S・ラモスにメンディ、バルベルデ復帰! マドリーがCLチェルシー戦の招集メンバー発表

2021.05.04 22:27 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは4日、翌日に行われるチェルシー戦に向けた招集メンバーを発表した。

先月27日にホームで行われた1stレグを1-1のドローで終えたマドリーは、敵地スタンフォード・ブリッジでチェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグに臨む。

この重要な一戦に向けてジネディーヌ・ジダン監督は、負傷明けのDFセルヒオ・ラモス、DFフェルラン・メンディに加え、新型コロナウイルスから回復したMFフェデリコ・バルベルデの3選手を招集した。

さらに、4日にスペイン地方選挙の投票所での作業者の予備リストに入っていたDFマルセロに関しても、同じく予備リストに入っていた年配の女性が代わりに業務を行うとの申し出によって無事メンバー入りを果たした。

その一方で、DFラファエル・ヴァラン、DFダニエル・カルバハル、MFルーカス・バスケスら負傷者が引き続きメンバー外となった。今回発表された招集メンバーは以下の通り。

◆レアル・マドリー招集メンバー
GK
ティボー・クルトワ
アンドリー・ルニン
ディエゴ・アルトゥーベ

DF
エデル・ミリトン
セルヒオ・ラモス
ナチョ・フェルナンデス
マルセロ
アルバロ・オドリオソラ
フェルラン・メンディ
ミゲル・グティエレス

MF
トニクロース
ルカ・モドリッチ
カゼミロ
イスコ
フェデリコ・バルベルデ
セルヒオ・アリーバス
アントニオブランコ

FW
エデン・アザール
カリム・ベンゼマ
マルコ・アセンシオ
ヴィニシウスジュニオール
マリアーノディアス
ロドリゴ・ゴエス

関連ニュース
thumb

アンタルヤスポルの新監督に就任したヌリ・シャヒン、33歳で選手生活に終止符

アンタルヤスポルに所属する元トルコ代表MFヌリ・シャヒン(33)が、現役引退を発表した。スペイン『アス』が報じている。 2005年にドルトムントでプロデビューし、2010-11シーズンには元日本代表MF香川真司と共闘し、ブンデスリーガ制覇に貢献したヌリ・シャヒン。そのマイスターシャーレを置き土産にレアル・マドリーへステップアップしたものの、公式戦10試合しか出場できず、12-13シーズンにはリバプール、13-14シーズンはドルトムントへレンタルし、2014年夏に完全移籍で復帰した。 だが、2度目のドルトムントでは度重なるケガに見舞われチームに貢献できず。2018年夏にはブレーメンに移籍し、昨夏にアンタルヤスポルに移籍した。 キャリアで初めて母国でのプレーとなったアンタルヤスポルでは、ケガに見舞われることなく公式戦50試合に出場。今季からはキャプテンを務めていた中、今月初旬に成績不振で解任となったエルスン・ヤナル監督の後任として2026年までの5年契約を結び、監督業をスタートさせていた。 その時、アンタルヤスポルのアジス・セティン会長はヌリ・シャヒンの選手としての進退について「彼が自分で決めるだろう」とコメントしていたが、この度同選手は現役引退を発表。「サッカー選手に戻るつもりはない」と、監督業一本に絞ることを宣言した。 現在、スュペル・リグで2勝2分け4敗の15位に位置するアンタルヤスポル。元トルコ代表MFの監督としての初陣は16日に行われる第9節のシバス戦となる。 2021.10.16 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴールデンボーイ賞最終候補20名が発表! ガビ、ロドリゴ、ダニエル・マルディーニが新たにノミネート

2021年ゴールデンボーイ賞の候補者が20名に絞られた。 イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、今回で19回目。2001年1月1日以降生まれの欧州でプレーする21歳以下の選手を対象とし、6月に発表された候補者100名から毎月の投票で20名ずつ落とされていく。 そして15日、最終候補者となる20名が発表された。バルセロナのスペイン代表MFペドリやドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガら、若くして第一線で活躍する選手たちが勝ち残っている。 また、前回の40名には選ばれなかったものの、今回新たにバルセロナのスペイン代表MFガビ、レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ、ミランのイタリア人FWダニエル・マルディーニの3選手がノミネートされている。 なお、ニュースターは12月13日にトリノで発表予定だ。 ◆最終候補者一覧 DFウィリアム・サリバ(マルセイユ) DFユリエン・ティンバー(アヤックス) DFヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン) MFジュード・ベリンガム(ドルトムント) MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー) MFチャールズ・デ・ケテラエル(クラブ・ブルージュ) MFガビ(バルセロナ) MFブライアン・ヒル(トッテナム) MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン) MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) MFペドリ(バルセロナ) FWカリム・アデイェミ(ザルツブルク) FWロベルト・ピッコリ(アタランタ) FWジェレミ・ピノ(ビジャレアル) FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント) FWロドリゴ(レアル・マドリー) FWブカヨ・サカ(アーセナル) FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) FWダニエル・マルディーニ(ミラン) 2021.10.15 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ、9月に続き南米予選の影響で週末2試合の延期が決定

17日に予定されていたラ・リーガ第9節のレアル・マドリーvsビルバオとグラナダvsアトレティコ・マドリーの延期が決まったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 南米サッカー連盟(CONMEBOL)主催のカタール・ワールドカップの南米予選の日程変更を受けて、ラ・リーガは南米選手を抱えるクラブ間で日程の問題が生じることから9月のインターナショナルウィークにスペインサッカー協会(RFEF)に対して延期申請。RFEFは延期を認めなかったが、ラ・リーガはスポーツ上級委員会(CSD)に裁定を仰ぎ、ラ・リーガ側の主張が認められた。 これにより、9月にはラ・リーガ第4節のセビージャvsバルセロナ、ビジャレアルvsアラベスの2試合が延期されていた。 そして今回のインターナショナルウィークでも、南米予選では通常の2試合ではなく3試合が開催。第12節にあたる各試合が14日に組み込まれており、ラ・リーガも上記と同様の理由でRFEFへ2試合の延期を要請。再びCSDの裁定により、レアル・マドリーvsビルバオとグラナダvsアトレティコ・マドリーの2試合が延期された。 なお、レアル・マドリーからはDFフェデリコ・バルベルデがウルグアイ代表に、DFエデル・ミリトンとFWヴィニシウスがブラジル代表に招集を受けている。アトレティコ・マドリーはMFロドリゴ・デ・パウルとMFアンヘル・コレアがアルゼンチン代表に、DFホセ・ヒメネスとFWルイス・スアレスがウルグアイ代表に招集。グラナダではDFルイス・アブラムがペルー代表に参加している状況だった。 2021.10.14 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブが狙うチュアメニ、モナコは約80億円を要求か

モナコがフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)の移籍金を設定したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ボルドーの下部組織で育ち、2020年1月にモナコに移籍したチュアメニ。加入当初からコンスタントな出場を続けると、今年9月にフランス代表デビューを果たし、先のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズでは決勝のスペイン戦でフル出場して優勝に貢献した。 一気に頭角を表したこの21歳に対して、MFカゼミロの後釜を模索するレアル・マドリーをはじめ、チェルシーやリバプール、マンチェスター・シティ、ユベントスといった多くのビッグクラブが関心を示している模様。しかし『マルカ』によると、モナコは6000万ユーロ(約78億6000万円)という多額の移籍金を求めているという。 ボルドーから加入した際の移籍金は1800万ユーロ(約24億円)だったチュアメニ。『transfermarkt』による現在の推定市場価値3500万ユーロ(約45億8000万円)となっているが、現行契約が2024年6月まで残っている影響もあってか、モナコは強気の姿勢を見せているようだ。 また、これからの活躍次第ではさらに移籍金が跳ね上がる可能性もあるが、果たしてその要求に応えられるクラブは現れるだろうか。 2021.10.13 14:54 Wed
twitterfacebook
thumb

UNL優勝に貢献したチュアメニにレアル・マドリーが関心か…チェルシーとユベントスも獲得狙う?

レアル・マドリーが、モナコのフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ボルドーの下部組織出身のチュアメニは2020年1月にモナコに移籍。今季はリーグ・アン開幕からスタメン出場を続けていた中で9月にフランス代表デビューを果たすと、先のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズでは、決勝のスペイン戦でフル出場し優勝に貢献。一気にその名を轟かせている。 『マルカ』によると、そのスペイン戦での印象的なパフォーマンスがマドリーの目に留まり、ブラジル代表MFカゼミロの後釜として新たなターゲットに浮上したとのこと。ただ、現行契約が2024年6月まで残っているため、多額の移籍金がかかる可能性がある。 モナコ加入の際の移籍金は1800万ユーロだったチュアメニだが、『transfermarkt』による現時点での推定市場価値は3500万ユーロ(約45億)。代表デビューも果たし、今後の活躍次第ではさらなる上昇も予想される。また、マドリー以外にもチェルシーやユベントスも興味を示しているとのことで、しばらくその去就は注目を浴びることになりそうだ。 2021.10.12 17:07 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly