ロベルト・デ・ゼルビ Roberto DE ZERBI

ポジション 監督
国籍 イタリア
生年月日 1979年06月06日(45歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

監督探しのブライトン、ヒュルツェラー氏招へいが決定的…プレミア最年少指揮官に

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの新監督はドイツの青年指揮官で決まりのようだ。 ロベルト・デ・ゼルビ監督の退任により、後任探しに着手するブライトン。当初のターゲットだったイプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督は契約延長による残留が決まり、招へいが叶わず、その後に白羽の矢を立てたのがザンクト・パウリ指揮官のファビアン・ヒュルツェラー氏(31)だ。 ヒュルツェラー氏とは早くに個人条件で合意に至り、ザンクト・パウリとの補償金を巡る話し合いが焦点とされるなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、このクラブ間でのやりとりも成立。ブライトンとの契約は2027年夏までの3年になるという。 また、ドイツ国内の移籍に精通するジャーナリストのフロリアン・プレッテンベルフ氏によれば、補償金の額は600万~700万ユーロ(約10億1000万〜11億7000万円)。こちらはまだ詰めが残るとするが、ロマーノ記者と同じくブライトン行きが確実視される状況を主張した。 このままブライトン行きが決まれば、38歳のジェームズ・ミルナーよりも7歳下の指揮官に。プレミアリーグでは最年少指揮官となる。 2024.06.15 10:45 Sat

ブライトンの監督退任のデ・ゼルビ氏、マルセイユの新監督就任が近づく? 3年契約、違約金は約10億円か

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの監督を退任したロベルト・デ・ゼルビ氏(45)が、マルセイユの監督就任に近づいているという。フランス『レキップ』が伝えた。 フォッジャ、パレルモ、ベネヴェント、サッスオーロとイタリアクラブを指揮し、その後シャフタール・ドネツクで指揮したデ・ゼルビ監督。2022年9月にグレアム・ポッター監督が退任した後、ブライトンの監督に就任した。 2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、2023-24シーズンはそのELでラウンド16に進出。一方で、ケガ人が続出したチームはプレミアリーグで苦戦。日本代表MF三笘薫も腰を痛めて長期離脱となっており、チームは11位でシーズンを終えていた。 電撃的にブライトンの監督を退任したデ・ゼルビ氏。今後の去就が注目される中、ここに来てマルセイユが強い関心を示しているという。 当初、マルセイユはポルトの監督を退任したセルジオ・コンセイソン氏を招へいするとみられていたが、ここに来て方向転換。デ・ゼルビ氏の招へいに力を注いでいるという。 移籍市場に精通しているジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、3年契約で合意する予定と詳細を伝えており、600万ユーロ(約10億1800万円)をブライトンに支払って監督に迎えるつもりのようだ。 2024.06.13 22:15 Thu

ブライトンが今週にも31歳の青年指揮官ヒュルツェラーを招へい?

ブライトン&ホーヴ・アルビオンがファビアン・ヒュルツェラー氏(31)の監督就任に迫っているようだ。 ロベルト・デ・ゼルビ監督の退任が決まり、後任人事が注目されるブライトン。当初はイプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督が1stターゲットとされたが、契約延長による残留が決まり、招へいできなかった。 それからグレアム・ポッター氏の復帰説もあったが、早々に落ち着き、新たに白羽の矢が立ったのがザンクト・パウリ指揮官のヒュルツェラー氏。イギリス『ガーディアン』によると、ブライトンは今週にも発表予定という。 ブライトンはザンクト・パウリとの金銭を巡る合意がまだだが、このクラブとのやりとりもほぼ決着がついた状況。ヒュルツェラー氏とは条件面で合意し、就任を見越してすでに労働許可証の取得も済ませているようだ。 青年指揮官のヒュルツェラー氏だが、今季のザンクト・パウリを2.ブンデスリーガ優勝で13年ぶりのブンデスリーガ昇格に導き、オーナーのトニー・ブルーム氏ら首脳陣もこの功績に感銘を受け、この動きに繋がったとされる。 このままブライトン行きが決まれば、38歳のジェームズ・ミルナーや33歳のダニー・ウェルベックをはじめ、何人かの選手よりも年下の監督に。プレミアリーグ史においても最年少の指揮官として名が刻まれる。 選手時代から監督兼任で指導者の道を極め、2022-23シーズン途中からザンクト・パウリを率いるヒュルツェラー氏。ブライトン行きが迫っているようだが、果たして。 2024.06.11 16:25 Tue

三笘薫のブライトンが31歳の指揮官の労働許可証をすでに取得? 現在はクラブ間の交渉中

日本代表MF三笘薫が所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは、ロベルト・デ・ゼルビ監督の後任に関して、ザンクト・パウリのファビアン・ヒュルツェラー監督(31)に絞ったという。イギリス『BBC』が伝えた。 ブライトンはすでにヒュルツェラー監督の労働許可証を確保しているとのこと。現在はザンクト・パウリとのクラブ間合意を目指し交渉中で、まだ合意には至っていない。 なお、仮にブライトンの監督に就任した場合、ヒュルツェラー監督は1992年に創設されたプレミアリーグ史上最年少監督となる。 ヒュルツェラー監督は、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のザンクト・パウリを指揮。アメリカ出身の青年指揮官は、スイス人の父とドイツ人の母の下にアメリカで誕生。2歳でドイツへと渡っていた。 バイエルンの下部組織で育ったヒュルツェラー監督は、ファーストチームに昇格はできなかったが、セカンドチームからホッフェンハイムのセカンドチームに移籍。1860ミュンヘンのセカンドチームに移ると、FCピピンスリート、アイムスビュッテラTVでプレーし、2022年12月に現役を引退した。 世代別ではU-15からU-19までドイツ代表でのプレー経験もあった中、若くして指導者に転向する意思があり、FCピピンスリートでは選手兼監督を務め、U-20ドイツ代表、U-18ドイツ代表では現役時代にアシスタントコーチも経験していた。 ザンクト・パウリでも現役時代からアシスタントコーチを務めていると、暫定監督に就任したタイミングで引退を決断。すぐに正式な監督に就任し、2023-24シーズンは2.ブンデスリーガで20勝9分け5敗の成績を残し、チームは見事に優勝。13年ぶりのブンデスリーガ昇格を決めるなど、若くしてその手腕が高く評価されている。 2024.06.09 11:15 Sun

三笘薫のブライトン、31歳の青年監督の招へいを目指す? 今季はドイツ2部で見事優勝

日本代表MF三笘薫が所属するブライトン&ホーヴ・アルビオン。ロベルト・デ・ゼルビ監督が退任した中、新たな監督を探している。 かつて指揮を執り、チェルシーに引き抜かれたグレアム・ポッター監督の就任も噂されたが、ポッター氏が乗り気ではないとの報道も。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ブライトンが関心を寄せているのは31歳の青年指揮官だという。 その人物は、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のザンクト・パウリを指揮するファビアン・ヒュルツェラー監督(31)。アメリカ出身の青年指揮官は、スイス人の父とドイツ人の母の下にアメリカで誕生。2歳でドイツへと渡っていた。 バイエルンの下部組織で育ったヒュルツェラー監督は、ファーストチームに昇格はできなかったが、セカンドチームからホッフェンハイムのセカンドチームに移籍。1860ミュンヘンのセカンドチームに移ると、FCピピンスリート、アイムスビュッテラTVでプレーし、2022年12月に現役を引退した。 世代別ではU-15からU-19までドイツ代表でのプレー経験もあった中、若くして指導者に転向する意思があったとのこと。FCピピンスリートでは選手兼監督を務め、U-20ドイツ代表、U-18ドイツ代表では現役時代にアシスタントコーチも経験していた。 ザンクト・パウリでも現役時代からアシスタントコーチを務めていると、暫定監督に就任したタイミングで引退を決断。すぐに正式な監督に就任した。 今シーズンは2.ブンデスリーガで20勝9分け5敗の成績を残し、チームは見事に優勝。ブンデスリーガ昇格を決めるなど、若くしてその手腕が高く評価されている。 2024.06.07 22:20 Fri

デ・ゼルビ監督退任のブライトン、ポッター元監督と復帰巡って協議

日本代表MF三笘薫も所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンが次期監督を巡り、元指揮官のグレアム・ポッター氏(49)と復帰の協議をしているようだ。 ブライトンでの手腕が買われ、2022年9月にチェルシー行きを決断したが、成績不振により、1年もたずして職を失ったポッター氏。以降はフリーの状況が続く。 一方のブライトンはロベルト・デ・ゼルビ監督が今季限りで退任。イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督を1stターゲットに定めるといわれる。 ただ、マッケンナ監督はイプスウィッチとの契約更新を選び、来季も残留。イギリス『ガーディアン』いわく、ブライトンはここでポッター氏にシフトしたという。 そんなブライトンだが、ポッター氏との話を急いでまとめるつもりはなく、スティーブ・クーパー氏ら他の候補にも目をやり、時間をかけて決めるそうだ。 チェルシー移籍後に「楽な生活がしたければ、ブライトンで働き続けた方が簡単だった」と発言し、それが一部のブライトンファンから怒りを買ったともされるポッター氏。エリク・テン・ハグ監督が解任となれば、マンチェスター・ユナイテッド行きも取り沙汰されるが、いかに。 2024.06.07 11:50 Fri

テン・ハグ監督解任も検討中のユナイテッド、後任候補にデ・ゼルビ監督が浮上か

マンチェスター・ユナイテッドが、ブライトン&ホーヴ・アルビオンを退任となったロベルト・デ・ゼルビ監督(44)の招へいを検討しているようだ。 ユナイテッドは2年目を迎えたエリク・テン・ハグ監督の下で今シーズンに臨んだが、プレミアリーグではクラブワーストの8位フィニッシュ。チャンピオンズリーグ(CL)もグループステージを最下位で敗退に終わるなど、失意の時期が続いた。 それでも、FAカップではライバルのマンチェスター・シティを下して見事に優勝。これによりヨーロッパリーグ(EL)出場権を掴み、来季も欧州カップ戦に出場できることとなった。 とはいえ、それだけでテン・ハグ監督の続投が決定とはならず。現時点で去就は不透明であり、指揮官自身も今後について問われた際は「わからない」と言葉を濁している。 そんな中、イギリス『デイリー・メール』によると、ユナイテッドはテン・ハグ監督を解任した場合の後任として、デ・ゼルビ監督への関心を強めているとのこと。すでに代理人を通じて接触を図っている模様だ。 デ・ゼルビ監督は2022年9月にブライトンの指揮官に就任すると、2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、今シーズンはそのELでラウンド16に進出していた。 しかし、プレミアリーグでは多くの負傷者が生じたこともあって、昨シーズンほどの結果は残せず。11位でシーズンを終えると、直後にブライトンの指揮官退任が発表された。 ユナイテッドはデ・ゼルビ監督以外に、ブレントフォードのトーマス・フランク監督(50)や、バイエルンを退任したトーマス・トゥヘル監督(50)、チェルシーを退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督(52)も候補としている模様。仮にテン・ハグ監督解任となれば、今回の移籍市場がオープンする前に指揮官が決まるかどうかが注目される。 2024.05.28 17:20 Tue

グアルディオラ監督が来季で退任か? 前人未到のプレミア4連覇など15のタイトルも契約満了で去る可能性

前人未到のプレミアリーグ4連覇を成し遂げるなど、今シーズンも結果を残したマンチェスター・シティ。近年のプレミアリーグを牽引し、その栄光の日々をもたらせたジョゼップ・グアルディオラ監督(53)が、来シーズンでチームを去る可能性があるという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 2016年夏にシティの監督に就任したグアルディオラ監督。今シーズンはプレミアリーグで最終節までアーセナルと優勝を争った中、見事に優勝を果たし4連覇を達成。FAカップでは決勝まで進出も、マンチェスター・ユナイテッドの前に敗れていた。 これまでプレミアリーグで6回、FAカップで2回、EFLカップで4回の優勝を誇り、チャンピオンズリーグ(CL)も優勝するなど、数多くのトロフィーを手にしたグアルディオラ監督。残り契約が1年となっている中、9シーズン目を最後にクラブを去る可能性があるという。 当然のことながら、シティ側は残留を希望し、契約延長を望んでいる状況。一方で、退任する可能性については常に話し合われており、クラブは退任するかどうかの決断の猶予を与えるようだ。 実際のところ、退任するという兆候は見られていないが、特に今シーズンは数多くのクラブの監督が退任することとなり、クラブ側もいざという時の準備が必要だ。 なお、後任候補としては今シーズンのジローナを躍進させたミチェル監督(48)や、ブライトン&ホーヴ・アルビオンを退任するロベルト・デ・ゼルビ監督(44)などが挙がっている。 記録的なチームを作り上げたグアルディオラ監督。来シーズンの動きは注目の的となりそうだ、 2024.05.27 10:15 Mon

アヤックスがニースをEL出場に導いた35歳イタリア人指揮官ファリオーリを招へい

アヤックスは23日、ニースのイタリア人指揮官フランチェスコ・ファリオーリ監督(35)を招へいしたことを発表した。契約期間は2027年6月までの3年間となっている。 2025年6月までニースとの契約があったため、アヤックスは違約金100万ユーロを支払ったとのこと。ファリオーリ監督はアヤックス指揮官就任を受けて「ポジティブな考え方で新たなエネルギーをもたらしたい。やるべきことがたくさんあるのは理解しているが、準備している。アヤックスを本来の位置に戻すために時間を無駄にしたくない」と意気込みを語った。 アヤックスでは今季、マウリス・ステイン前監督の下でシーズンに臨むも一時は最下位にまで転落するなど低迷。昨年10月にステイン前監督を解任し、クラブの下部組織で監督経験のあったヨン・ファント・シップ氏を暫定指揮官に据え、5位でエールディビジを終えたが、今季をもって退任していた。 ファリオーリ監督は2009年からマルジネ・コペルタのGKコーチとして指導者キャリアをスタート。カタールのアスパイア・アカデミーでの指導後、親交があったロベルト・デ・ゼルビ氏の誘いを受け、ベネヴェントとサッスオーロでGKコーチを歴任した。 その後は2020年8月からアランヤスポルのアシスタントマネージャー、2021年3月からは同じくトルコのファティ・カラギュムリュクで自身初のファーストチームの監督に就任。同年12月末には古巣アランヤスポルの監督を務めていた。 そして昨夏就任したニースではリーグ・アン5位と躍進させ、ヨーロッパリーグ出場に導いていた。 2024.05.24 06:00 Fri

バルセロナ、来季はフリック監督が就任か? 2年契約で合意報道‥チャビ監督は違約金問題がありつつも解任へ

チャビ・エルナンデス監督の去就が騒がしいバルセロナ。どうやら新監督は、元ドイツ代表監督のハンジ・フリック氏(59)になるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 今シーズンは不安定な戦いが続いたバルセロナ。チャビ監督は、今年1月にビジャレアル相手に3-5と無様な敗戦を喫すると、電撃的に辞任を発表。今シーズン限りでチームを去ると語った。 しかし、ジョアン・ラポルタ会長らは残留を求め、話し合いを続けてきた結果、残留を表明。来シーズンも指揮を執ることが発表されていた。 そのまま来シーズンの準備に取り掛かるかと思いきや、今度はチャビ監督の発言が問題に。クラブが抱え一向に解消される気配がない財政問題を口にすると、ラポルタ会長らは不信感。チャビ監督の解任を決断したとも言われている。 二転三転している去就は、まだ確定的な話はないものの、後任を探している状況。そんな中、22日にはスポーツ・ディレクターのデコ氏と幹部のボージャン・クルキッチ氏がロンドンを訪れ、フリック氏との会談を設けたとのこと、2年契約で合意をしたとされている。 一方で、チャビ監督との契約を解除した場合は、多額の違約金が必要になる。財政面が苦しいバルセロナとしては、これも1つの足枷となっている状況。ただ、最終節のセビージャ戦後には正式に発表されると見られている。 バルセロナは、最初にチャビ監督が辞任を表明したタイミングからフリック氏を候補に挙げており、フリック氏もその気があったと見られている。 一方で、バルセロナが当時候補に挙げていたとされるブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督、チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、まさかの今シーズン限りでフリーになることが決定するという異例の状況となった。 それでもフリック氏に絞ったと見られるバルセロナ。来週にも発表される可能性がある。 2024.05.23 23:10 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2013年7月1日 トレント 引退 -
2013年1月19日 無所属 トレント 完全移籍
2012年7月1日 クルージュ 無所属 -
2010年8月1日 ナポリ クルージュ 完全移籍
2010年6月30日 クルージュ ナポリ レンタル移籍終了
2010年2月1日 ナポリ クルージュ レンタル移籍
2009年6月30日 アヴェッリーノ ナポリ レンタル移籍終了
2008年8月1日 ナポリ アヴェッリーノ レンタル移籍
2008年6月30日 ブレシア ナポリ レンタル移籍終了
2008年1月1日 ナポリ ブレシア レンタル移籍
2006年7月1日 カターニャ ナポリ 完全移籍
2005年7月1日 アレッツォ カターニャ 完全移籍
2004年7月1日 フォッジャ アレッツォ 完全移籍
2002年1月1日 レッコ フォッジャ 完全移籍
2001年7月1日 アヴェッリーノ レッコ 完全移籍
2000年7月1日 コモ アヴェッリーノ 完全移籍
2000年1月1日 パドヴァ コモ 完全移籍
1998年12月31日 Calcio Monza パドヴァ レンタル移籍終了
1998年8月1日 パドヴァ Calcio Monza レンタル移籍
1998年7月1日 Milan パドヴァ 完全移籍
1997年7月1日 Milan 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2022年9月18日 ブライトン 監督
2021年5月25日 2022年7月11日 シャフタール 監督
2018年7月1日 2021年5月24日 サッスオーロ 監督
2017年10月23日 2018年6月30日 ベネヴェント 監督
2016年9月6日 2016年11月30日 パレルモ 監督
2014年7月1日 2016年8月14日 フォッジャ 監督
2013年11月19日 2014年6月30日 Darfo Boario 監督
今季の成績
プレミアリーグ 35 12 10 13 0 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント 2 1 0 1 0 0
UEFAヨーロッパリーグ グループB 6 4 1 1 0 0
EFLカップ(カラバオカップ) 1 0 0 1 0 0
FAカップ 3 2 0 1 0 0
合計 47 19 11 17 0 0
出場試合
プレミアリーグ
第1節 2023-08-12 vs ルートン・タウン
4 - 1
第2節 2023-08-19 vs ウォルバーハンプトン
1 - 4
第3節 2023-08-26 vs ウェストハム
1 - 3
第4節 2023-09-02 vs ニューカッスル
3 - 1
第5節 2023-09-16 vs マンチェスター・ユナイテッド
1 - 3
第6節 2023-09-24 vs ボーンマス
3 - 1
第7節 2023-09-30 vs アストン・ビラ
6 - 1
第8節 2023-10-08 vs リバプール
2 - 2
第9節 2023-10-21 vs マンチェスター・シティ
2 - 1
第10節 2023-10-29 vs フルアム
1 - 1
第11節 2023-11-04 vs エバートン
1 - 1
第12節 2023-11-12 vs シェフィールド・ユナイテッド
1 - 1
第13節 2023-11-25 vs ノッティンガム・フォレスト
2 - 3
第14節 2023-12-03 vs チェルシー
3 - 2
第15節 2023-12-06 vs ブレントフォード
2 - 1
第16節 2023-12-09 vs バーンリー
1 - 1
第17節 2023-12-17 vs アーセナル
2 - 0
第18節 2023-12-21 vs クリスタル・パレス
1 - 1
第19節 2023-12-28 vs トッテナム
4 - 2
第20節 2024-01-02 vs ウェストハム
0 - 0
第21節 2024-01-22 vs ウォルバーハンプトン
0 - 0
第22節 2024-01-30 vs ルートン・タウン
4 - 0
第23節 2024-02-03 vs クリスタル・パレス
4 - 1
第24節 2024-02-10 vs トッテナム ベンチ外
2 - 1
第25節 2024-02-18 vs シェフィールド・ユナイテッド
0 - 5
第26節 2024-02-24 vs エバートン
1 - 1
第27節 2024-03-02 vs フルアム
3 - 0
第28節 2024-03-10 vs ノッティンガム・フォレスト
1 - 0
第30節 2024-03-31 vs リバプール
2 - 1
第31節 2024-04-03 vs ブレントフォード
0 - 0
第32節 2024-04-06 vs アーセナル
0 - 3
第33節 2024-04-13 vs バーンリー ベンチ外
1 - 1
第29節 2024-04-25 vs マンチェスター・シティ
0 - 4
第35節 2024-04-28 vs ボーンマス
3 - 0
第36節 2024-05-05 vs アストン・ビラ
1 - 0
第37節 2024-05-11 vs ニューカッスル ベンチ外
1 - 1
第34節 2024-05-15 vs チェルシー
1 - 2
第38節 2024-05-19 vs マンチェスター・ユナイテッド
0 - 2
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024-03-07 vs ローマ
4 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024-03-14 vs ローマ
1 - 0
UEFAヨーロッパリーグ グループB
第1節 2023-09-21 vs AEKアテネ
2 - 3
第2節 2023-10-05 vs マルセイユ
2 - 2
第3節 2023-10-26 vs アヤックス
2 - 0
第4節 2023-11-09 vs アヤックス
0 - 2
第5節 2023-11-30 vs AEKアテネ
0 - 1
第6節 2023-12-14 vs マルセイユ
1 - 0
EFLカップ(カラバオカップ)
3回戦 2023-09-27 vs チェルシー
1 - 0
FAカップ
3回戦 2024-01-06 vs ストーク・シティ
2 - 4
4回戦 2024-01-27 vs シェフィールド・ユナイテッド
2 - 5
5回戦 2024-02-28 vs ウォルバーハンプトン
1 - 0