日本代表の名も…実はダビド・ルイスじゃない!? プレミアリーグで失点に繋がるミスが目立つDF

2020.06.19 19:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグで最も失点に繋がるミスを犯す傾向があるDFが明らかになった。イギリス『ミラー』が伝えている。

17日に行われたマンチェスター・シティvsアーセナルで、スペイン人DFパブロ・マリの負傷交代によって途中出場を果たしたアーセナルの元ブラジル代表DFダビド・ルイス。しかし、クリアミスとPK献上により前半の2失点に絡むと、チームは0-3で完敗。完全なる戦犯となり、多方面から袋叩きの批判に合っている。

この試合だけ見れば、批判されるにしかるパフォーマンスであったが、プレミアリーグの歴史を振り返るとD・ルイスもそこまで悪いDFとは言い切れないようだ。

プレミアリーグ公式サイトのスタッツによると、2006-07シーズンから“失点に繋がるミス"の数を参照することが可能であり、これによると、少なくとも統計上ではD・ルイスが犯した失点に繋がるミスは4回となっている。
これよりも多くの失点に繋がるミスを犯しているDFは38名にも上り、ワースト1位はクリスタル・パレスの元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル、元イングランド代表DFジョレアン・レスコット、そして元スロバキア代表DFマルティン・シュクルテルの8回となっている。

また、これを出場時間当たりの回数に換算すると、D・ルイスは3960分(44試合)に1回と決して悪くはない数字になる。このデータで見れば、25名のDFがこれよりも悪い数字を出している。

この指標は失点に繋がるミスを最も犯しやすいDFが分かる指標となっているがワースト1位となったのはサウサンプトンのフランス人DFヤン・ヴァレリ。出場した2362分で3回も失点に繋がるミスを犯したヴァレリは、787分(8.7試合)に1回は致命的なミスを犯すという計算になる。

また、マンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズは、通算ミス回数7回とリーグ2位に付けている他、出場時間当たりで換算しても、1740分に1回の失点に繋がるミスを犯しており、全体のワースト4位。これは批判を浴びているD・ルイスよりも倍のペースで致命的なミスを犯していることになる。

その他、サウサンプトンで長年活躍し、今シーズンからサンプドリアにレンタル移籍している日本代表DF吉田麻也も全体のワースト5位に入っている。

◆出場時間当たりの失点に繋がるミスの回数ランキング
1位:ヤン・ヴァレリ(サウサンプトン):787分/回
2位:ヤン・ベドナレク(サウサンプトン):1668分/回
3位:ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ):1740分/回
4位:吉田麻也(サウサンプトン→サンプドリア):1769分/回
5位:マーティン・ケリー(クリスタル・パレス):1968分/回
6位:ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ):2176分/回
7位:デヤン・ロブレン(リバプール):2191分/回

関連ニュース
thumb

W杯離脱のジェズス、アーセナルに戻りヒザの手術へ…復帰は3カ月後か

カタール・ワールドカップでヒザを負傷したアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスだが、3カ月離脱の危機に直面しているようだ。 2日に行われたカメルーン戦で右ヒザを負傷し、決勝トーナメントを控えるチームからの離脱を余儀なくされてしまったジェズス。当初、同選手の母国メディアは1カ月程度の離脱を見込んでいた。 しかし、ブラジル『sportv』は4日、手術が必要となる可能性が高いとし、さらなる長期離脱を予想。復帰まで最大3カ月要する見込みが高いと伝えている。 こうなると痛手を被るのはアーセナル。今季から5200万ユーロの移籍金で加入した25歳は、中断前までプレミアリーグ全14試合に先発出場し、5ゴ^ル6アシストと攻撃をけん引してきた。 ここまではわずか1敗で首位を快走し、優勝最有力候補に名乗り出たアーセナルだったが、試練にぶつかることになってしまった。 2022.12.04 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ホワイトの代表離脱に「我々は君のそばにいる」 所属先アーセナルがメッセージ

DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱に所属先のアーセナルが反応した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦の相手もグループA2位のセネガル代表に決まり、ここからもう1つギアを上げていきたいところだ。 だが、イングランドサッカー協会(FA)は11月30日にホワイトの私事による離脱を報告。すでにイングランド代表が拠点を置くアル・ワクラから離れ、帰国した旨とともに、再合流の見通しがないとも記されている。 そのリリースではプライバシーの尊重も求められたなか、アーセナルがFAに追随する形で渦中のベン・ホワイトに関する声明を発表。多くに触れず、「我々は誰もが君のそばにいる、ベン」とのメッセージを送った。 2022.12.01 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯16強入りのイングランド代表、ベン・ホワイトが私事で離脱…復帰見通しなしとも

イングランドサッカー協会(FA)は11月30日、DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦ではグループA2位のセネガル代表と対戦する。 だが、ホワイトはプライベートの諸事情でアル・ワクラにあるイングランド代表のトレーニングセンターを離れ、帰国の途に。戻ってくる見通しもないという。 また、その発表では選手のプライバシー尊重を求める文面も。アーセナルで主力を張るホワイトだが、今大会では出場がなかった。 2022.12.01 09:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly