスペースを突いて攻撃に参加した後半、彼は中盤をケアしていたと思う。しかし、今夜の彼は素晴らしかった。彼からもっともっと多くのものを得られるだろう」 「しかし、彼はチームメイトを必要としている。それは彼に限ったことじゃない。我々が支払った移籍金やプロフィールを考えると、多くの視線が彼に集中するのはわかり切ったことだ」 「とはいえ、チームとして我々が持つ構造と必要な流れ、団結、約束事がある。彼はその一部であり、きっと大きなピースになってくれるはずだ」 2020.10.23 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

苦戦アーセナルが主力投入で逆転勝利! 北川航也が途中出場でELデビュー!《EL》

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループB第1節、ラピド・ウィーンvsアーセナルが22日に行われ、アウェイのアーセナルが1-2で逆転勝利した。なお、ラピド・ウィーンのFW北川航也は76分から出場した。 直近のプレミアリーグでマンチェスター・シティに惜敗したアーセナルは、公式戦2試合ぶりの白星を目指して今季EL初戦に臨んだ。シティからは先発5人を変更し、トーマスが移籍後初先発を飾り、前線にはペペ、ラカゼット、エンケティアが並んだ。 立ち上がりからボールの主導権を握ったアーセナルは、コラシナツ、サカ、エンケティアの左サイドを起点に相手を押し込んでいく。15分にはセットプレーからダビド・ルイスが強烈なヘディングシュートを枠に飛ばすが、ここは相手GKの好守に遭う。 ここから攻撃のギアを上げていきたいアーセナルだが、以降は中盤から前線への繋ぎやアタッキングサードでプレー精度を欠きなかなか決定機まで持ち込めない。逆に、相手のカウンターから高いラインの背後を突かれて幾度もピンチを招く。 すると、0-0で折り返した後半立ち上がりには不用意なミスから先制点を与える。51分、自陣ボックス内からのリスタートの場面でGKレノがカラに引っ掛けられてボールを失うと、これを拾ったフォンタスにすかさずゴールへ蹴り込まれた。 格下相手に先制を許したアルテタ監督は、その後も守勢が続く難しい展開を受けて動く。61分、エンケティアとセドリックを下げてオーバメヤンとベジェリンを同時にピッチに送り込む。 すると、投入直後にエースがいきなりフィニッシュに絡むと、70分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのペペが浮き球のボールをゴール前に入れる。ここで序盤から制空権を握っていたD・ルイスが頭で合わせ、同点ゴールを奪った。 さらに、畳みかけるアウェイチームは直後の74分、ボックス手前右のD・ルイスからの絶妙なスルーパスに抜け出したベジェリンがボックス右のゴールライン際で丁寧に折り返すと、最後はゴール前に飛び込んだオーバメヤンが難なくワンタッチで流し込んだ。 逆転に成功したことでようやく落ち着きを取り戻したアーセナルは、76分にこれがELデビューとなる北川を投入するなど反撃に転じたホームチームを相手に危なげない試合運びをみせ、このままクローズ。 格下相手に思わぬ苦戦を強いられたが、2-1の逆転勝利で今季のEL初戦を白星で飾った。 ラピド・ウィーン 1-2 アーセナル 【ラピド・ウィーン】 T・フォンタス (後6) 【アーセナル】 D・ルイス(後25) オーバメヤン(後29) 2020.10.23 04:14 Fri
twitterfacebook
thumb

【ELグループステージ展望】4人のサムライが参戦! ノースロンドン勢にセリエA勢に注目

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが22日に開幕する。昨シーズンと同様、優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるELに、今シーズンは4人の日本人選手がグループステージから参加。また、アーセナル、トッテナム、ミラン、ナポり、ローマ、ベンフィカといった優勝候補も登場する。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 ◆優勝候補はロンドン勢とセリエA勢! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201021_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今大会の優勝候補はアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢に加え、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢だ。 昨シーズン、リーグ戦ではEL出場権を逃がすもチェルシーとのFAカップを制して今大会出場に漕ぎ着けたアーセナル。今夏の移籍市場ではMFトーマスを始め、DFガブリエウ、MFウィリアンと実力者を迎え入れ、アルテタ体制2年目は更なる進化の予感だ。今回のグループステージではラピド・ウィーン(オーストリア)、モルデ(ノルウェー)、ダンドーク(アイルランド)と実力差、移動距離を考えても、まずまずの組み分けとなっており、問題なく突破可能と思われる。そういった中、新戦力や準主力にプレー機会を与えながら、昨季のMFサカ、FWエンケティアに続く新たな若手の台頭を促したい。 そのアーセナルのライバルチームであるトッテナムは、2015-16シーズン以来となるELグループステージの参戦に。予選からの参戦となったものの、爆発的な攻撃力を武器に問題なくグループステージ進出を決めた。今夏の移籍市場ではFWベイルの7年ぶりの復帰をトピックに、DFレギロン、MFホイビュルク、FWカルロス・ヴィニシウスらとポルトガル人指揮官が求める7人の新戦力を加え、今大会出場チーム屈指の陣容を誇る。ルドゴレツ(ブルガリア)、リンツ(オーストリア)、アントワープ(ベルギー)と同居するグループJではアーセナル同様に突破へ向けて大きな問題はなく、ベイルらのコンディション調整の場に当てつつチーム内のポジション争いを盛り上げていきたい。 PK戦までもつれ込んだ薄氷のプレーオフを制してグループステージに到達したミランは、セリエAではインテルとのダービーを制するなど開幕4連勝と絶好調。セルティック(スコットランド)、スパルタ・プラハ(チェコ)、リール(フランス)と同居したグループHの戦いは、他のビッグクラブに比べて困難と見られるが、より上位を狙えるリーグ戦とのバランスを意識しながらの戦いとなる。やや選手層に不安を抱えていることもあり、攻撃陣ではFWマルディーニやFWコロンボといった生え抜きの若手の活躍に期待したい。 戦力値で前述の3チームと比肩するローマとナポリは、ローマが比較的ラクな組に入った一方、ナポリはレアル・ソシエダ(スペイン)とAZ(オランダ)と同じ組に入り、突破に向けてよりパワーを使うことになりそうだ。共にリーグ戦において比較的メンバーを固定する傾向にあるため、控え選手や新加入選手はこのELをアピールの場としたい。 その他では昨季プレミアリーグで再躍進を遂げたレスター・シティ、ベンフィカ、昨季ベスト8のレバークーゼンといった実力クラブの戦いぶりにも注目が集まるところだ。 ◆久保、北川、三好が初参戦! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201021_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになる。 今夏、レアル・マドリーからビジャレアルにレンタル加入したMF久保建英は、カラバフ(アゼルバイジャン)、マッカビ・テルアビブ(イスラエル)、スィヴァススポル(トルコ)と同居するグループIに入った。大きな期待を背負って加入した新天地では開幕から6試合連続途中出場と、守備面や規律を重視するエメリ監督から信頼を得るまでには至らず。直近のバレンシア戦では決勝点をお膳立てした一方、やや不運な形で退場処分となっている。ただ、この退場の影響により、初戦となるホームでのスィヴァススポル戦では初先発のチャンスが与えられる可能性が高い。本人としては主力が起用されるラ・リーガでスタメンを勝ち取りたいところだが、まずはELの舞台できっちり結果を残したい。 その久保と日本代表でポジションを争う一人のMF三好康児はアントワープで主力として活躍。今季ここまではリーグ戦5試合に出場し、ゴールこそ1点に留まっているものの、攻撃の起点としてチームをけん引している。自身初のELではトッテナムやルドゴレツ、リンツといずれも格上との対戦となるが、今後の更なるステップアップに向けて活躍を期待したい。 同じくELは初参戦となるラピド・ウィーンのFW北川航也は優勝候補アーセナル、モルデ、ダンドークと同じグループBに入った。今季ここまでは途中出場を中心に公式戦8試合1ゴールとポジション奪取に向けてアピールが必要な状況だ。そういった中、フランクフルトでアーセナル相手に躍動した昨季のMF鎌田大地のように注目の一戦で活躍を見せたいところだ。 前述の3選手とは異なり、EL2シーズン連続の参戦となるAZのDF菅原由勢は、ナポリ、ソシエダと同居する厳しいグループに入ったが、更なるステップアップに向けて強豪チームとの対戦は格好のアピールの場ともいえる。昨季のELでマンチェスター・ユナイテッドとの対戦も経験しているため、物怖じすることなくビッグクラブ相手にプレーできるはずだ。 ◆グループA ローマ(イタリア) ヤング・ボーイズ(スイス) クルージュ(ルーマニア) CSKAソフィア(ブルガリア) ◆グループB アーセナル(イングランド) ラピド・ウィーン(オーストリア)※北川航也 モルデ(ノルウェー) ダンドーク(アイルランド) ◆グループC レバークーゼン(ドイツ) スラビア・プラハ(チェコ) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ニース(フランス) ◆グループD ベンフィカ(ポルトガル) スタンダール・リエージュ(ベルギー) レンジャース(スコットランド) レフ・ポズナン(ポーランド) ◆グループE PSV(オランダ) PAOK(ギリシャ) グラナダ(スペイン) オモニア(キプロス) ◆グループF ナポリ(イタリア) レアル・ソシエダ(スペイン) AZ(オランダ)※菅原由勢 リエカ(クロアチア) ◆グループG ブラガ(ポルトガル) レスター・シティ(イングランド) AEKアテネ(ギリシャ) ゾリャ(ウクライナ) ◆グループH セルティック(スコットランド) スパルタ・プラハ(チェコ) ミラン(イタリア) リール(フランス) ◆グループI ビジャレアル(スペイン)※久保建英 カラバフ(アゼルバイジャン) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) スィヴァススポル(トルコ) ◆グループJ トッテナム(イングランド) ルドゴレツ(ブルガリア) リンツ(オーストリア) アントワープ(ベルギー)※三好康児 ◆グループK CSKAモスクワ(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) フェイエノールト(オランダ) ヴォルフスベルガー(オーストリア) ◆グループL ヘント(ベルギー) ツルヴェナ・ズヴェズタ(セルビア) ホッフェンハイム(ドイツ) リベレツ(チェコ) 2020.10.22 18:00 Thu
twitterfacebook