エッシェンが2012年レアル移籍のドタバタ裏話を明かす「バスを止めてくれ!と狂ったように叫んだ」

2020.05.19 11:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、レアル・マドリー移籍の経緯を明かした。スペイン『アス』が伝えている。

2005年から2014年の間、チェルシーで活躍したエッシェン。2012-2013シーズンには、当時チェルシー加入時の恩師であったジョゼ・モウリーニョ監督が率いていたレアル・マドリーへ1年間のレンタル移籍で加入していた。

エッシェンは、南アフリカ人スポーツジャーナリスト、キャロル・シャバララ氏と、インスタグラムのライブ配信を通してのインタビューに応えると、この移籍が決定するまでの経緯を回顧。移籍市場最終日のわずか数時間で移籍が決まったと明かし、映画のようなドタバタ移籍劇について語った。

◆知らない番号から突然の電話…

「(2012年8月31日)私はUEFAスーパーカップを戦うためにチェルシーのチームとモナコにいた。その時見覚えのない番号から電話があったんだ」

「私は出たくなかったが、その日私と同じ部屋にいた従兄弟が電話に出るよう言ってきたんだ」

「電話が鳴り続けたので、電話に出た。『もしもし?』と言った瞬間に相手からも、『もしもし?』と聞こえた。すぐに誰が電話をしてきたか分かって、従兄弟に『ジョゼ・モウリーニョからだ』と教えたよ」

「彼は『アーセナルに移籍するそうじゃないか』と言ってきたので、そんなことないと伝えたよ。アーセナルからは何の連絡もなかったからね」

「そしたら彼が『アーセナルには行かずに俺のところへ来い』と言ったんだ。彼にどこのことか聞いたら、『レアル・マドリー』と言った。私は彼に準備はできてると言ったよ」

◆試合前のドタバタ劇

「あれは移籍市場最終日のことで、ジョゼは私の代理人の電話番号を聞いてきた。私はスーパーカップの試合中に抜け出すことになっても行く準備はできてると伝えた」

「ラサナ・ディアラがロシアに移籍する予定で、彼の移籍が成立したら私の移籍の手順を進めると教えてくれた。私は『分かった、部屋でリラックスして待ってるよ』と答えた」

「彼は、数時間待ってくれ、そしたらかけ直すと言っていた」

「数時間して私の代理人に何が起きたか話した。マドリーへの移籍についてジョゼと話したこと、彼の番号を教えたことを伝えた。彼はマドリーは戻ってくるから落ち着けと言っていた」

「ラス(ラサナ・ディアラ)のロシアへの移籍が決まったから、私たちは計画を変更しなきゃならなかった。チームは(スーパーカップの)アトレティコ戦に向けてホテルを出る寸前だったからね。マドリーの代理人は私の代理人と一緒にいて、私はスタジアムに行くためにもうバスに乗っていたんだ。私もスタジアムに行く予定だったが、代理人がホテルに戻ってこいと言ってきた。FAXを送らなきゃいけなかったらしい。だから私は運転手にバスを止めてくれと狂ったように叫ばなければならなかった」

◆「バスを止めてくれ!」

「チームメイトはみんな私を見て『ミケルどうした?』って感じだった。彼らに私はバスから降りなきゃいけないと伝えて『またね』と言った」

「そんなこんなでパスが止まって、私はホテルに戻って代理人を待っていた。それから彼が来てFAXを何枚か送ったんだ。ありがたいことに全ての処理が時間内に間に合ったよ。それから私は少なくともスパイクを取りに行かなきゃいけないからスタジアムに行ってくると代理人に伝えた」

「スタジアムに着いたころにはもう試合は終わっていた。私がピッチにいたチームメイトに加わったが、何人かは既に私の移籍について知っていた。他のチームメイトは何があったのか聞いてきたので、彼らに移籍することを伝えなきゃならなかった。レアルへの移籍の話が来てホテルに戻って書類を書く必要があったと説明したよ。だからスパイクを取りにいくついでにみんなにさよならを言わなきゃならなかった」

「表彰式の後、みんなでロッカールームに戻った時、みんなにちゃんとしたお別れを言った。スパイクとすね当てだけ持って、ロマン・アブラモビッチを含めみんなに挨拶した。アブラモビッチは幸運を祈ってくれた。その後私はホテルに戻り、次の日にはマドリー行きの飛行機に乗っていた」

「私はスパイクとすね当てと、ジーンズとシャツ一枚、それからチェルシーのジャージだけ持ってマドリーへ行ったんだ。空港に着くとジョゼが待っていてくれた。挨拶を済ますと、病院でメディカルを受けて、次の日にはトレーニングに参加したよ」

激動の移籍最終日の出来事を明かしたエッシェン。移籍したマドリーでは主力として公式戦35試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。
コメント
関連ニュース
thumb

これぞ”悪魔の左足”ライン際から予測不可能なゼロ角度シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロベカルの伝説級アウトサイドシュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZQUJxQXk1WiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その強烈なキックから”悪魔の左足”の持ち主と称されたロベルト・カルロス氏。レアル・マドリー時代には在籍11年で公式戦527試合に出場し69ゴール89アシストを記録。マドリー史上最高の左サイドバックとして銀河系軍団の主力を担った。 その中でも、1998年2月21日に行われたラ・リーガ第26節のテネリフェ戦では見事なゴールを決めている。 マドリー1点ビハインドの46分、敵陣左サイドで、MFグティのスルーパスに抜け出したロベルト・カルロスはゴールラインぎりぎりのところでボールに追いつく。 ラインを割ろうかというところで、ロベルト・カルロスはまさかのシュートを選択。ゴールに対して角度はほとんどなかったものの、ゴールを狙う。 すると、まさかシュートを選択するとは予想していなかった相手GKマルセーロ・オヘラの逆を突く形となり、ファーサイドのゴールネットへと突き刺さった。 ロベルト・カルロス氏と言えば、1997年に開催されたトゥルノワ・ドゥ・フランスでのフランス戦で見せたFKがあまりにも有名だが、テネリフェ戦のゴールも再現不可能なまさに『Incredible Goal』だった。 2020.07.09 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

GKお手上げ! ベイルの”十八番”無回転FKが優しくゴールネットを揺らす【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれた美しいFKの数々を紹介していく。 今回はレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルが2014年1月に行われたラ・リーガ第20節でのレアル・ベティス戦で魅せたFKだ。 <div id="cws_ad">◆その軌道はまるで"ナックル"<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6WDR4WlNKQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マドリーが1点リードの25分、ボックス右手前、ゴールまで22~23mという好位置でFKのチャンスを獲得すると、ボールの周りにはFWクリスティアーノ・ロナウドとベイルが並ぶ。 レフティーであるベイルが短めの助走から狙うと、左足を振り切らずに、インパクト直前で止めるようなイメージでシュート。無回転のシュートは壁を越え、瞬く間にゴールネットを揺らした。これには相手GKステファン・アンデルセンもお手上げの表情を見せた。 ベイルはマドリー移籍前のトッテナム時代からこのFKを得意としている。マドリーではC・ロナウドが長年キッカーを務めていたこともあり、チャンスは多くないが、ウェールズ代表での試合などでは、左足は健在だ。 2020.07.09 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルFWヨビッチが自宅隔離、接触した友人が新型コロナ陽性反応

レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが、自宅で隔離されることとなった。スペイン『アス』が伝えた。 報道によると、ヨビッチは新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応がでた友人と接触していたとのこと。マドリーはプロトコルに従い、ヨビッチを自宅隔離させたとのことだ。 <div id="cws_ad">◆多くの期待を受けたヨビッチがお披露目<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1ZkZ0emZLSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヨビッチの友人は、6日の昼にベオグラードからマドリッドへと渡航。当初の計画では、ヨビッチが友人であっても訪問者を受け入れないということだったが、外国人選手でもあるためにクラブが別の手段を考えたようだ。 マドリーの対応は、選手を訪ねてくる全ての人に検査を実施。その結果、ヨビッチの友人が陽性反応を示したために今回の措置となったようだ。 6日はマドリーのトレーニングが休みであった前、ヨビッチは検査を受けたが結果は陰性。しかし、プロトコルに則り、自宅隔離の措置となった。 なお、マドリーは10日にアラベス戦を控えているが、今後の進行状況によっては、検査の範囲などが拡大される可能性もあるようだ。 ヨビッチは、新型コロナウイルスの感染拡大による中断期間でセルビアへ帰国。しかし、自宅隔離の決まりがある中に外出し、セルビア国民からも大きな非難を受けることに。さらには自宅で骨折したために、中断明けのトレーニングを行えないという不始末も起こしていた。 5日に行われたラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦には終了間際にカリム・ベンゼマと交代して入り試合に復帰していた。 2020.07.09 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏マドリー帰還のセバージョスにアルテタから残留を望む声! 「本当に重要な選手になっている」

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督がスペイン代表MFダニ・セバージョス(23)の確保に意欲を燃やしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今夏にレアル・マドリーからレンタルで加入したセバージョスは、ここまで公式戦30試合に出場して2得点2アシストをマーク。シーズン中盤戦の負傷で約2カ月間の離脱を強いられたが、復帰後は定位置を再奪取し、ガナーズの中盤を支えている。 <div id="cws_ad">◆セバージョス、マドリーでのベストプレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwVGlsd0sxdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 6月28日に行われたFAカップ準々決勝のシェフィールド・ユナイテッド戦(2-1で勝利)で土壇場の決勝点を挙げ、重要度の増すセバージョスだが、今夏のレンタル契約満了に伴い、マドリー帰還が既定路線となっている。 しかし、アルテタ監督はセバージョスをチームの一部と見ており、クラブにアクションを促進。7日に行われるプレミアリーグ第34節のレスター・シティ戦前に先駆けた会見で、セバージョスへの満足感を示している。 「彼には本当に満足している。彼のサッカーに対する愛だけじゃなく、トレーニングや試合に対する情熱も気に入っているよ。とても素晴らしいね。ピッチ上にいようが、ベンチにいようが、彼は自分の人生を捧げている」 「彼は正しい方向へ進化していて、我々にとって本当に重要な選手になっている。クラブと話し合っている。だが、我々の選手じゃないのは確かだ。クラブはコミュニケーションを取って、何ができるかを見極める必要がある」 2020.07.07 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ハキミ代理人、インテル移籍の理由は「ジダン」

インテル移籍が決定したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)の代理人がレアル・マドリーに戻らなかった理由として、ジネディーヌ・ジダン監督の存在を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリー下部組織出身のハキミは2018年夏から今季にかけて、ドルトムントにレンタル。ドイツの地で持ち味である攻撃力に磨きをかけ、今季公式戦45試合で9得点10アシストの数字を残した。 <div id="cws_ad">◆ハキミ、レアル・マドリーでのベストプレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0MTRMc3hiNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドイツの地で成長を遂げたハキミは今季限りでレンタル期間満了となり、マドリー復帰も選択肢に挙がったが、先日にインテル移籍が決定。ハキミの代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏がモロッコ『outlet Al Mountakhab』で移籍の決め手を明かした。 「ハキミのインテル行きの理由はジダンだ。今、彼(ジダン)はアクラフが去った理由を説明しなければならない。(ダニエル・)カルバハルの存在を考えると、復帰は理想的な選択じゃないと思った。この一歩を踏み出せば、未来は明るいものになると確信している」 また、インテルの指揮を執るアントニオ・コンテ監督の存在がハキミの心を動かしたと明かしている。 「コンテとは常に連絡を取り合っていた。彼はハキミにクラブのプロジェクトについて話をしていたんだ。指揮官がチームに欲しいと主張するのは、クラブのプロジェクトの重要な部分を担うということを意味する」 2020.07.07 12:30 Tue
twitterfacebook