アーセナルがアイスランド代表GKルナルソン獲得へ! 移籍金は200万ユーロ程度に

2020.09.17 22:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルがアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(25)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。アーセナルでは昨シーズンのFAカップ制覇に貢献したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(28)が16日にアストン・ビラに完全移籍。


第3GKにはイングランド人GKマット・メイシー(26)が控えているが、実力不足は否めず。有事に備えてセカンドGKの確保が急務となっている。

そういった中、クラブはディジョンのルナルソンの獲得に迫っており、両クラブは200万ユーロ(約2億4000万円)の条件で合意に至った模様。さらに、ディジョンとパリで行われるメディカルチェックを経て、2025年までの5年契約にサインする見込みだという。

KRレイキャヴィクの下部組織出身のルナルソンは、17歳でプロデビュー。デンマークのノアシェランを経て、2018年夏にディジョンへ完全移籍した。ここまでの在籍2シーズンでリーグ・アン36試合に出場し、60失点。クリーンシート6回を記録している。

ロングパスの精度に優れる一方、肝心のセービングスキルに関しては粗が目立ち、セネガル代表GKアルフレド・ゴミスに正GKの座を明け渡している。

それだけに、フランスメディアの間では今回のアーセナル移籍を疑問視する声も挙がっている。
関連ニュース
thumb

「青い稲妻」模様にファン興奮!アーセナルの3rdユニデザインが流出か「ここ最近で最高」

ユニフォーム専門サイトの『footyheadlines』が、リークされたアーセナルの2021-22シーズンの3rdユニフォームのデザインを伝えている。 今シーズンはネイビーが基調の3rdユニフォームで戦っているアーセナルだが、『footyheadlines』は、来シーズンの3rdユニフォームもネイビーが基調になることをすでに報じていた。 さらに、そのデザインは1994年から1996年のアウェイユニフォームで使われた「青い稲妻」模様にインスピレーションを得た大胆なデザインになると伝えている。 当時はナイキがデザインしていたユニフォームだが、アディダスがデザインする来季のユニフォームは、前面に青と水色が交互に描かれ、「青い稲妻」のように見える。また、右胸に入るアディダスのロゴは、2色で構成されており、3本線の部分は赤で、「adidas」のテキストの部分は白色になっているのが特徴的だ。 『footyheadlines』は、ジグザグ模様の細かい部分や襟のデザインについては真偽は定かではないと伝えているが、デザインを見たサポーターからは「ここ最近で最高」「早く買いたい!」「素晴らしいデザインだ」など、かなり好評のようだ。 この3rdユニフォームは8月に発売開始となるようだ。 ※記事写真は1996年のアウェイユニフォーム <span class="paragraph-title">【画像】「青い稲妻」復活!リークされたアーセナルの3rdユニデザインがかっこいい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Leaked: Arsenal 21-22 Third Kit: <a href="https://t.co/OZunIu2ati">https://t.co/OZunIu2ati</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1379848213079986180?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.10 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ウーデゴール、来週末まで戦線離脱か…アルテタがほのめかす

アーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールはまだ離脱が続くようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 今冬にレアル・マドリーからのシーズンローンで加わり、公式戦13試合の出場で2ゴールの活躍を披露するウーデゴール。ミケル・アルテタ監督の信頼を集める存在だったが、先の代表ウィーク中に右足首を痛めた。 それでも、代表ウィーク明けに行われたプレミアリーグ第30節のリバプールに右足首の違和感を訴えながらフル出場。しかし、8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのスラビア・プラハ戦を欠場した。 勝利目前にアウェイゴールを許して追いつかれ、1-1のドローに終わったアルテタ監督はその試合後、ウーデゴールについて、15日に敵地で行われるスラビア・プラハとのリターンレグまで欠場する可能性を示唆した。 「今日はプレーできなかった。次の1、2試合も欠場することになるだろう。まだはっきりとわからないがね」 なお、アーセナルはこれで公式戦4戦未勝利。次戦は11日に行われるプレミアリーグ第31節のシェフィールド・ユナイテッド戦となる。 2021.04.09 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

公式戦4試合未勝利のアーセナルをOB勢が批判 「顔を殴られないと目覚めないようだ」

アーセナルのレジェンドであるマーティン・キーオン氏が低調なパフォーマンスを続ける古巣を批判している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 アーセナルは8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのスラビア・プラハ戦で終盤に先制点を得たにもかかわらず、試合終了間際の失点で1-1のドロー。3日に行われたプレミアリーグ第30節のリバプール戦も完敗したなか、これで公式戦4試合未勝利に陥り、思うような結果を得られていない。 こうした状況に対して、イギリス『BT Sport』に出演したキーオン氏はチームのパフォーマンスを批判している。 「私にとって、今夜のアーセナルのプレーは重要なものだったと思う。しかし、彼らは間違った戦術を選択してしまった。主導権を握り、相手にプレーができるかを試させるべきだっただろう。しかし、彼らは相手に落ち着いて後ろから構築することを許した」 「前半の彼らは神経質になっていて、数週間前のウェストハム戦で見られたようなチームはそこになかった。アーセナルは試合中、積極的に行動することができず、誰かに叩かれたり、顔を殴られたりしないと目覚めないようだ。後半、アルテタは交代という形でそれをやっていた」 「この結果は非常に残念であり、アルテタにとっても難しいものとなるだろう。彼はクラブの中で多くの改革を行い、結果として多くの人が去って行った。アーセナルは何年にもわたり、選手の出入りで多くの問題を引き起こしている」 「彼は現在、指揮を執っているが、チームの反応はあまりよくない。ずさんなミスがあり、それが仇となっている。我々は彼らがピッチ上で話をすることを期待していたんだがね。アーセナルが失点するのはいつものことだ。惨めな結果だが、これで終わりではない」 また、同じく『BT Sport』に出演した元アーセナル・ウィメンのカレン・カーニー氏もキーオン氏の意見に賛同しており、アルテタ監督に迷いが生じていると指摘した。 「自分たちを整理するのに時間がかかり過ぎていて、ピッチ上でのリーダーシップが欠如しているのかもしれない。彼らはチャンスをものにできなかった。もっと良い反応を望んでいたと思う。自分たちが何をしているかわからず、見ていて辛かった」 「アルテタは少し迷っているように見えるし、彼自身も指導を求めているかもしれない。彼はリーグで最も若い監督だから。今の彼は1つの方法を試した後で別の方法を試していて、グループは少し分裂している。結局、やりたいことはできていないように見える」 2021.04.09 13:29 Fri
twitterfacebook
thumb

終了間際の失点でドローも…ベジェリンは前向き 「非常にポジティブなパフォーマンスだった」

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリンがヨーロッパリーグ(EL)でのドローにも前向きな姿勢を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ベジェリンは8日に行われたEL準々決勝1stレグのスラビア・プラハ戦に先発。チームは終盤、先制に成功したものの、後半アディショナルタイムの失点で逃げ切りに失敗。アウェイゴールを奪われてのドローとなり、ベスト4進出に向けて痛い結果となった。 しかし、試合後のインタビューに応じたベジェリンはチームのパフォーマンスは優れていたと強調。その上で今後の課題についても触れている。 「試合中、勝つべきだと感じていたから、結局勝利を逃してしまって本当に残念だ。最終的には1-1で勝負がついてしまった。ただ、彼らがどのようにプレーするかをわかっており、この試合では本当に良い場面があったと思う」 「僕たちは相手のプレッシャーを打ち破り、チャンスを作ることができた。(2ndレグで)プラハに行って仕事をすることに何の心配もないよ」 「何を非難しても構わないが、最終的には僕たちのゴールと失点に帰結すると思う。試合を通じて、僕たちはリードできる状況にあったんだ。しかし、これがフットボールさ」 また、ベジェリンはチームの戦い方に手応えを得ているとコメント。来週の2ndレグに向け、大きな自信を語った。 「挑戦し続ける必要がある。今日はその日ではなかったが、別の試合では必ず得点できるだろうね。ただ、1-0でリードしているときには今日の僕たちがしたプレーよりももっと良い戦い方があったと思う。これについては選手として責任を負うべきだね」 「僕たちがミスを犯したのはわかっているが、次の木曜日にアウェイで対戦することを考えれば、非常にポジティブなパフォーマンスだった。どのチームにとっても難しい状況を作る相手だったが、僕らは気持ちよくボールを扱っており、求められた正しいプレーができたと思う。まだ90分残っており、準備は万端さ」 2021.04.09 11:02 Fri
twitterfacebook
thumb

「2ndレグに向けて非常に期待が持てる結果」 S・プラハ指揮官が敵地アーセナル戦ドローに満足

スラビア・プラハのインドリッチ・トルピショフスキー監督がヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出に向けての好結果に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。 EL準々決勝でアーセナルと激突のスラビア・プラハは8日に行われた1stレグでアウェイに乗り込み、1-1のドロー。86分に失点を喫したが、後半アディショナルタイム4分に追いつき、貴重なアウェイゴールを手にしての引き分けに持ち込んだ。 アドバンテージを手にしてホームでの2ndレグに臨むトルピショフスキー監督は試合後、「2ndレグに向けて、非常に期待が持てる結果を手にした。ホームで仕事をやってのけるチャンスだ」と述べ、ベスト4入りに意気込みを語った。 「アーセナルはゴールを決めなければならず、我々は今夜のように自分たちのセットプレーから失点しないようにする必要がある。我々はディフェンス面でミスをしないようにしなければならない」 「ゴールを許してからの我々は素晴らしいリアクションと強いメンタリティを示した。『必要なアウェイゴールを奪う時間はまだある』と言って、実際にそれを目指したのさ。チームスピリットが再び表すことができたね」 「アーセナルは今夜、彼らが持つクオリティを示してきた。彼らは素晴らしい選手を擁しており、素早く、技術的にも秀でている」 「(アレクサンドル・)ラカゼットは危険な存在であり、我々の問題だった。我々はハーフタイム明けから良くなったが、アーセナルもかなりのチャンスを作った」 2021.04.09 10:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly