2020年のリーグ戦で最もゴールを決めているのは?コロナ禍でもあの男の調子は全く衰えず!

2020.11.14 14:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で、例年と違った動きを見せる2020年のサッカー界だが、変わらないこともあるようだ。

イギリス『SPORTbible』は、2020年の欧州5大リーグのリーグ戦における、ここまでの得点数ランキングを発表。ユベントスで2020年に入ってからのセリエAで27ゴールを決めたポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドが、今年最もリーグ戦でゴールを決めている選手だった。

◆C・ロナウドの2020-21シーズン初ゴール

C・ロナウドの27ゴールという数字は、キャリア最高の成績を残しているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録した26ゴールを上回る数字であり、改めてC・ロナウドの超人ぶりが見て取れる。

C・ロナウドと双璧をなすスーパースターのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、15ゴールで10位にランクインしており、やや水をあけられているが、バルセロナや自身を取り巻く環境を考えれば、納得のいく数字だ。

また、3位には2019-20シーズンのゴールデンシュー(欧州最多得点選手)に輝いたラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(22ゴール)が入った他、4位にはドルトムントで驚異的な活躍を続ける“神童”、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが入っている。

◆2020年欧州5大リーグ得点ランキング(括弧内は1ゴール当たりにかかった時間)
※同数の場合は1ゴール当たりにかかった時間が少ない順

1位:クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)/ 27ゴール(73分)
2位:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)/ 26ゴール(66分)
3位:チーロ・インモービレ(ラツィオ)/ 22ゴール(102分)
4位:アーリング・ハーランド(ドルトムント)/ 19ゴール(81分)
5位:ズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)/ 18ゴール(101分)
6位:フランチェスコ・カプート(サッスオーロ)/ 18ゴール(124分)
7位:モハメド・サラー(リバプール)/ 18ゴール(125分)
8位:ロメル・ルカク(インテル)/ 16ゴール(123分)
9位:ダニー・イングス(サウサンプトン)/ 15ゴール(137分)
10位:リオネル・メッシ(バルセロナ)/ 15ゴール(159分)
11位:アンドレア・ベロッティ(トリノ)/ 15ゴール(162分)
12位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)/ 14ゴール(81分)
13位:ハリー・ケイン(トッテナム)/ 14ゴール(114分)
14位:アンドレ・シウバ(フランクフルト)/ 14ゴール(117分)
15位:ソン・フンミン(トッテナム)/ 14ゴール(130分)
16位:ジェラール・モレノ(ビジャレアル)/ 14ゴール(132分)
17位:ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)/ 14ゴール(134分)
18位:ドゥヴァン・サパタ(アタランタ)/ 14ゴール(134分)
19位:ティモ・ヴェルナー(チェルシー)/ 14ゴール(148分)
20位:アンドレイ・クラマリッチ(クロアチア)/ 13ゴール(78分)
21位:ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)/ 13ゴール(135分)
22位:ドミニク・キャルバート=ルーウィン(エバートン)/ 13ゴール(169分)
23位:ラウール・ヒメネス(ウォルバーハンプトン)/ 13ゴール(169分)
24位:カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)/ 13ゴール(182分)
25位:ルイス・ムリエル(アタランタ)/ 12ゴール(57分)


関連ニュース
thumb

交通事故で愛車のフェラーリ破損…ユベントスMFにケガはなし

ユベントスに所属するブラジル代表MFアルトゥールが事故を起こしていたようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 昨夏、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードでバルセロナからユベントスへと移籍したアルトゥール。7月に右足の手術を受け、今シーズンはまだプレーしていない。 復帰を目指しトレーニングに励むアルトゥールだが、クラブの施設でのメディカルチェックを行う予定だったが、向かう途中に交通事故に遭ったようだ。 『Juventusnews24』によると、アルトゥールは22日の朝に事故に巻き込まれたとのこと。幸いケガなどはなかったが、愛車のフェラーリが大きな損傷を受けた。 アルトゥールのフェラーリは右のヘッドライトが大きく破損。事故の大きさを物語っている。なお、アルトゥールに過失はないとのことだ。 昨シーズンは公式戦32試合に出場し1ゴールに終わったアルトゥール。今季は開幕から苦しい状況が続くチームを救う活躍ができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】交通事故に遭い破損した愛車のフェラーリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Arthur?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Arthur</a> coinvolto in un incidente questa mattina. Il brasiliano, non responsabile dell’accaduto, è rimasto illeso <a href="https://t.co/ybxIS7N59n">pic.twitter.com/ybxIS7N59n</a></p>&mdash; JuventusNews24.com (@junews24com) <a href="https://twitter.com/junews24com/status/1440632905898737666?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2cEVTNDM0ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 12:47 Thu
twitterfacebook
thumb

5試合目で今季セリエA初勝利のユベントス、アッレグリ監督は「取り組むべきはドリブルのクオリティ」と課題を口に

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、今季セリエA初勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 ユベントスは22日、セリエA第5節でアウェイに乗り込みスペツィアと対戦。28分にモイゼ・ケアンが先制ゴールを奪うものの、今季の悪い流れを断ち切れない。 33分に失点し同点に追いつかれると、迎えた後半立ち上がりの49分にも失点し逆転を許す展開に。いやなムードが漂い始めたが、66分にフェデリコ・キエーザが同点ゴールを決めると、72分にはマタイス・デ・リフトが逆転ゴールを奪い、そのまま逃げ切り2-3で勝利した。 今季のリーグ戦で初勝利を収めたアッレグリ監督は、試合後に勝利を喜び、苦しみながらも勝ち点3を獲得できたことを喜んだ。 「最も重要なことは勝利だ。苦しんできた中でのものなので、私は幸せだ。スペツィアは良く戦うチームだ。2-0にできなかったのは、少し軽かったからだ」 「スペツィアがリードした後、我々は良いリアクションができた。これまでも大胆に負けたり、引き分けたために緊張感はあったが、危険な部分を抑えることができた」 また、途中出場の選手たちの活躍も評価。次はホームでの初勝利を目指すとし、課題を挙げた。 「ベンチから途中出場した選手は、正しいメンタリティで良い形で試合に入った。この成功を楽しもう、明日からは最初のホーム戦勝利に向けて考える」 「我々はまだ集中力を高め、もう少し楽しまなければいけないが、今夜は正しく守れたと思う」 「(メンバー構成については)試合数が多いので、同じシステムを見るのは難しいだろう。取り組むべきはドリブルのクオリティだ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ユベントスが今季セリエAで初勝利を記録!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0ELeIUUG9fE";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.23 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

格下スペツィアとのシーソーゲームを制したユベントスが初勝利《セリエA》

ユベントスは22日、セリエA第5節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。 ユベントスは3日前に行われた前節ミラン戦を1-1の引き分けに持ち込まれ、開幕から4戦勝利のない状況。そのユベントスはミラン戦のスタメンから5選手を変更。モラタやロカテッリ、クアドラードらがベンチスタートとなった。 1勝1分け2敗スタートのスペツィアに対し、ディバラとケアンの2トップで臨んだユベントスが徐々に押し込む流れとすると、28分に先制する。ラビオのヘディングでのパスを受けたケアンがペナルティーアーク右からゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ケアンに復帰後初弾が生まれたユベントスだったが33分、ヴェルデにGKシュチェスニーを強襲されるミドルシュートを打たれると、直後に失点する。ルーズボールを拾ったギャシにボックス左からカットインシュートを決められた。 追い付いかれたユベントスは前半終盤、ディバラが直接FKとミドルシュートでゴールに迫るも前半を1-1で終えた。 後半からアレックス・サンドロとロカテッリを投入したユベントスだったが、開始4分に逆転される。ロングカウンターを受けた流れからアンティストにボックス左へ侵入され、カットインシュートを決められた。 失点を受けてケアンに代えてモラタを投入したユベントスは66分、同点に追いつく。左サイド高い位置でキエーザがボールを奪取した流れから、モラタのシュートのルーズボールを拾ったキエーザがゴールへねじ込んだ。 そして72分、ユベントスが逆転する。左CKの流れからデ・リフトの左足ボレーがネットを揺らした。 終盤の85分、ゴール至近距離からマッジョーレに決定的なシュートを許したユベントスだったが、ここはGKシュチェスニーが凌ぎ、3-2で逃げ切り。ようやく今季のリーグ戦初勝利を挙げている。 2021.09.23 03:28 Thu
twitterfacebook
thumb

アッレグリ監督がチーム内の不協和音を否定、選手たちの喧嘩は「普通のこと」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チーム内での問題はないと強調した。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ユベントスは19日に行われたセリエA第4節でミランと対戦し、1-1のドロー。60年ぶりに開幕4試合未勝利となり、順位も18位と降格圏に低迷している。 さらに、失点シーンでの対応について、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがMFアドリアン・ラビオに激怒したと伝えられていた。 アッレグリ監督は22日に行われる第5節のスペツィア戦に向けての会見でその件について問われると、問題視していないことを明かした。 「緊迫感はない。GKが呼び出した場合、話し合いがあるのは普通のことだ。ロッカールームでは常に起こっている。練習中に殴り合いになることもある。時にうまくいくこともあるし、それはチーム内の緊張感が理由ではない」 「日曜日はCKから失点した。ラビオが2m後ろにいなければならなかったから、シュチェスニーは起こった。今後のCKで、ラビオが上手くやらなければ、我々はまたゴールを決められて試合に負けるだろう」 万が一スペツィア戦でも敗れるようなことがあれば、今後の去就にも影響しかねない土壇場に追い込まれたアッレグリ監督だが、スペツィア戦では念願のリーグ戦初白星を手にすることが出来るだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】シュチェスニーがラビオに怒ったCKのシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/6b-1jjvEOI4?start=107" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.09.22 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アッレグリがついつい独り言で暴言…「マジかよ…ユベントスのためにプレーしてるんだろ」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が思わず感情的になった。 ユベントスは19日に行われたセリエA第4節でミランと対戦。未だリーグ戦で白星がなく、何としても勝利が欲しいチームは試合開始早々にFWアルバロ・モラタのゴールで先制に成功したものの、後半に追いつかれ、1-1のドローに終わった。 この結果、ユベントスは60年ぶりにリーグ戦4試合未勝利。順位も18位と降格圏に低迷している。 2年ぶりにユベントスの指揮官に復帰したものの結果が出ないアッレグリ監督だが、ミラン戦後、ロッカールームに戻る道中には、思わずFワードを交えて「マジかよ…ユベントスのためにプレーしてるんだろ」と独り言で愚痴をこぼしていたとイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 試合後の会見では「少なくとも首位との距離は変わらない以上、今日負けなかったことは重要だった」と語ったアッレグリ監督。スクデット奪還のためには少しでも早くチームを軌道に乗せたいところ。ユベントスは22日に第5節でスペツィアとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】Fワードで不満をぶちまけるアッレグリ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">| <a href="https://twitter.com/hashtag/Allegri?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Allegri</a> at the end of <a href="https://twitter.com/hashtag/JuveMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JuveMilan</a> literally fuming at his players saying: “Porca troia. E vogliono giocare nella Juve”.<br><br>This literally translates to: “holy sh**. And they want to play for Juve”.<br><br>[ IG: notiziebianconere] <a href="https://t.co/QoP0ABoVEn">pic.twitter.com/QoP0ABoVEn</a></p>&mdash; Juventus Area (@juventus_area) <a href="https://twitter.com/juventus_area/status/1440003960752984070?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.21 21:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly