エース抜けながらJ1復帰初年度は健闘… 今度は三戸舜介が海外移籍も希望ある松橋体制3年目へ【J1開幕直前ガイド|アルビレックス新潟】

2024.02.11 18:45 Sun
©超ワールドサッカー
2024シーズンの明治安田J1リーグが23日からいよいよ開幕する。今季からは20チーム制となり、降格も3つに増枠しての争いに。ここでは新シーズンの幕開けに先駆け、J1リーグ全チームをピックアップし、アルビレックス新潟を紹介していく。

【直近3シーズンの成績】
2023シーズン:10位(11勝12分け11敗)
2022シーズン(J2):優勝(25勝9分け8敗)
2021シーズン(J2):6位(18勝14分け10敗)
【昨季チーム得点王】
伊藤涼太郎 7ゴール

【今季ノルマ】
中位

【編集部イチオシ】
FW小見洋太
昨季J1:29試合出場/1ゴール
◆エース移籍も久々のJ1で健闘した昨シーズン
6年ぶりにJ1を戦った2023シーズンは10位という成績に終わった新潟。J2を席巻したポゼッションサッカーをベースに開幕4戦無敗と好スタートを切ったが、その勢いを維持することはできず。さらに、夏にはエースの伊藤涼太郎がシント=トロイデンへと移籍した。それでも、シーズン最終盤は9戦無敗と調子を上げ、1桁順位まであと一歩。松橋力蔵監督体制3年目となる新シーズンは、タイトルを目指しながらさらなる高みへ到達したい。

◆今度は三戸が海外挑戦も小野、長谷川らの獲得で穴埋め
シーズン終了後、伊藤の代わりに攻撃の軸となり、ベストヤングプレーヤー賞も受賞したMF三戸舜介がスパルタ・ロッテルダムへと旅立った。さらには中盤を支えたMF高宇洋もFC東京へ移籍。そんな中で目玉補強となったのがサガン鳥栖から獲得したMF小野裕二。昨シーズンはキャリアハイとなるリーグ戦9ゴールを記録した。また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で躍進したヴァンフォーレ甲府の10番MF長谷川元希も迎え入れ、前線は期待の持てる戦力強化に。新顔のJ1経験者の少なさは懸念材料だが、J2で奮闘したDF遠藤凌、MF宮本英治のいわきFC組にも期待がかかる。

◆望まれる小見の新エース化
新シーズンで注目したいのはFW小見洋太の飛躍。同じくパリ五輪世代の三戸らと共に攻撃陣を牽引したが、29試合で1ゴールと結果は物足りなかった。新加入の長谷川に加え、昨シーズンはケガで出遅れたMF高木善朗、J1初挑戦ながら5ゴールを決めたFW太田修介など2列目のライバルは多いが、インパクトを残し、ステップアップを遂げた三戸の背中を追いかけるような活躍ができるか。

◆熟成へ向かう中盤&最終ライン
前線は多少の入れ替わりがあったものの、中盤から後ろにかけてはそれほど顔ぶれは変わらず。渡邊泰基らは退団となったが、大部分の主力は引き留めに成功した。5年連続でキャプテンを務めるDF堀米悠斗を筆頭に、守備の要と言えるDFトーマス・デン、昨年10月に久々の日本代表入りを果たした守護神・小島亨介、3年ぶりの新潟復帰で両サイドバックをこなしたDF新井直人など頼れる存在は多い。高が抜けた中盤は、初のJ1ながら奮闘したMF秋山裕紀に絶対的主軸となってほしいところ。DF千葉和彦やDF舞行龍ジェームズ、MF島田譲、MF星雄次、前線ではFW鈴木孝司といったベテラン組の経験も引き続きチームを助けることになるだろう。

◆2024年冬移籍情報
【IN】
GK吉満大介(30)←レノファ山口FC/完全移籍
DF森璃太(22)←早稲田大学/新加入
DF遠藤凌(25)←いわきFC/期限付き移籍より復帰
MF石山青空(18)←アルビレックス新潟U-18/昇格
MF大竹優心(18)←アルビレックス新潟U-18/昇格
MF小野裕二(31)←サガン鳥栖/完全移籍
MF宮本英治(25)←いわきFC/完全移籍
MF長谷川元希(25)←ヴァンフォーレ甲府/完全移籍
MF奥村仁(22)←関西福祉大学/新加入
MF松田詠太郎(22)←横浜F・マリノス/期限付き移籍延長

【OUT】
GK瀬口拓弥(35)→現役引退
GK藤田和輝(22)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き移籍
DF田上大地(30)→ファジアーノ岡山/完全移籍
DF渡邊泰基(24)→横浜F・マリノス/完全移籍
DF岡本將成(23)→鹿児島ユナイテッドFC/期限付き移籍延長
MF高宇洋(25)→FC東京/完全移籍
MF三戸舜介(21)→スパルタ・ロッテルダム(オランダ)/完全移籍
MF大竹優心(18)→Y.S.C.C.横浜/期限付き移籍
MFシマブク・カズヨシ(24)→藤枝MYFC/期限付き移籍
MF吉田陣平(20)→カマタマーレ讃岐/育成型期限付き移籍
FWグスタボ・ネスカウ(23)→クイアバ(ブラジル)/期限付き移籍満了
FW矢村健(26)→藤枝MYFC/期限付き移籍延長
関連ニュース
thumb

新潟が秋山裕紀のミドルで連敗止めるドロー! 札幌は2選手負傷に退場者で連勝ならず【明治安田J1第8節】

明治安田J1リーグ第8節の1試合が13日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、アルビレックス新潟vs北海道コンサドーレ札幌は1-1のドローに終わった。 今季初の連敗中で4試合勝利なしの14位新潟はU23アジアカップメンバーから落選の小見洋太が長谷川元希、宮本英治、早川史哉とともに先発。5連敗ストップの今季初勝利を掴み、さらなる巻き返しを期す最下位札幌は古巣凱旋の鈴木武蔵が1トップに復帰したほか、青木亮太も左ウィングバックに戻った。 両チームとも自分たちの色で押し通せるかが勝負の鍵となる戦いは開始2分に谷口海斗のフィニッシュで襲いかかるなど、新潟優勢の入りに。7分と10分にも小見と長谷川のシュートがいずれも枠を叩き、ホームチームのペースで進む。 札幌は16分に鈴木の負傷交代にも見舞われたりもしたが、20分にバイタルエリア中央の荒野拓馬が縦パスを試みると、相手のクリアボールがこぼれ、浅野雄也が左足を一閃。クロスバーの内側を叩いて吸い込まれ、先手を奪う。 22分にも左サイドからの折り返しに浅野がボックス中央で合わせ、追加点に迫った札幌だが、GK小島亨介が許さず。新潟は40分に長谷川がボックス左に仕掛けた流れからボックス中央の松田詠太郎が右足を振るが、宮澤裕樹の好カバーに遭う。 リスタートからセカンドボールの回収率を高め、ペースも引き戻す札幌だが、55分にも馬場晴也が負傷し、またもアクシデントによる交代。片やダニーロ・ゴメスを送り込み、同点を目指す新潟だが、ボールこそ前に運べど、ゴールを割れず。 そのなか、75分に大森が前半に続くイエローカードで退場となり、札幌は残り15分を数的不利で戦う苦境に。札幌が5バックで守りを固める策に出るなか、新潟はこの流れを見るや77分に長倉幹樹と奥村仁を送り込み、反撃に転じる。 すると、新潟全体が押し上げる80分に左サイドの小見が中にパスを出し、これを受けた秋山裕紀が右足ミドル。遠目の位置からだったが、ゴール前の岡村にヒットしたボールがゴール右に突き刺さり、新潟が秋山の今季初ゴールで追いつく。 直後に3選手の交代に動いた札幌を尻目に勝ち越しを狙った新潟は87分にもダニーロ・ゴメスが左足ミドルを放っていったが、次のゴールとはならず。新潟は2連敗ストップも5戦未勝利、札幌は連勝逃すも2戦負けなしとなっている。 アルビレックス新潟 1-1 北海道コンサドーレ札幌 【新潟】 秋山裕紀(後35) 【札幌】 浅野雄也(前20) 2024.04.13 16:00 Sat

C大阪が新潟撃破で開幕7戦無敗! レオ・セアラ弾で2戦ぶり白星【明治安田J1第7節】

明治安田J1リーグ第7節の1試合が7日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、アウェイのセレッソ大阪がアルビレックス新潟を1-0で下した。 11位新潟はミッドウィークの前節から9選手が入れ替わり、キャプテンの堀米らが先発に復帰。3位C大阪は香川が引き続きメンバー外となるなか、北野が今季初先発した。 試合は攻めの時間が交互しながら進み、それぞれにシュートシーンこそあるものの、いずれも単発で大きなチャンスに至らず、睨み合いに。そのなかで、新潟が比較的ボールを握り、C大阪が高い位置で相手のビルドアップを引っかけながら、カウンターで押し返す。 ボールを動かすという部分では半ばを過ぎても新潟のプラン通りに進むが、C大阪もルーカス・フェルナンデスとカピシャーバの推進力も生かしながら陣地回復を図り、0-0でハーフタイムに。後半に入ると、新潟がより深みをとり始めるが、なかなかゴールを割れず。 すると、61分に柴山と山田の交代策に打って出たC大阪が69分に先制。ボックス右で浮き球パスを胸トラップの毎熊が切り返しから左足でクロスを上げると、中央のスペースに飛び込んだレオ・セアラがヘディングシュートでゴールネットを揺らし、一歩前に出る。 失点直後に小見、宮本、長倉の一挙投入に動いた新潟は相手ボックス内に入り込むシーンを増やすが、最後のところでC大阪のディフェンス陣を上回れず。78分に長谷川 のカードも切って反撃ムードを強めるが、C大阪のディフェンス陣がことごとく跳ね返す。 C大阪もなかなか追加点こそ奪い切れないものの、柴山、山田、上門、そしてデビューのジャスティン・ハブナーを送り込みながら、試合をコントロール。後半アディショナルタイムには猛攻を受けた新潟だが、C大阪が最後まで許さず、クリーンシートで勝利した。 C大阪はこれで2戦ぶり白星の今季4勝目となり、開幕からの連続無敗もクラブ新をさらに更新する7試合に。新潟は今季初連敗で4試合白星なしとなっている。 アルビレックス新潟 0-1 セレッソ大阪 【C大阪】 レオ・セアラ(後24) 2024.04.07 16:00 Sun

【J1注目プレビュー|第7節:新潟vsC大阪】先手を奪いたい新潟、首位を窺うC大阪は無敗継続でプレッシャーをかけられるか

【明治安田J1リーグ第7節】 2024年4月7日(日) 14:00キックオフ アルビレックス新潟(11位/8pt) vs セレッソ大阪(3位/12pt) [デンカビッグスワンスタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆カギは先制点、4試合ぶり勝利へ【アルビレックス新潟】</span> 6試合を終えて2勝2分け2敗の五分の成績。順位も11位と真ん中にいる状況だ。ここからの戦いが上に行くのか、下に行くのかを決めることになる。 ミッドウィークの試合はジュビロ磐田相手に2-0で敗戦。ジャーメイン良に2ゴールを奪われて敗れ、3試合勝利から遠ざかっている。 チームとしてはやや下降線。特にセットプレーの守備に課題があり、自分たちのプレーをなかなかさせてもらえない。 先手を奪われる戦いが続いているだけに、まずは守備から入りたいところ。相手に主導権を渡さず、得意のパスワークで先にゴールを奪えるか注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:小島亨介 DF:藤原奏哉、舞行龍ジェームズ、千葉和彦、堀米悠斗 MF:島田譲、秋山裕紀 MF:松田詠太郎、高木善朗、太田修介 FW:谷口海斗 監督:松橋力蔵 <span class="paragraph-subtitle">◆無敗継続で奪首なるか!?【セレッソ大阪】</span> ここまでの6試合は3勝3分けの無敗。首位との勝ち点差は「1」で3位につけている。 前節はアウェイでの柏レイソル戦で追いつかれての1-1のドロー。柏の守備を崩せずPKの1点に終わり、連勝も「3」でストップした。 攻撃面は相手ゴールに近づく場面はあれど、意外にもゴールは伸びていない。決定力を欠くことが多く、パスミスも目立つ。アタッキングサードの精度を上げることが、上位位に続けるためのポイントとなりそうだ。 難しい時間帯をいかに我慢して乗り切り、自分たちのペースに持っていけるか。90分を通したマネジメントが成功すれば、自ずと結果はついてくる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:キム・ジンヒョン DF:毎熊晟矢、西尾隆矢、舩木翔、登里享平 MF:ヴィトール・ブエノ、田中駿汰、奥埜博亮 FW:ルーカス・フェルナンデス、レオ・セアラ、カピシャーバ 監督:小菊昭雄 2024.04.07 11:27 Sun
thumb

柏のプレスに苦しんだ新潟、先制許すも小島亨介の好守連発と千葉和彦の同点ボレーでドロー【明治安田J1第5節】

明治安田J1第5節、アルビレックス新潟vs柏レイソルが30日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 代表ウイークを挟んで2週間ぶりに迎えるJ1。ともに2勝1分け1敗で迎える7位新潟と8位柏。新潟は、オーストラリア代表として2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を戦ったトーマス・デンがメンバー外となり、千葉和彦が今季初スタメンを飾る。対する柏は、過去4試合スタメンを固定していたが、この日は前節負傷交代の高嶺朋樹や小屋松知哉に代わって土屋巧と木下康介が先発に名を連ねた。 松橋力蔵監督と井原正巳監督、現役時代は横浜マリノス(現:横浜F・マリノス)でともにプレーした指揮官同士の一戦は、昨季ゴールレスドロー。今節は柏が開始2分にマテウス・サヴィオのクロスに犬飼智也、新潟も7分に右クロスが流れて堀米悠斗と、互いに序盤から好機を迎えた中で、次第に[4-4-2]からのプレッシングを徹底する柏が主導権を握る。 奪ってから早めに背後を突くシンプルな攻撃を見せる柏は15分、裏へ抜けたマテウス・サヴィオを狙ったジエゴのフィードから左CKを獲得すると、サインプレーを用いてボックス手前右から山田雄士がボレシュート。これは当たり損ない、キッカーのサヴィオまでボールは戻るが、ここからの精密クロスに飛び込んだ木下康介が胸で合わせ、ネットを揺らした。 31分にも中盤で囲んでボールを奪うと、カウンターから細谷真大が長い距離を持ち運び、舞行龍ジェームズを振り切って自らシュート。その2分後にも相手のコントロールミスを見逃さなかった白井永地が、高い位置で奪って強烈な右足の一振りを放ち、CKからはジエゴがフィニッシュを迎えるが、いずれもGKに阻まれた。 新潟は柏のプレッシングを受け、ビルドアップに大苦戦。前半は攻撃の良さを出せず、後半立ち上がりもあわやの場面をサヴィオに複数作られるが、数々の窮地にGK小島亨介が好セーブで立ちはだかり、最少失点で我慢を続けると、57分に同点に追い付く。 背後へのシンプルなパスで松田詠太郎のスピードを生かし、左のCKまで漕ぎつけると、二次攻撃から高木善朗が柔らかいクロスを入れる。中央の藤原奏哉を一山越え、ファーでフリーとなっていた千葉が完璧なボレーで合わせ、試合を振り出しに戻した。 新潟は裏へのパスで1つ柏のプレスを裏返すことで、押し込んだ状態からボールを動かすことに成功。次第にペースを握り始める。 柏も東京国際大学から新加入のルーキー、熊坂光希らを投入するなど、選手交代を駆使して再びプレスの強度を上げれば、新潟も78分に前線の3枚を入れ替えて3ポイントを奪いにいく。 互いが個性を中で、80分には柏の細谷に決定機が訪れるも、素早い振り左足フィニッシュはGK小島がショットストップ。オープンな展開となった最終盤には、追加タイム2分に柏は途中出場の島村拓弥がカットインから左足、直後の新潟も長いボールで入れ替わった長倉幹樹のラストパスから松田が合わせるも、いずれのシュートも枠を捉えられず。 追加6分、新潟はゴール正面で獲得したFKを小見洋太が直接狙うも壁に当たり、攻め合いながらも両者ともに次のゴールは生まれないままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合っている。 アルビレックス新潟 1-1 柏レイソル 【新潟】 千葉和彦(後12) 【柏】 木下康介(前15) <span class="paragraph-title">【動画】新潟・千葉和彦の見事な同点ボレー弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>同点弾は大ベテランの一撃<br>\<br><br>高木善朗のクロスの<br>38歳千葉和彦がボレーで合わせる<br><br>明治安田J1第5節<br>新潟×柏<br>Live on <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/3M7iTIIZgP">pic.twitter.com/3M7iTIIZgP</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1773960825566322697?ref_src=twsrc%5Etfw">March 30, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.30 16:06 Sat

誹謗中傷も「自分への意見はもちろん理解」、新潟から広島へ電撃移籍した新井直人が改めて言及「妻や家族を巻き込んで意見をするのはやめて」

アルビレックス新潟から電撃的にサンフレッチェ広島へと完全移籍したDF新井直人が、改めて今回の移籍について言及した。 新井は2019年に新潟経営大学から新潟に加入。2021年にセレッソ大阪へと完全移籍するも、2023年に復帰していた。 今シーズンは副キャプテンにも就任し、明治安田J1で3試合1得点を記録。開幕戦でゴールを記録するなどしていたが、直近の2試合は先発していなかった。 そんな中、21日に電撃的に広島への完全移籍が発表。シーズン開幕後の出来事に大きな批判が生まれSNS上では新井や広島に対して誹謗中傷の投稿が大量に発生。新潟が声明を出すまでに至っていた。 サッカー選手に移籍はつきものであり、ファン・サポーターが裏切られた気持ちになることは十分に理解できるが、互いの合意がない限りは成立しないもの事実。選手や相手チームに誹謗中傷を送るのはお門違いというものだ。 そんな中、新井本人は自身のX(旧ツイッター/@naotoarai_)を更新。改めて今回の移籍について言及し、批判を受ける覚悟はあったものの、自分以外を巻き込まないでもらいたいとお願いした。 「皆さんの応援や愛情、期待があったからこそ、このタイミングでの移籍に色々な意見があるのも分かっていた上で決断しました。特にユニフォームなどを買って自分自身を応援して頂いていた方々には特に辛く悲しい想いをさせてしまい申し訳なく思っています」 「この決断を理解できない人が多くいることも分かっていますし、当然時間もかかることだと思っています」 「ですが、このタイミングでの移籍にも関わらず、自分の決断を尊重し、応援の言葉をかけてくださっている方々に感謝をお伝えしたいです」 「そして、クラブに関わっている方々や、社長、強化部をはじめ、選手、スタッフの皆さんにも本当に感謝をしています」 「チャレンジする事への批判はプロとして必ずあると思いますし、自分への意見はもちろん理解しています。ですが、これ以上、妻や家族を巻き込んで意見をするのはやめていただきたいと思います」 「最後にはなりますが、誰になにを言われようとアルビレックス新潟を心から応援しています」 <span class="paragraph-title">【写真】新井直人が改めて移籍について言及</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="zxx" dir="ltr"><a href="https://t.co/WjTdIfrjGa">pic.twitter.com/WjTdIfrjGa</a></p>&mdash; 新井直人 / NAOTO ARAI (@naotoarai_) <a href="https://twitter.com/naotoarai_/status/1772912831857639427?ref_src=twsrc%5Etfw">March 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.27 21:15 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly