ルベン・ネヴェス Ruben NEVES

ポジション MF
国籍 ポルトガル
生年月日 1997年03月13日(27歳)
利き足
身長 180cm
体重 72kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

C・ロナウドやベルナルド・シウバら主軸が順当選出! ユーロに臨むポルトガル代表が発表【ユーロ2024】

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は21日、ユーロ2024に臨むポルトガル代表メンバー26名を発表した。 ロベルト・マルティネス監督は、FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、DFルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)、FWベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)、DFペペ(ポルト)、MFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)ら主軸を順当に招集した。 ポルトガルはキャンプを国内で行い、6月4日にフィンランド代表、同8日クロアチア代表、同11日にアイルランド代表とトレーニングマッチを実施する。 本大会ではグループFに入り、チェコ代表(6/18)、トルコ代表(6/22)、ジョージア代表(6/26)と対戦する。 今回発表されたポルトガル代表メンバーは以下の通り。 ◆ポルトガル代表メンバー26名 GK ジオゴ・コスタ(ポルト) ジョゼ・サ(ウォルバーハンプトン/イングランド) ルイ・パトリシオ(ローマ/イタリア) DF アントニオ・シウバ(ベンフィカ) ダニーロ・ペレイラ(パリ・サンジェルマン/フランス) ジオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ゴンサロ・イナシオ(スポルティングCP) ジョアン・カンセロ(バルセロナ/スペイン) ネウソン・セメド(ウォルバーハンプトン/イングランド) ヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン/フランス) ペペ(ポルト) ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ/イングランド) MF ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ジョアン・ネヴェス(ベンフィカ) ジョアン・パリーニャ(フルアム/イングランド) オタビオ(アル・ナスル/サウジアラビア) ルベン・ネヴェス(アル・ヒラル/サウジアラビア) ヴィティーニャ(パリ・サンジェルマン/フランス) FW ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド) クリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル/サウジアラビア) ジオゴ・ジョタ(リバプール/イングランド) フランシスコ・コンセイソン(ポルト) ゴンサロ・ラモス(パリ・サンジェルマン/フランス) ジョアン・フェリックス(バルセロナ/スペイン) ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン/イングランド) ラファエル・レオン(ミラン/イタリア) 2024.05.21 22:05 Tue

アル・ヒラルがサウジリーグを31戦無敗で優勝! 直近5季で4度目

アル・ヒラルがサウジ・プロフェッショナルリーグで19度目の優勝を成し遂げた。 クリスティアーノ・ロナウドを2位擁するアル・ナスルらを抑え込み、首位を走るアル・ヒラル。11日の第31節では引き分けでも優勝が決まるなか、最下位アル・ハズムをホームに迎え撃ち、4-1で下した。 15分のPKからアレクサンダル・ミトロビッチのゴールで先制したアル・ヒラルは34分に追いつかれたが、その5分後にオウンゴールで勝ち越し。前半アディショナルタイムにミトロビッチとセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチのゴールで突き放した。 目玉新戦力だったネイマールを昨年10月の大ケガで失った今季だったが、リーグではいまだ負けなし(29勝2分け)できており、残り3試合で2位アル・ナスルに12ポイント差に。2季ぶり優勝が決定した。 ここ5季で4度目の優勝となるアル・ヒラルを率いるのはジョルジェ・ジェズス監督。選手では上述した選手以外にもボノにはじまり、カリドゥ・クリバリ、ルベン・ネヴェスらも擁している。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】アル・ヒラルvsアル・ハズム</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8cIsC8yJTCE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.12 14:55 Sun

クレスポ監督率いるアル・アインが決勝進出! アル・ヒラルがホームで勝利も、1stレグのリード生かす…横浜FMは蔚山と決勝を懸けて対戦【ACL2023-24】

23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24の西地区準決勝2ndレグが行われた。 決勝進出を目指して行われた一戦。準決勝に勝ち上がっているのは、UAEのアル・アインとサウジアラビアのアル・ヒラル。1stレグは4-2でアル・アインが勝利していた。 アル・ヒラルのホームで行われた2ndレグ。ブラジル代表FWネイマールは継続して欠場も、セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチやポルトガル代表MFルベン・ネヴェス、ブラジル代表FWマウコム、モロッコ代表GKボノらが先発出場した。 1stレグのリードを守りたいエルナン・クレスポ監督率いるアル・アインと、逆転勝利を収めたいアル・ヒラル。試合はホームのアル・ヒラルのペースに。開始1分も経たない中でミシャエウが倒されてアル・ヒラルがPKを獲得。オンフィールド・レビューの結果でも判定は覆らないと、ルベン・ネヴェスがしっかりと決めて、早々に1点を返す。 2戦合計でも1点差としたアル・ヒラルだったが、アル・アインはすぐに同点に。12ふん、左サイドを崩すと、ルーズボールを拾ったヤヒア・ナデルの折り返しをエリックがダイレクトで蹴り込み、すぐに同点とする。 逆転には2点差の勝利が必須のアル・ヒラルは同点とされた後も猛攻。それでもゴールが生まれなかったが、51分に再びスコアを動かすことに成功。ヤセル・アル・シャフラニのロングスローがクリアされるが、このボールをボックス内で拾ったサレム・アル・ドサリが蹴り込み、再びアル・ヒラルがリードを奪う。 あと1点が必要なアル・ヒラルは猛攻。59分には巧みな崩しからミシャエウがGKとの一対一の決定機を迎えるが、GKがセーブ。その後もゴールに迫るが、アル・アインは追加点を許さず。GKハリド・エイサの好セーブが続き、2-1で試合終了。2戦合計、5-4でアル・アインが勝利を収め、2016年以来となる決勝進出を果たした。 なお、東地区の準決勝2ndレグは24日に開催。横浜F・マリノスと蔚山HD FCの勝者が決勝でアル・アインと対戦する。なお、1stレグは蔚山がホームで1-0と勝利していた。 アル・ヒラル 2-1(AGG:4-5) アル・アイン 【得点者】 1-0:4分 ルベン・ネヴェス(アル・ヒラル) 1-1:12分 エリック(アル・アイン) 2-1:51分 サレム・アル・ドサリ(アル・ヒラル) 2024.04.24 10:57 Wed

サウジで奮闘中のネヴェス、昨夏にバルセロナやアーセナル行きが頓挫 「実現しない移籍にうんざりしていた」

ポルトガル代表MFルベン・ネヴェスが昨夏のアル・ヒラル移籍を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 2017年夏にポルトからウォルバーハンプトンへ移籍し、チームの主軸として長年にわたってイングランドで戦ってきたネヴェス。度々ステップアップの可能性が報じられ、昨夏も国内外問わず、ビッグクラブからの関心が取り沙汰されたが、サウジアラビア行きの流れに乗ってアル・ヒラルへ移籍した。 新天地ではブラジル代表FWネイマールやセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、モロッコ代表GKボノ、セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ、ブラジル代表FWマウコム、ブラジル代表DFレナン・ロディらがチームメイトに。現在はサウジ・プロ・リーグやAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメントを戦っている。 ここまで公式戦28試合に出場し、リーグ首位のチームを支えているネヴェスは半年前の中東行きの決断について、ポルトガル『O Jogo』にコメント。バルセロナやアーセナルとの交渉が破談となったことからアル・ヒラル移籍を選んだと明かしている。 「3つのクラブが近づいていたが、結局移籍は実現しなかった。それが悲しかったし、アル・ヒラルに行く決断を後押しした」 「名前は言いたくなかったが、バルセロナは最もホットなクラブの1つだったし、それ(移籍の噂)は嘘ではなかった。もう少しで実現しそうだった。アーセナルと同様にね。それから、イングランド国外にもう1つクラブがあった」 「こうした出来事が積み重なった中、この絶好のチャンスがやってきた。僕はそれを受け入れることに何の疑問も持たなかった。実現しない移籍にうんざりしていた」 また、ネヴェスはサウジアラビアでの将来にも言及。リーグレベルの高さを語り、当分はとどまることになると見解を示している。 「アラビアでプレーしていても、ヨーロッパの同僚たちとは何の違いも感じない。フィットネスは問題ない。いつかヨーロッパに戻り、最高のレベルでプレーできるよう、しっかりと道を進んでいる」 「正直に言うと、すぐには戻れないと思っている。このままいけば、アラビアは2年以内に世界で最も重要なリーグの1つになるだろう」 「秘密はない。やってくる選手の質は非常に高い。各チームがそのレベルにある8人の外国人選手に懸ければ、ほとんどプレイステーション・リーグになるし、選手を自由に選ぶことができる。2年、もしかしたら、もう少し長くここにいるかもしれない」 2024.02.28 11:48 Wed

アル・ヒラルがマルセイユのブラジル代表DFロディを完全移籍で獲得、2027年夏までの契約

アル・ヒラルは17日、マルセイユのブラジル代表DFレナン・ロディ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027年夏までの3年半契約で背番号は「6」に決定。『Foot Mercato』によれば移籍金は2500万ユーロ(約40億円)と見られている。 ロディはアトレチコ・パラナエンセから2019年7月にアトレティコ・マドリーに完全移籍で加入。左サイドバックとして公式戦118試合に出場し6ゴールを記録していた。 2022年8月にノッティンガム・フォレストへレンタル移籍を経験。今シーズンからマルセイユに完全移籍で加入していた。 今シーズンはリーグ・アンで14試合、ヨーロッパリーグ(EL)で6試合に出場していたが、新天地にアル・ヒラルを選択した。 アル・ヒラルは、夏の移籍市場でブラジル代表FWネイマールやポルトガル代表MFルベン・ネヴェス、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ、MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、モロッコ代表GKボノなどを獲得していた。 <span class="paragraph-title">【動画】アル・ヒラルがレナン・ロディの加入を伝える特別ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ar" dir="rtl"><a href="https://twitter.com/Alhilal_FC/status/1747589651357950458?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.17 21:21 Wed

人気銘柄のルベン・ネヴェス、違法賭博で出場停止のトナーリ代役と考えるニューカッスル行きを否定「行かない」

アル・ヒラルのポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(26)が、ニューカッスル移籍を否定した。イギリス『BBC』が伝えた。 今夏ウォルバーハンプトンから4700万ポンド()の移籍金でサウジ・プロ・リーグのアル・ヒラルへと完全移籍したルベン・ネヴェス。プレミアリーグのクラブからも関心があった中でのサウジアラビア行きは大きな驚きを与えた。 そのルベン・ネヴェスは、サウジ・プロ・リーグで14試合に出場し3アシストを記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも3試合でプレーしている。 レギュラーとしてプレーしている中、今冬には移籍の噂が浮上。ニューカッスルがレンタル移籍での獲得を画策していると報道されている。 ニューカッスルは、アル・ヒラルやアル・ナスル、アル・イテハド、アル・アハリを保有するサウジアラビアの政府系ファンド『PIF』の傘下にいるため、同じオーナー間での移籍が実現するという見方もあった。 今夏ミランから獲得したイタリア代表MFサンドロ・トナーリが違法賭博により10カ月の出場停止処分を受けることが決定。想像だにしない理由で主軸がいなくなり、代役を探している中で、ルベン・ネヴェスの名前が浮上していた。 しかし、ルベン・ネヴェス本人が移籍を否定。アル・ヒラルでのプレーを続けたいと語った。 「(ニューカッスルへは)行かない」 「もちろん、クラブのオーナーのせいで、そして僕がイングランドでプレーした経験があるから、噂になっているんだと思う」 「ここに来る前から、ニューカッスルからの関心はあったけど、ここで本当に幸せだし、家族も本当に幸せだ。とても楽しい時間を過ごしている」 2023.12.02 22:30 Sat

ニューカッスル、今冬ネヴェスのレンタル可能に! プレミアリーグが系列クラブ間のレンタル移籍に関するルール変更投票実施も否決に

ニューカッスルは今冬の移籍市場でサウジアラビアの系列クラブからのレンタル移籍が可能となった。イギリス『BBC』が伝えている。 プレミアリーグは21日に行われた株主総会で、1月の移籍市場でのイングランド関連クラブ間でのイングランドトップリーグへの選手のレンタル移籍の禁止を迅速化する提案について投票を実施。 このルール変更にはプレミアリーグ所属20クラブの内、少なくとも3分の2にあたる14クラブの賛成が必要だったが、今回の投票では13クラブが賛成票を投じたものの、7クラブが反対票を投じた。そのため、最終的にルール変更は見送られる形となった。 この投票に関しては、違法賭博問題で長期出場停止を科されたイタリア代表MFサンドロ・トナーリの代役を探すニューカッスルのアル・ヒラルのポルトガル代表MFルベン・ネヴェスのレンタル移籍の可否に影響を与えるものとして投票結果に注目が集まっていた。 ニューカッスルのオーナーはサウジアラビアの公的投資基金(PIF)で、PIFは先日にアル・ヒラルを含むサウジアラビアの強豪4クラブを買収。そして、トナーリの穴を埋めるため、ネヴェスをレンタルの形で今冬に送り込む可能性が取り沙汰され、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を回避するための抜け道との指摘がされていた。 また、現在プレミアリーグではマンチェスター・シティを筆頭にチェルシー、クリスタル・パレス、アストン・ビラ、ブライトン、ノッティンガム・フォレスト、ニューカッスルの7クラブがマルチクラブ・オーナーシップ(MCO)の戦略を取っている。また、マンチェスター・ユナイテッドに関してもフランスのニースを保有するサー・ジム・ラトクリフ氏が買収を行った場合、前述の7クラブに加わることになる。 単一オーナーが複数クラブを保有するMCOは補強戦略の一元化や、保有選手のレベルに合わせてプレーするクラブを選択するなど、クラブ運営においてメリットが多い一方、有望選手の青田買いの拍車、系列クラブ同士での移籍金の操作など公平性の観点から多くの問題も指摘される。 そういった懸念もあり、国際サッカー(FIFA)は1シーズンでのレンタル人数の制限や、欧州サッカー連盟(UEFA)は系列クラブのUEFA主催試合の同時出場禁止など対策の動きを進めている。 今回プレミアリーグはその流れに沿う形で1月の移籍市場でのイングランド関連クラブ間でのイングランドのトップリーグへの選手のレンタル移籍の禁止(プレミアリーグからのレンタル放出は可)を迅速化する提案について投票を実施していた。 2023.11.22 07:45 Wed

プレミアのレンタル移籍ルールの煽りも…ニューカッスルがルベン・ネヴェスを完全移籍での獲得を目指す

レンタル移籍に関するルールが変更される可能性のあるプレミアリーグ。ニューカッスルはそんなもので屈するつもりがないようだ。 プレミアリーグでは、各チームが関連するクラブの選手と契約することを禁止することについての議論が進んでおり、各チームが来週投票する。 これは資本関係にあるクラブ間でのレンタル移籍に関するもの。ニューカッスルにとっては非常に痛い規則となる。 ニューカッスルはサウジアラビアの政府系ファンドである「PIF」が保有。その「PIF」はサウジ・プロ・リーグのアル・ナスル、アル・イテファク、アル・アハリ、アル・ヒラルを所有している。 ニューカッスルは、違法賭博を認めたイタリア代表MFサンドロ・トナーリが出場停止に。そのため、1月にはアル・ヒラルのポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(26)のレンタル移籍を目指していた。 しかし、これにより獲得が不可能になる中、イギリス『90min』によれば完全移籍での獲得を目指すという。 『PIF』はルベン・ネヴェスの完全移籍を認める方向がある一方で、アーセナルはレンタル移籍での契約を目論んでいるともされており、ルベン・ネヴェスが何を選択するかが重要となりそうだ。 また、ニューカッスルはマンチェスター・シティのイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(27)のレンタルも画策しているとのこと。果たして、どういう結末を迎えるのか注目だ。 2023.11.18 13:05 Sat

新布陣でも勝利し9連勝のポルトガル代表、指揮官は手応え語る 「たくさんのポジティブな要素」

ポルトガル代表指揮官のロベルト・マルティネス監督が勝利を振り返った。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 無傷の8連勝ですでにユーロ2024本戦出場を決めているポルトガル代表は、16日のユーロ2024予選グループJ第9節でリヒテンシュタイン代表とアウェイで対戦。後半のFWクリスティアーノ・ロナウドとDFジョアン・カンセロのゴールで2-0の勝利を飾った。 これで9連勝としたマルティネス監督は今回の勝利を「ポジティブ」と評価した一方、リードを奪えなかった前半の内容を悔いている。 「試合はもっと喜べるはずのものだった。戦術的、技術的な問題ではない。戦う姿勢は良かったが、我々はフラストレーションを溜めていた。そして時間を失った。自分たちにも影響が及ぶ状況に陥ってしまった」 「後半は修正し、自分たちのコンセプトを示すことができた。攻撃的な選手も含め守備をした。我々は90分間、前向きな姿勢を貫いた。ゴールを許さなかった。(GKの)ジョゼ・サが決定的な場面を凌いだ。たくさんのポジティブな要素がある中で、新たな勝利を手にした」 また、MFルベン・ネヴェスを3バックのリベロに配し、FWゴンサロ・ラモス、FWジョアン・フェリックス、C・ロナウドの3トップとした[3-4-3]の布陣にも言及。フェリックスとネヴェスに焦点を当て、その意図を明かした。 「戦術的に柔軟であることが重要だ。代表戦では新しいアイデアを出すのに1日か2日かかる。フェリックスはインサイドで並外れた能力を発揮するが、私はワイドの異なるポジションにいる彼の姿を見たかった。アタッカー陣はサポートしてくれた。私は監督として選手たちが早く吸収できるようトレーニングを行い、努力する必要がある」 「今日のような試合では試してみる価値がある。ルベン・ネヴェスには経験があり、ウルブスでそのポジション(センターバック)でプレーしていた」 「彼は長いパスも短いパスも得意だ。反応も速い。将来のオプションだ」 ユーロ2024本戦のメンバーがすでに決まっているのかを問われたマルティネス監督は、まだここから変化を加える可能性も示唆している。 「最終リストを作るまであと3試合ある。試してみて、大会で何が必要かを検討することが重要だ」 2023.11.17 13:58 Fri

40歳でCL最年長ゴールのペペや約4年ぶりに復帰のブラガFWブルマらポルトガル代表招集【ユーロ2024予選】

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は10日、ユーロ2024予選に向けたポルトガル代表メンバー26名を発表した。 ロベルト・マルティネス監督は、10月のメンバーを中心に招集。40歳でチャンピオンズリーグ(CL)の最年長ゴールを決めたDFぺぺ(ポルト)が復帰。マンチェスター・シティのMFマテウス・ヌネスも復帰した。 また、ブラガでプレーするFWブルマが約4年ぶりとなる復帰を果たしている。 その他、FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)、FWジョアン・フェリックス(バルセロナ)、MFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)ら主軸も順当に招集を受けている。 ユーロ2024予選でグループJに入っているポルトガルは8連勝ですでに出場権を獲得。16日にアウェイでリヒテンシュタイン代表(0pt/6位)、19日にホームでアイスランド代表(10pt/4位)と対戦する。 今回発表されたポルトガル代表メンバーは以下の通り。 ◆ポルトガル代表メンバー26名 GK ジオゴ・コスタ(ポルト) ジョゼ・サ(ウォルバーハンプトン/イングランド) ルイ・パトリシオ(ローマ/イタリア) DF ジオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ジョアン・カンセロ(バルセロナ/スペイン) ネウソン・セメド(ウォルバーハンプトン/イングランド) アントニオ・シウバ(ベンフィカ) ゴンサロ・イナシオ(スポルティングCP) ペペ(ポルト) ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ/イングランド) トチ・ゴメス(ウォルバーハンプトン/イングランド) MF ジョアン・パリーニャ(フルアム/イングランド) ジョアン・ネヴェス(ベンフィカ) ルベン・ネヴェス(アル・ヒラル/サウジアラビア) ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) マテウス・ヌネス(マンチェスター・シティ/イングランド) オタビオ(アル・ナスル/サウジアラビア) ヴィティーニャ(パリ・サンジェルマン/フランス) FW ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド) ブルマ(ブラガ) ジオゴ・ジョタ(リバプール/イングランド) ジョアン・フェリックス(バルセロナ/スペイン) ラファエル・レオン(ミラン/イタリア) リカルド・オルタ(ブラガ) クリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル/サウジアラビア) ゴンサロ・ラモス(パリ・サンジェルマン/フランス) 2023.11.10 22:50 Fri
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年7月1日 ウォルバーハンプトン アル・ヒラル 完全移籍
2017年7月8日 ポルト ウォルバーハンプトン 完全移籍
2014年7月1日 FCポルトU17 ポルト 完全移籍
2013年1月1日 Padroense U17 FCポルトU17 完全移籍
2012年7月1日 FCポルトU15 Padroense U17 完全移籍
2010年7月1日 FCポルトU15 完全移籍