前大会王者ポルトガルがメンバー発表! バルサ加入のトリンコンら2選手が初招集《UEFAネーションズリーグ》

2020.08.24 21:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガルサッカー連盟(FPF)は24日、来月に行われるUEFAネーションズリーグ2020-21に向けたポルトガル代表招集メンバー25名を発表した。

前大会王者を率いるフェルナンドサントス監督は、エースのFWクリスティアーノロナウド(ユベントス)やMFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)、MFブルーノフェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)、DFペペ(ポルト)、FWジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー)ら主力を順当に選出。また、リヨンの守護神アントニー・ロペスが復帰を果たしている。

さらに、新シーズンからバルセロナに加入するFWフランシスコ・トリンコン、グラナダの守護神ルイ・シウバが初招集となった。
UEFAネーションズリーグでリーグA・グループ3に属するポルトガルは、9月5日にホームでクロアチア代表戦、同8日にアウェイでスウェーデン代表戦を戦う。今回発表された代表メンバーは以下の通り

◆ポルトガル代表メンバー
GK
ルイ・パトリシオ(ウォルバーハンプトン/イングランド)
アントニー・ロペス(リヨン/フランス)
ルイ・シウバ(グラナダ/スペイン)

DF
ルベン・ジアス(ベンフィカ)
ペペ(ポルト)
ジョゼ・フォンテ(リール/フランス)
マリオ・ルイ(ナポリ/イタリア)
ラファエウ・ゲレイロ(ドルトムント/ドイツ)
ジョアン・カンセロ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ドミンゴス・ドゥアルチ(グラナダ/スペイン)
ネウソン・セメド(バルセロナ/スペイン)

MF
セルジオオリベイラ(ポルト)
ダニーロペレイラ(ポルト)
レナトサンチェス(リール/フランス)
ブルーノフェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
アンドレ・ゴメス(エバートン/イングランド)
ルベン・ネヴェス(ウォルバーハンプトン/イングランド)
ジョアン・モウティーニョ(ウォルバーハンプトン/イングランド)

FW
クリスティアーノロナウド(ユベントス/イタリア)
ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ゴンサロ・ゲデス(バレンシア/スペイン)
フランシスコ・トリンコン(バルセロナ/スペイン)
アンドレ・シウバ(フランクフルト/ドイツ)
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ジオゴジョタ(ウォルバーハンプトン/イングランド)

関連ニュース
thumb

「夢のようだね」完全に惚れている!? ボールを手渡すスタッフの女性、C・ロナウドに夢中「ロナウドを愛しているようだ」

世界的なスーパースターであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。試合中の何気ないワンシーンでもスターぶりを見せた。 カタール・ワールドカップ(W杯)も束の間の中断期間を経て再開。9日から準々決勝がスタートする。 ブラジル、アルゼンチンの南米勢、イングランド、フランス、オランダ、クロアチア、ポルトガルのヨーロッパ勢、そしてモロッコがアフリカの代表として勝ち上がっている状況。どこが勝ってもおかしくない顔ぶれとなっている。 そんな中、1枚の写真が話題に。C・ロナウドの試合中の振る舞いが話題となっている。 ピッチ外に出たボールを追いかけていったと思われるC・ロナウド。するとピッチサイドにいたスタッフの女性が、ボールを渡そうと待っていた。 C・ロナウドが手を伸ばしてボールを受け取ろうとする中、その女性の視線はC・ロナウドに釘付け。スーパースターとの奇跡的な触れ合う機会に心を奪われているのがわかる。 これには「夢のようだね」、「ロナウドを愛しているようだ」、「これが本当のGOAT」だとC・ロナウドのスターぶりが表れた一幕だという声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】完全に惚れている!? C・ロナウドと対面したスタッフの女性</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl2IV7VIhsY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl2IV7VIhsY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl2IV7VIhsY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.09 12:23 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが離脱報道を否定 「外からの力では壊せない」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが一部報道に反応する形で自国の団結を強調した。 カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕直後にマンチェスター・ユナイテッドを退団したりとプレー以外でも何かと話題が尽きないC・ロナウド。カタールW杯でも先のラウンド16で先発落ちしたことで、フェルナンド・サントス監督に離脱を迫ったとの報道がなされた。 ベスト8に勝ち進み、ここからさらなる結束が求められるなかで不穏な空気が漂うポルトガルだが、同国サッカー連盟(FPF)は8日にその報道を否定。そして、渦中のC・ロナウドも自身のSNSに反論じみた投稿をした。 「しっかりと団結しているから、外からの力では壊せない。どんな敵にも怯むことのない勇敢な国。最後まで夢のために闘う、本当の意味でのチーム! 信じてくれ。頑張れ、ポルトガル!」 ポルトガルは10日の準々決勝でモロッコ代表と対戦。ラウンド16のスイス代表戦で代役として先発したFWゴンサロ・ラモスが大会初のハットトリックを記録して、にわかに不要論も囁かれるC・ロナウドだが、サントス監督の采配やいかに。 2022.12.09 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガルサッカー協会がC・ロナウドの疑惑を否定「彼がチームを脅した事実は一切ない」

先発落ちしたスイス戦前に、チームを抜けると脅しをかけたと報じられたポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドだが、同国サッカー協会(FPF)が否定している。 噂が出たのは母国メディア『レコルド』からだった。スイス戦での先発落ちは大きな話題を呼んだが、同メディアは、試合前にそれを知らされたC・ロナウドがチームを抜けると脅しをかけたと報じた。 実際に、試合後に37歳は独り、早々にピッチを去る姿が目撃されており、明らかにご機嫌斜めの様子だった。プライドの高い本人からしてみても、それまで主将としてチームを牽引してきたにもかかわらず、突如ベンチスタートと言われれば簡単には納得できないだろう。 しかし、そのためにチームを脅したというのは全くの虚偽だとFPFは主張。声明を発表し同選手への信頼を強調した。 「代表チームのキャプテンであるクリスティアーノ・ロナウドが、カタールのグループから離れると脅したことは一切ない」 「クリスティアーノ・ロナウドは毎日、代表チームと国のためにユニークな物語を築いており、それは尊敬されるべきものです。代表チームへの議論の余地のない貢献度を証明するものです」 「ついでながら、ポルトガルが最も多く出場した選手の献身の度合いは、必要に応じて、スイス戦の勝利で再び示されました」 2022.12.08 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがポルトガル代表でも揉め事を…先発落ちにキレてチームを抜けると脅迫か

すっかりフットボール界の腫れ物にされてしまった印象のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、直近のスイス戦でも厄介事を引き起こそうとしていたようだ。 フットボール界の頂点に長きにわたり君臨し、多くの記録を作り上げてきたC・ロナウド。その実力や貢献度は誰もが認めるところだが、キャリア晩年を迎えたここ数年においてはその限りではない。 とりわけ、今季は所属していたマンチェスター・ユナイテッドへの大きな不満を暴露したインタビューをきっかけに、契約解除にまで発展。開催中のカタール・ワールドカップの時点では無所属という身分だ。 グループステージではキャプテンとして3試合で先発出場したが、決勝トーナメント1回戦のスイス代表戦ではベンチスタートに。エースの先発落ちを多くのメディアが挙って取り上げたが、チームは裏腹に6-1の快勝を収めた。 ただ、C・ロナウド本人は納得できない様子で、試合後は早々にピッチを去る姿が目撃されていた。さらに、先発落ちで機嫌を損ねた大エースは、試合前にもチームを困らせていたようだ。 ポルトガル『レコルド』によれば、37歳はスイス戦で先発でないことを知った際、チームを抜けると脅しをかけたそう。だが、ラウンド16という現状の重要性、チームにとっての意味、そして自身が抜けることで起こり得るマイナスの結果に気づき、考えを改めたという。 スイス戦後、フェルナンド・サントス監督は戦術的な理由だったと説明したようだが、7日のトレーニングでは、C・ロナウドはケガをしていないにも関わらず、チーム練習には参加せず、個別トレーニングで済ませたようだ。 2022.12.08 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ベスト8のポルトガルに痛手、MFダニーロのW杯も終了…PSGの2人がパリへ戻る

16年ぶりにベスト8に進出したポルトガル代表に再び離脱者が出てしまった。ポルトガルサッカー連盟(FPF)が発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)に出場しているポルトガル。エースでありキャプテンのFWクリスティアーノ・ロナウドにとっての最後の大会と見られている今大会。C・ロナウドが史上初の5大会連続ゴールを記録するなど、話題に事欠かない大会となった。 ラウンド16ではスイス代表と対戦すると、そのC・ロナウドはベンチスタートとなったものの、チームは6ゴールを奪う大勝でベスト8へと駒を進めた。 そのポルトガルだが、DFヌーノ・メンデスの負傷離脱が発表されていたが、MFダニーロ・ペレイラもケガの回復が見込めないことからチームを離れることが発表された。 ダニーロは初戦のガーナ代表戦に出場したものの、負傷し回復を目指していたが、思わしくなく、所属のパリ・サンジェルマン(PSG)で治療を続けるとのことだ。なお、ヌーノ・メンデスもPSG所属であり、PSGにとっても2人が離脱という痛手となってしまった。 2022.12.08 09:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly