A代表初ゴールのラスパドーリが歓喜 「本当に素晴らしい瞬間で、まさに完璧だ」

2021.09.09 12:56 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッスオーロに所属するイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリが代表での活躍を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

ラスパドーリは8日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC第6節のリトアニア代表戦で、FWチーロ・インモービレやFWロレンツォ・インシーニェらが代表を離脱した事情もあり、スタメンとして出場した。14分に決めたゴールは相手DFのオウンゴールという扱いになったが、24分にはルーズボールを押し込みA代表での初ゴールを記録。その後も精力的なプレーを披露し、チームの6-0の勝利に大きく貢献している。

負傷者や離脱者の発生により巡ってきたチャンスをしっかりと掴んだラスパドーリは試合後にイタリア『RAI Sport』のインタビューで、喜びを露わに。これまでの努力が報われたと歓喜している。

「今は僕に何が起こったのか、理解するのは難しいよ。本当に素晴らしい瞬間さ。特に、今日は僕が育ち、現在プレーしているクラブのホームスタジアムでの試合だった。スタンドには僕の家族もいたんだ。だから、まさに完璧だね」

「残念ながら、最初のゴールは僕のものにならなかった。でも、それはそれでいいんだ。前半はチームとしてもたくさんのゴールを決めることができた。本当に良いプレーが見せられたと思うよ」

「(ロベルト・マンチーニ監督からは)楽しんで、このチャンスをものにしろと言われたよ。僕は本当に幸せだ。(サッスオーロで)ロベルト・デ・ゼルビが教えてくれた多くのことのなかには、ゴール前での決定力や冷静さに関するものもあった。僕はそれに取り組み続けていて、これからますます良くなっていきたい」

「子供たちは自分の国の代表チームで、センターフォワードとしてプレーすることを夢見るものさ。そして本当に、将来何が起こるかはわからないね」

また、学問にも熱心に取り組むラスパドーリは、10月に行われる解剖学の試験についても言及。現在は試験勉強に励んでいると明かし、学問とスポーツの両立は可能だとも語っている。

「今は10月末に行われる解剖学の試験のため勉強している。僕はいつも、自分の研究がスポーツのキャリアと密接に関連していると考えているんだ。勉強とスポーツは両立できると思っているし、これを続けていきたいね」

関連ニュース
thumb

UEFA、ユーロ決勝での暴動についてFAに無観客&罰金処分を科す

UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、ユーロ2020決勝で観衆が騒動を起こした問題でイングランドサッカー協会(FA)に2試合の無観客試合と10万ユーロ(約1330万円)の罰金処分を下した。 問題が起きたのは、7月11日にウェンブリーで行われたユーロ2020決勝のイタリア代表vsイングランド代表で、試合前にチケットを持たない多くのサポーターが警備を突破して入場するトラブルが発生。さらに会場の内外で統制が取れておらず、ピッチへの乱入や物の投げ込みもあった。 UEFAは約3か月間の調査の末に、ウェンブリー周辺で「秩序と規律の欠如」があったとし、FAに対して前述の処分を下した。無観客の対象はUEFA主催大会の代表戦となり、うち1試合は2年間の猶予期間が設けられている。 なお、FAは今回の処分を受けて同日に「今季の決定には失望したが、この処分を受け入れます」との声明を発表している。 2021.10.19 01:45 Tue
twitterfacebook
thumb

大ブーイングにも古巣への愛情は消えず、ドンナルンマが大きなミランのタトゥーを入れる!?

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが古巣のタトゥーを施した。 今夏に自身が育ったミランとの契約延長交渉が破談し、PSGへと移ったドンナルンマ。フリートランスファーだったとはいえ、ミランが提示した条件とさほど変わらない条件でPSGと契約したことで、ミラニスタの怒りを買ってしまっていた。 ミランの本拠地であるサン・シーロで行われた6日のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ準決勝では、先発出場したドンナルンマに対して大ブーイング。ハーフタイムには涙を流す姿も見られた。 ただ、ドンナルンマはファンの厳しい反応後も「動揺はしたけど(ファンの反応は)当然のこと。僕はここで育ち、常にミラノのファンだった。8年は簡単に忘れられない」と、母国のテレビ番組『レ・イエネ』にコメント。さらに、自身の右腕に施した大きなミランのエンブレムのタトゥーも披露した。 記者の「パリに着いたらどうするの?」という質問に「うーん、その時になったら分かるよ」とはぐらかし気味に答えたドンナルンマ。これは一時的に企画として入れられたものだが、果たして実際に入れることでミランへの忠誠を誓うのだろうか。 ただ、その場合には今度はPSGファンの反感を買わないかが心配ではあるが、15日のリーグ・アン第10節、ホームでのアンジェ戦ではタトゥーの行方にも注目したい。 <span class="paragraph-title">【写真】右腕にデカデカと…ドンナルンマが施したミランのタトゥー!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Donnarumma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Donnarumma</a> showed his new tattoo ( <a href="https://twitter.com/acmilan?ref_src=twsrc%5Etfw">@acmilan</a> logo ) <a href="https://twitter.com/hashtag/leiene?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#leiene</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/acmilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#acmilan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Milan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Milan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSG</a> <a href="https://t.co/RynJ03cg4P">pic.twitter.com/RynJ03cg4P</a></p>&mdash; Solo Milan (@Milan_News24) <a href="https://twitter.com/Milan_News24/status/1447849892257439746?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.15 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

エンボロ2発のスイス、首位イタリアに勝ち点で並ぶ《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC第8節の2試合が12日に行われ、スイス代表はリトアニア代表とのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 1試合消化が少ない中、首位イタリアを3ポイント差で追う2位スイスはエンボロやシャキリ、GKゾンマーらが先発。 最下位リトアニア(勝ち点3)に対し、立ち上がりからボールを握ったスイスがゴールに迫っていくと、31分に均衡を破った。右CKからエンボロのヘディングシュートが決まった。 さらに42分、ロングボールに抜け出したシュテフェンがGKの頭上を抜くループシュートを決めてリードを広げる。 そして45分にはCKの流れからエンボロが決めてスイスが3-0とした。迎えた後半もスイスが主導権を握ると、追加タイム4分にガブラノビッチのゴールも生まれて4-0で快勝。首位イタリアに勝ち点で並んでいる。 2021.10.13 05:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「マッドボレー」UNL3決でのゴラッソに脚光、一方で試合開催には疑問符「誰がこのゲームを気にしてた?」

疑問符が投げかけられたゲームで、インテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラが鮮やかなボレーを叩き込んだ。 6日に行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ準決勝でスペイン代表と対戦し、38試合ぶりの黒星を喫して3位決定戦に回ることになったイタリア。10日にトリノのユベントス・スタジアムでFIFAランキング1位のベルギー代表と対戦した。 試合を動かしたのはユーロ2020王者だ。ゴールレスで迎えた後半の立ち上がりに、右CKの場面でドメニコ・ベラルディが左足インスウィングで低いボールをニアへ入れると、クリアされた浮き球に反応したバレッラが抑えの利いた右足のボレー。ゴール左下隅に突き刺し、先手を取った。 大きくふかしがちなボレーだが、バレッラは見事なコントロール。ファンからは「マッドボレー」、「過小評価されている」、「バロンドールのトップ30に入っていないのは犯罪」といった賛辞が上がった。 一方で、「誰がこのゲームを気にしてた?」、「ベルギーはプレーしたくなさそうだった…非難しないけど」など、3位決定戦の意味に疑問を投げかけるような声も存在。実際、ベルギー代表GKティボー・クルトワは「3決はマネーゲームでしかない」とコメントするなど、この一戦を催すことに懐疑的だった。 なお、試合はベラルディのPKで加点したイタリアが終盤に1点を返されるも、逃げ切って2-1で3位フィニッシュ。この勝利の価値を高めるためにも、ここから再び無敗街道を突き進みたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】UNL3決でイタリア代表バレッラが決めた見事なボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CU2fFTKAUOs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CU2fFTKAUOs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CU2fFTKAUOs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.11 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリア代表監督、意地のUNL3位フィニッシュを評価 「すべての選手がよくやってくれた」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が評価した。『UEFA.com』が報じている。 先のユーロ2020に続いて、UEFAネーションズリーグの優勝を目指したものの、準決勝のスペイン代表戦で約3年ぶりとなる敗北を喫して、それが叶わなかったイタリア。10日に行われたベルギー代表との3位決定戦は前回から5選手のメンバー変更を施しての一戦だったが、2-1の勝利で飾り、勝利で今大会を締めくくった。 マンチーニ監督は試合後、「我々のパフォーマンスは本当に良かった。我々の中盤は多くのソリューションとクオリティがある。すべての選手がよくやってくれたね」と満足感を示すと、チーム力の底上げが示された大会だったと振り返っている。 「素晴らしい2試合だった。今日は何人かを入れ替えたが、それにもかかわらず、同じような戦いができたと思う。(チーロ・)インモービレや(アンドレア・)ベロッティのような豊富な経験があり、この代表をよく知る彼らがいないのは困るが、様々な解決策を試すこともできた。今日の(ジャコモ・)ラスパドーリはよくやってくれ、偉大な未来が待っているだろうね」 また、11月の代表ウィークから再び戻るカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選の戦いにも言及。その初戦は9月の前回対戦で0-0のドローに終わったスイス代表が相手となり、警戒心を強めたが、意気込みを語っている。 「我々はスイスと対戦する。ユーロやバーゼルでもそうだったが、難しい試合になるだろう。次はホームで戦う。それでも難しくなるだろうが、準備できている」 2021.10.11 12:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly