2020年のリーグ戦で最もゴールを決めているのは?コロナ禍でもあの男の調子は全く衰えず!

2020.11.14 14:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で、例年と違った動きを見せる2020年のサッカー界だが、変わらないこともあるようだ。イギリス『SPORTbible』は、2020年の欧州5大リーグのリーグ戦における、ここまでの得点数ランキングを発表。ユベントスで2020年に入ってからのセリエAで27ゴールを決めたポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドが、今年最もリーグ戦でゴールを決めている選手だった。

◆C・ロナウドの2020-21シーズン初ゴール

C・ロナウドの27ゴールという数字は、キャリア最高の成績を残しているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録した26ゴールを上回る数字であり、改めてC・ロナウドの超人ぶりが見て取れる。

C・ロナウドと双璧をなすスーパースターのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、15ゴールで10位にランクインしており、やや水をあけられているが、バルセロナや自身を取り巻く環境を考えれば、納得のいく数字だ。

また、3位には2019-20シーズンのゴールデンシュー(欧州最多得点選手)に輝いたラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(22ゴール)が入った他、4位にはドルトムントで驚異的な活躍を続ける“神童”、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが入っている。

◆2020年欧州5大リーグ得点ランキング(括弧内は1ゴール当たりにかかった時間)
※同数の場合は1ゴール当たりにかかった時間が少ない順

1位:クリスティアーノロナウド(ユベントス)/ 27ゴール(73分)
2位:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)/ 26ゴール(66分)
3位:チーロ・インモービレ(ラツィオ)/ 22ゴール(102分)
4位:アーリング・ハーランド(ドルトムント)/ 19ゴール(81分)
5位:ズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)/ 18ゴール(101分)
6位:フランチェスコ・カプート(サッスオーロ)/ 18ゴール(124分)
7位:モハメド・サラー(リバプール)/ 18ゴール(125分)
8位:ロメル・ルカク(インテル)/ 16ゴール(123分)
9位:ダニー・イングス(サウサンプトン)/ 15ゴール(137分)
10位:リオネル・メッシ(バルセロナ)/ 15ゴール(159分)
11位:アンドレア・ベロッティ(トリノ)/ 15ゴール(162分)
12位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)/ 14ゴール(81分)
13位:ハリー・ケイン(トッテナム)/ 14ゴール(114分)
14位:アンドレ・シウバ(フランクフルト)/ 14ゴール(117分)
15位:ソン・フンミン(トッテナム)/ 14ゴール(130分)
16位:ジェラール・モレノ(ビジャレアル)/ 14ゴール(132分)
17位:ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)/ 14ゴール(134分)
18位:ドゥヴァン・サパタ(アタランタ)/ 14ゴール(134分)
19位:ティモ・ヴェルナー(チェルシー)/ 14ゴール(148分)
20位:アンドレイ・クラマリッチ(クロアチア)/ 13ゴール(78分)
21位:ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)/ 13ゴール(135分)
22位:ドミニク・キャルバート=ルーウィン(エバートン)/ 13ゴール(169分)
23位:ラウール・ヒメネス(ウォルバーハンプトン)/ 13ゴール(169分)
24位:カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)/ 13ゴール(182分)
25位:ルイス・ムリエル(アタランタ)/ 12ゴール(57分)

関連ニュース
thumb

ユベントス黄金時代を支えたアレックス・サンドロ、今季終了後に契約満了で退団か

ブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)が今季終了後にユベントスを離れるようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 アレックス・サンドロは今季終了後にユベントスとの契約が満了を迎える。しかし、現在600万ユーロ(約8億3000万円)の年俸を受け取っている同選手とユベントスは契約更新する意思がないとのことだ。 『コリエレ・デッロ・スポルト』によればユベントスは年俸ダウンの新契約を提示する姿勢もないようだ。 ユベントス不動の左サイドバックとして5度のセリエA優勝に貢献した功労者のアレックス・サンドロだが、別れの時が近づいているようだ。 2022.09.26 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーで不振のプリシッチ、ユベントスが関心か

ユベントスが、チェルシーのアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)獲得の動きを見せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 2019年に多くのクラブが関心を寄せるなか、推定5800万ポンドでチェルシー移籍を果たしたプリシッチ。初年度こそ、リーグ終盤の8試合で4ゴール4アシストを記録し輝く時期もあったが、徐々に尻すぼみし、現在では精彩を欠いたプレーが散見されてしまうようになった。 今季は先発出場がまだ1試合のみと完全に序列を落としてしまっており、解任されたトーマス・トゥヘル監督について先日、命令を無視してプレーしたことがあったと、必要のない告白までするなど、ピッチ内外で落ち着かない様子を見せている。 そんなプリシッチにユベントスが興味を示している模様。『カルチョメルカート』によれば、すでに代理人と接触しており、意思を明確にしているとのこと。現状でチェルシーが求める移籍金は3500万ユーロと言われているが、起用状況と残り2年となった契約年数を考えると、値下げの余地はありそうだ。 2022.09.26 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズで覚醒のクルゼフスキ、ユーベ時代は「努力してもうまくいかなかった」

トッテナムのスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキが、ユベントス在籍時を振り返った。イタリア『tuttomercatoweb』が伝えている。 パルマで頭角を現し、2019-20シーズンのセリエA最優秀若手選手に輝いたクルゼフスキ。2020年夏にはユベントスへとステップアップを果たしたが、大きな活躍を残すことはできなかった。 しかし、昨冬にトッテナムへのレンタルが決まると、アントニオ・コンテ監督のもとで覚醒。半年で公式戦20試合に出場し、5ゴール8アシストと好スタッツを記録した。 攻撃に欠かせない選手として、今季も開幕からここまで全9試合でピッチに立っているクルゼフスキ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、ユベントスでは大きく苦しんだと明かしつつも、現在の環境には満足していると話した。 「僕の気持ちとしては、常に自分のベストを尽くすためにピッチに立っていた。しかし、ユーベではいつもと同じように努力してもうまくいかなかったんだ」 「たしかにユベントスではいろいろな事情があってあまり良い気分ではなかったよ。うまくいっていないことがわかると、同じ環境で状況を好転させるのは難しい。だから、イタリアを離れるという選択は、あの状況ではベストな選択だったんだ」 「コンテの指導? トッテナムでは、主にジムでのトレーニングのおかげで、短期間で身体が変わった。毎日一生懸命に取り組むことで、イタリアにいた時よりも良い選手になったと思う。ロンドンでのトレーニング方法はとても気に入っているし、それは監督のおかげだ」 2022.09.26 18:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバとキエーザが約1カ月後に復帰か

ユベントスの主力2選手の復帰が迫っているようだ。イタリア『トゥットスポルト』によれば、フランス代表MFポール・ポグバとイタリア代表FWフェデリコ・キエーザが約1カ月後に復帰するようだ。 ポグバは今季開幕前のプレシーズン中に右ヒザ半月板を負傷し、ユベントス再デビューを果たせていない状況にある。一方、キエーザは今年1月に左ヒザ前十字靭帯を断裂。長期離脱を強いられている。 ただ、『トゥットスポルト』によれば、両選手共に10月25日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節ベンフィカ戦での復帰を目指しているとのことだ。 ユベントスは今季、セリエAで2勝4分け1敗、チャンピオンズリーグ2連敗スタートと大きく躓いており、両選手の早期復帰が待たれる状況となっている。 2022.09.25 23:50 Sun
twitterfacebook
thumb

不振ユベントスに追い打ち、新星ミレッティが負傷で代表離脱

ユベントスのU-21イタリア代表MFファビオ・ミレッティが足首を負傷したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 U-21イタリア代表に合流していたミレッティは24日のトレーニング中に右足首を負傷したとのことで、既に代表チームを離れ、トリノに戻っているとのことだ。 全治に関しては今後の検査次第で明かされていないが、不振にあえぐユベントスの中で希望の光となっている存在であるミレッティの負傷離脱は、もがき苦しむビアンコネロに更なる追い打ちを与えることになりそうだ。 2022.09.25 22:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly