『FIFA 23』のトップ23の選手レーティング発表! 最高値の5名からはあの選手が漏れる

2022.09.13 13:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
「EA SPORTS」は13日、『FIFA 23』の選手のレーティングを発表した。『FIFA 23』は9月30日全世界同時発売予定。アンバサダー選手のレーティングは12日から発表されている中、13日からは選手のレーティングは順次発表されていくという。

世界トップレベルの選手も気にする『FIFA』シリーズのレーティング。今作が最後の作品ということもあり、大きな注目が集まっている。
その中で、男子のトップ23選手のレーティングを発表。「91」から「88」までの23選手が発表された。

最高の「91」には5名が選出。パッケージにも採用されているフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)を始め、フランス代表FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ)、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)が並んだ。

また、トップの5名から漏れたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)は「90」となり、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(ともにリバプール)、ベルギー代表GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー)、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)と並んだ。

なお、14日からはプレミアリーグの最も躍進した選手や、ブンデスリーガの5スタースキルを持つ選手などを含む最高峰を極めた選手を発表。最後には、上位1000選手のレーティングが公開される。

さらに、22日、23日には、女子選手のレーティングが公開される。


関連ニュース
thumb

「トイ・ストーリーに出てくる男みたいだ」グリーリッシュが『FIFA』最新作の自分の顔に嘆き

マンチェスター・シティのイングランド代表ジャック・グリーリッシュがサッカーゲームに登場する自身のフェイスに不満げだ。 エレクトロニック・アーツ(EA)が手掛ける大人気サッカーゲームの『FIFA』シリーズ。最新作となる『FIFA 23』は9月30日に発売された。 発売されると毎年のように話題になるのが選手の顔のビジュアル。今作でもアーセナルの選手たちやミケル・アルテタ監督が似ていないことでファンが怒っていると話題になったほか、ベンフィカのブラジル代表DFルーカス・ベリッシモの妻アマンダさんは「このブサイクは誰?(笑)私はこんな不細工と結婚してないわ」と冗談交じりに投稿していた。 そして、選手本人もゲーム内のビジュアルに反応。グリーリッシュは自身のインスタグラムのストーリーズを更新すると、「おいおい... トイ・ストーリーに出てくる男みたいだ」と嘆いた。 イギリス『デイリー・スター』によると、グリーリッシュが出したのは映画『トイ・ストーリー』に登場するシド・フィリップスというキャラクター。主人公のウッディやバズ・ライトイヤーの持ち主であるアンディの隣人として登場。人形やおもちゃを破壊して遊んでいることから、おもちゃたちから恐れられるキャラクターだった。 『FIFA 20』では自身の顔デザインにクレームを入れた元フランス代表MFフランク・リベリのフェイスが修正されることもあったが、グリーリッシュの不満は届くだろうか。 <span class="paragraph-title">【比較写真】『FIFA 23』のグリーリッシュとトイ・ストーリーのシド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">&quot;Nah cmon man... Look like that geeza out of Toy Story!&quot;<br><br>Jack Grealish on Instagram about his FIFA 23 face scan <a href="https://t.co/cFGHGlvINe">pic.twitter.com/cFGHGlvINe</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1576308548123910158?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.03 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「説明してくれEA」板倉滉の同僚FWが『FIFA』の能力に嘆き、ブンデス2番目に速いにもかかわらず…

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラムがサッカーゲームの評価に不満があるようだ。 エレクトロニック・アーツ(EA)が手掛ける大人気サッカーゲームの『FIFA』シリーズ。最新作となる『FIFA 23』は9月30日に発売された。 毎年この時期になると能力値についての不満が選手本人から沸き上がるが、テュラムもその1人。自身のSNSを更新し、不満を明らかにした。 スピードが武器のテュラムは、今シーズンのブンデスリーガで最高時速35.72 kmをマーク。日本代表DF板倉滉も所属するボルシアMGで最速であり、リーグでその数字を超えるのは、バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスの35.97 kmだけだという。 しかし、『FIFA 23』でのペース(スピード)の能力値はデイビスの「94」に対し、テュラムは「81」だ。 もちろん最高時速=スピードというわけではないだろうが、テュラムは最高時速を記録した際のプレーの動画を“証拠”として掲載しながら、EAに対して「説明してくれ」と爆笑の絵文字を添えつつ、冗談交じりに要求した。 さらに、ボルシアMGの公式SNSではテュラムが自分自身の能力を再評価する企画を実施。テュラムは、ペースの値を「94」近くにするのかと思いきや「85」と謙虚に設定している。 <span class="paragraph-title">【写真】テュラムがゲーム上での顔写真を使ってEAに抗議!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Now explain this <a href="https://twitter.com/EAFussball?ref_src=twsrc%5Etfw">@EAFussball</a> <a href="https://t.co/IvtXf6LHJ4">https://t.co/IvtXf6LHJ4</a> <a href="https://t.co/levMRSauhZ">pic.twitter.com/levMRSauhZ</a></p>&mdash; Marcus Thuram (@MarcusThuram) <a href="https://twitter.com/MarcusThuram/status/1575563970953576463?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】テュラムが自分の能力を再評価した結果…</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fixing ratings by <a href="https://twitter.com/MarcusThuram?ref_src=twsrc%5Etfw">@MarcusThuram</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA23?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFA23</a> <a href="https://twitter.com/borussia_esport?ref_src=twsrc%5Etfw">@borussia_esport</a> <a href="https://twitter.com/velorexgg?ref_src=twsrc%5Etfw">@velorexgg</a> <a href="https://t.co/HJ0b5ODhSp">https://t.co/HJ0b5ODhSp</a> <a href="https://t.co/XOBrKugz6X">pic.twitter.com/XOBrKugz6X</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1575777248384520192?ref_src=twsrc%5Etfw">September 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.03 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「40代前半の男性」と前作は言われたバルサMFペドリ、『FIFA 23』ではバージョンアップ「当然23の方が良い」

カタール・ワールドカップ(W杯)では日本代表の前に立ちはだかるであろうスペイン代表の至宝であるバルセロナのMFペドリが大幅にバージョンアップされた。 2021年はスペイン代表としてユーロ2020、U-24スペイン代表として東京オリンピックを戦い、フル稼働したペドリ。その影響もあり、2021-22シーズンはケガで満足いくプレーができずにいた。 それでも今シーズンは開幕戦から全試合に出場。第3節のレアル・バジャドリー戦でゴールを記録。9月には久々にスペイン代表に復帰し、UEFAネーションズリーグ(UNL)を戦った。 ここからコンディションを上げていくことになるペドリ。カタールW杯でもメンバー入りが予想されており、日本の前に立ちはだかる脅威になる可能性は高い。 そのペドリだが、大きくバージョンアップされることとなった。 9月30日に発売された世界中で大人気のサッカーゲーム『FIFA 23』。今作が『FIFAシリーズ』で最後の作品となる。 毎作のように話題となる選手のグラフィックだが、今作も同様に大きな話題に。アーセナルのミケル・アルテタ監督が全くの別人になっていることが批判の的となっていた。 そんな中、ペドリは逆。前作の『FIFA 22』のグラフィックの酷さが話題となっていたが、『FIFA 23』ではそっくりに仕上がっていた。 これには、「前作は40代前半の男性だな」、「兄弟はペドロだったっけ」、「眉毛気になる」、「当然23の方が良いね」と、バージョンアップされたことに反応していた。 <span class="paragraph-title">【比較画像】1年前からバージョンアップしたペドリのグラフィック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjIeg4csPNf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjIeg4csPNf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjIeg4csPNf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.01 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「こいつは誰だ?」蒸し返される『FIFA』3年前の珍事…酷いクオリティのビジュアルにリベリ本人がキレる

30日、大人気サッカーゲームの『FIFA 23』が発売される。 世界中で愛されているサッカーゲームで、多くのサッカーファンはもちろん、選手本人もプレーしていることでも知られている『FIFA』シリーズ。今回が最後の発売となる。 その発売前には限定的にプレーできる環境が用意されていた中で、選手や監督のグラフィックが大きな話題に。顔をスキャンしていない選手のクオリティの低さにファンが怒りを露わに。特にアーセナルのミケル・アルテタ監督が全く似ても似つかないことでファンが激怒していた。 毎作のように話題になる選手のビジュアルだが、これは選手本人も自分を確認し、異議を唱えることも度々起こる。 その中で最も酷いとされ、今回再び蒸し返されたのが『FIFA20』の元フランス代表FWフランク・リベリだった。 当時フィオレンティーナに所属していたリベリ。子供と『FIFA 20』を楽しんでいたようだが、自分のビジュアルを見て驚愕。思わずEAスポーツに対して質問を投げかけてしまった。 「少し前に子供と一緒に『FIFA 20』をプレーした。おい、EA、こいつは誰だ?」 リベリがいちゃもんをつけたビジュアルだが、確かに酷いもの。似ていないどころか、頭髪もやり過ぎた感がある。 改めて今回蒸し返されて話題になると、ダニエウ・アウベスやマルクス・テュラムらは大笑いで反応。ファンも「トップ5の出来事だ」、「3年前なのか」、「これはアツい」、「軍曹だな」と久々に見て思い出している人が多いようだ。 現在はサレルニターナで現役を続けているリベリ。今作でのビジュアルも注目を集める可能性はありそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】覚えてる!? リベリ本人も怒った衝撃のビジュアル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjGnsGarO51/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjGnsGarO51/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjGnsGarO51/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.30 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

実は冨安健洋も全く似てなかった! アルテタ監督も“最悪”の出来、『FIFA 23』でアーセナルの似ている選手と似ていない選手は?

30日に発売予定の大人気サッカーゲーム『FIFA 23』だが、先行でプレーできる仕様になっていたことで、大きな話題を呼んでいる。 先んじで発表された選手の能力値を示すレーティングでは、自身の能力とかけ離れているとしてレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが嘆いていた。 また、毎回話題となる選手の顔に関しても、スキャンしていない選手や監督のクオリティにファンが反応。アーセナルのミケル・アルテタ監督は全くの別人となり、似ても似つかない状態に。ファンは「FIFAを訴えろ」というほど酷い出来だと話題だ。 そのアーセナルだが、選手の顔に関してはスキャンされていないクラブの1つ。アルテタ監督と同様に、選手たちも似ていない選手が圧倒的に多い。 その中にはもちろん日本代表DF冨安健洋も。あるユーザーがアーセナルの全選手の顔をレビューしていたが、全く似ていない。 アーセナルの中ではガーナ代表MFトーマス・パルティやスイス代表MFグラニト・ジャカ、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ、イングランド代表FWブカヨ・サカ、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスなどは非常に似ている。それだけに、似ていない選手が悪目立ちする状況となってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】アルテタ監督が酷評されたアーセナル、冨安健洋の出来も酷かった</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nDxH6VfDbww";var video_start = 159;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルの全選手の顔をレビュー</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="nDxH6VfDbww";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.29 23:23 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly