ブルーノ・フェルナンデス Bruno FERNANDES

ポジション MF
国籍 ポルトガル
生年月日 1994年09月08日(29歳)
利き足
身長 179cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

C・ロナウドやベルナルド・シウバら主軸が順当選出! ユーロに臨むポルトガル代表が発表【ユーロ2024】

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は21日、ユーロ2024に臨むポルトガル代表メンバー26名を発表した。 ロベルト・マルティネス監督は、FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、DFルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)、FWベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)、DFペペ(ポルト)、MFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)ら主軸を順当に招集した。 ポルトガルはキャンプを国内で行い、6月4日にフィンランド代表、同8日クロアチア代表、同11日にアイルランド代表とトレーニングマッチを実施する。 本大会ではグループFに入り、チェコ代表(6/18)、トルコ代表(6/22)、ジョージア代表(6/26)と対戦する。 今回発表されたポルトガル代表メンバーは以下の通り。 ◆ポルトガル代表メンバー26名 GK ジオゴ・コスタ(ポルト) ジョゼ・サ(ウォルバーハンプトン/イングランド) ルイ・パトリシオ(ローマ/イタリア) DF アントニオ・シウバ(ベンフィカ) ダニーロ・ペレイラ(パリ・サンジェルマン/フランス) ジオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ゴンサロ・イナシオ(スポルティングCP) ジョアン・カンセロ(バルセロナ/スペイン) ネウソン・セメド(ウォルバーハンプトン/イングランド) ヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン/フランス) ペペ(ポルト) ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ/イングランド) MF ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ジョアン・ネヴェス(ベンフィカ) ジョアン・パリーニャ(フルアム/イングランド) オタビオ(アル・ナスル/サウジアラビア) ルベン・ネヴェス(アル・ヒラル/サウジアラビア) ヴィティーニャ(パリ・サンジェルマン/フランス) FW ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド) クリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル/サウジアラビア) ジオゴ・ジョタ(リバプール/イングランド) フランシスコ・コンセイソン(ポルト) ゴンサロ・ラモス(パリ・サンジェルマン/フランス) ジョアン・フェリックス(バルセロナ/スペイン) ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン/イングランド) ラファエル・レオン(ミラン/イタリア) 2024.05.21 22:05 Tue

C・ロナウドやベルナルド・シウバら主軸が順当選出! ユーロに臨むポルトガル代表が発表【ユーロ2024】

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は21日、ユーロ2024に臨むポルトガル代表メンバー26名を発表した。 ロベルト・マルティネス監督は、FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、DFルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)、FWベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)、DFペペ(ポルト)、MFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)ら主軸を順当に招集した。 ポルトガルはキャンプを国内で行い、6月4日にフィンランド代表、同8日クロアチア代表、同11日にアイルランド代表とトレーニングマッチを実施する。 本大会ではグループFに入り、チェコ代表(6/18)、トルコ代表(6/22)、ジョージア代表(6/26)と対戦する。 今回発表されたポルトガル代表メンバーは以下の通り。 ◆ポルトガル代表メンバー26名 GK ジオゴ・コスタ(ポルト) ジョゼ・サ(ウォルバーハンプトン/イングランド) ルイ・パトリシオ(ローマ/イタリア) DF アントニオ・シウバ(ベンフィカ) ダニーロ・ペレイラ(パリ・サンジェルマン/フランス) ジオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ゴンサロ・イナシオ(スポルティングCP) ジョアン・カンセロ(バルセロナ/スペイン) ネウソン・セメド(ウォルバーハンプトン/イングランド) ヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン/フランス) ペペ(ポルト) ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ/イングランド) MF ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ジョアン・ネヴェス(ベンフィカ) ジョアン・パリーニャ(フルアム/イングランド) オタビオ(アル・ナスル/サウジアラビア) ルベン・ネヴェス(アル・ヒラル/サウジアラビア) ヴィティーニャ(パリ・サンジェルマン/フランス) FW ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド) クリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル/サウジアラビア) ジオゴ・ジョタ(リバプール/イングランド) フランシスコ・コンセイソン(ポルト) ゴンサロ・ラモス(パリ・サンジェルマン/フランス) ジョアン・フェリックス(バルセロナ/スペイン) ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン/イングランド) ラファエル・レオン(ミラン/イタリア) 2024.05.21 22:05 Tue

ブルーノ・フェルナンデスが注目の去就に改めて発言 「望んでくれる限りはここにいるつもり」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(29)が注目の去就に改めて発言した。 新たにキャプテンの役割を託される今季も公式戦15得点12アシストと攻撃陣の絶対軸となるブルーノ。ただ、ユナイテッドは決勝進出のFAカップを除けば、チャンピオンズリーグ(CL)もグループステージ最下位で敗退と散々たる結果に終わり、主戦のプレミアリーグも最終節を残して8位と振るわずだ。 来る夏には組織改革を進めるジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、現場レベルも大幅な整理が推察され、ブルーノもオファー次第で売却かと報じられ、話題に。ブルーノからも「いつだって選手が残留を望む必要があるけど、残ってほしいとも思われないといけない」との発言がなされ、不透明感が漂う。 注目を集める形でシーズン終盤を迎えたブルーノは15日にニューカッスル・ユナイテッドを相手に行われたプレミアリーグ第37節のホーム最終戦後、イギリス『スカイ・スポーツ』で「まだ2試合あるし、最高の形で締めくくらないといけない」と決意を新たにしつつ、揺れる去就にも改めて言及したという。 「クラブが僕を求め、将来の一員として望んでくれる限りはここにいるつもり。何かしらの理由で彼らが僕を望まないのであれば、出ていく」 こちらも進退が不透明だが、ニューカッスル戦後のエリク・テン・ハグ監督からも改めて残留を願う声が聞こえてくるブルーノ。最近のイギリス『The Athletic』ではクラブとの会談を経て残留との見方もあるが、いかに。 2024.05.17 15:05 Fri

去就不透明のB・フェルナンデスにサウジから関心、ロナウド所属のアル・ナスルが巨額オファー計画か

サウジ・プロフェッショナルリーグのアル・ナスルは、今夏にマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(29)を狙う可能性があるようだ。 2シーズン目を迎えたエリク・テン・ハグ監督の下で、低調なシーズンとなってしまったユナイテッド。今夏にはジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、大幅な選手整理も予想されているが、大黒柱であるブルーノの去就も不透明となっている。 ブルーノは『DAZN』のインタビューにおいて、「選手はいつだってここにいるのを望む必要があるけど、残ってほしいと思われないといけない」と発言。思うような成績を残せていないチームへの不満もうかがえる発言は憶測を呼んだが、クラブとしては全力で慰留する考えであり、残留は既定路線と考えられている。 しかし、イギリス『デイリー・メール』によると、アル・ナスルが今夏に動き出す可能性がある模様。同クラブに所属するクリスティアーノ・ロナウドは、元同僚であるブルーノとの再共演を熱望しているようだ。 アル・ナスルはブルーノに対して最大で9000万ポンド(約176億円)の移籍金を提示する用意があるとのこと。ユナイテッドにとっても無視できない金額になるが、クラブや選手がどのような決断を下すかが注目される。 2024.05.16 17:50 Thu

「絶対に引き止めたい」退団報道も出ているB・フェルナンデスの去就にテン・ハグ監督が言及「彼はクラブを愛している」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、去就が騒がしいポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 15日、プレミアリーグ第34節延期分でユナイテッドはホームにニューカッスルを迎えると、撃ち合いに。ホーム最終戦で3-2で勝利を収めることに成功した。 今シーズンはケガ人が相次いだこともあり、苦しい1年となったが、FAカップで決勝に勝ち上がっており、タイトル獲得のチャンスが最後にある。 一方で、新オーナーも決定し、選手たちの入れ替えも行われることに。その中で注目を集めているのが、キャプテンでもあるB・フェルナンデスだ。 チームを去るという報道も出ている中、試合後にテン・ハグ監督が去就に言及。クラブとしては引き留めるつもりであることを明言した。 「絶対にクラブはブルーノを引き留めたいと思っている。疑いの余地はない」 「彼はマンチェスター・ユナイテッドを愛しているし、ユナイテッドファンを愛しているし、ユナイテッドでプレーをすることを愛している」 「彼は常にベストを尽くしているのがわかるだろう。そして、彼はたとえケガをしていても、プレーする模範だ。彼はフットボールを愛している」 「彼は勝ちたがっている。それが、彼の性格を表現している方法だと私は思う」 また、苦しいシーズンながらもキャプテンとしてチームを支えたB・フェルナンデスのパフォーマンスを評価。労いの言葉を送った。 「彼のパフォーマンスにはとても満足している。そして、シーズン中の彼のパフォーマンスは、彼の周りで多くの選手が負傷し、その度にチームを背負わなければならない時、彼にとっては簡単ではなかった」 「しかし、彼個人に関して言えば、良いレベルを維持しており、特に春には素晴らしいレベルまで成長すると言えるだろう。とても満足している」 <span class="paragraph-title">【動画】B・フェルナンデス、決勝ゴールとなったホイルンドのゴールをアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t-rRF64WQC8";var video_start = 572;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.16 13:20 Thu

「絶対に引き止めたい」退団報道も出ているB・フェルナンデスの去就にテン・ハグ監督が言及「彼はクラブを愛している」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、去就が騒がしいポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 15日、プレミアリーグ第34節延期分でユナイテッドはホームにニューカッスルを迎えると、撃ち合いに。ホーム最終戦で3-2で勝利を収めることに成功した。 今シーズンはケガ人が相次いだこともあり、苦しい1年となったが、FAカップで決勝に勝ち上がっており、タイトル獲得のチャンスが最後にある。 一方で、新オーナーも決定し、選手たちの入れ替えも行われることに。その中で注目を集めているのが、キャプテンでもあるB・フェルナンデスだ。 チームを去るという報道も出ている中、試合後にテン・ハグ監督が去就に言及。クラブとしては引き留めるつもりであることを明言した。 「絶対にクラブはブルーノを引き留めたいと思っている。疑いの余地はない」 「彼はマンチェスター・ユナイテッドを愛しているし、ユナイテッドファンを愛しているし、ユナイテッドでプレーをすることを愛している」 「彼は常にベストを尽くしているのがわかるだろう。そして、彼はたとえケガをしていても、プレーする模範だ。彼はフットボールを愛している」 「彼は勝ちたがっている。それが、彼の性格を表現している方法だと私は思う」 また、苦しいシーズンながらもキャプテンとしてチームを支えたB・フェルナンデスのパフォーマンスを評価。労いの言葉を送った。 「彼のパフォーマンスにはとても満足している。そして、シーズン中の彼のパフォーマンスは、彼の周りで多くの選手が負傷し、その度にチームを背負わなければならない時、彼にとっては簡単ではなかった」 「しかし、彼個人に関して言えば、良いレベルを維持しており、特に春には素晴らしいレベルまで成長すると言えるだろう。とても満足している」 <span class="paragraph-title">【動画】B・フェルナンデス、決勝ゴールとなったホイルンドのゴールをアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="t-rRF64WQC8";var video_start = 572;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.16 13:20 Thu

将来に不透明感漂うブルーノ、ユナイテッドとの会談経て残留見込みか

マンチェスター・ユナイテッドでの将来が注目どころとなるポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(29)だが、残留する見通しのようだ。イギリス『The Athletic』が報じた。 ジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、大幅な選手整理が予想されるユナイテッド。絶対軸であり、キャプテンのブルーノもオファー次第でという条件付きながら、売却候補とされ、去就が騒がれる。 エリク・テン・ハグ監督はそれを否定したが、ブルーノはポルトガル『DAZN』で「選手はいつだってここにいるのを望む必要があるけど、残ってほしいとも思われないといけない」と発言し、不透明感が漂う。 今季も中心として活躍するブルーノが移籍となれば、まさに聖域なき改革だが、ユナイテッドとブルーノは先週、将来を巡って話し合い、双方が残留希望を示したという。 対話はキャリントンの練習施設で長く行われ、ユナイテッド上層部は代理人らとともに臨んだブルーノに対して、新体制下でも自身を軸としたチーム作りの意向を示した模様だ。 ブルーノの方はチームの方向性と新組織の野心が自身と一致するか、そして新体制下で競争力を持ち、成功を収めるチームの中心に自分がいるかどうかを明確にしたく、問うたそうだ。 それには確証が必要で、ブルーノが不満だったり、ユナイテッドに経済的に受け入れざるをえないオファーが届けば、退団も否定できないが、会談で選手を納得させる返しができたという感覚があり、残留の見方が強いそうだ。 2024.05.15 15:30 Wed

将来に不透明感漂うブルーノ、ユナイテッドとの会談経て残留見込みか

マンチェスター・ユナイテッドでの将来が注目どころとなるポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(29)だが、残留する見通しのようだ。イギリス『The Athletic』が報じた。 ジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、大幅な選手整理が予想されるユナイテッド。絶対軸であり、キャプテンのブルーノもオファー次第でという条件付きながら、売却候補とされ、去就が騒がれる。 エリク・テン・ハグ監督はそれを否定したが、ブルーノはポルトガル『DAZN』で「選手はいつだってここにいるのを望む必要があるけど、残ってほしいとも思われないといけない」と発言し、不透明感が漂う。 今季も中心として活躍するブルーノが移籍となれば、まさに聖域なき改革だが、ユナイテッドとブルーノは先週、将来を巡って話し合い、双方が残留希望を示したという。 対話はキャリントンの練習施設で長く行われ、ユナイテッド上層部は代理人らとともに臨んだブルーノに対して、新体制下でも自身を軸としたチーム作りの意向を示した模様だ。 ブルーノの方はチームの方向性と新組織の野心が自身と一致するか、そして新体制下で競争力を持ち、成功を収めるチームの中心に自分がいるかどうかを明確にしたく、問うたそうだ。 それには確証が必要で、ブルーノが不満だったり、ユナイテッドに経済的に受け入れざるをえないオファーが届けば、退団も否定できないが、会談で選手を納得させる返しができたという感覚があり、残留の見方が強いそうだ。 2024.05.15 15:30 Wed

ユナイテッド選手にOBルーニーが疑念 「一部はシーズンの終わりを迎えようとしているだけ」

元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドの一部選手に疑問を投げかけた。 残り2試合のプレミアリーグでギアがあるどころか、ブレーキがかかるユナイテッド。12日の第37節では優勝争いの真っ只中にいるアーセナルをホームに迎え撃ち、接戦に持ち込んだが、センターバックでプレーしたカゼミロがジョギングで最終ラインに戻ろうとしてオフサイドを取り損ね、その失点で敗れた。 ブルーノ・フェルナンデスやマーカス・ラッシュフォード、ルーク・ショーをはじめ、主軸が不在のなか、健闘した見方もできる一戦だが、ルーニー氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で一部選手にも原因があると断じた。 「彼らが同じような負け方をしているときは大きな疑問が投げかけられる。選手たちは自分たちを見つめ直すべき」 「監督が姿勢や、ある選手がマンチェスター・ユナイテッドでプレーするにふさわしくないと話すのは大変な侮辱だ」 「私なら、監督がそんなことを言っているのを知れば、シーズンが終わるまで乗り続けるわけにいかない」 「一部の選手はシーズンの終わりをただただ迎えようとしているだけに感じる。それが私の意見。だから、監督に同情もある」 「だが、選手たちが正しいかを見極めるのは監督の仕事だ」 また、「選手たちがエリク・テン・ハグのもとでパフォーマンスを発揮できていると感じるか?」との問いかけに「そうだとしても、彼らはそれをうまく表現できていない」とし、こう続けた。 「個人としては彼らが彼(テン・ハグ)に時間を与えてくれたらと思うが、リクルートに関しては多くの問題があって、ここ数年は良い状況じゃない」 「彼が正せる時間をもらえたらと思う。だが、私たちはルイス・ファン・ハールが職を失った2016年を目にしているから、誰にもわからない」 2024.05.13 17:30 Mon

「ミスをすれば隙ができる」 テン・ハグ監督がDFライン上げきれずに失点関与のCBカゼミロに言及

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が12日にホームで行われたプレミアリーグ第37節のアーセナル戦を振り返った。 この試合でもブルーノ・フェルナンデスを欠くなど、厳しい台所事情となるなか、アレハンドロ・ガルナチョの仕掛けを反発力に対抗したユナイテッドだが、局面での精度を欠き続け、拙攻が目立つ展開に。20分のレアンドロ・トロサールにゴールを許した場面以外はアンドレ・オナナのビッグセーブも際立たせながらこらえたが、0-1で敗れた。 優勝争いを演じるアーセナルにしぶとく勝ちきられ、シーズンダブルを許したユナイテッドはこれで2連敗の3戦未勝利。テン・ハグ監督はイギリス『BBC』で「(0-4と完敗した)クリスタル・パレスとの前節よりもポジティブな点があるか」との問いにこう返した。 「あるが、残念だ。ピッチでどこと対戦するかなど問題にならずで、私は勝ちたい。我々はいかなる試合も勝たなければならず、すべてを捧げる必要もある」 そんなユナイテッドはケガ人続きで致し方ないところもあるが、この試合でもカゼミロをセンターバックとして使ったが、失点シーンでは遅い最終ラインの押し上げで原因に。指揮官もミスと認めた上で、全体として細かな部分を突き詰めきれずの戦いぶりを指摘した。 「些細なことだ。1つの層がミスをすれば隙ができる。その前にポゼッションでもっと良い立ち位置と選択肢を使っていければ、よりうまくやれたはず。ディテールなんだ」 また、ケガ人続きのディフェンスラインにも「このシーズンを通して、ずっとこのことを話している。レギュラーが固まり、ルーティンを確立しているバックラインの方が良いのは明らか」と苦しい台所事情を嘆いた。 「あのエリアでプレーするには自信に満ちた選手が必要。今は慣れないエリアでプレーする選手がいて、そうなると、ミスも出る。高いレベルになれば、そのツケを払わされる。あるいはフィットしていない選手を使わなければならない。それが我々が置かれる現状だ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yGLNLsE4jP0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.13 10:30 Mon
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2020年1月29日 スポルティング マンチェスター・U 完全移籍
2017年7月2日 サンプドリア スポルティング 完全移籍
2017年7月1日 ウディネーゼ サンプドリア 完全移籍
2017年6月30日 サンプドリア ウディネーゼ レンタル移籍終了
2016年8月16日 ウディネーゼ サンプドリア レンタル移籍
2013年7月1日 ノヴァーラ ウディネーゼ 完全移籍
2012年8月27日 Boavista Y19 ノヴァーラ 完全移籍
2011年7月1日 Boavista U17 Boavista Y19 完全移籍
2009年7月1日 Boavista U15 Boavista U17 完全移籍
2007年7月1日 Boavista CJ Boavista U15 完全移籍
2004年7月1日 Boavista CJ 完全移籍
今季の成績
UEFAチャンピオンズリーグ グループA 6 540’ 2 2 0
プレミアリーグ 35 3120’ 10 9 0
合計 41 3660’ 12 11 0
出場試合
UEFAチャンピオンズリーグ グループA
第1節 2023年9月20日 vs バイエルン 90′ 0
4 - 3
第2節 2023年10月3日 vs ガラタサライ 90′ 0
2 - 3
第3節 2023年10月24日 vs コペンハーゲン 90′ 0 80′
1 - 0
第4節 2023年11月8日 vs コペンハーゲン 90′ 1
4 - 3
第5節 2023年11月29日 vs ガラタサライ 90′ 1 27′
3 - 3
第6節 2023年12月12日 vs バイエルン 90′ 0
0 - 1
プレミアリーグ
第1節 2023年8月14日 vs ウォルバーハンプトン 90′ 0
1 - 0
第2節 2023年8月19日 vs トッテナム 90′ 0 39′
2 - 0
第3節 2023年8月26日 vs ノッティンガム・フォレスト 90′ 1 96′
3 - 2
第4節 2023年9月3日 vs アーセナル 90′ 0
3 - 1
第5節 2023年9月16日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 90′ 0 48′
1 - 3
第6節 2023年9月23日 vs バーンリー 90′ 1
0 - 1
第7節 2023年9月30日 vs クリスタル・パレス 90′ 0
0 - 1
第8節 2023年10月7日 vs ブレントフォード 90′ 0
2 - 1
第9節 2023年10月21日 vs シェフィールド・ユナイテッド 90′ 0
1 - 2
第10節 2023年10月29日 vs マンチェスター・シティ 90′ 0 93′
0 - 3
第11節 2023年11月4日 vs フルアム 90′ 1
0 - 1
第12節 2023年11月11日 vs ルートン・タウン 90′ 0
1 - 0
第13節 2023年11月26日 vs エバートン 90′ 0
0 - 3
第14節 2023年12月2日 vs ニューカッスル 90′ 0
1 - 0
第15節 2023年12月6日 vs チェルシー 90′ 0
2 - 1
第16節 2023年12月9日 vs ボーンマス 90′ 0 84′
0 - 3
第17節 2023年12月17日 vs リバプール メンバー外
0 - 0
第18節 2023年12月23日 vs ウェストハム 90′ 0 51′
2 - 0
第19節 2023年12月26日 vs アストン・ビラ 90′ 0 73′
3 - 2
第20節 2023年12月30日 vs ノッティンガム・フォレスト 90′ 0
2 - 1
第21節 2024年1月14日 vs トッテナム 90′ 0
2 - 2
第22節 2024年2月1日 vs ウォルバーハンプトン 90′ 0
3 - 4
第23節 2024年2月4日 vs ウェストハム 90′ 0
3 - 0
第24節 2024年2月11日 vs アストン・ビラ 90′ 0
1 - 2
第25節 2024年2月18日 vs ルートン・タウン 90′ 0
1 - 2
第26節 2024年2月24日 vs フルアム 90′ 0 100′
1 - 2
第27節 2024年3月3日 vs マンチェスター・シティ 90′ 0
3 - 1
第28節 2024年3月9日 vs エバートン 90′ 1
2 - 0
第30節 2024年3月30日 vs ブレントフォード 90′ 0
1 - 1
第31節 2024年4月4日 vs チェルシー 90′ 1
4 - 3
第32節 2024年4月7日 vs リバプール 90′ 1
2 - 2
第33節 2024年4月13日 vs ボーンマス 90′ 2
2 - 2
第29節 2024年4月24日 vs シェフィールド・ユナイテッド 90′ 2
4 - 2
第35節 2024年4月27日 vs バーンリー 90′ 0
1 - 1
第36節 2024年5月6日 vs クリスタル・パレス メンバー外
4 - 0
第37節 2024年5月12日 vs アーセナル メンバー外
0 - 1
第34節 2024年5月15日 vs ニューカッスル 90′ 0
3 - 2
第38節 2024年5月19日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 60′ 0 46′
0 - 2