ユーロに続いて優勝目指すイタリア代表、ユーロ優勝メンバーから22名を招集《UEFAネーションズリーグ》

2021.10.01 09:55 Fri
Getty Images
イタリアサッカー連盟(FIGC)は9月30日、UEFAネーションズリーグ・ファイナルに臨むイタリア代表メンバー23名を発表した。

今夏開催のユーロ2020では53年ぶりに優勝を果たしたイタリア代表。ユーロに続き、ネーションズリーグ制覇を目指して戦う。
ロベルト・マンチーニ監督は、今回のメンバーにDFジョルジョ・キエッリーニやDFレオナルド・ボヌッチ(ともにユベントス)、チェルシーでのチャンピオンズリーグ(CL)とユーロの2冠を達成し欧州サッカー連盟(UEFA)の最優秀選手賞も受賞したMFジョルジーニョ(チェルシー)、GKジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン)などを招集した。

ユーロ優勝メンバー26名のうち、22名を招集した。そこにMFロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)を加えた23名となる。

今回のファイナルはトリノ、ミラノとイタリアで開催。ホームで戦えるイタリア代表は、6日にスペイン代表と準決勝を、10日にベルギー代表orフランス代表と決勝か3位決定戦で戦う。
今回発表されたイタリア代表メンバー23名は以下の通り。

◆イタリア代表メンバー23名
GK
サルバトーレ・シリグ(ジェノア)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン/フランス)
アレックス・メレト(ナポリ)

DF
ラファエウ・トロイ(アタランタ)
フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ)
アレッサンドロ・バストーニ(インテル)
エメルソン・パルミエリ(リヨン/フランス)

MF
マッテオ・ペッシーナ(アタランタ)
マヌエル・ロカテッリ(ユベントス)
ニコロ・バレッラ(インテル)
ブライアン・クリスタンテ(ローマ)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジョルジーニョ(チェルシー/イングランド)

FW
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス)
フェデリコ・キエーザ(ユベントス)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
ジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ)
関連ニュース

初のオリンピック出場権を獲得したスペイン女子代表、先制点のエルモソ「今日夢が実現した、UWNLでも優勝したい」

スペイン女子代表のFWジェニファー・エルモソ(ティグレス/メキシコ)が、歴史的な一夜を喜んだ。スペインサッカー連盟(RFEF)が伝えた。 スペインは23日、UEFA女子ネーションズリーグ(UWNL)準決勝でオランダ女子代表と対戦し、3-0で勝利を収めた。 今大会はパリ・オリンピックの欧州予選も兼ねており、五輪開催国のフランスを除いた上位2カ国に出場権が与えられるため、スペインは決勝行きとともに、オリンピック出場権を獲得した。 オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の優勝をはじめ、直近の年代別W杯もすべて制覇と、近年は育成年代からトップまで力を付けているスペインだが、オリンピックに出場するのはこれが初めて。 鮮やかなテクニックを披露し、先制点を挙げたエルモソは「私たちはオリンピックに参加することをいつも想像していましたが、今日その夢が実現しました」と歓喜。「とてもうれしいです。また一つのマイルストーンが達成できましたし、(W杯初優勝に続いて)また歴史を作ることができました」と喜びを語った。 自身のゴールについては「コントロールして、ボールを左右に振って、左足で対角を狙いました。このユニフォームでゴールを決められたことは誇りです」と振り返っている。 W杯優勝直後には、当時RFEFの会長だったルイス・ルビアレス氏がキス騒動を起こし、同氏派だったホルヘ・ビルダ監督が解任。ルビアレス氏も実質的更迭の辞任をするなど、スペインはネガティブな面で注目を集めてしまった。 今回は内部問題が一定の決着を見せてから迎える最初の大一番。エルモソは「このチームは、サッカーに対しての目標を非常に明確にしている。ワールドカップでは優勝を目指してプレーし、今日はオリンピック出場を目指してプレーしました。(次はもちろん)このネーションズリーグで優勝したいです」と、意気込みを語った。 今回が記念すべき第1回大会となるUWNL。スペインは初代女王の座を懸け、決勝ではフランス女子代表と、28日にエスタディオ・オリンピコ・セビージャで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】オリンピック出場権獲得へ近づくエルモソの先制点</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bwZ8VxW4l7E";var video_start = 7;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.25 17:30 Sun

女子W杯王者・スペインがオランダを下し、初のオリンピック出場権獲得!決勝は初タイトル目指すフランスと激突【UWNL】

今回が記念すべき第1回大会となるUEFA女子ネーションズリーグ(UWNL)は、パリ・オリンピックの欧州予選も兼ねており、五輪開催国のフランスを除いた上位2カ国に出場権が与えられる。 23日には準決勝の2試合が各地で行われ、スペインとフランスがそれぞれ決勝進出を決めた。 ◆スペインvsオランダ 2023年オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の優勝チーム、スペイン女子代表は、2017年の欧州選手権(ユーロ)覇者・オランダ女子代表と、セビージャで対戦。3-0で勝利を収めた。 前半は互いに好機を作り、オランダはバルセロナでプレーするエスメ・ブルフツが右クロスから7分に、その直後にはスペインもバルセロナのサルマ・パラジュエロが立て続けにビッグチャンスを迎えたが、いずれもシュートは枠を外れた。 17分のオランダは、ヒザの前十字じん帯断裂から復帰後初の先発返り咲きとなったフィフィアネ・ミーデマのスルーパスからリネト・ベーレンスタインが右ポケットで右足を振るが、GKカタ・コルのセーブに遭う。 それでも試合を動かしたのは、総じてボールを支配していたスペインだった。41分、ペナルティアーク左でオナ・バトジェの横パス受けた10番、ジェニファー・エルモソが、1人、2人と相手をかわし、最後はダブルタッチからDF2枚の間を抜く左足のフィニッシュ。先制ゴールを右隅へと沈めた。 さらに前半終了間際の45分、マリオナ・カルデンティのクロスがニアのパラジュエロを抜けると、ゴール前へ飛び込んできたアイタナ・ボンマティが右足インサイドのボレーで合わせ、スペインが追加点を奪う。 73分には、2022年U-17女子W杯の最優秀選手である17歳MFヴィッキー・ロペスを、大一番でA代表デビューさせたスペイン。その4分後には、ゴール前での混戦からバトジェが押し込んでリードを広げると、無失点のままタイムアップを迎え、決勝進出とともに、初のオリンピック出場権を獲得した。 ◆フランスvsドイツ デシーヌでドイツ女子代表を迎え撃ったフランス女子代表は、2-1の逃げ切り勝ちで難敵を退けた。 エルヴェ・ルナール監督率いるフランスが、ホームの大声援を受けて序盤から攻勢を掛けたのに対し、ドイツは15分にCKからニアへ入ったアレクサンドラ・ポップが頭で狙う。 均衡を破ったのは、ハイプレスとサイド攻撃を軸に押し続けたフランスだった。40分、敵陣左サイドで獲得したFKをセルマ・バシャが放り込んで跳ね返されると、クリアボールに反応したカディディアトゥ・ディアニが強烈な右足のダイレクトボレーを叩き込み、ネットを揺らした。 なおも攻め込むフランスは前半のアディショナルタイム、ウジェニー・ル・ソマーがドイツの最終ラインからボールを奪ってショートカウンターに転じると、グレース・ゲヨロがボックス内で倒されてPKを獲得。これをサキナ・キャシャウィが沈め、点差を広げて前半を折り返した。 逆転で五輪へ切符を手にしたいドイツは、セットプレーを含めて反撃の姿勢を強め、72分にはポップの左足がクロスバーを直撃。足が重くなったフランスを押し込むと、VARチェックとオン・フィールド・レビューの結果、右CKに対応したアマンディーヌ・アンリのハンドが認められ、PKを獲得する。これをジュリア・グウィンが豪快に蹴り込み、82分に1点を返す。 それでも、フランスは残り時間を耐え切り、これ以上の追撃を許さずタイムアップ。女子W杯、ユーロと、主要国際大会ではベスト4の壁に阻まれ続けてきたレ・ブルーが、初のタイトル獲得に王手をかけた。 また、フランスが決勝に進出したため、パリ・オリンピックのもう1枠は、オランダvsドイツの3位決定戦の結果に委ねられることとなった。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】W杯王者スペインがオランダに3発快勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MGMACYCykPA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.24 14:50 Sat

2024-25UNLの組み合わせ決定! イタリア、ベルギー、フランス同居の激戦区

2024-25 UEFAネーションズリーグ(UNL)の組み合わせ抽選会が8日にパリで行われた。 通算4回目の開催となる今大会はヨーロッパの54カ国が参加し、リーグA、リーグB、リーグC、リーグDの4カテゴリーに分かれて実施される。 最上位に位置する16カ国が参戦するリーグAでは、グループA2にイタリア、ベルギー、フランス、イスラエルが同居する最激戦区ができあがった。 また、2022-23大会覇者のスペインはグループA4に入り、デンマーク、スイス、セルビアと同居。 その他ではグループA1はクロアチア、ポルトガル、ポーランド、スコットランド。グループA3はオランダ、ハンガリー、ドイツ、ボスニア・ヘルツェゴビナという顔ぶれとなった。 リーグAから降格したイングランドは、リーグBのグループB2に入り、フィンランド、アイルランド、ギリシャと同居している。 なお、2024-25UNLは今年9月5日から同11月19日までの期間にグループステージが行われ、リーグA準々決勝や各リーグプレーオフは2025年3月に、ネーションズリーグ・ファイナルズは同年6月、リーグC/Dのプレーオフは2026年3月に開催予定だ。 2024-25 UEFAネーションズリーグ(UNL)の組み合わせ抽選会の結果は以下の通り。 ◆リーグA ▽グループA1 クロアチア、ポルトガル、ポーランド、スコットランド ▽グループA2 イタリア、ベルギー、フランス、イスラエル ▽グループA3 オランダ、ハンガリー、ドイツ、ボスニア・ヘルツェゴビナ ▽グループA4 スペイン、デンマーク、スイス、セルビア ◆リーグB ▽グループB1 チェコ、ウクライナ、アルバニア、ジョージア ▽グループB2 イングランド、フィンランド、アイルランド、ギリシャ ▽グループB3 オーストリア、ノルウェー、スロベニア、カザフスタン ▽グループB4 ウェールズ、アイスランド、モンテネグロ、トルコ ◆リーグC ▽グループC1 スウェーデン、アゼルバイジャン、スロバキア、エストニア ▽グループC2 ルーマニア、コソボ、キプロス、リトアニアorジブラルタル※ ▽グループC3 ルクセンブルク、得るガリア、北アイルランド、ベラルーシ ▽グループC4 アルメニア、フェロー諸島、北マケドニア、ラトビア ◆リーグD ▽グループD1 リトアニアorジブラルタル※、サンマリノ、リヒテンシュタイン ▽グループD2 モルドバ、マルタ、アンドラ ※今年3月にリーグC/Dプレーオフ開催 2024.02.09 06:30 Fri

長谷川唯のチームメイト、シティのジル・ロードが前十字じん帯断裂…パリ五輪懸かるオランダにも痛手

マンチェスター・シティは27日、女子チームのオランダ女子代表MFジル・ロード(26)の負傷について発表した。 ロードは24日に行われたFA女子コンチネンタルカップ(FAWSLカップ)のマンチェスター・ユナイテッド戦にて負傷。先発出場したが、開始9分で負傷交代となっていた。 診断の結果は、ヒザの前十字じん帯(ACL)断裂。全治は明記されていないが、長期離脱は確実で、首位のチェルシーを追走するシティにとって、手痛い一報となった。 また、代表としても主軸を担っているため、パリ・オリンピック予選を兼ねた女子ネーションズリーグ準決勝、スペイン女子代表戦を2月23日に控えるオランダにとっても、痛手となる。 ロードは、2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)後にチームへ加入。中盤の一角として今季ここまでのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)全11試合に出場。6得点2アシストをマークしていた。 なお、帰国などはせずチームにとどまり、医療チームの下でリハビリを開始するとのことだ。 2024.01.28 20:50 Sun

パリ五輪予選兼ねる女子UNL、準決勝ではW杯王者スペインがオランダと対戦

11日、女子ネーションズリーグリーグ(UWNL)準決勝、ならびに昇降格プレーオフの対戦組み合わせの抽選会がスイスのニヨンで行われ、各カードが決定した。 準決勝カードはそれぞれスペインvsオランダ、フランスvsドイツに。オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)優勝国は、2017年の女子欧州選手権(ユーロ)王者と対戦。同W杯準々決勝でも両国は対戦し、2-1でスペインが勝利していた。 初の主要国際タイトル獲得を目指すレ・ブルーは、2023W杯グループステージ敗退からの復権を目指すドイツと顔を合わせる。 今大会は2024パリ・オリンピックの欧州予選も兼ねており、フランスを除いた上位2カ国に本戦出場権が与えられる。 また、昇降格プレーオフ後に決定するリーグ区分は、2025年の女子ユーロへ向けた予選にも影響する。 各組合せは以下の通り。準決勝は来年の2月23日に、決勝や3位決定戦は同28日に行われる。 プレーオフの第1戦、第2戦は同21日から28日の間を予定している。 ◆女子ネーションズリーグリーグ ▽準決勝 スペイン vs オランダ フランス vs ドイツ ▽リーグA/Bプレーオフ セルビア vs アイスランド ハンガリー vs ベルギー ボスニア・ヘルツェゴビナ vs スウェーデン クロアチア vs ノルウェー ▽リーグ B/C プレーオフ ラトビア vs スロバキア モンテネグロ vs 北アイルランド ブルガリア vs ウクライナ 2023.12.12 16:50 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly