昨季2冠のC大阪、選手背番号発表…今季よりMF清武弘嗣が10番に

2018.01.15 13:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セレッソ大阪は15日、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。

▽J1復帰初年度の昨シーズンにクラブ初タイトルなるルヴァンカップと天皇杯の2冠に輝いたC大阪。尹晶煥体制2年目となる今シーズンは、AFCチャンピオンズリーグを含む4つのタイトルにチャレンジする。

▽背番号は、今シーズンからMF清武弘嗣が46から10番、その10番を背負ったMF山口蛍が6番、その6番を着用したMFソウザが11番に心機一転。今シーズンより期限付きから完全移籍を果たしたMF水沼宏太も16番から7番に変更となっている。

▽主な新加入選手では、MF田中亜土夢が32番、FW高木俊幸が13番、FWヤン・ドンヒョンが18番、FW安藤瑞季が40番に。なお、DFマテイ・ヨニッチとFWリカルド・サントスは今シーズンより「ヨニッチ」、「リカルド」に登録名が変更された。

▽昨シーズン以上の飛躍が期待されるC大阪は、トップチームとU-23の2つのグループに分かれて始動。トップチームは16日から23日までタイで一次キャンプを実施し、27日から2月4日まで宮崎県で二次キャンプが予定されている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.永石拓海☆←(福岡大学)※新加入
21.キム・ジンヒョン
27.丹野研太
45.茂木秀

DF
2.松田陸
3.茂庭照幸
4.藤本康太
5.田中裕介
14.丸橋祐介
22.ヨニッチ
23.山下達也
29.舩木翔
37.森下怜哉

MF
6.山口蛍
7.水沼宏太☆←(FC東京)※期限付きからの完全
10.清武弘嗣
11.ソウザ
15.木本恭生
17.福満隆貴
20.酒本憲幸
24.山村和也
25.山内寛史
26.秋山大地
30.大山武蔵
32.田中亜土夢☆←(ヘルシンキ/フィンランド)※完全
35.沖野将基
36.斧澤隼輝
38.西本雅崇
39.チャウワット☆←(バンコク・グラス/タイ)※期限付き
41.魚里直哉☆←(関西国際大学)※新加入

FW
8.柿谷曜一朗
9.杉本健勇
13.高木俊幸☆←(浦和レッズ)※完全
16.片山瑛一☆←(ファジアーノ岡山)※完全
18.ヤン・ドンヒョン☆←(浦項スティーラース/韓国)※完全
19.澤上竜二
28.中島元彦☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格
31.山根永遠
33.米澤令衣
34.山田寛人☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格
40.安藤瑞季☆←(長崎総合科学大附属高校)※新加入
46.リカルド

関連ニュース
thumb

鹿島が3位争いに生き残る大きな逆転劇! 敵地C大阪戦で上田2発【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が26日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、アウェイの鹿島アントラーズがセレッソ大阪を2-1で下した。 連勝を目指す11位のC大阪は3選手が入れ替わり、両サイドバックに松田陸と丸橋が復帰したほか、大久保と加藤の2トップでスタート。一方、終盤の2失点で逆転負けした川崎フロンターレ戦からのバウンスバックを狙う7位の鹿島は4選手のメンバー変更が施され、上田や荒木らがベンチに回り、松村やアルトゥール・カイキがスタートから出場した。 敵陣での時間こそ鹿島の方が長い印象で進む試合だが、C大阪もオフサイドの判定で認められなかったが、7分に大久保が鋭い裏取りからの右足フィニッシュでゴールネットを揺らすなどして反攻。だが、鹿島がトランジションの部分でも上回り、ペースを握る流れが色濃くなる。 C大阪がなかなか敵陣に押し返す形を多く作れずにいるなか、圧力をかけていく鹿島は左サイドの安西を生かした攻めが顕著に。33分にはピトゥカの浮き球パスをボックス左の安西が左足ダイレクトの折り返しでチャンスメークするが、味方とわずかに合わず、得点に繋がらない。 守勢の前半を凌ぎ切り、何とか後半から盛り返したいC大阪だが、引き続き鹿島優勢の流れ。三竿の強烈なミドルや松村の強引な仕掛けも織り交ぜ、こじ開けにかかる鹿島は55分に和泉、荒木、上田を一挙に送り込み、あとひと押しのところまで迫る攻撃のさらなる活性化を図る。 だが、我慢の時間が続くC大阪が小菊体制発足後のホーム戦初白星に向けて均衡を破る。カウンターに転じた58分、乾がドリブルで対面の相手を揺さぶりながら時間を作ると、ボックス左のスペースにパス。ボールを奪ってからボックス左に猛進した原川が左足でネットを揺らす。 劣勢の流れを覆す先制劇で勝機を見いだしたC大阪は畳みかけようと、タガート、西川、中島を投入。だが、ブレることなく、攻める鹿島が66分にボックス右で後方からの浮き球パスをトラップした和泉が右足で折り返すと、上田がヘディングシュートを決め、すぐさま追いつく。 3位争いにしがみついていくためにも勝利がほしい鹿島は攻め立てるなか、76分にこの試合でJ1リーグ300試合出場の遠藤を送り出すが、80分にC大阪もカウンターから西川、中島が立て続けにフィニッシュに持ち込むビッグチャンス。だが、いずれも相手GKに阻まれ、好機を逸する。 すると、守護神の踏ん張りを活力にしたい鹿島は81分、敵陣右サイドの遠藤からボックス右のスペースに動き出してボールを受けようとした上田が瀬古のファウルを受けてPKのチャンスをゲット。キッカーに名乗りを上げた上田が冷静にゴール右下に沈め、鹿島が逆転に成功した。 追いかけるC大阪は85分に松田力を入れ、44分に左CKから瀬古が頭で合わせたボールをゴール前の西川が押し込むが、オフサイドの判定で認められず。途中出場の上田が2ゴールの活躍を披露した鹿島は2試合ぶりの白星。勝ち点を「53」に伸ばして、3位争いに踏みとどまった。 セレッソ大阪 1-2 鹿島アントラーズ 【C大阪】 原川力(後13) 【鹿島】 上田綺世(後21、後37) 2021.09.26 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:C大阪vs鹿島】安定感を欠く両者、課題を克服して勝利を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月26日(日) 15:00キックオフ セレッソ大阪(11位/39pt) vs 鹿島アントラーズ(7位/50pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆ホームで白星なるか【セレッソ大阪】 北海道コンサドーレ札幌、浦和レッズと共に0-2で連敗していたC大阪。内容も結果も伴わない試合をしてしまったが、ミッドウィークに行われたサンフレッチェ広島戦では、伏兵の進藤亮佑のゴールで0-1と勝利を収めた。 なかなか安定した戦いを見せられていないC大阪。勤続疲労も見えてくる中、期待したいのはホームゲームでの勝利だろう。 小菊昭雄監督が就任してからホームでは勝利なし。少しでも上位に行くのか、それとも中位に留まってしまうのか、しっかりと結果を見せたいところだろう。 終盤戦では上位との対決もあり、力のあるチーム相手にしっかりと結果を残せるのかが注目。13連戦の最後を勝って締めくくりたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、藤田直之、原川力、乾貴士 FW:アダム・タガート、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 ◆手痛い逆転負けから立ち直れるか【鹿島アントラーズ】 前節は首位の川崎フロンターレを相手に1-2で敗戦。停滞逆転負けを喫してしまった。 試合を良い形で進めていた鹿島だったが、じわじわと川崎Fがペースを取り戻すと、最終盤に連続失点。試合を決めた宮城天のゴールはノーチャンスだったが、チームとして負けという結果を呼び込んでしまった感じすらある。 このところの鹿島は不安定な戦いを見せ、ガンバ大阪に3-1で勝っていたものの、その前は0-3でアビスパ福岡に敗れるなど、ホーム3連戦を負け越して終えてしまった。 昨シーズン届かなかったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)への切符を掴むためにも、今一度チームとして1つに貼ることが重要。リバウンドメンタリティを示せるのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:広瀬陸斗、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 2021.09.26 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪GKダン・バン・ラムが左肩関節脱臼で全治4カ月…トレーニング中に負傷

セレッソ大阪は20日、GKダン・バン・ラムの負傷を報告した。 ダン・バン・ラムは13日に行われたトレーニング中に負傷。その後の検査で左肩関節脱臼の全治4カ月という診断結果を受けたという。 ベトナム代表選手でもあるダン・バン・ラムは今季からC大阪でプレー。天皇杯とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の1試合ずつ出場していた。 2021.09.20 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和が6戦無敗で3位争いにしがみつく! C大阪とのルヴァン準決の前哨戦制す【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節の1試合が18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和レッズが2-0でセレッソ大阪を下した。 ここ5試合負け知らずで3位争いに食い込む6位の浦和は前節から1選手を変更するにとどめ、キャスパー・ユンカーは2試合連続でベンチスタート。伊藤の代わりに平野が先発入りした。前節に3試合ぶりの黒星を喫した12位のC大阪はミッドウィークのACLでもラウンド16敗退。リバウンドメンタリティが求められるなか、坂元や原川がサブに回り、西川と加藤の2トップでスタートした。 この先のルヴァンカップ準決勝で相対する両雄にとって、前哨戦にもなる一戦は序盤からホームチームがピッチの縦と横をしっかり使った攻めで主導権を握ると、10分にスコアを動かす。平野からのボールを敵陣ハーフウェイライン右で受けた関根が前線中央に鋭いパスを出すと、小泉がスルー。加速したままボールを受けた江坂がボックス中央に抜け、冷静に右足でネットを揺らした。 見事な攻撃を江坂がしっかりと仕上げ、幸先よく先取した浦和は平野のボール奪取から13分にも小泉が右サイドから左足クロスを上げると、ボックス中央の江坂が枠内をとらえるヘッド。GKキム・ジンヒョンの好守に遭うが、ここまで良い流れで試合を進める。ただ、C大阪も徐々に反攻。乾を中心に攻めの迫力を出していったが、浦和の守りを浮足立たせるような場面を作り出せない。 C大阪よりも狙いを持った戦いを披露する浦和は後半から反攻姿勢の相手を尻目にビッグチャンス。47分、相手のビルドアップに前線からプレスをかけると、GKキム・ジンヒョンの瀬古に出そうとした横パスが緩くなり、すかさず反応した関根がボックス右から無人のゴールマウスをめがけて右足ダイレクトで押し込みにかかる。だが、惜しくも左に逸れ、チャンスを生かし切れない。 後半も押し込む形こそ作るC大阪だが、一向に突破口を見いだせずにいると、浦和が岩波のロングキック一本から追加点。59分、左サイドハーフで先発の汰木が中央にポジションを絞り、後方からのロングフィードに反応すると、相手最終ラインのスペースで巧みな右足タッチでボールを収める。松田陸と西尾の後追いもあったが、体勢を崩しながら右足で相手GKの股下を射抜いた。 2点を追いかけるC大阪は62分に乾、加藤、西川、山田を諦め、中島、タガート、大久保、坂元を一挙に投入。さらに、77分に最後のカードで奥埜の代わりに原川を送り込むが、伊藤、ユンカー、大久保、田中を立て続けに投入して、攻守に卒なしの浦和が82分にもロングカウンターから田中が最終ラインを完全に抜け出して相手GKとの一対一を迎えるなど、チャンスを多く作り出す。 87分にもセットプレー崩れから伊藤の決定的なヘディングシュートでゴールに迫った浦和は最後まで攻守にC大阪を圧倒して、2連勝の6試合負けなし。勝ち点を「51」まで伸ばして、3位争いにしがみついた。一方のC大阪は今季3度目の2連敗。2試合連続の完封負けという結果に終わっている。 浦和レッズ 2-0 セレッソ大阪 【浦和】 江坂任(前10) 汰木康也(後14) 2021.09.18 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、浦項の前に敗れベスト16敗退…日本勢は名古屋のみに《ACL2021》

15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のセレッソ大阪vs浦項スティーラーズが行われ、0-1で浦項が勝利を収めた。 レヴィ・クルピ監督の下、グループステージでは無敗で首位通過を果たしたC大阪。今夏10年ぶりに復帰したMF乾貴士が先発出場。11年ぶりのベスト8進出を懸けて臨んだ。 対する浦項は名古屋グランパスと同居。2位通過でベスト16に進出している。2014年のACLではグループステージした両者。当時は浦項の1勝1分けだったが、C大阪は初めて勝てるだろうか。 立ち上がりからアグレッシブに試合に入ったのは浦項。強度の強いプレスト切り替えの早いサッカーを見せる。 C大阪はビルドアップを試みるが、なかなか上手くボールを回せず。アダム・タガートにも良いボールがなかなか入らない。 そんな中徐々に浦項がペースを握り、C大阪が受けるような展開に。すると14分、左サイドを仕掛けると、クヴェシッチのパスを最後はシン・ジンホがボックス手前から強烈なシュート。しかし、これはなんとかブロックする。 すると25分、浦項はシン・ジンホが右CKを得るとクロスをニアサイドでチョン・ミングァンがフリック。丸橋祐介がクリアに行くも、イ・スンモが先に触り、浦項が先制する。 先制を許したC大阪だったが、28分に左サイドから展開すると、乾からのパスを受け右サイドがオーバーラップした松田がボックス内で受け、そのままシュート。しかし、GKがセーブ。これの流れから最後は松田がボックス手前からクロスを送ると、アダム・タガートがヘッド。しかし、右ポストに嫌われる。 浦項は1点をリードして迎えた後半。浦項は変わらずにプレスをかけていく。一方で、C大阪は後方ではボールを回せるものの、前線には良いボールを供給できず。攻撃がうまく完結しない。 それでも61分にはC大阪がビッグチャンス。ボックス内でこぼれ球を藤田が拾うと、フリーでシュート。しかし、タイミングが遅れたことでシュートはブロックされてしまい、決定機を生かせない。 そのC大阪だが、64分には大ピンチ。GKからのロングフィードが裏に抜けると、GKキム・ジンヒョンがボックスを飛び出しクリア。しかし、これが相手に渡ってしまうと、最後はイ・スンモがボックス手前から無人のゴールへシュート。ゴールかと思われたが、鳥海がなんとか身体を張ってブロックし、得点を許さない。 攻撃が上手くいかないC大阪は、アダム・タガート、奥埜博亮を下げて、西川潤と加藤陸次樹を投入。75分には、原川力を下げて大久保嘉人を入れる。 なかなか前線でアグレッシブなプレーが出なかったが、大久保の投入で活性化。78分にはボックス手前右から大久保がクロスを入れると、加藤がダイビングヘッド。しかし、これは枠を外れる。 89分にはビッグチャンス。右サイドを仕掛けると中島がボックス手前からクロスも相手がクリア。こぼれ球を拾って繋ぐと、右サイドから松田がクロス。これをボックス中央で相手がクリアするも、ボールはゴールへ。しかし、枠をわずかに外れる。 さらに、その流れからの左CKから乾がニアサイドへボールを送ると、相手のクリアミスを鳥海が詰めたが、これも枠には飛ばない。 終盤にかけてなんとか攻め手を見出すと、アディショナルタイム3分にはボックス内でキープした西川が反転して得意の左足でシュートも、枠を外しタイムアップ。最後までゴールは遠く、C大阪は0-1で敗れ、ベスト16で敗退した。 14日には名古屋グランパスが大邱FCを4-2で下したものの、川崎フロンターレは蔚山現代にPK戦で敗れ、日本勢は名古屋のみとなった。 セレッソ大阪 0-1 浦項スティーラーズ 【浦項】 イ・スンモ(前25) 2021.09.15 20:12 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly