着実補強の浦和新体制!MF武富孝介が7番、MFマルティノスが11番に決定!

2018.01.11 12:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽浦和レッズは11日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽2017シーズンは10年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ優勝を果たした一方で、明治安田生命J1リーグでは7位に終わった浦和。堀孝史体制で臨む今シーズンは主力をチームに残し、ピンポイントで補強を敢行した。

▽主な背番号は、柏レイソルから加入したMF武富孝介が「7」、横浜F・マリノスから加入したMFマルティノスが「11」、ヴィッセル神戸から加入したDF岩波拓也が「31」を着用。4シーズンぶりの復帰となったMF山田直輝が「18」を着用する。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.西川周作
23.岩舘直
25.榎本哲也
28.福島春樹

DF
2.マウリシオ
3.宇賀神友弥
5.槙野智章
6.遠藤航
14.平川忠亮
26.荻原拓也☆←(浦和レッズユース)※昇格
27.橋岡大樹☆←(浦和レッズユース)※昇格
31.岩波拓也☆←(ヴィッセル神戸)※完全移籍
46.森脇良太

MF
7.武富孝介☆←(柏レイソル)※完全移籍
10.柏木陽介
11.マルティノス☆←(横浜F・マリノス)※完全移籍
15.長澤和輝
16.青木拓矢
18.山田直輝☆←(湘南ベルマーレ)※期限付き移籍からの復帰
22.阿部勇樹
29.柴戸海☆←(明治大学)※新加入
38.菊池大介

FW
8.ラファエル・シルバ
9.武藤雄樹
20.李忠成
21.ズラタン
30.興梠慎三

関連ニュース
thumb

後半ATに2つのPK、GK東口の存在も輝く! 浦和vsG大阪は痛み分け【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節の1試合が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、浦和レッズvsガンバ大阪は1-1のドローに終わった。 熾烈な3位争いに食いついていきたい5位の浦和はルヴァンカップ準決勝敗退のショックも振り払う結果が欲しい一戦となるが、キャスパー・ユンカーが欠場。小泉も先発から外れ、明本が1トップでスタートから出場した。 一方、残留争いから抜け出したい14位のG大阪は今季のここまでケガもあり、ベンチにすら入れずの状況が続いたユース出身4年目の白井がJ1初先発&初出場。ケガ人が多いセンターバックは菅沼と佐藤のコンビでスタートした。 奇遇にも前節ともに5失点大敗を喫して、それぞれ2試合ぶりの勝利を目指す両者の一戦は序盤からホームチームのペースに。自陣にブロックを敷いて相手を誘い込み、速攻に繰り出そうとするG大阪だが、圧倒的にボールの主導権を握る浦和が相手の狙いを出させず、試合もコントロールする。 だが、再三にわたり、サイドを突破口に作り出したチャンスを不意にし続ける浦和は徐々にG大阪が盛り返し始めるなかで、35分に明本が負傷交代。小泉をスクランブル投入して以降も大きく流れを相手に渡さず、フィニッシュ数も増やしていくが、なかなかゴールに繋げられない。 後半も浦和ペースで進むが、ハーフタイム明けに白井とパトリックの交代を施したG大阪が前からボールを奪いに行く姿勢を強め、52分にウェリントン・シウバのパスをバイタルエリア中央で受けた宇佐美がわずか右に外れる惜しい右足ミドル。依然、攻めの場面こそ少ないが、迫る形を作る。 浦和も54分、敵陣中央でのボールカットから平野がドリブルでボックス左に持ち込み、惜しくもゴール右に外れる左足フィニッシュ。続く60分にも決定機が続き、関根の縦パスで完全に相手守備ラインの背後を抜け出した汰木がボックス中央でGK東口との一対一を迎えるが、仕留め切れない。 前半の良い時間帯を生かせず、拮抗した展開に持ち込まれてしまった浦和だが、78分までに残る交代枠を使い切ると、90分に江坂がボックス左から放った左足シュートがブロックを試みた菅沼の手に当たり、VARでPKに。これを江坂自らしっかりと決め切り、浦和が最終盤にスコアを動かす。 ところが、追いかけるG大阪も後半アディショナルタイム4分、ロングボールに反応したパトリックがボックス右でコントロールすると、対応に入った岩波のハンドを誘って、土壇場でPKチャンスをゲット。プレッシャーがかかる場面だったが、パトリックが決め切って、追いついた。 何とか突き放そうと猛攻に転じた浦和は勝ち越しのチャンスを作り出すが、G大阪守護神の東口が気迫のファインセーブで阻止され、3位浮上に向けて痛恨のドロー。G大阪も依然、苦しい内容だったが、残留に向けて敵地で最低限の勝ち点1を手にした。 浦和レッズ 1-1 ガンバ大阪 【浦和】 江坂任(後45+1) 【G大阪】 パトリック(後45+4) 2021.10.16 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:浦和vsG大阪】前節は共に5失点大敗、突き詰めるか割り切るか

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年10月16日(土) 15:00キックオフ 浦和レッズ(5位/54pt) vs ガンバ大阪(14位/33pt) [埼玉スタジアム2002] ◆今一度磨きたい崩しの一手【浦和レッズ】 中断前のリーグ戦ではヴィッセル神戸とアウェイで対戦し1-5で大敗。力なく負けてしまった。 中断期間中にはYBCルヴァンカップの準決勝でセレッソ大阪と対戦したが、2戦目では1-0で敗戦。ゴールを奪えずに、こちらも敗退と良い流れとは言えない。 神戸戦、C大阪戦とともに苦戦した理由は相手の強度の高さ。特にC大阪との第2戦は相手を押し込む時間帯もありながら、90分を通したインテンシティの高さに徐々に劣勢となっていき、跳ね返し切る力を見せられなかった。 チームとして選手の立ち位置を生かした崩しを見せる中、この局面での力弱さが露呈。局面を打開できずにゴールに迫れなくなると、自慢の攻撃陣も力を発揮できなくなってしまう。 残り7試合で3位を争う中では勝ち点を落とすのは避けたいところ。上位との試合が多く残っているだけに、下位チーム相手にはしっかりと勝ち点3を奪いたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、柴戸海 MF:関根貴大、小泉佳穂、江坂任 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス ◆ビルドアップの精度を上げられるか【ガンバ大阪】 中断前の北海道コンサドーレ札幌戦は1-5とホームで大敗。今季ワーストの試合をしてしまい、苦しい状況から抜け出せない。 降格圏との勝ち点差は「6」。得失点差で大きなビハインドを負ってしまったことで、全く余裕がなくなってしまった。 この浦和戦を皮切りに、サガン鳥栖、横浜F・マリノスと上位対決3連戦。その後にも名古屋グランパス、川崎フロンターレと上位との対戦が残っており、残留争いをする中でも特に厳しい相手が残っている状況だ。 大分トリニータ、湘南ベルマーレとライバルとの直接対決も残っているが、落とすようなことがあれば“降格”が現実味を帯びてきてしまう。その前にしっかりとチームとして立ち直りたいところだ。 崩壊した守備陣の立て直しに加え、稚拙なビルドアップをどうにかしなければいけない状況。浦和のハードなプレスであれば、札幌戦の二の舞もあり得る。戦い方にこだわるのか、それとも結果にこだわるのか。割り切った戦い方を選ぶことも必要になりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、藤春廣輝 MF:井手口陽介、山本悠樹 MF:小野瀬康介、宇佐美貴史、ウェリントン・シウバ FW:パトリック 監督:松波正信 2021.10.16 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「重要な勝ち点3!」浦和FWユンカーが日本代表戦をスタジアム観戦、ともに観戦したトーマス・デンは複雑「結果は不運だった…」

浦和レッズの元U-21デンマーク代表FWキャスパー・ユンカーが、日本代表の一戦を観戦していた。 日本は12日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4戦でオーストラリア代表と対戦した。 予選11連勝、最終予選でも3連勝を達成しているオーストラリア相手に、必勝で臨んだ日本。すると8分にMF田中碧が先制ゴールを記録する。 後半にはMFアルディン・フルスティッチに直接FKを叩き込まれて同点に追いつかれるが、86分にFW浅野拓磨が抜け出して放ったシュートが相手オウンゴールを誘発。日本は2-1で勝利した。 埼玉スタジアム2002で行われたこの一戦を、本拠地として使う浦和のユンカーが観戦。チームメイトとともにスタンドで見守っていた。 ユンカーはツイッターにメッセージ。「#サッカー日本代表、素晴らしい勝利おめでとうございます!重要な勝ち点3!レッズ at 埼玉スタジアム」と勝利した日本を称えた。 なお、ユンカーが一緒に見ていた選手は3名。アレクサンダー・ショルツ、木下康介、そしてトーマス・デンと4人で観戦していたとのこと。トーマス・デンとしては、オーストラリアが敗れたことで複雑な気持ちだったのだろう。 トーマス・デンはユンカーと同じ写真をインスタグラムに投稿。「今夜の結果は不運だったが、埼玉でサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)の試合を観ることができてよかった」と綴っていた。 <span class="paragraph-title">【写真】ユンカーがオーストラリア代表DFトーマス・デンらと日本戦観戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a>、素晴らしい勝利おめでとうございます!重要な勝ち点3!<br><br>レッズ at 埼玉スタジアム <a href="https://t.co/TiSxUH7Apg">pic.twitter.com/TiSxUH7Apg</a></p>&mdash; Kasper Junker (@KasperJunker) <a href="https://twitter.com/KasperJunker/status/1447899927405867010?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.13 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

清武と乾がピッチで共演! 加藤陸次樹が粘りのゴールでC大阪が2017年以来の決勝進出、浦和は一歩及ばず《ルヴァンカップ》

10日、YBCルヴァンカップ準決勝第2戦のセレッソ大阪vs浦和レッズがヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-0でC大阪が勝利。4年ぶりに決勝へと駒を進めた。 6日に行われた第1戦では浦和がキャスパー・ユンカーのゴールで先制するも、C大阪が山田寛人のゴールで追いつき1-1のドロー。貴重なアウェイゴールを奪っての第2戦となった。 ホームのC大阪は6日の第1戦と同じ11名をピッチに送り出すことに。0-0のドローでも決勝進出が決められるということもあり、試合展開を見ながら戦い方を変えていくと試合前に小菊昭雄監督が語っていた。 対する浦和は第1戦から5名を変更。DF槙野智章、DF山中亮輔、MF大久保智明、MF平野佑一、MF汰木康也が外れ、DF岩波拓也、DF明本考浩、MF関根貴大, MF柴戸海、MF小泉佳穂が起用された。 リカルド・ロドリゲス監督は「2点を奪えば相手が3点必要になる」と語り、攻撃的にいって主導権を掴みたいと試合前に語っていた。 30度と季節外れの真夏日と、暑いコンディションの中で行われた試合。4分にC大阪は最初の決定機。右CKから原川がクロスを送ると、ニアサイドで西尾がヘディングで合わせるが、ファーサイドに飛んだシュートは枠を捉えられない。 浦和は8分、左サイドバックに入った明本がロングシュートを狙うと、ブレ球がゴールに飛ぶが、わずかに枠を越えていく。 互いにインテンシティが高く、素早いトランジションを見せる試合。浦和がボールを保持して押し込みにいくが、ゴールは遠い。 すると25分にはC大阪が相手ボールを奪ってのカウンター。左サイドから丸橋がアーリークロス。ニアサイドで西が頭に当てると、ゴールへ飛ぶがGK鈴木がセーブ。これに加藤が詰めようとするが、わずかに届かず、左ポストに激突する。なお、起き上がり問題なくプレーを続けた。 その浦和は27分にチャンス。右からのパスを上がってきた伊藤がダイレクトシュート。シュートは枠を捉えるが、GKキム・ジンヒョンがセーブする。 C大阪は29分、素早いリスタートから奥埜がスルーパス。これを受けた加藤がボックス内からシュートを放つが、枠を外れていく。 互いに決め手を欠いて迎えた後半。1点を取らなければ敗退となる浦和は49分、スルーパスに反応したキャスパー・ユンカーがボックス内左からシュート。しかし、これはサイドネットを揺らすに留まる。 しかし先にスコアを動かしたのはC大阪だった。53分、奥埜が左サイドへと展開すると、丸橋のアーリークロスに対してニアサイドに加藤が飛び込む。一度はGK鈴木にセーブされるが、こぼれ球を拾った加藤は粘りを見せて強引にシュート。これがGK鈴木の手を弾いてネットを揺らし、C大阪がリードする。 先制を許した浦和は追いつくために前がかりになる中、C大阪も勢いに乗って押し返していく。すると61分、右サイドから坂元がクロスを上げると、ボックス内で加藤がバイシクルシュート。しかし、枠を捉えられない。 浦和は62分に小泉を下げて、山中亮輔を投入。72分には関根と西を下げて、田中達也と平野佑一を起用。選手の並びを変更してゴールに迫っていく。 しかし、強度の高いプレーを続けるC大阪の前に浦和はうまくボールを前に運べていけない。それでも徐々にC大阪の陣内でプレーすると77分には、明本の落としからユンカーがダイレクトボレーでミドルを放つと、枠の右を捉えたもののGKキム・ジンヒョンがなんとかセーブする。 81分にも浦和がチャンス。右サイドでパスを受けた田中がドリブルで持ち出してクロス。これを江坂がヘディングで落とすと、ユンカーが拾ってキックフェイントからシュートも、瀬古がブロックに入る。 C大阪は83分に加藤に代えて清武弘嗣を投入。ケガからの復帰となり、乾貴士とは復帰後初の共演となる。 浦和も87分に柴戸を下げて槙野智章を投入。準々決勝の川崎フロンターレ戦では、起死回生の同点ゴールを決めた立役者。勝ち上がりに導くゴールを奪っていた槙野を入れて、パワープレーでゴールを狙っていく。 しかし、C大阪は鋭い出足で浦和に自由に攻撃させず。最終盤はC大阪が浦和陣内でのプレーを続けて時計の針を進めて試合終了。C大阪が1-0で勝利、2戦合計2-1で浦和を下し、小菊監督のホーム初白星で2017年以来の決勝進出を決めた。一方の浦和は、本拠地での決勝への道を断たれることとなった。 決勝は、もう1つの試合を2戦合計3-4で勝利し初の決勝進出を決めた名古屋グランパスと、10月30日に埼玉スタジアム2002で行われる。 セレッソ大阪 1-0(AGG:2-1) 浦和レッズ 【C大阪】 加藤陸次樹(後8) 2021.10.10 16:57 Sun
twitterfacebook
thumb

山田がC大阪に貴重なアウェイゴール! 浦和は先制も逃げ切れず《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準決勝、浦和レッズvsセレッソ大阪の第1戦が埼玉スタジアム2002で行われ、1-1の引き分けに終わった。 準々決勝で川崎フロンターレを下した浦和と、ガンバ大阪を下したC大阪の対戦。12分、いきなりホームチームが先制する。左サイドのタッチライン際でパスを受けた山中がクロスを上げると、ボックス中央で合わせたのはユンカー。ワンタッチで右足で放ったシュートはゴール左に突き刺さり、早々にリードを奪った。 その後は浦和がボールを保持する時間が続く。ボランチとサイドハーフの4人、そして江坂がバランスを崩さないようにポジションチェンジを繰り返し、相手のマークを狂わせていく。 一方のアウェイチームは、相手の素早い切り替えに苦戦しボールを保持できず、なかなかシュートに持ち込めない。ビルドアップ時にも、最前線のFWが外に流れてロングボールを受ける以外はほとんどクリーンに前進できず、苦しい時間帯が続く。 それでも39分、C大阪に決定機。山田がボックス左でボールを受けると、寄せて来たDFの股を抜いてかわし、GK鈴木と1対1に。しかし、右下を狙ったシュートは防がれてしまい同点とはならなかった。 1-0で迎えた後半も浦和がボールを持つ展開は変わらず。サイドハーフを内側に絞らせると同時に、ユンカーと江坂を近い距離でプレーさせて中央で数的優位を作りつつ前進していく。 それでも56分、C大阪にビッグチャンス。オーバーラップを仕掛けた丸橋が乾からボールを受け取りクロスを上げると、ボックス中央で山田が頭で合わせる。しかしボールはクロスバーに嫌われてしまい、またしても決め切れず。 ボールを保持されながらもゴールに迫るシーンが増えたC大阪は、66分に遂に追いつく。右サイドをドリブルで駆け上がった坂元がGKとDFの間に低いクロスを上げると、これに走り込んだ山田がゴール前で合わせてスコアを振り出しに戻した。 試合終盤になると、再び浦和のペースに。途中交代の明本、関根、小泉が狭いスペースで受けて前を向き、ユンカーを目指してボールを繋いで相手ゴールを何度か脅かした。 しかし、これ以上ゴールは決まらず。1-1の引き分けとなったが、第2戦に向けてC大阪が貴重なアウェイゴールを記録している。第2戦は10日にヨドコウ桜スタジアムで行われる。 浦和レッズ 1-1 セレッソ大阪 【浦和】 キャスパー・ユンカー(前12) 【C大阪】 山田寛人(後21) 2021.10.06 21:14 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly